卒論で桜について書く予定です。それにつきまして、桜をモチーフにした小説を
探しているのですが、現代小説になるとまるで見つからず困っています。渡辺淳一「桜の樹の下で」以降で桜を扱った小説があったらお教えください。タイトルになっていなくても、桜が印象的な使われ方をしているもの、なにか象徴的な言及のあるものなどでしたら結構です(「ノルウェイの森」に一節あった…など)。反対に、タイトルにはなっているもののあまり関係がない(単に季節的な連想など)の
場合はタイトルだけお教えいただけるとうれしいです。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

すごく短い短編ですが、五木寛之氏の「赤い桜の森」という話が、「奇妙な味の物語」(集英社文庫)のなかに入っています。


上空から見つけた、赤い色をめざして村に入ったカメラマンの話です。数分で立ち読みできるような長さですが、桜のシーンはとても印象的でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 貴重な情報をありがとうございます! 長編はタイトルで探すことができるのですが、なかなか短編を見つけることは難しく迷走していたところだったのでとてもうれしいです。卒論の提出もいよいよ間近に迫り(これから長編を読むとなると大変な時期でもありますね…)、いよいよ持論のまとめに入る時期ですので、教えていただいた作品で持論を補強・または新しい発見ができるといいなと思います★
 ありがとうございました!

お礼日時:2001/12/09 20:43

 推理小説でしたら京極夏彦さんの「絡新婦の理」で、冒頭、および結末が見事な一面の桜、という情景でした。

1996年発行、講談社ノベルスです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、京極夏彦さん…盲点でした。あれだけ美にこだわる作家さんなのですから、あたってみるべきでした。みなさんにも推理小説を多く紹介していただきましたが、ハマってしまわないかが心配です…。ともあれ、貴重な情報をありがとうございました。これからもなにとぞお教えくださいね。よろしくお願いいたします。

お礼日時:2001/09/23 00:43

推理小説でもよろしいですか?確かトクマノベルズから1999年3月に発行された吉村達也さんの『「吉野の花」殺人事件』が奈良県の吉野という地方が舞台で(吉野は桜で有名な場所です)そこにある桜の木が事件に関わっていたように記憶します。


他にも吉村さんの著書(多分、徳間文庫から出ている朝比奈耕作の惨劇シリーズの5冊の中)で桜の木があったようにも思うんですが、今手元に本がないので確実なことが言えずにすみません・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こうしてみると、現代小説で桜が使われるのは推理小説に多いようですね。確かにどことなく似合う気がします。吉野の桜は色が薄いらしいですね。はなかさを漂わせて、小説のモチーフとしてはぴったりなのかもしれません。吉村さんの作品中には2作も該当する作品があると言う事で、大収穫です。ありがとうございました!
また何かありましたらよろしくお願いいたします。

お礼日時:2001/09/23 00:39

最近読んだ本ですが竹内真「風に桜の舞う道で」。

今年の6月頃に出たばかりです。内容は高校卒業後とその10年後の主人公の青春を交互に描いたもの。
 たしか中央公論社からハードカバーで出てたはずです。

 作者のホームページは参考URLに書いておきますね。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~hi3m-tkuc/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくホームページに行ってまいりました。短編を一作読みましたが、とても
視覚的で素敵な作品だったので、紹介していただいた作品もかなり期待しています。個人的に中央公論社の出す本も好きなので…。
ホームページの紹介までしていただいて、ありがとうございました。また何かあり
ましたらよろしくお願いいたします。

お礼日時:2001/09/23 00:35

うろ覚えですが、江戸川乱歩賞をとった「花園の迷宮」(山崎洋子)。


小説の舞台だった遊郭(?)の中庭に、たしか大きな桜の木があって
後半、主人公がその桜を見ながら想いをはせていたような気がします。

あと今邑彩の短編だったのは覚えているのだけど、タイトルが思い出せない・・。
たしか「挟みの記憶」という短編集の中にあったような気がするのだけど。

母親が蒸発した時に桜吹雪が舞っていたことしか覚えていない主人公が、記憶を辿って行くと、過去に起きたと思われる犯罪が見えてしまう・・って感じで、年に2度花を咲かせる返り花が印象的に使われていたような気がします。

あんまり自信ないけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早いお返事ありがとうございました
今邑彩さんという方は始めて聞きました。あらすじから察するに、推理小説を
書かれる方なんでしょうか? ぜひ読んで見たいと思います。ありがとうございま
した。もし短編の名前をふと思い出したりされたときは、またよろしくお願い
いたします!

お礼日時:2001/09/23 00:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1970年頃に読んだ、ジュブナイルSF小説(火星もの)のタイトルを教えてください

小学生の時、学級文庫にあった、ハードカバーの本で、挿絵もあり、シリーズの1冊だったと思います。
内容は、断片的にしか覚えてないのですが・・・、
舞台は、火星。
事故か何かで、燃料がなくなり、地球に帰れなくなる。
生物が居ないと思っていたら、海の底では、太古の地球のような生物が居た。
天然のガスか石油か燃料を見つけ、帰還。

記憶にある限り、私が始めて読んだSF小説なので、長い間、気になっています。
タイトルがわかっても、この本は、もう読めないと思いますが、元になった小説を是非一度読んでみたいと思っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

火星に間違いが無ければ岩崎書店の少年少女宇宙科学冒険全集の
パトリック・ムーアの「火星救助隊」かもしれません。
ストーリー的にはエドガー・ライス・バローズの「ペルシダー」シリーズや
「ムーン」シリーズを思い出したのですが舞台は地球や月だし、、、。
「火星救助隊」は宇宙生物だったような記憶もあるのですが、、、。
すいません、私の記憶もアヤシイので自信なしにしておきます。

Q村上春樹のノルウェイの森について

本書ノルウェイの森の主人公が愛読するグレイトギャツビィ
という本は実在するのでしょうか?gooで検索かけても出ません。
もし読んだことのあるかたは出版社とその購入法をおしえていただきたいです。

Aベストアンサー

フィッツジェラルドの「華麗なるギャツビー」で検索してみてください。
Yahooのショッピングサイトでも販売されています。
ロバート・レッドフォードが主演した映画も素敵ですよ。

参考URL:http://search.shopping.yahoo.co.jp/books_search?p=%B2%DA%CE%EF%A4%CA%A4%EB%A5%AE%A5%E3%A5%C4%A5%D3%A1%BC&f=0

Qノルウェイの森の終わり

学校の教科書に載っていた「青が消える」を読んで、村上春樹に興味をもって「ノルウェイの森」を借りて読んだのですが、終わりの部分が良く分かりません。

様々な捕らえ方が出来る、ということが言えるのだと思いますが、僕はどうとも捕らえられません。
この作品を読んだみなさんはこの終わりにどんなことを感じましたか?
教えてください。

Aベストアンサー

私は、結局自分(主人公)の居場所が不確かであること、
これからどうなるのか決まっていない、不安または不安定な終わり方(ミドリがいるにしても)と感じたのですが、
昔雑誌でハッピーエンドだと書いていた人がいて、驚いたことがあります。

曖昧な結末だから、いろいろな受け取り方が出来るのでしょう。

昔の村上春樹作品は、「喪失感」「欠落感」ということがよく言われていました。

Q渡辺淳一の……?

地元のミニコミタウン誌を読んでいたら野口英世の話が載っていて、郷里の出身の方が「渡辺淳一の作品で著しいイメージダウンを被ったので、名誉挽回に勤めたい」というようなコメントを載せてらしたんですが、この「渡辺淳一の作品」って具体的には何という作品ですか?御存知の方教えて下さい。

Aベストアンサー

遠き落日 かと思います

参考URL:http://www.ll.chiba-u.ac.jp/100bs/066.html

QSF小説のタイトル

回答するのは得意なんですが質問は苦手なので分かりにくければ指摘下さい、補足しますので。

小学生の頃、小説が好きで良く読みました。
当時読んだ小説の内容を時々思い出し呼んでみたくなることがあります。ご存知の方いらっしゃいましたらご教示下さい。
小説はハードカバーで30㎝×20㎝くらいでした。同じサイズに三十棺桶島とかがありました。

映画化されていたような気もしますが不確かです。

本の内容は宇宙人に地球が征服されていて、宇宙人が定期的に地上の町や村から若い子どもを召使いとして(地球側の感覚だと生け贄)呼びます。その中の一人の少年が主人公です。

宇宙人は地球の大気に適応できないためドームに長い足が生えたロボットに乗っています。ロボットの中は緑色の大気が充満しています。(中で人は生きられるが長生きできない)

※不確かな記憶

宇宙人は三角形のボディに蛸足が生えていて正面に目(?)が3つあり、この3つの中間が急所になっています。中学生くらいの主人公のワンパンチで悶絶した描写があった気がします。

外国の小説な為、調べる事が出来ませんでした。
以上、よろしくお願いいたします。

回答するのは得意なんですが質問は苦手なので分かりにくければ指摘下さい、補足しますので。

小学生の頃、小説が好きで良く読みました。
当時読んだ小説の内容を時々思い出し呼んでみたくなることがあります。ご存知の方いらっしゃいましたらご教示下さい。
小説はハードカバーで30㎝×20㎝くらいでした。同じサイズに三十棺桶島とかがありました。

映画化されていたような気もしますが不確かです。

本の内容は宇宙人に地球が征服されていて、宇宙人が定期的に地上の町や村から若い子どもを召使いとして...続きを読む

Aベストアンサー

全く自信がありませんが、トリポッド(三本足)シリーズでは無いでしょうか?
なお、文庫の1巻は前日譚で後から追加されたということですので、この作品が正解としても、読まれていない可能性があります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%9C%AC%E8%B6%B3%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA

http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_gw_0_5?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%83g%83%8A%83%7C%83b%83h&x=0&y=0&sprefix=%82%C6%82%E8%82%DB%82%C1%82%C7


人気Q&Aランキング

おすすめ情報