20年近く掛けていた生命保険をお金が欲しかったので解約したいと申し出たところ解約しないで契約を変えれば40万くらい貰えてなおかつ掛け金はそれほどふやさずに継続できるといわれ契約しましたが、冷静になって契約書をみたら死亡時一括500万残りは毎年遺族に一定額10年と書いてあったんです死んでからそんなにいらないから相談に乗って欲しいと保険会社に言った所えどーにもならないといわれぶつぶつ・・・でも解約は不利なことはしっているのですが納得出来ません死んでから10年間という説明も受けていません。医療の掛け金は10年ごとに更新で上がって行くらしいです60,70になったら掛けて行かれるかなそれも心配です私はパートで年収もさほどありません一体死亡保険ていくらくらい目安に設定すればいいんですか?一般論で結構ですアドバイスお願いしたいです生きてるうちに使いたいです。少しは・・・よろしく(歳は40半ばです)♀です

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 こんにちわ。



 面白い事が書いてありますね。
 私もuni82さんの意見に基本的に賛成です。
 
>そして入るべきなのは、外資系、ソニー、国内損保系生保。

 ソニーやプルデンシャルと言ったいわゆるコンサルティング型の営業、これが第一だと思います。
 損保系の多くは外資系のコンサルティングを真似ているわけですが、知識・スキルに相当なバラツキがあります。最大手の損保系生保の代理店でも残念ながら井の中の蛙の人は多いです。カタカナ生保が必ずしも商品内容が良いかと言えば・・・。
 一番良いのは、カタカナ生保の知識・スキルを持って、幅広い保険会社の多数の保険の中から選択すること、です。カタカナ生保にしろ、損保系生保にしろ、1社しか扱っていない人はよそにいくらいい保険があっても深くは知り得ませんし、自社商品しか売れません。

 生保専任者のいる、複数取扱の代理店(3社以上取扱が望ましい)そう言った所に相談されるとchi-ne-yanにとってのベストが見えてくると思います。

 下記の代理店サーチ(知人が開設)を利用するとお近くの複数取扱の代理店が見つかるのではと思います。

参考URL:http://www.hat.hi-ho.ne.jp/agency/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。お礼が遅くなりました。No.1の方にも書きましがショックからまだ立ち直っていません去年から引きずっていたので思い切って相談してよかったと思っています。私にとってとても心の重りになっていたのでHPも見せて頂きました。2.3当たって見たいと思っています。またアドバイスおねがいするかもしれませんが懲りずにお付き合いいただければと思います。人間というか保険会社というか不信感がまだ拭いきれないで落ち込んでいますが明日からまたがんばります。よろしくお願いいたします。m(_ _)m

お礼日時:2001/09/30 21:38

 こんにちわ。



 この手のトラブルは保険を分かっていない人間が売ってる事で起こっています。
 解約は不利と書いてますね。その通りです。生命保険は会社が破綻しない限り加入時の予定利率(約束した運用利率)がずっと続きます。
 契約を変えれば・・・いわゆる転換やCVなどと言われるやり方で変えたなら解約して入り直すのと同じですから、この時点で既に続けるメリットはなくなってると思います。それどころか、契約し直しと一緒ですから、貯まっていたお金の中から新たに担当者の成績給や経費が取られますから、簡単に言えば貯まっていた資産を食われた形です。
 ご要望に合っていない契約は加入の意味がありませんから解約しても差し支えありません。
 死亡保障は残された遺族の生活費の補填の意味合いで掛けるものです。仮にあなたに万が一があった場合に生活費に困る人がいるか、またどれくらい困るのか、これを元に保険を組み立てるのが筋です。ご主人の収入に大半依存しているなら多額の保障は必要ありません。(葬祭費用位を賄えれば)
 加入意義があるのは単体の医療保険ではないでしょうか。40半ばの方だと、保険料が変わらない終身型で月々4000円位、定期型で月々2000円位からあると思います。(入院日額5000円の場合)安ければ良いというわけではありませんが、各社比較してみたら如何でしょうか。
    • good
    • 0

こんにちは。


いきなりきついアドバイスになるかも知れませんが、ご容赦下さい。
また、このアドバイスは情報不足のため、「想像・予想」の域を
脱しません。その点、ご留意いただきたいと思います。

初めに、この手の「解約・変更」等の重要な手続きは、保険について
十分に勉強してから行うか、信頼できるアドバイザー(FPなど)
に相談するべきでしたね。

まず、今回契約したものは、保障額はわかりませんが、タイプと
しては大手国内社の典型的なパターンですね。しかも、chi-ne-yan
さんがどういう希望なのかも確認せず、とりあえず少しの現金を
与えて(返して)率のいい時代の保険を転換(一旦解約させて入り
直すようなもの)させたものと想像できます。
損得だけから考えると、解約したのに近いデメリットが発生したと
思われます。

家族構成や収入形態などが、その家庭ごとに違いますので、ホント
に一般論でしかアドバイスできませんが、あなたが一家の大黒柱で
なく、主婦・お母さんとしてお話しします。

1.死亡保障
あなたの死亡の際、必要なのは葬儀代程度で、家庭の収入は減少
しませんから、葬儀代として2~300万円程度の終身保険。
また墓地を確保する必要があれば、上記に300万程度増やせれば
理想的でしょう。
例えば、「特定疾病保障終身保険」(3大成人病と診断された時点
で保険金が全額支払われ、治療費に充てられる。または、3大成人病
以外で死亡した場合、保険金が全額支払われ、保険は終了する)を
300万円、終身保険を200万円、なんていうかけ方がいいですね。
「特定疾病保障終身保険」は、保険会社によって「生前終身保険」等
と言うようです。

2.その他の保障(入院関連)
今でも、多くの人が生命保険の「疾病入院特約」とか「災害入院特約」
として保障を持っているはずですし、あなたの場合は10年ごとに
更新で上がっていくという、それです。
最近は、単品の「医療保険」で充実したものが多く発売されています。
ところが、この場合はいろんなパターンの販売がされており、おすすめ
は「終身保障」で、払い込みは「60~65歳まで」、保険料は払い込み
期間満了まで更新・値上がり・変更ナシ、と言うタイプですね。
国内では、ソニー生命や損保系生保(いわゆるひらがな生保)、また
それ以外では外資系が充実しています。

悪いことは言いません。極論しますが、
「今回入った保険は解約」ですね。
理由は、あなたの意志を尊重していない設計をしてくる保険会社(外交員)
が信用できない。また、このまま払い続けては保険料のほとんどを
「掛け捨て」続けることになります。ましてや、いい利回りの保険を
よく説明もせず転換させたわけですから。
入ったばかりの今なら、損害が大きくなる前にやめられます。
(ただし、解約の控除と言って、損はしますが。)

そして入るべきなのは、外資系、ソニー、国内損保系生保。
ただし、損保系生保で注意が必要なのは、優秀な生保代理店を見極める
必要があり、それは結構難しいです。もし選ぶとしたら、代理店の店主
の年齢等が一つの目安になります。損保代理店を開業してから3年以内の
なるべく若い(45歳以下?)代表の代理店を選びましょう。
理由は、それ以前から営業している損保代理店は生保の教育を深く学んで
いない可能性が高いから、です。あくまで、可能性、ですが。

入り直す場合は、あくまでも先に新しい契約をし、成立してから
前のものを解約してください。万が一、引き受け拒否と言うことも
ないとは言えませんので。
1日も早く行動しましょう。長くなり、申し訳ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼をするのが遅くなって申し訳ありません。読ませていただいたのですがショックが大きくてお察しの通りで私自身がフリーズしてしまいました。28日に支店長とか言われる方が電話をくれて穏やかに説得されてなんだかこのままで・・・っていうような気になってしまっていましたが胸の中のもやもやが晴れないでいたのですがちょっぴり人間不信になっています。今はどこの保険屋さんにきいてみたものやらかんがえがまとまりませんが2、3あたって見ます。またアドバイス頂けたらうれしいです。(-_-;)よろしくお願いいたします。

お礼日時:2001/09/30 21:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q契約者死亡に伴い引き継いだ保険を数年後に解約した場合の税務について

例えば、一時払終身保険(一時払保険料1000万円)で、
契約者:父
被保険者:子
死亡保険金受取人:父
という契約形態で契約していましたが、父が死亡したため、契約者は子、死亡保険金受取人は孫(子の子)に変更したとします。相続評価は父が死亡した時点の解約返戻金800万円で評価。

その数年後、解約返戻金が元本を上回ったので解約(解約返戻金1100万円)した場合、一時所得の対象となりますが、その必要経費は1000万円でよろしいでしょうか?
それとも相続時の評価800万円でしょうか?

Aベストアンサー

>必要経費は1000万円?
>相続時の評価800万円?

1000万円です。

相続時の評価はあくまで相続時の評価です。
生命保険は相続時の解約返戻金となっているし、
株などは相続時の株価です。
相続税を算定するための評価額であり、
相続時のことはそこで完結していると
考えればよいと思います。

いかがでしょう?

参考
https://www.nta.go.jp/taxanswer/hyoka/4660.htm
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1755.htm

Q10年掛けていますが、どれ位でしょうか?

 こんにちは、30代女です。
 私は保険に対して全くの初心者、無知の者です。どうか教えて下さい。
 親が保険の外交をやっているので、生命保険はそこに入っていて、就職してから約10年、毎月1万円ちょっとで、年間15万円位かけてきました。今まで証書とか送られてきましたが、親に完全に任せていたので、内容を深くは確認してきませんでした。保険の内容は総合保険で、死亡や入院とかするとお金がおりるものです。あとガン保険も含まれていました。
 今年に入って、結婚を機に姓が変わることもあって、見直すことにしました。そして先日解約手続きをしたのですが、私は署名と捺印をしただけで、あとは親に任せてはいるのですが、今まで10年間(150万円位)かけてきた金額はどれ位戻ってくるのでしょうか?親の方で何か操作しているのか、私の手元にはお金が戻って来ないようなのです。親にいくのならまだ良いのですが(実家のローンもまだあるようなので)、保険会社に吸い取られないか心配です。

今回お聞きしたいのは
1.今まで入っていた保険を解約して、他の新しい保険に入り直す時、それまでお金を払っていた人にお金が戻らないプランなんてあるのですか?
 要するに新しい保険に入るのは初めてですが、例えば今まで払ってきた150万円を、その新しい保険に今までずっと入っていたようにして、その分、月の支払額が減るとか・・・。

2.解約して保険会社がお金をある程度戻す時に、本人に返却しないで営業の人に渡すなんてことあるのですか?(営業の人が親なら渡して、他人だったら渡さないとか・・・)

変な質問ですみませんが、お詳しい方、よろしくお願いします。

 こんにちは、30代女です。
 私は保険に対して全くの初心者、無知の者です。どうか教えて下さい。
 親が保険の外交をやっているので、生命保険はそこに入っていて、就職してから約10年、毎月1万円ちょっとで、年間15万円位かけてきました。今まで証書とか送られてきましたが、親に完全に任せていたので、内容を深くは確認してきませんでした。保険の内容は総合保険で、死亡や入院とかするとお金がおりるものです。あとガン保険も含まれていました。
 今年に入って、結婚を機に姓が変わることもあって、見直...続きを読む

Aベストアンサー

1 について
 まず、同じ保険会社の中で新しい保険にする時に二通りの方法があります。
(1)解約 (2)転換。(1)はCARPKAIJIさんが考えているもので、今までの契約を「解約」して新しい保険に新規で入りなおす。
(2)は(1)とニュアンスは似てますが、(1)を下取りに入れて新しい保険にする=車の下取りと同じです。
(1)の解約金は契約者の預金口座に入金がされますが、
(2)は解約金に相当する額が新しい保険に充当される(その分保険料が安くなったりする)ので現金化されません。申し出により、一部引き出すことは出来ますが、そのお金も契約者の口座もしくは引き落とし先の口座となります。

2について
 上記にも記しましたが、営業員に現金を渡す事は考えられません。
というのは解約返戻金を用意する出納先は営業員のいるいわゆる支部ではないですし、間違いが起こらないように本人確認の意味で、契約者本人の口座へ振り込む、というのが普通の考えです。
特に最近は本人確認がうるさいのであいまいな事はないはずなのですが・・。

Qこの死亡保障にこの掛け金て。。

私は26歳女です。今私の死亡保障は500万満期金50万の15年間保障です。今のところ5年は経過し後10年でこの保険はきれますが、月額¥3300払っています。この掛け金はこの保証に対して妥当な額でしょうか。それとももっと手頃な死亡保障保険がありますか?計算すると3300*15年*12か月=594000が総払込額です。に対して満期金で受け取れるのが50万なので94000が損してる(保障掛け捨て分と考えてもいいですが、)ので他社もこんな感じなのかな、と疑問に思ったのです。教えてください!

Aベストアンサー

1について

今解約すると損というのは、養老保険が50万円ありますよね。貯蓄型の保険は、早くやめるほど、解約金の目減りが多いということです。そこだけの貯蓄性を見ると、早く解約しちゃうほうが損でしょうね。
それと、まぁ、残り10年間だけですけど、保障がある。5年前の今より若いときに加入したんですから、今同じのに加入するよりは安いし・・・ってこと。
例えば、今辞めると30000円の損だけど、満期まで持っておくと、3000円の損で食い止められるよ!程度のこと。
 だから、15年間だけ保障が必要な方は、この保険でもいいですけど、それ以上の期間をお望みなら、満期が来る時点で、新たに保険に加入しなくてはいけませんよね?
私は、目先の保険料のことを考えるのではなくこの先30年40年後のことを考えると、トータルで計算して、今の保険に保険料を払っていく方が実質的に損する可能性高いと思うからです。
 15年満期後には年齢的に保険料は高くなります。15年後新たに加入する保険の保険料を払うより、今新しく若いうちに加入して安い保険料を払っていった方が、解約金が目減りするよりも得だと思うからです。
 また、もしかしたら病気しているかも知れない(10年の間で)可能性があるというリスクもあるわけです。
 しかも、5年前の養老保険の金利なんてたいしてよくないと思うし・・・。

2について
takatann0104さんが希望している保障が備わっている保険なら、どこでも良いと思いますよ。個人的な意見を言わせてもらうなら、私、アフラック嫌いです。CM流しすぎで、保険料が無駄!とかって思っちゃうから。(笑)
しかも、他の質問にもありましたが、画期的な医療保険ではありません。
他社でおんなじ様な保険一杯売ってますしね・・・。
それと、私は、ソニー好きなので、多分ソニーを選ぶでしょう(笑)でも・・
sureは、払い込み方法が・・・ちょっと気になります。
10年更新か、80歳まで期間で短期払い。う~ん。もっと選択肢がある医療保険のほうがいいかなぁ・・・と。

3について
26歳未婚。私とまったく同じです(笑)
私も、同様に保険は夫婦別々に持ちたいです。

定期保険、これって期間を決めて死亡保障が必要な人が加入します。
保険金をとなる期間まで残したいとお思いの方いらっしゃるのであれば
定期保険でもいいとは思うのですが・・・
どちらかというと終身保険のほうがお好み&必要とおもっていらっしゃるのかな?
低金利で損。いわゆるインフレリスクも考えてるってことですね。
なら、変額終身保険なんていいんじゃないですか?
または、変額定期保険!
両方ともソニー生命で扱っていますから、1度聞いてみるといいかもしれません。
また、変額終身保険なら、スカンディア生命もお勧め!
私が1番好きな会社です。

未婚と既婚
専業主婦なら、あんまり関係ないですね。
ただ、ご自身のお給料で生活をしている場合はこの限りではないですね。
それと、妊娠出産も大きくかかわってきます。
もう、子供要らないと思っている主婦と、これから子供作るぞと思っている主婦でも違いますよね。
逆に子供が小さいと、自分が入院したときのベビーシッター代ぐらいは
まかないたいとかって思うことも。まぁ、人ぞれぞれですね!

オリックス
期間中は保険料上がりませんね。
更新時あがります。

とざっとですが、こんな感じです。
個人的見解がおおいので、誤解を生じさせてしまうかもしてませんが、
お役に立てば幸いです。

1について

今解約すると損というのは、養老保険が50万円ありますよね。貯蓄型の保険は、早くやめるほど、解約金の目減りが多いということです。そこだけの貯蓄性を見ると、早く解約しちゃうほうが損でしょうね。
それと、まぁ、残り10年間だけですけど、保障がある。5年前の今より若いときに加入したんですから、今同じのに加入するよりは安いし・・・ってこと。
例えば、今辞めると30000円の損だけど、満期まで持っておくと、3000円の損で食い止められるよ!程度のこと。
 だから、15年間...続きを読む

Q死亡保障、掛け金の安いものを探しています。変額保険?

変額保険が、掛け金も安いことから、現在考えています。
ソニーがお勧めと聞いて、ネットで見て見たんですが、どうも今一わかりません。
8つの中から選ぶのも何を選んだらいいのか・・・
解約するつもりはないので、ソニーのものでもいいのですが
他に掛け金が安いところがあれば教えて下さい。

夫37歳、300~500万円の死亡保障 妻28歳、200~300万の死亡保障と考えています。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。保険代理店のおやじです。
終身保険をお考えであれば、ソニーの変額保険(終身型)が間違いなく一番安いです。
保障期間が終身、払込みは60歳くらいまでに終わるものが良いと思います。因みにその条件で保険料は、ご主人(37歳)300万円で月6,510円、500万円で10,750円。奥様(28歳)300万円で月6,335円、500万円で3,861円です。
特別勘定はどれを選んだら良いか迷うところですが、私が最近お客様にお勧めしているのは、株式35%、債券15%、世界株式30%、世界債券20%のポートフォリオです。
私の200人近いお客様の運用実績を見ますと、もちろん加入時期にもよるのですが、最近のNYダウの値上がり、円安傾向で、世界株の運用実績がとても良いです。しかし、長い目で見るとやはり分散投資が良いと思いますので、取り敢えず上のようなポートフォリオを組んで、後は放っておけば良いのではないでしょうか。
インターネットサービスを申し込んでおけば何時でも好きな時に特別勘定の変更は可能ですので、取り敢えず世界株100%で後から変更するということも考えられます。
ご参考にしていただければ幸いです。

こんにちは。保険代理店のおやじです。
終身保険をお考えであれば、ソニーの変額保険(終身型)が間違いなく一番安いです。
保障期間が終身、払込みは60歳くらいまでに終わるものが良いと思います。因みにその条件で保険料は、ご主人(37歳)300万円で月6,510円、500万円で10,750円。奥様(28歳)300万円で月6,335円、500万円で3,861円です。
特別勘定はどれを選んだら良いか迷うところですが、私が最近お客様にお勧めしているのは、株式35%、債券15%、世界株式30%、世界債券20%のポートフォリオです。
私の20...続きを読む

Q現在、日本生命(生きる力)にて10年ほど契約をしておりまして近々解約の

現在、日本生命(生きる力)にて10年ほど契約をしておりまして近々解約の予定です。
毎月8000円ほどを入金していまして、いくらか解約金がくると言われました
保険の方とはプライベートでも仲が良いため金額の詳細まで詳しく聞き出せません。

詳しいことが分かる方がいましたらお願いいたします。

Aベストアンサー

残念ながら、解約金には期待しないほうがいいことを一番にお伝えしておかねばなりません。なぜなら、生前給付金重視の医療保険だからです。そのため、貸付を受けることはできません。貸付金がありませんので、貸付金から解約金を判断することはできません。証券に経過年数による解約返戻金が記載されていますので、10年の数字を確認されるとよいと思います。また、一年に一度ご契約内容の封書が届いていると思いますので、そちらに配当金関係の情報が記載されていると思いますが、たぶん配当金は無いか、あったとしても、微々たるものだと思います。いずれにせよ、まとまったお金を期待しないことを重ねて申し上げておきます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報