トトロは子どもにしか見えないの?
純粋だから見えるとか以外の答えがあるなら教えて!!
自分の考えでいいから、教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「どこかの県の土着の神様」という回答がありましたが、、、


となりのトトロの舞台は埼玉県所沢市松郷(現在もその地名は残っています)。
そこの大きなくすの木にトトロは棲んでいたのです。
めいちゃんが発見して、トトロという名前をつけた(知った)のですが、
その名前は、「三匹の山羊のがらがらどん」(あるいは「さんびきのやぎ」)という北欧民話の絵本(エンディングテーマでも読んでます)に出てくる「トロル」という魔物のことをめいちゃんが「トトロ トトロ」と言っていたことから来ています。トトロはトロルに似ていたのでしょう。目が大きくて口が耳まで裂けていて、毛むくじゃらという共通点もあります。
さつきちゃんもトトロを信じて会いたいと思ったから会えたのでしょう。
私も飯能辺りの山を歩くと、トトロに会えそうな気持ちがします。
松郷は、行ってみたけど、今はもう当時のおもかげもなくて、ラブホテルがあったり、トラックのビュンビュン通る街道が開けていました。七国山に似ている八国山があって、病院もあるんだけど、松郷からはかなり遠いです。自転車で往復したというのも驚きです。
    • good
    • 0

となりのトトロ、という題名に、ヒントが隠されていると思います。



青い鳥ではないですが、見守るもの、不思議なもの、神秘的なものは、実はいつも私たちのすぐ近くにある。

続いて、日本はもともと多神教であったこと。キリスト教に代表されるように、神は唯一絶対、至高のものである、という発想は、もともと日本人は持っていなかったんですね。周りにある自然の全ての創造物に神を見出したのが、古からの日本人。

身近な神、トトロ。では見えるか見えないか。

これについては、まさに「サンタクロースは見えるの?見えないの?」と全く同じ次元の話だと思います。

ある有名な新聞記事をお借りすれば、「この世で最も貴重なもの。心、優しさ、愛が、私たちの目の前に現れないけど、確かに存在するのと同じように、トトロも、まだ具体的に見えたという報告はないのです。でも、確かに存在するのであります。」

トトロ、の部分を、サンタにすると、その有名な記事の概要がわかっていただけると思います。
    • good
    • 0

 トトロはもともと、どこかの県の土着の神様です。


 それを宮崎駿氏が採用したわけです。

 トトロが子供にしか見えないのは、大人は見えてもそれを無視してしまうからです。
 子供は、夜、道を歩いていて、何かガサッと音がしたりすると、それをお化けだと思って驚いて逃げたり、確かめようとしたりする子も多いです。
 でも大人は決してそんなことはしません。「どうせ草が揺れたんだろう」くらいに考えてさっさと通り過ぎてしまいます。

 夜道で音がした程度ならそれでもいいですが、大人は多くの場合、何かいつもと違う面白い出来事があっても、「どうせつまらない物に決まってる」と勝手に理由を付けて、無視してしまうんです。
 だから、トトロが仮に見えたとしても、大人は「どうせ何かの動物だろう」と考えて見えなかったことにしてしまいます。
 実際にはただの動物なのかもしれませんが、トトロだったことにした方が面白い、ということが分からないのです。

 映画の中では、全く見えていないかのような大げさな表現が使われていますが、実際にはそういうことです。
 これは宮崎駿監督の、「もっと色々な物に好奇心を持とう」という隠れたメッセージなんだと思います。

 ですから、色んな疑問を素直に受け入れて探求しようとする大人であれば、きっとトトロは見えます。
 もっとも、そんな大人は滅多にいないのでしょうが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重な意見有難う御座いました。

お礼日時:2001/09/21 15:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報