仕事柄事故車をよく目にするのですが助手席エアバッグがフロントウインドウを割っている光景を度々見ます。
エアバッグが出る事故ですから修理代も相当覚悟は要るといますがフロントウインドウの10万円前後は余分だと思います。車種によればエアバッグの交換でダッシュボードの脱着または交換が必要な場合もあり20万円近くの余分な出費となるケースがあります。
メーカーの方はそのあたりのことも考慮してもらっているのでしょうか?
代替にはつながると思いますが・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

フロントウインドについては、乗員の安全を確保するためにウインドウと乗員の間にすばやく展開する必要上(ダッシュボードのデザインやフロントウインドとの位置関係もあるが)ある意味いたし方内部分もありますね。



車種によってはエアバッグの展開に際してダッシュボードの上皮を破って展開するものもあり、これなどは改善の対照になるでしょう。

また、コストの関係もあるのでしょうが、パッセンジャーシートが空席であるかどうかのセンサー(重量検出や光学センサーなどで)を取り付け、衝撃の方向等の要素を考え合わせパッセンジャー側の動作を止めるなどの方法もあるかと思いますが、とにかく人命第一の装置であることから動作時のコスト(修理費)よりも、動作の確実性を重視しているのかもしれません。

この回答への補足

もっとも最近のクルマの衝撃吸収ボディーってオオッというほどつぶれて衝撃を吸収していますものね。
それから言えばエアバッグの作動時のコストなど大きなウェイトを占めないのでしょうね。
くれぐれも車両保険を・・と言うことですね。
ありがとうございました。

補足日時:2001/10/28 12:13
    • good
    • 1
この回答へのお礼

すみません。補足の所に記入してしまいました。

お礼日時:2001/10/28 12:40

まず、エアバックですが、小さい事故では


作動しないですよね、大抵、ラジエターを壊す
以上の事故でないと作動しないと思います。

次に、エアーバックの作動ですが、
運転席のハンドルエアーバックは、折畳みかたりより、
急激にドライバーの方向に伸びそれから、横方向に伸展していくと言うものが、威力が強くドライバーにも、
怪我を負わせる可能性があり、
某自動車メーカーが開発したのは、
横方向に伸展し、次にドライバーの方向に開く
と言うものでした。

で問題の、助手席側はドライバー側と違い、
乗車姿勢が一定では無いと言う理由で、
巨大な物がついております。

それが一気に助手席側に向って広がると、
それこそヘッドレストに届くかもかもしれないです。
ですから、一度上向き(フロントガラス)方向に
勢いよく出て、それから、助手席側に
伸展するからではないでしょうか?

エアーバックは、人命を守ることを最優先に
考えて開発されているので、
例え車が全損になる構造でも、人命が守れるのなら、
採用するのではないでしょうか?

先日見た、メルセデスの600Sもオフセット
衝突で右タイヤ取れてる程度でしたが、助手席側の
ガラスも割れてました。^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

事故の状況、形態はいろいろでそれに対応する為には余分なマージンを取っておくのは当然と思いますが・・
なにぶん修理代が高い!特に私もそうですがほとんど助手席に人が乗ることがない場合でもきっちり出てきますものね。
車両保険に加入しておけと言うことでしょうね。

お礼日時:2001/10/27 22:34

こんにちは、honiyonです。



 頭割るのとフロント割るのとどちらが得か考えれば良いと思います。
 フロント割る方が嫌な人はエアバッグを取り付けない方向で...(笑)

 エアバッグはあくまで緊急用の救命道具であり、私は一発勝負のものと捉えています。 そのため、交換についての優先度は低くなり、エアバッグの機能性及び、「いかに見栄えよく格納するか(隠すか)」、いかに安価に搭載するかに重点がおかれているのだと思います。

 わざと高価な交換費用がかかるように搭載しているのであれば、あまり気分良くないですね。
 
 私的意見でした(..
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくの回答ありがとうございました。
やはり安全は重視されるべきですので仕方ないのでしょうね。

お礼日時:2001/10/27 07:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエアバッグのハンドルの交換について

エアバッグのハンドルの交換について、エアバッグなしのハンドルを何度か交換したことはあるのですが、エアバッグ付のハンドルの交換方法は異なるのでしょうか?

Aベストアンサー

エアバッグ付きの車種は、修理などで全く同じ純正のステアリングホイールに取り替える事しか出来ません。

エアバッグ無しの場合は、車種別専用のボスをアタッチメントする事で汎用ステアリングホイールに交換が可能でしたが、エアバッグ付きにはボスの設定が無い事がほとんどだからです。

また、たぶん任意自動車保険に加入されていると思いますが、交換によりエアバッグ機能を殺した場合、事故の際に保険がおりません。

したがって、近年、エアバッグ付き車のユーザーさんはステアリングホイールの交換はしない事がほとんどです。

そこで、ハンドルカバーや、純正ステアリングホイールに巻き付けるタイプの本皮カバー(車種別専用品)に変わりつつあります。

Qダッシュボード」の「ダッシュ」って?

お世話になります。
突然ですが、「ダッシュボード」の「ダッシュ」ってどういう意味ですか?

過去ログ検索しましたがちょっと解りませんでした。
暇なときで結構ですのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「ダッシュ(dash)」とは「水や泥が投げつけられる」と言う意味、「ボード(boad)」とは「板」のこと。つまり馬車の時代に御者席の前に取り付けて水や泥が飛んでこないようにした板のこと。自動車の時代になり、しかもフロントグラスがあるにもかかわらず伝統的に残った用語のひとつでしょうね。こんな例はいくつかあり、クーペ、ワゴン、バン、コーチ、ブレーキ、コンバーティブル、ランドウジョイントなんかもそうです。

Qダイハツ ミラL700Vのエアバッグについて

平成11年式のミラL700Vに乗っております

ステアリング交換をしたいと思って色々検索してパーツを探しているのですが

このミラL700Vのステアリングは、エアバッグ対応しているものでしょうか?

助手席には、エアバッグはおそらくありません

ステアリングボスを探しているのですが、エアバッグ車だと少しお値段が高く、エアバッグ対応ではないのではかなり安かったので。。。

ちなみに、メーター内にエアバッグの警告灯??というかはつきません。

Aベストアンサー

>エアバッグ対応しているものでしょうか?
対応しているとかしていないと言う問題ではないです。
付いている物は、メーカーから全ての部品が取り付けて有ります。
付いていない物は、何も付いていません。

エアバッグが付いているかいないかはハンドルの真ん中を見ればわかります。
「SRS」と言うロゴがあれば付いています。
見ても分からないなら、ディーラーにでも行って効いて下さい。

Q日本車はフロントウインドウだけが合わせガラスで他は単層の強化ガラスなの

日本車はフロントウインドウだけが合わせガラスで他は単層の強化ガラスなのが普通ですが、北米ではサイドウインドウも合わせガラスだと聞きました。何故ですか?又、リアウインドウはどうなのでしょう。

Aベストアンサー

フロントガラスが、あわせガラスなのは、法律で決められている為です。
他の面であわせガラスになって居ない大きな理由はコストが高いからです。

また、あわせガラスの場合、ガラスの間にフィルムが入って居ますので、窓を破って脱出などはほぼ出来なくなります。
リヤウインドウに関しても、あわせガラスでなければならないと言う法律は無かったと思いますので、使用されて居ないでしょう。

Qエアバッグ付のハンドル交換をしたら・・・

エアバッグ付のハンドル交換をしたらエアバッグの警告灯が付きっぱなしになっています。きちんとダミー配線をしたにも関わらずです。この警告灯がつくことによって助手席のエアバッグの動作にも異常が出るんでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは
ハンドル交換をする時にバッテリのマイナス端子を外して作業を行いましたか?また、作業中に電源などを入れたりしませんでしたか?
バッテリ端子を外さず作業した場合は、エアバッグセンサーがエアバッグの故障と勘違いして警告灯を点灯させています。ディーラーに行けば簡単にリセットしてもらえますので、ディーラーに行くことをお勧めします。電源などを入れてない場合は、ダミー配線の不良や抵抗の違いがありますので、そちらも確認してください。
ちなみに警告灯が点灯するとエアバッグセンサーの故障でない限りは他のエアバッグは作動しますが、運転席側のエアバッグは作動しませんので、至急ディーラーに行って下さい。

Qエアバッグつきステアリングのはずし方

ステアリングを回すとジャリジャリ音がするので、ステアリングをはずしてグリスアップしたいのですが、もしエアバッグが爆発すると怖いのでどなたかはずし方を教えてください。ちなみに、エアバッグのついていないステアリングは、はずした経験があります.

Aベストアンサー

該当車種に使用されているのは、機械式のエアバッグです。取り付け取り外しにはトルクスドライバーが必要です。六角形の辺の部分がへこんだような特殊な形状のねじですので、専用の工具がないとはずせませんが、トルクスドライバ自体はホームセンターや工具店で手に入ります。
ご自身ではずされるのであれば、工具を用意しハンドルの左右にある樹脂製のふたをはずし、ふたの裏側にある黄色のステッカーの指示に従ってはずしてください。まず黒色のボルトをいっぱいまで緩めてください。これでエアバッグ内部の激発装置がロックされます。次に黒色のキャップをずらし(はずしではない)黄色のボルトを緩めエアバッグを取り外します。上記の作業を行う際に不用意に衝撃を与えないこと及び取り外したエアバッグは万一破裂しても周囲に被害を与えないような安全な場所(決して作業を行う車内などに放置しない)に保管すること。

Q非SRSエアバッグの現状

現在は、SRSエアバッグが主流だと思うのですが、非SRSエアバッグ(拘束装置としてのシートベルトの補助として使うエアバッグではないもの。すなわち、シートベルト着用を原則としないエアバッグ)の開発状況や海外を含めた実用化情報をご存知の方、居られたら教えて下さい。
アメリカでは、既に実用化に近い段階と聞くのですが、HPなどで紹介されているところがあれば、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

 車の設計をしております。
 SRSではないエアバックというのは、かつて少し話題になった4輪車用フルサイズエアバッグというものかと思いますが、現時点で実用化に近いものは存在しません。理由は簡単で、エアバッグが利用されるような先進国地域ではシートベルトが法規による義務となっているため、シートベルト無しを前提とした車両開発を行わないからです。仮にそのようなモノを開発したとしても宣伝出来ませんし、EURO NCAPのような公的試験でシートベルト無しの試験結果が公表されるわけでもないので、商売上意味がありません。なによりも、大容量化したエアバッグはシートベルトをつけている時の危険性が大きく増しますし、シートベルト+エアバッグによる拘束程の救命は期待できません。

 エアバッグは大きな衝撃を伴う非常に危険なデバイスであり、大容量化すればますます危険性が増します。現行のSRSエアバッグでさえも、僅かな制御の遅れで却って悪くなってしまうこともある、諸刃の剣です。参考URLは、せっかくボディの衝突設計が良いのに、エアバッグの制御が悪くてNCAPの頭部障害値が悪くなってしまっている例です(星1つ)。エアバッグに頭を叩かれて頭部に重症を負いかねないという結果が出ています。かようにエアバッグは危険なものなわけです。

 むしろ最近のトレンドは、シートベルトに頼って極力エアバッグを開かない、開いても衝突度合いに応じて少しだけ開くように制御するという方向です。また、シートベルトつけ忘れを防ぐためのリマインダーを法規要件としたり、NCAPでリマインダー付き車両に星一個をボーナスするといった、「シートベルトをつけさせる制度」の工夫も盛んに行なっています。

参考URL:http://www.euroncap.com/tests/nissan_navara/317.aspx

 車の設計をしております。
 SRSではないエアバックというのは、かつて少し話題になった4輪車用フルサイズエアバッグというものかと思いますが、現時点で実用化に近いものは存在しません。理由は簡単で、エアバッグが利用されるような先進国地域ではシートベルトが法規による義務となっているため、シートベルト無しを前提とした車両開発を行わないからです。仮にそのようなモノを開発したとしても宣伝出来ませんし、EURO NCAPのような公的試験でシートベルト無しの試験結果が公表されるわけでもないので、商売...続きを読む

Qエアバッグの限界は?

フロントとサイドにエアバッグがありますが、壁などに衝突した場合、衝撃を軽減するといってもどのくらいのスピードまでが限界なのでしょうか?

Aベストアンサー

 クルマの設計屋です。

>どのくらいのスピードまでが限界なのでしょうか?

・・・という御質問には、残念ながら的確には回答出来ません。と申しますのも、エアバッグの実験は、或る特定の速度で効果的に働いているかどうかを見るのであって、何km/hから効果がなくなるか、という実験は実施していないからです。

1.前面衝突(前突)

>壁などに衝突した場合、

・・・という事なので、とりあえずコンクリート・バリア(固定壁)への衝突と見なして話を進めます。

 コンクリート・バリアに対しては56km/hでの衝突時の乗員傷害値を考えます。56km/hとは随分ハンパな値ですが、これは北米基準の35mph(マイル/時間)をkm/hに換算したモノです。
 実は、この速度は各メーカでマチマチです。北米基準の56km/hは最低ラインで、各メーカでは社内基準として56km/hより多少速い速度(60~65km/h)を設定しているところもあります。
 以上よりエアバッグは、56~65km/h程度の速度での確実な効果は証明されていますが、冒頭で述べました様に、『エアバッグが役に立たなくなる速度』は判りません。極論しますと、56km/hを1km/hでも超えればエアバッグが役に立たなくなる可能性もあるワケです。
 もっとも、アクセル全開でそのままコンクリートの壁に突っ込むヤツはなかなかいません。大体衝突の寸前には、フルブレーキングで減速しています。
 高速道路でフェンスに突っ込んだ事故などでも、事故状況を分析すると、案外衝突寸前の速度は40~50km/h程度まで減速しているケースが多いです。これから考えますと、エアバッグの実験の56km/hという速度も、特に低すぎる事も無いと思います。

2.側面衝突(側突)
 サイドエアバッグは側突時に展開する設計となっていますが、側突の実験では、コンクリートのバリアは使いません。実際の路上でコンクリートのフェンスが飛んでくるケースはなかなか考えられませんし、また、クルマが真横に動いてコンクリートのフェンスに当りに行くケースも考え辛いところです。
 側突実験では、薄いアルミ板を蜂の巣状に成型した『ハニカム材』をクルマにぶつけます。ハニカム材はクルマのボンネットの変形に近い特性を示すので採用されいているワケですが、これより、側突はクルマ対クルマの衝突を想定している事が判ります。(ちょうど交差点などで、横からクルマに突っ込まれるケースです。)
 この実験では車両側は静止状態で、ハニカム材側を動かして車両にぶつけます。その速度は・・・・え~っと・・・・あ~・・・・忘れてしまいましたぁ!(^‐^;)ごめんなさい!確か25km/hか35km/hか、その辺りだったと思います。(何れにしろ、前突よりは低い速度なのは確かです。正確な速度は、お乗りのクルマのメーカに質問してください。)
 側突も、前突と同じく『効果が無くなる』速度は判りません。実験速度まで安全なのは確かですが、それ以上の速度で突っ込まれたらどぅなるか・・・・?

 といったところで、最後に1点お断りしておきます。

 上述致しました速度での前突や側突に於けるエアバッグは、乗員を無キズで守る、とは限りません。
 実験はあくまでも肉体各部にかかる加速度と曲げ・圧縮力等を以ってしてOK/NG判断をしており、受傷する/しない、ではありません。
 つまり、シートベルトやエアバッグは、56km/hまでの衝突で運転手の無キズを保証しているというワケではない、という事です。極論しますと、シートベルトやエアバッグはあくまでも乗員にかかる衝撃を緩和するのが目的であって、実際に受傷するかどうかは、乗員の乗車姿勢や体格、衝撃に対する肉体の強靭さ、などが関係します。
 体格差や肉体の強靭さは簡単にはどぅにもなりませんが、せめて運転姿勢だけでも正しましょう。斜めに構えてハンドルを片手で握る、シートバックを異常に倒す、極端にハンドルの近くに座る、などの変則的なドライビングポジションでは、衝突時にエアバッグやシートベルトがその機能を100%発揮出来ない可能性があります。

 クルマの設計屋です。

>どのくらいのスピードまでが限界なのでしょうか?

・・・という御質問には、残念ながら的確には回答出来ません。と申しますのも、エアバッグの実験は、或る特定の速度で効果的に働いているかどうかを見るのであって、何km/hから効果がなくなるか、という実験は実施していないからです。

1.前面衝突(前突)

>壁などに衝突した場合、

・・・という事なので、とりあえずコンクリート・バリア(固定壁)への衝突と見なして話を進めます。

 コンクリート・バリアに対し...続きを読む

Q後部座席用エアバッグ

質題の通り後部座席用のエアバッグはなぜ採用されないのでしょう?
カーテンシルドエアバッグはありますが、後部座席用専用というのは存在するのでしょうか?

個人的にはフロントシートの後ろにエアバッグがあれば後部座席の人の安全が確保されると思うのですが、短絡過ぎでしょうか?
前突すると前席のエアバッグが作動すると同時に前席背面にあるエアバッグが作動すれば
後部座席の乗員の安全も確保されると言う・・・

ご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

エアバッグにも加害性があり、単純に「エアバッグ装着で安全が確保される」というモノでもありません。
特にシートベルト非装着の場合、一瞬で展開したエアバッグで重傷を負った例があます。
また、エアバッグとの距離が短いと展開したバッグで眼鏡を壊されて受傷した例もあるそうで、シートベルトを装着していても失明の可能性がありそうです。
そのような事故を防ぐためにセンサーで乗員の位置を測定しエアバッグの展開を制御するインテリジェントエアバッグの研究・開発も進められていますが、高度な技術を要し、また実用化されたとしても非常に高価なシステムになることが予想され、普及まで時間が掛かるのは間違いありません。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%B0

このほか、自動車のキャビンという閉鎖空間で多数のエアバッグが同時に展開すると、急激な圧力上昇により、鼓膜や高齢者などでは心臓などに悪影響が見込まれるとして、エアバッグの同時搭載数に制限があるとの話しも聞いたことがあります。

>個人的にはフロントシートの後ろにエアバッグがあれば後部座席の人の安全が確保されると思うのですが、短絡過ぎでしょうか?
方向性は正しいでしょうし、短絡的とも思えませんが、「アナタが考えているほど簡単に出来る話しでもない」ってトコロでしょうか。

エアバッグにも加害性があり、単純に「エアバッグ装着で安全が確保される」というモノでもありません。
特にシートベルト非装着の場合、一瞬で展開したエアバッグで重傷を負った例があます。
また、エアバッグとの距離が短いと展開したバッグで眼鏡を壊されて受傷した例もあるそうで、シートベルトを装着していても失明の可能性がありそうです。
そのような事故を防ぐためにセンサーで乗員の位置を測定しエアバッグの展開を制御するインテリジェントエアバッグの研究・開発も進められていますが、高度な技術を要し...続きを読む

Q自動車のフロントウインドウ、リアウインドウは外から簡単に外せるのですか

自動車のリアウインドウや、フロントウインドウは外から簡単に手で外せるのですか。

Aベストアンサー

多くの車はウインドは接着剤で取り付けてあります。
外から簡単には外せません。
古い車や一部の車にはゴム枠ではめ込みタイプもありますが、外側からだとゴムを切らないと難しいです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報