『このミステリーがすごい!』で1位になった作品を2つ続けて読みました。

・2004年度版の『葉桜の季節に君を想うということ』歌野晶午
・2005年度版の『生首に聞いてみろ』法月綸太郎
です。

すごい!と思えませんでした。本当にすごいミステリーが読みたくて1位になったものを読んでみたのですが、2位以下はもっとすごくないのでしょうか。

皆様の見解と、「いや、『このミステリーがすごい!』1位の作品(入賞の作品でも可)はすごいよ!!」というものを教えて下さい。

ちなみに私がすごい!と感じた1位の作品は、
・『私が殺した少女』原 尞
・『マークスの山』高村薫 
・『永遠の仔』天童荒太
・『模倣犯(上・下)』宮部みゆき
すごい!ではないけれど、面白いなぁと思ったのは、
・『奇術探偵曾我佳城全集』泡坂妻夫
です。
よろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

私も1位になった作品が、必ずしもすごく面白くなかったです。


「葉桜~」も、登場人物のある条件がどんでん返しのつもりなんだろうけど、これからの世の中、それが当たり前になるかもしれませんしね。
私は、下手にどんでん返しで読者を驚かせようと見え見えの作品より、キャラが立っている作品の方が好きです。

2位、3位の作品の方が好きだなということもあります。「荊の城」より「ダ・ヴィンチ・コード」の方が好きでした。結局は個人の好みの問題です。
うるさいミステリーファン全員に、支持される作品なんてないってことです。

反対に誰が見ても駄作というのは、あるかもしれませんね。「このミステリーがこすい」なんて雑誌があってもいいかもしれません。

監察医の上野正彦氏が、ミステリー作品を法医学的に整合性があるか検証した本があって、横溝作品はハチャメチャだとか。現実を知っている人の話は、作り話より面白かったりします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

スティーブン・キングをずっと読んできたのですが、キングの作品では、読書している間中、物凄い恐怖心に捕らわれるため、深い深い“耽読!”を味わえるので、ミステリでもそんな気分を味わいたいのです。

そういう意味でキャラが立っている作品の方が・・・、と言うのはとても分かります。
設定に頼りすぎて、人物がペラペラしているのはあまり感情移入できません。

「このミステリがこすい!」があれば、「すごい!」と合わせて検証して本を選べるんですけどね~。

とにかく、ありがとうございました!

お礼日時:2005/08/30 22:44

「葉桜の季節に君を想うということ」は、


私もあまりたいしたことないなあと感じました。

「永遠の仔」はすごかったと思う。
「模倣犯」は手ごたえはあり。
1位でなく2位だったと思いますが、
「GOTH」は好きです。

「半落ち」はぼちぼち。

あと9位ですが、「ハサミ男」はなかなかすごいかなと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『葉桜の季節に君を想うということ』はどこが支持されて1位なのでしょうか。ミステリ初心者には分かりません。

『模倣犯』はすごいと思いました。
今でも暗い事件が起こるたびに被害者家族の事に思いを馳せてしまうのは、あの小説の影響だと思います。

『ハサミ男』は面白いらしいですね。友人にも薦められました。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/30 22:50

このミス1位で


「すごい」と感じたのは
1994 シンプル・プラン スコット・スミス
2004 荊の城 サラ・ウォーターズ
1999 永遠の仔 天童荒太

「かなり面白い」と感じたのは
1998 レディ・ジョーカー 高村薫
1997 フロスト日和 R・D・ウィングフィールド
1996 死の蔵書 ジョン・ダニング
1993 マークスの山 高村薫
1989 羊たちの沈黙 トマス・ハリス
1995 女彫刻家 ミネット・ウォルターズ

「普通」と感じたのは
2001 模倣犯 宮部みゆき
1997 OUT 桐野夏生
1992 骨と沈黙 レジナルド・ヒル

「何でこれが?」と感じたのが
1989 私が殺した少女 原リョウ
2002 半落ち 横山秀夫
2000 ポップ1280 ジム・トンプスン

他は未読です。

1位以外で面白かったのは
2/1  ボーン・コレクター  ジェフリー・ディーヴァー
2/1  緋色の記憶  トマス・H・クック
(以上「すごい」)
8/1  犯人に告ぐ  雫井脩介
2/1  夜のフロスト  R・D・ウィングフィールド
7/3  死の記憶  トマス・H・クック
(以上「かなり面白い」)
左側の数字がこのミスの順位、右が週刊文春の順位です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わ~い、沢山あげていただいてありがとうございます。

実はホラーファンで、ミステリはあまり読んでいないので、はまる、すごいミステリを読みたいとずっと思っていました。
(なので、何故これが1位に選ばれるの?こんなもんなの??と疑問に思った訳です。)
読んだミステリは日本の作家が多いので、海外ものにもチャレンジしようと思います。

ありがとうございました♪

お礼日時:2005/08/30 22:24

読み手次第なので何とも言えませんが。


法月氏の作品は癖があるので、その癖になれないと面白さはわからないと思います。
法月氏の作品なら短編作品の方がいいかもしれません(紹介されている作品は未読ゆえ長さはわかりません)


本当に凄いと思う作品は自分が凄いと思ったものであって、他の方の選んだものではないと思います。


私はバカミス系がある意味凄いなぁ…と思って読んでいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
バカミス系って、西澤保彦さんの『解体諸因』とかですか?

とにかくありがとうございました。

お礼日時:2005/08/30 22:17

#1です。


「このミステリーがすごい」のうちではありませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
『奇想天を動かす』は、「このミス」にありましたよ!

島田荘司さんは、『涙流れるままに』だけ読んだ事があり、そこで止まってます。
占星術は好きなので、『占星術殺人事件』を読んでみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/30 22:11

島田荘司作品がすごいです。


「占星術殺人事件」
「奇想天を動かす」
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q『このミステリーがすごい!』で1位になった作品はすごいですか?

『このミステリーがすごい!』で1位になった作品を2つ続けて読みました。

・2004年度版の『葉桜の季節に君を想うということ』歌野晶午
・2005年度版の『生首に聞いてみろ』法月綸太郎
です。

すごい!と思えませんでした。本当にすごいミステリーが読みたくて1位になったものを読んでみたのですが、2位以下はもっとすごくないのでしょうか。

皆様の見解と、「いや、『このミステリーがすごい!』1位の作品(入賞の作品でも可)はすごいよ!!」というものを教えて下さい。

ちなみに私がすごい!と感じた1位の作品は、
・『私が殺した少女』原 尞
・『マークスの山』高村薫 
・『永遠の仔』天童荒太
・『模倣犯(上・下)』宮部みゆき
すごい!ではないけれど、面白いなぁと思ったのは、
・『奇術探偵曾我佳城全集』泡坂妻夫
です。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

私も1位になった作品が、必ずしもすごく面白くなかったです。
「葉桜~」も、登場人物のある条件がどんでん返しのつもりなんだろうけど、これからの世の中、それが当たり前になるかもしれませんしね。
私は、下手にどんでん返しで読者を驚かせようと見え見えの作品より、キャラが立っている作品の方が好きです。

2位、3位の作品の方が好きだなということもあります。「荊の城」より「ダ・ヴィンチ・コード」の方が好きでした。結局は個人の好みの問題です。
うるさいミステリーファン全員に、支持される作品なんてないってことです。

反対に誰が見ても駄作というのは、あるかもしれませんね。「このミステリーがこすい」なんて雑誌があってもいいかもしれません。

監察医の上野正彦氏が、ミステリー作品を法医学的に整合性があるか検証した本があって、横溝作品はハチャメチャだとか。現実を知っている人の話は、作り話より面白かったりします。

Q『ジェイン=エア』『嵐が丘』『風と共に去りぬ』『スカーレット』・・・次に読むべき18、19世紀の英米文学作品は?

いつもお世話になっております。
タイトルのままの質問です。

ずっと、日本文学を読んできましたが、今年の秋は18,19世紀の英米文学を読み始めました。
『ジェイン=エア』『嵐が丘』『風と共に去りぬ』『スカーレット』を読んできました。
この流れで、オススメの英米文学作品はありますか?
この4作品のなかでは、『ジェイン=エア』『風と共に去りぬ』が好きです。
ですので、哲学的思想的作品ではなく、ラブストーリー系を探しております。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ジェイン・オースティンはいかがでしょうか。
代表作は『高慢と偏見』『エマ』などです。特に『高慢と偏見』は何度も映画になった名作で、質問者さんのお好みにあうような気がします。

次点はディケンズです。
『二都物語』『大いなる遺産』がおすすめ。

悲恋でもいいのでしたら
デュマ・フィス『椿姫』(amazonでは作者名で検索ください)
トマス・ハーディの『テス』(ギリギリ19世紀、作者名で検索しないとなかなか見つかりません)
ラクロ『危険な関係』(作者名で検索ください))
などもオススメです。

すべて文庫で手に入ります。ハズレはないと思いますよ。

Q「このミス」の海外ランキングについて教えてください

「このミス」の海外ランキングについて教えてください

「1988-2008ベスト・オブ・ベスト」
「ベスト・オブ・ベスト(覆面座談会編)」
「過去10年のベスト20(覆面座談会編)」
「過去10年のベスト20(読者編)」
「過去10年のベスト20(『このミス』編)」

これらの海外編を教えてください
分かるぶんだけでいいのでお願いします

Aベストアンサー

1988-2008ベスト・オブ・ベスト
1 薔薇の名前(上下) ウンベルト・エーコ
2 羊たちの沈黙 トマス・ハリス
3 ボーン・コレクター(上下) ジェフリー・ディーヴァー
4 極大射程(上下) スティーヴン・ハンター
5 第二の銃声 アントニイ・バークリー
6 招かれざる客たちのビュッフェ クリスチアナ・ブランド
7 少年時代(上下) ロバート・R・マキャモン
8 緋色の記憶 トマス・H・クック
9 フリッカー、あるいは映画の魔(上下)
9 骨と沈黙 レジナルド・ヒル
11 クリスマスのフロスト R・D・ウィングフィールド
12 11の物語 パトリシア・ハイスミス
13 クリスマスに少女は還る キャロル・オコンネル
13 策謀と欲望(上下) P・D・ジェイムズ
15 暗く聖なる夜(上下) マイクル・コナリー
15 シンプル・プラン スコット・スミス
15 ホワイト・ジャズ ジェイムズ・エルロイ
18 夢果つる街 トレヴェニアン
19 女彫刻家 ミネット・ウォルターズ
20 誓約(上下) ネルソン・デミル

これしかわかりませんでした。

参考URL:http://www.h2.dion.ne.jp/~hna/ranking/konomisu/20y.html

1988-2008ベスト・オブ・ベスト
1 薔薇の名前(上下) ウンベルト・エーコ
2 羊たちの沈黙 トマス・ハリス
3 ボーン・コレクター(上下) ジェフリー・ディーヴァー
4 極大射程(上下) スティーヴン・ハンター
5 第二の銃声 アントニイ・バークリー
6 招かれざる客たちのビュッフェ クリスチアナ・ブランド
7 少年時代(上下) ロバート・R・マキャモン
8 緋色の記憶 トマス・H・クック
9 フリッカー、あるいは映画の魔(上下)
9 骨と沈黙 レジナルド・ヒル
11 クリス...続きを読む

Qすごいトリックや、どんでん返しがあるミステリー

ミステリー好きの男子高校生です。夏休みで暇なので小説を読もうと思うのですが、最近ミステリーを読んでもビックリ出来ません。

犯人やトリックが解っても、あまり驚けません。叙述トリックでしか驚いていません。自分の理解力が悪いだけなのかと心配になります…。

そこで、すごいトリックやどんでん返しがあるミステリーを知りませんか?

最近読んで自分が驚いたのは、
●米澤穂信さんの「遠まわりする雛」
●道尾秀介さんの「流れ星の作り方」
●法月綸太郎さんの「都市伝説パズル」などです。
最後の2つは短編で、まだ書籍化されていないので読んでいない方もいるかもしれません、すいません。

あと、作品の時代設定はなるべく現代のモノがいいです。
すいません、注文が多くて…(^_^;)

もし、そのような作品があれば回答お願いします。

Aベストアンサー

・一番お勧めしたいのは、麻耶雄嵩「神様ゲーム」です。ミステリーランドという子供向けミステリーレーベルなんですが、とんでもないラストが待っています。子供向けなので当然読み易いですよ。

・あと、有名どころでは、
我孫子武丸「殺戮にいたる病」(グロあり)、乾くるみ「イニシエーションラブ」、歌野晶午「葉桜の季節に君を想うということ」、殊能将之「ハサミ男」、貫井徳郎「慟哭」とかかな。
まだまだあるはずだけど、今思いつくのはそれくらいです。

Qこのミステリーがすごい!のランキングを教えてください。

このミステリーがすごい!の2005年のランキングを20位まで知りたいです!知っている方よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

2005年版の2004年の作品で良いのでしょうか?
http://dvd.or.tv/Bookstore_Konomisu.html#05
ここにベスト10までは、載っています。

Q『~カフカ』ダメだった人に『1Q84』お勧めですか

『ノルウェイの森』刊行時に手に取り、村上春樹に嵌った45歳男性です。
『ノルウェイ~』以降に出た春樹作品は『スプートニクの恋人』まで
リアルタイムでフォローしました。地下鉄サリン事件を題材に取った
エッセイ(ノンフィクション)もありましたね。あれも好きでした。

しかし読書そのものからいつの間にか遠のき、去年、懐かしさもあって
試しに『海辺のカフカ』を読んでみたのですが、上巻は楽しめましたが、
下巻あたりのファンタジックな分岐点以降、急に白けてしまって
読むことができませんでした。同時に、村上春樹を楽しむ若さが
私にはもうないのかな、とも思ってしまいました。

春樹の長いやつだと『ねじまき鳥クロニクル』はとてもよかった記憶があります。
端的に言って、『1Q84』は『ねじまき鳥~』よりも面白いですか。
『~カフカ』がダメな人にもお勧めできますか。
深く考えずに気楽なお答え頂けたら幸いです。

Aベストアンサー

こんにちは。私は村上さんの作品は一通り読んでいますが、「スプートニクの恋人」、「海辺のカフカ」、「アフターダーク」と直近の長編(中編)3作はいずれもこれまでの作品ほどのめりこめませんでした。(アフターダークを除いては受け付けないというレベルではありませんが)

それでも「1Q84」は楽しめましたよ。
ただどうですかね。3人称になっていたり社会へのコミットメントがうかがえたりと、従来的な村上春樹作品とは一味違うように思えますし、「ねじまき鳥~」より良いか、と聞かれればやはりそれは「NO」です。

Q今年度の文春ORこのミスで上位に入りそうな海外ミステリを教えて下さい

今年度の文春ORこのミスで上位に入りそうな海外ミステリを教えて下さい

Aベストアンサー

 1位候補の最右翼はクリストファー・プリーストの『双生児』でしょう。

 他に

『血と暴力の国』コーマック・マッカーシー
『ハリウッド警察25時』ジョゼフ・ウォンボー
『夜愁』(上・下)サラ・ウォーターズ
『狂人の部屋』ポール・アルテ
『ガラスのなかの少女』ジェフリー・フォード
『路上の事件』ジョー・ゴアズ
『ボストン・シャドウ』ウィリアム・ランデイ

などの作品も評価は高いようです。
 あと、ひょっとすると『ロング・グッドバイ』レイモンド・チャンドラーが入って来るかもしれません。

Q『食糧』『経済』『環境』をテーマにした新書

環境経済学に興味があり本を読みあさってます。
そのなかでフェアトレードの本を読み食糧問題にも興味がでてきました。
『食糧』『経済』『環境』をテーマにした本、紹介してください。
大学でそのようなことは学んでいなく、知識があまりないので、専門的でない本を紹介していただけるとありがたいです。
お金の関係で、できれば新書復は文庫本でお願いします。

Aベストアンサー

> それと『食糧』と『経済』を中心に書かれた本はあるのですが、『環境』はサラッと触れられているのしか見つかりませんでした。

ということですので、環境の方でまずは読む本とされている本がまだ出ていないようですので、一つ。難しい本を多数お読みのようですので、レベルが低すぎたら申し訳ないです。

 石弘之著「地球環境報告II」岩波新書。ISBN4-00-430592-6

 食料と経済とを意図的に取扱っているわけではありませんが、必然的に出てきます。何しろ最大規模の環境破壊は農業であり、農業は食糧問題と経済問題とから切り離すわけにはいきませんので。環境問題の方の本は、教育→環境学・エコロジーのカテでお尋ねになるのもいいかもしれません。

Qこのミステリーがすごい

以前本屋で見たこのミステリーがすごい2007年で1位だった本が思い出せません。外人の作家で表紙はピストルの絵が描かれているものです。
わかるかたどなたか教えてください。

Aベストアンサー

これではないですよね?
村上春樹の新訳で話題になりましたが………
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%90%E3%82%A4-%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%BC/dp/4152088001/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1196253885&sr=1-1

Q文庫になっているミステリー作品でオススメを教えてください。

いつもカバンの中には、文庫本を入れて、時間があれば読んでいます。
そろそろ、自宅にストックしてあった未読本の在庫切れそうなので買い足そうと思っています。
そこで、オススメの作品がありましたら、教えてきたいただきたいと質問しました。

条件は、まず文庫本であること。
今回は、ミステリー作品が読みたいと思っています。
短編ではなく、できれば300ページ以上の長編で、
日本人の作家の作品を希望します。

Aベストアンサー

300ページあるか不明ですが、藤原伊織さんの『テロリストのパラソル』をお勧めします。既読でしたら、すみません。数年前に読みましたが、今でも面白かったと思っています。この本で、学生運動のことなど、私には縁の無かったことも興味深く考えるようになりました。

『このミステリーがすごい』という本(雑誌)はご存知ですか?私は読みたい本が無いとき、この本を参考にしています。よかったら店頭で見てみてください♪


人気Q&Aランキング

おすすめ情報