ウォッチ漫画『酒男子』新連載開始!

プライドが高いというけれど、プライドとは何に対するものなのでしょうか。
プライドの高さは男女差がありますか。また発現の仕方、第3者的にみたときに、どんな感じをうけますか。
実際解答下ったあなたは、自分自信プライドが高いと感じるか否かあわせて教えて下さい。
まとまりのない質問で申し訳ありません。高学歴はプライドが高いとある職能集団に属する友人の感想です。自分はプライドは高くないと思っていても、周囲にはそう思っていない人もいたりするのかという疑問です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

>プライドが高いというけれど、プライドとは何に対するものなのでしょうか。



自分に対して良い意味で持つなら、「矜持」のようなものだと思います。

他人に対して持つと、良くないプライドになりそうな気がします。比較するとキリがありません。
どちらが上か下かという話にもなってきそうです。

悪い意味で「プライドが高い」と言えば、高慢とか頑なとか、そんなイメージがあります。
こだわり。
「こだわり」は、元は悪い意味が強かったようですが、最近は良い意味でも使いますね。

>プライドの高さは男女差がありますか。

性別ではなく個人差でしょうが、傾向の違いはありそうな気がします。
ある意味で素直さに欠けるという意味では、男性のほうがプライドが高そうな気はしますが。


>また発現の仕方、第3者的にみたときに、どんな感じをうけますか。

静かな矜持や自尊心は立派なものだと思います。
インテリや技術のある人、なんらかの才能ある人の誇りは、「素晴らしい~、どんどんがんばってください」と思います

知識や技術や才能、自分が持っているものを鼻にかけている人、他人を見下す人には良い印象は持ちません。
不愉快ではありますが、滑稽だとも思います。

自分や自分の考えに固執しているような人だと、「もう少し周りの物事を受け入れればいいのに・・・」と思います。
元がいくら素晴らしい人物でも、だんだん視野や考えが狭くなっちゃいますから。進歩しにくいでしょう。


>自分はプライドは高くないと思っていても、周囲にはそう思っていない人もいたりするのかという疑問です。

それぞれの人が自分の基準で「高い」「低い」と判断しますので、相対的なものだと思います。
また、誰それと比較する場合でも、誰と比較するかによってどちらか高いか低いかは変わってきます。


>実際解答下ったあなたは、自分自信プライドが高いと感じるか否かあわせて

高いと感じるときもあるし、低いと感じるときもあります。
よく分かりません。自分は自己評価が不安定なのかもしれません。
それこそ、何に対して持つプライドなのか、どのようなプライドなのか、場合と捉え方によると思います。


人のプライドを認める、というお話がありましたが、プライドを認めるというか、他者をリスペクトするというのは必要なことだと思います。

ちなみに私は学歴は高くないです。だからどうというわけではありませんが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

7月に人生の転機があり、それを受け入れるのにほぼ2ヶ月を要しました、まったく受け入れているわけではないので・・・2ヶ月を経過したというところです。
尻切れで申し訳ないのですが、今回はとりあえずここで終了させていただきます。
ご解答をいただきありがとうございます。

お礼日時:2005/08/25 23:43

# 妙に自尊心が高い人とはまともに付き合うなということなんでしょうか。



仕事では、まともに付き合いますよ。仕事であれば、仕事の目的に対して合理的であることが正しいことです。自尊心とか虚栄心は関係ない。
虚栄心を満たすことが相手にとって実質的に重要な目的であって、それがぼくの鼻につくとしても、仕事の目的に矛盾しなければ、ぼくは全くかまいません。ぼくの感情なんて関係無い。虚栄心をくすぐると仕事が順調に進むのなら、コチョコチョくすぐります。
しかし、もし相手の虚栄心の発露が、仕事の目的に矛盾したり障害になったりするなら、それは排除します。鼻につくからではなくて、あくまで仕事の目的に矛盾したり障害になったりするからです。個人的な感情が全く仕事に関係しないとはいいませんけど、何か変だと思ったときに、それが間違っているか正しいかは、仕事の話であれば仕事自体の目的、必要であれば、何のためにその仕事をするのかという更に大元まで巻き戻って考えます。その一点さえ関係者が共有できていれば、対立する問題は譲歩なり止揚なりして解決できます。
仕事のことでは、ぼくは人間関係にあんまり困りません。まず第一に、ぼく自身が自分の好き嫌いで相手を差別しないです。業務執行能力で差別することはありますけど。

私的な人間関係は好き嫌いですから、ありきたりですけど、適当に折り合いをつけて付き合えばいいんじゃないでしょうか。おそらく日常的にそうしていると思います。
自尊心ということに限らず、付き合いたく無い要素の程度がひどければ疎遠になるでしょうし。しかしわざわざ絶縁を宣言することも無いと思いますし。


# この経験から考えると、相手のプライドを認められない人は接点をもてない人と考え、付き合わないか適当にかわすか、放っておけ、というように解釈してよいですか。

「この経験から考えると」の前後の文脈が、シニカルに相関しているように読めるのは、わざとでしょうか?(笑)
ぼくには、彼女があなたをほおっておいたのか、立てたのか、知る由もありませんが。

ぼくは人付き合いは上手じゃありませんから、お役に立てるようなアドバイスもありませんが、相手の自尊心とか虚栄心について価値観を共有できないからといって、そのことと関係の無い部分までひっくるめて卑下するようなことも無いと思います。人間誰しも、良い部分と悪い部分があるもんだと思いますから。ちょっと奇妙なこだわりを持った人、妙に神経質な人、ということと、変わらないような気がします。
きっと、言葉にして観念的な話をしているから、ありきたりなことしか書けないのだと思うのですが、周囲にプライドがプンプン鼻について我慢がならない人がいるのでしょうね。
ぼくは相場が好きなんですけど、現実の勝負事の世界では、東大卒とかハーバードの経営学MBAなんて、屁の突っ張りにもなりません。
相場で散財した社長さんとかお医者さんとか経済評論家さんとか、肩書が立派な人をたくさん知ってますけど、まったく関係無いです。
自尊心とか虚栄心というものは、負けているときによく発現しますね。人格のネガティブな部分が見えて、面白いです。
自尊心がある人は、自分の負けを認めることができると思います。虚栄心の強い人は、嘘をつく。自尊心も虚栄心も乏しい人は沈黙して、負けている事実から逃避すると思います。
    • good
    • 0

日本人は「プライドが高い」という言葉を悪い意味で使うことが多く、「自尊心が高い」も同じような意味に考えていますよね。



一方、アメリカでは"high self-esteem"(自尊心が高いこと)を好ましいもの、"low self-esteem"を好ましくないものとしてとらえており、日本の「プライドが高い」に該当する言葉はありません。

私見ですが、私は「プライドが高い」を他者を見下す気持ち、「自尊心が高い」を自分を否定しない気持ちだと定義しています。

その意味では、高学歴にプライドが高い人が多いのは、他者を見下す人が相対的に多いというところではよくないものだと思いますが、自分自身の過去のachievementに誇りをもつ意味では別に悪いものではないと思っています。
    • good
    • 0

プライドを考える(2)


自分の経験では相手の一番気に障るところ、いやなプライドだなあ、
と思うところは実は自分に同じ種類のものがあって、そこが、お互い
ツノとツノがぶつかるみたいにごつごつ感じるのですね。
よく、立ち向かう人の心は鏡なりっていうでしょ。
自己変革のヒントとして考えれば良いですね。
相手のプライドも可愛く感じることは多いですよ、「あっ、こんなことにこだわってるんだねって」感じです。自分がとんがってなければ相手の角もあまり刺さらないとおもいます。
嫉妬なども、自分の興味範囲だけしか反応しませんが同じ事ですね。
おそらく一つ一つの対象に関して、できるものですね。家柄の良し悪し、学業成績良し悪し、金持ち、貧乏、権力、趣味、容姿、顔、などなど。
皆さんがいやな思いをするのであれば、それはプライドというより
増上漫、慢心、と捉えたほうがより正解と思います。こちらは怖いですね。
相対的立場がどんどん上っていっちゃいますからね。立場が上だとよけいですね。
自分で気づきません。有る程度距離を取って付き合うしかありませんね。
なんせ見下されてますからまともな会話はできません。強行突破したら、二度と修復不可能なくらいの大ダメージですね。
やがていつか必ず反作用が起きますから、因果報応です。因果の理法は騙
せません、がらがら崩れ落ちてひっくり返り、
初心に戻ったとき、でしょうね。いろいろ聞いてくれるのは。
それまでは辛抱かな?
    • good
    • 0

>はなをつまみたくなるようなプライドに対してどのようにお考えですか。



うーん。鼻をつまみたくなるようなプライド・・・ですか。
具体的に人のプライドの高さなんて気にならない性格なもので
プライド不感症というのでしょうかねぇ。
犬でいうと、チワワが偉くプライド高いですよね。すぐにテリトリー犯した
とか言って(べつに言葉でそう言いませんが)噛み付いてきます。

そういう意味では、臆病で喧嘩早いやつとか、すぐに馬鹿にされたってムキ
になるヤツは「鼻をつまみたくなるようなプライド」なんですかねぇ

ちょと違うような気がしますが

さて
鼻をつまみたくなるようなプライド・・・

鼻をつまみたくなるようなプライド・・・

自分の辞書にないコンセプトです。
南麻布の一戸建てに住んで、麻布インターナショナルマーケット
とか、紀伊国屋でお買い物するような御婦人って、別に分相応
のプライドをお持ちであって鼻をつまむというほどでもなくて
ああ お幸せだなぁ。私もいつかはああなりたい。そう思うだけ。

某マンションショールームにいた若い担当者。
業務知識はないけどやけに見栄を張る。挙句のはてに大失敗
おまえ自信ないなら最初から大きな面して請け負うんじゃないよ
謙虚さがないやつは・・確かに鼻をつまみたくなるようなプライド・・・
かもしれんなぁ。
殴ってツバはきかけたいけど、自分もむかしそういうこ生意気な
時期があったからやめておきます。

さて
鼻をつまみたくなるようなプライド・・・

ですか

まあ私もこの歳になると別にだれが分不相応なプライドを
ひけらかそうと、オレには関係ないからって思いますけどね。
人生上手にわたるコツわかってないじゃん・・て思う。
というか、人間くだらないところに競争意識もやして、だれも
あんたのこと見てないよ・・・って言いたい人は確かに多い。
淋しいんだと思う。かまってくれる人が少ないんじゃないかってね。

オレは東大でているけど何か?
とかしらふで言った男は見たことないです。
オレは医者だけど何か?
というやつは時々いますけど、べつにひけらかして言っていないし

サラリーマンなんかだと、支社の部長が本社かえって来て
課長になったりすると、プライドが傷ついて、それからしばらく
して部長になったあとも誰かが間違えて「○○課長」とか
読んで「おれは部長だが何か?」と言ったりすると
確かにイタイなぁ。さて
鼻をつまみたくなるようなプライド・・・感じます。

ということで
さて
鼻をつまみたくなるようなプライド・・・
については どう思うかというと
 痛い。   それだけ。
    • good
    • 0

# ある場合は当事者として、または第三者としてプライドの高い人の言動に接したときにどのような気持ちを抱くか



プライドが高そうだと思う人というと、いま筆頭に上がるのはイチロー選手でしょうか。あとは、ボクシングの亀田とか。古いですが辰吉丈一郎とか。キックのマサトとか。卑近では寿司屋の頑固親父とか。
ぼくはそういう人、好きですよ。
自分に対して、誇りを持っている人は、たとえ発言が不遜であっても傲慢であっても、好きです。
家柄だとか学歴に対するプライドであってもいい。
プライドというものには、ぼくはポジティブなイメージがあります。極論ですがプライドが無い人とある人とで、どっちかと言うなら、プライドのある人の方がいい。


# ある場合は哀れみを感じるだろうし、

鼻についたり、嫉妬を感じることはあると思いますが、哀れみというものは、感じないように思います。
もしぼくが非常にくだらないと思うことを、誇りに思っている人がいると、単にバカだと思います。哀れみを感じるほど、ぼくは人格者じゃないようです。


# そのプライドが高い人に嫌悪感を抱くかもしれません。

妬みやそねみは嫌悪感でしょうね。
具体的ちょっと考えてみたんですが、普段そう感じてる人はいないです。幸いにしてというか、不幸にしてというか、周囲には俗っぽい人ばっかりがいるからかもしれません。
しかしたとえば、石橋財閥の関係者の方とか、北里柴三郎博士の曾孫さんだとか、面識がありますが、質素だったり腰が低かったり、人として高慢さは感じないです。そういう人だからぼくの相手をしてくれてるという可能性もありますが。
或いは、財務省のキャリアなんかと仕事で話をしてると、プライドはとことん高そうだと思いますけど、彼らはプライドがあるから、こっちの投げた直球にはひねくれた返し方はしてこないという信頼も持てます。いわゆる高級官僚といわれるような人でも、単に偉そうなだけのバカと、プライドの高い人がいますが、ちょっと喋れば区別できます。バカだと思う方の人は、きっとぼくも避けてるんでしょうね。


# またある場合には受けての問題でプライドが高い人が作られちゃうかもしれません・・・

勘違い君は、プライドの問題に限らず困りますね。
たとえば相場をやってると、ちょっと一千万円や二千万円儲かったからといって勘違い君になる人が、たくさんいます。相場だと、幸いにしてたいがいの場合は半年か一年もすると自然に口を慎むようになってくれるんですが。
勘違い君は、ぼくの考えているプライドの高い人、自分自身に誇りを持っている人とは、ぼくの中では別なものと考えてます。

長文のわりに何かまとまりが無い回答になりましたが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんとなく解答がつかめてきたようなきがします。
つまり、妙に自尊心が高い人とはまともに付き合うなということなんでしょうか。言葉を変えると、相手のプライドに理解がもてないような人のことです。
だいぶ昔、三木睦子さんのお手伝いをしたことがあります。彼女の趣味に関するお手伝いで、当時私の母よりもかなり年上でしたが、まだ初学者だった私を随分立ててくださったような気がします。あれって、私のプライドを尊重してくれたということ、その分野での可能性を認めて下さったということだと思えます。この経験から考えると、相手のプライドを認められない人は接点をもてない人と考え、付き合わないか適当にかわすか、放っておけ、というように解釈してよいですか。

お礼日時:2005/06/29 23:08

プライドというものが成り立つためには、まず、「この社会でどう生きることが偉いことなのか」という価値観があることが前提になる思います。

その価値観の「ものさし」で測ってみて、自分が結構いい線いってると思えれば高いプライドを持てるのではないでしょうか?また、「そんなことをするのは、オレのプライドが許さない」と言う場合も、やはりバックにある価値観から見て許せないのだと思います。

従って、各人のプライドの有り様を評価するには、そのバックにある価値観を評価すれば良いのだと思います。例えば、「学歴が高いこと」に価値を見出す人は、自分が東大博士課程を出ていればプライドが高いでしょうし、「学歴でではなく、稼いだ金だ」と考える人は、学歴があってもプライドは持てないと思います。

そして、重要なことは、この価値の「ものさし」は、自分を評価するだけでなく、同じ「ものさし」で他人をも評価することです。「金持ちが偉い」という価値観を持ている人は、自分が金持ちになってプライドを高く維持したいと考えると同時に、金持ちでない人を軽蔑することになるでしょう。「プライド」が一種いやらしい感じがする場合があるのはこのようなケースだと思います。

ただ、「プライド」は常に悪い方向に働くわけではなく、非常に建設的に働く場合も少なくないと思います。それは、価値観次第だからです。すなわち、もし、「社会に多く貢献できたものほど偉いのだ」という価値観を持てば、プライドの高さが社会にとって良い方向に働きますし、また、「社会に貢献」と考えなくても、サッカーでも、野球でも、役者でも「その道のトップに立つ」ことに価値を見出せば、世の中的にもプラスになる場合が多いと思います。両刃の剣といったところでしょうか。ですから、プライドのあまり高くない人というのは、価値観もあまりはっきりしないケースが多く、良い意味でも悪い意味でも社会的なインパクトは少ないのではないでしょうか。

男女差については、やはり価値観次第ですので、性別よりは個人別だと思います。ただ、より広く社会に貢献する方向に繋がる価値観を持つか、井戸端会議な小さい社会の中での評価をベースにした価値観を持つかなどについては、多少男女差が生じるかも知れないとは思いますが(ちょっと古い時代の印象かも知れません)。

最後に私自信のプライドですが、今、まさに価値観の転換期にあり、ややプライド喪失状態です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>自分が結構いい線いってると思えれば高いプライドを持てるのではないでしょうか?
アイデンティティの問題とかなり近いということでしょうか。
No.3の方が言うようにプライドをよろいにして守るのは、自分のアイデンティティとか立場だったりすると考えられるでしょうか。
学歴が高く収入多くても人を見下すような態度がない人との出会いが沢山ありました。その方たちは、自分のアイデンティティに揺るぎがないとの確信の下に生きているから、下らないプライドをひけらかさないのでしょうか。それとも、プライドの向け方が自分に向かっているのかな。
嫌なやつには
>「社会に多く貢献できたものほど偉いのだ」という価値観
に目を向けてもらうように仕向けて行けばよいのですね。

お礼日時:2005/06/28 08:29

>プライドが高いというけれど、プライドとは何に対するものなのでしょうか。



普通に「自尊心」という解釈で答えれば、プライドというのは、矜持つまり、自身の属性や
自身のよりどころ、自身の表象すべてに対する、それを誇らしく思う意識です。


>プライドの高さは男女差がありますか。
それは、哲学というより教育心理の問題かもしれませんね。
男のプライド、女のプライドなどというとほとんど恋愛論の世界ですね。
プライドの高さに男女の差はないでしょう。
女でも矜持心の強い方はいます。階級意識や上下関係に敏感な人や、
金銭欲や向上意欲の強さみたいなものが、プライドの差に現れるような気が
します。
ひごろ、地位や名誉や金銭に関心が強いと虚栄心も強くなります。
男性の自尊心は、もっと根源的な自分の存在価値のようなものにつながって
います。お笑い芸人にはお笑い芸人なりに、政治家には政治家なりに
銀行マンには銀行マンなりの矜持があります。
どれが高くてどれが低いという高低差ではなく、伸びている方向価値観の差です。


>また発現の仕方、第3者的にみたときに、どんな感じをうけますか。
プライドは発現したらダメ。下品。匂わせるもの。
あるいは、尊敬として第三者が賞賛すべきもので、本人がアピールしてどうなるっちうの。

>実際解答下ったあなたは、自分自信プライドが高いと感じるか否かあわせて教えて下さい。

高いですよ。教養も学歴も、年収も高い。背は低い。

>まとまりのない質問で申し訳ありません。
いえいえ。まとまりのあるお話です。

>高学歴はプライドが高いとある職能集団に属する友人の感想です。
受験勉強させられた恨みですよ。誰も楽して、いい大学はいってないですからね。

>自分はプライドは高くないと思っていても、周囲にはそう思っていない人もいたりするのかという疑問です。

プライドは卑屈・ねたみの反映でもあります。貧乏人からみたら金持ちはみな威張り腐っている
カネをひけらかす。くやしいからその表象であるベンツやエルメスを手に入れて一矢報いる。
プライドと虚栄心は似て非なるもの。
人にどう思われようと関係ないというのが本物の矜持。
虚栄心や競争意識は一時の満足。矜持は人生を支える柱。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>高いですよ。教養も学歴も、年収も高い。背は低い。
という立場の解答、貴重な後意見ありがとうございます。
私自身も、世間の人にはびっくりされることが多い学歴で、教養も高めです。年収はど貧民、背は高め。プライドが持てる人生にと考え、大学を受けなおしたのにもうほぼずたずたになってしまっています。
プライドを自尊心や衿持と考えれば解りやすいけれど、はなをつまみたくなるようなプライドに対してどのようにお考えですか。

お礼日時:2005/06/27 23:26

> プライドとは何に対するものなのでしょうか。



他人に対するもの。
他人と自分との比較に於いて、自覚している自分自身の価値。


> プライドの高さは男女差がありますか。

わかりません。
男性には男性の、女性には女性の、特有のプライドがあると思います。
量的にどちらがどう、というのは、わかりません。


> また発現の仕方、第3者的にみたときに、どんな感じをうけますか。

ご質問の意味がわかりませんでした。


> 実際解答下ったあなたは、自分自信プライドが高いと感じるか否かあわせて教えて下さい。

プライドの高い部分と、そうでない部分があると思います。
他人からプライドが高い人間だとは思われていないと、自分では思っています。


> 高学歴はプライドが高いとある職能集団に属する友人の感想です。

ぼくもそうだと思います。
社会一般に、高学歴は価値が高いと考えられていて、それを望んで難易度の高い学校に進学して、そのことを自覚しているのだと思います。


> 自分はプライドは高くないと思っていても、周囲にはそう思っていない人もいたりするのかという疑問です。

それはプライドだけの問題じゃないですね。
自己をどれぐらい客観視できているかということでしょう。
或いは周囲にはいろんな人ががいますから、さほどプライドの高く無い人に対してでもプライドが高いと思う人もいるでしょうし。
いろんな人がいるという意味では考えても仕方ない部分があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご解答をいただきありがとうございます。
> また発現の仕方、第3者的にみたときに、どんな感じをうけますか。
質問内容がうまく表現できずに失礼しました。具体的な例を出していただき、それに対して、ある場合は当事者として、または第三者としてプライドの滝人の言動に接したときにどのような気持ちを抱くかです。ある場合は哀れみを感じるだろうし、そのプライドが高い人に嫌悪感を抱くかもしれません。またある場合には受けての問題でプライドが高い人が作られちゃうかもしれません・・・

お礼日時:2005/06/27 23:05

プライドは良い意味とよくない意味と二通りありそうです。


慢心した人のプライドはどうしようもありませんね、ひっくりかえるまで誰も教えてくれませんし助けてくれません。
いい気になっちゃった時は気をつけないと大変です。プライドってなにか、ちっちゃい感じがしますね。
つまらないこだわりというか、、、自信と似てるけど、自信のように堂々とはしてないですね。高学歴の人のプライドも、更に上位の学歴から見れば
劣等感にしかなりませんね。東大出てもトップと比較したら、やはり劣等感でしょうか?高学歴で完璧なプライドを持てる人はほんの一握りでしょう。
成功体験があり、確実性があるものが自信、自分の思い込みの世界を守る壁がプライド。
心の作用として実に大きく影響しますね。本当の自分を覆い隠すヨロイのようです。顔をかくし、体を隠し、偽りの自分、の現因かも知れませんね。
素直さを無くし、笑顔を無くし、まるで鉄火面みたいですね。
有る意味、執着ですね。どうでもいい事にこだわってる。マイナスがすごいですね。心の作用なので感じ方も皆違うでしょうから、感じる人、感じない人、いるでしょうね。心は目に見えませんが、全ては心の作用によって、具現化してきますので、注意深くその現象を観れば心が見え、プライドがどんな種類のものか見えてきます、よく観察、分析してくださいね。
可愛いのもありますし、かわいそうなのもあります。ごつごつのヨロイもあれば、わざと無いように見せかけてはいるけど、かなりゴッツイものだったり、いろいろですから是非研究してみてください。
自分の事はなかなかわかりませんが、自分を客観的に観るならばだんだん分かるようになりますね。、このテーマは深いですよ~.ご参考までに
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご解答ありがとうございます。
<このテーマは深いですよ~
陳腐で有害なプライドと、持つべきプライドと両方ありますものね。困りもののプライドとどのように付き合ったらよいのでしょうか。

お礼日時:2005/06/27 22:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q謙虚に、プライドを低くして生きるには?

「自信があってプライドが低い人は他人から好感を持たれます。
自信があってプライドも高い人は他人から恐れられます。」
という文章を読んだのですが、(その通りだろうな)と思いました。

自分は、もしかしたら、後者に当てはまるかもしれません。

「自信」は「自分を信じる力」で、プライドとは違い、生きていく上で必要な力だと思っております。

プライドを低くして生きるには、具体的にどう行動し、どう考えて生活すればいいと思われますか?
性格そのものを急に変えるのは難しいと思うので、すぐに(かどうかは分かりませんが)できる、行動の仕方や考え方をご教授下さいませ。

プライドを低く保つ為に自分がよくしている事は、
(1)なるべく相手を褒める事 (特に、初対面では必ず褒めます。写真を見ただけでも、見せてくれた人に、「キレイな人だね」等と褒める様にしています)
(2)自分が相手よりも劣っていると思う事を口に出して言う事 (それによって自分の気分が悪くなる事はないです)
です。

自分が自分をプライドが高い人間だと思うのは、例えば、仕事の間違いが多い人から自分の仕事の仕方が悪いと言われてムッとする時や、自分よりも人間として未熟なのではないかと自分が思う相手(←こう思う事自体、一番の問題なのかもしれません↓↓)から、自分の人間性を批判されて(あなたに言われたくない)と思ってしまう時です。
これが、自分よりも仕事ができる人や、(この人には敵わないな)と尊敬できる人間が相手なら、言われる事も素直に聞けるのですが・・。

よろしくお願い致します。

「自信があってプライドが低い人は他人から好感を持たれます。
自信があってプライドも高い人は他人から恐れられます。」
という文章を読んだのですが、(その通りだろうな)と思いました。

自分は、もしかしたら、後者に当てはまるかもしれません。

「自信」は「自分を信じる力」で、プライドとは違い、生きていく上で必要な力だと思っております。

プライドを低くして生きるには、具体的にどう行動し、どう考えて生活すればいいと思われますか?
性格そのものを急に変えるのは難しいと思うので、す...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<謙虚に、プライドを低くして生きるには?>

プライドを低くして生きる必要はありません。

謙虚な姿勢は人間として大切です。

謙虚に生きるには、あなたが絶対的信頼をおいている人、例えば亡くなった大好きだったおばあちゃんとか、尊敬する恩師、両親、愛する彼・彼女、神様などなど、そういう人にいつも「見られている」と思って行動することです。

そう思うと、人として恥ずかしい行動はできないと思います。


ご質問2:
<「自信」は「自分を信じる力」で、プライドとは違い、生きていく上で必要な力だと思っております。>

おっしゃる通りです。自信を持つことは全ての人に与えられた当然の権利です。

ただ、自信のない人も多々います。そんな人たちにとっては自信ある人の存在自体が、自分の存在を脅かす脅威になります。

あまりに被害妄想の強い人の前では、自信のある人が自信のないそぶりを見せたところで、余計に拍車をかける行為に映ってしまいます。例えば美にコンプレックスのある人の前で、美人が「あなたの方がずっときれい」などといえば「嫌味」にしかなりません。

個人のコンプレックスの問題は個人が治すしかないのですから、自信を持つ人が責められるべきではありません。

ただ、自信をこれ見よがしに見せて、挑発するような行為は成熟した大人として避けるべきです。真に能ある鷹は爪を隠しましょう。


ご質問3:
<プライドを低くして生きるには、具体的にどう行動し、どう考えて生活すればいいと思われますか?>

最初に申し上げましたが、プライドを低くする必要などありません。理由はあなたがあなたでなくなってしまうからです。

他人を気持ちよくするために、自己のアイデンティティをゆがめる必要はありません。そんなことをすれば、identity crisis(自分性の喪失)に陥ってしまいます。プライドの高い自分を愛してやり受け入れることが大切です。

そんなあなたを評価してくれる人もいるはずです。ただ、高いプライドが人を傷つけるものであってはいけません。プライドの高さから、人を奴隷のように扱う、なんてことはあってはならないのです(もちろんnomonomoさんはそんな方ではないと拝察できます)。


ご質問4:
<行動の仕方や考え方をご教授下さいませ。>

真の自信やプライドはしっかり持ちながら、それを隠すことです。大切な場面でジョーカーとして使えばいいのです。

くだらない場面で使う必要はありません。大事なカードは最後までとっておきましょう。


ご質問5:
<(1)なるべく相手を褒める事 (特に、初対面では必ず褒めます。写真を見ただけでも、見せてくれた人に、「キレイな人だね」等と褒める様にしています)>

嘘は言わないようにしましょう。

自分に嘘つくことになるからです。後で、嘘つきな自分を責めることになり、深い自己嫌悪に陥ります。

写真が美人でなければ、自分の意志に反して「美人だね」と言う必要はないのです。どんな人でも褒めるところがありますから、少しでもいいところを見つけて、「かわいい」「チャーミング」「性格がよさそう」「服のセンスがいい」などと言うか、あるいは、何も言及するところがなければ、まったく言わなくていいのです。

初対面なら、「会って嬉しい」という笑顔だけで十分相手を快くさせることができます。


ご質問6:
<(2)自分が相手よりも劣っていると思う事を口に出して言う事 (それによって自分の気分が悪くなる事はないです)>

欧米ではそんなことはまずないのですが、日本社会の特徴ですね。本当は、そんなこと言わなくていいと思います。

まあ、社交辞令的なものであれば、相手も本気でとらないと思いますが、、、。ただ、自分の家族を劣っているように言うのはやめた方がいいでしょう。
例:
うちの子はできが悪くて
うちの主人は安月給ですから


ご質問7:
<自分が自分をプライドが高い人間だと思うのは、例えば~と思ってしまう時です。>

えっ?別に普通の反応だと思いますが。決してプライドが高いとは思いませんから、ご心配なく。

それくらいの反応がある人でないと、いい仕事はできないと思いますよ。言われたことをプラスのバネにして見返してやる、くらいのエネルギーで対処された方が、あなたも楽でしょうし、理不尽な方々への自省の機会を与えることにもなります。

横暴な人や不快な人をそのまま見過ごす必要はありません。上司など反論できない場合は、その怒りのエネルギーを別の方向に転化させるようにすればいいのです。

職場関係での悩みと拝察しますが、自分を変える必要はありません。むしろ、自分をわかってもらえるよう務めた方が楽かもしれません。「この子こういう子だったんだ」というプラスの部分を沢山見せるといいと思いますよ。

職場風景が楽しいものに見えるよう、自分らしく仕事を楽しんで下さい。

以上ご参考までに。

はじめまして。

ご質問1:
<謙虚に、プライドを低くして生きるには?>

プライドを低くして生きる必要はありません。

謙虚な姿勢は人間として大切です。

謙虚に生きるには、あなたが絶対的信頼をおいている人、例えば亡くなった大好きだったおばあちゃんとか、尊敬する恩師、両親、愛する彼・彼女、神様などなど、そういう人にいつも「見られている」と思って行動することです。

そう思うと、人として恥ずかしい行動はできないと思います。


ご質問2:
<「自信」は「自分を信じる力」で...続きを読む

Qプライドって何ですか?

タイトルそのままなのですが、プライドって何なのかいまいち理解できません。日本語で言う自尊心ですが、辞書で引いたときの

(1)自分を優秀な者だと思う気持ち。尊大に構える心。プライド。
「―が強い」
(2)自分の品位を保とうとする心。プライド。
「そんなことは―が許さない」

こういう意味だというのは大体頭ではわかります。

ただ、「プライドが高い」というのはよく否定的な意味で使われると思うのですが、「プライドが無い」というのも否定的な意味で使われますよね。目に見えないものなのにあっても困るし無くても困る(まあ、中庸が一番だってことなのでしょうが)。プライドって何なのでしょうか?

どんな話でも構いません、皆様の個人的な「プライド観」を教えてください。

Aベストアンサー

私はプライドを自信のようなものと思っています。基本的には、辞書と同じなんですけどね。


人気Q&Aランキング