潮位表を見て疑問に思ったのですが、大きく潮が引き、その次に潮が引くときは引き方が小さいのはなぜなのですか。
例えば今日の潮位を見ると、横須賀で00:30 49 12:48 62 で13差があります。満潮では06:32 188に18:32 184で2しか差ありません。
月が南中したときの高さが関係しているのかと思いましたが、それなら満潮時の差が大きくなるのではないかと思うのですがどうでしょうか。
これはという答えがみつかりません。よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

私からも少し補足しておきます。



確かに,おっしゃるような現象が起こっているようにみえる日もあります。しかし,逆のときもあります。
たとえば,10月29日の東京・羽田の潮位は,
満潮 3:44 170cm
干潮 9:33 66cm
満潮 16:05 193cm
干潮 22:07 62cm
となっており,満潮の差に比べると,干潮の差はわずかです。また,満潮・干潮の両方にそれなりの差が出る日もあります。(数値は「潮時表」というソフトで算出しました)
海上保安庁水路部のページでは,1日分のデータしか出ませんので,気付きにくいのですが,もし潮位表(気象庁や海上保安庁から本になって出ている。海上保安庁の本の題名は「潮汐表」)を見る機会があれば,「大きく潮が引き、その次に潮が引くときは引き方が小さい」という現象が,他の日付ではどうなっているか,確かめてみると面白いでしょう。

一般に,1日2回ある満潮の潮位,また干潮の潮位は,等しくならないのが普通で,この現象を「日潮不等」といいます。
その原因は主として地軸の傾きです。つまり,地球の公転軌道と赤道面が23.4°傾いているわけで,これを地球上からみると,太陽の通り道(黄道)が赤道と23.4°傾いていることになります。
月の公転軌道も大まかには太陽と同じとみることができます(1.5°ぐらい違う)。
さて,地球は1日1回自転していますが,これを地上で見ると,月が(太陽も)1日1回上って沈むように見えます。これを日周運動といいます。
ところが,前述の傾きのため,月はいつでも赤道の真上にあるわけではありません。ときには,北緯25度あたりまで来ます(つまり,小笠原で月を見ると頭のほぼ真上にみえる)。
起潮力が最大になるのは,月に面した側と,その反対側ですので,もし月が沖縄の真上にあれば,沖縄近海と,その反対側の南半球,つまりブラジル沖の南大西洋で,潮位を高める力が最大になります。
(実際には,起潮力の大小だけで潮位が決まるわけではありませんし,満潮の時刻も月が南中してすぐというわけではありませんが,うんと単純化して説明しています。)

半日後。月は反対側の,北緯(南緯ではない!)25度の地点の真上に来ます。このとき起潮力が最大になるのは,北大西洋とオーストラリアあたりになります。
したがって,このとき小笠原の海が受ける力は,半日前の満潮時に比べると多少小さくなっています。

これが日潮不等の起きる基本原則です。これに太陽による起潮力が加わると,太陽と月の南中時刻(正確に言うと位相)にはずれがありますので,両者の影響が時には強め合ったり打ち消し合ったりして,満潮と干潮の一方に日潮不等が強く現れることがあるわけです。
実際にはさらに,海水と海底との摩擦,地形の影響,気温や気圧の変動などが加わり,潮位の変化はより複雑になります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

たいへん詳しく説明していただき、恐縮です。
>一般に,1日2回ある満潮の潮位,また干潮の潮位は,等しくならないのが普通で,この現象を「日潮不等」といいます。
私が疑問に思ったのは、まさしくこの「日潮不等」のことです。
これでよく分かりました。かゆいところに手が届いた気持ちです。
本当に、ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/24 19:39

・逆の現象とは、干潮時の潮位はほぼ同じでも、満潮時の潮位が高いときと低いときが交互にあらわれるということなのでしょうか。



交互に現れる保証は全くありません。様々な周期と振幅を持ったSINカーブの合成結果です。しかし、周期は似通っているので一定の傾向は続く傾向はあると思います。貴殿のような観点で分析したことはありません。

>その周期は、振幅の大きなもので4個あります
月と太陽による二つのSINカーブは分かりますが、後の二つは何なのでしょうか。

 月と太陽によるものですが、月を考えると、地球上の任意地点では、潮汐力は月の南中時で最も大きいのです。
 月がその任意地点の全く地球の裏側にある時も大きくなります。従って月についてはこれで二つの周期がありま
す。(実際の周期は12.42時間と25.82時間です)


 次に太陽については、半日周期(12時間)のものが1個と、月と太陽の合成によるほぼ24時間(23.93時間)に等しいものが1個あります。

 これで合計4個です。

 もっと長期に考えれば海水温度の規則的な年変化のようなものは、長期的なデータ解析で周期分析に反映されているものと思います。(海水温が高いと膨張による海面上昇
低い場合は逆、これの周期は1年)

 周期は事前にわかっておりますが、振幅は場所によって違います。それを見つけるのは観測しかありません。

 ついでに海図の水深0mは、平均海面から上の4つの振幅を足した値を減じた値を0mとしています。(考えられる最も低い潮位です。船舶の安全性を考えてそうしています)

              以上補足です
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく説明していただきありがとうございます。

潮位の変化はあくまでさまざまなSINカーブの合成で表される、ということですね。私が疑問に思ったことも、いくつかの波の合成の結果そうなったようです。また違うときに見てみれば、違う現象が見られるようですので、しばらくしたらまた調べてみたいと思います。

お礼日時:2001/09/22 21:27

 潮位表は計算値です。

実際の潮位とは気圧等のため違うことがありますが、潮位表にはその影響は入っていません。

 潮位変化を起こす元は、主に月と太陽の引力なのですが、月のほうが太陽より2倍以上その力が大きいです。また、地球自転による見かけの周期が両天体で1時間ほど違います。
 潮位の変化はこれら二つの天体による、引力の和ですが、言い換えれば周期と振幅の違うSINカーブの和です。
(その周期は、振幅の大きなもので4個あります)
 それを利用して、潮位表を作成しています。10年後の潮位表でも作成できます。
 
 従って、言われたことと逆の現象の日があってもおかしくないと思いますし、事実有るはずです。1日だけの変化を見て結論は出せないと思います。

 満潮と干潮の差が大きくなるのは、月と太陽が一直線に並んだ日、すなわち満月か、新月かですが、そのような日は大潮と呼ばれ、潮位差が大きく満潮の時は、普段より潮位が高く、干潮は低くなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
逆の現象とは、干潮時の潮位はほぼ同じでも、満潮時の潮位が高いときと低いときが交互にあらわれるということなのでしょうか。
>1日だけの変化を見て結論は出せないと思います。
もう少し長い目で見てみます。
>その周期は、振幅の大きなもので4個あります
月と太陽による二つのSINカーブは分かりますが、後の二つは何なのでしょうか。

お礼日時:2001/09/21 22:02

潮位は地球規模での海水移動ですので、海水温による海流や、気圧配置なども影響します。

特に湾内の潮位は海流によって変化しやすいです。
前回の台風でも満潮+大潮と台風のせいで、超大潮になりましたし、それは明らかです。

よって、ご質問の内容は月と関係ないように思われます。

ちなみに月の南中時刻と潮位が最大になる時刻には(海水の移動速度による)ズレがありますし、天体関係で言えばさらに太陽系の天体が並ぶような天文現象の日には通常より大きく潮位が変化します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をいただきありがとうございます。

質問に書いたデータは、海上保安庁水路部、潮汐推算データのページに在ったものです。観測値ではなく計算で出した数字のようです。
潮汐曲線のページをもう一度よく見ると、予測値、観測値、その差や気圧がグラフになっていて、気圧が変化すると潮位も影響を受けるのがよく分かりました。

もともとの疑問は、予測される干潮時の潮位が高いときと低いときが交互にあらわれるのは何が影響しているのだろうか、ということです。予測することができるということは、月や太陽の動きに関係が在るのではないかと思ったのですが、うまい説明がみつからないので、こちらに質問した次第です。

お礼日時:2001/09/21 21:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q時間ごとの潮位を知るには?

気象庁の潮位表から時間ごとの潮位を知るには、干潮~満潮の潮位差をその間の時間で割った数字が1時間ごとの潮位変化と単純に考えていいですか?

例えば今日のうちの近くの観測点では、干潮=10:14で59cm、満潮=16:42で178cmです。
(178-59)÷6.5=18.3になるので、干潮から1時間ごとに均等に18.3cmずつ潮位が上がっていくと言うことでいいですか?

Aベストアンサー

気象庁のwebページに行くと潮位がどのように変化するかのデータを見ることができます。

Q東京湾中等潮位(T.P)の調べ方

例えば、この地点の東京湾中等潮位(T.P)が知りたい!という場合、この東京湾中等潮位(T.P)はどうやって調べるものなのですか?教えてください。

Aベストアンサー

 こんにちは。
 東京湾中等潮位というのは、測量や地形図の基準となる或る絶対値のこと
http://www.river-museum.jp/newsletter/no_7/page4.html
だというのは、今更説明されるまでもないとは思います。T.Pの観測方法はこの建設省荒川工事事務所の運営しているあらかわミュージアムのサイトにあるとおりです。
 ですから、この質問文そのものにおかしな点があることになります。特定の場所のT.Pとの差(これを通常、「標高」と呼びます)を知りたい、というのがこの場合の正しい質問文になるでしょう。

 補足にある東京ドーム付近を例に取ると、
・地理院のサイトhttp://watchizu.gsi.go.jp/
で2万5千分1地形図を見てみるのが一番目の方法。隣接する小石川後楽園の中に10メートルの等高線があるので、それよりは低いことは確実ですがそれ以上は判りません。
 もっと詳しい数値が必要ならば、等高線が地形によっては50センチメートル刻みになる国土地理院の1万分1地形図を大きな書店の地図売り場で確認してください(これは初めから折り畳まれて売られています)。
・もう一つはその近所にある水準点や三角点、標高点を確認する方法です。ただし東京ドーム近辺にはいずれも存在しません。

 結局最近答えた質問と同じような結果になります。
http://odn.okwave.jp/qa3091481.html
大縮尺の地形図(実寸により近い尺度のもの)から読み取るしかないでしょう。ただし1万分1地形図は東京を始めとする大都市のごく一部分しか発行されていません。使用可能な地形図から推測して出す以外にない場合がほとんどだと思う方が良いでしょう。

 こんにちは。
 東京湾中等潮位というのは、測量や地形図の基準となる或る絶対値のこと
http://www.river-museum.jp/newsletter/no_7/page4.html
だというのは、今更説明されるまでもないとは思います。T.Pの観測方法はこの建設省荒川工事事務所の運営しているあらかわミュージアムのサイトにあるとおりです。
 ですから、この質問文そのものにおかしな点があることになります。特定の場所のT.Pとの差(これを通常、「標高」と呼びます)を知りたい、というのがこの場合の正しい質問文になるでしょう...続きを読む

Q何故、太平洋の潮位差は大きく、日本海の潮位差は少ないのでしょうか?

何故、太平洋の潮位差は大きく、日本海の潮位差は少ないのでしょうか?

Aベストアンサー

潮の満ち干は月の引力によるという説明がなされますが引力が直接水を持ち上げる訳ではありません。
引力の強いところには周りの引力が弱いところの水が集まってきます。
沢山の水が集まりやすいところでは干満の差が大きくなります。
集まった水が一箇所に集中するような場合も大きくなります。

別の原因として共振があります。
お盆の上にスープ皿とドンブリ(ティーカップのカップと受け皿でも良い)を乗せて水をいれ、お盆を左右に傾けてみてください。
お盆を傾けると中の水も左右に揺れます。傾ける周期を変えると水の揺れ方も変わり、ある周期の時に大きく揺れるようになります。
入れ物により水の揺れる周期が異なり、傾ける周期と揺れる周期が合わさると揺れの大きさが大きくなります。これが共振です。

水の移動のしやすさとその量、地形、により干満の差が異なってきます。

Q潮位の利用目的についての質問

油壺、南伊豆など、関東周辺の9月1日から10月31日までの潮位データをもらったのですが、何に使えばいいのかよく分かりません。潮干狩り以外に何か利用方法はないでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

潮干狩り以外には、あまり使い道は無いかもしれません。
海での釣りには、重宝すると思います。
自分で船を操縦されるのでしたら、必需品となると思います。

ギャンブルの競艇で、海水が入っている所では潮位はかなり影響します。

占いとしての使い道でしたら、いろいろと使っている人はいるようですけど。
赤ん坊の生まれる時刻も潮位に関係すると言う人が多いですし。
地震の予知に使うとなると、科学よりも迷信に近いかもしれません。

Q満潮時より干潮時の方が潮位が高いのは何故?

潮汐表を見ていて疑問に思いました。 満潮時より干潮時の方が潮位が高い日が有るのです。「中潮 07:01 27  13:52 71」これは、本年度の北海道雄武町(潮高の基準面:平均水面下65cm)・5月17日(土)の 潮汐表の抜粋です。
 質問1 このように、満潮時より干潮時の方が潮位が高いのは何故か?
 質問2 満潮の潮位より干潮の潮位が高い場合は、干潮に近づくに連れて「潮が満ちてくる」と考えて良いのでしょうか。

 質問3 この日に、潮干狩りへ行こうと思っています。
      日を改めた方が良いでしょうか?  

Aベストアンサー

 満潮、干潮は、両者を比較して相対的に潮位の高くなる時期を満潮としますので、5月17日の場合は、13:52(潮位71cm)が満潮時になります。
 基本的に、満潮、干潮は1日2回ずつ繰り返されており、その周期はほぼ12時間25分となっています。従って、満潮、干潮のタイミングは毎日変化していきます。午前中に満潮が来る時もあれば、午後になる時もあります。
 5月17日の場合は、午後が満潮(潮位71cm)のようですので、昼間に潮干狩りに行くのは適当でないかもしれませんね。早朝か夕方が良いと思われます。

Q過去の満潮時間

インターネットで探しても過去何年かや、1週間のデータは
あるんですが、20~30年前のデータがでてきません。
どうしても知りたいのですがどなたかご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

「旧暦」計算のできるHPありましたので、ご参考に。

なお、干潮満潮は、地形によって随分変わりますから、「ちかくの場所」というのは、かなりの近くでないと当てにならない。
たとえば同じ兵庫県でも、瀬戸内海と日本海がわとで全然違います。さらに日本海側でも、ちがいがある。(以前、赤ちゃんが産まれるのが満潮・・という話題がありましたが、ほんとかウソかはともかく、「沿岸」に住んでいなければ意味のないことです。)

したがって、実際の海岸を特定した上で、その場所の最近の満潮時刻を調べた上で、現在と過去の「旧暦」どうしで対照させる、というのが正解だと思います。

参考URL:http://www3.biwako.ne.jp/~nobuaki/qreki/index.html

Qクロダイとスズキ 棲み分け・釣り分け

クロダイを狙ってルアーで釣りをしていますが、スズキ(小さい)は釣れるんですがクロダイが釣れません。1匹も。

この堤防に良型のクロダイが居ることは他の釣り人の釣果から証明されています。
しかしその人は堤防の先(本来立ち入り禁止:水深4~7m)で釣っています。
当方はマナーを守ることにしているので、堤防の付け根(水深~3m)だけでしかやりません。

ここまで書いてしまうと、クロダイは深場、スズキは浅場で棲み分け・釣り分けしていて、もう質問に対する答えが出ているじゃないか、ということになりますが。
これは正解ではないと思っています。
経験的に、クロダイはびっくりするような浅瀬にも居ることは知っています。それなら何故当方には釣れないのか?魚影すら確認できないのか?

そもそもクロダイ、スズキは同じポイントに同時に存在するのか?棲み分けはしていないのか?という疑問が湧きます。場所・潮・餌・時間等等の面で。
御存じの方、よろしくお願いいたします。

、、ふと。クロダイ釣りの方はカラス貝のような2枚貝を餌に釣っているようですが、この堤防の付け根には2枚貝の姿、、、、そういえば見たこと無いな、、、関係ありますか?

クロダイを狙ってルアーで釣りをしていますが、スズキ(小さい)は釣れるんですがクロダイが釣れません。1匹も。

この堤防に良型のクロダイが居ることは他の釣り人の釣果から証明されています。
しかしその人は堤防の先(本来立ち入り禁止:水深4~7m)で釣っています。
当方はマナーを守ることにしているので、堤防の付け根(水深~3m)だけでしかやりません。

ここまで書いてしまうと、クロダイは深場、スズキは浅場で棲み分け・釣り分けしていて、もう質問に対する答えが出ているじゃないか、ということ...続きを読む

Aベストアンサー

>棲み分けってどうなんでしょうね?
>クロダイとスズキが同じポイントに共存しているんでしょうか?

シーズンやシチュエーションによっては完全に共存状態で、ほぼ同じように
ルアーを追うことが良くあります。

ここは私の地元の川で、河口から10km近く上流ですが、晩秋の落ち鮎パターンになると
チヌとシーバスが、同じルアー、同じカラー、アクションでどちらも良く釣れます。
http://www.duel.co.jp/movie/107/
http://www.duel.co.jp/movie/109/

シャロー部でも流心の中の流れのきついところでも、どちらでもチヌもスズキも喰ってきます。
(ただこんなパターン、場所だとトップには出ない)

これからの時期、海水温がどんどん高くなってくるとチヌもシーバスも水温の低い
河川内に入ってきて、特に日中の最高温度近くになるとシーバスはボトムのブレーク部分で
じっとしていて朝夕にベイトを追いますが、チヌはその付近をまったく怖がらずに回遊して
あっちこっちでボトムにいるカニを喰ったり、トップルアーに反応したりします。

もうこの光景は何十回と河口で立ち込んだり、ちょっと護岸の高い位置から偏光で確認していて
こんなところだとどちらもトップには反応しません。

チヌもシーバスも群れでいるよりも単体でうろうろしながらベイトを探しているときの方が
トップルアーに反応しやすく、早朝などはシーバスの方がバイトが多いですね。

ただこれも大型の波止やケーソンなどで途中に海水が通っているような場所だと
シーバスが群れで付いていて、チヌもそんな場所では波止際のカラス貝なども捕食
しにくいでしょうからスズキの独占ですが、沖のシーバースなどの橋脚に付いているチヌは
いずれも50cm前後の大型の数多くの群れが多く、この状況だと今度はスズキが
共存しにくく、こんな場所だとチヌのレンジが浅く、シーバスがずっと深いケースが
多いですね。

>棲み分けってどうなんでしょうね?
>クロダイとスズキが同じポイントに共存しているんでしょうか?

シーズンやシチュエーションによっては完全に共存状態で、ほぼ同じように
ルアーを追うことが良くあります。

ここは私の地元の川で、河口から10km近く上流ですが、晩秋の落ち鮎パターンになると
チヌとシーバスが、同じルアー、同じカラー、アクションでどちらも良く釣れます。
http://www.duel.co.jp/movie/107/
http://www.duel.co.jp/movie/109/

シャロー部でも流心の中の流れのきついところでも、どち...続きを読む

Q満潮の時刻は分かりますか

人は満潮時に産まれるという話を聞き、驚いています。昨年10月9日午後1時23分に大津市で娘が誕生したのですが、この時の潮の状態を知る方法ってないものでしょうか。また、なぜ潮の満ち引きと出産とが関係あるのでしょうか。

Aベストアンサー

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「海遊亭:潮汐」
日本全国細かくポイントが表示できないようなので、「大津」に近いのは、福井県三国かと思います。
そこで、このページで、
「地方選択」で「北陸」をクリック
⇒「福井県・三国」にチェックを入れ、日付選択し、「・・・表示」をクリック
⇒結果表示

この結果では、「満潮」は
・ 1:14
・10:42
でしょうか?

ご参考まで。

参考URL:http://www.n-bcom.co.jp/tsuji/fishing/salt/index.htm

Q潮位について

添付画像(分かりにくかったらゴメンナサイ)は9月26日から10月10日までの潮位の変化を表したグラフです(気象庁のデータ)。

左端の部分と中央部分とでは満潮時と干潮時の潮位差が極端に違いますが、これは何が原因でおこるのでしょうか?ちなみに観測地点は和歌山県の白浜近辺です。

Aベストアンサー

これは干潮満潮の差の中で干潮の潮位の変化が少ない事を質問しているのでしょうか?
そうだとするとこの干潮と満潮の差が少ないのは昼間と思います
昼間は太陽の重力の関係を受けるためと考えてください
これは比較的一年中起きる現象で夜の方が月の重力の影響をより受けるためだと思います
左の方は釣りでは中潮と呼ばれる月が半月などの時と思います、この時には月の重力で引っ張られている方向が横の方ですのでさらに月の重力の影響が少なくなって昼間は太陽の重力も影響するために潮位差が少なくなったと思います

Q地方真太陽時と南中時刻と太陽高度角について

南中時刻というのは、太陽の高度角が最大になる時刻と考えていいのでしょうか。
つまり、太陽が真南に来たとき、太陽の高度が最大になると考えていいのでしょうか。

明石がJSTの基準点ですから、明石ではJSTの12時に太陽高度角が最大になるのでしょうか。

また、地方真太陽時とは、南中時刻を12時とするものですが、
地方真太陽時では、1日の長さが24時間でなくなるのでしょうか。

例えば、
地方真太陽時の12時がJST12時10分ならば
地方真太陽時の15時はJST15時10分
となるのでしょうか。

Aベストアンサー

太陽がある地点で南中すれば、その時太陽高度は最大で、この地点での地方真太陽正午です。

1年を通じて太陽の位置を平均したものが平均太陽です。
地球軌道が楕円で傾いているため、太陽は平均太陽の周りを南北へ各
23°東西へ各4°の範囲で動き回ります。
JST(中央標準時)正午は東経135°における平均太陽の南中時刻です。

JST正午に太陽が南中する地点は、2月中頃平均太陽より最も東に寄る東経138.6°(例えば山梨県甲府市)から、11月初め最も西に寄る東経
130.9°(例えば福岡県北九州市)の間で変化します。

連続する2回の真太陽正午の時間間隔は24時間00分30秒から23時間59分39秒までの間で毎日変化します。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報