CREBというタンパク質があるそうなのですが、
これはundergoes Ag-dependent cell death.とありました。
CREBは銀によって細胞が死ぬときに関係しているタンパク質なのでしょうか?
このあたりの情報を調べる手段がまったくないので、
誰か知っている人はぜひぜひご回答お願いいたします。

また、人の細胞と銀(銀イオン)に関係する遺伝子というものは存在するのでしょうか?
もしそのような物の名前を知っていましたら、そちらもご回答よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

もしかして文献にアポトーシスとかFasとかCDとかBcl2とか


でてきませんか?

もしでてくるならこのあたりを参考に検索されてみると
何かでてくるかもしれませんが。

全然違っていたらごめんなさい。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/utils/qmap.cg …

参考URL:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/utils/qmap.cg …
    • good
    • 0

 私も専門外ですが,ramurame さんもお書きの様に検索が不十分じゃないでしょうか。



 ご質問の内容から考えると,専門誌の論文を検索して読む事は可能な方だと思います(違ってましたらお許し下さい)。でしたら,何故「Medline」等で文献検索されないのでしょうか。「PubMed」(↓)で「CREB」を検索すると3000件以上ヒットし,Review に限っても284件残ります。

 「人の細胞と銀(銀イオン)に関係する遺伝子」とはどの様な事をお考えですか。例えば,銀イオンが大量に体内に入った場合,これを解毒する蛋白(具体的にはわかりません)の増産が考えられますが,この蛋白をコ-ドする遺伝子も該当しますか?

参考URL:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/PubMed/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

MiJunさんの書かれたAgを抗原と訳すと言うのを知らなかったため、このような不充分な質問をしてしまいました。
学校の研究で、銀イオンを体内に入れたときに体細胞から発生する遺伝子にはどのようなものがあるかを知りたいと思っておりました。
そこで、Agで文献検索したところ、上のタンパク質が引っかかり、よくわからなかったもので質問したと言うことでした。
研究自体漠然としたもので、私もよくわからないのが恥ずかしながら今の現状です。
ですから、銀イオン(銀)と人体に関係する遺伝子の情報があれば、なんでもよいのでその遺伝子名を教えて下さい。

お礼日時:2001/11/12 16:58

専門外ですが、「Ag-dependent cell death」の「Ag」は


「銀」ではなく「Antigen:抗原」ではないでしょうか・・・?

前後の文章が分かれば、もう少し判明するのではないでしょうか・・・?

補足お願いします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに、論文を読んでいたらsilverが出てこなかったので不思議に思っていたのですが・・・
MiJunさんのおっしゃられたとうり、Antigenで訳すのが正しいと思いました。
勉強不足でした。

お礼日時:2001/11/12 16:48

前にも似たような質問をされてましたね。


専門外ですが、「cAMP responsive element binding protein」を
Googleで検索したら、かなりの数がヒットしました。
あとは、他のキーワードを追加すれば、絞り込めるのでは?

参考URL:http://www.google.com/search?q=cAMP+responsive+e …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qタンパク質は大きく分けて膜タンパク質と水溶性タンパク質がありますよね。

タンパク質は大きく分けて膜タンパク質と水溶性タンパク質がありますよね。

膜タンパク質の性質や特徴は図書館で調べたら出てきたんですが
可溶性タンパク質の方は調べても出てきませんでした。
なので、水溶性タンパク質の性質や特徴を教えて頂きたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>タンパク質は大きく分けて膜タンパク質と水溶性タンパク質がありますよね。

大きく分けてと言いますが、別にそういう分け方は一般的ではないと思います。

まず、「水溶性タンパク質」という言い方は、タンパク質の化学的性質に着目した分類で
「膜タンパク質」はタンパク質が存在するところに着目した分類で、
共通の側面から行なった分類の方法では無いということをきちんと理解するべきです。

ただ、細胞膜は「油」で出来ているので、そこに局在しているタンパク質は「水に溶けない」性質のものが
多くあるので、膜タンパク質と言えば、何となく脂溶性(水溶性でない)タンパク質かな?と
玄人は連想できますが。

で、「膜タンパク質」は、そのタンパク質が機能する場所である膜に存在するタンパク質の総称なので、
調べると「膜でどのような機能を持っているタンパク質たちである」と本に書いてあると思いますが、
一方の「水溶性タンパク質」は化学的な性質を言ったものたので、どのようなタンパク質がと言われても
「水に溶ける」くらいしか共通点は挙げれません。
(っていうか水溶性と言っている時点でそれはわかることなので、いちいち解説する必要ないでしょ?)

つまり、何が言いたいかというと、
そういう分類は一般的じゃなく、もし、「膜タンパク質と水溶性タンパク質」に分ける人がいるとして、
その「水溶性タンパク質」と言っている人が、ある程度何かを想定して言っているはずだということです。

なので、その人に「何のことを指しているのか?」って聞くしかわからないのと、あとは
No1様のおっしゃるように自分で決めて調べるしか無いと思います。

>タンパク質は大きく分けて膜タンパク質と水溶性タンパク質がありますよね。

大きく分けてと言いますが、別にそういう分け方は一般的ではないと思います。

まず、「水溶性タンパク質」という言い方は、タンパク質の化学的性質に着目した分類で
「膜タンパク質」はタンパク質が存在するところに着目した分類で、
共通の側面から行なった分類の方法では無いということをきちんと理解するべきです。

ただ、細胞膜は「油」で出来ているので、そこに局在しているタンパク質は「水に溶けない」性質のものが
多くある...続きを読む

Qあるタンパク質が結合する他のタンパク質の同定法

生物学をかじっている者です。分子生物学の実験で、あるタンパク質の機能を調べる際、それが他のどのタンパク質と結合するのかを調べる一般的なやり方が知りたいです。
私は、Far western blotting、免疫沈降、アフィニティークロマトグラフィーといった専門用語を単語としては知っている、個々の意味を調べれば理解出来る、というレベルなのですが、そういった手法を行う具体的な順番や、どういった手法がメジャーなのかがよくわかりません。大雑把でいいので教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

順番は場合によって異なると思います。
最初に、酵母Two-hybridで相互作用する因子をスクリーニングし、次に、プルダウンアッセイで相互作用を検討するといった感じで行うことが多いと思います。
また、目的タンパク質が組換えタンパク質、もしくはタグ融合組換えタンパク質として得られており、nativeで認識できる抗体があるのなら、免疫共沈殿もしくは免疫アフィニティクロマトグラフィで候補因子を精製し、SDS-PAGE後、目的バンドを切り出して、LC-MS/MS等の質量分析に供するという方法もあります。
BIACOREを使う方法もありますが、機械がないとできないので一般的ではありません。

Q細胞外分泌性タンパク質について・・

 細胞外分泌性タンパク質でシグナル配列の代わりにパッチワーク構造が分泌のために機能していることを説明しなければならないのですが、よくわかりません!
レポートの締め切りが迫っているんです。誰か教えてください!!

Aベストアンサー

パッチシグナルのことでしょうか?
リソゾームへの輸送で使われたりするみたいなので、分泌タンパクにもあるのかな?
レポートなんで自分で頑張ってほしいですが、もう少し情報を書き込まないとわけ分からないです。
シグナル配列とパッチシグナルの違いから分からないのですか?
それとも証明の実験系の話ですか?

Q組換えタンパク質の培養細胞での発現法について

大きく分けて(1)一過性(2)恒常的発現(染色体に組み込まれるものとエピソーマルに維持するもの)がありますが、この二つの具体的な方法と利点・欠点を教えてください!

よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

URLで示した方法で導入すると、まず最初に多量のDNAが核の中に入ります。
ほとんどの場合、プロモーターをもったプラスミドであるので、
核の中に入るだけでプロモーターから転写翻訳が行なわれるので
多くのタンパク質が発現することになります。

しかし、細胞分裂や何かのきっかけで核の中から出たりなどして、DNA量が減っていくので
一過性になります。

その中で、どういう機構かはよくわかっていませんが、たまたま染色体に導入されるDNAがあります。
それは分裂しても細胞に受け継がれて行くので恒常的に発現することになります。
しかし、染色体に導入される確率は高くないので、発現は一過性よりも低くなります。

ウイルスを使った導入では、もともとウイルスDNAは細胞の染色体に導入されるものなので、
恒常的に発現する細胞が出来上がります。(アデノウイルスは違ったような気がします。)

ただ、ウイルスの場合、多少の毒性があったり、分裂が活発な細胞でないと導入しづらいということがあり、
多量に発現させることが難しいときがあります。

Q腫瘍細胞にタンパク質を過剰発現するやり方

初めて質問します。
21歳の医学部生です。
いま実験を行っていて、B16メラノーマという細胞にIRAK-1とIRAK-4というふたつのタンパク質を過剰発現させたいのです。
ネットで探したところ、目的のタンパク質のDNAの相補的DNAをベクターに組み込んでそれを腫瘍細胞に形質導入するという方法を見つけたのですが、それで、過剰発現させることができるのでしょうか。
また、たった区別の方法があるのでしょうか。

基本的な質問ですみません。回答をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

『目的のタンパク質のDNAの相補的DNAをベクターに組み込んでそれを腫瘍細胞に形質導入するという方法を見つけたのですが、それで、過剰発現させることができるのでしょうか。』
pcDNA3.1 (Invitrogen)などの薬剤耐性遺伝子を含む発現ベクターに目的の遺伝子を組み込んでLipofectamin (Invitrogen)やFuGENE (Roche)などの試薬を使って細胞に導入する方方が一般的です(した)が、今はレンチウイルスにパッキングして細胞に導入する方が効率が良いのでそちらを好む人が増えています。

二種類の遺伝子を導入する場合は、一度にやれないこともないけれど、まず、片方を導入してポジティブな細胞を拾い、それにもう一つの遺伝子を導入するのがよいのではないでしょうか。

遺伝子を細胞に導入した後は培地にピューロマイシンなどの薬剤を入れて目的の遺伝子の入っていない細胞を殺し、残った細胞のコロニーをピックアップして一部をPCRやウエスタンブロッティングで目的の遺伝子が入っているかどうか確認できます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報