パブロフの犬とは、どういう意味ですか?
また、誰がそれを考え出したのですか?教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

イワン・ペトロビッチ・パブロフ Ivan Petrovich Pavlov による条件反射の研究を指すものです。


1902年にパブロフ博士は犬の唾液腺の研究中に、飼育係の足音で犬が唾液を出すことを見つけ、条件反射についての研究をはじめました。
その研究の過程で、ベルを用いての唾液分泌という実験方法を使いました。そして、周囲はこの状態の犬;条件反射で唾液を出す;をパブロフの犬と称するようになりました。
パブロフ博士は1904年にノーベル生理学・医学賞を受賞されていますね。
以上Kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

パブロフの犬について解答ありがとうございました。本で調べようにも時間が無かったのでとても助かりました。
ありがとうございました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

もし質問者の方が「君はパブロフの犬のような人だ」と他人に言われたら、その人とは縁を切るの良いでしょう。

この表現が擬人的に使われた場合、まず間違いなくあなたを侮蔑しています。つまり条件反射的な仕事はできるが、創造的な仕事はできません、というレッテルを貼られたことになります。
そういう私も日常は通称「パブロフの豚」と罵られ、やや選択肢の多い条件反射を生業としております。
そういう本人が申し上げていることですから、この言葉の社会的文脈についてだけは自信があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

パブロフの犬について解答ありがとうございました。直接の回答ではなかったのですが、私もそう言われないように、また、言われた人とは縁を切ろうと思います。(笑)
ありがとうございました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

#2のkyaezawaさん、それってパロディですよ(笑)


そこのサイトの他の話を見て下さい。
    • good
    • 2

パブロフさんがある実験の中で発見した事柄が「パブロフの犬」と言われています。



犬にエサを与える時に、必ずベルを鳴らしながら食べさせます。長い間それをやっていると、犬はベルの音を聞いただけで、よだれが出てくるようになったそうです。条件反射は生まれた後からでも作られるという事です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

パブロフの犬についての解答ありがとうございました。ほんとに困っていたので助かりました。ありがとうございました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

「パブロフの犬」のお話は、一般的には「パブロフ博士が犬がえさを食べるときに必ずベルを鳴らすようにしたところ、ベルを鳴らすとえさがなくても犬がよだれをたらした。

」という、条件反射のお話として知られています。

しかし、「パブロフの犬研究準備会(略称『横綱』)」の研究の結果、一般的に言われている「パブロフの犬」は誤りであるとする説が有力となりました。

そこで、本当の「パブロフの犬」とはどんな話なのかに焦点が当てられ、諸説紛紛とした大論争が繰り広げられています。

ここで紹介するのは、その中でも有力な3つの説です。便宜上、その説の趣旨がわかりやすいように、「パブロフの犬」に対応する呼び名をつけておりますが、それぞれ主張するものは、自分の説こそ真の「パブロフの犬」だと信じています。


「アレクセイのパブロフ」説

パブロフ博士には、有能な助手アレクセイがいた。アレクセイは条件反射の存在に気がつき、それを立証するために、師であるパブロフ博士が飼い犬にえさを与えるときにベルを鳴らしつづけたところ、えさをやる時間ではないのに、ベルを鳴らすとパブロフ博士が犬にえさをやるようになった。


「ベルの犬」説

パブロフ博士が条件反射存在を立証するため、犬がえさを食べるときにベルを鳴らしつづけたが、条件反射の立証までは至らなかった。しかしその後、えさを食べるときにベルが鳴らなくなったので、えさを食べた気にならないといって、犬がパブロフ博士にベルを鳴らしてくれとせがむようになった。


「犬のパブロフ」説

条件反射の立証のため、犬がえさを食べるときにベルを鳴らすようにしていたパブロフ博士だが、続けるうちにパブロフ博士が犬を見るとベルを鳴らすようになった。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

パブロフの犬について解答ありがとうございました。私としては、一番最初の回答を正当として判断しましたが、他のも面白かったです。特に「アレクセイのパブロフ説」がお気に入りです。
ありがとうございました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパブロフの犬の名

条件反射で有名なパブロフの犬ですが、普通はポチとかジョンとか固有名があるはずです。ご存知の方がいたら教えてください。パブロフの犬では飼主名だけです。ヒントでも構いません

Aベストアンサー

こんにちは。
以前同じ質問を生物学の先生にした事があります。

「何十頭と使っているので、固定の名前がある犬を『パブロフの犬』と呼ぶ訳では無い」との事でした。
名前に関しては資料も無いそうです。

単に実験用動物としてしかみていなかった、あるいは名前はつけていたが論文発表には関係無いので残っていないというのの他に、まとめて何十匹も使う(それも手術用)ような状況下で、名前を付ける愛着があると逆に実験に支障をきたす恐れもあるので敢えて名付けなかったという可能性もあるのではないでしょうか。

Q(アフリカに多い)個人崇拝独裁国は、ほぼ貧しい。それは、何故ですか?

(アフリカに多い)個人崇拝独裁国は、ほぼ貧しい。それは、何故ですか?

Aベストアンサー

国の実情や窮状に合った政策などに携わった経験が皆無で、単に民族や軍隊から、代表者の顔をして「ポッと出」の指導者が多いからではないでしょうか。
結果的に、何をどうしたらいいか分からずに、場当たり的な思い付きしか出てこない素人だからでしょう。

Qパブロフの犬

パブロフの犬とは、どういう意味ですか?
また、誰がそれを考え出したのですか?教えてください。

Aベストアンサー

イワン・ペトロビッチ・パブロフ Ivan Petrovich Pavlov による条件反射の研究を指すものです。
1902年にパブロフ博士は犬の唾液腺の研究中に、飼育係の足音で犬が唾液を出すことを見つけ、条件反射についての研究をはじめました。
その研究の過程で、ベルを用いての唾液分泌という実験方法を使いました。そして、周囲はこの状態の犬;条件反射で唾液を出す;をパブロフの犬と称するようになりました。
パブロフ博士は1904年にノーベル生理学・医学賞を受賞されていますね。
以上Kawakawaでした

Qギリシャはなぜ財政破綻したのですか?また、日本が財政破綻する可能性はどのくらいありますか?

ギリシャはなぜ財政破綻したのですか?
また、日本が財政破綻する可能性はどのくらいありますか?

Aベストアンサー

>ギリシャはなぜ財政破綻したのですか?

・自国の能力以上のお金を他国に借り返済できなくなった。

・収入がない(脱税が多い)

・支出が多い(1/4が公務員)

>また、日本が財政破綻する可能性はどのくらいありますか?

・比べて、日本の借金先は国民(国債)

可能性については、なんとも・・・・
http://matome.naver.jp/odai/2138198427051103601

Qパブロフの犬

(http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1513585)の犬の尻尾振りに関する質問をした者です。
上記の質問について考えている途中、疑問が生じたので、新たに質問させていただきます。
パブロフの犬の実験は、ベルを鳴らしても涎を流さない犬に、食事の度にベルを鳴らすことを繰り返すと、最終的に、ベルの音を聞いただけで、涎を流すようになるというもので、条件反射を証明する実験ですが。
この実験だけで条件反射によってベルの音だけで涎をながすようになったと結論付けるのは無理があるような気がするのです。
つまり、条件反射の場合食事とともにベルの音を繰り返すうちに脳内に短絡経路が形成され、ベルの音だけで涎を流すわけですが、これが条件反射によるもので学習効果によるものではないと何故いえるのでしょうか。ベルがなっているときに食事を与えられるということを学習し、ベルがなることによって食事のことをを連想するようになり、思わず涎を流してしまうということはないのかということです。
それとも私の「条件反射」に対する認識が誤っていて、このような場合でも条件反射と呼ばれるのでしょうか?
対照実験として、飽食状態で餌を見せても涎を流さない犬に対してベルを鳴らし、涎が出れば条件反射といえるでしょうが、そもそも餌を見たり匂いを嗅いだりしてした時の視覚や嗅覚の刺激が条件反射の条件付けになる筈なので、飽食状態の犬でも餌を与えれば涎を流す筈ですし、全く訳が解らなくなりました???
宜しくお願いします。

(http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1513585)の犬の尻尾振りに関する質問をした者です。
上記の質問について考えている途中、疑問が生じたので、新たに質問させていただきます。
パブロフの犬の実験は、ベルを鳴らしても涎を流さない犬に、食事の度にベルを鳴らすことを繰り返すと、最終的に、ベルの音を聞いただけで、涎を流すようになるというもので、条件反射を証明する実験ですが。
この実験だけで条件反射によってベルの音だけで涎をながすようになったと結論付けるのは無理があるような気がす...続きを読む

Aベストアンサー

>条件付けの過程で重要な役割を持つ「連想」と「大脳にある条件反射の中枢」を同意として理解して宜しいでしょうか。

 よろしいです。

>過去の記憶や経験を手がかりに現在これから起こることを予想するという高度に知的な精神活動としての想像で、ひもじい時にふっと食事のことが頭に過ぎるというような場面や、ここでいう「連想」とは別の状況を想定していたものです。

 予想(推理)する行動は,知能行動とよばれます。残念ながら,Mulumbaさんが考えているかもしれない程度にはイヌは賢くありません。ニワトリよりは賢いがサルよりかなり賢くないのです。したがって,Mulumbaさんがイメージするような食事の想像を,イヌは行うことができないと私は考えています。

 サルよりかなり賢くないからといって,コンパニオンアニマルとしてのイヌの価値が低いと考えているわけでは全くありませんので念のため。

Q市場経済って簡単に言うとどういうことですか?

市場経済って簡単に言うとどういうことですか?


ネットでいくつか調べてみたけど経済用語がいろいろあっていまいちわかりません。


どなたかわかりやすい解説お願いします。

Aベストアンサー

AさんとBさんの取引において、Cさんという第三者が指示をしない。
これが市場経済。AさんとBさんの市場における交渉で全て決めなさいということ。

Cさんが○○円にしなさいと指示を出すのが、計画経済

実際の市場経済では、Cさんという(典型的には政府)の監督が行われている。

Qパブロフの犬

パブロフについて勉強したのですが、結局のところ、この発見って何かに役立ちますか??

勉強を終えたところで、パブロフについて思うことがあまりありません・・・。


皆さんは何かに役立つと思いますか?

Aベストアンサー

大学の教員です。

おそらく心理学の授業で、この「パブロフの犬」について学習されたと思います。

その際、「学習心理学」というテーマの中で話をお聞きになったでしょう。
それが示すように、パブロフの犬でみられた現象は、「学習」が成り立つメカニズムの1つとして理解されています。
ただ、心理学でいう学習という概念(用語)は、「教科学習」,つまり、いわゆる学校での勉強だけでなく,もっと広い意味で使われます。
いろいろな経験、訓練を積むことによって、その個体(人、動物)の行動がかなり長期間に渡って変化することを指しています。
つまり、パブロフの犬においては、それまで、犬の中では全く無関係であった、ベルやメトロノームの音と、唾液の分泌という2つの事柄が、食物と同時に示されることによって、新たに結びついたというてんで、上に示したような学習の定義に一致するのです。

もちろん、パブロフの犬で示された「条件反射」あるいは、「古典的条件づけ」といわれる現象ですべての学習が説明できるわけではありません。
しかし、他の回答者の方が書いていらっしゃるように、たとえば、「梅干しをみるだけ、あるいは、梅干しと聞くだけで、つばが出てくる」というのは、この条件反射のメカニズムによってできあがった学習なのです。

あるいは、子どもが、病院でお医者さんや看護師さんの白衣をみるだけで、あるいは、診察室に入るだけで泣き叫ぶということがあります。
これも、以前に診察を受けたときに、注射や採血を受けたという経験があり、そういう痛い思いをしたということと、お医者さんや看護師さんの白衣や、診察室とが、子どもの頭の中で結びついてしまい、注射されなくとも、それらを見ただけで泣き叫ぶという「学習」ができてしまったと考えられます。

さて、このように、人間の行動でさえも、条件反射でできあがった学習の成果と考えられるものがいくつかあります。

これを、さまざまな問題行動を治療することに応用した心理療法があります。
「行動療法」という心理療法が、それです。
おそらく心理学の教科書のどこかに説明があると思いますが、行動療法では、問題行動(たとえば、学校へ行かないという不登校や、子どもがオモチャを買って欲しいと駄々をこねるような行動など)は、その子どもが,間違った学習をしたために生じていると考えます。

たとえば、オモチャを買って欲しくて駄々をこねる」という問題行動については、以前、オモチャが欲しいときに、駄々をこねて親を困らせたら,買ってもらえたという経験があって、それを繰り返していると、理解するのです。
つまり、間違った方法で要求することを覚えてしまった(=学習してしまった)のです。

これを行動療法の立場で治療するとなりますと、その誤った学習を「消去」させるか、別の適応的な(もっと適切な)行動(ここでは、要求の仕方)を、もう一度学習し直す(再学習)ように働きかけるという方法を考えます。

「消去」というのは、パブロフの犬の実験でも出てきたと思いますが、この子どもの例でいえば、子どもが、いくら「駄々をこね」ても、オモチャは買わないという対応を取ることによって、両者の結びつきを弱くしてしまうことです。
「再学習」の方も、これと似てはいますが、「きちんと欲しいと要求したときだけ」、オモチャを買うという対処をすることによって、適切な要求の仕方を覚えさせる(学習させる)ということをします。

このように、パブロフの犬という、1つの興味ある現象から、人や動物の学習が説明できるメカニズム、原理が発見されましたし、さらにそれを応用して、心理療法が作られています。
発見がすぐに役に立つということが必ずあるわけではありませんが、後々にそれを応用して、新しい工夫がなされていくということは、心理学のさまざまな現象においてもよくあることです。

大学の教員です。

おそらく心理学の授業で、この「パブロフの犬」について学習されたと思います。

その際、「学習心理学」というテーマの中で話をお聞きになったでしょう。
それが示すように、パブロフの犬でみられた現象は、「学習」が成り立つメカニズムの1つとして理解されています。
ただ、心理学でいう学習という概念(用語)は、「教科学習」,つまり、いわゆる学校での勉強だけでなく,もっと広い意味で使われます。
いろいろな経験、訓練を積むことによって、その個体(人、動物)の行動がかなり長期間...続きを読む

Q国債は誰が発行して誰が買い取る?

国債は誰が発行して誰が買い取るのですか?

Aベストアンサー

国債

財務省(日本国)が発行、
証券会社・銀行・郵便局(ゆうちょ銀行)などの販売代理店を通じて、
内外の投資家が買う
投資家には、外国の年金基金などの機関投資家から、下町の専業主婦まで、
いろいろある。

※数年前までは、有力証券会社・大銀行からなる引受シンジケート団に
満額買い取らせ、実際の販売高に関係なく国は国債印刷した分借りれるという
ムリヤリな、やり方でした。
 法律で、日銀は、銀行の準備預金の現物として国債を入金しても、いいが
国から直接、引き受けることは、禁止されている

zzzzzzzzzzzzzzzzzzzz

Q簿記論と簿記1級の平行学習について

先日、簿記論と財務諸表論を受験しましたが
簿記論は、ダメだったので来年リベンジします。

来年、消費税法と簿記論もしくは簿記1級と簿記論
どちらにしようか迷っています。

簿記1級→簿記論の場合、範囲が8割程度共通しているみたいですが(予備校パンフより)
簿記論・財務諸表論の学習経験者→簿記1級の場合、
どの程度共通していますか?

簿記1級を受験する理由として
・来年6月簿記1級→8月簿記論→11月簿記1級と3回受験できる。
・簿記1級を勉強することにより、簿記論がより理解
できるのではないか?という思いです。

Aベストアンサー

 税理士を目指しているのなら、やはり簿記論と消費税法を学習したほうが良いと思います。この場合の利点としては、この2つが全く違う科目なので、どちらかの勉強に飽きたときに気分転換になるということです。簿記の計算に飽きたら、消費税の理論をやってなどとやると、結構効率が良いと思います。
 簿記1級と簿記論のセットは、もちろん理解は深まるとは思いますが、工業簿記など簿記論には関係のない科目が、税理士試験を突破するということにおいては、邪魔(もちろん知ってるに越したことはないのでしょうけど・・・)になってくるのではないかと思います。
 財務諸表論は今年合格でしょうから、そのレベルの方がわざわざ簿記1級を勉強しなくても簿記論は受かると思います。

Q株高、誰が買っている? 日本国債、誰が買っている?

これまでは市場が不安定化すると国債が買われ、市場が安定的成長的となると国債は売られ株が買われて株高になっていました。しかし昨今株高でありながら国債も買われて長期金利は低下し続けています。

これまで20年近く日本国債が売られると、その売った資金の多くは株へ流れて株価上昇になるという傾向にありました。
現在、株価を大幅に押し上げ、国債も上昇させるとなるとかなりの資金がどこかからか流れてきているはずです。大きなお金の流れとして現在の日本国債の資金はどこから来ているのでしょうか?あるいは株高の資金はどこから来ているのでしゅか?

Aベストアンサー

 あなたの質問は、タイムリーで、的をえています。
現在の、経済を、正確に評価しています。

そう、あなたのお考えのとおり、一般投資家の投資資金を、国債から、定期預金から、株へ移動させているのです。
国債と定期預金から、株へ移動しているのです。

物価上昇率を 2% に設定して、預金、国債の金利を据え置く。
据え置くためには、国債が売れ残れば、日銀がみんな買う。金利上昇は絶対させないの意気込みで買う。
誰も買わなくて全部売れ残っても、日銀がみんな買う。これで金利上昇を抑える。
マスコミはこれを異次元の政策と呼んでいます。
ただ、売れ残りの国債をみんな買う、それで、国債の金利上昇を抑えて、国債の政府のディフォルトを守る。
まともではない、だから、まともな人には、物価上昇2%までの政策と説明する。

だから、安心して国債を増発できる、無制限に、いや、物価2%上昇まで。
預金金利は、金利が物価上昇2%よりも低くて悪けりゃ、株でも買いなと。

問題は、これが長続きするか、持続的な景気回復になるかです。
ここまでにしておきましょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報