こんばんは。
タイトルのとおり、切なくて切なくて、たまらなくなるような本が読みたくてたまりません。
是非、おすすめの本を教えてください。

恋愛ものじゃなくても、皆さんが胸を強く打たれるほど感動した本を教えてもらえるとうれしいです。

よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (23件中21~23件)

僕のお勧めは、聖の青春(さとしのせいしゅん)です。



プロ棋士に関する物語ですが、主人公は不治の病に冒されています。
その中で、将棋指しの最高峰名人位を目指すのですが・・。

体を動かせなくなるくらいの病なのですが、
その中で激烈な将棋指しの戦いを勝ち残っていくのはとても胸を打たれます。

生きたい、生きて成し遂げたいとおもうことがある物語なので、
とても感動しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
生きたい、生きて成し遂げたい!という想いが書かれているのですか…!!
将棋の世界はまったくわからないのですが、
読んでみようとおもいます!
紹介ありがとうございます!!

お礼日時:2005/09/19 22:59

「誕生死」


お母さんのお腹の中で残念ながら亡くなってしまった子どもや、生まれてまもなく亡くなってしまった子どもの事を両親が手記にしてまとめたものです。本当に、哀しくて切ない話ばかりです。命の重さをを改めて考えることのできる本でした。

あと、小説では乃南アサの「涙」という作品はとても面白く、切ない話です。婚約者が突然失踪し、殺人の罪を着せられて・・・という話です。結末まで一気に読んでしまいたくなる本でした。お勧めです。

参考URL:http://homepage3.nifty.com/angel-book/ http://www.shohyo-bunko.jp/review/sh00028.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お早いご回答ありがとうございます!
「誕生死」とても哀しそうですね。私が読んだら絶対ボロボロ泣いてしまいそうです。
乃南アサの「涙」とても気になるので読んでみます!
ありがとうございます!

お礼日時:2005/09/19 22:46

こんばんは。



切ない小説を書く作家といえば・・・浅田次郎さんでしょうか。
個人的には『ラブレター』と『壬生義士伝』ですね。
系統は違いますが、いつ読んでも胸が詰まってしまします。

参考になれば・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お早いご回答ありがとうございます!
教えていただいた作品を少しネットで調べて
紹介文などを読んでみました。
とても気になったので、読んでみようとおもいます!
ありがとうございました!!

お礼日時:2005/09/19 22:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q胸が苦しくなる本 教えて下さい

本を読んで泣いたことがありません。
感動はするのですが、それは伏線や文体などに対してが多いです。
一度は本で泣いてみたいと思っています。
皆さんが泣いた本や胸が詰まった本を教えて下さい。

僭越ながら条件を出させていただきますと
 ・日本が舞台の小説
 ・「誰か(動物含む)が死ぬ」「余命僅か」などはパスで…
で、お願いします。 ジャンルは問いません。

ちなみに、よく読む作家さんは恩田陸さんで、最近は司馬遼太郎さんの作品を読んでます。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ダニエル・キイス
『アルジャーノンに花束を』

私も一票。
忘れた頃に読むといつも同じところで胸が詰まって頭がこらえ切れなくて泣いてしまいます。

栗本 薫
『終わりのないラブソング』

あなたが男性ならおすすめしません。
男が男を好きになっていく過程を女性の作家が書いているからです。
矛盾がありますが、女性の心理で読めばすごく感情移入できます。

単純にホモとかゲイの話ではないくて、人が人を好きになる過程で人間的に自立・成長していこうとする主人公、そして好きになった人がたまたま男だったことへの苦悩が描かれている小説です。
前半の両親からの自立のあたりは学生だった自分にすごく考えさせられました。

Qとにかく泣ける本を探しています。

最近本を読んで泣く、ということがめっきりなくなってしまったので久々に大泣きしたいと思います。

・いま、会いに行きます
・世界の中心で愛を叫ぶ
・秘密(東野圭吾)

以外でボロボロ涙が止まらない、という本があったら
ぜひぜひ教えてください!
できれば本のだいたいの内容、どういう点であなたが感動したのかなどネタばれにならない程度に教えていただけると助かります。
ちなみに私はファンタジー系、SF系は好きではありません。また、最近本離れしていたため極端に難しい本やクセのある本はできれば避けたい・・と思ってます。


ワガママですがどうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ちょっと変った本を紹介します。
”喪の途上にて”
123便の事故で残された家族のことを書いた本です。人フィクションです。

朝、いつもと変わりなく出張に出かけた人が帰ってこない・・・。病死とは全く違う事故死でかけがえのない家族を失い、そして残された人の心情などが書かれています。
これを読むと、絶対交通事故で死ねないな、と思ってしまいます。
残された人の悲しみ、じわりと心に染みとおってきます。この本を買ったとき、店長さんに”良い本を買われる・・・”と言われました。読んでいてその言葉、よくわかりました。

Q苦しくてたまらなくなる小説

 毎日の人間関係が精神的にしんどいので、日常のしんどさなんて大したことないと思えるくらいに、苦しくてたまらなくなる小説を読みたいです。
 たとえば、小池真理子さんの恋愛小説などは、それに当てはまるでしょうか?
 他にも当てはまる小説や、そういう本を多く書いている小説家さんがあれば、教えてください。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

小池真理子は恋愛の切なさを書いているだけで、苦しくてたまらないという内容ではないですよ。有名所で申し訳ないんですが、ヴィクトール・E・フランクルの「夜と霧」ユダヤ人収容所の話です。苦しくてたまらないというより、ただならぬ苦しみの中でなおかつ人間らしくあろうという筆者に胸打たれます。でもこれはあんまり役に立たないかも。
金原ひとみさんの本は読みますか?毛嫌いする方もいるでしょうけど、新作のハイドラと、アッシュベイビーは苦しい生活を送ってる女性なら読んで欲しいなぁ。ハイドラは拒食症の女性が恋する話、アッシュベイビーは殺伐とした性の物語という感じです。
下の方がお勧めしてますが、非日常的辛さという意味では桐生夏生のアンダーワールドとかいいと思いますよ。

Q苦しくて切ない小説はありますか?

読後、苦しくて切なくて
やりきれなくなってしまう本を探しています。

1、慟哭 貫井徳朗
2、ツ、イ、ラ、ク 姫野カオル
3、容疑者Xの献身 東野圭吾
4、群青の夜の羽毛布 山本文緒
5、青の炎 貴志祐介

上記のような、ミステリーと恋愛小説がとくに好きです。

良い本が、お勧めの本がありましたらお願いします。

Aベストアンサー

市川拓司さんの「ぼくの手はきみのために 」はどうでしょうか。
彼の作品は ほのぼのと 切なくても温かくて
キュートな感じのものが多いのですが、
「ぼくの手はきみのために」は 少し 切なさが残り、
苦しくてたまらない とまではいかないにしても
あと味は ほんの少し ダークな感じでした。
彼の書いた 「Separation」も 切ない恋愛小説です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報