『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

今の時期、どこの川が一番よさそうでしょうか?
イワナを釣りたがってる友達がいるので、
よさそうなところを教えてください。

中津川とかでしょうか?
管理釣り場は避けたいです。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

お盆休みで もう けっこう人が入ってしまい釣果は期待出来ません



素人が簡単に川に入れる釣り場(川)では釣れないでしょう 源流と言われる様な 上流奥地へ入らないとなりません 真夏ですので 水温上昇も考え 昼間は釣れないので 朝・夕まずめです。
朝まずめは ヘットライトで照らし 日の出前にポイントまで山道歩きます
夕まずめは 釣後の 帰りが 夜になり 経験ないと遭難の恐れ有りますので 昼間十分に歩いた経験の無い場所は無理だと思います。

中津川は上流半原でおしまい? 鮎の川じゃないかな

丹沢ヤビツ峠エリアは 人がごっそり入り 川も汚れてて ×
早戸川上流なんてどうかな?(相模川漁協です)
また 玄倉が可能性有ります しかしここは
ハイキング メッカでも有り 人は多いでしょう 駐車ポイントも空き無しだと思います。

以前より神秘的川であり キャンプ客が流された事故以来なおさら 怖さが出てる川でもあり 自分は行きません 気お付けて下さい 漁協は酒匂漁協です 入漁券は必ず購入し手下さいね 15cm以下はリリースのマナーもお願いします。

上流源流釣は 沢登も兼ねた技術が必要ですので 良く調べて お仲間でいけるか判断の上 行かれて下さい

安全に手軽に イワナ釣はやはり 管理釣り場です。
虹鱒と違い 当日放流したイワナはバケツ放流でパニックで 殆ど釣れません(落ち着くまで時間が掛かる)前の客が釣り残した魚が狙い目 釣れない分 技術が必要で 遣り甲斐が有りますよ!
朝一に行くのが良いデス
お薦め管理釣り場 清川村にある「やたろう川管理釣り場」 管理事務所より上流が ヤマメ・イワナエリアで 日の出から入って 残りを釣 係員が来たらお金払い 希望時間に魚入れてもらいましょう
朝一釣逃げは出来ません 逃げ道が有りませんので捕まります 笑!
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q都内から車で行ける渓流釣り

今度友達と渓流釣りに行きたいのですが、
初心者が多いのと、餌の虫が苦手な友人がいるので
スピナーやスプーンを使ったルアーフィッシングをしたいと思います。
都内から車で行ける適した場所はないでしょうか?

Aベストアンサー

どうも、釣りバカです。

はてさて質問者様がどのような渓流釣りを思い起こしているか、でご案内も変わってきますが、ある程度こちらで条件を想定して考えていましょうか。

「とにかくサカナを釣りたい」コース
神奈川県の管理釣場の代表選手と言っても良い『リヴァスポット早戸(http://www.hayatogawa.com/)』はとにかく釣れます&持ち帰り匹数制限なし、なのでまず思いつくところですね。ただし以前川底を5mくらいまで掘る作業をしていました&足場は全てジャリを敷いて平地に均してしまったのでゴツゴツとした岩場の続く渓流という趣はゼロです。バーベキューや休憩小屋(食堂)も完備されているので「お手軽にサカナをたくさん釣りたい」人向け。

「とにかく大自然を感じたい」コース
神奈川県山北町の丹沢湖に流れ出す世附川は神奈川県の渓流釣りのメッカ。そのクルマ止めからちょっと歩いた所にある『世附川C&R区間(http://yozuku.com/)』は実質管理釣場で放流量が多いところです。ここは入場料を払えば基本放置(ゴミ捨てたり悪い事をすると森林監視員にとっ捕まります)で休憩場所は管理事務所だけ&売店も自販機もなし(基本普通の川ですから)の本格的な渓流そのもの。なにしろ奥のほうでは熊が出るとか出ないとか…そんなところなのでカワセミや鹿と遭遇したりヤマメが釣れたりと、初心者にはちょっとハードルは高いですが頑張れば相当楽しめる場所です。

「その、中間くらいの場所ないかな」コース
道志川の支流・神の川を遡るとひっそりと佇む『うらたんざわ渓流釣場』はリヴァスポットと世附川の中間くらいの環境。ほどほどに足場が良くてほどほどに自然が近いうえに珍品「ゴールデンヤマメ」というアルビノ(白子)ヤマメが泳いでいます。ここは熊は出ませんが春先にはカモシカが迷い込んできます。ただしフライメインの釣り場なので周りに触発されて「ルアーよりフライのほうが面白いかな?」という誘惑に駆られるかも。ここは小さな売店&自販機がありますが昼飯は基本カップラーメンのみで弁当は売ってません。

「出来れば入場料の安い一般渓流で…」コース
正直神奈川県内の管理釣場は1日4000円/半日3000円くらいと安くありません。
そうなると入漁料1000円前後で遊べる一般渓流という事になるのですが、はっきり言って初心者には優しくありません。丹沢湖に注ぐもう2つの川・中川川(ミスタイプではない)と玄倉川が代表的なところですが玄倉川は今年は規制が入って入渓できない・規制が解除されても元々入渓しづらい。ちょっと脚を伸ばして山梨県都留市の桂川や鹿留川なんかは手頃ですが魚影は保証いたしかねます。
ただしチョイと難しい分眺めは最高(桂川は除く)・釣れれば喜びは10倍くらいです。

なお#1さんが言っているのは亀見橋バカンス村(http://www7a.biglobe.ne.jp/~bakansumura/)ですね。

おそらく「釣堀」「管理釣場」か「一般渓流」と絞り込むともっと答えが期待できると思いますよ。

どうも、釣りバカです。

はてさて質問者様がどのような渓流釣りを思い起こしているか、でご案内も変わってきますが、ある程度こちらで条件を想定して考えていましょうか。

「とにかくサカナを釣りたい」コース
神奈川県の管理釣場の代表選手と言っても良い『リヴァスポット早戸(http://www.hayatogawa.com/)』はとにかく釣れます&持ち帰り匹数制限なし、なのでまず思いつくところですね。ただし以前川底を5mくらいまで掘る作業をしていました&足場は全てジャリを敷いて平地に均してしまったのでゴツゴ...続きを読む

Q宮ヶ瀬ダムの釣り

今週宮ヶ瀬ダムに釣りに行こうと思ってるんですけど、この時期、宮ヶ瀬ダムにはどんな魚がいますか?またどんな釣りが出来ますか?
ボートを持っていないのできわからワカサギの仕掛けをキャスト&ルアーでブラックバスをしてみようと思ってるんですけど、ダムは初めてなので、それで釣れるか自信がありません。
他にもきわから出来るオススメの釣りがあれば教えてください。

Aベストアンサー

宮ケ瀬ダムってわかりませんが、日本のダム湖にいる魚ということですと、琵琶湖にいる魚はだいたい居ます。なぜなら、琵琶湖産アユの放流が全国的に行われていた時代に他の魚が混入したからです。カワムツ・バス・ハス・フナ・ギル・コイ などです。ルアーに反応するのはハス・バス・カワムツなどです。ルアーを水中浅く引っ張ると魚が追ってくるのが見えると思いますので居るか居ないのかはわかると思います。

あと、サケマス科の魚があるとおもいますがダムも河川をせき止めたものなので漁協に属します。従って漁期が決められていることもあることを知っておいたほうがいいでしょう。この時期はサケマス科の産卵後で痩せて色が黒っぽくなっている可能性もあります。(漁協のサイトをチェックしておくと良いでしょう。)

ルアーでブラックバスを釣る場合ですがバスには適温があります。盛夏にはダムと上流の河川のつなぎ目(バックウォーター付近)も狙い目でそういう場所には河原があって岸から釣りやすい場所なのですが、上流の河川の水温が下がると徐々にそこからもっと水温のある深みに落ち着くとおもいますのでポイント選びの参考にしてください。

ダムは初めてとのことですが、足場ですがすべり落ちないような足元のしっかりする場所を歩くようにしないといけません。渇水でダムの水際が崖になっていて危険なように思います。

ダムの釣が駄目でどうしても何かを釣りたいなら上記のバックウォーターでハエ釣り(寒バエ)ならたぶん釣れるとおもいます。

宮ケ瀬ダムってわかりませんが、日本のダム湖にいる魚ということですと、琵琶湖にいる魚はだいたい居ます。なぜなら、琵琶湖産アユの放流が全国的に行われていた時代に他の魚が混入したからです。カワムツ・バス・ハス・フナ・ギル・コイ などです。ルアーに反応するのはハス・バス・カワムツなどです。ルアーを水中浅く引っ張ると魚が追ってくるのが見えると思いますので居るか居ないのかはわかると思います。

あと、サケマス科の魚があるとおもいますがダムも河川をせき止めたものなので漁協に属します。従っ...続きを読む

Qルアー釣りですが桂川(桂川漁協)での入渓場所やポイントを教えてください

みなさんいつもお世話になっています。もうすぐ関東では待ちにまった渓流が解禁になりますね。私は東京に在住のルアーマンで、3年ほど多摩川にかよいました。今年はちょっと欲をかいて桂川にもチャレンジしてみようと思っています。
3月1日に桂川漁協の管理する桂川が解禁になりますのでぜひいってみようと思っています。しかし、これまでに国道20号は通ったことは有るのですが、車をとめる駐車場や入渓地点など全く分かりません。インターネットで探してみましたがなかなか見つかりません。
そこでみなさんのお力をお借りして3月1日には桂川で釣りをしたいと思います。私は方向音痴なのでできるだけ詳しく場所を教えていただけると有り難いです。 
渓流に通っているわりにはボウズが多く、釣れないのにはなれていますができれば1匹でも釣りたいと思っています。お勧めの場所やルアーがあればあわせて教えていただければとおもっています。川の流れの早さや水量や川幅が分からないので、5.6フィートのロッドを持っていこうと思っています。(ちなみに形から入るタイプなので、50、53、60、62のロッドを持っています)
釣れないルアーマンにぜひともアドバイスお願いいたします。

みなさんいつもお世話になっています。もうすぐ関東では待ちにまった渓流が解禁になりますね。私は東京に在住のルアーマンで、3年ほど多摩川にかよいました。今年はちょっと欲をかいて桂川にもチャレンジしてみようと思っています。
3月1日に桂川漁協の管理する桂川が解禁になりますのでぜひいってみようと思っています。しかし、これまでに国道20号は通ったことは有るのですが、車をとめる駐車場や入渓地点など全く分かりません。インターネットで探してみましたがなかなか見つかりません。
そこでみなさ...続きを読む

Aベストアンサー

桂川漁協の河川には渓流魚はほとんどいません。

桂川水系は上流部(山中湖~都留)の忍草漁協、中流部(都留~大月)の都留漁協、下流部(大月~上野原)の3漁協に分かれています。

子供のころ、上野原で育ちました。今の生活は立川ですが、年に10回は桂川で釣りをします。

桂川漁協は支流部には多少は渓流魚もいますが、漁協もそれほど、渓流魚の放流に力を入れていません。これは、想像ですが、相模湖のダム建造に伴い神奈川県は桂川に鮎を放流する義務があります。大昔に、山口という人が交渉して、そのようになったそうです。後世の流域住民は大感謝です。当時の漁業補償を一時金でもらっていたら、今の桂川はなかったでしょう。よって、漁協としては、釣り券の販売等には力を入れなくても、神奈川県からの鮎で放流できるわけです。なので、ほとんど、鮎意外の魚は放流されていません。また、笹子川以下の本流は温度が高く、渓流魚は繁殖できません。

しかし、がっかりしないで下さい。
ルアーの対象となるマス、山女、岩魚は都留漁協と忍草漁協で釣れます。いっぱいつれます。放流も頻繁にしています。しかも、シャケのような化け物もかなりいます。これは、かなり有名です。川茂堰堤は有名な場所です。両漁協はしっかり渓流魚を放流してますし、川も冷たいので、魚も自然繁殖してるのかも知れません。場所は詳しく書けませんが、ネット検索すれば、簡単に探すことができます。かなり詳しいポイント紹介されているサイトもありますよ。田原の滝、川茂堰堤で検索してみてください。絶対に参考になると思います。

桂川漁協の河川には渓流魚はほとんどいません。

桂川水系は上流部(山中湖~都留)の忍草漁協、中流部(都留~大月)の都留漁協、下流部(大月~上野原)の3漁協に分かれています。

子供のころ、上野原で育ちました。今の生活は立川ですが、年に10回は桂川で釣りをします。

桂川漁協は支流部には多少は渓流魚もいますが、漁協もそれほど、渓流魚の放流に力を入れていません。これは、想像ですが、相模湖のダム建造に伴い神奈川県は桂川に鮎を放流する義務があります。大昔に、山口という人が交渉して...続きを読む

Q雨の日の渓流釣りって釣れるんですか?

釣りを一度しかしたことが無い釣り初心者です、
釣りデビューは解禁直後河津川で、ボウズだったあげく川に落ち、
糸や針を木や岩に根掛かりさせまくって、退場を覚悟したほどセンスが無いです。
でもやはり上手くなりたい、お魚とりたい。
下手でも回数を積んでコツを覚えたいのですが、会社員の性か休日は限られています。雨を理由に釣りを休みたく無いのですが釣れないのなら意味はありません。
雨の日というのはそもそも釣れるのでしょうか?
ちなみに自宅からそう遠く無い同志、丹沢付近でやるつもりです。

Aベストアンサー

どうも、釣りバカです。
色々な人がおっしゃるとおり濁りはチャンスです。とはいえ濁りにも大きく分けると3つのタイプがありまして、ひとつはまるでコーヒー牛乳のようなドロドロな濁り…これを便宜上“カフェオレ色”と呼びます…で、これは「釣れる」という人と「釣れない」という人にはっきり分かれます。もうひとつはある程度透明度が回復して水がキレイな笹の葉のよ若葉のような色の濁りで、これは俗にササ濁りと言って大釣りのチャンスと言われています。最後にカフェオレ色とササ濁りの中間で、抹茶に練乳を混ぜたような色…便宜上これを“抹茶ミルク色”と呼びます…の時は過半数の人が「釣れる」と言います。
概して「釣れる」という人は警戒心が解けたトラウト相手に良い思いをした経験からそういうもので、実際私も濁りは大歓迎です。雨が降れば雨音で足音をある程度消してくれる、薄暗いのでこちらの姿がサカナに見切られにくくなる、などのメリットも考えられます。

ただ渓流を手竿で攻めるとなれば 晴れの日より薄暗い=目印が見づらくなる=釣りづらい となるのでデメリットもあります。それなりの対策も必要になりますね。

老婆心ながら道志・丹沢(去年まで私のホームグラウンドでした)ですと雨や濁り以前に”根こそぎ”で釣れないという悲しい現実が…年寄りエサ釣りをしている人が大多数ですが、20cm未満であれもう10尾以上釣っているのであれ、「釣れたものは俺のモノ」とばかりに持ち帰ってしまいます。私と私の仲間うちではこういった貧しい心の釣り人を「ハイエナ」「貧乏人」「ヒョットコ」とバカにしています。特に道志川ではキャッチ&リリースが廃止され魚影が極端に少なくなっています。
釣果を上げるのも釣り人としての腕ですが、まずはサカナに“愛”を持って接して行くことが21世紀の釣り師への第一歩だと思います。せめて「家族が食べる以上は持ち帰らない」愛に満ちたスマートな釣りを心がけたいものですね。

どうも、釣りバカです。
色々な人がおっしゃるとおり濁りはチャンスです。とはいえ濁りにも大きく分けると3つのタイプがありまして、ひとつはまるでコーヒー牛乳のようなドロドロな濁り…これを便宜上“カフェオレ色”と呼びます…で、これは「釣れる」という人と「釣れない」という人にはっきり分かれます。もうひとつはある程度透明度が回復して水がキレイな笹の葉のよ若葉のような色の濁りで、これは俗にササ濁りと言って大釣りのチャンスと言われています。最後にカフェオレ色とササ濁りの中間で、抹茶に練乳を...続きを読む

Q神奈川近郊で電車釣行のトラウト

神奈川近郊で電車釣行でいけるトラウトの釣り場を
探しています。できれば管理釣り場ではなくネイティブトラウトの釣れる所がいいです。
相模湖なども検討しましたが陸から釣れないようなので。。。

よろしくお願いします

Aベストアンサー

最初に、今は日本全国どこの河川も産卵期による禁漁期間なのでサカナは痩せている・密漁なので逮捕拘留を含めた刑事事件になると踏んだり蹴ったりであることを断っておきます。

神奈川県内は芦ノ湖以外の湖沼ではトラウトは諦めてください。相模湖でサクラマスの実績はありますが、これはたまたまバスを狙っていた人が間違えて釣ってしまったものばかりで、土地の人いわくUFOを目撃するほうが確率が高いのだそうです。
電車で行く自然渓流といえば神奈川県内だと表丹沢・酒匂川水系ですね。丹沢湖に注ぐ世附川・玄倉川・中川川(中川でなく中川川)とその支流が有名ですが、バスを利用することになります。根性と気合で歩いていけるのはJR御殿場線・山北町から歩いて30分以上の皆瀬川です。
また箱根登山鉄道沿いに流れる早川もニジマスとヤマメが釣れます。こちらの釣期はアユの始まる6月までですが、張るにはにじます祭りをやるので残りマスを狙うのも一興でしょう。また湯河原界隈の河川もヤマメやニジマスが放流されています。

伊豆半島は意外と穴場で伊豆急行・南伊東駅から根性と気合で歩いて30分以上の松川と松川湖、伊豆急行・河津駅から根性と気合で歩いて河津川、伊豆急行・下田駅から根性と気合で歩いて稲生沢川…伊豆半島ではヤマメとアマゴが狙えます。この中では河津川が最も駅から近いところでトラウトが狙えます。

今の時期なら禁漁期間のない松川湖ぐらいですね(下記URLは松川湖漁協のHP)。ただし歩くとなると山道なので相当の根性と気合が要りますのでタクシーを利用してください…河口湖ほど距離は遠くありません。

電車で行くとなるとどこもかなり根性と気合が要りますので、タクシーの連絡先を駅前で聞いておくといいでしょう。また全て温泉が絡んでいるところなのでひとっ風呂浴びるのもいいでしょう。

参考URL:http://www.tukanlune.co.jp/matukawa/main.htm

最初に、今は日本全国どこの河川も産卵期による禁漁期間なのでサカナは痩せている・密漁なので逮捕拘留を含めた刑事事件になると踏んだり蹴ったりであることを断っておきます。

神奈川県内は芦ノ湖以外の湖沼ではトラウトは諦めてください。相模湖でサクラマスの実績はありますが、これはたまたまバスを狙っていた人が間違えて釣ってしまったものばかりで、土地の人いわくUFOを目撃するほうが確率が高いのだそうです。
電車で行く自然渓流といえば神奈川県内だと表丹沢・酒匂川水系ですね。丹沢湖に注ぐ世...続きを読む

Q箱根で渓流釣り

今週末、会社の旅行で箱根湯本に行きます。ルアー釣りが好きで奥多摩に良く行きますが、今回は箱根の早川で渓流釣りを楽しみたいと思っています。ポイント等御存じでしたら教えてください。空いている時間に行くのでスニーカーにパックロッドという軽装で行こうと思っていますが、入渓できるところなどありますか。ちなみに交通手段は小田急線です。

Aベストアンサー

どうも、釣りバカです。

むうぅ、早川にスニーカーですか?せめてニーブーツは履いて欲しいところですが…本格的な渓流地帯なら湯本駅から山に登って一つ目の橋から上流で、結構魚影も濃いことはあまり知られていませんが、そのスタイルで入ったらかなりなめていると地元の人から怒られるでしょう。

そこで湯本駅まん前の川でルアーを投げてみてください。近辺にマスの釣堀(つかみ取りができるところ)がありますが、その周辺で毎年解禁日の3月1日にニジマス釣大会の会場となります。

狙うのは大会で釣られなかった残りマス狙いです。

毎年駅前の河川敷を中心に行われるイベントでお起きの観光客が参加しますが、組合の人がこれでもかと放流するので毎年残りマスが出る、というわけです。GWを過ぎると水温が上がって残りマスも遡上してしまいますが、今ならいけます。激戦を生き残った連中なだけに少々手ごわいですが、軽装で十分楽しめますよ。
念のため駅の売店などでマス釣大会の場所を聞いておくとポイントもかなり絞り込めます。

ただし場所が場所なだけに観光客の視線をもろにかぶります。

どうも、釣りバカです。

むうぅ、早川にスニーカーですか?せめてニーブーツは履いて欲しいところですが…本格的な渓流地帯なら湯本駅から山に登って一つ目の橋から上流で、結構魚影も濃いことはあまり知られていませんが、そのスタイルで入ったらかなりなめていると地元の人から怒られるでしょう。

そこで湯本駅まん前の川でルアーを投げてみてください。近辺にマスの釣堀(つかみ取りができるところ)がありますが、その周辺で毎年解禁日の3月1日にニジマス釣大会の会場となります。

狙うのは大会で釣...続きを読む

Q初心者の川釣り

今度、釣りに初心者の友人を連れて釣りに行くことになりました。本人の希望は川釣り(対象魚は問わず)なのですが、私も川釣りは余りやらないので、釣りやすい場所などが分かりません。また、いかんせん足が電車しかないので、何処の川に行けば良いかも分かりません。

首都圏、特に横浜からのアクセスが比較的容易な場所を探していますが、どこか良いところがありますでしょうか?

どなたか教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

どうも、釣りバカです。

相模川があるじゃないですか。
http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&ie=UTF8&ll=35.454238,139.37788&spn=0.04125,0.084629&z=13&om=1
↑本厚木駅を基準に考えれば相模川は攻略しやすいですね。支流の中津川や小鮎川等が合流する国道246号線あたりはアユ狙いの釣り人から誰が放流したかトロ場でのヘラブナや夕方から夜にかけてのナマズやウナギ狙いと魚種は豊富です。
http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&ie=UTF8&ll=35.507356,139.375305&spn=0.082446,0.169258&z=12&om=1
↑相模線・相武台下~原当麻(はらたいま)までは比較的駅から近く、下溝駅まん前の猿ヶ島は相模川中流域でも超A級ポイントで、バスが溜まっています。
http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&ie=UTF8&ll=35.491984,139.324837&spn=0.082462,0.169258&z=12&om=1
↑相模川の支流・中津川や小鮎川もなかなか魚影の濃いところで、アクセスには神奈中バスしかありません。また
http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&ie=UTF8&ll=35.374634,139.36964&spn=0.020646,0.042315&z=14&om=1
↑寒川橋の堰より下流は汽水域でシーバス(スズキ)等はここまで遡上します。

対象魚ですが、最上流部はヤマメかイワナ(神奈川県酒匂川より西に行かないとアマゴは生息していません)、中流域はコイ・フナ・バス・ナマズ・アユ・オイカワ(関東ではヤマベ…関西で言うシラハエはこの仲間で関東では区別せずにヤマベと呼ぶ場合がほとんど)・ウグイ(関東ではハヤ)等、河口域となると中流域のサカナに加えてスズキやクロダイ・ハゼ・舌平目…と魚種は豊富です。ヤマメ・イワナは山間部で難しい釣りですしアユはこの時期友釣りで釣具の準備だけでン10万円掛かる、河口の釣りはもはや海釣りなのでまずはオイカワやウグイ狙いをお勧めします。

お勧めは中流域で本厚木駅から神奈中バスでここと決めずに適当に行き先を決めて(駅案内所などで「川沿いを走る路線はどれ?」と聞いておく)“ぶらり途中下車”な釣りです。これが休日の釣りっぽくてとても楽しい…はず。本厚木より山側に行くとのどかな風景が広がっている所が残っているので旅情はたっぷりです。

念の為タックルや釣り方は
http://www.marukyu.com/marukyu/hajimete/gyoshu/gyoshu2_5.html
↑マルキューHPで詳しく紹介していますので参考までに。

どうも、釣りバカです。

相模川があるじゃないですか。
http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&ie=UTF8&ll=35.454238,139.37788&spn=0.04125,0.084629&z=13&om=1
↑本厚木駅を基準に考えれば相模川は攻略しやすいですね。支流の中津川や小鮎川等が合流する国道246号線あたりはアユ狙いの釣り人から誰が放流したかトロ場でのヘラブナや夕方から夜にかけてのナマズやウナギ狙いと魚種は豊富です。
http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&ie=UTF8&ll=35.507356,139.375305&spn=0.082446,0.169258&z=12&om=1
↑...続きを読む

Q釣った渓流魚の持ち帰り方で悩んでいます

はじめまして。渓流釣り暦4年の初心者です。
このGWにあまご狙いで一泊二日キャンプ釣行に行く予定です。
場所は片道、車2時間半と徒歩3時間半の源流です。これからの季節暖かくなってきますが、このような状況で釣った魚を持ち帰ることは可能でしょうか?(土産程度なので数匹でいいのですが・・・)車では氷を買い換えますので、車に戻るまでの5時間程度です。また、内臓やエラを取り外す他に腐りにくくする方法がありましたら教えて下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

自分は 500mlペットボトルを凍らせ 分厚いぺトボトル保温ケースに入れタオルをぐるぐる巻きにしてもって行きます コレを帰りの保冷剤に使います

もう一本 今の時期なら 半冷凍位を活かしビクへ入れて行きの保冷と飲料にします。

腐り対策は やはり熊笹に包むのが良いデス

氷が無ければ 川の水を交換しながら車に戻るとかで大丈夫では 当然裁いた魚はビニール袋に入れてです(味が落ちますから)

やはり 源流の魚は なかなか持ち帰らない様になってるのかな 釣果の様子を見ながら 来年に残す事を
忘れず 安善に楽しんで来て下さい

Q神奈川のニジマス釣り場

5月の中頃、神奈川県でニジマスを釣りに行こうと思うのですがどこかいい釣り場はないでしょうか?
調べるとたくさん出てきすぎてどこが良いのかわかりません。

・放流していて素人でも釣れるところ。
・釣り具をレンタルしてくれるところ
・自然を楽しみたいので、あまり人工的な釣り堀(ため池)みたいなところではない場所
・その場で、火をおこして釣った魚を焼いて食べられるところ
・買い取り制ではなく竿1本いくらで、~kgまでだったら釣り放題
・できれば近くに(車で片道15分くらいまでの範囲に)食事できるところ(そば屋さんなど)があるとうれしいです。

などの要望があるので、できる限りかなう場所がいいのですが・・・。
神奈川県内であればどこでもいいと思っています。
行ったことがあって、お勧めの場所などございましたらご紹介いただけるとうれしいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

神奈川のニジマス釣り場
5月の中頃、神奈川県でニジマスを釣りに
・放流していて素人でも釣れるところ。
・釣り具をレンタルしてくれるところ
・自然を楽しみたいので、あまり人工的な釣り堀(ため池)みたいなところではない場所
・その場で、火をおこして釣った魚を焼いて食べられるところ
・買い取り制ではなく竿1本いくらで、~kgまでだったら釣り放題
・できれば近くに(車で片道15分くらいまでの範囲に)食事できるところ(そば屋さんなど)があるとうれしいです

だれでも釣れるところです。
http://www.hakone.ne.jp/miyagino/
芦ノ湖でボートで釣りです。
http://www.fs-nozaki.com/
http://www.ashinoko-fc.co.jp/
 親切丁寧に教えてくれると思います。

Qフライかテンカラかで迷っています?

当方、渓流でルアーの釣りを初めて5年になります。
最近になって毛バリ釣りに興味を持つようになり、フライかテンカラのどちらかをルアーと並行してやりたいと思っています。どちらにするかで悩んでいます。
ルアーでは経験できない所謂トップの釣りに憧れがあり、魚が水面を割ってパクッ!という瞬間を見てみたいのです。

私の活動範囲は、桂川水系、道志川、秋川水系、奥多摩、信州川上村(千曲川水系)などです。北海道などのパラダイスの釣りは念頭に置いていません。あくまでハイプレッシャー河川のみです。

フライについて調べたところ、ルアーに比べると大物釣りにおいては不利であることが分かりました。
フライマンはドライの釣りを好みます。ドライで魚が出るポイントはそれほど水深がない場所ですから大物はあまり居ません(パラダイスなら居るでしょうが、そういう所には私は行きません)。ウェットで沈ませても錘を重くできないので、深いところに潜んでいる大物にはアピールできないと聞きました。

フライでは魚が水面を割ってパクッ!という瞬間が見られる面白さはあるが、大物は掛からない。大物が掛からないという欠点があるがトップの釣りを楽しめる。私はフライをこのように捉えています。
テンカラも同じなのでしょうか?

テンカラはルアーに近いと雑誌に書いてありましたが、フライに比べて大物が釣れやすいということはあるのでしょうか?
また、探れる範囲においてはラインを遠くまで飛ばせるフライに分があり、この点でテンカラは不利です。この不利な点を挽回できる長所がテンカラになければ、フライ王国のアメリカでテンカラが静かなブームとなる余地などないと思うのです。
テンカラはフライからリールをとったもの、という私の印象は間違っているはずです。

何卒ご教授お願い致します。

当方、渓流でルアーの釣りを初めて5年になります。
最近になって毛バリ釣りに興味を持つようになり、フライかテンカラのどちらかをルアーと並行してやりたいと思っています。どちらにするかで悩んでいます。
ルアーでは経験できない所謂トップの釣りに憧れがあり、魚が水面を割ってパクッ!という瞬間を見てみたいのです。

私の活動範囲は、桂川水系、道志川、秋川水系、奥多摩、信州川上村(千曲川水系)などです。北海道などのパラダイスの釣りは念頭に置いていません。あくまでハイプレッシャー河川のみです...続きを読む

Aベストアンサー

私は質問者さんがパラダイスと呼んでくださる北海道に住んでいます。そこで、フライフィッシングもテンカラも両方経験しています。
最初にテンカラを始め、ずっと後になって友人達とフライも始めてみましたが、数年でほとんど手を出さなくなり、ロッドもリールも放りだしたままです。テンカラは今でも私の渓流釣りの主たる釣り方です。

フライをやらなくなった理由は、私の場合一番大きいのは自分でフライを巻けなかったからです。
巻けなかった、というのは巻いてみても出来なかったというのではなく、金銭的にフライを巻く道具立てをそろえることができなかったということにあります。フライを巻くための道具はバイスやその他小道具、羽根や獣毛などひとそろいに数万円は必要だったかと思いますし、羽根などはキリがないという感じもしてました。結果的にショップから出来あいのフライを買ってきて使っていましたが、テンカラだと自分でいくらでも巻けましたので、なんとなく他人の巻いたハリで釣っても満足できないなという感じで、しっくりこなかったというのがありました。
テンカラだと2,000~3,000円も出せばほぼ一生分の毛バリが巻けるのではないかというくらいの素材をそろえられましたから、今でもその当時(20年以上前でしょうか)の素材で巻いています。接着剤も使わないですし、河原で巻くこともあります。

金銭的にと書きましたが、私の場合、作りこむフライというものに何かめんどくささや、そこまでしなくてもといった感覚があったような気もします。

ということで今はテンカラ一辺倒ですが、フライもまたやってもようかなという気になることもあります。ただ、テンカラがあまりに手軽なため、まだ再開はしてませんが。

私はどちらもおもしろいですし、40cm弱程度ですが、テンカラより大きなサイズを掛けたことがあるのはフライ(ドライ)でした。もちろん、その時テンカラでやっていれば、テンカラで釣れたかもしれませんし、フライだからこそ若干離れたところから流せたので釣れた、と言えるのかもしれません。
フライの方がテンカラより大物が釣りやすいなどとも言いませんし、その逆も言いません。どちらでも大物にめぐり合うチャンスはあるかと思います。

どちらも場所によって、狙う対象魚によって楽しめますので、どうでしょう、”金銭的に余裕”があるのであれば、どちらも楽しんでみてはいかがでしょうか?
もし、「二兎は追いたくない、どちらかに集中して取り組みたい」というのであれば、湖などを対象にしなく渓流を主にということでしたら、私は自分の経験上テンカラをお勧めします。
理由は手軽さ、やりこむほどの奥深さ(もちろんフライもでしょうけど)、日本の原風景に合った釣りであること(思い込みかもですが)等々いろいろありますが、やはり手軽さが一番の理由です。

今は、入門・解説書も多い世の中ですが、私は加藤須賀雄著の「かげろうの釣り」を読んで、ライン作りや毛バリ作りの参考にしたものです。釣りの解説部分のほか、エッセイ的な部分もたいへんおもしろい本ですので、もし読んでいらっしゃらなければオススメします。解説部分は今となっては古いのでしょうけど、私は以前としてその当時のままの方法で釣り続けて、それなりに釣れています。

パラダイスならではだからでしょうか・・・ 

私は質問者さんがパラダイスと呼んでくださる北海道に住んでいます。そこで、フライフィッシングもテンカラも両方経験しています。
最初にテンカラを始め、ずっと後になって友人達とフライも始めてみましたが、数年でほとんど手を出さなくなり、ロッドもリールも放りだしたままです。テンカラは今でも私の渓流釣りの主たる釣り方です。

フライをやらなくなった理由は、私の場合一番大きいのは自分でフライを巻けなかったからです。
巻けなかった、というのは巻いてみても出来なかったというのではなく、金銭的に...続きを読む


人気Q&Aランキング