イオン化傾向の強い金ですら溶かせる王水でも溶けない金属ってあるのでしょうか?
自分なりに調べてみたところ、タンタル、イリジウム、ロジウム、ルテニウムは溶けないようなことがあったのですが、他にあればどなたか教えてください。

また、王水で不溶性になるということはどういった機構で溶けないのでしょうか?
不動態を作るような感じだとは思うのですが…。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

強酸性水」に関するQ&A: 強酸性水について

A 回答 (2件)

王水に溶けない、または表面だけ侵される金属は、他にはニオブ、タングステンがあるようです。

つまりバナジウム族元素についてニオブ、タンタルが、第VI族a元素についてタングステンが、白金族元素についてルテニウム、ロジウム、イリジウムが王水に耐える元素になります。

siegmundさんの御回答と同じく、私も白金族元素とその他の元素では状況が異なると思います。白金族以外の元素では不動態を作ることが王水に耐える理由で、白金族元素については確定的なことはわかりませんが、おそらく塩化物のできにくさ、また生じた塩化物の水への溶解性などが関わっているのではないかと考えています。

金の王水への溶解機構については、発生機の塩素によるものといわれています(王水の中に生成している塩化ニトロシルNOClによっては、100℃においても侵されない)。参考文献(※)には

「……金の溶解は式(3.8)に示すような単塩の生成のほかに、式(3.9)および式(3.10)に示すような錯塩の生成によって、大いに助けられている。

      Au+3/2Cl2=AuCl3  (3.8)
      AuCl3+Cl-=[AuCl4]-  (3.9)
      Au+3/2Cl2+H2O=[AuCl3O]-- + 2H+  (3.10)


と書いてあります。それに対して、王水に不溶のルテニウム、ロジウム、イリジウムの塩化物は金属を塩素気流の中で赤熱させて作られるようですが、これらの塩化物の無水物は水にも酸にも溶けないようです。

つまり、金は塩素と容易に化合し、その塩化物は水に溶けて錯塩を作ることができるが、ルテニウム、ロジウム、イリジウムは塩素と化合しがたく、その塩化物も水に不溶ということが、王水に対する反応性が異なっている理由ではないでしょうか。表面に生じた塩化物が不動態となっていることも考えられます。

以上は今の段階での推測に過ぎず、私も専門家ではないため詳しいことはわかりません。

(※)参考文献
千谷利三:新版 無機化学,産業図書,昭和34年.
(内容はやや古いですが、詳しい製法など具体的な記述が多くてわかりやすく、私が気に入っている本です。旧版は昭和22年発行のようで、名著と思います)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

溶解機構についての丁寧な回答をありがとうございました。
僕なりにもう少し調べてみたところ、どうも、Moについても難溶性とのことでした。
さらに、Crについては、Cr2Nは難溶性ということがわかりました。

NOClの存在が関与していることについては知っていましたが、[AuCl3O]2-については知りませんでした。
そのような機構だったのですね。
まだまだ勉強不足なようです。

私なりには硝酸のほうが関与しているのかと思っていたのですがどうやら見当違いだったようです。

参考文献調べてみます。

私は一応化学屋のはしくれなのですが、専攻が生物化学で金属関係については全く見当もつかず、困っていました。本当にどうもありがとうございました。

お礼日時:2001/09/26 00:34

物理屋の siegmund です.


こういうことは素人ですが,昔々単なる興味で調べたことがあります.
もう一度,理化学辞典など見てみました.

○ タンタル
フッ化水素酸以外の酸に不溶
酸に不溶であり,強酸とくに硫酸に対する耐食性が強く,
150℃の発煙硫酸でないと溶けず,耐酸性は貴金属以上である

○ イリジウム
水,酸,王水に不溶.

○ ロジウム
熱硫酸,加熱した王水に可溶

○ ルテニウム
水,酸に対しては安定であるが,空気を含む塩酸と王水には徐々に溶ける.

なるほどね~.
youyouyou さんの書かれているとおりですね.

上の4つのうち,タンタルと他の3つ(貴金属)はちょっと状況が異なるようです.
溶ける溶けない,は王水中で金属状態が熱力学的に安定かどうかで決まります.
あとの3つが王水に溶けない(溶けにくい)のは,
この熱力学的理由によるものだろうと思います.
不動態を作ると,熱力学的に金属状態が不安定でも反応が進まなくなります.
タンタルは不動態を作っているように思います.

> イオン化傾向の強い金ですら溶かせる王水
イオン化傾向の小さい,ですよね.

専門家の方の回答を待ちたいところです.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をどうもありがとうございました。
やはりタンタルは不動態をつくるのですね。
他は熱力学的安定性ということでこれについてはまったく考えていませんでした。
ひとつ利口になりました。

ロジウムについては粉末状だと徐々に溶けるらしいです。

>イオン化傾向の小さい,ですよね.
そのとおりです。初歩的なミスです。
書き間違えました、すいません…。

お礼日時:2001/09/26 00:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプリンタ 輸送用の保護具

さっき印刷しようとしたら、変なエラーが出てしまいました。
内容は、
『スプールマネージャの中の印刷データをすべて削除し、プリンタの電源をオフにしてください。その後、プリンタ内部に輸送用の保護具などの異物が残っている場合は取り除き、電源を入れ直してください』
といったものです。
スプールマネージャーの印刷データー消去はできたのですが、その後が意味がわかりません。
輸送用の保護具とはどういったものでしょうか?開けてみましたが、どれがそうなのかわかりませんでした。

どなたか、説明できるというお方は教えてください!

Aベストアンサー

新品プリンタは、ヘッド等がが輸送中に動かないように、
養生テープや発泡スチロールなどであちこち止めています。
これが「輸送用の保護具」です。

今まで普通に印刷できていたのなら、そんな物は無いはずだから
No2さんが言うような原因でしょう。

新品で初めて印刷する時に出たのなら、まだどこかに残っていると思うので
よく探してください。

Q酢酸陰イオンと硝酸陰イオンが金属と不溶性の沈殿を作りにくい理由を教えて

酢酸陰イオンと硝酸陰イオンが金属と不溶性の沈殿を作りにくい理由を教えてください。
参考文献などがありましたら、それもおしえてください

Aベストアンサー

基本的な考え方は、陽イオンと陰イオンのクーロン力が強い物ほど
溶解度が低く沈殿になるということです。

従って、2価のイオンであるSO42-やCO32-の塩に沈殿する物が
多いはずです。
CH3COO-やNO3-は1価の陰イオンですので、クーロン力が弱く
溶解度が高いのです。
また、イオン半径も大きく、それもクーロン力を小さくする要素となっています。

Q遊戯王OCG カードの保護具について

かなり迷ったので質問します。
デュエリストカードプロテクターとは何でしょうか?
カードスリーブと似ている物なのでしょうか?
どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私の個人的な理解なので、必ずしも正しいとは限りませんが、それぞれトレーディング目的とゲーム目的の保護なのではないかと思っています。

スリープは、カードを保存用として保護する、もので単なる保護カバー、
一方カードプロテクターはデュエルをする時にカードを保護しかつシャッフルなどがし易い、競技者個々人で異なるプロテクターを付けて混ざってしまっても自分のカードが分りやすい、ものと理解しています。もちろんスリープに入れてもデュエルは出来ると思いますが、メーカーとしては上記の様な思惑なのではないのかな?と思っております。
なので、スリープはぴったり目のサイズ(一度入れたらあまり入れ替えをしない)で無色透明、プロテクターはやや余裕のあるサイズ(デッキ構築の時入れ換えることを前提)でカラーやデザインも様々。シャッフルしやすい様に多少すべりが良い等の仕様の違いがあるではないでしょうか。

実際スリープでデュエルしたり、入れ替えを頻繁にやると破けたりしますが、プロテクターは結構丈夫だったりします。値段も倍以上違いますしね。

コナミ純正遊戯王カード用スリープとプロテクターがあって当初私もその違いが分らなかったのですが、使ってみてそういうことなのかなと私の勝手思い込みで使い分けています。当らずとも遠からずと思っています。ご参考に。

私の個人的な理解なので、必ずしも正しいとは限りませんが、それぞれトレーディング目的とゲーム目的の保護なのではないかと思っています。

スリープは、カードを保存用として保護する、もので単なる保護カバー、
一方カードプロテクターはデュエルをする時にカードを保護しかつシャッフルなどがし易い、競技者個々人で異なるプロテクターを付けて混ざってしまっても自分のカードが分りやすい、ものと理解しています。もちろんスリープに入れてもデュエルは出来ると思いますが、メーカーとしては上記の様な思...続きを読む

Q金属のイオン化傾向

金属のイオン化傾向の実験をしていて硫酸に亜鉛版だけをつけた場合亜鉛版に泡が付着しました。
銅版の時は何も起こらなかったです。
しかし亜鉛版と銅版を同時に硫酸にいれた場合二つから泡がでました。
この泡は何なのか教えてください。
またなぜ銅版のみの場合この泡はでなかったのかも教えてください。

Aベストアンサー

その実験で亜鉛板と銅板を配線で繋ぎませんでしたか?
そうだとすればそれはボルタ電池です。
以下のような反応が起きています。
亜鉛側 Zn→Zn(2+)+2e-

銅側 2H(+)+2e-→H2

銅と亜鉛を比べ、亜鉛のほうがイオン化傾向が強い為、亜鉛イオンとして硫酸に溶け出します。そして、余った陰イオンは配線を通って銅側へ行きます。このとき、銅にとって陰イオンは余分なので陰イオンを放出します。こういう事が有って、上の反応が起きています。
よって、出てきている泡は水素です。
このとき水のなかで余っているSO4(2-)とZn(2+)ですが、この2つは水の中では分離せずに化合してZnSO4になります。

Q半導体を王水に浸けて金を取り出すって王水って何ですか? Amazonで買えますか?

半導体を王水に浸けて金を取り出すって王水って何ですか?

Amazonで買えますか?

Aベストアンサー

王水は濃塩酸と濃硝酸とを混合した酸ですね。
配合は容積比で何種類かあって、1硝:2塩や1硝:3塩等、溶かしたり腐食されたりする金属に応じて使い分けたり配合をアレンジしたりします。
酸化力が強くAuや白金も溶解するのですが、Agは溶解しません。
危険な薬品ですけれど、私自身は何度も扱っていて合金の腐食試験に使用しました。
王水は塩酸と硝酸を混ぜて使うもので、王水単体で一般に売っていたり入手可能なものではないですね。

Q化学 金属と酸の反応について(イオン化傾向?)

成分がアルミニウムと鉄の混合粉末に
塩酸を加えて水素発生の実験をする際、
アルミニウムのイオン化傾向が鉄のそれより大きいので
アルミニウムと塩酸の反応が優先されて進むのでしょうか?
その優先のされ方も、
アルミニウムの反応が完了してから初めて鉄の反応が始まるのか、
それともある比率でアルミニウムの反応とと鉄のそれが同時進行するのか、
というのもわからないのですが。
ご回答お願いします。

Aベストアンサー

>>>
HClが無尽蔵にある、すなわちFe,Alがとけきるかつ飽和しないとき、
2つの反応は同時進行します。
それに規則、何かの比率というのは存在すると思うのですが
それは求めることはできるんでしょうか?

そうなると、FeとAlの「戦い」は無視できますので、FeがHClに溶ける速さとAlがHClに溶ける速さの比較になりますね。

それは、少量の食塩、少量の砂糖を同じだけ別々の水に入れたら、どちらが速く溶けますか?ということと話があまり変わりません。

No.3さんが、イオン化傾向が大きいほど速く溶けるということを述べられていますが、私は化学の専門家ではないので正しいか正しくないか判定できませんし、そもそも知りません。
ネットで色々と検索してみましたが、溶解速度とイオン化傾向との関係が示されているサイトを一つも発見できません。
ですので、私はお手上げです。すみません。

たぶん、そういうのは理論ではなく実験で求めるものではないでしょうか。

以下、つぶやき。
粉末状のものを溶かすとか、溶け切るまでの時間を計るのは、終わりの判定が至難の業だと思うので、私の単純思考だと、球状の金属を入れて、その半径が半分になるまでの時間を計測するとか。
しかし、液が静止していると、金属表面と酸の間に濃度の高いところがあるので、実質的に「無尽蔵」ではない状況になるのと同じなので、撹拌しないといけませんね。
また、溶けるときに熱が出るので、なんらかの手段で温度を一定にしないといけません・・・
あ、そうか。
AlとFeの球を同時に浸けておいて撹拌すれば、同じ温度で競争できるか?

>>>
HClが無尽蔵にある、すなわちFe,Alがとけきるかつ飽和しないとき、
2つの反応は同時進行します。
それに規則、何かの比率というのは存在すると思うのですが
それは求めることはできるんでしょうか?

そうなると、FeとAlの「戦い」は無視できますので、FeがHClに溶ける速さとAlがHClに溶ける速さの比較になりますね。

それは、少量の食塩、少量の砂糖を同じだけ別々の水に入れたら、どちらが速く溶けますか?ということと話があまり変わりません。

No.3さんが、イオン化傾向が大きい...続きを読む

Q仮に、王水の海や湖が実現したらどうなりますか?

宇宙戦艦ヤマトで、ある星では王水の海により地下に住まざるを得なくなった、というような設定があったように思います。
非現実的なのは百も承知ですが、例えば海が段々と王水に変化していったら、自然の湖の水を王水に入れ変えたりしたら、地表にはどのような変化が起きるのでしょうか?
地表の表面から段々と溶けていくのか、大陸ならどうか、島ならどうか……。
原因や実現性の考証などは置いといて、「その状況が起こったら」というSF的空想シミュレートとして、回答者さんの考えに沿う形で構わないので、色々答えて頂けると有難いです。

Aベストアンサー

王水って、金を溶かすので、何でも溶かすと思われていますが、土塊(シリカ)は溶かしません。
この辺にヒントがあるかもです。

単に強酸の海になったらどうなるかは、火山近くの酸性湖にいってみるとすぐに分かりますよ。わりかし静かな「美しい」湖になっています。

Q金属元素と非金属元素の結合は必ずイオン結合になりますか?

金属元素と非金属元素の結合は必ずイオン結合になりますか?

Aベストアンサー

いいえ。
何事にも、原則と例外というものがあります。

白と黒というのははっきりと区別ができますが、「灰色」は白と黒どちらに分類したらよいでしょう。灰色の度合いにもよりますよね。
また、イオン結合と共有結合との差というのはこのようなもので、「実際の原子間の結合」は灰色なのです。その灰色の度合いが白に寄っているのか黒に寄っているのかです。

代表的な金属―非金属間の結合はイオン結合だと言えます。
金属の中でも金属らしい性質を持った陽性の高い元素と、
非金属の中でも非金属らしい性質を持った陰性の高い元素とのあいだの結合のばあいです。

しかし、陽性があまり高くない金属―非金属の結合のばあい、共有結合的な性質を帯びてきます。
たとえば塩化亜鉛の低い融点は共有結合的な性質の表れだと見られます。

このほかにも、配位結合という共有結合の一種で分子を作る金属もあります。
Ni(CO)4やFe(CO)5がありますし、錯イオンでは[Fe(CN)6]^2+(や3+)などがあります。

Q王水

濃塩酸と濃硝酸を3:1の割合で混ぜると王水になりますが、王水中では濃塩酸や濃硝酸はどのような形で存在するのですか?

Aベストアンサー

形って↓ということではなく?

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%8B%E6%B0%B4

Qイオン化傾向と沈殿の関係

しばらく前に同じような質問をしたのですが、
調べてみるとますます訳が分からなくなったので再度質問させていただきます。

下の図は、金属イオンと負イオンが水溶液中で沈殿するか否かを示しています。
沈殿する所には色を変えて「↓」の印を入れ、
上の金属イオンはイオン化傾向の降順に並べてあります。
図を見ると、明らかに右の方、つまりイオン化傾向が小さい金属のほうが
沈殿しやすい傾向にあることが分かります。

ところでイオン化傾向とは、その金属の陽イオンへのなりやすさを示す指標ですよね。
その定義からいえば、金属が一度イオンになってしまえば、
それがほかの負イオンとくっつきやすいかどうかには関係しませんよね。
では、どうして図のようにイオン化傾向が小さい金属ほど、
そのイオンが他の負イオンとくっつき沈殿しやすいという相関があるのですか?

Aベストアンサー

質問者様は表の横の関係(陽イオン)がイオン化傾向に関係があることを見抜きました。
では、タテの関係(陰イオン)の傾向について何か見えてこないでしょうか?

そうです。
強酸の陰イオンは沈殿しにくく、弱酸の陰イオンは沈殿しやすいのです。
同じように、強塩基の陽イオンは沈殿しにくく、弱塩基の要因は沈殿しやすいと言えます。

イオン化傾向は、簡単にいうと金属単体と水和イオンのどちらが安定かということです。
Na+やCa2+のようなイオンは水和エネルギーが大きいのでイオンになりやすいのです。
NaOH ←→ Na+ + OH-
上記の反応は水中では99%以上が右辺になっています。
これはNa+が水中で安定だからです。

ですから、NaCl ←→ Na+ + Cl- 
も水中ではほとんどが右辺になるのです。

同じように、HCl → H+ + Cl-
も水中では99%以上が右辺になっています。
ですから、CaCl2 → Ca2+ + 2Cl-
も水中ではほとんどが右辺になるのです。

しかし、H2CO3 ←→ 2H+ + CO32-
は水中ではほとんどが左辺です。
ですから、CaCO3 ←→ Ca2+ + CO32-
もほとんど左辺となるのです。

質問者様は表の横の関係(陽イオン)がイオン化傾向に関係があることを見抜きました。
では、タテの関係(陰イオン)の傾向について何か見えてこないでしょうか?

そうです。
強酸の陰イオンは沈殿しにくく、弱酸の陰イオンは沈殿しやすいのです。
同じように、強塩基の陽イオンは沈殿しにくく、弱塩基の要因は沈殿しやすいと言えます。

イオン化傾向は、簡単にいうと金属単体と水和イオンのどちらが安定かということです。
Na+やCa2+のようなイオンは水和エネルギーが大きいのでイオンになりやすいので...続きを読む


人気Q&Aランキング