マンガでよめる痔のこと・薬のこと

気象の勉強ができる大学はありますか?気象大学校以外でお願いしたいのですが。知っている方は教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

 例えば、工学部ならより測器の開発に近い分野や、既存の気象モデルに化学過程を組み込んだ研究を知っています。


 水産学部なら海洋生物と気象・気候の関係など。(有名なのはエルニーニョとイワシ)
 農学部なら農業気象(例えば農産物の収量とその年の気候の関係)などがあります。
 これらはほんの一例です。
 気象って多分野との結合を考えると結構広い学問なので…。

 
 東北大学は元気象庁の先生がいらっしゃることもあり、数値モデルの研究が強いです。その他、放射・境界層が強いです(その分野の専門の先生がいらっしゃる)。工学部や宇宙分野が有名ですが、気象をやるのにもいい大学だと思いますよ。

 いずれにしろ、大学を調べることと共に、数学・物理の基礎をしっかりつけてがんばって下さい!

参考URL:http://wind.geophys.tohoku.ac.jp/
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすいません。がんばります!
私立で気象が学べるところが見つかりません・・・ありますか?

お礼日時:2005/09/03 12:06

 返事が遅れてしまい申し訳ありません。


 私は(気象学に限らず)学習のレベルは教養レベル→専門レベルと進んでいき、どの段階まで教えて貰えるかということを言いたかったのです。
 教養レベルまで気象を習うことが出来る大学は私立大や地方国立大学にもあると思います。専門レベルまで学ぶことが出来る大学の数は少ないと思いますが‥。
 またシラバスとはその学部・学科の必須・選択科目や授業の大まかな紹介を書いたものです。各大学の図書館などで見ることが出来ると思います。

 自分の求める大学を探すのは大変だと思いますが、頑張って下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何回も回答ありがとうございます。学部のしくみが少しではありますが分かってきた気がします。今は学部のことも考えながら、勉強を第一に頑張ろうと思います。

お礼日時:2005/10/09 12:36

 お返事ありがとうございます。


「教養レベルの気象」とは小倉義光先生著「一般気象学」レベル(数式を使わずに気象現象を表現する)を指して言いました。学部の教養の授業で習う感じです。
 専門になると数式で記述し、より数学・物理の深い知識と理解が必要になると思います‥。

 教養(大学1・2年生の選択科目)で気象を学べる所は結構あると思いますよ。ちゃんと調べたい場合は大学のシラバスを見るといいかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。簡単なことをやるということですね。教養レベルの大学はどこにあるのでしょうか?シラバスってなんですか?

お礼日時:2005/09/19 12:19

 前回の補足と質問の回答です。


 前回「気象大学校にこだわらなくてもよい」と書いたのは、気象大学校は気象漬けの特殊な学校でもあり、採用人数も極めて少ないので、「(気象ならば)気象大学校しかない!」と思い込まずに居て欲しいという思いがありました。それを理解して頂ければ幸いです。

 さて、お勧めの私立大学ですが‥。
 私自体大学・大学院と国公立に居り、受験の時も私立は気象にこだわらず理工系の大学を探したため、気象の私立大学のお勧めはよく分からないのが実情です。
 あえて言わせて頂くなら‥
「本当に気象が学びたいのであれば、地方までこだわらずに国公立大学を探して欲しい」ということです。
 出来れば、自分の目標とする研究室や先生のいらっしゃる所を。
 私立大学の回答にならず申し訳ありません。

 教養レベルの気象の授業を受ける事が出来る大学・学部は多いと思いますが、気象の研究が出来る大学はある程度絞られてくると思います。

 たくさん悩まれると思いますが、今の時期しっかり考えることが後で活きてきますので‥。
 受験、がんばって下さいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事遅くなって申し訳ありません。わかりました。教養レベルというのは具体的にどんなレベルでどのような勉強をするのでしょうか?

お礼日時:2005/09/17 12:25

 気象大学校ですか‥。


 実は気象大学校は少し特殊な学校です。
 気象大学校在学中は気象庁職員として給与を貰います。
 将来の気象庁幹部養成の為の学校ですね。(最近は気象大学校卒が必ずしも有利と言う訳ではなく国I・国IIからの幹部採用も増えています)

 私は、大学の研究室での研究も気象大学校の研究もさほど変わりないと考えています。
 もちろん学部1年次から"気象"漬けだったわけではありませんが、それでよかったと思っています。気象は物理そして数学が必須道具の学問ですから。どうしても高校生レベルの物理・数学知識から気象を研究するレベルにまで上げていくには大学学部時代の1~2年掛かると思いました。

 首都大学東京 都市環境学部 都市環境学科 地理環境コース (昔の都立大の地理学科?)はかなり気象学に近く、ここから他大の大学院の気象学研究室に進む人も居たと思います。
 再編後についての情報は私もあまり詳しくないのでごめんなさい。

 気象大学校受験も良いと思いますが、あまり気象大学校にこだわらなくてもよいと思いますよ(いかんせん採用人数が少ないため)。

「気象が早くやりたい!」って気持ちも分かりますが(昔の自分がそうでした)、あまり焦らずに一歩一歩道を進んでいって下さいね!

参考URL:http://www.tmu.ac.jp/faculty/urban_environment/0 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございます。首都大学東京は気象学に近いのですね。気象大学校行くとすぐ気象を研究することになり、進むのが早すぎる、ということでしょうか?そうなのであれば、1年の時に初歩的(?)なことをやっておいた方が良いですね。焦らずに頑張っていこうと思います。ちなみにseaiceさんは私立でどこの大学がおすすめですか?ぜひ教えてくれれば嬉しいのですが。。

お礼日時:2005/09/11 21:31

 お返事遅れてごめんなさい。


 私立大学については私もあまり詳しくはないことを前提に見て下さい。

 東海大学教養学部人間環境学科自然環境過程、立正大学地球環境科学部のホームページを拝見し、(恐らく)"地球環境"について学ぶ所だと思いました。
 気象も大きな意味では(気候という大きな時間スケールで考えれば)地球環境問題に関連してきますが、地球環境学は化学・生物・地質等様々な分野が融合した領域と考えられるので、"気象学"をメインに学べるかどうかよく分かりません。(調べてみて下さい)

 東海大学海洋学部は海洋気象や海洋物理学、水産学、海洋工学など理学・農学・工学様々なアプローチから海洋に関する謎を解き明かそうというものだと思いました。

 一つ思ったのですが、greenneo29さんは今もしかしたら気象というより地球環境問題に関心があるのではないでしょうか?(勘違いでしたらゴメンナサイ)
 地球環境でしたらまた大学選びも変わってきます。
 その辺りをよく考えて決めて下さいね。

参考URL:http://www.shc.u-tokai.ac.jp/about/Gakka/NingenK …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。気象学の方が興味あるのですが、気象大学校は超難関なのでほかにも探さないといけないなと思い、環境学部に目を通しました。ですが環境学部はちょっと気象とは離れてしまうのですね。また、首都大学東京の気候学も良いのではないかと思いました。そこはどうでしょうか?でも何か気象を学ぶには気象大学校しかないのかとも思ってきましたけど・・・。

お礼日時:2005/09/11 17:38

 お返事遅くなり申し訳ありませんでした。


 私立大はあまりよく知らないのですが、
・東海大学 海洋学部
・日本大学 文理学部 地球システム科学科
 などでしょうか?

 詳しく調べてみて下さい。

参考URL:http://www.scc.u-tokai.ac.jp/, http://www.geo.chs.nihon-u.ac.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
東海大学の教養学部の自然科学?(名前は良く分かりませんが、環境又は自然という言葉が入っていたはず…)はどうなんでしょうか?海洋学部だと地球温暖化について学ぶのでしょうか?日本大学ははじめて知りました。ありがとうございます。他にも調べてみたのですが、立正大学はどうなのでしょうか?

お礼日時:2005/09/07 18:37

>気象学教室ってなんですか?


大きな大学の場合、学部--->学科--->教室(研究室)というような組織立てになっています。
たとえば京大ですと、
http://www.kugi.kyoto-u.ac.jp/
にあるように、
理学部地球物理学科気象学研究室(ただしこれは大学院。京大の場合、学部はかなり自由にいろんな学科の授業を聴くことができます。だから、数学科ではなく数学教室となっているのです。これは学科の代わりに教室ですが)といった分類になっています。
さらにいえば、気象現象の研究もさりながら、流体力学や弾性体の物理、というようなことも、またソリトンとかカオスとかいう数学的側面もちゃんとした理解には必要になります。そういう意味でいろいろと幅広い知識があった方が都合がいいわけで。そのためにあえて学部では学科に分けていないようです。
    • good
    • 0

理学部だと地球物理学科などがそうですね。

そのなかの気象学教室があれば。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
地球物理学科ですね。わかりました。その学科がある大学をもう少し調べてみることにします。
気象学教室ってなんですか?

お礼日時:2005/08/23 09:45

 気象を学べる大学を探すには朝日新聞社のAERA Mook「気象学のみかた」がおすすめです。

私が高校生の時も志望校探しに役立ちました。(但し情報が1996年時点であることに注意です)

 気象学の一般教養レベルの講義は多くの大学であると思いますが、研究室があり気象の研究が出来る所となると比較的少なくなると思います。
 また理学部だけでなく、工学部・農学部・水産学部などでも違った視点から気象が学べる場合もあります。

 旧帝大、神戸大・筑波大・高知大・都立大・弘前大・岐阜大などがあるでしょうか。(漏れがありましたらすみません)
 この辺りを調べて見て下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
工学部・農学部・水産学部からは違った視点から学べるとありますがどんなことを学べるのでしょうか?自分でも調べてみたのですが、東北大はどうなんですか?教えてください。

お礼日時:2005/08/23 09:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地学で飯は食えないのですか?

はじめまして、現在はA大学理系の学部学科を専攻している大学生です。(大学名は勿論仮の名です)

質問なのですが、私は大学入試の時、A大学理学部の地学関係の学科に興味があり、そこを受験しようとしたのですが、
「こんな地学をやる学科なんか卒業しても地震の先生と地学の先生しか仕事がない。その数は少なく、学年でトップならともかくほとんどの人は仕事がないんだ!」
と言われ大反対されました。その結果、興味のあったこの学科は諦め、父好みの将来仕事の口の多い現在在籍している同じA大学の某学部某学科に入学しました。

そして入学後、この大学の見かけ30~40代位の工学部の准教授の先生二人と話す機会がありました(きっかけは二人の講義を私が履修していた事からです。)
その後、二人は今は工学部の先生ですが、大学は理学部卒だそうです。なので二人に思い切って、
「この大学の理学部の地学関係のあの学部って全然就職ないって本当ですか?父がそう言ってたんですが…」
と尋ねたら二人とも、
「え!?そんな事ないんだけど…」
と言われました。

父の言った事とこの先生方の言った事、どちらが正しいのでしょうか?正直父は大学は文型だったので、私は二人の先生方のおっしゃった事が正しい気がしますが…
かなり気になっていますので、詳しい方、回答宜しくお願いします。

はじめまして、現在はA大学理系の学部学科を専攻している大学生です。(大学名は勿論仮の名です)

質問なのですが、私は大学入試の時、A大学理学部の地学関係の学科に興味があり、そこを受験しようとしたのですが、
「こんな地学をやる学科なんか卒業しても地震の先生と地学の先生しか仕事がない。その数は少なく、学年でトップならともかくほとんどの人は仕事がないんだ!」
と言われ大反対されました。その結果、興味のあったこの学科は諦め、父好みの将来仕事の口の多い現在在籍している同じA大学の某...続きを読む

Aベストアンサー

思いつくものを挙げてみます。

1)地震学・測地学
気象庁・海上保安庁・国土地理院
防災科学技術研究所・海洋開発機構
地震計やGPS受信機を作っている企業
JR東海をはじめとする鉄道会社
東京電力・中部電力をはじめとするエネルギー会社
石油開発・鉱山などの企業・団体
ゼネコン(鹿島建設など)、建築コンサルタント
損害保険料率算出機構、各種シンクタンク

2)気象学、海洋学
気象庁、海上保安庁、国土交通省、環境省
都道府県等の水産試験場
海洋資源開発関連の企業・団体
テレビ局などのマスコミ
各種環境コンサルタント・法人

3)地質学・岩石学
地質調査会社
地図会社
国土地理院
博物館・科学館
石油開発・鉱山などの企業・団体
セメント会社
陶器・セラミック製造業

これに加え、理系ならば研究のために計算機を使ったり、エレクトロニクスに詳しくなったり、化学分析をしたりしますから、
システムエンジニア、プログラマ
各種製造業(設計などは厳しいが、生産管理などなら問題ない)
理系営業(製造業者向けの法人営業等)
などの道も十分にあります。

思いつくものを挙げてみます。

1)地震学・測地学
気象庁・海上保安庁・国土地理院
防災科学技術研究所・海洋開発機構
地震計やGPS受信機を作っている企業
JR東海をはじめとする鉄道会社
東京電力・中部電力をはじめとするエネルギー会社
石油開発・鉱山などの企業・団体
ゼネコン(鹿島建設など)、建築コンサルタント
損害保険料率算出機構、各種シンクタンク

2)気象学、海洋学
気象庁、海上保安庁、国土交通省、環境省
都道府県等の水産試験場
海洋資源開発関連の企業・団体
テレビ...続きを読む

Q気象関係の仕事が出来る大学

気象庁・気象台などで仕事ができる大学はありますか?どこの大学か教えて下さい。

Aベストアンサー

 高校で地学の教員をやっているものです。わかる範囲で書きたいと思います。
 BESTは「気象大学校」でしょう。元々気象台の職員を養成する学校ですから。在学中から特別公務員ということで給料がもらえます。
 で、その前に、気象庁、気象台での仕事とありますが、どの程度気象に関する仕事をするかという点で内容が変わってきます。
 研究職として関わる場合 天気については、前述の気象大学校が一番です。行政職として、大学の理学部から気象庁へ入省するというのもルートとしてあります。この場合公務員の試験に合格する必要がありますが。難しい試験を高卒で行うか、公務員試験として行うか、の違いになると思います。
 ちなみに研究職として地震・火山関係(これも気象庁管轄)に関わる場合、同じ気象庁でも気象大学校外の出身(一般大学といっても旧帝大クラスの理学部地質学科出身)が多いとか。

Q気象予報士になるためには、どの大学に行けばいいですか?

今、高校三年です。気象予報士を目指したいのですが、どこの大学に行けばいいでしょう?それかどの学部にいけばいいでしょうか?
自分は今、一応電気通信大学をめざしているのですが、どうでしょうか?教えてください。
進路決めないといけないのでよろしくおねがいします・・・。

Aベストアンサー

大学へ行くなら学部は「理工学部」です。
大学も色々ありますが「日本大学」が一番熱心なようです。

ただ気象予報士は誰でも受験できるので専門学校や通信教育も充実していますよ。
その辺も視野に入れたらよいと思います。

気象予報士目指してがんばって下さい。

Q気象大学校に合格するには(合格の仕方等)?

気象大学校に合格するにはどのような科目の勉強が必要とするのでしょうか?また、視力や身長・体重制限などはあるのでしょうか?
気象大学校の一次試験、二次試験に合格しても、その合格者の中から採用者を決めるらしいのですが何故そういうことをするのかも教えて下さい。その採用者の中に入るにはどうすれば良いのでしょうか?

質問数が多く、申し訳ありませんが回答お願いします。

Aベストアンサー

どうも。昨年気象大学校の二次試験まで合格したものです。気象大学校の試験はだいたい次の通り。

1、多肢選択式学科問題・・・国、数、英等のマーク式問題。大学入試のセンター試験みたいなもの。

2、多肢選択式一般教養問題・・・マーク式教養問題

3、筆記の学科試験・・・英、数、物の筆記試験
以上、一次試験

4、身体検査

5、面接

6、作文・・・いわゆる小論文みたいなもの
以上二次試験

まず、科目に関してですが、受けた感想から言うと、全部いります。
多肢選択式学科、筆記の学科は、上位国立大のセンター&二次対策でいけますが、曲者は一般教養。これは、国、数、英、物、化、生、地学、世、日、地、政経・・・。さらに数的処理というのか、グラフを読み取ったり等等、むちゃくちゃ範囲が広かった。一つ一つは中学or高校の各教科の基礎レベルだが、やってないとわからないと思う。自分の場合、高校でしていなかった生物や政経は友達に教科書借りてざっとですが、独学で勉強しました。

肉体的な事に関してですが、その手の制限は無いはずです。身体検査も胸部X線検査とか、健康な人かどうかを調べる感じでした。

次に、合格≠採用に関してですが、これは一般の国立や私立の大学に行ってしまう人がいるからではないでしょうか。自分もそうでしたが、二次試験まで合格したが、国立大に行く人もいますから。もしくは、この試験は一応、公務員採用試験の一種のような扱いですから、そっちに合わせただけかもしれませんが・・・。

とまあ、こんな感じです。参考になりましたか?

どうも。昨年気象大学校の二次試験まで合格したものです。気象大学校の試験はだいたい次の通り。

1、多肢選択式学科問題・・・国、数、英等のマーク式問題。大学入試のセンター試験みたいなもの。

2、多肢選択式一般教養問題・・・マーク式教養問題

3、筆記の学科試験・・・英、数、物の筆記試験
以上、一次試験

4、身体検査

5、面接

6、作文・・・いわゆる小論文みたいなもの
以上二次試験

まず、科目に関してですが、受けた感想から言うと、全部いります。
多肢選択式学科、筆記...続きを読む

Q気象大学校の難易度

気象大学校の難易度

自分的には気象大学校、慶医、理Iの合格難易度を比較すると気象>慶医>理Iと思います。
さすがに理IIIには負けると思いますが、医学部以外の大学では日本最難関大学(正式には大学じゃないですが)と思われますがいかかでしょうか?

Aベストアンサー

難関大ではあると思いますが、そこまでではないでしょう。少なくとも理I以上には思えません。

試験問題がちょっと偏っているというか、特徴的、それと試験時期が早いという事情があることを考慮すると阪大理学部より、やや上か、辺りではないでしょうか。
実際に私の高校時代、クラスメートが受かりましたが、辞退して大学進学のほうを選びました。彼はとっても理Iレベルでは無かったですし、実際に気象大に滑り止めを確保したのだから、理1か京大・理にすればいいのに、それ以下の旧帝大に進学してます。
すごく難しいと聞いていただけに、以外だなと思いました。

理1志望者で受ける人は多くないと思います。現実に、理Iと防衛医ダブル合格で悩む話は聞きますが、気象大とで悩む話は、私の周りでは聞いたことがありません。

但し、女子は厳しいと聞いてます。全寮制なので、女子の枠は少ないのでしょう。

Q地理学が学べる大学について

浪人をしている者です。

地理を受験科目して、興味がものすごく出てしまい
地理学が学べる大学に進みたいと思ってます。
それで調べると、地理学が学べる大学って少ないですよね。
東京、それに私立と限定してしまうと
さらに狭くなってしまいますよね?

自分で調べてみた結果、
地理学科がある大学は
明治、法政、日大など。

偏差値が良いからと言って質の良い授業が聞けるかと言ったら
違うみたいなお話もあるようなのですが・・・。
大正大学?っていうところの地理学科は
名門だと聞いたのですが、本当なのでしょうか?

地理を学ぶのであれば、しっかりと学びたいのですが
これら大学以外に地理学を学ぶことができる大学はあるのでしょうか?
地理学で名門の大学とかあるのでしょうか?

進路的には、旅行関係とか公務員関係なんでしょうか?

地理学科出身の方、こういう進路に詳しい方のご意見、
アドバイスをいただけたら幸いです。

Aベストアンサー

現在地理学科に所属している現役大学生です。


まず関東圏私学で地理学がきちんと学べる所は偏差値順に言うと
明治・法政・日大・駒沢・専修・国士舘・立正があります。
関東以外ですと立命館・関大・奈良大学などもあり、公立ですが首都大学東京も有名です。
その他にも不完全だけれども学べる所・類似分野が学べる所としては早稲田・東京都市大(武蔵工業大)などもありますね。


地理学は自然系ですと気象・地質・植生・水文(水質等)、人文系ですと経済・産業・都市・文化・交通・地政学など、地球表面上で起こっているの大半をテーマにしてしまう学際的で広範囲な学問なので、各大学ごとに得意・不得意分野があります。

hit-runさんは興味のある分野は固まっていますか?もしまだ決まってない・よく分からないならまず3つ目に挙げた類似分野のある大学は避けた方が(本当に地理学を学びたいなら)良いでしょう。



ではレベルの高い大学の方が良いかというとそうでは無いです。例えば
地理学の世界では駒沢・立正が権威で学会への発言力も強く、論文も多いです。


その他私の知りうる限りでは

明治:専修レベルの為小規模・人文系にやや偏る、
法政:学科レベルであるので大規模、主に自然系に強いが人文系も幅広く学べる
駒沢:教授陣が豪華で幅広く学べるが、入学時に自然系か人文系かを専修単位で選ぶ必要がある
日大:人文系も学べるが学費が理系価格設定で他大より20万ほど高い、都市系に強い
立正:地理学では最古参で自然系に強く教授陣も豪華。ただし熊谷で遠い
専修:環境地理を掲げている為方向性が環境系の学部に近い
立命館:歴史地理の権威・関西での都市地理の権威
といったところでしょうか。


各大学のパンフやホームページを見たりして、自分の興味がある分野に強い・近い分野をテーマにする教授がいる大学を基準に選ぶのも1つの方法でしょう。




しかしやりたい分野の権威だから・・・といってレベルの低い大学に入るのもどうかと思います。
私の友人で、立正大学の地理学科に入ったは良いけれども、周囲のレベルの低さに疑問を感じて法政大学に入りなおした人がいます。
やはり偏差値の差は大学に集まる人間のレベルにも反映されるようなので、高度な話をしたければある程度のレベル以上に行かないと厳しいかもしれません。
就職の事を考えるとやはり日東駒専以上には行った方が私は良いと思います。



それから就職ですが私の先輩を見まわしてみると、地理学を生かした分野(旅行系・地図系など)に行く人はそれほどおらず、ごくごく普通の各種企業に就職しています。
もしくは教員免許を取得して教職、大学院へ進学する人も比較的多いです(ただほとんどの大学で文学部にあるため金融系にはやや弱いようですが・・・)

地理学は実務に直結する学問では無いので地理学を生かしての就職は難しいですが、学際的な視点を養うには良い学問だと思います。



最後に、地理学は学んでいく上で地図や各種データとにらめっこをする必要があるので、地図を見るのが好き・旅行が好きであればとりあえず入って苦しみはしないと思います。
実際地理学を学ぶ人の多くがが、地形図を見てニヤニヤしたり、鉄道が好きだったり、この河岸段丘萌え~と喜んでいたりしますね(笑) 
自分の周りも地理大好き人間ばかりなのでとても楽しいですよ♪


センターまであと3か月あるのですから、自分の興味のあることをやれる大学を探して目標に向かってがんばってください。応援しています。

現在地理学科に所属している現役大学生です。


まず関東圏私学で地理学がきちんと学べる所は偏差値順に言うと
明治・法政・日大・駒沢・専修・国士舘・立正があります。
関東以外ですと立命館・関大・奈良大学などもあり、公立ですが首都大学東京も有名です。
その他にも不完全だけれども学べる所・類似分野が学べる所としては早稲田・東京都市大(武蔵工業大)などもありますね。


地理学は自然系ですと気象・地質・植生・水文(水質等)、人文系ですと経済・産業・都市・文化・交通・地政学など、地球表...続きを読む

Q気象大学校に入るための勉強の仕方

中3なのですが、そろそろ勉強した方が良いのかなぁなんて思ってます。それに、一次試験が高3の夏頃なので塾行ってても間に合わないなぁって思ってます。。
気象大学校に入るにはいつ頃から勉強した方が良いのでしょうか?また、どのように勉強をすれば良いのでしょうか??できるだけ詳しく教えてくれれば幸いです。

Aベストアンサー

経験者です。ただし,1次試験で落ちました。(^^;
中3で気象大の受験をそこまで真剣に考えているとはすごいですね。

まず,参考URLの1番目は気象大の公式サイトです。ぜひ目を通してください。(特に「学生募集」のところ)
また,2番目は人事院のサイトに掲載されている採用試験案内です。こちらも必読です。

1次試験は夏というより秋です(去年の場合,10月30/31日)が,一般の大学よりは早いですね。
したがって,一般の大学を受ける人が,高3の2学期いっぱいで終わらせる範囲を,夏休み前には終わらせる,ぐらいの感じで目標を立てるとよいと思います。

試験の科目は,これも公式サイトを見ていただくと分かりますが,数学・物理・英語+一般教養です。
数学・物理に関しては,高2の終わりまでに高校の全範囲(数学I~III,A~C,物理I・II)を終わらせて,春休み以降は入試レベルの問題演習,ということになろうかと思います(もちろん,もっと早い分に越したことはありませんが)。
なお,今の高2から下の学年では,学習指導要領が新しいものに変わっていますので,次回の試験からはそれに対応した出題内容になるとのことです(試験科目自体はたぶん今と同じだと思います)。
このへんは,中高一貫の私立でしたら,ある程度早めに進むカリキュラムだと思われますが,もし高2までに終わらないようでしたら,ある程度自分で(塾で進度の速いコースをとるとか,自学自習するとか)補う必要があるかも知れません。

数学・物理は相当の計算力が要求されます。分量もかなり多いです。
公式サイトでは,記述式が2~5問と書いてあります(私が受けたときはそれぞれ3問でした)。
レベルとしては,No.1の方もおっしゃっていますが,東大・京大の二次試験レベルと考えてよいでしょう。(東大「よりも」難しいかどうかは,年によっても変わりますので一概には言えませんが)
それに比べると英語はまだ多少やさしめです(まあセンター試験程度でしょうか)。自然科学系の内容の文章が出ることも多かったと記憶していますので,そういった英文にある程度慣れておいた方がよいかも知れません。
いずれにせよ,教学社の問題集(いわゆる赤本)の「海上保安大学校・気象大学校」は,一通り解いてみましょう(もちろん,解くのは今じゃなくていいですが,目を通しておくのは早いほうがいいと思います)。

また,一次試験のうち初日に出題される選択式の試験では,国語や社会などの一般教養を始め,判断推理・数的推理・資料解釈といった,公務員試験と同様の科目が出題されます。
公務員試験の問題集にも目を通しておくとよいでしょう。

定員は昔から15名ですが,実際の最終合格者数はその数倍出ます。(昨年とその前は45名,さらにその前は66名)
これは,最終的によそに流れる人がいるため多めにしているのですが,それにしても受験者は600人以上いますので,かなりの競争率です。
おそらく,数学や物理は全問最後まで解ききるぐらいでないと受からないんじゃないかなあ,という手応えでした(自分が受けた感じですので,実際にどの辺がボーダーラインなのかは分かりませんが)。

いろいろ書きましたが,あまり高校生活の初めから,気象大学校だけに照準を絞って勉強するのではなく,難関国立理系を目指すぐらいのつもりで,広く考えて勉強していくのがいいと思いますよ。
がんばって下さいね。

参考URL:http://www.mc-jma.ac.jp/mcjma/index.htm,http://www.jinji.go.jp/saiyo/shiken19.htm

経験者です。ただし,1次試験で落ちました。(^^;
中3で気象大の受験をそこまで真剣に考えているとはすごいですね。

まず,参考URLの1番目は気象大の公式サイトです。ぜひ目を通してください。(特に「学生募集」のところ)
また,2番目は人事院のサイトに掲載されている採用試験案内です。こちらも必読です。

1次試験は夏というより秋です(去年の場合,10月30/31日)が,一般の大学よりは早いですね。
したがって,一般の大学を受ける人が,高3の2学期いっぱいで終わらせる範囲を,夏休み前には終わら...続きを読む

Q地学系の就職について

 理学部に進むと、他学部より入学が難しいのに就職先がほとんどないと聞きます。ぼくは大学で気象とか海洋、地震関係の勉強をしたいと思っています。でも、就職できないとなると将来のことが心配です。
 実際のところ、就職率はどんな感じなのですか?またどんな仕事があって、どんなところに就職できるのかもあまり知りません。色々教えてほしいです。
 いま、夢あきらめて工学部にするか、理学部にするか迷ってます。もうすぐ出願で迷ってます!

Aベストアンサー

 就職に関しては、4年間大学で学んでからか、さらに大学院へ進むのかで大きく変わると思います。一般に理学部で学んだ専門性を生かした職業に就くとなると、4年間学んだだけでは、かなり難しいと思います。これは工学部でもほとんど同じでしょう。
 ということで、4年間大学で学び、就職をする人のほとんどは一般企業(←大学時代に学んだ専門とは異なるという意味で)に就職します。最近では、企業の採用条件で学部や学科を問わず採用する企業が増えているようです。大企業はこれがかなり進んでいます。日産などのホームページを見てみるとおもしろいかもしれません。ただ、やはり経済や法学部に比べると門は狭いです。まぁ、これは彼らの専門分野と捉えれば、仕方がないのでしょうが。ただ、企業は無数にあるので、全く心配する必要はないと思います。

 さて、ここからが本題でしょうか…。専門性を生かした職業に就きたい、あるいは、研究がおもしろくて大学院の修士課程へ進んだ場合でも、一般企業に就職する場合と専門性を生かした職に就く場合とがあります。
 あなたの場合地学系とのことですが、気象と海洋はやや近い関係の職場な気がしますが、あまりそこは詳しくないため発言を控えます。
 地震関係に特化して答えたいと思います。地震を研究するにはどのようなアプローチで研究するかで就職もまた変わってくると思います。物理的に?というか実験的に?アプローチするのか、地質学的にアプローチするのかです。私は地質学を学んでいるので、地質学的なアプローチで研究したい場合について話します。職業としてコンサルタント会社・建設会社が最も多いと思います。なにか建造物を建てるる際に地下の様子を調べたりする仕事が多いのではないかと思います。他には掘削会社ですかね。温泉掘ったりいろいろ掘ります。公務員になって土木課など。あとは、石油や天然ガス等のエネルギー分野でしょうか。地震が直接絡むとなると結構難しい気がします。核燃料リサイクル機構などはある程度地震が絡んでるのでは…。やはり、地震を純粋に仕事としたいなら研究機関に就職するのが一番な気がします。但し、その場合さらに大学院で3年は学んで博士をとらなくてはならないと思いますが…。研究機関への就職はかなり狭きもんな気がします。はい。
 なんだか暗めに書いてしまいましたが、地震でも気象でも、海洋でも自分が研究していたことを直接反映した職は研究機関に入らない限りなかなかないと思います。ただ、その研究をする上で使っていたノウハウを生かした職業はいっぱいあります。そういったノウハウを生かして、関連した職業に就くのも結構楽しいと思いますよ。理学部の就職者のほとんどってそういう人がほとんどだと思いますよ。就職先は意外とあるもんです。そんなに迷うことはないと思いますよ。

 具体的な就職先は各大学の学科のホームページに行けば就職率とともに掲載されています。ぜひいろんな大学のホームページを見てください。

 かなり長くなってしまってすいません。ただ、いい加減なことは書きたくなくって。そんな私も新潟大学で地質学を学んでいます。来年は地震に関連した卒論。その後は就職か進学が悩んでいます。なんか人事ではなくってうだうだと長くなってしまいました。残り少ない期間ですが、じっくり考えてみてください。頑張れ受験生!!
 

 就職に関しては、4年間大学で学んでからか、さらに大学院へ進むのかで大きく変わると思います。一般に理学部で学んだ専門性を生かした職業に就くとなると、4年間学んだだけでは、かなり難しいと思います。これは工学部でもほとんど同じでしょう。
 ということで、4年間大学で学び、就職をする人のほとんどは一般企業(←大学時代に学んだ専門とは異なるという意味で)に就職します。最近では、企業の採用条件で学部や学科を問わず採用する企業が増えているようです。大企業はこれがかなり進んでいます。日産な...続きを読む

Q気象学、海洋学、地震学専攻後の就職

気象学、海洋学、地震学などを大学で勉強したいのですが、卒業後の就職先とか就職状況を知りたいです。教えてください。

Aベストアンサー

そもそも「気象大学校」なる者がありまして、気象庁関係者にはその出身者が多いですね。
研究者関連では気象庁、同気象研究所、海洋科学センター、産業技術総合研究所(元の地質調査所が吸収されました)、地震研究所、防災センター、都道府県、色々ございます。
気象学で気象シミュレーションができるなら並列コンピューティングの専門家として通るでしょう。

Q大学受験で地学が避けられる理由は何なのでしょうか?

私が志望する大学の学部では、二次及びセンターの理系科目は2つなので、物理と地学を選択しています。地学を志望する理由は、「その学部で使うから(=地質系学部だから)」で、物理を選択した理由は「理系科目で一番短時間で理解しやすい(私見ですが)」です。
その地学を巷では「避けるべき対象」として書かれている事が分かりません。今はセンター模試のみをやっていて、二次は赤本待ちの状況なのですが そこまで難易度が高い物なのでしょうか…。
確かに受験対策の教材は同分野の科目と比べて余りにも少ないですが、それだけが原因で敬遠されるとは思いません。何か特別難しいとされる理由は他に無いのでしょうか?「地学受験出来る大学が少ない」とも考えられますが、第一志望さえ変わらなければ特に問題無いと思っています。
よろしければ大学受験で地学教科を使われた方にお答え頂きたいです。それと、もし地学科目を受験に使われた方が居ましたら 二次対策に使われた教材も教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

私も物理地学で受験しましたが、昔の話なので現在とは状況は違っているかも知れません。
センター試験の地学問題はさほど難しいとされてはいないですね。むしろ暗記主体でもそこそこの点数を取れるため、センター試験地学受験者は文系受験者、つまり1次にしか使わない受験者の方が圧倒的(確か90%以上)に多いです。2次でも物理などに比べれば比較的点は取りやすいと思います。

理系が地学で受験しない最大の理由は、「地学を高校で習っていないから」ではないでしょうか。地質学会などでも問題になっていますが、最近の高校での地学履修者の割合はせいぜい5~6%とされています。多くの高校では地学の授業そのものがありません。授業がなければ参考書も少ない、指導できる先生も多くはないのです。例えば東京都は10年以上地学専攻の先生を採用していません(採用試験すら行われていない)。このような状況では、受験科目としてはどうしても敬遠されがちで、受験者も少ないわけです。
これには理由もあって、やはり理系の場合、物理、化学が基礎として必要な場面が多く、それらの応用分野である地学より、広い理系分野の基礎となる物理化学のほうがどうしても優先されます。実際、多くの地学系学部、学科でも地学受験は必須ではありません。逆に実際の研究において地質系といえども物理化学の知識は必須です。高校の地学レベルならそれを専攻するのであればさほど要らない、それより物理をちゃんとやっておけなんてことをいう大学教官もいます。実際私の同期20名中地学受験組は私を入れて3人しかいませんでしたし、高校で習ったことがあるものもおよそ半分でした。大学によって違いはあるとは思いますが、80年代前半からそんなもんです。

それでも地学の面白さがよい、好きな地学系の学部に行きたいと思われるのであれば、私がそうだったように好きで得意な地学で受験して全然かまわないと思いますよ。好きで得意な科目で受験勉強した方が楽しいですしね。もちろん参考書問題集は少ないし、自分で努力する場面も増えますが。私の場合、高校ではほとんど独学に近い状態で受験しましたが、主な地学系大学の入試過去問をそれぞれ10年分くらいやりました。参考書はあまり使わず、教科書と副読本だけだったかなあ。あとは大学教養レベルの地学教科書が入手できるようなら、読んでおくくらいでしょうか。まあこれはうん十年前の話なのであまり参考にはならないかも知れません。

地学・地質が好きなのはそれで喰ってる者としてうれしいことです。好きな科目で受験できるのなら、幸せなことだと思います。
あと半年くらいですか、頑張ってください。

私も物理地学で受験しましたが、昔の話なので現在とは状況は違っているかも知れません。
センター試験の地学問題はさほど難しいとされてはいないですね。むしろ暗記主体でもそこそこの点数を取れるため、センター試験地学受験者は文系受験者、つまり1次にしか使わない受験者の方が圧倒的(確か90%以上)に多いです。2次でも物理などに比べれば比較的点は取りやすいと思います。

理系が地学で受験しない最大の理由は、「地学を高校で習っていないから」ではないでしょうか。地質学会などでも問題になっていますが...続きを読む


人気Q&Aランキング