NTT東日本のページで、フレッツADSLの申し込みをしました。

すると、すぐに「フレッツ・ADSL申込登録のご連絡」というメールが来ました。
その中に
>本サービスの提供前に、お客様のご要望により、有料にて
>回線の速度測定、提供可否確認を行うことができます。
と書いてあったのですが、
それは値段はいくらでどのようなことをするのでしょうか。

NTTに直接電話で聞いてもかまわないんですが、
多分、私のような予備知識がない者が、電話で言葉だけで説明されても
わからないんじゃないかなあ、と思います。


下記にも同様のことが書いてあります。

http://www.ntt-east.co.jp/flets/
「フレッツADSL」「サービス内容」「ご利用のための必要条件」「提供条件」「その他」より。
>(7) 本サービスの提供前にお客様のご要望により、有料にて回線の速度測定・提供可否確認を行うことができます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私はNTT直接でなく、プロバイダ経由でNTT西日本のフレッツADSLに申し込みました。

NTTからコンサルティングの電話があって工事日を決め、その後は工事日に完了の通知電話があっただけです。自宅の工事はなかったので速度測定はやってもらっていません。

基本的には、工事前に回線の距離などによる損失から、大丈夫そうか、問題がありそうか、まったくダメそうか、はNTTの回線調査でわかるはずです。ただ、ADSLは微妙なもので、実際にやってみないとわからない部分もありますから、速度が出なければ止めるつもりの場合や局から遠くて問題がありそうな場合はあらかじめ調査してもらう意味はあるかもしれません。でも、普通は有料でやってもらうほどの必要性はないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりました。
あまり気にしなくていいのかもしれません。

(7:33 01/10/08)

お礼日時:2001/10/08 07:36

たぶん、以下のようなことじゃないかと思います。



サービスを提供できるかどうかは基本的に申し込みをしないと詳しい調査、すなわちサービス提供の可否、速度の実地調査などはしないようなことを言われました。

で、申し込んだ後回線の調査を行い、問題がなければ工事に着手します。工事が完了すると実際に訪問して回線試験で正式な速度測定をして確認していきます。

NTTからは、工事費の中に回線試験の費用も含まれてるという説明だったように記憶してます。なにせバタバタしてる時に電話でやりとりしたんで(汗)

というわけで、本申込をしない場合に回線試験だけを別に有料で行うものじゃないでしょうか。

回線調整工事費というのは、おっしゃるとおり伝送速度を改善する工事です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりました。
ありがとうございました。

>回線調整工事費というのは、おっしゃるとおり伝送速度を改善する工事です。
これは、回線試験とは別のものなんですね。

書き込み 7:29 01/10/08

お礼日時:2001/10/08 07:34

/( .― .)\ はて?



http://www.ntt-east.co.jp/flets/

「フレッツADSL」→「料金」の中に「回線調整工事費」というのがありましたけど…

それによると、
基本工事費 4,500円
回線調整に関する加算額 注5) 6,900円
回線収容替え工事費 9,600円
ブリッジタップ外し工事費 10,800円
保安器変更工事費 2,800円

だそうです。

この回答への補足

同じ場所をごらんになっているのか、わからないのですが、、、、

>回線調整工事費に関しては、加入者回線区間において伝送速度が低下した場合などにお客様からのご要望に基づいて実施するものです。

という説明から、
私は、
「回線調整工事費」というのは伝送速度が低下した場合のもので、
事前の調査はそれとは別のものだと思っていました。(^^;
すみません。

補足日時:2001/10/07 01:11
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QフレッツADSLとISPの提供するADSLの違いは?

まず、フレッツADSLとADSLの違いが何か教えて頂けないでしょうか?

フレッツADSLの利用料金は3,800円なのに対し、
Yahoo!BBではADSL使用料が980円となっていますが、
このADSLとはフレッツADSLとどう違うのでしょう?
またどうして、値段が違うのでしょう?

他のスレッドを読むと、Yahoo!BBは通信料がかからないと
書かれていました。が、フレッツADSLは3,800円も支払って
ISPまでの接続料しかまかなえないのに、なぜYahoo!BBでは
全てまかなってフレッツADSLより安いのでしょうか?

NTTのADSLサービスより、ISPのADSL接続サービスの方が
安くなっているのが不思議で仕方ありません。
初心者な質問ですが、どこを調べてもそのことが書いていないので
どうかよろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

おはようございます、jixyoji-と申しますm(._.)m。

ADSLに関して詳しく書いてるHPがあるので参考までに御覧ください。

「ADSL FAQブロードバンド初心者編」
http://www.tky.3web.ne.jp/~morimoko/adslindex.htm

●フレッツADSLとADSLの違いが何か教えて頂けないでしょうか?

「フレッツADSL」は、ADSL接続サービスはNTT東西が用意し、各ISPがインターネットへの接続を用意する形になります。
料金や初期の接続に特徴があり、「フレッツADSL」料金はNTT東西から、インターネット接続料金は各ISPからの請求となる。NTTがADSLモデムの設置までは行うが、ISPとの契約やモデムの接続設定はユーザー側で行う。そのため、窓口は一本化されていない。
ですが対応しているISPの数が多いのはありがたいです(●^o^●)。

●フレッツADSLの利用料金は3,800円なのに対し、Yahoo!BBではADSL使用料が980円となっていますが、このADSLとはフレッツADSLとどう違うのでしょう?またどうして、値段が違うのでしょう?

まず厳密に言うと「yahoo!BB」の月額料金は\980-ではありません。下記のようになります。

「yahoo!BB」
http://bb.yahoo.co.jp/

月額料金
ADSL                \990-
ISP                 \1,290-
モデム・スプリッタレンタル    \550-
月額合計              \2,830-

追加オプション
テクニカルサポートQ2ダイヤル 3分\150-

また「フレッツADSL」にしろ「yahoo!BB」にしろ、月額料金に「NTT基本仕様料金 \1,780-」が加わる事も忘れてはいけません。これは毎月電話加入者当てに請求されるNTT東西からの「請求書」を御覧いただければわかります。
「yahoo!BB」などの独自プロバイダー型は、ADSLサービス会社がインターネット接続プロバイダー(ISP)も兼ねているため、契約や料金支払いなどの窓口が一本化されていて、ユーザーにとって利便性が高い。提供するサービスが多様で独自性があり、価格が安い、速度が速い、などの特徴があるケースも多い。その半面、独自プロバイダー型の業者は、サービスをADSLに集中しており、ISDNやアナログモデム、一般環境からの接続サービスを行っていないことが多い。
「yahoo! BB」は独自プロバイダ型であり、リモートアクセスについても準備を進めている。
 
●他のスレッドを読むと、Yahoo!BBは通信料がかからないと書かれていました。が、フレッツADSLは3,800円も支払ってISPまでの接続料しかまかなえないのに、なぜYahoo!BBでは全てまかなってフレッツADSLより安いのでしょうか?

上記で述べたように「yahoo!BB」はADSLに特化し、「フレッツADSL」だけでなく「フレッツISDN」,「マイライン」,「光ファイバー」など多くを提供してるNTT東西に比べランニングコストを低くできます。ましてやNTT東西はADSLと干渉を引き起こしやすいISDNをサービスしてる為、干渉がおき難い「Annex C type」で提供しないといけません。ちなみに「yahoo!BB」はISDNと干渉しやすい「Annex A type」なので先行きが懸念されてはいます(・_・;)。

後根本的になぜフレッツADSLの月額料金が高い理由に、NTT東西の人員が多すぎ(2001年3月末で11,3万人,1979年のピーク時には32万8700人)、1985年中曽根内閣に民営化される前までNTT東西は「電電公社」と言う「元お役所」でありその当時まで「御役人」だった連中が未だに腐るほどNTT東西にいる為顧客に対して仕事をする感覚を持っていない、通信事業者であるにもかかわらず例えば「ベストエフォート」が何なのか「Annex A type」と「Annex C type」の違いもわからない、能力の無いただ無駄に給料をもらってる余剰人員(団塊世代の40代~50代)がいつまでも会社に未練がましく残り低価格でサービスできない、旧郵政省(現総務省)からのキャリア官僚の天下りが多すぎて顧客により良いサービスができない・しようともしない、NTT東西の株式の約50%を未だに政府が保有していて民間企業でなくむしろ第3セクター(半民半官)に近い、NTT法により外国資本はNTTの株式取得を最大20%まで制限してるので規制が強く柔軟に動けない、etcなどが低価格競争に遅れをとってる理由ですね┐('~`;)┌。
小泉内閣の経済財政政策担当大臣“竹中平蔵”氏はNTT東西を完全に分割する方向で聖域なき構造改革をしようとしてますが、自民党最大派閥橋本派にいる郵政族の族議員(いわゆる抵抗勢力)や政治家すら動かすNTT労組の抵抗でどこまで改革が進むかによってNTT東西がサービスしてる「フレッツシリーズ」の価格が変動するでしょう(・・;。
その他詳細なNTTの情報は下記過去ログ参考URLを見てください(●^o^●)。

それではより良い理解が深まる事を願いますm(__)mペコ。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=78828

おはようございます、jixyoji-と申しますm(._.)m。

ADSLに関して詳しく書いてるHPがあるので参考までに御覧ください。

「ADSL FAQブロードバンド初心者編」
http://www.tky.3web.ne.jp/~morimoko/adslindex.htm

●フレッツADSLとADSLの違いが何か教えて頂けないでしょうか?

「フレッツADSL」は、ADSL接続サービスはNTT東西が用意し、各ISPがインターネットへの接続を用意する形になります。
料金や初期の接続に特徴があり、「フレッツADSL」料金はNTT東西から...続きを読む

QADSL接続サービスとフレッツ・ADSL

「ADSL接続サービス」と「フレッツ・ADSL」。
NTTとADSL接続サービス会社がADSLの設備をお互いにどこまで提供しているか、と言った違いであるであることはわかります。
しかし、プロバイダの中にはこの両方のサービスを提供している会社もあるみたいなんですが、どっちを選ぶかによって出てくるメリット・デメリットはなんですか?
料金はフレッツのほうが高くつくようなんですが。。

Aベストアンサー

NTT
メリット:ブランドイメージ、信頼性、住所変更に有利
デメリット:高価、対応が悪い、光に走る傾向あり

民間会社
メリット:安い、小回りが効く
デメリット:サービスエリアが限定(?)

やはりNTTは官僚体質を引きずっているのでしょうか。

Qocn adslサービスAとocn adslアクセス「フレッツ」プランの違いは?

OCNのADSLサービスAとフレッツプランは何が違いますか?ホームページで読んでみたのですがいまいちわかりません。料金はどちらが得か、使用状況はどっちの方がいい等色々と比較して教えてください。また私は今ISDNなのですがADSLに変えるともろもろの費用を含めどれ位になるのでしょうか?

Aベストアンサー

フレッツは、ADSL回線はNTTで、接続業者がOCNです。
Aは、ADSL回線はACCA(アッカ)で、接続業者がOCNです。
フレッツの場合は、NTTとOCNそれぞれに料金を納めますが、
OCN(A)の場合は、料金はOCNに納めます。

(料金の比較です)

OCNアッカ(12M)の場合は、
通常料金  マイラインセット割引   モデムレンタル費用   NTT西日本回線使用料   合計/月
3580円 →  2970円          500円           173円          3643円

フレッツADSLモアにすると、
通常料金   マイラインセット割引   モデムレンタル費用   プロバイダ(OCN)    合計/月
3200円 →   2880円          550円         2000円         5430円

デジタルからアナログへの工事費が、3000円だと思います、
116で、お尋ねになられたら、良いかと思います。

QOCN ADSLアクセス(フレッツプラン)とOCN ADSLサービス(A)

表題の二つのサービスのそれぞれのメリット・デメリットを教えて下さい。
フレッツプランだとNTTとOCNの両方それぞれに手続きを行わなければならないが、ADSLサービス(A)だとOCNにのみ手続きをすればOKということだと思うので、事務手続きが煩雑か簡単か、ということになるのでしょうが、他には何かありますか?

気になる点は
1.接続料金とプロバイダの料金の差は?
2.サポート
3.レンタルモデムの価格やタイプやスペック


よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんわ、jixyoji-と申しますσ(^^)。

まずは下記HPでADSLの概要を掴みましょう。

「ADSL FAQブロードバンド初心者編」
http://www.tky.3web.ne.jp/~morimoko/adslindex.htm

●接続料金とプロバイダの料金の差は?

下記サイトでADSLの月額総合系料金の比較ができるので活用してみると良いでしょう。

「\価格.com ブロードバンド\」
http://www.kakaku.com/bb/

フレッツADSLは高すぎて論外。しかもYouyouさんが下り12Mbpsサービスを導入することを前提に考えるとフレッツADSLは下り12Mbpsサービス導入が遅れています。

●サポート

「eAccess」
http://www.eaccess.net/jp/

下記非公式掲示板でeAccessユーザーの感想など見れますので活用してください。

「eAsy - eAccess is sweetie for you」
http://www.dearest.net/easy/

●レンタルモデムの価格やタイプやスペック

気にする必要はないと思われます。とりあえず来年春にはADSLは下り16Mbpsサービスを開始する予定があるので下り12Mbpsサービス導入の際にはモデムはレンタルにしましょう。

それではより良いネット環境である事をm(._.)m。

こんばんわ、jixyoji-と申しますσ(^^)。

まずは下記HPでADSLの概要を掴みましょう。

「ADSL FAQブロードバンド初心者編」
http://www.tky.3web.ne.jp/~morimoko/adslindex.htm

●接続料金とプロバイダの料金の差は?

下記サイトでADSLの月額総合系料金の比較ができるので活用してみると良いでしょう。

「\価格.com ブロードバンド\」
http://www.kakaku.com/bb/

フレッツADSLは高すぎて論外。しかもYouyouさんが下り12Mbpsサービスを導入することを前提に考えるとフレッ...続きを読む

QフレッツADSL以外のサービス提供は,いつから?

フレッツADSL以外のサービス提供は,いつから?
当方,フレッツADSLにてサービスを受けをおりますが,

ソネット,OCN,YAHOOなどの
プロバイダー系のADSLサービの適用は対象外となっており

フレッツADSLサービスのみなのか??
NTT中継局社のスペースが無いため
もしくは,嫌がらせ何でしょうか
何方か,事情を知っている方教えて下さい。

Aベストアンサー

>しかし 人口密集地域でもあり・・・
でしたら設備投資が間に合わないだけでそのうちフレッツ以外のADSLサービスも開始するかもしれないですね。ただ各社の経営戦略もあり、サービスインする地域の優先順位が決められているのでしょう。

>この場合の採算性とは,他の地域に対して設備投資が大きいとか・・
>この地域古い地域で・・NTTの局舎も古い事から必要な設備導入が
>できないとかそういう事ですかね??

ADSLサービスを開始するにはNTTの局舎内にスプリッターなどの装置を設置し、そこからADSL業者のビルまで専用線を敷設する必要があります。
NTT局舎内に機器を置くための工事費、NTT局舎内に機器を置くわけですから局舎使用料がかかると思われます(一種のハウジングと同じ)。そして専用線の料金もかかります。
第一種電気通信事業者以外のADSL業者は自前の回線は保持しておりません。ACCA、So-net、Yahooだって自前回線は保持していません。ですから第一種事業者(NTT東西Com,TTNet,KDDI,日本テレコム等)や、第一種業者の専用線を再販してる業者から回線をレンタルすることになり毎月回線使用料を払うことになります。これらと機器保守のための人件費等が必要経費となります。人口が多くてもADSL加入者が少なければ採算が取れません。
しかしyo-1576さんのエリアは人口が多いようですのでそのうちフレッツ以外も来ると思いますよ(憶測ですが)。ただ、儲かる地域からサービス開始するのが商売ですので待つしかないですね。
いつ来るかなんてその業者の社内の人間しかわかりませんよ(^^;
(2~3ヶ月以内なら一般公開しますが、それ以降の計画はきっと教えてくれません)

さて、ADSL業者がNTT局舎内に置く機器に関してはそんなに大掛かりなものではないので設置時に大きな障害はでないと思われます。
ただし局舎内のNTT所有の装置が古いとADSLに対応できないようです。yo-1576さんのエリアはフレッツが開通してるならこの装置は新しくなってると思われます。

それよりも専用線がひけるかどうかが問題です。
専用線は光ファイバーを使用します。第一種業者がその他の業者(So-net等)に専用線を提供しますが、第一種業者が専用線の新設に対して採算が取れないと判断した地域には専用線を敷設しません。専用線を敷設するには第一種業者の局舎からADSL業者の機器設置場所(NTTの回線収容局内)まで新たに光ファイバーを敷設します。(既に敷設してあれば問題ないです)
敷設には多大なお金と時間がかかります。敷設人件費、電柱新設費、電柱レンタル費…
さて光ファイバーを敷設する際には1本だけではなく、そのエリアでの将来の需要を予測して予め多くのファイバーを敷設します。ADSL業者の機器設置場所の近隣で専用線を使ってくれる企業があれば新設した光ファイバーを共用することができます。
しかし、そのような企業がない場合は専用線敷設に対して採算がとれない可能性があります。そうなるとADSL業者は専用線が使えないのでADSLサービスは提供できなくなります。

長くなってしまいましたがこんな感じです。(わかりにくかったかもしれません)

>しかし 人口密集地域でもあり・・・
でしたら設備投資が間に合わないだけでそのうちフレッツ以外のADSLサービスも開始するかもしれないですね。ただ各社の経営戦略もあり、サービスインする地域の優先順位が決められているのでしょう。

>この場合の採算性とは,他の地域に対して設備投資が大きいとか・・
>この地域古い地域で・・NTTの局舎も古い事から必要な設備導入が
>できないとかそういう事ですかね??

ADSLサービスを開始するにはNTTの局舎内にスプリッターなどの装置を設置し、そこから...続きを読む


おすすめ情報