海外からヘルスケア商品の輸入を行う際に、その商品が化粧品に分類されるのか、医薬部外品なのかの区別(境界線)がよく理解できません。両品の「効能」に関する境界線の改正が今年4月に行われたと聞いていますが、原材料の違いも当然有るのではないかと思うのです。どなたか明確な違いを教えていただけないでしょうか?また輸入者が化粧品か医薬部外品かを選択できるケースというのはありうるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

http://www.eisei.metro.tokyo.jp/yakusin/faq/faq. …

http://www.tokyo-eiken.go.jp/hc/fuchukoganei/iya …

http://www.tokyo-eiken.go.jp/hc/fuchukoganei/iya …

もう見られたかもしれませんが・・・



この辺りを参考にすれば分かるのでは?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング