最近の狂牛病の騒ぎで思うんですけど、農水省の不作為がまたまた
メディアによって批判されていますけど、本当に一番悪いのは、
業者の側ではないでしょうか。
曲がりなりにも、食肉牛の生産で身を立てている者たちが
にくこっぷんのことを知らなかった、農水省がもっと丁寧に教えてくれなかったからというのは話になりません。小学生じゃないんだから。
しかも、この事例は96年にヨーロッパで大ニュースになった事例です。
この事例に何の興味も抱かず、勉強もしないでいるということ自体が大問題ではないでしょうか。
プロであるならば、農水省が規制してくれなかったからというのは、理由にならないでしょう。むしろ、自分たちから危険をアピールし、農水省に働きかけるべきで、誰にも言われなくと自己規制をかけることであってしかるべきです。
マスコミは、この点にはまったく触れず、農水省批判だけしています。
どうも、ずれているように思えて仕方ありません。どうでしょう。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中11~11件)

肉骨粉を使用していた、酪農家にも責任は当然ありますね


今回、肉骨粉や血粉を使用するようにアドバイスした
コンサルタントは、もっと責任がありますね
更に、彼らが所属する社団法人には、もっともっと責任が
ありますね。
更に、それら社団法人を天下り先にしている、農水省の
お役人様たちが、それら社団法人の利益誘導ないし権益
保護の為に、ゆるい規制しかしてこなかったとしたら・・
あくまで、仮定の話ですが。
農水省さんには、もっともっともっと責任があるのでは
ないでしょうか。
ちなみに、参考URLに、農水省関係の社団法人のリスト
を付けて見ました、ご参照あれ。
この中の”日本畜産副産物協会”は、肉骨粉等の製造会社
が加盟している協会です。
農水省批判は、はたして根拠の無いものでしょうか?
私には、ミドリ十字と厚生省の関係が思い出されます

参考URL:http://www.lin.go.jp/coop/main.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

リンク先までありがとうございます。
こんなページがあるんですね。
ところで、農水省批判に根拠がないとは思っていません。
が、批判されるべきは、農水省若しくは厚生労働省だけではないのではないかというのが、私の素朴な疑問です。
社団法人所属のコンサルの暗躍については、私不勉強で知らなかったものですが、果たしてそれが生産者側の免罪符になるかどうかと言えば、疑問です。あまりにセンセーショナルな先行事例があるという事実があるからです。この国は、小さな政府(省庁改革)を要求しながら、何でもカンでも国のせいにするという側面があるような気がします。
分野は違いますが、例えば景気回復について、国が何もしないから景気が悪いんだという批判しか聞きません。自分で何とかして、市場を開拓して儲けてやろうという意気込みが感じられません。
日本が今停滞しているのは、自分たちで何とかしてやるんだという気概がないからではないでしょうか。

お礼日時:2001/10/19 20:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報