11月16日発売のWindows XPに付いて何ですが。
実は、会社をズル休みして誰よりも早く購入して自分のパソコン
で試してみようと思っているんですが、そこまでやってまで意味
があるのでしょうか?
それと以前からうわさのあったシステムリソースはまるっきり
改善されてよくなりますか?
今現在98SEですがプログラムを実行するたびにシステムリソース
は減ってきますけれど今の所は特別トラブルはとくにありません。
おもにデジカメ、メール、インターネット、CDライティングソフト
ウィルスソフト等を使用しておりますがどなたか良きアドバイス
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

まずリソースは改善済みです。


NT系コアですから落ちにくいのは確かです。
次に、アップデートの価値ですがそれぞれですね。
価値があるかとまわりに聞けば、それは他の人のPCでの判断や他人の考えですから、はっきり言ってあなたの状況での価値とは全く異なる物です。(聞くタイミングなどによって評価は変わりますからね)
よって、本屋さんなどでまずPC系の雑誌などを見て自分のPCにXPを入れるほどの価値があるかをご自分で吟味されるのが良いですよ。

まず、早期のアップデートですが、ドライバをそろえていること。
CPUは500MHz以上、メモリ256MB以上を確保していなければ、動作は快適にはならないと思います。
これに満たないなら、止めた方が良いのはこの場合ですね。

買うならバグなどについては、考えないことです。
はっきり言ってバグは発売後かなりたった2000でもいまだに重大なバグはあります。買う場合には、これは理由になりません。(ちなみに、XPの完成度はβ2でも製品版Meより上かと思いますが・・・)

まあ、後は待つか買うか、買わないかはまだ時間ありますからじっくり考えてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 一度、MEで失敗してますので値段がまともだったので
大丈夫かとおもいましたが慎重に検討したいとおもいます。

お礼日時:2001/10/21 18:13

だれよりも早く試食したいのなら。


WindowsXPパッケージ版に先駆け、WindowsXP OEM版が10月25日(木)発売になります。
これでだれよりも早く試食出来ますよ。<(試しでは(笑))
ただし新規インストールしかできません、(^_^;)

XPにも種類がありますので、慎重に確かめてください。
間違った種類ですと、後で泣きます、多分

クール
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 是非、やってみたいです。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/10/21 18:10

ドライバーがそろっていない可能性が高いと思います。


98SE→XPに変えるとなると、ほとんどのドライバを入れ換えねばならなくなるでしょう。XP対応ドライバは全部入手されましたか?
それからでも遅くはないと思います。
また、マイクロソフトのOSの場合、発売当初は初期不良がある可能性があるので、サービスパックが出てからでも遅くはないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 皆さんの反響を確かめてから購入したいとおもいます。

お礼日時:2001/10/21 18:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシステムリソース

ウィンドウズXPでは、どこで、システムリソースを確認したらいいのでしょうか?最近変えたばかりでよくわかりません。MEからの大きな違いとかもあるのでしょうか?(MEでは、できなくてXPからできるようになった事などもあったら教えてください。)

Aベストアンサー

 No3の方が言われている通りなんですが、XPの場合は「利用可能な物理メモリ」ということが重要になります。それは、「システムの情報」を見れば分かります。

 XPの場合は、リソースのことを気にせずに使えますが、それでもカスタマイズをすると、速く作動するようになります。

 XPのカスタマイズの方法について、良いサイトがあるので紹介しておきますね。

参考URL:http://arena.nikkeibp.co.jp/tec/winxp/

Qシステムリソース

WinXPでシステムリソースの空き具合を見る事って
出来ますか??
Win98とかは確かありましたよね?
知ってたらまた教えてください。

Aベストアンサー

XPではシステムリソースとは別に「デスクトップアプリケーションヒープ(Heap)」
=OSやアプリケーションが、使用するメモリ領域があります。

「システムリソース」は98/meでは、制限が存在しましたが、2000/XPでは、リソースの制限事実上無いに等しく(本当は9xの64KBに比べて3MBと大きい)物理メモリの容量だけ使用することが出来ます。

XPでも稀ですがシステムリソース不足のエラーが出ます

http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;307814

Qシステムリソースが不足していますと表示されます

XPです
立ち上げるとシステムリソースが不足していますと表示され立ち上がりません

データなどそれほど使用していません
どうしたらいいでしょうか?
教えてください

Aベストアンサー

立ち上がらないというのはWindowsが起動されないということでようですか?
そうだとすると、#1・#2さんの回答はそのまま利用はできない(それらは起動ができた上での対処法なので)と思うので、まず以下のことを試してください

【セーフモードで起動させて、不要なものを削除する】
(1)電源ボタンを押したあと、Windowsのロゴが出る前に「F8」キーを連打
(2)黒い画面でウィンドウズ拡張メニューが出ると思うので、キーボードの↑↓キーでセーフモードを選択し、エンターキー
(3)セーフモードでウィンドウズが起動します
(4)起動後「Windowsはセーフモードで起動しています~~~ はい・いいえ」というパネルが出ると思うので、「はい」を押してください
(5)その状態で、いらないファイルなどを削除したり、デスクトップ上のアイコンなどを減らしてください
(6)再起動します、これで通常起動で起動できるなら成功です

これでできなかった場合は以下を試してください
【セーフモードで起動させて、システム復元する】
(1)~(3)までは同じ、
(4)「いいえ」を押し、システムの復元を実行します
(5)終わったら再起動して立ち上がるか試す

【正常に起動できるようになったら】
以後は以下の点に注意して使ってください
・デスクトップには極力アイコンなどを置かない(減らす)
・同時に多くのアプリケーションを起動しない
・ごみ箱は常に空の状態を心がける
・不要なファイルは極力削除する
・常駐ソフトを減らす(#2さんのスタートアップの点が参考になります)

【セーフモードでも起動できない、上の方法を全部やっても通常起動できなかった場合は】
(1)回復コンソールを試す
http://support.microsoft.com/kb/307654/
(2)PCメーカーサポートに問い合わせて対処方法を聞いてみる
  そのレベルの対処法だと、このサイトの回答を見ながらやっても難しいはずなので、電話サポートなどで聞いた方がよい
(3)リカバリーをする(PCの説明書参考、ただし、PC内のデータは消えてしまうので最終手段)

大まかな対処法の流れを書いてみました
まずはセーフモードで起動できるか確かめて見てください

立ち上がらないというのはWindowsが起動されないということでようですか?
そうだとすると、#1・#2さんの回答はそのまま利用はできない(それらは起動ができた上での対処法なので)と思うので、まず以下のことを試してください

【セーフモードで起動させて、不要なものを削除する】
(1)電源ボタンを押したあと、Windowsのロゴが出る前に「F8」キーを連打
(2)黒い画面でウィンドウズ拡張メニューが出ると思うので、キーボードの↑↓キーでセーフモードを選択し、エンターキー
(3)セーフモードでウィンドウズが起動...続きを読む

QWinXPのシステムリソース

皆さんこんにちは。

Win XP home, Pen4 1.6GHz, RAM 512MB, HD 80GB です。

過去のスレッドで「Win98まではリソースが比較的小さくて、しかもアプリケーションを閉じてもリソースが解放されないが、2000・XPからはリソースが大きくなりアプリを閉じると解放される」というような内容のことを何度か読んだ気がします(記憶が多少不正確かもしれませんが)。そこで現在のPCで実験的にPhotoshop, Illustrator, Excelなんかをたくさん開いてNorton System Worksで監視してみたのですが、アプリを閉じてもリソースは解放されず、リソースの残が1桁になったあたりで完全に死にました。この点はXPになってもやはり改善されていないんでしょうか??
(余談ですがExcelは驚くほどリソースを喰いますね)

Aベストアンサー

リソースには主に2つあります。
一つはGDIリソースで、画像の描画、情報の入出力を司るリソースです。基本的にWindowsではこれが不足することは希です。
よく不足するのが、ユーザーリソースですね。
ユーザーリソースはWindows9x(95、98、Me)では16ビットで管理される64KBに固定されています。
64KBのメモリ上に常駐するソフトが展開されます。正確には、ユーザーインターフェースという、Windowsを使う側が触れるデスクトップ画面、操作する部分の情報が全て64KBに収まるようにしなければ、リソース不足になります。そのため、デスクトップに壁紙を指定したり、デスクトップにアイコンを増やすだけでもリソースは消費されます。

リソース(ユーザーリソース)が50%なら残り32KBの秋があります。25%なら16KB、12,5%なら8KBの空きしかないことになりちょっとした操作をするだけで動作しなくなります。

これは、Windows9x自体が起動時にMS-DOSをベースとした16ビットプログラムから起動し、その上に32ビットでできたWindows9xという基幹部分を立ち上げるための問題で、小さな土台の上に大きな建物が建っているという状態であるわけです。そのため、安定性が低い、リソース不足になりやすい、メモリークリーク(ソフトを終了してもメモリが解放されない)が起きやすいなどの欠点がありました。
そのかわり、Windows3,1などのwin16という古いOSやMS-DOSという古いOSとの互換性も高く古い資産を継承しやすかったのが大きな利点でした。



これを解決したのが、WindowsNTというOSです。
NTとはNewTechnologyの略とされ、文字通り新しい技術をベースとしたOSです。WindowsNTではレガシー部分(古い遺産)となるwin16(16ビットでできた部分)という部分を完全に撤廃し、リソースの容量を飛躍的に向上させました。
(リソースがなくなったわけではないが、数百倍に増えた)Windowsを完全な32ビットで構成したのです。

NTを継承した最新OSと一つ前の世代がWindows2000とWindowsXP(最新)でリソース不足は通常の利用では起きることはないです。(ただし、一月以上常起動していればあり得ますけどね)
メモリークリーク自体も9xほど発生しません。
まあ、その前にシステムリソースの表示自体がないですけどね。それほど、リソースを気にする必要がないということです。そのため、リソース不足が原因で落ちることはないですね。


今回の場合、WindowsXPで実験して失敗したということですかね。XPや2000で問題になるのは、メモリ不足ですね。大きなメモリを占有するソフトを同時に起動すると先にメモリアドレス割り当てに競合が発生します。
たとえば、Photoshopではファイル→環境設定にメモリ・キャッシュの設定があります。
これは、Photoshopに割り当てる物理もしくは仮想メモリの容量の設定で、他のソフトにもこのような設定があり、容量が両ソフトで競合した場合、エラーが発生し、動作不良に落ちることがあります。

また、リソースの概念はなくなったわけではなく、容量が3MB相当に増えただけであって、Windowを100枚も開けばソフトによっては落ちますし、常駐が莫大多く、一つのソフトでリソースを多く食う場合はそれ以下で落ちることもあります。
ちなみに、リソースが10%を切ると起動と終了だけで一時的にリソース消費が発生しますから、システムが停止します。

ちなみに、システムワークスを常駐して負荷実験はしない方が良いです。システムワークス自体がかなり負担となりますので、落ちやすくなることがあります。

その前に、どんなOSでも限界がありますから、通常安定しているなら、実験はしない方が良いです。もし、実験をしてシステムが落ちたときに、コアカーネルに致命的な打撃を与えていれば、安定性も水の泡です。
また、ハードディスクを破損する危険もありますからね。

リソースには主に2つあります。
一つはGDIリソースで、画像の描画、情報の入出力を司るリソースです。基本的にWindowsではこれが不足することは希です。
よく不足するのが、ユーザーリソースですね。
ユーザーリソースはWindows9x(95、98、Me)では16ビットで管理される64KBに固定されています。
64KBのメモリ上に常駐するソフトが展開されます。正確には、ユーザーインターフェースという、Windowsを使う側が触れるデスクトップ画面、操作する部分の情報が全て64KBに収まるようにしなければ...続きを読む

Qシステムリソースの不足

Windows XPを使用していますが、POP創りますというソフトを使っていると「システムリソースが不足」になります。
Windows XPでは「システムリソースの不足」はあまり心配しなくても良いと聞いていたのですがどうすれば良いのでしょうか

Aベストアンサー

XPで、システムリソース不足になる原因には、次の事もあります。
使用しないウインドウは閉じます
デスクトップに置くショートカットアイコンは極力少なくします
同時に多くのアプリケーションを起動しない
ごみ箱は常に空の状態にします
不要なファイルは極力削除する
常駐ソフトを減らす
アイコンやポインタの変更はしないで、デフォルテのものを使用します

また、ここの設定を変更する事によって解消する‘場合’があります。
「システムのプロパティ」から、詳細設定→パフォーマンス→設定→詳細設定→仮想メモリ→「設定量を増やす」(最大値以下に)→OK→OK。

<システムリソース> この欄、用語辞典から抜粋記事です。
ウィンドウズは、搭載しているメモリのほかにハードディスクの空きスペースもメモリと同様に利用する(仮想メモリ)機能がある。しかし、ディスクの空き領域がふんだんにあるからといって、無限にアプリケーションや文書を開けるというわけではない。ウィンドウズのメモリ管理上の制限により利用できるシステムリソースには限りがあるからだ。したがって、メモリを増設したからといって、そのぶん、システムリソースが増えるわけでもない。通常、ユーザーがシステムリソースの残りを強く意識する必要はないが、同時にたくさんのソフトを開くと、システムリソースを大量に消費しアプリケーションの動作が不安定になるので注意。アプリケーションの切り替え時にハードディスクに十数秒間、激しくアクセスするようになったら使っていないウィンドウを閉じ、再起動をするとシステムリソースを回復できる。また、タスクトレイに表示される常駐ソフトを終了させ、少なくすることでシステムリソース不足を解決できる。ウィンドウズ 2000以降はこれまでのウィンドウズより効率的にシステムリソースを使用するようになった。

システムリソースメモリと、ボードに搭載したメモリは別物です。

XPで、システムリソース不足になる原因には、次の事もあります。
使用しないウインドウは閉じます
デスクトップに置くショートカットアイコンは極力少なくします
同時に多くのアプリケーションを起動しない
ごみ箱は常に空の状態にします
不要なファイルは極力削除する
常駐ソフトを減らす
アイコンやポインタの変更はしないで、デフォルテのものを使用します

また、ここの設定を変更する事によって解消する‘場合’があります。
「システムのプロパティ」から、詳細設定→パフォーマンス→設定→詳細設定→...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報