卒論でITやPCの普及率について取り上げようとしてるのですが、その基となるデ-タがありません。というのも各都道府県ごとの詳細なデ-タがほしいのですがどこにあるか知ってませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

全国的な規模の調査は総務省で出している情報通信白書を利用することをお勧めしますが、都道府県単位では調査を行っているかどうかは、各都道府県庁にE-mailもしくは電話で問い合わせることをお勧めします。


ITというのはあまりにも抽象的過ぎると思われますので、具体的に例えば、インターネットの家庭での普及率であるとか、LAN構築している企業が何社くらいあるのかという質問をしたほうが良いと思われます。
私が調査を行ったときには、自治体でそのような調査を行っているところが少なかったので、地元の有力なプロバイダにだいたいの数字を聞きました。現在であれば、各自治体でより詳細な調査が行われていると思われます。

参考URL:http://www.soumu.go.jp/hakusyo/tsushin/index.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東芝やオリンパスの、粉飾決算を、各ジャーナリスト、マスコミはどの様に取り上げていますか?

例えばですが、、、堀江事件などは、大変に、センセーショナルな、モノでした。

今回は、規模、金額、様々な事が、遙かに堀江事件を凌ぐわけですが、、、

どの様な?扱いでしょうか???


実状をお知らせいただき、また、ソレに対して、どの様に考えるか?を、コメント下さい。

Aベストアンサー

オリンパスは終わったことですし、東芝も終わらせたいのでしょう。

ライブドアと違って、あれで買収された大手企業はないですし、ある株主が損失したことで訴えてますが、株主の大半が役員なことを考えると、それらを救済する謂れはないでしょう。
マスコミ的には投資家=悪なので。
やはり世論的にも自業自得な感じでしょう。

国的には東芝ほどの大企業の倒産は好ましくないでしょうし、シャープも似た感じです。
早目にパナソニックか三菱電機に合併させたいよころでしょう。

Q各都道府県の農業生産高

各都道府県の総生産額(国で言ったらGDP)に対する農業の生産額の割合を調べたいのですが、どこかよいページがあったら教えてください。直接回答していただいてもかまいません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こちらはいかがでしょうか?

【市町村の姿:グラフと統計でみる農林水産業】
http://www.toukei.maff.go.jp/shityoson/index.html

「統計データを見る」→都道府県を選択して→都道府県名をクリック
「経済データ」→「農業粗生産額」

http://www.toukei.maff.go.jp/shityoson/map2/01-02/economy.html


【社会生活統計指標】エクセルファイルです。
http://www.stat.go.jp/data/ssds/5.htm
「基礎データ」→「C 経済基盤」→「県民経済計算」→「県内総生産額」があります。

Q【日本の都道府県の1番低い税収の都道府県とその税収金額を教えてください】

【日本の都道府県の1番低い税収の都道府県とその税収金額を教えてください】

Aベストアンサー

2012年度調べで、最下位は鳥取県の3497億8691万7000円

Q200~300人程度の企業の平均基本給の統計資料

200~300人程度の企業の平均基本給の統計資料を探しています。
そのようなものは、公開されているのでしょうか?

Aベストアンサー

年収なら。。。
http://nensyu-labo.com/2nd_salary.htm

Q なぜ、「円安」が政策として取り上げられないのでしょうか?

 なぜ、「円安」が政策として取り上げられないのでしょうか?
今回の参議院選挙で経済対策のひとつとして円安誘導が取り上げられることを期待していたのですが、どの党もそのような政策・考えを表明していません。日本の経済を立て直す一番確実の方法ではないかと思うのですが違うのでしょうか?
 「円安誘導が日本の経済再生に役立つ」というのは、多くの方が同じように感じてると思います。日本の最大の資源は人ですが、この人件費がもっとも生産コストに影響しています。大手企業は自動化によって人件費をぎりぎりまで下げることが出来、利益を上げることが出来ます。しかし、中小・町工場では人件費そのものがコストの大部分です。今のレートでは利益はほとんどありません。これらの企業では人を雇うのを止め、オーナーが一人で生産を続けている状態です。円安になれば、その差額分がそのまま利益になります。円が1/2になれば、大手企業の利益率は2倍弱ですが、中小では5倍以上に改善します。(ここで簡単計算を書いたほうがいいのですが面倒なのでやめておきます。) 中小に仕事が回れば、経済の活性化が進みます。
 ところで、「円安になるとアメリカが困る」ので「アメリカの賛成が得られない」と考えるのが普通です。しかし、ここで発想の転換です。円安によって自動車メーカーの利益が膨大なものになります。通常は車の価格を下げるのですが、ここであえて、2割ほど値上げを行うのです。当然シェアは下がりますが、利益率が高いので十分利益が出ます。相対的にアメリカ車が安くなるので下がったシェアの分、フォード・GMの売り上げが伸び、アメリカ国内の経済活性化にもつながります。今の円高では自動車メーカーはぎりぎりの努力をしており、シェアを維持することで利益を確保しています。シェアを失うことは死活問題になります。しかし、円安になり利益率が上がれば、シェアを分け合う余裕が生まれます。今世界の市場は中国をはじめとする発展途上国に移っています。「アメリカのシェアを適度な割合で分け合い、発展途上国で競争する関係を作り、お互いに経済再生をはかる」ことが可能ではないかと思います。あっ、「発展途上国を食い物にする」という意味ではありませんよ。その点は、誤解しないでください。中国は急速に力をつけてます。国内メーカーがシェアの大部分を確保するのは当然です。それでも、人口・国土で見ると、それなりのシェアを確保できれば、日本やアメリカを上回る商売が出来ると思います。
 「円安で経済を再生する」アイデアの元は、韓国のウォン安です。韓国の家電メーカーの躍進はすさまじいです。日本の家電業界は海外では韓国に敗退したと言えると思います。でも、同じ条件下で自動車メーカーは負けていません。この違いはどこにあるのでしょうか? やはり、家電業界は世界戦略で何かミスをしたのだと思います。円安になれば再生のチャンスが来ます。「高機能だけど高い」が「高機能だけど納得できる値段」になれば、十分勝負できます。
 う~ん、自分の意見ばかり書き込んで申し訳ありません。でも、「円安」が日本の経済立て直しに有効な手段だと考えています。なぜ、政策として取り上げられないのでしょうか?

- 投稿者 NandaAkira

 なぜ、「円安」が政策として取り上げられないのでしょうか?
今回の参議院選挙で経済対策のひとつとして円安誘導が取り上げられることを期待していたのですが、どの党もそのような政策・考えを表明していません。日本の経済を立て直す一番確実の方法ではないかと思うのですが違うのでしょうか?
 「円安誘導が日本の経済再生に役立つ」というのは、多くの方が同じように感じてると思います。日本の最大の資源は人ですが、この人件費がもっとも生産コストに影響しています。大手企業は自動化によって人件費をぎ...続きを読む

Aベストアンサー

1ドル85円程度で推移しており、かなりの円高と言えますよね。

現在では為替市場で行われる取引の大半が実需を伴わない投機取引となっており、為替レートは当事国の中央銀行の金融政策が大きく影響します。円ドルですと、日本銀行の金融政策がFRBより緩和傾向だと円安、引き締め傾向だと円高になります。

ところで、2008年秋のリーマンショック以降、FRBは量的緩和で資金供給を倍増させているのに対し、日本銀行はほとんど増やしていません。したがって急激な円高になったわけです。しかしながら、FRBもいつまでも量的緩和を続けるわけにはいかないので、来年あたりには出口戦略について言及すると見られており、その後は円安に反転すると思われます。

円安については、みんなの党の渡辺代表がHPで少し言及していたと思います。また、先の参議院選挙のときでは、日本銀行法改正法案を提出する用意があるとも言っていました。それはテレビで見ていたのですが、あまり大々的に言っているという感じではなかったです。

政治家が金融政策についてあまり言わないのは、金融政策は日銀の専管事項であるとか、中央銀行の独立性を損なうとかいった批判があるからではないかと思います。

1ドル85円程度で推移しており、かなりの円高と言えますよね。

現在では為替市場で行われる取引の大半が実需を伴わない投機取引となっており、為替レートは当事国の中央銀行の金融政策が大きく影響します。円ドルですと、日本銀行の金融政策がFRBより緩和傾向だと円安、引き締め傾向だと円高になります。

ところで、2008年秋のリーマンショック以降、FRBは量的緩和で資金供給を倍増させているのに対し、日本銀行はほとんど増やしていません。したがって急激な円高になったわけです。しかしながら、FRBもいつま...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報