『このミステリーがすごい!』で1位になった作品を2つ続けて読みました。

・2004年度版の『葉桜の季節に君を想うということ』歌野晶午
・2005年度版の『生首に聞いてみろ』法月綸太郎
です。

すごい!と思えませんでした。本当にすごいミステリーが読みたくて1位になったものを読んでみたのですが、2位以下はもっとすごくないのでしょうか。

皆様の見解と、「いや、『このミステリーがすごい!』1位の作品(入賞の作品でも可)はすごいよ!!」というものを教えて下さい。

ちなみに私がすごい!と感じた1位の作品は、
・『私が殺した少女』原 尞
・『マークスの山』高村薫 
・『永遠の仔』天童荒太
・『模倣犯(上・下)』宮部みゆき
すごい!ではないけれど、面白いなぁと思ったのは、
・『奇術探偵曾我佳城全集』泡坂妻夫
です。
よろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

私も1位になった作品が、必ずしもすごく面白くなかったです。


「葉桜~」も、登場人物のある条件がどんでん返しのつもりなんだろうけど、これからの世の中、それが当たり前になるかもしれませんしね。
私は、下手にどんでん返しで読者を驚かせようと見え見えの作品より、キャラが立っている作品の方が好きです。

2位、3位の作品の方が好きだなということもあります。「荊の城」より「ダ・ヴィンチ・コード」の方が好きでした。結局は個人の好みの問題です。
うるさいミステリーファン全員に、支持される作品なんてないってことです。

反対に誰が見ても駄作というのは、あるかもしれませんね。「このミステリーがこすい」なんて雑誌があってもいいかもしれません。

監察医の上野正彦氏が、ミステリー作品を法医学的に整合性があるか検証した本があって、横溝作品はハチャメチャだとか。現実を知っている人の話は、作り話より面白かったりします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

スティーブン・キングをずっと読んできたのですが、キングの作品では、読書している間中、物凄い恐怖心に捕らわれるため、深い深い“耽読!”を味わえるので、ミステリでもそんな気分を味わいたいのです。

そういう意味でキャラが立っている作品の方が・・・、と言うのはとても分かります。
設定に頼りすぎて、人物がペラペラしているのはあまり感情移入できません。

「このミステリがこすい!」があれば、「すごい!」と合わせて検証して本を選べるんですけどね~。

とにかく、ありがとうございました!

お礼日時:2005/08/30 22:44

「葉桜の季節に君を想うということ」は、


私もあまりたいしたことないなあと感じました。

「永遠の仔」はすごかったと思う。
「模倣犯」は手ごたえはあり。
1位でなく2位だったと思いますが、
「GOTH」は好きです。

「半落ち」はぼちぼち。

あと9位ですが、「ハサミ男」はなかなかすごいかなと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『葉桜の季節に君を想うということ』はどこが支持されて1位なのでしょうか。ミステリ初心者には分かりません。

『模倣犯』はすごいと思いました。
今でも暗い事件が起こるたびに被害者家族の事に思いを馳せてしまうのは、あの小説の影響だと思います。

『ハサミ男』は面白いらしいですね。友人にも薦められました。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/30 22:50

このミス1位で


「すごい」と感じたのは
1994 シンプル・プラン スコット・スミス
2004 荊の城 サラ・ウォーターズ
1999 永遠の仔 天童荒太

「かなり面白い」と感じたのは
1998 レディ・ジョーカー 高村薫
1997 フロスト日和 R・D・ウィングフィールド
1996 死の蔵書 ジョン・ダニング
1993 マークスの山 高村薫
1989 羊たちの沈黙 トマス・ハリス
1995 女彫刻家 ミネット・ウォルターズ

「普通」と感じたのは
2001 模倣犯 宮部みゆき
1997 OUT 桐野夏生
1992 骨と沈黙 レジナルド・ヒル

「何でこれが?」と感じたのが
1989 私が殺した少女 原リョウ
2002 半落ち 横山秀夫
2000 ポップ1280 ジム・トンプスン

他は未読です。

1位以外で面白かったのは
2/1  ボーン・コレクター  ジェフリー・ディーヴァー
2/1  緋色の記憶  トマス・H・クック
(以上「すごい」)
8/1  犯人に告ぐ  雫井脩介
2/1  夜のフロスト  R・D・ウィングフィールド
7/3  死の記憶  トマス・H・クック
(以上「かなり面白い」)
左側の数字がこのミスの順位、右が週刊文春の順位です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わ~い、沢山あげていただいてありがとうございます。

実はホラーファンで、ミステリはあまり読んでいないので、はまる、すごいミステリを読みたいとずっと思っていました。
(なので、何故これが1位に選ばれるの?こんなもんなの??と疑問に思った訳です。)
読んだミステリは日本の作家が多いので、海外ものにもチャレンジしようと思います。

ありがとうございました♪

お礼日時:2005/08/30 22:24

読み手次第なので何とも言えませんが。


法月氏の作品は癖があるので、その癖になれないと面白さはわからないと思います。
法月氏の作品なら短編作品の方がいいかもしれません(紹介されている作品は未読ゆえ長さはわかりません)


本当に凄いと思う作品は自分が凄いと思ったものであって、他の方の選んだものではないと思います。


私はバカミス系がある意味凄いなぁ…と思って読んでいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
バカミス系って、西澤保彦さんの『解体諸因』とかですか?

とにかくありがとうございました。

お礼日時:2005/08/30 22:17

#1です。


「このミステリーがすごい」のうちではありませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
『奇想天を動かす』は、「このミス」にありましたよ!

島田荘司さんは、『涙流れるままに』だけ読んだ事があり、そこで止まってます。
占星術は好きなので、『占星術殺人事件』を読んでみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/30 22:11

島田荘司作品がすごいです。


「占星術殺人事件」
「奇想天を動かす」
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q『このミステリーがすごい!』で1位になった作品はすごいですか?

『このミステリーがすごい!』で1位になった作品を2つ続けて読みました。

・2004年度版の『葉桜の季節に君を想うということ』歌野晶午
・2005年度版の『生首に聞いてみろ』法月綸太郎
です。

すごい!と思えませんでした。本当にすごいミステリーが読みたくて1位になったものを読んでみたのですが、2位以下はもっとすごくないのでしょうか。

皆様の見解と、「いや、『このミステリーがすごい!』1位の作品(入賞の作品でも可)はすごいよ!!」というものを教えて下さい。

ちなみに私がすごい!と感じた1位の作品は、
・『私が殺した少女』原 尞
・『マークスの山』高村薫 
・『永遠の仔』天童荒太
・『模倣犯(上・下)』宮部みゆき
すごい!ではないけれど、面白いなぁと思ったのは、
・『奇術探偵曾我佳城全集』泡坂妻夫
です。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

私も1位になった作品が、必ずしもすごく面白くなかったです。
「葉桜~」も、登場人物のある条件がどんでん返しのつもりなんだろうけど、これからの世の中、それが当たり前になるかもしれませんしね。
私は、下手にどんでん返しで読者を驚かせようと見え見えの作品より、キャラが立っている作品の方が好きです。

2位、3位の作品の方が好きだなということもあります。「荊の城」より「ダ・ヴィンチ・コード」の方が好きでした。結局は個人の好みの問題です。
うるさいミステリーファン全員に、支持される作品なんてないってことです。

反対に誰が見ても駄作というのは、あるかもしれませんね。「このミステリーがこすい」なんて雑誌があってもいいかもしれません。

監察医の上野正彦氏が、ミステリー作品を法医学的に整合性があるか検証した本があって、横溝作品はハチャメチャだとか。現実を知っている人の話は、作り話より面白かったりします。

Q『ジェイン=エア』『嵐が丘』『風と共に去りぬ』『スカーレット』・・・次に読むべき18、19世紀の英米文学作品は?

いつもお世話になっております。
タイトルのままの質問です。

ずっと、日本文学を読んできましたが、今年の秋は18,19世紀の英米文学を読み始めました。
『ジェイン=エア』『嵐が丘』『風と共に去りぬ』『スカーレット』を読んできました。
この流れで、オススメの英米文学作品はありますか?
この4作品のなかでは、『ジェイン=エア』『風と共に去りぬ』が好きです。
ですので、哲学的思想的作品ではなく、ラブストーリー系を探しております。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ジェイン・オースティンはいかがでしょうか。
代表作は『高慢と偏見』『エマ』などです。特に『高慢と偏見』は何度も映画になった名作で、質問者さんのお好みにあうような気がします。

次点はディケンズです。
『二都物語』『大いなる遺産』がおすすめ。

悲恋でもいいのでしたら
デュマ・フィス『椿姫』(amazonでは作者名で検索ください)
トマス・ハーディの『テス』(ギリギリ19世紀、作者名で検索しないとなかなか見つかりません)
ラクロ『危険な関係』(作者名で検索ください))
などもオススメです。

すべて文庫で手に入ります。ハズレはないと思いますよ。

Qこのミステリーがすごい!のランキングを教えてください。

このミステリーがすごい!の2005年のランキングを20位まで知りたいです!知っている方よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

2005年版の2004年の作品で良いのでしょうか?
http://dvd.or.tv/Bookstore_Konomisu.html#05
ここにベスト10までは、載っています。

Qネタバレ? 泡坂妻夫著 「奇術探偵 曾我佳城」を読みました。

ネタバレ? 泡坂妻夫著 「奇術探偵 曾我佳城」を読みました。

ネタバレになってしまいますが、

最後の章で探偵役である人間が殺人を犯し、物語の幕が閉じる様式になっています。

これと似たように、それまで事件を解決してきた探偵役の人間が

犯罪を犯すという作品は、他にもありますか?

ぜひ読んでみたいので、どなたかご存じでしたら教えて下さい。

Aベストアンサー

いわゆる叙述トリック物に当たると思われます。
「叙述トリック」で検索すると色々出てきますよ。叙述トリックは作品全体で読者のミスリードを誘う作品を指すので必ずしも探偵役=犯人とは限りませんが、いくつかご紹介します。

アガサ・クリスティ
エルキュール・ポワロシリーズ「カーテン」

ミステリを読む方なら誰もが知るであろう有名なシリーズですが、最終話となるこの作品は衝撃作です。
ポワロシリーズは数多く読みましたが、私は彼の鬱陶しいけど憎めない人柄が好きだったので、ミステリを読み始めて20年ほどになりますが未だにこの作品を読めません。
それから探偵=犯人ではないのですが、同じくポワロシリーズ「アクロイド殺し」は叙述トリックで有名な作品です。

高木彬光
墨野隴人シリーズ

高木氏も日本ミステリ界の巨匠ですが、このシリーズ5作を読み終わったときには結構驚きました。正確に言うと探偵役と犯人がイコールではないのですが、面白い作品でした。

普段読んでいる本が古典ミステリばかりなので、近作の叙述ミステリのおすすめは他の方に期待します。

Qこのミステリーがすごい

以前本屋で見たこのミステリーがすごい2007年で1位だった本が思い出せません。外人の作家で表紙はピストルの絵が描かれているものです。
わかるかたどなたか教えてください。

Aベストアンサー

これではないですよね?
村上春樹の新訳で話題になりましたが………
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%90%E3%82%A4-%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%BC/dp/4152088001/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1196253885&sr=1-1

Q『塗仏の宴』を読む前に『百鬼夜行 陰』を読みたいのですが・・

タイトルの通り、手元に『陰』があるのですが、まだ『塗仏』は読んでません。
京極堂シリーズは順番に読まないと、だめだそうですが、折角手元にあるので早く読みたいです!

『塗仏』を手に入れるまで、ちょっと時間がかかるので、先に読んでも問題ない短編のタイトルがありましたら、教えていただきたいです。

Aベストアンサー

『百鬼夜行―陰』収録の短編集の多くは『塗仏』以前に発表されたもので、以前の話の番外編のようなものなので先に読んでも問題ないと思います。
ただ、「火間虫入道」だけは『塗仏』に出てくるキャラの話なので、気になるようでしたら飛ばした方がいいと思います。

参考URLは、各短編に出て来た人物がどの長編作品に関わっているかをファンの人がまとめたページです。

参考URL:http://ww1.enjoy.ne.jp/~yamada.y/kyogoku/hyakki.htm

Q「このミステリーがすごい!」大賞について

ここに投稿すべきか迷いましたが、最もここが近かったので投稿します。
この賞の応募要項に「2HDフロッピーディスクが必要」とありましたが、
これはCD-ROMとかでもいいのですか?

「直接聞け!」と言われそうですが、お願いします。

Aベストアンサー

1次選考が通ってから考えるべきだとおもいますが・・。
相手方がFDDと言っているのであればFDDにするのが良いでしょう。

Q『大地』や『ワイルドスワン』のロシア版を読みたい

小説『大地』『ワイルドスワン』を読み、清末~文化大革命へ至る中国の雰囲気を掴むことが出来、とても感銘を受けました。

そこで質問なのですが、ソ連・ロシアに関して似たような小説はないでしょうか?

特に、スターリン時代の雰囲気を感じ取れる作品を読んでみたいです。

Aベストアンサー

・帝政末期
ツルゲーネフ 「貴族の巣」「ルーヂン」
プーシキン  「オネーギン」「大尉の娘」
ゴンチャロフ 「オブローモフ」
レールモントフ「現代の英雄」
ネクラーソフ 「ロシヤは誰に住みよいか」(ちょっとずれているかもしれません。)
ドブロリューボフ「オブローモフ主義とは何か? 他一篇」(これは評論。)

・革命前夜
チェルヌィシェーフスキイ「何をなすべきか」
ソーニャ・コヴァレフスカヤ「ソーニャ・コヴァレフスカヤ (自伝と追想)」
N・オストロフスキー「鋼鉄はいかに鍛えられたか」
ネクラーソフ「デカブリストの妻 (ロシヤの婦人)」

・革命前後
ショーロホフ 「静かなドン」
P.クロポトキン「一革命家の思い出」

・革命後
ソルジェニーツィン「収容所群島」(ルポルタージュ)

「ワイルドスワン」は読んでいないから分からないですが、「大地」に近いとすれば、
ショーロホフ 「静かなドン」あたりかな。
チェルヌィシェーフスキイ「何をなすべきか」や
N・オストロフスキー「鋼鉄はいかに鍛えられたか」
あたりのほうがお勧めかもしれません。

『特に、スターリン時代の雰囲気』というのが、革命直後だとすると、
アンソニー・サマーズ/トム・マンゴールド「ロマノフ家の最後」あたりを読んだほうが
いいかもしれません。(まあ、小説とはいささか違うので上には記載していませんが。)
(スターリン時代は粛清と言論統制がきついのであまり面白いのは無いというのが個人的見解です。)

・帝政末期
ツルゲーネフ 「貴族の巣」「ルーヂン」
プーシキン  「オネーギン」「大尉の娘」
ゴンチャロフ 「オブローモフ」
レールモントフ「現代の英雄」
ネクラーソフ 「ロシヤは誰に住みよいか」(ちょっとずれているかもしれません。)
ドブロリューボフ「オブローモフ主義とは何か? 他一篇」(これは評論。)

・革命前夜
チェルヌィシェーフスキイ「何をなすべきか」
ソーニャ・コヴァレフスカヤ「ソーニャ・コヴァレフスカヤ (自伝と追想)」
N・オストロフスキー「鋼鉄はいかに鍛えられたか」
...続きを読む

Q確定申告 2014年12月報酬の申告について

2015年分の確定申告書を作成しているところなのですが、2014年分の確定申告内容を見て、2014年12月報酬(1月支払い分)を申告に入れていない事に気づきました。請求書は2014/12月末日で請求しています。

なお、2014/12月分報酬を、2015年分1月に加え、2015年12月の報酬も今回は加えようとかと考えていますが、どう対処すべきか悩んでいます。

何分、税金の事なので自分の無知さを反省しています。

対処方法等をご教授願えればと思います。

Aベストアンサー

相反する複数の回答が出ていますので、僭越ながら仲間に入れてもらいます。

>2015年分の確定申告書を…

個人の税金は 和暦で「平成△年分」と表記します。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/pdf/h26/02.pdf

>2014年12月報酬(1月支払い分)を申告に入れていない…

報酬ということは、給与所得ではなく事業所得としての申告ですね。
もらった日の属する年分という回答が 2件出ていますが、それは給与の場合の話です。

事業所得は、入金側も出金側も、その権利を生じた日に計上です。
いつもらったか、いつ払ったかではありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2200.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2210.htm

したがって、ご質問の件は平成26年分、つまり去年の今ごろに申告した分に含めなければいけなかったのです。
27年分に含めてはいけませんので、26年分の修正申告が必要となります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026.htm

ただ、一つだけ例外があり、もしあなたが青色申告者で、かつ【現金主義の届け】
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/10.htm
を出してある場合のみ (←ここ大事) 、平成27年分となります。

>請求書は2014/12月末日で請求…

毎月月末締め切りで即刻請求書を出しているのですか。
それならそれで良いですけど、もし、 20日締め切りとかで 12/21~12/31 の分は 1月回しだとかいうのなら、1月分は手元の売掛帳では 12/21~12/31 の分は 前年に、1/1~1/20 の分は当年にと分けて記帳しておかないといけません。

これが「発生主義」というものです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

相反する複数の回答が出ていますので、僭越ながら仲間に入れてもらいます。

>2015年分の確定申告書を…

個人の税金は 和暦で「平成△年分」と表記します。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/pdf/h26/02.pdf

>2014年12月報酬(1月支払い分)を申告に入れていない…

報酬ということは、給与所得ではなく事業所得としての申告ですね。
もらった日の属する年分という回答が 2件出ていますが、それは給与の場合の話です。

事業所得は、入金側も出金側も、その権利を生じた...続きを読む

Qジャック・ヒギンズ氏の作品で、リーアム・デヴリンが登場する作品を全て読

ジャック・ヒギンズ氏の作品で、リーアム・デヴリンが登場する作品を全て読みたいです。教えてください。よろしくお願いします。ショーン・デイロンシリーズは、読み終わりました。鷲は舞い降りた・飛び立った以外の作品をお願い致します。

Aベストアンサー

かなり古いので新刊で入手できるかどうかはわかりませんが・・・

「テロリストに薔薇を」ハヤカワ文庫1991年発行。
「黒の狙撃者」ハヤカワ文庫1992年発行。

古本でいいなら結構安く売られてるので入手は容易です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報