現在、エボ8のGSRに乗っており、HKSの車高調整式ショック(ハイパーマックスII)に交換をしました。
基本的にはノーマルの間延びした車高が気になっただけなのですが、将来的にもっと走りを楽しむことができればと上記のセットを購入しました。

そこで質問です。
減衰力の調整がかなり細かく設定できるのですが、どのように調整すると車の挙動がどのように変わるのでしょうか?

フロントを固くするとどうなるのか、その逆はどうなのか?
またはリアを柔らかくするとどうなるのか、その逆はどうなのか?

現在はメーカーの推奨の車高と減衰力に設定にしております。
実際には自分でやってみて経験してみるしかないのでしょうが、ある程度の知識を持ちたいと思っています。

クルマいじり初心者の質問で要領を得ない部分が多いと思いますがご指導を宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは



基本的には、フロントを硬く(リアを柔らかく)すると曲がりにくくなり、フロン
トを柔らかく(リアを硬く)すると曲がりやすくスピンしやすい傾向になります。

#1様の回答にもありますが、一度、前後MAX 前後MIN 前MAX後MIN
前MIN後MAXなどを試してみると、上記のような傾向がわかっていただけるか
と思います。

また、足回りは車を有効に動かすためのもので、闇雲に硬くしたりするのはよくあ
りません。例え同じ車種だとしても、車重や使用タイヤ、その他のチューニング内
容や、路面状況でもかなり変わってきます。
一例をあげると、ノーマル足にSタイヤだとロールが大きくなりすぎてかなり怖い
フィーリングとなり安く、細いグリップしないタイヤで硬い足だと、滑り出しがか
なり早くなります。

足回りの基本的な事については下記URLが参考になるかと思います。
http://www.h5.dion.ne.jp/~lts/set/index.html

>クルマいじり初心者の質問で要領を得ない部分が多いと思いますが・・・

最初は皆初心者です。そこから色々な事を聞いたり試したりしながら覚えていきま
す。車を壊さない程度に色々試してみてください。
まずは、自分で減衰や車高の調整を繰り返し行う事をお勧めします。そうすれば、
徐々にどのようにするのが良いかが分かってくるかと思います。分かるようになっ
てくると、多分バネや他のパーツも変更してみたくなりますよ。

では、あまり散財しない程度に楽しんでください♪

参考URL:http://www.h5.dion.ne.jp/~lts/set/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くり申し訳ありません。
大変詳しい内容の回答をお寄せ頂き本当に有難うございました。
また参考URLも本当に知識を深めることができました。

すでに散財を始めてしまってますが、ご指導のように楽しんでいきたいと思います。

また、質問などさせていただくことがあるかと思います。
あらためてご指導をお願いします。

お礼日時:2005/05/15 13:18

車重をタイヤで支えるときに、直結すると衝撃が大きく乗り心地も悪いので、間にスプリングを入れて衝撃を和らげます。


ところが、スプリングだけだと揺れがいつまでもおさまらない、カーブでロールが大きい、などの問題が発生します。
この揺れをおさめるための、上下動に対する抵抗がショックアブソーバー(ダンパー)です。特徴として、上下動が速くなるほど大きな抵抗力が作用します。ただし、ロールについては、正確にはロールの発生がゆっくりになるだけで、同じ半径で曲がり続けたときの最終的なロール量にはほとんど変わりありません。

全体としては、固く(抵抗を大きく)した場合、車体の揺れが素早くおさまるかわりに、凹凸での車体の突き上げは強く感じられます。また、左右のロールも柔らかいときよりじわーっとくる感じになるはずです。
一方、車軸の上下動が遅くなる分、少しのくぼみでもタイヤがやや浮き上がるような形になりスリップしやすくなります。

メーカー推奨値は、車体の重心位置とスプリングのレートを考慮し設定されていると思います。
このバランスから変更した場合、まず固くした側が路面の凹凸により浮きやすくなります。
また、前後のロールが発生する速度も変わりますので、車体のねじれにも影響があるでしょう。固くした側が遅れてロールしてくる恰好になります。ただし、これはもとからバランスを考慮されてはいないでしょうから、ねじれを小さくするケースもあり得ます。

四駆だと、前後タイヤの役割が似ている分、変更にたいしたメリットはないかもしれません。スプリングが変わればベストバランスも変わるのでしょうが。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。
なかなか奥が深い内容なので一気に理解することはできそうにありません。
一つずつ試しながらやっていきます。
有難うございました。

お礼日時:2005/05/15 13:12

硬くするとペンペンになるし、柔らかくするとロールが大きくゆらゆらします。


私の場合、前を硬く後ろを少し柔らかくしていました。
FFなんで、後ろを硬くしすぎると跳ねて飛んでいってしまうので。

走るステージによっても違うと思うので、走って調整を繰り返すしかないかな。
とりあえず、前後MAX 前後MIN 前MAX後MIN 前MIN後MAX で挙動を見て好みに仕上げてください。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。
いろいろと自分で試行錯誤を繰り返しながら調整してみたいと思います。

お礼日時:2005/05/15 13:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昆虫の自然治癒力

不思議に思うことがあります。

→昆虫は傷を負った時、治るんでしょうか?

獣医とかがあっても、昆虫を手当てしている場面を見たことがありません。
傷を治すことは可能なのでしょうか?寿命が短くて、治る前に命が尽きてしまうだけなのでしょうか?

疑問が浮かぶと頭から離れない性格なので、なるべく早い回答をお待ちしています。

Aベストアンサー

 昆虫類は堅い外殻を持っていて、脱皮により成長します。脊椎動物では、皮膚は柔らかく、傷がついても修復(皮膚細胞の再生)が可能です。昆虫類の脱皮は普通は5回(6齢で成虫)ですから、途中で傷つけば、脱皮修復が可能です。成虫は無理です。血液は、銅を主成分としたヘモシアニンで酸素運搬能力を有しますが、血液凝固作用ははっきりしてきません。ので、
>昆虫は傷を負った時、治るんでしょうか?
 は、成虫では無理、幼虫では可能でしょう。

Q車高調の車高調整方法について

H12年式のオデッセイ(RA7)に乗ってます。
中古で購入したのですが、HKS製のHYPERMAX
Cワゴンという車高調がついていました。

ただ、取扱説明書と付属のレンチ(?)がありません。

リアの車高をもう少し下げたいと思っています。

そこで質問なんですが、
(1)車高調整方法を教えてください。
 (取説の画像または写真入りのHPがあれば最高です)
(2)レンチは専用品なんでしょうか?他社製のものを
 使えたりするんでしょうか?

ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

(1)HKSのHPを覗くと、全長調整式だったので…
1.タイヤを外す。
2.一番下のねじを緩めてシェルケース(もしくはスプリングすぐ下の受け皿にレンチを掛けて)を回して車高の調整をする。
3.一番下のねじを締める。
4.タイヤを付ける。

自分好みの車高になるまでこの調子で合わせていきます。
ねじ山のところを図りながらあと1cm下げとかやっていくと楽にできます。

取説の画像が無かったのですが、HKSのHPのアドレスを貼っておきます。

(2)レンチは専用品(HKS製品)が良いと思いますが、汎用品でカバーできることもあります。
フックの掛かり具合によっては、他メーカー品でも良いかもしれません。

説明だけでは伝わり難いかと思いますが、量販店に行けば合うレンチを見てくれたり、説明をしてくれたりすると思います。(最終手段かもしれませんけどね)

そんなに難しいものではないと思いますので落ち着いてやれば大丈夫だと思います。(自分も初めての時は時間を掛けてゆっくりやったら出来ました)

車高を合わせる時は平らなところに車を置いて下さいね。

参考URL:http://www.hks-power.co.jp/

(1)HKSのHPを覗くと、全長調整式だったので…
1.タイヤを外す。
2.一番下のねじを緩めてシェルケース(もしくはスプリングすぐ下の受け皿にレンチを掛けて)を回して車高の調整をする。
3.一番下のねじを締める。
4.タイヤを付ける。

自分好みの車高になるまでこの調子で合わせていきます。
ねじ山のところを図りながらあと1cm下げとかやっていくと楽にできます。

取説の画像が無かったのですが、HKSのHPのアドレスを貼っておきます。

(2)レンチは専用品(HKS製品)が良いと思いますが、汎用品でカバー...続きを読む

Q昆虫はなぜ腹を見せて死んでいるの?

昆虫は、自力でひっくりかえることができない(本当?)というのに、なぜ死骸は
ほとんどひっくり返っているのでしょうか?
風ですか?または最期の力で何か頑張るのでしょうか?
それとも私が目にするただの偶然なのでしょうか?

Aベストアンサー

 
  すでに多くの方の回答が出ていますが、何か見逃しているような気がします。それは端的に言いますと、昆虫は身体が小さく、体重が非常に軽いということです。
 
  昆虫の場合、平べったいごきぶりなどは、脚がなければ、比較的に安定しているとも言えますが、脚があり、また、蝶などになると、複雑な大きな羽があるので、安定しません。しかし、身体が軽いのに較べると、昆虫の顎の噛み切りの力とか、脚の把握力などは、相当強いです(顎の強さは、きりぎりすに噛まれた経験があると、一生忘れないでしょう。文字通り、指先に穴が開きます)。
 
  昆虫は、この身体の軽さに比較して強力な力を持った脚で、樹木とか草とか、地面の小石とか、床の繊維とかにしがみつきながら行動しているのだとも言えます。何かにしがみついた昆虫を離そうとするのは、力がいります。それだけ強い力で脚先の鈎などで、しがみついているのです。
 
  ごきぶりが安定した姿勢で生前行動できるのも、その脚の強さでしょう。昆虫は、自分ではひっくり返れないというのは間違いで、ひっくり返る行動をする理由がないのでひっくり返らないので、天井などにしがみついているごきぶりを見ますと、自力で簡単にひっくり返ることが可能だと思います。ただ、ひっくり返ると、元に戻るのに、何か脚の鈎をかけられるものがないと、力の出しようがないので、元の姿勢に戻りにくく、それ故、あえて、ひっくり返るような、戻るのが困難な姿勢は避けているのでしょう。
 
  昆虫が自然死すると、すでに先の方が述べておられるように、脚を、縮めたような形にします。これは、脚の筋肉が、普段は開いている方向に意図的に力を入れているのが、死ぬと、力がなくなり、自然に、曲がった内向きの方向になるのでしょう。(脚を開いて、常に何かを掴んで、姿勢を維持しているのが昆虫ですから)。
 
  昆虫の脚の力が強く、これで色々なものにしがみついているというのは、実は、昆虫が軽いので、そうしていないと、風などで吹き飛ばされるからですし、ひっくり返ったりもしますし、何かしっかりしたものを掴まないと、自在な、高速な運動ができないためでしょう(ゴキブリなどが、大変速い速さで走るのは、床の繊維などを次々に掴んでいるのです)。
 
  こういう事実から、昆虫が死亡すると、脚が腹側で丸くなる。そうすると、腹側を真下にした姿勢というのは不安定で、必ず横に傾いた姿勢になる、と言えます。昆虫は軽いので、死んで、掴む力がなくなると、わずかな風や、何かの刺激で、ひっくり返った姿勢になる可能性が高いです。時間がたつと、乾燥して来て、ますます軽くなり、不安定な姿勢を維持するか、仰向けになって安定した姿勢になるかというと、確率的に、仰向けになって安定した姿勢の方が数が多いと言えます。
 
  こういう理由で、仰向けの昆虫の死体がよく目につくのだとも言えます。ただ、野外だと、死ぬ時に、地面の繊維などに、脚先をからめて死ぬと、十分に強く地面などに固定されるので、仰向けでない死体が、屋内などの場合と較べてより多い可能性があります。屋内だと、ごきぶりが典型的に、生きているあいだは、床の繊維のわずかな突起を掴んでいたのが、死んで、こういう細かいことができなくなると、脚先は床に引っかかることができず、結果的に、何かの拍子で仰向けになってしまい、そのままということが多いのだと思います。
 

 
  すでに多くの方の回答が出ていますが、何か見逃しているような気がします。それは端的に言いますと、昆虫は身体が小さく、体重が非常に軽いということです。
 
  昆虫の場合、平べったいごきぶりなどは、脚がなければ、比較的に安定しているとも言えますが、脚があり、また、蝶などになると、複雑な大きな羽があるので、安定しません。しかし、身体が軽いのに較べると、昆虫の顎の噛み切りの力とか、脚の把握力などは、相当強いです(顎の強さは、きりぎりすに噛まれた経験があると、一生忘れないで...続きを読む

Q立体式駐車場の「車高制限」・・・車高調整式サスペンションで・・・

夫婦子供(3歳)の計3人が通常は乗っているのですが、私と妻の両親が一緒
に乗る機会もあり、7人乗りの車に乗りたいのです。
しかし、マンションの立体駐車場が1550mmという制限があります。

車高制限1550mm立体駐車場OK!!、7人以上定員、メーカー問わず、国産車外車
問わず、予算・・・・んーこれは後回し。
こんな条件で・・・買える車ってないでしょうか?

最悪(?)、車高調整式サスペンションとか言うので何とか成るもんなんで
しょうか?
でも乗り心地って、きっと悪くなるんですよねぇ?
そうなると、タイヤもある程度はいいのにしなきゃいけないんですよねぇ?

車については「動けばよい」って思っているところもあって乗っていたもの
ですので、詳しいことが判りません。

Aベストアンサー

残念ながら7人乗りで車高1550mm以下の車はないでしょう。最も低いのはプレマシーが1580mm、次にストリームが1590mmです。ストリームの対抗車種としてトヨタが来年発売するWISHも1590mmのようです。
どうしても7人乗りにこだわるならこれらの車種をローダウンするしかありません。30mmくらいのローダウンなら乗り心地もそれほど悪化しないので、乗り心地重視のローダウンスプリングに変えるのがいちばんいいのではないでしょうか。車高調に比べてずいぶん安いですよ。

あと、マンションの立体駐車場は1550mm制限のところが多いですが、実際は多少オーバーしてても入ります。ストリームを30mmくらいローダウン(=1560mm)して1550mm制限の立駐に入れてる人がたくさんいますよ。

Q素晴らしい特技のある昆虫、または動物を教えて下さい!

 人間から見れば驚異的な力、特技を持つ昆虫や動物を教えて下さい。
例えば、「ホタル 光る」なんてものです。

Aベストアンサー

ベニクラゲ

なんと不老不死!まあ、若返るんだから不老ってことはないですね。

参考URL:http://www2u.biglobe.ne.jp/~moozoo41/

Q車高調なのに調整できない!

僕は、RPS13に乗っているものですが中古で買った時からTEINの車高調がついていました。
タイヤを205/50/R16から205/60/R15に変更して少し車高が高くなったので下げようとシートロックは緩むのですがロアスプリングシートが、ぜんぜん動きません(汗)
いろいろな方法を試しましたが、どれもダメです。(スプリングを伸びないように固定しながらとか)
中古で買った時から左右の車高が微妙に違うので直したいとはおもっていたのですができずです。ちなみにフロントは余裕で回ります。
こういった場合の対処法を教えて下さい。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

実は私も同じTEINの車高調で同じ症状で困っていました。
古くなると固着してしまうみたいですね・・・。
解決策としては、スプリングコンプレッサー(もってますか?)でバネをできるだけ縮めた状態で、クレー556を吹いて、下からロアシートの円周をまんべんなく重めのハンマーでおもいっきりぶっ叩いてみてください。
周りから見たら車壊してるように見えそうですが(笑)
円周を全部叩いてまわると動くと思います。1箇所だけ叩いてると一向に動きません。ただ、自分の場合は皿がすこし凹んでしまいましたので、「自信なし」にしておきました。他にもっといい方法があるかもしれません。

Q【昆虫の進化】昆虫が人間の口の高さで飛行するように進化した理由を教えてください。 人間の口に昆虫が入

【昆虫の進化】昆虫が人間の口の高さで飛行するように進化した理由を教えてください。

人間の口に昆虫が入って昆虫にどんなメリットがあるのでしょう?

Aベストアンサー

昆虫には人間の口という障害は
遺伝子に組み込まれていないだけの話でしょう

メリットだけの進化というのはありません

Q車高調のロックナットの調整順序

こんにちわ。もしお詳しい方がいらっしゃればお知恵をお貸しくださいm(u_u)m

TEINの全長調整式の車高調を付けてるのですが、色々いじってると
最初の状態に戻す(もしくは希望の車高設定)のが分からなくなりました。。。汗


【質問その1】
一番知りたいのは、3つのロックナットの調整順序です。

上から
1:シートロック(スプリングシート)
2:シートロック(ロックナット)
3:ブラケットロック(ケースロックナット)
と色々な呼び名のナットがあるようですが、

順番としてはまず1と2でバネが遊ばない程度にプリロードをかけて、
あとは3で全体のケース長自体を変更して好みの車高にあわせればOKでしょうか。

TEINの取説には推奨値(通常走行/スポーツ走行)としてシート高や2と3の間隔など(A寸、B寸と)書いてましたが、プリロードや全長を触ると結局変化するので無視で良いものかと。。。


【その2】
プリロードがゼロになるように1,2を調整するのはジャッキア
ップして、バネが遊ばない程度に締まったところと考えとけばよいでし
ょうか。
もう装着済みなのでそのままの状態で確認できればイイなと(^^ゞ

※昔はオマワリさんに停められて、ジャッキアップさせられた・・・という方法でバネの遊びを検査されたとか。


【その3】
メジャーで測定して調整しても、結局は前後左右のそれぞれの足でかかる重さも違うでしょうから車高もバラバラになると思います。
その時に思い通りの車高に上げ下げして調和させるのは、3調整の
全長ではなく1,2のプリロードであわせるのが走行性能的には理想なのでしょうか。

※あまり神経質に考えなければどっちでも良さそうですけど(^-^*)




プリロードを強くかける or かけないというのは今回は無視でOKです。
乗り味も変わりますし、かなり奥が深い話なので、基本はバネが遊ばない程度にゼロ近辺で調整したいと思っています。


以上よろしくお願いいたします♪

こんにちわ。もしお詳しい方がいらっしゃればお知恵をお貸しくださいm(u_u)m

TEINの全長調整式の車高調を付けてるのですが、色々いじってると
最初の状態に戻す(もしくは希望の車高設定)のが分からなくなりました。。。汗


【質問その1】
一番知りたいのは、3つのロックナットの調整順序です。

上から
1:シートロック(スプリングシート)
2:シートロック(ロックナット)
3:ブラケットロック(ケースロックナット)
と色々な呼び名のナットがあるようですが、

順番としてはまず1と2で...続きを読む

Aベストアンサー

既に適切な回答が出ていますが補足として。

>TEINの取説には推奨値(通常走行/スポーツ走行)としてシート高や2と3の間隔など(A寸、B寸と)書いてましたが、プリロードや全長を触ると結局変化するので無視で良いものかと。。。

無視でおk。
気にすべきはソコじゃあない。

>プリロードがゼロになるように1,2を調整するのはジャッキア
ップして、バネが遊ばない程度に締まったところと考えとけばよいでし
ょうか。

その通り。
そもそも「プリロード=予め縮めておく」なので、言葉の意味が分かってさえいればこのような疑問は生じない。
ちなみにレート10kgf/mmのバネに10mmのプリロードを掛けた場合には、荷重100kgfの力が加わるまではサスペンションは動きません。予め100kgf分の反発力をバネに蓄えさせたからです。この考え方を延長すると「1G静止状態で1輪あたりに掛かる荷重と同じだけのプリロードをそれぞれの足に掛けたら、1G静止状態での足回りはジャッキアップした時と変らない」ということになります。つまりジャッキから降ろしても足が伸びきり状態のままってこと。
仮に後軸重量500kgの車だとすれば片側あたり250kgの荷重ですから、これを10kgf/mmのバネで支える場合、プリロードを25mm掛けると上記の「1G静止状態で足が伸びきり」状態になります。たかだか25mmのプリロードで、です。それを鑑みれば車高調の場合には無闇とプリロードを掛けるものでは無いというのが自明の理。車重とスプリングレートとダンパーストロークにもよりますが、基本はプリロードゼロと考えるべきでしょう。
質問者様の車で1G静止状態の時にどれだけスプリングが縮んでいるのか算出して知っておくコトを推奨します。尚、スプリングの縮み量と車高の変化量は同一ではありません。車高の変化はサスペンションレバー比が関係してきますので。(テコ比率と言い換えた方が理解が早いかな?)上記の計算もサスペンションレバー比は敢えて無視して算出してますので誤解の無きよう。

>メジャーで測定して調整しても、結局は前後左右のそれぞれの足でかかる重さも違うでしょうから車高もバラバラになると思います。

そもそも車体そのものがそれほど厳密に左右均等でも無いことも忘れてはいけません。故にメジャーでスプリングシート等の移動量を測定してもあまり意味は無い。
車高の調整はボディフロアと地面の距離で測りましょう。
…そもそも論的に言えば「完全に水平で平坦な路面」などというものは存在しえないので多少の違いは誤差の内ですよw

>プリロードを強くかける or かけないというのは今回は無視でOKです。
>乗り味も変わりますし、かなり奥が深い話なので、基本はバネが遊ばない程度にゼロ近辺で調整したいと思っています。

プリロードと乗り味の関連性については正直言って俺も良く分からん(爆)…一応理屈的にはスプリングの性能曲線に見られるような0Gから1Gへの過渡領域でのレート変化をセッティングに生かすというコトなのだろうとは思っているんだが。…でも結局1G状態でスプリングはある程度縮んじゃってるんだから、0G近辺でのレート変化なんて実質関係無くね?と思うんだよね。まぁコーナーで横G掛かってインリフトするような状況だったら1G以下でのタイヤグリップを制御する必要もあるのだろうが、そもそも公道でそんな走り方は論外だし、簡単に足が伸び切ってしまうようなセッティングもいかがなものかと私は思う。
故に「公道でのセッティングにおいてはプリロードによるレート変化の概念は不要」と私は結論付けてます。
無論、サーキットレベルならハナシは別ですよ?テンダースプリングを併用したセッティングとかもあるし、それこそ質問者様が仰るように「かなり奥が深い話」だと思います。



長々と無駄話をさせて貰いましたが、私が公道における足回りのセッティングで最重要視するのは「余裕をもって適正なストローク量を確保すること」です。
前述の

>質問者様の車で1G静止状態の時にどれだけスプリングが縮んでいるのか算出して知っておくコトを推奨します。

というのもここに関わってくるんだけどね。
ダンパーの絶対ストローク量は当たり前ですが常に一定。それに対してバンプストロークとリバンプストロークはスプリングレートと車重(まぁコレは実質的に変らんが)とプリロードによって変化します。
リバンプストロークは単純に1Gでスプリングが縮む分で、スプリングレートが高ければ高いほど、あるいはプリロードを掛ければ掛けるほど減少します。伸びきり状態から縮んだ分しか伸びるコトは出来ないのでこれは当然ですね。場合によってはヘルパースプリングを併用してリバンプストロークを確保するセッティングもありです。
対してバンプストロークは絶対ストローク量からリバンプストローク分を引いた量になります。バンプストロークは最低限ダンパーの底突きを発生させない程度には確保しなければいけません。
どのくらいバンプストロークがあれば底突きしないか?ってのはそれこそ「走らせ方による」としか言いようが無いのですが…一般的には公道なら1.5G程度を想定したスプリングの縮み量を確保すれば良いとされてますね。ただし【公道】である以上、予想外の段差等で急激に荷重が1輪に集中する場合もあったりするので出来うる限り余裕を持たせるべきではあります。…まぁそういった場合にダンパーを保護する為にこそバンプストップラバーが装着されているのですけどね。さらに言うならこのバンプラバー自体を【第2のバネ】として生かすセッティングもあったりするのですが…個人的にはバンプラバーに触れない範囲で調整したいですね。バンプラバーを短くカットしてダンパーの有効ストローク長を増す手法もありますが、これはマージンを削ることになるのであまりオヌヌメしません。


☆ちょっと気になったのでさらに蛇足☆

>2は、車に取り付け1G状態ではバンプラバーの反力もある(?)ので、実際に外してみるとガシャガシャに遊んでた~ってこともあるよって友達からのアドバイスも昨日もらいました。

上で記述した通り、バンプラバーはダンパーが限界付近まで縮み切った場合に機能する部品であるので、このようなコトは有り得ない。
記述内容から推測するに、これは【スタビライザー】によって発生した事態と思われます。
何故【スタビライザー】によってそうなるのかは別途勉強して理解して下さい。至って単純なハナシですのでここでは割愛します。
で、上記ご友人のようにスプリングが遊んでいる状態というのは場合によってはトラクションが抜けて危険な状態になる可能性がありますので注意して下さい。このようなセッティングのミスを避ける為には車載のジャッキで片輪だけ上げるので無く、フロアジャッキ等を使って両輪持ち上げた状態でスプリングシートの調整を行えばおkです。やむを得ず車載のジャッキで行う場合にはスタビライザーのリンクを外せば問題ありません。
ついでに、ある程度以上車高を下げているのなら、スタビライザーのリンクをショートタイプに変更した方が良いです。ノーマルのリンクでは車高を下げた状態だと位置関係がオカシクなって正常にスタビライザーを機能させることができません。…まぁスタビ自体を外してしまうってのもセッティングのうちですが。

あと「足回りブッシュの1G締め」はちゃんとやってるかな?結構コレは知らない人が多い項目だと思うんだけど、コレやるのとやらないのとではかなり足の動きに差が出るんだぜ?
具体的にどうやるのかは別途ググッて参照してね。そっちのが画像もあったりして分かりやすい筈だ。
簡単に言うと「足回りアーム類のブッシュの捩れをリセットする」ってコト。足回りのブッシュは常に捩れながら動作してるんだけど、この捩れ自体が不要な反発力を発生させるからね。それを最小限に抑える為に必要な措置です。私はピロ化しちゃったので関係無いですがw

私から言える無駄知識は以上です。
あとは自力で色々調べるなり経験積むなりして頑張ってください(^O^)/
ここみたいな掲示板だと、概して走り系のネタは敬遠されがちだから(走りイコール違法行為ってことね)、この場でそういう質問する場合にはあまり期待しない方が良いです。

既に適切な回答が出ていますが補足として。

>TEINの取説には推奨値(通常走行/スポーツ走行)としてシート高や2と3の間隔など(A寸、B寸と)書いてましたが、プリロードや全長を触ると結局変化するので無視で良いものかと。。。

無視でおk。
気にすべきはソコじゃあない。

>プリロードがゼロになるように1,2を調整するのはジャッキア
ップして、バネが遊ばない程度に締まったところと考えとけばよいでし
ょうか。

その通り。
そもそも「プリロード=予め縮めておく」なので、言葉の意...続きを読む

Q昆虫食の件について聞きたいことがあります。

それで、身近な昆虫(バッタやセミ、コオロギなど)が減少、絶滅しないか心配しています。

「昆虫はおいしい、昆虫食は世界を救う」というツイートやブログをよく見かけます。
それで、将来的に昆虫がいなくなるのか、昆虫食が流行らないか心配しています。

どうなんでしょうか?

Aベストアンサー

一部の人だけだと思いますよ

食卓に昆虫料理が並んでも 食欲湧かないし・・流行らないでしょうね・・

Q車高の前後調整の仕方について

よろしくお願いします。

中古で車を購入したさい、全長調整式の車高調がついており、

フロントが少し下がっていて、これを正確に前後均等の高さにしたいのですが、

いろいろ考えているのですが分かりません。

知人からは、フェンダーのふちとハブの中心を計ればいいと

言われましたが、フロント・リアのフェンダーの高さが違うので

均等にならず、、、。

車高調のスプリングシートとシュケールのロックナット部の距離を

計ってフロント・リアを同じにすれば、前後均等の高さになるのでしょうか。

まったくの素人なので、詳しい方、分かりやすく教えてもらえないでしょうか。

よろしくお願いします。

追記、車高調のメーカーは分かりません。車はR33スカイラインです。

Aベストアンサー

まず、基準を決めましょう。
前に合わせるのか、後ろに合わせるのか。
基準が決まったら、そのホイールアーチの上端に墨糸を固定し、水準器を使って一方のフェンダーまで水平に伸ばして、その状態でホイールハブセンターから墨糸までの距離を測定します。
この距離が前後水平時のホイールアーチ上端の距離になります。
後はこの寸法を基準に車高を合わせればいいのですが、単純(アバウト)な方法としては、現在の車高と基準車高の差の分だけスプリングシートを上下させればいいのですが・・・・。
車の前後荷重が変化しますので、正確には微調整を何度も繰り返さなければならないと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング