持ち株会社の功罪ってどんなこと?

A 回答 (2件)

功としては、第1に、戦略と事業の分離ができたこと。


第2に、子会社で独立採算の経営が行われるために、経営責任の明確化が出来る。第3に、有力企業を合併でなく買収で持ち株会社の傘下に入れやすくなるので、人事など合併の際に生じる問題から開放され、経営組織改革が容易になる。

罪としては、第1に経営の求心力の低下がある。
第2に税負担が増加すること。ただ
、この問題は、連結納税が解禁されれば解決する。
以上です。
    • good
    • 0

 功はグループとしての人的配分、物的配分などで、資源の集中化が図られ一体化した経営ができること、罪として、各企業の自由・闊達さがなくなり、中央(親会社)の出先機関化される。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QNTT(持ち株会社)って何ですか?

”NTT(持ち株会社)”と一般的に普及している”NTT”という
名称の違いは何でしょうか?

Aベストアンサー

NTTは持ち株会社であり、その下に NTT東日本 NTT西日本 NTTDoCoMo NTTデータなど、たくさんの会社がぶら下がっている感じです。
普通NTTと言えば固定電話事業を行っている、NTT東日本 と 西日本を指すのではないでしょうか。
持ち株会社のNTTは何をしているかと言うと、グループ会社すべてを管理監督しているだけです。自ら事業などは行っていません。
収入は持っているグループ会社の株の配当金となります。

Q持ち株会社って?

大学のゼミでコーポレートガバナンスについて研究しているのですが(金融)持ち株会社という組織の構造がよくわかりません。この持ち株会社というものが日本のガバナンスシステムの再構築に有効だというのですが・・・。この変について詳しい方がおられたら教えてください。また持ち株会社について詳しく説明されているH.Pなどもありましたらぜひ教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

持ち株会社とは、他の企業の株式を所有してその会社の事業のコントロールをすることが出来る親会社を言います。

持株会社には2種類有ります。

1)事業持ち株会社
2)純粋持ち株会社

1)は、自身が事業を行っている持ち株会社
2)は、持ち株子会社のコントロールのみを事業とする会社です。

1)の事業持ち株会社は、企業の1事業部が独立して新たに株式会社になることが多いので昔から認可されていました。
一般に言うグループ企業の子会社です。
例えば乗用車メーカーの販売事業部や部品事業部或いは小型車事業部などが独立してそれぞれ単独の株式会社となり親会社が資本金の出資をしたような形態です。
親会社は本業の乗用車メーカーです。

2)の純粋持ち株会社とは,上記の本業を持たず子会社の支配権を持つ事を本業とした親会社です。
「自ら事業は行はない」と言う言い方をしています。
日本では,純粋持ち株会社は独占禁止法で禁止されていましたが,98年度から解禁されました。

禁止されていた理由は,過度に大きくなり「昔の財閥の復活に繋がる」ことや「労働組合活動が親会社の命令により妨げられる」などがあるようです。

解禁された理由は、バブル景気の破綻から企業の再編が迅速に行われず不況を長引かせる原因にもなったこと、米国の大企業は大半が持ち株会社の形態であることです。

純粋持ち株会社であれば親会社が赤字の子会社を清算させ責任者の解雇や、労働者を他の黒字企業などに分散させたりして傷を小さく早く軌道変更が出来るのです。

メリット:傘下の企業間で合併同様の効果が得られる。
企業再編が行いやすく合併に伴う法律,税務、人事などの諸問題を回避できる。
リスクの軽減。
分権と集権のバランス調整が可能、など

デメリット:機構の重複。
経営の機動性が削減される。
過度の集中に陥る可能性が有る。等々

金融持ち株会社には、例として都市銀行が出資して純粋持ち株会社を設立し自らその傘下になり、従来の子会社である地方銀行や,ノンバンク、保険会社や証券企業を組み入れる方法等があります。

出資形態により銀行持ち株会社,証券持ち株会社,生命保険持ち株会社などと呼ばれています。

金融持ち株会社は他と違い色々な設立規制が有ります。
預金者や契約者の保護などの観点から一般の事業会社には持ち株制限5%保険会社10%などです。

これくらいでいいでしょうか?

持ち株会社とは、他の企業の株式を所有してその会社の事業のコントロールをすることが出来る親会社を言います。

持株会社には2種類有ります。

1)事業持ち株会社
2)純粋持ち株会社

1)は、自身が事業を行っている持ち株会社
2)は、持ち株子会社のコントロールのみを事業とする会社です。

1)の事業持ち株会社は、企業の1事業部が独立して新たに株式会社になることが多いので昔から認可されていました。
一般に言うグループ企業の子会社です。
例えば乗用車メーカーの販売事業部や部品事業部...続きを読む

QJRグループは持ち株会社でしょうか?

JRグループはNTTグループのように持ち株会社でしょうか?
それともJR東日本、JR西日本など、独立した会社なのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

本州の三社は独立した企業で
三島の三社は、日本国有鉄道清算事業団が大株主になっています。

Q持ち株会社について

持ち株会社という

言葉の定義がわからず最初に疑問に思ってはや数年(?)たちました。最初はwikiとかで調べてみたけど理解できなかったのですが、最近になってようやく理解できはじめました。

要は--- 目立という空想上の会社があったとして(日立すみません!)

目立は実に様々な子会社がある。

株式会社目立オートサービス
株式会社目立オートパーツ&サービス
目立オートモティブシステムズ・・・数えればきりがないほど。

持ち株会社というのは、例えば目立ホールディングズという会社を作って株式の管理を主にする会社を作る。そして先に挙げた、株式会社目立オートサービス、株式会社目立オートパーツ&サービス、目立オートモティブシステムズなどの株式の株式を管理する。そういった理解でよろしいのでしょうか。

ある程度の規模の会社になればこういう会社の運用をするのが一般的になるのでしょうか。

追伸、持ち株会社の意味が理解できなかったのは多分、言葉というより仕組みが難しいからだと思い(たい)ます。

Aベストアンサー

> ある程度の規模の会社になればこういう会社の運用をするのが一般的になるのでしょうか。

一般的と言うより、「ニーズの有無」でしょうね。

大手でも、必要性が無ければ、親会社-子会社-孫会社・・と言う「縦組織」の企業グループも多いですヨ。
色んなニーズがあるのですが、一言で言えば、「グループの再編」とかでしょうか?

たとえば、新たに成長分野などに投資した孫会社が、子会社より成長し、グループ内で重要な位置付けになっちゃうなどと言う事態が有り得ますよね?
しかし縦社会のままですと、孫会社の直接的な管理や指揮命令権は子会社ですし、社長ポストは、子会社の天下り先みたいな場合が多いです。

そこで持株会社化しますと、重要な孫会社などは、直接、持株会社が管理する体制にも出来ます。
即ち、親会社,子会社,孫会社などの区別なく、それらを並列に並べ変えちゃうワケで、縦組織を横組織的に眺めることが可能になるでしょ?

また違う観点で言いますと、持株会社化すれば、重要なグループ内の会社の社長は、持株会社の役員も兼務させ、持株会社の役員会で、グループ経営会議も出来ますし。

小規模経営で言えば、親会社の社長が、いくつかの子会社の社長や役員も兼務・・なんてコトも多いですが、持株会社化して、ソコの社長になれば、株主として支配している個々の会社には、株主(オーナー)の立場で、経営に参画すれば良いワケで、複数の肩書を持つ必要もありません。

これも違う言い方をしますと、持株会社の社長がグループ全体の社長で、傘下の企業の社長は、実質的には平取締役とか、部長さんくらいのイメージですかね?

「指揮命令権の組換え」と言う言い方も出来るかと思います。
また、持株会社の資本金は小さくて済むなど、資本政策面などでもメリットがある場合もありますよ。

> ある程度の規模の会社になればこういう会社の運用をするのが一般的になるのでしょうか。

一般的と言うより、「ニーズの有無」でしょうね。

大手でも、必要性が無ければ、親会社-子会社-孫会社・・と言う「縦組織」の企業グループも多いですヨ。
色んなニーズがあるのですが、一言で言えば、「グループの再編」とかでしょうか?

たとえば、新たに成長分野などに投資した孫会社が、子会社より成長し、グループ内で重要な位置付けになっちゃうなどと言う事態が有り得ますよね?
しかし縦社会のままですと、孫...続きを読む

Q持ち株会社の収益について

「持ち株会社」の業務とは、簡単に言うと【グループ企業の戦略立案および経営管理】ということらしいのですが、(1)収益はグループ企業から吸い上げているのでしょうか。(2)その場合、持ち株会社に献上している金額はどのようにして決定されているのですか?(3)適切と思われる額を大きく上回るようであれば、グループ企業としては費用を大きく計上できて節税に役立つことになりますか?
 参考になるようなHPや参考書あればぜひ教えて頂きたいです。

Aベストアンサー

持ち株会社とは、保有している子会社の株式以外からは一切収入を得ることはありません。
(事業を行っていない、純粋持ち株会社の場合)

(1)ですので、子会社が株式に対して配当する金額というのが、そのまま持ち株会社の収益に該当します。

(2)子会社は自ら業務を行う必要があるので、利益を一円も会社に残さず親会社に渡してしまえば、いつまで
だっても業務を拡大することはできません。
よって、何割とかどのようにというのは会社によってまちまちですが、内部留保以外の一定額を
配当の形で親会社に出しています。

(3)持ち株会社も親会社も黒字の場合には、どちらに資金を回しても、基本的にはどちらかで課税されるので、
結局同じことだと思います。
ですが、どちらかが赤字なら、どちらかの黒字を充当することにより節税になる場合はあるでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報