【iOS版アプリ】不具合のお知らせ

妻の子供に対するピアノの練習方法について、ご意見をお聞きかせ下さい。

小学1年生の子供にピアノを習わせてるのですが、家で練習させる時、子供がうまく弾けないと妻が子供の頭をゲンコツやビンタで叩くのです。
妻自身は子供の頃から習っており、ピアノに関してはかなりの自信があるようで、ピアノ講師の資格が取れる程です。
ですから、我が子が弾けないのが、よほど腹立たしいのか、弾き間違えると頭をげんこつで叩くのです。当然子供は大泣きですが、泣けば泣くほど更にエスカレートして叩きます。
また、言葉でも激しく罵り、「何度練習したら覚えるんだ、このバカ!」「(楽譜の音符を指して)この音はなんだ?・・・早く答えろ!5秒以内に答えなかったらゲンコツだ!」「こんど上手く弾けなかったら、あんたがお気に入りのたまごっちは取り上げだ!」(当然上手く弾けるはずなく取り上げです) そして最後には「そんな汚い音で弾いてたら近所迷惑だからもうやめろ!」
私が止めに入ると「ピアノが弾けない者は口を出すな!」と言い、やめようとはしません。
妻は「この子には(自分と同じぐらいに)上手くなってもらいたいから、こうして厳しく教えている。上のレベルを目指している母親の多くは、皆こうして子供を叩いて厳しく練習させている。こうしなければ上手くなれる訳がない」と言います。
自分の教え方が正しいと主張し、私の言う事をまったく聞き入れようとはしません。

この状態が、ほぼ毎日繰り返されているようです。(私は平日は会社に行っているので見ている訳ではありませんが)

妻が言うように、世間一般の母親は、このように厳しくピアノを教えているのでしょうか?
私には、小学1年生の子を叩いてピアノを教えるなんて、とても正常な人間がする事とは思えないのです。

A 回答 (23件中1~10件)

あまり良い教え方ではないですね。

。。ただのDVです。ピアノを弾くのにそんな教育不要です。すぐにおやめください。音楽教育を馬鹿にされているとしか思えません。。。とまで言っておきます。

人が怒る裏側には、自分自身の弱点や欠点と向き合った時です。怒る人や誰かの言動にイライラを感じる人は、自身にも似たような部分があるためです。失礼ですが、奥様も、覚えが悪かったりしたと思います。これは、責めるべきところではなく、奥様自身が『覚えが悪い自分』を許して、『だから、そんな人のための教育』をやさしく提供できるように工夫することが、まず、奥様の指導人生のスタートラインだと思います。

良質な教育を受ければ、良質な教育が提供できます。推察ですが、奥様は、あまり好ましいピアノ教育を受けてこなかったように思います。


まず、どこかで個人の先生を探して、やさしく教えていただける人の教え方を見習ってください。

ピアノの指導は、他の指導と同様で、言葉だけでは伝えられないことが多いです。どうか、早めに、その間違った指導方法をやめてください。


厳しい発言が目立つ投稿で申し訳ないですが、心理についても多少の知識を持つ僕からは、今の方法は好ましいと思いません。また、国外の指導方法も見ていますが、国内の教育範囲でさえ問題がある現状、国外に学ぶ必要がまだまだある今、日本独自の『怒って育てる』では、ピアニストへの道を閉ざしかねない気がしますがいかがでしょう?

この先、正しくピアノを学んで、音楽界において、貴重な人材を羽ばたかせてあげてくださいね☆
    • good
    • 10

私はピアノを習って13年目になります。

少し、お話させて下さい。
お母様がお子さんの頭を叩く・・とのことですが、お母様は実際、ピアノ先生なんでしょうか?私はお子さん次第だと思います。「親子」だから何を言われても続けられるor「親子」だからどうしても感情的になってしまってお子さんが続けられない・・。
フジ子・へミングさんの生涯をテレビでやっていましたが、ご覧になりましたか?あの方は小さい頃、お母様に教わっていたそうです。お母様が「おんたはピアニストになるんだ。ピアニストになる為に生まれてきたんだ。」と。
「勉強よりピアノ!」という考え方でしたら今のやり方で間違いは無いかもしれません。でも私は(生意気ですが)お子さんに音楽を嫌いになって欲しくありません。お母様も、お子さんにピアノ・音楽の良い所などを伝授しようと必死だと思うんです。感情的になってしまうと思うんです。きっと、何分か家事をストップして教えていることと思います。
お互い、何か通じていればきっと、お母様のようになりたい・尊敬していると思うようになると思いますよ。
    • good
    • 6

私はPianoはかじる程度で、Guitar弾きです。


奥さんのピアノ教え方は "古典”タイプな教え方で、ヨーロッパの方などで古くから存在します。昔のヨーロッパ音楽はそういった徹底した音楽英才教育で多くの天才と呼ばれる音楽家が育っていきました。今ほど世界が豊かでもなかったので子供は何かしら苦労を重ねて育っていた面もあったので、嫌悪するほどの存在でもなかったのかもしれません。
しかし近代になってからは、自分のかわいい子供にむち打つ行為をしてまでの英才教育をしたくないという人が増え、同時に親から子へ(又は師匠から子)という流れがなくなり、教室先生から子へという流れになるなどして、そういった音楽教育はすたれていっています。ヨーロッパの方ではそういう流れや全体的な豊かさや職業の幅広さもあって、聴く側へ回る人が増え、演奏家の人口はどんどん減って言っているそうです。
以前、学校でそういう教育の元でピアノを勉強して育ったという知り合いがいましたが、
「小さい頃は泣きながらピアノをやってたけど、そうでもしないと上手くならない」という話をしていました。特にクラッシクなどの音楽分野では子供時代に身につけておかないと身に付かない"能力" 的なものがありますから、本当に徹底するとそうならざるを得ない一面があります。

例えば、中国雑伎団などは雑伎団ですから端から見るともっと凄いですよね。
台の上で逆立ちしている子供が上手く姿勢が取れていないと、台から叩き落としたりしますよね。でもそういう子供はちゃんと受け身がとれる子供でもあるんですよね。また、目的が技術の習得という点にあり、それが理解されるにつれて師弟関係というかたちで強い絆や信頼関係となり家族的なつながりとして成立していたりします。その結果が一度は目にした事のある、あの中国雑伎団だったりするわけです。

話がだいぶそれましたが、奥さんのやっている事は決して「正常ではない」行為ではありませんが、今の時代には少し視野が狭すぎるという気もします。
あと、普段の奥さんとお子さんの関係はどんな物なのでしょうか?こういう事って不思議なもので二人三脚でうまくいっていれば、端からは理解できないだけで、二人の間では強い信頼関係の様なものが生まれていたりする事もあります。

ヤマハ音楽教室などでは今的な方法で音楽教育を行っていながら、それなりの才能も育てています。でも恐らく先生方の中にそういう厳しい教育を受けた方や知り合いにそういう人を持つ人が必ずいると思いますので、一度うかがって音楽教育について話を聞いてみてはどうでしょうか?
    • good
    • 10

私は、保育士になりたくて今年大学の通信で勉強をしていくのですが、今までピアノを弾いたことがありません。


だからといって、教室に通う余裕(時間にお金)がないので、幼少からピアノを弾いていた友だちから指の位置から練習の仕方、簡単な曲(メリーさんの羊)を教えてもらい、弾いてみてわからなければ、弾き直してもらったり音を言ってもらいそれを弾くという感じで繰り返し練習をしています。
教え方が上手くて解かりやすいので、飽き性な私も楽しくピアノの練習をしています。なので人が人に何かを教える事はできるんだと思います。(何かを教えることは根気がいること。短気ではできないものですね。)

本題です。
子どもがイヤがるように練習をさせても一向に上手くはならないし、弾けないからと言って、叩くのは正常ではないとは思うのですが、人それぞれ考えは違うので、そうやって育てられて有名になった人たちもいるから、確定はできません。(その教えで伸びる子だったからというのもあると思うんですけどね。)
どんなやり方でどう成長していくかなんて当たり前だけど、それぞれが違いますしね。
奥さんがそうして教えられてきたから、子どもにもそういう教え方しかできない。ということもあるかもしれません。(違っていれば申し訳ありません。)
その教えで今の子どもの成長はどうでしょうか?毎日繰り返されているのに上手くならない。ならば、その子にとってその教えでは伸びない。そうすれば、どうしたらいいかという結果がわかりますよね?

なので、奥さんが講師の資格が取れる程の腕でも、講師ではないのですし、子どもにあった教え方をしているかどうか。そして子どもにどうなってほしいのかがわかりません。
ただ、現場を見てなくてこの質問内容を読んでるだけでは、簡単に言うと子どもに当たっているようにしか感じとれないです。

だけど、子どもは親に誉められたいと一生懸命になるんですけど、教え方がただ怒るだけの教えなら当然、上手くならなくていつも怒られて、恐いけどそれでも誉めてもらいたいから泣いてでも、する子はいるんですよね。
だから、子どもは成長できるんだろうけど、やっぱり見てるほうとしては、辛いですよね。

最終的には親がやらせたくても、子どもにその意思がないのでしたら、やっても無駄になる可能性もあると思いますから、子どもにピアノをやりたいかどうか、奥さんにピアノを弾かせてどうしたいのかを聞いてちゃんと話をし合ってみてはどうでしょうか?


また、他の人たち(小学生でピアノを習ってる子どもやその親など)の意見や話を聞けたら補足説明をしたいと思います。
    • good
    • 3

人が人にピアノの弾き方を教えることが果たして出来るもんだか出来ないもんだか、私にはよく分かりません。



べつにピアノに限った話ではなくて、人が人にものを教えるなんてことが出来るんですかね。

してみせて、言ってきかせて、させてみる。

川柳でしょうか。上杉鷹山の言葉だそうで。これを山本五十六がぱくって「やってみせ言って聞かせてさせてみて褒めてやらねば人は動かぬ」とやった。その通りですよね。教えるというのはそういうことであるはずです。

でも現実は違う。まず、ほとんどの教師には手本を見せる能力がない。そして、どうしたらこれができるか言葉で説明する能力なんてなおさらない。徹底的にない。とりあえず、させてみるだけ。そしてその不足をあげつらう。罵り、脅し、叩く。

ピアノ教師(に限らず教師なるもの一般)がやってることってたいていはそれだけじゃないのか、という疑いがあります。中学高校、あるいは部活のコーチを思いだしてください。

とりあえず私の先生は、させるだけの人でした。私が音をほとんど外さず、メトロノームに合わせているかのように弾けるようになったとき(これぞ最低最悪最凶!)、私たち二人は、ピアノ二台で、協奏曲を弾くようになったのでした。馬鹿馬鹿しい。ダメ出しができなくなったんですな。

私は彼女に何一つ習わなかった、と言うほかない。彼女は何も教えてくれなかった(ああ、ビブラートのやり方なんぞは教わったっけ)。語るべきものがなかった。伝えてくれるべきものがなかった。そして私は何の意欲も才能もなく、ただ、やれと言われることをやる木偶の坊だったので、いまさら文句を言う資格もないんですけど。彼女はダメ出しさえ最早できず、生徒をマイナスワン代わりに使って、ぬけぬけと月謝を取りつつ遊んでいたのです(まあプリモは私だが)。

ただいまこんなことを書き連ねていると、かつての先生に気の毒な感じになる。なぜかって言うとまったく怒らない人だったからです。暴力はおろか声を荒げたこともなかった。優しい人だった。それだけは今も救いです。

でもね、そのかわり母が荒れ狂っていたのです。毎日二時間、十年間の練習。やれやれ。

私はいま、ピアノを弾くことは好きですが、ピアノの音が嫌いです。つねづね不思議だったんですよ、これがどうしてか。この質問に答えて、なるほどそういうことかと長年の疑問が解けたような気がする。

してみせていってきかせてさせてみる、ねえ、このみっつ、あなたほんとにできますか。必ずしも褒める必要はないと思いますよ。まずは、やってみせること。それができてもできなくても、言葉その他でそこへの道筋を示すこと。そんなことできますか。私にはどういう分野であれ、そんなものは一切ありません。強いて言えば料理くらい。

五島みどりの母親はバイオリンが弾けないので尻を叩いていただけと聞いていますが間違いでしたか。
    • good
    • 4

さて、奥様はプロの一流ピアニストにお子さんを育てたいのでしょうか?



世界的ヴァイオリニストである、現在はNY在住の五嶋みどりは母親から子供らしい生活をすべて取り上げられ、第3者から見たら虐待と思えるほどのレッスンを強いられたそうです。
彼女はそれにより、後年拒食症になっていますが、今は現役として世界的に認められていますので、これをどう判断するかは結果論になります。そして彼らには我々にわからない信頼関係があるからこそ成り立ったともいえます。
逆に、五嶋みどりの弟もまだ10代でありながら、素晴らしいヴァイオリニストですが、彼は逆に殆ど母親からは干渉されずのびのびと育てられたようで・・・。
何がいいか、悪いかは分かりません。

つぶれる人、伸びる人、その子の個性じゃないでしょうか。
ある程度厳しくしないと子供にプロ並の芸を教えることは出来ないでしょうが、子供も人間です。大人だって上から自分を否定ばかりされていたら自信喪失し、立ち直る事だって簡単じゃありません。拝見していると、お子さんがピアノ嫌いになる可能性もありますね。

音楽は本来楽しむもの。子供の内にその楽しみをすべて奪われて、将来の万に一つの才能開花に賭けるか、
子供らしさとピアノを両立させるのか、はご家庭によって変わるでしょう。

褒めて伸びる子、厳しく対応しても自分なりに消化できる子、厳しくされると萎縮して性格さえゆがんでしまう子、どの子がいい悪いじゃなく、それぞれ違うと思いますが、普通に音大のピアノ化レベルになりたいのであれば、そこまでする必要性は私は感じません。

継続すること、段階を踏んで一歩一歩進む事の方が
凡人には大事です。(凡人というのは、世界の95%のピアノ愛好家がそうでしょう。その凡人が継続してレッスンを続けることで上手になっているのですよ。)

私もピアノを弾き(凡人の代表!)、家も息子がピアノを習っています。男の子ですし私が「ピアノ、ピアノ」といわないと練習しませんが(笑)、それでも楽しんで4年間続いています。
プロを目指す方と、一生の趣味として引き続けて欲しいと願う親、あるいは音大にいければ十分、という方々とではスタンスが代わりますが、どちらにしてもお子様の性格がピアノによってマイナスに変貌すれば、ピアノどころかあらゆる可能性を摘み取ってしまう危険性もあるという事です。

ある種の賭けにもなりますが、
でもどんな場合でも、厳しさを貫き、スパルタで教育するにしても、子供へのフォローを忘れた時、精神的な安らぎ、安堵感をお母様が与える事を怠って技術だけに目を向けていると、お子様がピアノを継続するのは今後難しくなるように思えます。

ピアノって技術だけなら誰でも長くやっていると弾けるんです。

でも、ピアノを弾く人なら分かるでしょうが、上手い、下手は技術の向こう側にあるのですよ。
奥様は技術だけに目をむけていらっしゃるのかもしれませんね。

お子様の先生にご主人様からこっそり相談してみては如何ですか?

奥様もご主人の話は聞かなくても、ピアノの先生に何か言われればある程度耳を傾けるでしょうし。
    • good
    • 4

失礼ですが、笑っちゃいました。

私とよく似てるので・・
とは言っても拳骨でたたいたりはしませんけどね。

自分が弾けて、子供もある程度期待に応えてくれると、要求が増してしまうんです。

で、私の場合は、先生にお任せすることにしました。自分と同じレベルの先生なら、また口出ししてしまいそうなので、納得できる先生です。勿論、演奏レベルが高いだけでなく、教え方、子供との相性全ての上で納得できる先生です。
そうすることで、自分は1歩下がって、補助的立場になれました。子供に質問されれば答える程度。毎日練習するようには言いますが、決して隣には座らない。
客観的な立場にたてば、1年生の割には難しい曲に挑戦してるなと褒めてやることもできるし。
それでも、うまくできないと泣きながら練習している時もあります。叱られて泣いているのか、うまく弾けなくて泣いているのか、その見極めも大切?

奥様の場合、子離れすることが重要だと思います。お子さんが音楽を嫌いにならないよう、ピアノを弾けるようになってもらいたいなら尚更、余裕を持ったレッスンを受けれるよう、旦那様が説得するしかないんじゃないかな。
意外と関係ない人の話には耳を傾けたりするものです。「君にそっくり」と言って、この質問欄を見せてみたり(^^)

お子さんのためになるようよく話し合って下さい。
    • good
    • 7

私の答えは正答ではないと思うのであっさり聞き流して下さって結構です><


私はその教育方針に、実は完璧に反対だとは言えないんです;
私の尊敬するピアニストのフジコ・ヘミングさんは、子供の頃そんな感じの教育をされていたそうで、若い頃はそれが嫌で仕方がなくて何度も逃げ出そうとして、泣き叫んだりしていたけど、物心ついた頃には既にどんな難しい曲も弾けるようになっていたから後は極めるだけ。そうなればピアノはもの凄く楽しくなるんですよ。
スパルタ式だった母の教育に、彼女はとても感謝しているそうです。
子供って、覚えるのがものすごく早いもので、その頃に埋め込まれた技術っていうのはいずれ才能になるんじゃないかって、なんとなく私は思うんです;

あ、でも自信はないのでwすみません勝手なこと言ってw
でも一概にダメとは言えないんじゃないかなって意見でしたw失礼しました~!
    • good
    • 1

奥様は子供さんを「ピアノ嫌い」にしたいのでしょうか?


ピアノを習っていたのに「大嫌い」という人たち殆どが、多かれ少なかれ、子供時代のそういったトラウマがある人が多いですね。
私は自分でも家のコ(5歳)に教えますが、そろそろプロの先生にお願いしようと思っています。

お父様の絶対的主張として、
★子供さんをピアノ教室に通わせる。
★ピアノについて、子供の練習や上達速度に奥様が口出しをしない。

この二点を守れないなら、一切家でピアノの話をするな。弾くな!!
とゴーマンかましてみたらどうでしょうか?
「家族が不幸を味わう原因を取り除く責任が俺にはある。音楽は幸福感を味わうためにあるんじゃないか?不幸になるような音楽なら、一切家に持ち込むな!!」
くらい、言っても良いと思います。
クラシックだからって怖れることはありません。クラシックが「立派でエライ」訳でもありません。
確かに崇高で美しい音楽ですが、DVしながら弾いたり聴いたりするのはヘンタイです。

どんなことが引き金であろうが、子供を虐待するような事をしては絶対にいけないです。
それを阻止し、子供さんを守る責任があるのは、お父さん、あなたですよ!!

ここの書き込み、皆さんの意見を読ませてあげるのも手ですね。(夫婦喧嘩覚悟で)

以上、ピアノや他の楽器大好き、クラシックなけりゃ生きていけないおばさんからのアドヴァイスでした。
    • good
    • 3

butarohさんは、お嬢さんとピアノのことをお話されたことはありますか?


お嬢さんが、厳しくてもお母さんに教えてもらいたいと思っているようでしたら、そのまま、様子を見られたらと思います。

奥様は、ご自分が経験者でもあり、子供の頃の自分とそっくりな娘が重なって、余計に気持ちが押さえられなくなって、厳しい練習になっているようです。

確かに、ピアノが上手くなる(ピアニストになる)為には、幼い頃から厳しい練習をされていますが、それは決して、感情的になった暴力ではありません。

私はピアノ教師をして20年以上なりますが、指導者は常に冷静で客観的に生徒さんと向きあって教えなければと思っています。
怒るとしても、弾けないからではなく、弾ける力はあるのに努力していない時、本人にやる気が見られないときなど、気合を入れる為に注意はしますが、絶対に叩いたりはしません。

でも、自分の子供だとなぜか、手が出てしまいます。
子供もお母さんという意識があり、普段の生活との区別がなく、すぐに甘えてしまいます。

やはり、余程、感情を押さえられる方でないと、自分の子供は教えない方が良いと思います。
良い先生を探されて、お母様は、お子様のサポートをされる方が、子供さんの為にも良いかと思います。

お嬢さんは、お母さんのやさしい笑顔を待っていると思います。
    • good
    • 6

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング