Lotus Notes 5.0.4aを使用しています。
添付ファイルがついたメールにはファイルのアイコンがついていますが、この添付ファイルを削除したい場合、たいていはアイコンを削除すれば添付ファイルが削除されます。
しかし、ときどきメールにあるアイコンをすべて削除しても添付ファイルが残っているときがあります。
(メールには添付ファイルアイコンがないのに、件名の左側に添付ファイルありを示すクリップのマークがある)。
このとき文書のプロパティのフィールドを見ると「$File」フィールドが残っていて、添付ファイルが残っていることがわかります。
このアイコンのなくなっている添付ファイルを削除するためには、どうすればよいでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

下記のようなスクリプトをフォームのボタンに実装すればいいんでない?


もっともメールテンプレートを触れなきゃだめだけどさ(苦笑)
ユーザレベルでは文書削除しかないかもね。
あとは削除したいファイル名を手入力させるとかすればOKかね?
別な方法は$ファイルがあったらあるだけ削除しろてプログラム組むくらいしかないかな?

Dim ws As New NotesUIWorkspace
Dim doc As NotesDocument
Dim uid As NotesuiDocument
Dim rt As Variant
Set uid = ws.CurrentDocument
Set doc = uid.Document
Set rt = doc.GetFirstItem( "Body" )
If ( rt.Type = RICHTEXT ) Then
Forall o In rtitem.EmbeddedObjects
If ( o.Type = EMBED_ATTACHMENT ) Then
Call o.Remove
Call doc.Save( True, True )
End If
End Forall
End If
ユーザでなんとかしたいのだろうからアドバイスですね(苦笑)
    • good
    • 1

なんか最近そんな話題をIBMのサイトで見たことがありますね



http://www-1.ibm.com/support/docview.wss?rs=607& …
    • good
    • 0

問題のメール(メール本文には添付ファイルアイコンがないのに、受信ビューにおいて件名の左側に添付ファイルありを示すクリップのマークがある)は、


もしかして、外部から送信されてきたHTMLかつJAVA等の何かしらのスクリプトが埋め込まれたメールではないでしょうか?

以下の操作で再現できました。

1 HOTMAILからNotes宛にJAVAスクリプト埋め込みHTMLメールを送信。添付ファイルあり(エクセル文書)。

2 Notesにメール到着。受信ビューの件名左側に添付ファイルありを示すクリップマークが当然ついている。$Fileフィールドもある)

3 メール本文を開き、エクセル文書のアイコンを削りとって本文を保存する。添付ファイルがなくなった状態に。

4 あらためて受信ビューを見ると、添付ファイルがなくなったのに、依然として、受信ビューの件名左側に添付ファイルありを示すクリップマークがついている。$Fileフィールドもある)

もしそうだとするならば、メール自体にスクリプトが埋め込まれているので、削除する方法はないと思います。
    • good
    • 1

WindowsXPをお使いですか?もしそうならば、メールの添付ファイルのアイコンが見えないという障害の可能性が考えられますので


WINDOWSの[画面のプロパティ] で [画面の色] の設定を 16 ビットに変更し、ノーツを再起動してみてください。
この設定で添付ファイルのアイコンは正常に表示される・・・はずですが、5.0.11でしか確認しておりませんので、5.0.4でうまくいくかどうかわからないです、ごめんなさい。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
この問題は、画面の色の問題でアイコンが「見えない」問題とは別と考えています。
「見えない」だけでしたら、選択して削除や保存ができるのですが、今回の問題は、「アイコンがない」のに文書のプロパティに$Fileフィールドがあり、ビューにもクリップマークがあって、その添付ファイルが削除できないということです。

補足日時:2005/12/29 09:36
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QメールのCC.BCCとは何でしょうか?

よくメールを使う時にcc.bccと表示されているのですが
これはどういう時に使うものなのでしょうか?

Aベストアンサー

もともとは「本来の宛先」を to に指定し, cc (carbon copy) と bcc (blind carbon copy) には「本来の宛先ではないが送っておいた方がいい相手」を指定することになります. cc と bcc の違いは #1 の通りで cc では「送ったことがわかる」, bcc では「送ったことが分からない」という点にあります. ということで, 動作としては to と cc は全く同じ.

一方, bcc はメーリングリストなどで「不必要にメールアドレスを公開しない」ために用いることもあります. この場合 to, cc は指定せず bcc だけということもあります.

QLotus Notes DBアイコンの場所

Lotus Notes Client 6.5と7を使ってます。
別のPCにデータを移行したいのですが、
ワークスペースにあるDBのアイコンの移行方法がわかりません。
アイコンデータの場所や設定方法など教えていただけると助かります。
宜しくお願いいたします。

Dataフォルダーをまとめてコピーすれば、移行できるのは知ってます。
でもその中のどれがワークスペースの情報なのか知りたいです。
そして、必要なアイコンだけ移行したいのです。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

ワークスペースの情報はそれぞれのDataフォルダ内の、desktop6.ndkという
ファイルが保持しています。
このファイル1つで、すべてのワークスペース情報を保持しているので
このファイルを新しい環境にコピーしてあげればいいのですが。

「必要なアイコンだけ移行」とする場合は、ワークスペース上のアイコンを整理して
必要なものだけにしてから、上記のファイルを、新環境にコピーするという
手順になるかと思います。

アイコン自体は、マウスの左クリックで選択したときに、押しっぱなしにすると
移動させることが出来ますし、選択してから、deleteボタンを押すと
アイコンを削除するか聞いてくるので、「はい」を選択すれば消えます。
間違えて必要なものを消してしまった場合は、メニューからデータベースを
開けば表示されます。

QCC,BCCとは?

メールの宛先の下に「CC,BCC」とありますが、それはどのような違いがあるんですか?教えてください!

Aベストアンサー

 こんにちは。

 使い分けは、複数の人に送る場合、tomrinrinさんがAさん・Bさんの二人に、同じメールをまとめて送るとしましょう。

 CCでは、tomrinrinさんが送った相手である、Aさん・Bさんに、tomrinrinさんが送った全員のアドレスが分かってしまいます。
 
 BCCでは、これを使うと、tomrinrinさんが送った全員のアドレスは内緒のまま、Aさん・Bさんに送れます。

QLotus Scriptで、件名、本文、文書リンクをメールで送信

Lotus Scriptで、件名、本文、文書リンクをメールで送信

こんばんは。
シンプルアクションや関数では対応しきれなくなってきて、スクリプトを勉強し始めました。
理解し切れていないことが多々あるかと思いますが、スクリプトについてアドバイスいただけたら助かります。
よろしくお願い致します。


サブフォームに、フィールドを作り、
【Subject】(件名)
【Body】(本文)
【Creator】(フォームを作成した人)

アクションボタンを押すと、メールがたちあがって、件名+本文+文書リンクが入ってCreatorに送信されるように、スクリプトを書きました。

調べた通りに、書いているはずなのですが、うまく動作しません。↓


Sub Click(Source As Button)
Dim Session As New NotesSession
Dim workspace As New NotesUIWorkspace
Dim db As NotesDatabase
Dim uidoc As NotesUIDocument
Dim doc As NotesDocument, doc2 As NotesDocument
Dim item As NotesItem
Set uidoc=workspace.CurrentDocument
Set doc=uidoc.Document
Set db=session.CurrentDatabase
set doc2=New NotesDocument(db)
Set item=doc.GetFirstItem("Subject")
Call item.CopyItemToDocument(doc2,"Subject")
Set item=doc.GetFirstItem("Body")
Call item.CopyItemToDocument(doc2,"Body")
Call doc2.Send(True,"Creator")
End Sub

どこを修正したらよいか、また、このスクリプトに、文書リンクを入れるにはどうしたら良いのか教えていただけますでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Lotus Scriptで、件名、本文、文書リンクをメールで送信

こんばんは。
シンプルアクションや関数では対応しきれなくなってきて、スクリプトを勉強し始めました。
理解し切れていないことが多々あるかと思いますが、スクリプトについてアドバイスいただけたら助かります。
よろしくお願い致します。


サブフォームに、フィールドを作り、
【Subject】(件名)
【Body】(本文)
【Creator】(フォームを作成した人)

アクションボタンを押すと、メールがたちあがって、件名+本文+文書リンクが入ってCreatorに送...続きを読む

Aベストアンサー

文書リンクの挿入は、「AppendDocLink」でデザイナーヘルプを検索してみてください。
メール送信も含めていくつか例も載っています。
また、インターネットで検索してみても色々事例が出てくると思いますので、合わせて一連を全て見直してみてください。

余談ですが、ドキュメントのsendを使用したメール送信では、メールが立ち上がるわけではないので目には見えません。

Q「宛先多数につきBCCにて失礼します」とは何か

メールの文章で、「宛先多数につきBCCにて失礼します」というのは、どういう意味でしょうか。

Aベストアンサー

電子メールの

TO=宛て先
CC=同報(英語カーボンコピー=複写の略)
BCC=【Blind Carbon Copy】、同報先を隠しながら投函

受けた人から見れば、自分宛ではない(もしくは宛先不明)メールが自分のところに届いたので、驚くかもしれない。

また、BCCの場合は不特定多数に送る場合が多いので、「●●様」などの」敬称が省略されている場合が多い。

この場合失礼に当たらないように、「BCCにて失礼します」を一文を入れておくのがビジネスマナー。

QLotus Notesの受信確認について

社内のメールソフト「Lotus Notes」にて全てのメールに受信確認をつける人がいます。

そういう人に限ってたいした事を書いていないのでかなり鬱陶しいですのですが、ごくまれに大切なメールも混じっています。

相手に受信確認を送ることなく、その人から送信されてきたメールを開き読むことができますか?

Aベストアンサー

確か、メール文書を開かずに選択した状態で「履歴付き返信」や「引用返信」をすると、受信確認が送信されずに、中身を見ることができます。

Q迷惑メールとは違って不可思議なメール現象

どなたか教えてください。

私の上司→お客様にメールしました。
→返信が私の携帯宛に送られました。

○私とお客様には面識、メール交換履歴等一切ありません。

○返信の文章内容で上司からのメールに返したものとわかりました。

○上司からそのお客様に送った際に私がcc、bccに入っていたわけでもないです。
特に、仕事上のアドレスは別にありますし、携帯アドレスはほぼ使っていません。
ただ、上司は私の携帯アドレスにこれまでに何度かメールをくれています。

○上記の現象と関係するのかどうかわかりませんが、
この現象が起きた前後24時間で携帯アドレス宛の迷惑メールも急増しました。

○お客様に、なぜ私の携帯に送ったのか直接聞けたら良いのですが
 立場上、難しいのでこちらで何かヒントをいただけたらと思っています。

とっても、気持ち悪いです・・・。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

例えば、あなたの携帯から送られたメールを
上司が流用/編集してお客様に送った場合、
メーラーによっては、気をつけてないと
そのようなことが発生する場合があります。

上司は、あなたからの携帯メールをそのまま流用して
本文を少し編集(または本文内容を一旦クリア後新規入力)して、
宛先、cc、bccを確認の上お客様に送信しただけのつもりですが、
メーラーによっては、from欄含めそれ以外のメールヘッダ内容を
流用元のまま送信するものがあります。
つまりfrom欄があなたのメールアドレスのまま送信される
ということです。もしあなたの携帯メールにあなた宛ての
reply-toがついていたら、それも同様です。
お客様から返信した時には、fromかreply-toに記載されている
あなた宛てに返信されることになります。

これは、意外とやりがちです。
いつもの自分のメーラーを使って送信したのだから、
当然fromは自分のアドレスになっていると思い込んでしまうのです。

例えば、Becky Internet Mailというメーラーは、
以前はこのような形で受信メールを流用して送信した場合、
From欄が元の流用元メールのまま送信されるようになって
いましたが、今はそのような送信をする時に警告メッセージが
出るようになっています。
古いメーラーを使っている場合は、そのような配慮が
行きとどいてない場合があります。

とりあえず、上司がお客様宛に送信したメールのヘッダを
よく確認してみてください。

もし説明した現象が起きていたなら、今後は別のメールを流用して
送信する場合は、メールそのものを流用するのではなく、本文を
コピペして流用するよう周知徹底する必要があります。

例えば、あなたの携帯から送られたメールを
上司が流用/編集してお客様に送った場合、
メーラーによっては、気をつけてないと
そのようなことが発生する場合があります。

上司は、あなたからの携帯メールをそのまま流用して
本文を少し編集(または本文内容を一旦クリア後新規入力)して、
宛先、cc、bccを確認の上お客様に送信しただけのつもりですが、
メーラーによっては、from欄含めそれ以外のメールヘッダ内容を
流用元のまま送信するものがあります。
つまりfrom欄があなたのメールアドレスのまま送信される
...続きを読む

Qgmailの添付ファイルがダウンロード出来ない

gmailの添付ファイルがダウンロード出来ない

Aベストアンサー

添付ファイルの表示やダウンロードができない場合

添付ファイルのアップロードやダウンロードができない場合は、次の手順で操作します。
サポート対象のブラウザを使用していることを確認します。
ブラウザにインストールされている拡張機能を 1 つずつ無効にします。
ブラウザのキャッシュと Cookie をクリアします。
https://mail.google.com/mail/u/0/?labs=0 で Labs 機能を無効にした状態で Gmail を開きます。問題が解決したら、Labs 機能を 1 つずつ無効にします。
https://support.google.com/mail/answer/30719?hl=ja&visit_id=1-636113206499967787-223635704&rd=1#troubleshooter

Q「危機管理意識のしっかりした企業ならBCCは使用禁止」とは?

先ほど、別の方の質問ですが、以下のような質問がありました。

Outlook2000と2003について
http://okweb.jp/kotaeru_reply.php3?q=1706105

その中で、回答に

>例えBCCで送信しても、送信間違いは防止できないですよ。
>それに、BCCは技術さえあれば簡単に内容が張れてしまいます。
>ですから、危機管理意識のしっかりした企業ならBCCは使用禁止なのです。

というものがありました。しかし私は寡聞ながらBCCを禁止する理由がわかりません。
今までにBCCに関する零弱性は、以下のようなもの

意図しない宛先にメールを送ってしまう問題
http://www.forest.impress.co.jp/article/2005/05/27/mailerverup.html
Outlook Expressに「BCC」のアドレスを表示してしまう不具合
http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/ITPro/NEWS/20040825/149044/

などで、「BCCという仕組み」そのものに脆弱性があるとは聞いたことがありませんし、BCCという仕組みを使って「技術さえあれば簡単に内容が張れてしまいます」という事の意味がわかりません。

そもそも、セキュリティに厳しい企業ほど、To: Cc:とBcc:の使い分けをきちんとするものだと考えていたので、寝耳に水でした。

そこで、

・BCCを使用禁止にしている企業例
・「技術さえあれば簡単に内容が張れてしまいます」とはどういうことか
・何かBCCに関する脆弱性情報

これらをお教えいただければ幸いです(一部でも構いません、参考になれば結構です)

なお、BCCを利用してTo: Cc:のあて先とは別に誰かに送った事がTo: Cc:のあて先の人間にはわからない、というのはそもそもBcc:がそういう仕様ですから、そこは除きます。もしそこが決定的な脆弱性である、と述べるのであれば、その根拠を書いてください。

以上、よろしくお願いします。

先ほど、別の方の質問ですが、以下のような質問がありました。

Outlook2000と2003について
http://okweb.jp/kotaeru_reply.php3?q=1706105

その中で、回答に

>例えBCCで送信しても、送信間違いは防止できないですよ。
>それに、BCCは技術さえあれば簡単に内容が張れてしまいます。
>ですから、危機管理意識のしっかりした企業ならBCCは使用禁止なのです。

というものがありました。しかし私は寡聞ながらBCCを禁止する理由がわかりません。
今までにBCCに関する零弱性は、以下のような...続きを読む

Aベストアンサー

参考URLのPGPとの相性なのかな、と思いますが、ご質問の上2点については解りません。

#BCCを使用禁止にする意味がわからない。メールは個別に送信しろという事かな?

参考URL:http://www.cla-ri.net/pgp/bcc.html

Q添付ファイル(図面)がうまく送信できません。

図面をメールに添付して送信する際に、PC環境上、3MB以上の添付ファイルが(OEにて)直接送信できないので、宅ふぁいる便にて送信しました。図面は、sfc形式で約80MBでした。しかし、送信先から、「テキスト(.txt)形式になってて図面が開けません。」との電話。なぜでしょう?解決策がありましたらご教示願います。

Aベストアンサー

ダウンロードの方法が間違っている
http://c.filesend.to/quest/answer.php?an=2007#qap

 クリックで取得すると、おかしくなることがあるようです。
 相手方の環境が分かりませんが、拡張子を無理やりsfc形式に変更
 したら、どうなるのでしょうか?

アプリケーションが違う
http://c.filesend.to/quest/answer.php?an=2009#qap

 相手方に、アプリが入っていない、またはバージョン等が違う

などが考えられます。


人気Q&Aランキング