為替の一時間ごとの時系列レートがわかるサイトや、ダウンロードできるページなどはありますでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

外為保証金取引を取り扱っている会社に口座をもたれればよろしいかと思います。



口座維持には費用もかかりませんし、
数社試せば自分好みのチャートを表示してくれるところを選べると思います。

私はこのために外為どっとコム他何社かに口座を思っています。

参考URL:http://www.traditionfx.co.jp/
    • good
    • 0

http://www2.j-cs.jp/ASP/ChartFX.asp

ダウンロード後、通貨ペア、時間を選択後、価格一覧

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1522392
    • good
    • 0

ご参考までに・・・



参考URL:http://money.www.infoseek.co.jp/MnForex/mn_fxlas …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q直物と先物為替レート?

二つの国に通貨間に金利差がある場合、なぜ直物と先物為替レートが違うのか教えてください。
直物為替レート?先物為替レート?というのもいまいちピンときませんのでどういうことなのかよろしくお願いします

Aベストアンサー

まず、定義ですが、
先物は、初心者のうちは、
将来の為替レートそのものと思ってよい。
もう少し正確に言えば、その将来の時点での為替レートを投資家が予測して、売買の権利をいま取引するのです。なんでそんなことをするのかといえば、例えば、トヨタが将来のドルの収入を円換算で安定化して、経営計画を立てたいからです。


で、本題ですが、
「二つの国に通貨間に金利差がある場合、なぜ直物と先物為替レートが違うのか」
という場合、
この言い方には、重要な仮定がいくつか必要。

1.「金利差がある」というのが味噌ですが、
この金利が、先物取引の時点まで同じようにずっと続くということが前提です。
2.為替レートが、投資家の資金運用のみで決まり、金利にすべてその思惑などが織り込み済み。

こうしたことを仮定すれば、
もし、先物と直物で差がなければ、
金利が高いほうでは、どんどんその国の通貨で金融資産を持っていれば、放っておけば増えるので、
みんな金利が高いほうの通貨を持つほうが有利でしょ?
だから、将来よりも現在その通貨を買って運用したいと思うので、金利差の分だけ、金利が高い国の直物為替レートのほうが、先物為替レートより高くなるのです。

まず、定義ですが、
先物は、初心者のうちは、
将来の為替レートそのものと思ってよい。
もう少し正確に言えば、その将来の時点での為替レートを投資家が予測して、売買の権利をいま取引するのです。なんでそんなことをするのかといえば、例えば、トヨタが将来のドルの収入を円換算で安定化して、経営計画を立てたいからです。


で、本題ですが、
「二つの国に通貨間に金利差がある場合、なぜ直物と先物為替レートが違うのか」
という場合、
この言い方には、重要な仮定がいくつか必要。

1.「金利...続きを読む

Q為替レートの1分ごとの時系列データがほしいのですが、

為替レートの1分ごとの時系列データがほしいのですが、
そのようなデータを提供しているサイトはありますでしょうか?

ほとんどは1日ごとのデータなので。

Aベストアンサー

クリック証券に口座を開設しましょう。3年分あります。
メタトレーダーだと数日間とれます。

Q豪ドル/円のよい為替情報サイトありませんか。

豪ドル/円のよい為替情報サイトありませんでしょうか。

ここ数日、豪ドル/円が円安気味です、
本日は豪の経済消費者指数がよい発表があったようです、
そのためなのか、円安更新中です。

豪ドル/円の為替を見極めるためによい為替情報サイトありませんでしょうか。要人の発言等も分かると助かります。

Aベストアンサー

メジャーな通貨ではないので無料の予想サイトなどはあまりないような気がします。

一応、
http://www.bk.mufg.jp/rept_mkt/gaitame/index.htm
ここの今月の為替相場見通し、今週の為替相場見通しで月間、週間の予想レンジが見られます(内容はかなりアバウトですが)。
後、パートナーズFXに口座を開くと、毎日だいまん氏のレポートが見られるようです。
僕が知ってるのはこれくらいです。

Q円の実効為替レートにたいして名目為替レートが修正されないのはなぜ?

日本は長らくの低インフレで万年貿易黒字、
さらにそれを上回る海外からの利子・配当あり。
一方の欧米ですが、少なくともインフレ率は日本よりも高い。
長年続いてきたこの状態により例えばドル円の実効為替レートは
かなりの円安になっています。
名目のドル円はサブプライム問題で若干円高にきていますが、
まだまだ修正しきれていないように思えます。
なぜもっと円高にならないのでしょうか?
簡単に理由を考えてみましたが、自信なしの勝手な意見のため、
修正およびご意見をお待ちしています。

(1)為替は相場観で動いており、たまたま円安傾向相場観が
 長く続いただけ。よっていずれは円高修正される。
 相場観には微妙に織り込まれており、いずれ中長期では
 理論値に収斂していく。
(2)円については日本だけの特殊な事情?があってそれを国内外投資者に
 見透かされている(例えば資産が預貯金に偏っているとか)。
(3)相場観の前では実効為替レートなど無意味。
 今後も相場観のみで動いていく。
 (あるときは金利だったり、インフレだったり、
  バブル発生・崩壊だったりと、そのときの相場観が
  なにを材料にするかだけでそれ以外の材料は無視される
  中長期の理論値収斂などではなく、単に日々の相場観の積み重なり  が事後的に中長期のレートを形成していく)

日本は長らくの低インフレで万年貿易黒字、
さらにそれを上回る海外からの利子・配当あり。
一方の欧米ですが、少なくともインフレ率は日本よりも高い。
長年続いてきたこの状態により例えばドル円の実効為替レートは
かなりの円安になっています。
名目のドル円はサブプライム問題で若干円高にきていますが、
まだまだ修正しきれていないように思えます。
なぜもっと円高にならないのでしょうか?
簡単に理由を考えてみましたが、自信なしの勝手な意見のため、
修正およびご意見をお待ちしています。

...続きを読む

Aベストアンサー

>長年続いてきたこの状態により例えばドル円の実効為替レートはかなりの円安になっています。

実効レート上での、ご質問者様の「円安」基準がこのご質問ではわかりません。

例えば、1973年3月を基準値100とし、

・110以下を「円安行き過ぎ」1979年末~1986年の年初あたりの数値

・150以上で「円高行き過ぎ」1996年前後、(実効レート円高と言われた2000年でもギリギリ150以下なので該当せず)

また、上記基準で考えると、実効レートの最大下限値としては
1972年や1982~3年の80~82という数字が出るのですが、
ここはあくまで特別であり、その後2~4年以上の反転上昇を続けています。

一番多く下限反転目安とされているのは、72年、76年、80年、85年の90ですから、
現在の実効レートでは、まだ「極端な数字が長年続いている」という程ではないと思います。

ここ数年(という程、大袈裟ではありませんが)、ご質問者様もご存じだと思うのでいちいち説明するまでも無いとは思いますが、
各国のインフレ懸念や原油・商品価格等の混乱等の問題が多過ぎますよね。

ミスアライメントがよほど長期的に続かない限り、米国にとっての実効レートはあくまで為替監視の目安に過ぎません。
(昨年から米国上院でそんな話が盛んに出ていますが、今のレートを見れば本当に是正されているかどうかは一目瞭然ですしね。)

ですから、ご質問者様の(3)のお考えはちょっと極論過ぎるとは思いますが、私の考え方もかなり近いです^^

私にとって、相場の中長期変動は、どの程の統計での数字をもってしても語るには足りな過ぎると思っています^^

円を見始めてもう30年以上になりますが、特に円は私にとって、理解できない一番難しい通貨です(自国なのに…笑)

とても興味を惹かれるご質問に思わず回答させていただきました。乱分・長文失礼しました m(_ _)m

>長年続いてきたこの状態により例えばドル円の実効為替レートはかなりの円安になっています。

実効レート上での、ご質問者様の「円安」基準がこのご質問ではわかりません。

例えば、1973年3月を基準値100とし、

・110以下を「円安行き過ぎ」1979年末~1986年の年初あたりの数値

・150以上で「円高行き過ぎ」1996年前後、(実効レート円高と言われた2000年でもギリギリ150以下なので該当せず)

また、上記基準で考えると、実効レートの最大下限値としては
197...続きを読む

Q20ドル札を5ドル札や1ドル札にしたいのですが。

今、20ドル札を何枚か持っているのですが、これを日本国内の外国為替取扱銀行などで、5ドルや1ドルなどの少額紙幣にすることはできないのでしょうか?できるとしたら手数料は無料でしょうか?

Aベストアンサー

例えば、$20 x 5枚 = $100 で、

$1x10枚
$5x18枚

程度なら、何とかなるかも知れません。

その日に、$1x50枚 は、多分無理です。

事前に、希望を言って、後日両替するようにすれば
可能かと思います。

余程大きな銀行の本店(東京三菱のとか)でないと、
ドルと言えども、フリーのキャッシュの手持ちは
少ないものです(組み合わせのパック詰めばかり)。

特に、$1 のバラの札は少なくなり勝ちですし、
他の客の事も有ってか、余り歓迎はされません。

当然、無料です。

Q為替レートの時系列データ

主要通貨の他、アジア諸国の過去1ヶ月のレートを知りたいのです。
具体的には
マレーシアで過去一ヶ月内にホテルに宿泊し、クレジットカードで
支払った際の日本円の金額を知りたいのです。
最適なURLをお教え下さい。

Aベストアンサー

過去の為替レートを調べる際、私はブリティッシュコロンビア大のデータベース[1]をよく使っています。
Base Currencyにマレーシアリンギットを、Target Currencyに日本円をそれぞれ選択、期間とサンプリング間隔(日/週/月)を指定してRetrieve Dataのボタンを押せば表形式でデータが出力されます。

このデータベースから出力されるデータは銀行間取引レートです。ご存じの通りクレジットカードの決済レートにはカード会社が課す手数料が上乗せされますから、その分を足す必要があります(後述)。
またこのデータはカナダ銀行(The Bank of Canada)から提供される、カナダ東部時間15時のスポットレートです。一日の中でどの時点のレートを参照するか(時差がありますからどの市場での時刻かということも含めて)で、同じ日のレートでもデータベースにより若干数字が異なります。

クレジットカード会社は外国為替市場の動向を見ながら各通貨間の換算レートを毎日決定します。この換算レートは必ずしも銀行間取引レートと一致しませんが、乖離は通常±0.4%以内、為替相場が大きく動く局面でも±1.0%の範囲に入ります。多くの場合は銀行間取引レートと同一視して差し支えありません。
最終的な請求額(=口座からの引落し額)は、この換算レートで通貨間の換算を行った上で海外利用に伴う手数料が上乗せされたものになります。上乗せ幅は1.63%に設定されていることが多いのですが、JCBやセゾンMaster/VISAは1.60%です。上乗せ幅の正確な数字はカード規約などに書かれていますから必要に応じご確認ください。

随分と前置きが長くなってしまいましたが結局、[1]のデータベースで円対リンギットのレート(銀行間取引レート)を調べ、海外利用に伴う手数料(1.63%前後)を加算すればおよその引落し額を求めることができます。
ただし出張の旅費精算などで、一円単位で正確な引落し額を知りたい場合は、ご利用のクレジットカード会社に問い合わせるか利用明細書の到着を待つかしかないです。

[1] http://fx.sauder.ubc.ca/data.html

参考URL:http://fx.sauder.ubc.ca/data.html

過去の為替レートを調べる際、私はブリティッシュコロンビア大のデータベース[1]をよく使っています。
Base Currencyにマレーシアリンギットを、Target Currencyに日本円をそれぞれ選択、期間とサンプリング間隔(日/週/月)を指定してRetrieve Dataのボタンを押せば表形式でデータが出力されます。

このデータベースから出力されるデータは銀行間取引レートです。ご存じの通りクレジットカードの決済レートにはカード会社が課す手数料が上乗せされますから、その分を足す必要があります(後述)。
またこのデー...続きを読む

QL/C輸出決済と為替予約

L/C決済で貨物を海外に輸出します。

輸出代金は、L/C書類を銀行に持ち込んだ時にすぐに回収できるものなのですか?いわゆるネゴした日が決済日といことになるのでしょうか?
そうしますと、そのネゴした日に合わせて輸出の為替予約をすればいいということになるのでしょうか?

それとも、輸入者が貨物代金を支払い、書類を入手してから輸出者の銀行に代金が振り込まれて、それから決済するという形なのでしょうか?

輸出実務がいまいちよく分からないのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 所謂「買取り」で持ち込んだ場合は、銀行の事務システムによりますが、持ち込んだ同日か翌日には入金されます(お取引銀行にご確認下さい)。質問者様のおっしゃる「輸入者が貨物代金を支払い、書類を入手してから」というのは「取立て」に出した場合です(『輸出者の銀行に代金が振り込まれ』というのはちょっと違いますが)。「取立て」は「資金受領後買取」と称している銀行もありますね。
「買取り」ができるか否かは、輸出者の銀行がL/C開設銀行にそれだけの与信をしている否かによります。

 尚、余談ですが、銀行側は問題ない(『買取り』依頼に応じられる)としても、一覧払いでない(しかもbanker's usanceでない)L/Cを買取りに出して即入金された場合は、そのsight分の利息を取られますので、ご注意下さい。

Q年ごとの為替レートを知ることは出来ないですか?

ドル円等の年ごとの為替レートを知ることは出来ないでしょうか?その年の為替レートといったものを一般的にはどう計算するのかはわかりませんが毎日のTTMの平均値でしょうか?

一覧にしてくれているサイトがもしあれば教えていただけたらありがたいです。

Aベストアンサー

会計上は、年度末の仲値TTMを利用します。具体的には日本では3/31の9:55の各銀行の仲値公示レート。
毎日の平均値を出したりすることは、為替レートの分析で行う場合もあるようですが、日によってそのレートで約定している通貨量は日々違うので、参考にはならないと思います。
(為替市場は大きすぎて、加重平均も難しいかと思います)

Qオーストラリアドルの為替レート、両替について

オーストラリアドルの為替レート、両替について

来年2月~3月の約2ヶ月、オーストラリアに滞在する予定でいます。
また、来年の8月にも約1ヵ月オーストラリアに行く予定です!

どこの国も現地で両替するほうが手数料が安いと思っていますが、
日本で替えるのとオーストラリアで替えるのはどちらが安いのでしょうか?
それとも円高の今、日本でオーストラリアドルに替えていくべきでしょうか?

また、トラベラーズチェックもお得だと聞いたことがあります。
詳しく知っている方、教えていただけるととっても助かります><!

Aベストアンサー

今はちょっと円安かなぁ。これからもうちょっと円高になると思うので、今は換金の時では無いと思います。換金するなら来年の方が良さそうです。

また、一昔前はトラベラーズチェックが良いと言われていましたが、1~2年前に購入手数料が1%から2%に値上がりしたので、今は良くないです。
持ち込む金額にもよりますが、30万円を超えるならKVBの円送金が良いでしょう。日本からKVBに円送金し、一時的にお金を預かってもらいます(最長半年)。現地についてからANZ銀行などで銀行口座を開設し、そこに振り込んでもらいます(正し現地住所が必要で、バックパッカーやホテルは不可。ホームステイやシェアハウス、友人宅なら可)。現地銀行口座は、2回目に滞在して帰国する際、必ず解約しましょう。

例えば今現在のレートでみてみると、40万円を持ち込む場合は、KVBの円送金の方103.42ドル(約8,000円)お得です。
★トラベラーズチェック:81.03
    (400,000円-8,000円(手数料2%))÷81.03=4,837.71
  http://www.bk.mufg.jp/gdocs/kinri/list_j/kinri/tvl_check.html
★KVB:79.84
    (400,000円-5,500円(海外送金手数料等))÷79.84=4,941.13
     ※手数料等の金額は銀行により異なる
  http://www.kvbkunlun.com/jp/index.aspx

KVBはレートが良いですが、金額に関わらず海外送金時に5,500~6,000円の手数料がかかるので、まとまった金額を送金する場合に有利です。なのであれこれ換金方法を分散しない方が良いです。もしお友達も一緒に行くなら、一人がまとめて送金すると良いです。また、現地に信用できるお友達がいるなら、わざわざ自分の口座を開設せず、お友達の口座に振り込ませてもらうという手もあります。

-----------------

バックパッカーやホテル住まいなら、現地銀行口座は確か開設できなかったと思うので、この場合や頼めるお友達もいない場合は、クレジットカードのショッピングを中心に、現金が必要な時だけキャッシングを利用すると良いでしょう。レートはなかなか良いですよ(具体的なレートは公表されてないですが)。
キャッシングの利率は日割り計算なので、早めに返せば利子も少ないです。キャッシングの翌営業日以降、コーリングカードでカード会社に電話して金額を確認します。それでネットバンキングで振り込めばOK。かといって銀行振り込み手数料がかかるので、あんまりこまめに返済すると逆に良くないですね。
例えば例えば年利18%のカードで、まず5万円分キャッシングして、2週間後にまた5万円分キャッシング→翌日10万円分返済、とすると、利子は約400円です。ネットバンキングの振り込み手数料315円と併せて、715円ですね。
そこまで長期でもないので、KVBよりこっちの方が手軽で良いかもしれませんね。いくらか金額を分けてキャッシングできるので、換金しすぎてたくさん余っちゃうなんてことも無いですし。

今はちょっと円安かなぁ。これからもうちょっと円高になると思うので、今は換金の時では無いと思います。換金するなら来年の方が良さそうです。

また、一昔前はトラベラーズチェックが良いと言われていましたが、1~2年前に購入手数料が1%から2%に値上がりしたので、今は良くないです。
持ち込む金額にもよりますが、30万円を超えるならKVBの円送金が良いでしょう。日本からKVBに円送金し、一時的にお金を預かってもらいます(最長半年)。現地についてからANZ銀行などで銀行口座を開設し、そこに振り...続きを読む

Qテレビで放送されている為替と銀行の為替レートが違う

朝テレビで米国ドルの為替をみたら1ドル118円くらいでした。そして銀行に行って為替レートをみたら121円になっていました。3円も違いますが、この約3円分は銀行の手数料になっているんでしょうか?ちょっと手数料が高い気がしますすが、こんなもんなんでしょうか?

Aベストアンサー

テレビのニュースは銀行間の取引レートで、一般人はFXで使えるくらいです。
TTS,TTBという外貨預金のレートが1円プラスマイナスくらいで、外貨の現金両替のレートだと質問者さんのいう3円くらいのプラスマイナスになります。

銀行によっても違うし色々あるのです。

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング