イオン化傾向の強い金ですら溶かせる王水でも溶けない金属ってあるのでしょうか?
自分なりに調べてみたところ、タンタル、イリジウム、ロジウム、ルテニウムは溶けないようなことがあったのですが、他にあればどなたか教えてください。

また、王水で不溶性になるということはどういった機構で溶けないのでしょうか?
不動態を作るような感じだとは思うのですが…。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

強酸性水」に関するQ&A: 強酸性水について

A 回答 (2件)

王水に溶けない、または表面だけ侵される金属は、他にはニオブ、タングステンがあるようです。

つまりバナジウム族元素についてニオブ、タンタルが、第VI族a元素についてタングステンが、白金族元素についてルテニウム、ロジウム、イリジウムが王水に耐える元素になります。

siegmundさんの御回答と同じく、私も白金族元素とその他の元素では状況が異なると思います。白金族以外の元素では不動態を作ることが王水に耐える理由で、白金族元素については確定的なことはわかりませんが、おそらく塩化物のできにくさ、また生じた塩化物の水への溶解性などが関わっているのではないかと考えています。

金の王水への溶解機構については、発生機の塩素によるものといわれています(王水の中に生成している塩化ニトロシルNOClによっては、100℃においても侵されない)。参考文献(※)には

「……金の溶解は式(3.8)に示すような単塩の生成のほかに、式(3.9)および式(3.10)に示すような錯塩の生成によって、大いに助けられている。

      Au+3/2Cl2=AuCl3  (3.8)
      AuCl3+Cl-=[AuCl4]-  (3.9)
      Au+3/2Cl2+H2O=[AuCl3O]-- + 2H+  (3.10)


と書いてあります。それに対して、王水に不溶のルテニウム、ロジウム、イリジウムの塩化物は金属を塩素気流の中で赤熱させて作られるようですが、これらの塩化物の無水物は水にも酸にも溶けないようです。

つまり、金は塩素と容易に化合し、その塩化物は水に溶けて錯塩を作ることができるが、ルテニウム、ロジウム、イリジウムは塩素と化合しがたく、その塩化物も水に不溶ということが、王水に対する反応性が異なっている理由ではないでしょうか。表面に生じた塩化物が不動態となっていることも考えられます。

以上は今の段階での推測に過ぎず、私も専門家ではないため詳しいことはわかりません。

(※)参考文献
千谷利三:新版 無機化学,産業図書,昭和34年.
(内容はやや古いですが、詳しい製法など具体的な記述が多くてわかりやすく、私が気に入っている本です。旧版は昭和22年発行のようで、名著と思います)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

溶解機構についての丁寧な回答をありがとうございました。
僕なりにもう少し調べてみたところ、どうも、Moについても難溶性とのことでした。
さらに、Crについては、Cr2Nは難溶性ということがわかりました。

NOClの存在が関与していることについては知っていましたが、[AuCl3O]2-については知りませんでした。
そのような機構だったのですね。
まだまだ勉強不足なようです。

私なりには硝酸のほうが関与しているのかと思っていたのですがどうやら見当違いだったようです。

参考文献調べてみます。

私は一応化学屋のはしくれなのですが、専攻が生物化学で金属関係については全く見当もつかず、困っていました。本当にどうもありがとうございました。

お礼日時:2001/09/26 00:34

物理屋の siegmund です.


こういうことは素人ですが,昔々単なる興味で調べたことがあります.
もう一度,理化学辞典など見てみました.

○ タンタル
フッ化水素酸以外の酸に不溶
酸に不溶であり,強酸とくに硫酸に対する耐食性が強く,
150℃の発煙硫酸でないと溶けず,耐酸性は貴金属以上である

○ イリジウム
水,酸,王水に不溶.

○ ロジウム
熱硫酸,加熱した王水に可溶

○ ルテニウム
水,酸に対しては安定であるが,空気を含む塩酸と王水には徐々に溶ける.

なるほどね~.
youyouyou さんの書かれているとおりですね.

上の4つのうち,タンタルと他の3つ(貴金属)はちょっと状況が異なるようです.
溶ける溶けない,は王水中で金属状態が熱力学的に安定かどうかで決まります.
あとの3つが王水に溶けない(溶けにくい)のは,
この熱力学的理由によるものだろうと思います.
不動態を作ると,熱力学的に金属状態が不安定でも反応が進まなくなります.
タンタルは不動態を作っているように思います.

> イオン化傾向の強い金ですら溶かせる王水
イオン化傾向の小さい,ですよね.

専門家の方の回答を待ちたいところです.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をどうもありがとうございました。
やはりタンタルは不動態をつくるのですね。
他は熱力学的安定性ということでこれについてはまったく考えていませんでした。
ひとつ利口になりました。

ロジウムについては粉末状だと徐々に溶けるらしいです。

>イオン化傾向の小さい,ですよね.
そのとおりです。初歩的なミスです。
書き間違えました、すいません…。

お礼日時:2001/09/26 00:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q金属のイオン化傾向

金属のイオン化傾向の実験をしていて硫酸に亜鉛版だけをつけた場合亜鉛版に泡が付着しました。
銅版の時は何も起こらなかったです。
しかし亜鉛版と銅版を同時に硫酸にいれた場合二つから泡がでました。
この泡は何なのか教えてください。
またなぜ銅版のみの場合この泡はでなかったのかも教えてください。

Aベストアンサー

その実験で亜鉛板と銅板を配線で繋ぎませんでしたか?
そうだとすればそれはボルタ電池です。
以下のような反応が起きています。
亜鉛側 Zn→Zn(2+)+2e-

銅側 2H(+)+2e-→H2

銅と亜鉛を比べ、亜鉛のほうがイオン化傾向が強い為、亜鉛イオンとして硫酸に溶け出します。そして、余った陰イオンは配線を通って銅側へ行きます。このとき、銅にとって陰イオンは余分なので陰イオンを放出します。こういう事が有って、上の反応が起きています。
よって、出てきている泡は水素です。
このとき水のなかで余っているSO4(2-)とZn(2+)ですが、この2つは水の中では分離せずに化合してZnSO4になります。

Q酢酸陰イオンと硝酸陰イオンが金属と不溶性の沈殿を作りにくい理由を教えて

酢酸陰イオンと硝酸陰イオンが金属と不溶性の沈殿を作りにくい理由を教えてください。
参考文献などがありましたら、それもおしえてください

Aベストアンサー

基本的な考え方は、陽イオンと陰イオンのクーロン力が強い物ほど
溶解度が低く沈殿になるということです。

従って、2価のイオンであるSO42-やCO32-の塩に沈殿する物が
多いはずです。
CH3COO-やNO3-は1価の陰イオンですので、クーロン力が弱く
溶解度が高いのです。
また、イオン半径も大きく、それもクーロン力を小さくする要素となっています。

Qイオン化傾向と沈殿の関係

しばらく前に同じような質問をしたのですが、
調べてみるとますます訳が分からなくなったので再度質問させていただきます。

下の図は、金属イオンと負イオンが水溶液中で沈殿するか否かを示しています。
沈殿する所には色を変えて「↓」の印を入れ、
上の金属イオンはイオン化傾向の降順に並べてあります。
図を見ると、明らかに右の方、つまりイオン化傾向が小さい金属のほうが
沈殿しやすい傾向にあることが分かります。

ところでイオン化傾向とは、その金属の陽イオンへのなりやすさを示す指標ですよね。
その定義からいえば、金属が一度イオンになってしまえば、
それがほかの負イオンとくっつきやすいかどうかには関係しませんよね。
では、どうして図のようにイオン化傾向が小さい金属ほど、
そのイオンが他の負イオンとくっつき沈殿しやすいという相関があるのですか?

Aベストアンサー

質問者様は表の横の関係(陽イオン)がイオン化傾向に関係があることを見抜きました。
では、タテの関係(陰イオン)の傾向について何か見えてこないでしょうか?

そうです。
強酸の陰イオンは沈殿しにくく、弱酸の陰イオンは沈殿しやすいのです。
同じように、強塩基の陽イオンは沈殿しにくく、弱塩基の要因は沈殿しやすいと言えます。

イオン化傾向は、簡単にいうと金属単体と水和イオンのどちらが安定かということです。
Na+やCa2+のようなイオンは水和エネルギーが大きいのでイオンになりやすいのです。
NaOH ←→ Na+ + OH-
上記の反応は水中では99%以上が右辺になっています。
これはNa+が水中で安定だからです。

ですから、NaCl ←→ Na+ + Cl- 
も水中ではほとんどが右辺になるのです。

同じように、HCl → H+ + Cl-
も水中では99%以上が右辺になっています。
ですから、CaCl2 → Ca2+ + 2Cl-
も水中ではほとんどが右辺になるのです。

しかし、H2CO3 ←→ 2H+ + CO32-
は水中ではほとんどが左辺です。
ですから、CaCO3 ←→ Ca2+ + CO32-
もほとんど左辺となるのです。

質問者様は表の横の関係(陽イオン)がイオン化傾向に関係があることを見抜きました。
では、タテの関係(陰イオン)の傾向について何か見えてこないでしょうか?

そうです。
強酸の陰イオンは沈殿しにくく、弱酸の陰イオンは沈殿しやすいのです。
同じように、強塩基の陽イオンは沈殿しにくく、弱塩基の要因は沈殿しやすいと言えます。

イオン化傾向は、簡単にいうと金属単体と水和イオンのどちらが安定かということです。
Na+やCa2+のようなイオンは水和エネルギーが大きいのでイオンになりやすいので...続きを読む

QAgとCuのイオン化傾向

イオン化列で,「CuはAgよりイオンになりやすい」と学習するのですが,これはおかしいのでは?
だって,周期表では,CuはAgよりも上にあります。Agの方が最外殻も大きく,しかも1価(電子1個を出すだけでよい)であることを考えると,Agの方がCuよりも陽イオンになりやすいのではないかと思います。
 標準電極電位というものがイオン化列の元になっているそうですが,どうして,Cuの方がイオン化列で前にでてくるのか,高校生にわかりやすく説明して頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

第一イオン化エネルギーが
  「原子1個から、最外殻電子1個を取るのに要するエネルギー」なのに対し、
イオン化列は
  「金属結合した原子からの、電子の取りやすさ」になるので、
単純比較はできないということだと思います。

下記URLによれば、遷移金属の単体(→例として挙げられているのはタングステン)では、
最外殻電子だけでなく内殻電子も金属結合に関与しているようです;
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E5%B1%9E%E7%B5%90%E5%90%88
 *「遷移金属で」とは明記されていませんが、内殻が既に閉殻になっている典型元素
  では、(一部の例外を除き)この関与はないと考えられます。

この「内殻電子の関与」を考えると、周期表の下方にある元素ほど、
内殻(の一番エネルギーの高いもの)と最外殻の間のエネルギー差が小さいので、
その分、内殻電子が最外殻電子と同様に金属結合に関与する可能性がある、
と推測できます。
(実際にはK,LM・・・の殻は、もっと細かい「軌道」(s,p,d,f・・・)に分かれて、しかも
 s軌道以外は球形ではなく特定方向に延長した形になっていて、その重なり方も
 軌道毎に変わってきたり・・・という、現在の高校課程からは完全に逸脱した話に
 なるので、この括弧内は「そんな話もある」程度に聞き流してください;
 私の能力的に、詳細な説明もできませんし(汗))

このため、最外殻と内殻のエネルギー差がより小さくなっている銀では、
銅よりも内殻電子が金属結合の形成に関与している分、
電子を奪いにくく、従ってイオン化傾向が小さい、ということだと思います。


銅;
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8A%85
銀;
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8A%80

第一イオン化エネルギーが
  「原子1個から、最外殻電子1個を取るのに要するエネルギー」なのに対し、
イオン化列は
  「金属結合した原子からの、電子の取りやすさ」になるので、
単純比較はできないということだと思います。

下記URLによれば、遷移金属の単体(→例として挙げられているのはタングステン)では、
最外殻電子だけでなく内殻電子も金属結合に関与しているようです;
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E5%B1%9E%E7%B5%90%E5%90%88
 *「遷移金属で」とは明記されていませんが、...続きを読む

Qイオン化傾向の誤差

こんにちは。高校3年生のものですが、金属のイオン化傾向の実験をしました。しかしその時間ちょっと色々あってあまり実験に参加できませんでした。なのでレポート提出のとき、電位差を標準電極電位から計算して提出した結果、「何をしてたんだ!」と先生に言われ、悪い評価をもらいました。
理由は実験値と計算値の誤差のせいだそうですが、なぜ誤差が起きるのですか?
回答お願いします

Aベストアンサー

「イオン化傾向の実験」というものがどのような実験かよくわからないのですが?

もし、よくありがちなボルタ電池のような実験(2種類の金属を同じ電解質溶液に入れて電位差を測る)だとしたら、「誤差」というよりも、実験自体があまり良くありません。
標準電極電位は、金属と溶液が平衡状態にあるときに、電流0の状態で予想される電位です。
したがって、ボルタ型の実験で標準電極電位から予想される「イオン化傾向」が正確に現れるとは限らず、標準電極電位を用いるのはほとんど無意味です。
金属表面の状態によっても電位差が変化します。

ダニエル電池型の実験(2種類の金属を対応する2種類の電解質溶液に入れ、塩橋でつないで電位差を測る)なら意味はありますが、この場合も溶液の濃度、温度などによって電位差は変化します。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報