SOV言語について質問させて下さい。
主語(=Subject)-目的語(=Object)-動詞(=Verb)の基本的語順を持つ言語は世界で
どのくらいあるのでしょうか?
日本語と韓国語がSOV言語だというのは確認しました
モンゴル語もSOV言語だとちらっと聞いたことがあります。

そして、私の辞書にはトルコ語やタミル語もSOV言語だと書かれているので、
友達のトルコ人にトルコ語での"This is a pen."の語順を訊いてみましたがSVOでした
(残念ながらタミル語を母国語とする人とはまだ出会ったことがありません)。
中国、スウェーデン、タイ、スリランカの人達にも同じように確認しましたが
彼らはみんなSVO言語でした。

他にもSOV言語をご存知の方がいらっしゃいましたら、どうか教えてください。
それと、SVO言語, SOV言語以外に何か特別な基本的語順(例えば平叙文でVSO !?など)を持つ言語や語順に関する興味深い話があれば教えてください。どうか、よろしくお願い致します。

ちなみに、私は英語と日本語の一番の違いはこの語順だと思います。
日本語がSVO言語だったらどんなに楽だったろうか、と最近考えるようになりました。
しかし、中国語はSVO言語の割には、多くの中国の人達は英語をそんなにうまく喋ってない気がします
(時制が無いとは言え、語を置き換えるだけでいいのなら余裕だと思うのですが???)。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

検索した結果です。



SVO,SOV,VSO,VOS,OVS,OSVの6タイプに分類され、世界の言語はSVO(約4割),SOV(約5割)で構成され若干VSO(約1割)がありOSVの言語はみつかっていないらしいです。

SVO
 イタリア語、 英語、     グアラニ語、 現代ギリシャ語、スペイン語、
 ノルウェイ語、スウェーデン語、スワヒリ語、 セルビア語、  ソンガイ語、
 タイ語、   中国語、    ドイツ語、  ハンガリー語、 フィンランド語、
 フランス語、 フル語、    ベトナム語、 マヤ語、    マライ語、
 ヨルバ語、  ロシア語
  
SOV
 アムハラ語、カンナダ語、ケチュア語、  タミル語、 チベット語、
 タミル語、 チプチャ語、朝鮮語、    トルコ語、 日本語、
 ヌビア語、 バスク語、 ブルシャスキ語、ビルマ語、 ヒンディー語、
 ペルシア語、ベンガル語、マリ語、    モンゴル語、ロリチャ語、

VSO
 アイルランド語、アラビア語、イヴリト語、ウェールズ語、サポテク語、
 サモア語、   タガログ語、ハワイ語、 ヘブライ語、 ベルベル語、
 マオリ語、   マサイ語

VOS
 オトミ語、フィージー語、トンガ語、フィージー語、マラガシュ語

OVS
 ヒシカリヤナ語
 日本語はOVSと考える先生もいるらしい。

OSV
 アマゾン河流域で発見されたらしいが詳細は不明?
 創作言語ですがスタートレックのクリンゴン人のクリンゴン語はOVSであるらしい。

言語の型は固定でなく変動します。
 SOVインド・アーリア諸語はドラヴィダ語の影響
 VSO=>SOVアムハラ語(エチオピア)はクシ語(先住民言語)の影響
 SOV=>SVOハンガリー語、フィンランド語は周りの印欧語の影響

参考にして下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

返事が遅れてすみませんでした。
こうやって見るとSOVは結構あるんですね。
また、言語の型は変動する、というのは興味深いですね。
では、日本語もSVOに…ならないですね。
とても参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/04 05:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本語と同じような語順の言語は?

日本語と同じような語順や文法での言語(外国語)を探してます。

私の知る所で確かなのは、お隣の「韓国(朝鮮)語」と「トルコ語」です。

また、アルタイ語族はトルコ語、モンゴル語、ツング-ス語だそうで、これは語順が「日本語」に近い(似てる)そうですが、
(1)でしたら、「モンゴル語」も日本語と語順を同じくするトコが有るでしょうか?
(2)また、「ツングース」とは、(女真族系ということか?)
現在「ツングース語」系とされる言語(国家)は何でしょうか?

(3)また、上記以外でも日本語と同じような語順の言語をご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

日本語とほぼ同じ語順の言語はたくさんあるようです。ちゃんと学習したわけではないのですが、他にはタミル語、アルメニア語、ヒンディー語などが同じと聞きました。

日本語の語順には、修飾語が被修飾語に先行すること、文法格を表すのに後置詞的な語(日本語の場合は助詞)を使うこと、動詞的要素が文末に位置すること、という強い原則があり、それにより日本語式の語順になっているのですが、このような原則はかなり普遍的に見られるようです。

また、語順の自由度の高い言語では、日本語式語順でもそうでない語順でも充分通じるということがあるようです(ハンガリー語、ラテン語、人工言語ですがエスペラントなど)。

Q外国語の感嘆文の語順

最近、英語と日本語の感嘆文の語順が似てるなーと思ったんですが、他の外国語ではどうなんでしょう?
英語以外で、
感嘆文の語順<疑問詞(+冠詞)+名詞+形容詞etc.>
を教えてください。もしよかったら、例として「なんて美しい花だ!」(What a beautiful flower (it is)!)の各国語訳も教えてください。 読み方も書いてくださるとなおうれしいです。

Aベストアンサー

What a beautiful flower!は フランス語だと Quelle
belle fleurになります。英語と違い、不定冠詞は消えます。そして、it isにあたるc'estを入れる場合は 文頭に持っていくのが普通ですが、フランス語は英語よりも語順において若干融通が利くようです。

それと、Howを使った文は英語と大きく違います。
例えば How beautiful is this flower!なら Comme cette fleur est belle!というように 感嘆詞を文頭に持っていくだけです。

Q日本語 古文頭をさし出だす=人に抜きんでると書いてあるのですが、「人に抜きんでる」とは、

日本語 古文

頭をさし出だす=人に抜きんでる

と書いてあるのですが、
「人に抜きんでる」とは、どういう意味ですか?

Aベストアンサー

大辞泉によれば、「抜きん出る」は、《「ぬ(抜)きい(出)ず」の音変化》で、
1 ひときわ高く出る。「他に―・でた長身」
2 ひときわすぐれる。秀でる。「衆に―・でた才能」
といった意味。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/169217/m1u/%E6%8A%9C%E3%81%8D%E3%82%93%E5%87%BA%E3%82%8B/
「抜き」は「抜く」の連用形。
この「抜く」は、【7 前にいる者や上位の者に追いつき、さらにその先に出たり、その上位になったりする。】という意味。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/169219/m1u/%E6%8A%9C%E3%81%8F/
「出ず」は、【7 動詞の連用形に付いて、出る意を添える。】という意味で、補助動詞的用法と考えて良いでしょう。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/11553/m1u/%E5%87%BA%E3%81%A5/
「人に抜きん出る」は、
1.他人よりひときわ背が高い。
2.他人よりひときわ優れている。
といった意味。
「に」の用法としては、【6 動作・作用の行われる対象・相手を表す。】が該当すると思います。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/166083/m1u/%E3%81%AB/

大辞泉によれば、「抜きん出る」は、《「ぬ(抜)きい(出)ず」の音変化》で、
1 ひときわ高く出る。「他に―・でた長身」
2 ひときわすぐれる。秀でる。「衆に―・でた才能」
といった意味。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/169217/m1u/%E6%8A%9C%E3%81%8D%E3%82%93%E5%87%BA%E3%82%8B/
「抜き」は「抜く」の連用形。
この「抜く」は、【7 前にいる者や上位の者に追いつき、さらにその先に出たり、その上位になったりする。】という意味。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/169219/m1u/%E6%8A%9C%E...続きを読む

Q日本語の語順について

質問させて頂きます
たとえば、
空から天使が舞い降りる と
天使が空から舞い降りる では
語気というか、強調する部分が違って来るのでしょうか?
まったく同じことなのでしょうか?
外国語勉強中で改めて語順って何だろうとおもいまして
中国語では前に持ってきた言葉を強調すると聞きましたが、
日本語も同じなのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。

中国語と同様、前に持ってきた言葉を強調する(というより前に来た後の方がその文の中での重要度が高い)ということは日本語も同じです。

例えば、
「どこから」天使が舞い降りるのか と聞かれたら
「空から」天使が舞い降りる、
「何が」空から舞い降りるのか と聞かれたら
「天使が」空から舞い降りる と答えると一番わかりやすい自然な順番であることがわかると思います。

日本語に限らず、聞きたい箇所、伝えたい箇所=強調すべき点 は前の方に来ます。そうすることで、大袈裟に言えば「どこから」または「天使が」より後の文は聞かなくても良かったりするわけです。

もちろん、「空から天使が舞い降りる」という文章でも、
声に出したときに 天使「が」 と強調すれば、天使について伝えたいんだなとわかるというのはありますが、語順からのみ判断すれば、やはり前に来るものほど重要度は高いということがいえます。

Q伝わりやすい日本語の語順

日本語は語順を入れ替えても意味が通じると思うのですが、やはりそれでも正しい文章から比べると伝われりにくいですね。例えば「今朝寝坊したので急いで学校に行った。」という文章があった場合、今朝急いで学校に行った、寝坊したので」でも通じるには通じるのですが
元の文章よりも伝わりにくいと思います。私はとても口べたなのですが、話している内容自体は通じてはいるのです。しかし後者の文章っぽく話してしまいがちです。これぐらいだったら良いのですが、長い文章になるともっともっと変な話し方になります。倒置っぽい話し方と言えば良いのでしょうか!?話し方の組み立て方もいまいちよくわかりません。みなさんはそういう口べたな人間に出会ったことがあるかと思うのですが、どういう語順を心がけたら相手に最も通じやすい日本語を話せるようになると思いますか!?またそういう口べたに日常のこころがけを教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

倒置っぽく話してしまうというのは、自分の言いたい事を、最初に言ってしまって、あとから、「なぜ」「どうやって」などを補足する話し方ということですね。
まず、誰が→いつ→どこで→何を→なぜ→どうやって→どうした という語順が基本ではないかと思います。そこまで意識する必要はありませんが、どうしたということを急に言おうとするのではなく、その前に補足する事があれば付け加える事を心がければよいのではないでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報