国際規格のASTMとDINでのテスト結果の数値の換算の計算方法を教えてください。
存在するのかわかりませんが、どなたかマニアな方見出していないでしょうか?
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ASTM:アメリカ材料試験協会規格


DIN: ドイツ規格
前者は団体規格、後者は国家規格になります。
それぞれに広範囲の標準規格ですので、一般的に単位系は、それぞれ国際規格のSI単位を使用していると思います。

質問には、単位系が示されておりませんが、熱伝導率について、多く使用されると思われるものを下に記載しておきます。
ただし、それぞれの規格で以下の単位が使用されているかどうかは、確認しておりません。
カロリー毎センチメートル毎秒毎度:cal/(cm・sec・℃)
ワット毎メートル毎ケルビン   :W/(m・K)
 換算率            :418.605
    • good
    • 0

何の規格の、何に対するテスト結果ですか?ASTMやDIN規格といっても山ほどあるので、これがわからないと回答がつかないと思いますよ。

この回答への補足

投稿ありがとうございます。
知りたいのは「熱伝導率」のテスト結果です。
これで分かるのでしょうか?
宜しくお願いします。

補足日時:2001/10/05 13:01
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q二酸化炭素排出量 単位 t-co2 t

地球温暖化について調べていると、二酸化炭素排出量の単位が「t」と書かれているときと「t-co2」と書かれているときがあります。このtとt-co2の違いは何なのでしょうか?
例えば二酸化炭素排出量が20tと20t-co2だったら両者の重さは同じと考えて良いんでしょうか?

Aベストアンサー

「二酸化炭素」の排出量であれば、20tと20t-CO2 は同じです。(COは大文字、2は下付)
しかし、純粋な炭素量で表わす場合も多いので、間違いが無いように内容を付けています。

なお、日本では t(トン)を多用しますが、国際的には Gg(ギガグラム)が標準。

UNFCCCへのNational Greenhouse Gas Inventory Report で求められている温室効果ガスの
単位は、Gg-CH4、Gg-N2O、Gg-CO2eq などと書きます。(数字は下付)、
Gg-CO2eq は「二酸化炭素換算」です。

QASTM規格について

ASTM規格「ASTM D1925:Standard Test Method for Yellowness Index of Plastics」について調べています。

3.Terminology中の
"water-whiteness"をどう訳してよいのか分かりません。
直訳すると、「水白さ」となってしまい、変な日本語になってしまいます。
また、感覚的に「水色」と訳せなくはないのですが、通常、「水色」は「lightblue」ですので、あえてwater-whitenessとしている理由が分かりません。

yellowness - deviation in chroma from whiteness or water-whiteness in the dominant wavelength range from 570 to 580 nm.

Aベストアンサー

No1です。

Yellownessとは、「黄変度」または「黄色度」のことであっていますか?
日本で対応するJIS規格 JIS K 7373を見ると、無色、または半透明白色、不透明白色のことを基準としているようなので、
この場合、水という言及は不要で、「白色」または「無色」とすれば、いいのではないでしょうか。

Q株価の時価総額の単位 T Bって何ですか?

株価の時価総額の単位 T Bって何ですか?

Aベストアンサー

T(rillion): 1兆円, トヨタ自動車の時価総額20.8T
B(illion): 10億円

Q流量計の数値を大気圧換算したいのですが。(再質問)

回答がないのでもう一度お願いします。
窒素用の流量計を使用しているのですが、ゲージに
0.3Mpa/20℃と表示されています。
しかし、窒素発生装置には大気圧換算での流量しか
記載されていません。
よって、現在使用している流量を大気圧換算したい
のですがどうしたよいでしょうか。
困っています、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

1の者です。

流量計のノルマル状態からの補正式だけがわかっても、補正係数がわからないと計算のしようがありませんから、流量計の製造メーカーに問い合わせるのがいちばん近道で、確実でしょう。
製造メーカがわからないような流量計では、補正しようが何をしようが、その測定結果が正しいという保障はいつまでたっても得られません。

Q(1)T=0Kにおいて、1、2,3次元の場合の単位長、単位面、単位体積

(1)T=0Kにおいて、1、2,3次元の場合の単位長、単位面、単位体積あたりの状態密度を求めよ。ただし、粒子の濃度をnとする。導出にあたっては各次元における自由電子の波動方程式を立て、解を導きだすこと。

(2)各次元についてフェルミエネルギーEfとエネルギーの平均値を求めよ。

という問題で、(1)はできたのですが、(2)の導出の仕方が分かりません。
様々なサイトを調べたのですがあまり理解が出来ませんでした。ご教授お願い致します。

Aベストアンサー

すいません再計算したら3/5Efでした。(今度こそ合ってると思います。)
それから書き忘れてましたが、εDを0~Efで積分した後、電子の濃度nで割ってください。そうしないと電子1つあたりのエネルギーになりません。

Q滑車の問題です。(期末テストにでそう)どなたかよろしくおねがいします。

滑車にロープ(質量無視)を掛け、一端にMkgのおもりをさげ、他端を支えて静止させる。この支えを取り除いてからT秒後にMkgの人がロープの端をつかむ。その後の、おもり及び人の運動は?
 運動量保存則は成り立つんでしょうか、また撃力とやらを考えるんでしょうか?

Aベストアンサー

重箱の隅をつつきますと

重力加速度をgとし
ロープの張力をF(t)とし
「人の重心」の床からの高さをx(t)とし
「重りの重心」の床からの高さをy(t)とし
人がロープをつかみ浮かび始めた時間を0とし
人がロープを完全にグリップした時間をε(>0)としたとき
0<tにおいて人の運動は
M・x"(t)=F(t)-M・gに従い
0<tにおいて重りの運動は
M・y"(t)=F(t)-M・gに従う
すなわち
0<tにおいてx"(t)=y"(t)
従ってx'(ε)-x'(0)=y'(ε)-y'(0)
またε<tにおいてはx'(t)+y'(t)=0(グリップ条件)であるから
x'(ε)+y'(ε)=0であり
またε<tにおいてはx'(t)+y'(t)=0よりx"(t)+y"(t)=0であるから
x"(t)=0である
従ってx'(ε)=(x'(0)-y'(0))/2
ε<tならばx"(t)=0であるからx'(t)は一定であり
ε<tならばx'(t)=x'(ε)=(x'(0)-y'(0))/2

0<t<εの間は手がロープを滑っていても手を伸ばしていてもよい
ε<tではグリップしているのだから手はロープを滑っていない(またこのときには手を引いたり伸ばしたりしてはならない)

もしロープに張力が働き始めてから人が浮遊するまでの時間が非常に短くその時点の重りの速さを-g・Tとすれば
x'(0)=0かつy'(0)=-g・Tとみなせるので
ε<tならばx'(t)=g・T/2 (一定)
さらにεが非常に小さいときには人の速さは0から瞬間的にg・T/2となり重りはg・Tからg・T/2となるが前にも言ったように時間を拡大すれば速さは連続に変化する事がわかる

重箱の隅をつつきますと

重力加速度をgとし
ロープの張力をF(t)とし
「人の重心」の床からの高さをx(t)とし
「重りの重心」の床からの高さをy(t)とし
人がロープをつかみ浮かび始めた時間を0とし
人がロープを完全にグリップした時間をε(>0)としたとき
0<tにおいて人の運動は
M・x"(t)=F(t)-M・gに従い
0<tにおいて重りの運動は
M・y"(t)=F(t)-M・gに従う
すなわち
0<tにおいてx"(t)=y"(t)
従ってx'(ε)-x'(0)=y'(ε)-y'(0)
またε<tにおいてはx'(t)+y'(t)=0(グリップ条件)であるか...続きを読む

Q電流の瞬時値のグラフを書きたいんですが、周期T、角周波数ω、位相角θの秒単位を教えてください。

式が与えられている電流の瞬時値iの周期と、位相角θを時間単位での出し方を教えてください。

I=5.2+j4.3 A
∴i=√2*6.75 sin(ωt+0.22π) A

この式からグラフを書きたいんですが、周期[s]と位相角θ[s]とω[rad/s]が分からないので出し方を教えてください。

Aベストアンサー

その電流の値から周波数を求めることは不可能です. なぜなら, それは「電流の大きさ」と「ある基準からの位相差」しか与えてくれないからです.
そんな値がどこからともなく出てくるはずはありませんから, 何らかの回路を考えているはずですよね. その回路が線形回路であれば, 「基準」(交流電流かもしれませんし交流電圧かもしれません) の周波数をそのまま使うことができます (線形回路に正弦波を入れると, 電流や電圧の周波数は変化しません).

QASME規格とJIS規格

ASME規格のSA-738の材料規格についてご存じの方いらっしゃれば教えて下さい。成分や機械的性質等々はどのようなものなのでしょうか?
また、対応するJIS規格材はあるのでしょうか?
調べてみたところ圧力容器用の材料の材料のようですが、それ以上の事は判りませんでした。詳しい方いらっしゃれば教えて下さい。

Aベストアンサー

ASME SA-738はASTM A738と同じ物のようですね。

A738はJISではSPV315、450が類似材になるようです。
http://www.jsw.co.jp/product/material/clad/clad_03.html

Q陽子や電子の磁気双極子モーメントの単位

磁気双極子モーメントの単位は「Wb・m」だと思うのですが、陽子や電子が持っている磁気双極子モーメントの単位が「J/T」になるのな何故でしょうか?

単位を変換してゆくと、「Wb・m=J/T」となるのでしょうか?

Aベストアンサー

以下、SI単位系で考えます。

> 単位を変換してゆくと、「Wb・m=J/T」となるのでしょうか?

なりません。
MKSA[m,kg,s,A]で表示すれば

 [Wb・m]=[m^3・kg/(s^2・A)]
 [J/T] =[A・m^2]

となります。
[Wb・m]と[J/T]は別の次元を持つ単位であることがご理解いただけると思います。


> 磁気双極子モーメントの単位は「Wb・m」だと思うのですが、
> 陽子や電子が持っている磁気双極子モーメントの単位が「J/T」になるのな何故でしょうか?

以下、
 磁束密度:B
 磁場:H
 真空の透磁率:μ0
としますが、
同じSI単位系でも
磁化M(=単位体積あたりの磁気モーメント)を

M=B-μ0・H

と定義する流儀、つまりBとHの関係を

B=μ0・H+M

と表示する流儀(EH対応)と、
Mを

M=B/μ0-H

と定義する流儀、つまりBとHの関係を

B=μ0・(H+M)

と表示する流儀(EB対応)があります。


EH対応で定義されたMはBと同じ次元を持ち、単位は[Wb/m^2]です。
一方、
EB対応で定義されたMはHと同じ次元を持ち、単位は[A/m]です。
ですので、それぞれの流儀での磁気モーメントの単位は(それぞれ[m^3]を掛けて)

EH対応で定義された磁気モーメントは[Wb・m]を単位として持ちます。
EB対応で定義された磁気モーメントは[A・m^2]=[J/T]を単位として持ちます。

テキストが「EH対応」か「EB対応」かどちらの流儀で磁化Mを定義したかにより
磁気モーメントの単位は変わります。
どちらの流儀が使われているのかは、質問者しか知り得ませんので
ご自分でテキストを最初から追って確認してください。

つまり、EH対応を採用しているテキストで磁気モーメントの単位を
[J/T]としているなら誤植ですが、
EB対応を採用しているテキストで磁気モーメントの単位が
[J/T]となっているのであれば誤植ではありません。


あと、蛇足ですが、
今回の質問のように厳密な定義や関連する知識が必要とされる問題を
インターネット上の情報のみに頼って解決することはお奨めしません。

理化学辞典(岩波書店刊)
http://www.amazon.co.jp/dp/4000800906
など、しっかりした成書で調べることをお奨めします。

理化学辞典であれば
付録のページの「5 電磁気的諸量の換算表・次元」の表を見れば
[Wb・m]と[J/T]が別の次元を持つことは数秒で解決できたはずですし、
「磁気モーメント」の項目を引けば、
「単位はEH対応でWb・m,EB対応でA・m^2である。」
と書いてありますし、さらに「電磁気の単位系」の項目を参照すべし、
と矢印がついていますので「電磁気の単位系」の項目を引けば、
「磁化Mを磁束密度Bと同じ次元にとるEH対応単位系と,Mを磁場Hと同じ次元にとるEB対応単位系がある。」
と書いてありますので、
「なぜ単位が[Wb・m]だったり[J/T]だったりするのか?」
までを数分で解決できたはずです。
(さらに「磁化」の項目を参照すれば、もっと詳しく書いてあります。)

apllさんが、物理系または化学系の学生さんでしたら、
理化学辞典を購入して座右に備えることを強くお奨めします。

以下、SI単位系で考えます。

> 単位を変換してゆくと、「Wb・m=J/T」となるのでしょうか?

なりません。
MKSA[m,kg,s,A]で表示すれば

 [Wb・m]=[m^3・kg/(s^2・A)]
 [J/T] =[A・m^2]

となります。
[Wb・m]と[J/T]は別の次元を持つ単位であることがご理解いただけると思います。


> 磁気双極子モーメントの単位は「Wb・m」だと思うのですが、
> 陽子や電子が持っている磁気双極子モーメントの単位が「J/T」になるのな何故でしょうか?

以下、
 磁束密度:B
 磁場:H
 真空の透磁...続きを読む

Qもすぐ大学の初めてのテストですが理科のテストの記述について勝手がよく分

もすぐ大学の初めてのテストですが理科のテストの記述について勝手がよく分かりません。
どこから記述内で当たり前のこととして用いてよいのでしょうか?
数学であれば「●●の定理より~」と書きやすいものですが、化学と物理のテキストでは式に番号が振ってあるだけで、教科書の章末問題の回答も、「式(番号)より~」となっていて、分かりやすいかもしれませんが、記述の参考になりません。
いちいち運動方程式から導いたりしたりしなきゃいけないんでしょうか^^;

Aベストアンサー

>>いちいち運動方程式から導いたりしたりしなきゃいけないんでしょうか^^;
 その部分こそが物理(力学)であって、方程式を立て終わったらあとは数学です。

化学も、与えられた条件を数式化した後は、単純に数学になると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報