社内のメールソフト「Lotus Notes」にて全てのメールに受信確認をつける人がいます。

そういう人に限ってたいした事を書いていないのでかなり鬱陶しいですのですが、ごくまれに大切なメールも混じっています。

相手に受信確認を送ることなく、その人から送信されてきたメールを開き読むことができますか?

A 回答 (1件)

確か、メール文書を開かずに選択した状態で「履歴付き返信」や「引用返信」をすると、受信確認が送信されずに、中身を見ることができます。

    • good
    • 2
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。うまくいけました。助かりました。

お礼日時:2005/05/19 23:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QNQ法によるFM受信機相互変調特性の測定方法の原理が理解できません。

NQ法によるFM受信機相互変調特性の測定方法の原理が理解できません。

現在1陸技の資格を取るために無線工学Aを学習しています。
そこで、NQ法によるFM受信機相互変調特性の測定方法の原理が理解できません。
入力がOFFのときの出力雑音レベルから20dB下がる入力をプロットして(20dB雑音抑圧曲線)、2つの妨害波の入力が等しい直線との交点が相互変調特性となるとありますが、なぜこれが相互変調特性となるのでしょうか。その値が大きいほどよいというのも理解ができません。それがなぜ相互変調が少ないと言えるのでしょうか。
また、相互変調で発生するのはひずみですよね。雑音とは別のものだと思うのですが、ここではひずみを雑音としているのでしょうか。

相互変調積というものは理解しています。2つの妨害波が入った場合、非線形によるひずみで3次の成分がキャリアの周波数に近いと問題になることです。
何か理解の糸口も見えず、あまりまとまっていませんが、何かアドバイスでもいいのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

NQ法のNQ(ノイズ・クワイエット)は20dB雑音抑圧する感度を測定しているのです。
日本の電波法では、この20dBNQ法の感度を基準に感度抑圧や相互変調特性が規定されています。
40年~50年以上前から規定されている受信機の基本事項ですので理解しておいてください。

もう既に理解仕掛かっておられますが、
>もしかして、相互変調により雑音が発生するという話ではなく、出力雑音のレベルで相互変調による妨害波のレベルを等価的に測定しているということですか?
その通りです。

>出力雑音は入力がないときが最大であり、相互変調により希望波と同じ周波数の妨害波が出力された場合は出力雑音が下がります。そのため、20dB出力雑音を下げるということはあるレベルの妨害波が出力されていると言うことになります。そう考えれば、あるレベルの妨害波を出力する(=20dB出力雑音を下げる)のに必要な入力が大きいほど相互変調に強いということと理解できます。この理解で正しいですか。
まさにその通りです。

>相互変調はひずみ(高調波)が発生するものと勘違いしていたのですが、そうではなく、ひずみにより希望波と同じ周波数の妨害波が発生するということですね。
その通りで、他に説明は不要ですね。
 

NQ法のNQ(ノイズ・クワイエット)は20dB雑音抑圧する感度を測定しているのです。
日本の電波法では、この20dBNQ法の感度を基準に感度抑圧や相互変調特性が規定されています。
40年~50年以上前から規定されている受信機の基本事項ですので理解しておいてください。

もう既に理解仕掛かっておられますが、
>もしかして、相互変調により雑音が発生するという話ではなく、出力雑音のレベルで相互変調による妨害波のレベルを等価的に測定しているということですか?
その通りです。

>出力雑音は入力がないときが最...続きを読む

QLotus Notes 6.5 メールのエクスポート方法は?

Lotus Notes 6.5のメールを、添付ファイルも含めて他のメーラーにエクスポートしたいのですが、方法が分かりません。どうすればそれが出来るでしょうか?

メニューの ファイル-書き出し で、メール本文はテキストに落とせるようですが、添付ファイルも何らかの方法でエクスポートしたいです。

または、Notesのmbox(asfファイル)を、直接インポートできるメーラーはありますか?

Aベストアンサー

ちょっとググッてみましたが、これはどうでしょう?

Lotus Notes to Outlook / Exchange NSF to PST convertesion export software

参考URL:http://www.lotus-notes-export.com/XitNotes.asp

QAMラジオの原理

すみませんが、AMラジオの受信及び放送の原理について詳しく教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。

以下、ご参考に。

http://www9.wind.ne.jp/fujin/diy/radio/radio02.htm

http://www1.cncm.ne.jp/~itoyama/radio.html

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1317065438

QLotus Notes メール受信時の通知音やダイアログボックスの表示

Lotus Notes メール受信時の通知音やダイアログボックスの表示設定について


お世話になっております。
Lotus Notesについて、教えて頂きたくお願い致します。

会社でLotus Notesを通常使用するメールクライアントとしております。

そこで、メールを受信した際に通知音を出したりダイアログボックスを表示したりなどの
設定をしたいのですが、複数のメールデータベースを使用する際に、下記のことが
可能か教えて頂けますでしょうか。


<環境>
・OS:Windows XP
 社内ドメインに参加しており、個人アカウントでログイン。
・Lotus Notes Release 7.0.2
 個人ごとに使用。(個人ごとにIDファイルを設定)

<受信設定について>
・Notes初期設定時に、個人のメールデータベース(サーバー:社内、ファイル名:personal.nsf とします)がワークスペースにデフォルトで作成されます。
個人メールはここで受信します。
・さらに、外部からの問合せメールを受ける共有メールデータベース(サーバー:社内、ファイル名:share.nsf)をチェックする必要があるため、ワークスペースにこちらのデータベースを追加しておきます。こちらにアクセス出来るユーザーは限られています。
・メール受信時に通知音やダイアログボックスを表示させたいので、[ファイル] - [プリファレンス] - [ユーザー] の [メール] から、メール到着時の処理を設定済みです。
◆ この設定により、個人メール(personal.nsf)にてメールを受信した際には、到着時処理が有効になっております。ですが、共有メール(share.nsf)に関しては、メールを受信してもこれらの処理が全く反応しません。
◆ メール到着時の処理の設定を、個人メール・共有メールの両方に対し有効にしたいのですが、可能でしょうか。


アドバイス頂けますと幸いです。
どうぞよろしくお願い致します。

Lotus Notes メール受信時の通知音やダイアログボックスの表示設定について


お世話になっております。
Lotus Notesについて、教えて頂きたくお願い致します。

会社でLotus Notesを通常使用するメールクライアントとしております。

そこで、メールを受信した際に通知音を出したりダイアログボックスを表示したりなどの
設定をしたいのですが、複数のメールデータベースを使用する際に、下記のことが
可能か教えて頂けますでしょうか。


<環境>
・OS:Windows XP
 社内ドメインに参加してお...続きを読む

Aベストアンサー

結論から申し上げますと、「不可能」です。

個人メール(personal.nsf)の着信を通知することが出来るのは、
Notesクライアントを使用する際に設定されている「ロケーション」
の設定によるものです。
ここで、個人メールファイル(NotesDB)が、どのサーバーのどこに
配置されているものであるか、等、個人属性に関する情報が指定さ
れています。

しかし、共有メールの情報は、ロケーション設定のような環境
設定情報を持っていません。

どうしても個人メールと同様な通知をさせたいということであれば、
共有メールDB側で、着信したメールを個人メールDBに転送(または
コピー)する等のアクションを起こすことが必要になりますが、
この共有メールDBの設計や、あるいはこの共有メールDBが、
Dominoディレクトリのユーザー文書との関連のあるDBなのか、
あるいは「メール受信データベース」なのか、等の環境設定の問題
によって、可能となる場合もありますが、不可能というケースも
考えられます。

まずはシステム管理者の方に相談してみていただくのがよろしいか
と考えられます。

結論から申し上げますと、「不可能」です。

個人メール(personal.nsf)の着信を通知することが出来るのは、
Notesクライアントを使用する際に設定されている「ロケーション」
の設定によるものです。
ここで、個人メールファイル(NotesDB)が、どのサーバーのどこに
配置されているものであるか、等、個人属性に関する情報が指定さ
れています。

しかし、共有メールの情報は、ロケーション設定のような環境
設定情報を持っていません。

どうしても個人メールと同様な通知をさせたいということで...続きを読む

Qなぜ地デジになると従来のテレビ受信機がつかえないのか

こんにちは。
地デジの仕組みがまだ良く分かっていないのですが。。

なぜ地デジになると従来のテレビ受信機がつかえなくなるのでしょうか。

AM、もしくはFM変調の原理になにか関係はありますか?

分かる方がいたら教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

簡潔にいえば、

アナログ放送は電波を受像機で受信したものを再生しています。
逆にデジタル放送はデジタル化した信号を電波に発信して
受像機で受信して受像機内でデジタル化している信号を変換して再生してます。

ですから一番の違いは

1・電波そのものでなくデジタル信号化しているものを電波で発信している
2・受像機(チューナ)で受信した電波にあるデジタル化した信号を解析し
  変換して再生している

以上の2点です。この違いから従来の受像機(チューナ)は使えません。

もっと簡素にいえばコンピュータでメディアプレーヤなどで動画を再生して
みる事ができますがこのメディアはファイル(デジタル化)をプレーヤーで
再生して見れるように変換をしながら見ています。このデータを今までの
電波で送信をしているような感じです。

なお地上デジタル放送で使用される電波は従来のUHF波です。
電波の種類などは変化ありませんが放送される電波はデジタル化している
信号ですのでアナログの受像機で仮に受像した場合はノイズとして受信され
正常な画像は再生できません。

簡潔にいえば、

アナログ放送は電波を受像機で受信したものを再生しています。
逆にデジタル放送はデジタル化した信号を電波に発信して
受像機で受信して受像機内でデジタル化している信号を変換して再生してます。

ですから一番の違いは

1・電波そのものでなくデジタル信号化しているものを電波で発信している
2・受像機(チューナ)で受信した電波にあるデジタル化した信号を解析し
  変換して再生している

以上の2点です。この違いから従来の受像機(チューナ)は使えません。

もっと簡...続きを読む

QLotus Notes 競合文書

会社で使用しているNotesのメールの受信ボックスの中身が、過去のものも新着のものも、すべて競合文書になってしまいました。Wクリックして文書を開くと、普通にメールの内容が閲覧できます。

どうしたら元の状態(受信ボックスのデフォルトのビュー)に戻るのでしょうか。教えてください。

#なお、これらの競合文書には親文書は存在しません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

NotesDB開発経験者です。

メールDBの再設計をしてみてください。
おそらくこれで治ると思います。

それでも治らなければ、文書再保存のエージェントを
作成して実行すると、ひとつの文書として独立しますので、
競合文書ではなくなります。

Q受信メールが消えています!

outlook Expressのメールを開いた後に、ya
hooのメールを見ると、受信されてたメールが全て消えてい
る。out(以下省略)の方には、残ってる。この原理を教えて下
さい。

送られた来たメールは、全て一旦、outの方に入るのですか?そこ
から、プロバイダーであるyahooに入ってくるって事ですか?
消えたメールをもう一度、yahooの方に戻すには、どうす
れば良いのしょうか。

Aベストアンサー

送られてきたメールは一旦プロバイダー(Yahoo)のサーバーに蓄積され、OutlookExpressで受信を操作を行なう事で個人PC内に入ってきます。

OutlookExpressのアカウントの設定のところで受信したメールをサーバーに残さない設定になっていると思われます。
受信して、サーバーから削除してしまったメールは該当アドレス宛に転送しないとなりませんね。
但し、OutlookExpress側のアカウントの設定内にある「受信したメールをサーバーに残さない設定」を解除してあげないといけません。また、この転送したメールは再度OutlookExpressで受信してしまう事にもなります。

QLotus Notes DBアイコンの場所

Lotus Notes Client 6.5と7を使ってます。
別のPCにデータを移行したいのですが、
ワークスペースにあるDBのアイコンの移行方法がわかりません。
アイコンデータの場所や設定方法など教えていただけると助かります。
宜しくお願いいたします。

Dataフォルダーをまとめてコピーすれば、移行できるのは知ってます。
でもその中のどれがワークスペースの情報なのか知りたいです。
そして、必要なアイコンだけ移行したいのです。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

ワークスペースの情報はそれぞれのDataフォルダ内の、desktop6.ndkという
ファイルが保持しています。
このファイル1つで、すべてのワークスペース情報を保持しているので
このファイルを新しい環境にコピーしてあげればいいのですが。

「必要なアイコンだけ移行」とする場合は、ワークスペース上のアイコンを整理して
必要なものだけにしてから、上記のファイルを、新環境にコピーするという
手順になるかと思います。

アイコン自体は、マウスの左クリックで選択したときに、押しっぱなしにすると
移動させることが出来ますし、選択してから、deleteボタンを押すと
アイコンを削除するか聞いてくるので、「はい」を選択すれば消えます。
間違えて必要なものを消してしまった場合は、メニューからデータベースを
開けば表示されます。

QBSデジタル用アンテナで110度CSデジタル放送受信

110度CSデジタル放送で見たい番組があるため、チューナーの購入を検討しています。
今、BSデジタル用アンテナでBSアナログを視聴していますが、このアンテナで110度CSデジタル放送は受信出来るのでしょうか。東芝のDBA-453Kというアンテナです。
近所の電気屋さんで聞いたところ、「大体、最近のアンテナは受信できるようになってると思います」とのことですが、この「最近の」というのが微妙で、アンテナ購入当時の2001年は110度CSデジタル放送というのは始まっていませんでしたし、説明書にも載っていません。
原理的に視聴不可能なのか、可能なのか、共通の技術のため仕様の「マージン」で視聴可能なこともあるのかなど、ご存知でしたらお教えいただきたく、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

なんとも微妙な時期の製品ですね。
恐らく正式には対応してはいないと思います。

周波数的に言いますと、110度CSはBSデジタルの上に位置しています。
基本的には電波の形式は同じなので、性能がよければ受信できるのではないかと思います。
http://www.sun-ele.co.jp/explain/bs/bs-f.html
恐らく110度CS放送のうち、周波数の低いところの放送は受信できるのではないかと思います。
しかし、周波数が上がるに従い感度が悪くなるため受信レベルが低下していくのではないかと思います。

具体的にどのチャンネルまで安定して受信できるかは、
個々のアンテナの状態などに左右されると思いますので、
なんとも申し上げることができません。

参考URL:http://www5e.biglobe.ne.jp/~kazu_f/digital-sat/trapon-nsat110.html

QLotus Notes 終了時に表示されるダイアログ

ノーツ6を使用しています。

特定の使用者でノーツ終了時に、頻繁に「修復不可能なエラーが発生しました」とエラーメッセージが表示され、その直後に

NSDダイアログが表示されます。(以下抜粋)
なぜ起きるのでしょうか?回避策はありますか?

「NSD is running.
Saving to file c:\Documents・・・ MM_DD.log

This file may be ・・・・・」

Aベストアンサー

トライ&エラーの世界になるのですが・・
・個人アドレス帳(names.nsf)の差し替え
・キャッシュファイル(cache.ndk)のクリア
・デスクトップファイルの再作成(desktop6.ndk)
を順次行いながら様子を見てください。

このいづれかで直るケースが多いですよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報