私は、今チベット問題について論文を書いているのですが、書店、web上でも
資料が少なく大変困っています、大まかな流れは以下のようになっています。

「課題」
 中国政府とチベットとの対立について。

「問題設定」
 なぜ中国政府はチベットに対して、圧力をかけるのか?

「構想」
 チベットに対する中国の圧力は、少しは緩和されないのか、または悪化するのか、それによってチベットの未来をあるのか?、を考える。

また、
・チベット問題の歴史的根源
・現在のチベットは何が起こっているのか
・チベットの未来は?
の3点に焦点をおいて組み立てています。

このような感じですが宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

国立国会図書館の検索画面の件名に「中国」と「チベット」と入れてAND検索してみました。


http://webopac2.ndl.go.jp/ows-bin/search.cgi?MOD …

和書が14件洋書が48件ヒットしました。すでにご存知かもしれませんが、ご参考までに、参考になりそうな和書だけ記しておきます。

チベット白書/英国議会人権擁護グル…[他]/日中出版/2000.7 
能海寛遺稿/能海寛/五月書房/1998.2 
ヒマラヤの東/中村保/山と渓谷社/1996.3 
チベット=受難と希望/ピエール=アントワー…[他]/サイマル出版会/1991.6 
天葬への旅/森田勇造/原書房/1991.7 
チベット白書/チベット問題を考える…/日中出版/1989.6 
秘境と三国志の旅/大津留温/千代田永田書房/1987.7 
ヒマラヤ《人と辺境》/3/白水社/1975 
中国・チベット・蒙古古代史考/三木偵,渋沢均/鷺の宮書房/1969 
チベットをめぐる中印関係史/鈴木中正/一橋書房/1962 
チベット問題/外文出版社/1959 
西蔵に関する中印協定/外務省アジア局第二課…/1954 
西蔵交渉略史/謝彬/中華書局/1933 4版 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
国立国会図書館ですか、今の私には宝の山に見えます(笑)
しかしながら、国立国会図書館まで出向かないと内容に関しては
知ることはできないんですよね?・・・
まとまった時間が無いので・・web上であればかなり助かるのですが。
わがまま言って申し訳有りません。

お礼日時:2001/09/26 21:46

最近の刊行のものは、目次&帯情報ぐらいならネットで確認できます。



http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/ws …
http://www.trc.co.jp/trc-japa/search/trc_www.asp

上記の検索画面2つのいずれかに書名を入れて検索してみてください。


たとえば、「チベット白書」の情報は↓のような感じです。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/ws …


また、所属大学の図書館のレファレンス・カウンターに相談すれば、所属大学図書館に書籍を取り寄せることも可能だと思います。(送料がかかると思いますけど)


あともうひとつ。
http://contents.lib.u-tokyo.ac.jp/contents/index …
上記の検索キーワードの欄に、「中国」と「チベット」といれてAND検索してみてください。
検索されたもので、これは!と思う書名をクリックすると、目次&帯情報がわかります。
相互貸借制度を利用して、他大学から借りる方法もありますので、
入手方法については、やはり所属大学の図書館のレファレンスカウンターにご相談ください。
    • good
    • 0

 詳しい解説のある年表として


http://www.netlaputa.ne.jp/~tibet-lo/rekisi.html
がまとまっています。なお、歴史淵源や関連論文はhttp://webclub.kcom.ne.jp/ma/yfukuda/ishihama/pr …
や、そのメインページを見てください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
年表がある方は知りませんでした、助かりました。

お礼日時:2001/09/26 21:36

 手がかりとなるであろうWebサイトをご紹介して、私の回答に代えさせていただきます(既にご存じならごめんなさい。

)。
1 http://www.interq.or.jp/neptune/amba-omo/
 掲示板が設置されています。
2 http://www.netlaputa.ne.jp/~tibet-lo/seifu.html
 いわゆる「亡命政府」側の視点が掲載されています。
3 http://webclub.kcom.ne.jp/ma/yfukuda/ishihama/in …
 制作者は、チベット仏教史がご専攻の方です。文献案内が充実しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみません、それらのサイトは既に活用させて頂いてます、
丁寧なアドバイスありがとうございます。

お礼日時:2001/09/26 21:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中国がナショナリズムを主張するなら、チベットは民族・言語・宗教が違うので別国家になるのでは?

北京五輪の聖火リレーで中国のナショナリズムが噴出していますが、
近代的なナショナリズムの理論から言うと、チベットは民族・言語・
文字・宗教が違うので別国家になるべきではないのでしょうか?

   チベット  中国
民族 チベット人 漢民族
言語 チベット語 中国語
文字 チベット文字 漢字
宗教 チベット仏教 無宗教(共産主義)

中国人はどういう理屈でここらへんの整合性を取っているんでしょうか?

Aベストアンサー

>近代的なナショナリズムの理論
まず、中国は近代的な国民国家ではありません。共産主義国家という最新の理論的な国家を標榜していますが、古来からの易姓革命による古代王政と大きな変化はありません。
中国の思想として、中華思想があります。これは中国(華北)を中心として世界は存在するというものですが、もともと中国に国境の概念は無く世界は中国の支配下であり中国皇帝の下で各国が存在すると言うものがあり、それは現在では諦めているでしょうが、今認められている領土を手放す気もないでしょう。
現在の領土は第二次世界大戦後に、清(満州族?)の領土を中国(漢民族)の領土としてしまったからです。漢民族としては歴史上最大の領土になります。この第二次世界大戦後の国境分けは、アラブでもアフリカでも問題を引き起こしています。民族や歴史を充分に考えずに国を作ってしまったつけを未だに世界が支払っています。

Q中国がチベット問題に対して行った対応策とは?

今度学校でチベット問題について論議することになったのですが、私は中国などどうでもいいと普段から思っているような人間でして、チベットはニュースで時々聞く程度で知識0です。
私は中国がチベットに対して行った対応策について話すことになったのですが、ネットでいくら探そうとニュース関連の記事ばっかりで具体的な内容のサイトがありませんでした。 端に探し方が下手なだけかもしれませんが.....

そこで中国政府は問題解決済みと言い張っているようですが、実際のところどのような対応策を行ったのでしょうか?またその対応策を行ってもチベットはどうして満足しないのでしょうか?
どなたか詳しい方教えて下さい!!

Aベストアンサー

コキントウだったと思いますが、
89年に赴任した直後に、ラサの暴動に遭遇して
そのときは戒厳令などの強行的措置で押さえ込みましたが、
その後、チベットに投資し、チベット人を登用しました。
数字で見るチベットの経済成長は確かに高成長と言ってよいものだったと思います。
90年代に暴動がおこりかけたものの、
チベット人警官対チベット人という図式になってしまい、
あまり広がらなかったとか。
(「人治主義国家中国の読み方」 朱建栄)

また、チベットに限らず、少数民族一般に対してなのですが、
大学入学への優遇措置があり、一人っ子政策も、
漢民族一人に対して、少数民族は二人までOKです。

中国側の言う対応策というのは、そういうことじゃないかと思います。

なぜチベット人が満足しないのかについては、
1.歴史的に色々された恨み。よく言われる死者120万人は、
政治的混乱の中で、餓死に追いやられた人たちが多分最も多いのではと思います。いずれにしてもつらいことには変わりありません。
餓死だけではなく、宗教施設の破壊もありました。その混乱は76年に終わりましたが・・・。
2.現在もダライ・ラマを信仰する自由がない。
(仏教はOKですが、ダライ・ラマはだめなんです。)
等のことが考えられます。
また、満足しないのではなく、信用できないのかも、とこれは個人的に思います。

コキントウだったと思いますが、
89年に赴任した直後に、ラサの暴動に遭遇して
そのときは戒厳令などの強行的措置で押さえ込みましたが、
その後、チベットに投資し、チベット人を登用しました。
数字で見るチベットの経済成長は確かに高成長と言ってよいものだったと思います。
90年代に暴動がおこりかけたものの、
チベット人警官対チベット人という図式になってしまい、
あまり広がらなかったとか。
(「人治主義国家中国の読み方」 朱建栄)

また、チベットに限らず、少数民族一般に対してなの...続きを読む

Qチベットとブータンの関係って?

両方ともチベット民族でありチベット仏教を信仰してるわけですよね。
どうしてブータンは中国に侵略されずに済んだのでしょうか?
また、現在独立国家のブータンは、チベットあるいはチベット亡命政府に関してどういう考えなのでしょうか?

Aベストアンサー

単純な理由です。
インドが独立するまでは英領インド帝国の保護領で、当時の清帝国の国力では
指一本触れる事は出来ません。
また、インド独立直後もブータンはインドの保護国的扱いで、外交面はインドの助言を受けるという
形をとっていました(昨年のインド=ブータン条約の改正で変更になりました)。
なので、中国がブータンに手出しする事は、インドとの戦争を辞さない覚悟が必要です。
そこまでして、中国が攻め込むメリットはありません。

ちなみに、ブータン国内にも亡命チベット人が居ますし、シンパシーも感じているでしょうが
国是としてブータン独自の文化を守る事が第一義なので、それを相容れない者には
容赦ない措置を取っている国です。
ネパール系のブータン人は迫害され難民となっていて、国際問題にもなっているほどです。

Qなぜアメリカ政府は、中国との経済関係を深めれば、中国政府が軍事力を増強

なぜアメリカ政府は、中国との経済関係を深めれば、中国政府が軍事力を増強しやすくなることを重々承知していながら、政治経済とも関係を強化しているのでしょうか。

声高々に自由主義、民主主義を掲げ、今まで共産主義をさんざん攻撃しまくってきたアメリカが。

たんにダブルスタンダード、二枚舌ということでよろしいのでしょうか。

Aベストアンサー

単純に中国が実質共産主義とはいえないからではないでしょうか?

それに中国との関係を持たなくては経済的に他国に抜かれると考えたからではないでしょうか?
やむを得ずということで…
しかし中国への覇権移行は避けられないと思います。

Qチベット問題について

私は、今チベット問題について論文を書いているのですが、書店、web上でも
資料が少なく大変困っています、大まかな流れは以下のようになっています。

「課題」
 中国政府とチベットとの対立について。

「問題設定」
 なぜ中国政府はチベットに対して、圧力をかけるのか?

「構想」
 チベットに対する中国の圧力は、少しは緩和されないのか、または悪化するのか、それによってチベットの未来をあるのか?、を考える。

また、
・チベット問題の歴史的根源
・現在のチベットは何が起こっているのか
・チベットの未来は?
の3点に焦点をおいて組み立てています。

このような感じですが宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

国立国会図書館の検索画面の件名に「中国」と「チベット」と入れてAND検索してみました。
http://webopac2.ndl.go.jp/ows-bin/search.cgi?MODE_M=1&SEARCH=1

和書が14件洋書が48件ヒットしました。すでにご存知かもしれませんが、ご参考までに、参考になりそうな和書だけ記しておきます。

チベット白書/英国議会人権擁護グル…[他]/日中出版/2000.7 
能海寛遺稿/能海寛/五月書房/1998.2 
ヒマラヤの東/中村保/山と渓谷社/1996.3 
チベット=受難と希望/ピエール=アントワー…[他]/サイマル出版会/1991.6 
天葬への旅/森田勇造/原書房/1991.7 
チベット白書/チベット問題を考える…/日中出版/1989.6 
秘境と三国志の旅/大津留温/千代田永田書房/1987.7 
ヒマラヤ《人と辺境》/3/白水社/1975 
中国・チベット・蒙古古代史考/三木偵,渋沢均/鷺の宮書房/1969 
チベットをめぐる中印関係史/鈴木中正/一橋書房/1962 
チベット問題/外文出版社/1959 
西蔵に関する中印協定/外務省アジア局第二課…/1954 
西蔵交渉略史/謝彬/中華書局/1933 4版 

国立国会図書館の検索画面の件名に「中国」と「チベット」と入れてAND検索してみました。
http://webopac2.ndl.go.jp/ows-bin/search.cgi?MODE_M=1&SEARCH=1

和書が14件洋書が48件ヒットしました。すでにご存知かもしれませんが、ご参考までに、参考になりそうな和書だけ記しておきます。

チベット白書/英国議会人権擁護グル…[他]/日中出版/2000.7 
能海寛遺稿/能海寛/五月書房/1998.2 
ヒマラヤの東/中村保/山と渓谷社/1996.3 
チベット=受難と希望/ピエール...続きを読む

Qアイヌや琉球の領土を略奪してきた日本人が、中国政府やロシア政府などを批

アイヌや琉球の領土を略奪してきた日本人が、中国政府やロシア政府などを批判する資格があるのでしょうか。

Aベストアンサー

侵略の歴史は、ほとんどの国にあるでしょ。

その過去の歴史と、現代の諸外国で一般的に行われている
批判を比較しても意味が無いことだと思います。

その批判を大義名分として、日本が中国などに戦争を仕掛ければ
私も問題があると思いますが、
ある程度、自己中心的な物事の考え方で、相手を批判することは
世界のどの国のどんな人間でも行っていることです。

Q清のチベット侵略

チベットについての質問です。近年でさえも、中国の支配下にあるチベット!そんな国を昔から学んでいこうと思い、最近本を読んでいます。
チベットはモンゴル→清→中国とたしか、支配下にありましたが、清の時代についてのチベットが知りたいです(全部知りたいのですが・・・・)清はそもそも、なぜチベットを侵略し始めたのでしょうか?
モンゴル帝国が支配していたときは、まったく彼ら独自の文化や宗教をうばわれなかったと聞きました、しかし清は多くの規制や圧力をかけ支配下に置いたと聞きました。
清のチベットへの侵略の動機を教えてください。

Aベストアンサー

清がチベットに派兵するのは、現在のウイグル自治区にあったジュンガルがチベットに攻め込みラサを占領したため、チベットに軍を送り、ラサを解放したのに始まります。(1718年)
清軍は、ラサに攻め込み、捕えられていたダライ・ラマを解放し、蕃王とします。
この段階で、チベットが清の支配下になったとされています。
蕃王は、清に逆らわずに朝貢する事により、内政的自治権を有していました。
年表によりますと、1724年にラサに監督官を置いています。
また、1727年、1750年とチベットで内乱が起こっているようですが、なぜ起こったのかは、わかりませんが、内乱鎮圧のために派兵しています。
1790年、ネパールがチベットに侵攻した時も派兵しています。
その翌年1791年にチベットで反乱がおきていますが、その乱と派兵の関係は知りません。
これ以後チベットの反乱の記載が年表にありませんので、清末の反乱が多発した時代でも、比較的安定していたと思われます。

1880年、1890年、1893年、1906年と、イギリスとの間にチベットと英領インドとの国境条約をしていますから、このころイギリスのチベットへの進出が活発だったのでしょう。

モンゴル支配の時のチベットは、清の時と同じく属国になっていますが、モンゴルが中国との対抗上チベットは特に優遇された扱いをうけ、逆にモンゴルにチベット文化を広める事になります。
そのため、現在でもモンゴルではチベット系仏教を信仰しています。

清がチベットに派兵するのは、現在のウイグル自治区にあったジュンガルがチベットに攻め込みラサを占領したため、チベットに軍を送り、ラサを解放したのに始まります。(1718年)
清軍は、ラサに攻め込み、捕えられていたダライ・ラマを解放し、蕃王とします。
この段階で、チベットが清の支配下になったとされています。
蕃王は、清に逆らわずに朝貢する事により、内政的自治権を有していました。
年表によりますと、1724年にラサに監督官を置いています。
また、1727年、1750年とチベットで内乱が起こって...続きを読む

Q未来のチベットは人権が保障されるんですか?

現中国がチベットを虐殺侵略抑圧する前、チベットは95%以上農奴がいて、人権、平等などほど遠い社会だったと聞きます。
現在亡命チベット政府というものがあります。
行政、立法、司法、(軍を作れば軍も)そして宗教、すべてのトップはダライラマ14世法王です。これは形式的ではなく実質的に全て彼の実質的承認が必要なシステムです。宗教のトップである彼が全政治的掌握、介入は客観的にかなり多いです。所謂チベット憲法が彼の承認のもとありますが、その「大統領」というのはどういうものなんでしょうか?これは民主的選挙を経た上のものなんでしょうか?ダライラマ法王との関係はどうなんでしょうか?それとも無選挙で法王が兼務するシステムなんでしょうか?
仮定の話なんですが、将来、仮にチベットが独立あるいは完全自治されたあと、「人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。」と言えるのでしょうか?チベット仏教かつ三権を非民主的に実質的に掌握している現法王を見ていると、パフォーマンスをぬきにして考えると望めないような気がします。どなたか教えてください。
民主的社会が実現されるんですか?

現中国がチベットを虐殺侵略抑圧する前、チベットは95%以上農奴がいて、人権、平等などほど遠い社会だったと聞きます。
現在亡命チベット政府というものがあります。
行政、立法、司法、(軍を作れば軍も)そして宗教、すべてのトップはダライラマ14世法王です。これは形式的ではなく実質的に全て彼の実質的承認が必要なシステムです。宗教のトップである彼が全政治的掌握、介入は客観的にかなり多いです。所謂チベット憲法が彼の承認のもとありますが、その「大統領」というのはどういうものなんでしょう...続きを読む

Aベストアンサー

>チベットは95%以上農奴がいて・・・
 質問の前に前提条件が違います。
 併合前にチベットに農奴はいません。
  農奴は荘園農場において農民を拘束する制度であり、中国の歴史教科書や共産党の説明では農奴、と書かれているが。当時の文献ではチベットに農奴はいません。農奴というのはただの中国共産党のプロバガンダです。

>人権、平等などほど遠い社会だったと聞きます。
 それは現在のチベットですね。今のチベット人は漢民族に比べ人権、平等と程遠い社会です。

まぁ前提条件は違うので、答えもまるで違うのですが・・・

>大統領とは・・
 首長が議会に対して依存せずに、行政の任を負う体制の行政の長です
 ちなみに選挙で選ばれるものですが・・・これはチベットとは何の関係もありませんね

>ダライラマ法王との関係はどうなんでしょうか
 チベットは元々仏教による宗教国家です。大統領制ではありません
 兼任も何も、まったく関係ありません

>関係において、差別されない。と言えるのでしょうか?
 いえません。ただ今のように、無条件で虐殺される事はないでしょうね。

>チベット仏教かつ三権を非民主的に実質的に掌握している現法王を見ていると
 チベットの過去の歴史上では、差別はされてません。それは歴史が証明されてます。

>チベットは95%以上農奴がいて・・・
 質問の前に前提条件が違います。
 併合前にチベットに農奴はいません。
  農奴は荘園農場において農民を拘束する制度であり、中国の歴史教科書や共産党の説明では農奴、と書かれているが。当時の文献ではチベットに農奴はいません。農奴というのはただの中国共産党のプロバガンダです。

>人権、平等などほど遠い社会だったと聞きます。
 それは現在のチベットですね。今のチベット人は漢民族に比べ人権、平等と程遠い社会です。

まぁ前提条件は違うので、...続きを読む

Q現在でのチベットと中国の関係は?

先日、「ダライ・ラマ自伝」という本を読みました。
遅ればせながら、チベットと中国の複雑な関係の一端を知
りました。

そこで気になったのですが、今現在でのチベットと中国と
の関係はどのようになっているのでしょうか。

中国人側の思惑やチベット人に対する感情、逆にチベット
人側の思いや中国人に対する感情など、簡単に分かる本や
サイトがありましたら、教えてください。

Aベストアンサー

まず最初に言っておかなければならないのは、チベットは漢民族の領土であった歴史ないと言うことです。
つまり紛れもなくこれは現在進行形で続いている侵略・虐殺行為です。

チベットやウィグルではいまだ持って虐殺が続いており、その数はチベットでは全人口の20%以上の120万人以上に及ぶとされてます。(1950年から84年までの間のデータ。現在はそれ以上と予測される)
民族浄化の為の避妊手術などに関しては強制。
現在チベットへの鉄道が整備されており、漢民族が大挙して押し寄せてきています。
中国共産党の民族浄化が本格化してきたといえるでしょう。

中国の圧制から逃れようと、年間数千人のチベット人がチベットから脱出を余儀なくされています。


日本で『人権』を食い物にしている人たちは、このような中国の問題に関しては一切口に出しませんよね。
彼等がいかに信用ならない連中であるか一目瞭然でしょう。


【ダライ・ラマ法王日本代表部事務所】
http://www.tibethouse.jp/home.html

以下参考程度に。
http://homepage3.nifty.com/~dennoji/t_gallery.htm
http://www.interq.or.jp/world/mado/genshiji/kiji/l0007131.htm
http://page.freett.com/senmon/nochina/
http://www.jiyuu-shikan.org/frontline/moteki/nankin1937.html

参考URL:http://www.tibethouse.jp/home.html

まず最初に言っておかなければならないのは、チベットは漢民族の領土であった歴史ないと言うことです。
つまり紛れもなくこれは現在進行形で続いている侵略・虐殺行為です。

チベットやウィグルではいまだ持って虐殺が続いており、その数はチベットでは全人口の20%以上の120万人以上に及ぶとされてます。(1950年から84年までの間のデータ。現在はそれ以上と予測される)
民族浄化の為の避妊手術などに関しては強制。
現在チベットへの鉄道が整備されており、漢民族が大挙して押し寄せてきています。
中国...続きを読む

Q自民党政権下や自公政権下で、アメリカ政府の圧力命令もあって、国家権力や

自民党政権下や自公政権下で、アメリカ政府の圧力命令もあって、国家権力や自民党や創価学会公明党などに都合の悪い人物を、内閣や法務省や検察や警察や裁判所や御用マスコミが表裏一体となって、でっち上げや虚偽告訴や無実や微罪で立件し、冤罪で服役させるシステムが出来上がっていたと、確信しておりますが、皆さんはどう思いますか。

不都合な事件公判を御用マスコミが報道するわけありませんから、知られていない冤罪事件も山ほどあると思うのですが。

Aベストアンサー

ありえません\(^^;)














zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz


人気Q&Aランキング