最近北欧神話に興味を持ち、北欧神話の本などを読みたくなりました。色々な説があるということは知っていますが・・・オーディン、フレイ、フレイア、死神スルト等がでてくる神話で、現在入手可能な本はあるんでしょうか?
また、それ以外の北欧神話(または他の地域の神話でも。)おもしろい神話はありませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

新しい本については判りませんが、私の手元にある本を御紹介します。

各出版社に問い合わせてください。

エッダとサガ (新潮社) 谷口幸男 訳
   1976年初版発行(手元にあるのは1976年版)
 下に紹介される何冊科の本に比べると 解説や説明が多く、初心者向け。入手しやすく、値段もまぁ手ごろ(880円)。

北欧神話と伝説 (新潮社)グレンベック/山室静 訳
   1971年初版発行(手元にあるのは1978年版)
 上と同じく、入門書に近いが より物語的。
 読んで楽しむならこちらの方が面白いかも。
 ちなみに山室静氏 はムーミンを日本語に訳し、紹介した北欧文学研究者です。

巫女の予言 ~エッダ詩校訂本 (東海大学出版社)シーグルス・ノルダル/菅原邦城訳
   1993年初版発行(手元にあるのは初版)
 北欧神話の中でも中心的存在である「巫女の予言」を
 原文との直接対訳で解説してある本。
 キチンと学術的な立場も考慮して読んでみたいのであればお勧めです。

エッダ ~古代北欧歌謡集 (新潮社)谷口幸男 訳
   1973年初版発行(手元にあるのは1988年版)
 韻文調で訳されたエッダ歌謡集。文学的に読んでみたいのであればお奨め。

アイスランドサガ (新潮社)谷口幸男訳
 北欧神話ではありませんが北欧神話を色濃く残すアイスランドの昔話集です。アイスランドを思わせる力強く朴訥な語り口もお奨め。
上記北欧神話を読んでもっと詳しく民族的背景を知りたいなら御一読を。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりましたが、詳しく説明頂き、ありがとうございます。
ネット等を利用し、探してみます!!
本当にありがとうございました!!

お礼日時:2002/03/11 18:42

私は昨年母と北欧旅行に行き、それ以来、北欧と聞くとテレビのドキュメンタリー番組や雑誌の特集など必ず見るようになりました。

とにかく天気にも恵まれとても楽しい旅行だったので、もし可能なら、最近はツアーでもいろいろあるので一度現地に行かれるのもよいかもしれません。
私が最近読んだ北欧の本は、
 *北欧神話(P・コラム) 岩波書店 です。
感想は人それぞれなので書きませんが、多分図書館にあると思います。後、最近の図書館はどこもコンピューターで書籍が検索できるので、書籍名を 北欧(または、北欧神話)と入力して検索すれば何か見つかるかもしれません。
    • good
    • 0

そ~ですね、こんなのはいかがでしょうか?



 ・「虚空の神々」―新紀元社
   神話集ではなく、北欧、ケルトの神々を集めた資料   的な本。神々個々のエピソードが記載されており、   一読の価値はあると思います。

 ・「神話世界の旅人たち・ケルト、北欧篇」
          ―JICC出版局
   上記の本と同様の内容。しかしこちらの方が読みや   すい。
巻末に参考にした資料の一覧が記載されているので、ここから探すのも良いですね。

その他の地域なら、インドの神話なんか面白いのでは? 北欧神話との類似点が多く、比較対照してみると面白いかもしれません。
  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなりましたが、ありがとうございます!!
「虚空~」の方は、ネット販売で見つけました!!機会を見て購入したいと思います!!
「神話世界~」はなかなかみつかりません…でも、とっても読んでみたいです!!
今回は本当にありがとうございました!!

お礼日時:2002/03/11 18:47

ギリシャ神話 付 北欧神話 山室静著 現代教養文庫 600円


がお手ごろではないでしょうか? 

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4390104 …
    • good
    • 0

具体的な書名は言えませんが、ある程度の大きさの書店(もしくは、ちょっと品揃えに偏ってるところなど)に行けば、神話のたぐいの本はたくさんあります。


だいたい、魔術系の本なんかも一緒にあったりします。
北欧神話の他でしたら、有名どころでギリシャ神話などもおもしろいと思いますよ。
(ケルト神話もありますが、北欧神話とかぶってた気もしますが……
 うろ覚えではっきりしません。)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q北欧神話って北ドイツあたりの神話ですよね?

北欧神話って北ドイツあたりの神話ですよね?
中国の四神のように4方向の神々とか守護神みたいな神様は北欧神話にいますか?

名前とかどういう神様なのか教えてほしいです
よろしくお願いします

Aベストアンサー

恐らく嘗てはゲルマン人全体の神話だったのでしょうね。 現在、文字で読めるのは、古アイスランド語で残っている
”エッダ”との北欧神話でしょうね。 ゲルマン神話に関するウェブサイトは数あるので”北欧神話”などのサイト名で検索すると
よいでしょう。

Q北欧神話に関する本

北欧神話に関する本の紹介お願いします。
神話に興味が出たんですけど、実際よく知らないので、ほぼ入門、初心者です。
よみにくくない本でお願いします。
ハード、文庫、新書問いません。

Aベストアンサー

ギリシャ神話―付・北欧神話 現代教養文庫
山室 静 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4390104306/249-1032615-7293117

ギリシャ神話がメインの本ですが、北欧神話もかなりボリュームを割いてくれています。
文章がとても読みやすくてオススメです。私はこの本で北欧神話を知りました。

著者の山室静氏は他にも北欧神話の本を書いたり翻訳しているようですね。
「北欧神話と伝説」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4105025015/qid=1117504332/sr=1-4/ref=sr_1_10_4/249-1032615-7293117
「北欧神話物語」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4791751493/qid=1117504332/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/249-1032615-7293117

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4390104306/249-1032615-7293117

ギリシャ神話―付・北欧神話 現代教養文庫
山室 静 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4390104306/249-1032615-7293117

ギリシャ神話がメインの本ですが、北欧神話もかなりボリュームを割いてくれています。
文章がとても読みやすくてオススメです。私はこの本で北欧神話を知りました。

著者の山室静氏は他にも北欧神話の本を書いたり翻訳しているようですね。
「北欧神話と伝説」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4105025015/qid=1117504332/sr=1-4/ref=sr_1_10_4/249-10326...続きを読む

Q北欧神話

北欧神話にかなりの興味を抱いています。
ですが北欧神話に関する様々な種類の本は出版していますが、どの本が北欧神話が分かりやすいのでしょうか?
教えてください

Aベストアンサー

こんにちは。
新しい本については判りませんが、私の手元にある本を御紹介します。特にお勧めなのは下の3冊。また、ワーグナーの「ニーベルンゲンの指輪」や、あずみ椋さんのコミックスには北欧神話のものが多いのでそういうものなんかも面白いと思います。

エッダとサガ (新潮社) 谷口幸男 訳
   1976年初版発行(手元にあるのは1976年版)
 下に紹介される何冊科の本に比べると 解説や説明が多く、初心者向け。値段もまぁ手ごろ(880円)。

北欧神話と伝説 (新潮社)グレンベック/山室静 訳
   1971年初版発行(手元にあるのは1978年版)
 上と同じく、入門書に近いが より物語的。
 読んで楽しむならこちらの方が面白いかも。
 ちなみに山室静氏 はムーミンを日本語に訳し、紹介した北欧文学研究者です。

巫女の予言 ~エッダ詩校訂本 (東海大学出版社)シーグルス・ノルダル/菅原邦城訳
   1993年初版発行(手元にあるのは初版)
 北欧神話の中でも中心的存在である「巫女の予言」を
 原文との【直接対訳】で解説してある本。<ここ、強調(笑)
 キチンと学術的な立場も考慮して読んでみたいのであればお勧めです。

エッダ ~古代北欧歌謡集 (新潮社)谷口幸男 訳
   1973年初版発行(手元にあるのは1988年版)
 韻文調で訳されたエッダ歌謡集。文学的に読んでみたいのであればお奨め。

アイスランドサガ (新潮社)谷口幸男訳
 北欧神話ではありませんが北欧神話を色濃く残すアイスランドの昔話集です。アイスランドを思わせる力強く朴訥な語り口もお奨め。
上記北欧神話を読んでもっと詳しく民族的背景を知りたいなら御一読を。

北欧神話の文献に関する質問は、ここでも数回でてきていますので、検索するともっと出てきますよ。いい本と出会えるといいですね。

こんにちは。
新しい本については判りませんが、私の手元にある本を御紹介します。特にお勧めなのは下の3冊。また、ワーグナーの「ニーベルンゲンの指輪」や、あずみ椋さんのコミックスには北欧神話のものが多いのでそういうものなんかも面白いと思います。

エッダとサガ (新潮社) 谷口幸男 訳
   1976年初版発行(手元にあるのは1976年版)
 下に紹介される何冊科の本に比べると 解説や説明が多く、初心者向け。値段もまぁ手ごろ(880円)。

北欧神話と伝説 (新潮社)グレンベック/山室静 訳
   197...続きを読む

Q神話やテンプル騎士団 主に北欧の伝説の本がほしい

神話について書いてある本を読みたいと思っています
例えば リヴァイアサンがでてきたり・・・
ラグナロクとは・・・
など、説明形式の本でもいいので教えてください
また、テンプル騎士団についての本も知りたいです

伝説系の本も教えてください(エリア58とは!みたいなのです)

関係ないですがVPレナスというゲームをしてから気になりました

Aベストアンサー

『北欧・ケルトの神々と伝説の武器がわかる本』
未読ですが、気になっている本です。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4044069050.html

『北欧神話と伝説』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/406291963X.html

Q北欧神話について・・・

最近北欧神話に興味を持ち、北欧神話の本などを読みたくなりました。色々な説があるということは知っていますが・・・オーディン、フレイ、フレイア、死神スルト等がでてくる神話で、現在入手可能な本はあるんでしょうか?
また、それ以外の北欧神話(または他の地域の神話でも。)おもしろい神話はありませんか?

Aベストアンサー

新しい本については判りませんが、私の手元にある本を御紹介します。各出版社に問い合わせてください。

エッダとサガ (新潮社) 谷口幸男 訳
   1976年初版発行(手元にあるのは1976年版)
 下に紹介される何冊科の本に比べると 解説や説明が多く、初心者向け。入手しやすく、値段もまぁ手ごろ(880円)。

北欧神話と伝説 (新潮社)グレンベック/山室静 訳
   1971年初版発行(手元にあるのは1978年版)
 上と同じく、入門書に近いが より物語的。
 読んで楽しむならこちらの方が面白いかも。
 ちなみに山室静氏 はムーミンを日本語に訳し、紹介した北欧文学研究者です。

巫女の予言 ~エッダ詩校訂本 (東海大学出版社)シーグルス・ノルダル/菅原邦城訳
   1993年初版発行(手元にあるのは初版)
 北欧神話の中でも中心的存在である「巫女の予言」を
 原文との直接対訳で解説してある本。
 キチンと学術的な立場も考慮して読んでみたいのであればお勧めです。

エッダ ~古代北欧歌謡集 (新潮社)谷口幸男 訳
   1973年初版発行(手元にあるのは1988年版)
 韻文調で訳されたエッダ歌謡集。文学的に読んでみたいのであればお奨め。

アイスランドサガ (新潮社)谷口幸男訳
 北欧神話ではありませんが北欧神話を色濃く残すアイスランドの昔話集です。アイスランドを思わせる力強く朴訥な語り口もお奨め。
上記北欧神話を読んでもっと詳しく民族的背景を知りたいなら御一読を。

 

新しい本については判りませんが、私の手元にある本を御紹介します。各出版社に問い合わせてください。

エッダとサガ (新潮社) 谷口幸男 訳
   1976年初版発行(手元にあるのは1976年版)
 下に紹介される何冊科の本に比べると 解説や説明が多く、初心者向け。入手しやすく、値段もまぁ手ごろ(880円)。

北欧神話と伝説 (新潮社)グレンベック/山室静 訳
   1971年初版発行(手元にあるのは1978年版)
 上と同じく、入門書に近いが より物語的。
 読んで楽しむならこちらの方が面白いかも。
 ち...続きを読む

Qマヤ神話、アステカ・トルテカ神話の本

最近、都市について学ぶうちに神話にも興味を持った者です。

そこで、皆様にマヤ神話、アステカ・トルテカ神話についてのオススメの本を教えて頂きたいと思い、質問致しました。

入門編的なものから、応用編的なものまで、なんでも構いません。(ただ、入門的なものか、応用的なものか書いて頂けるとありがたいです。)

ただ、まだ初心者程の知識しか有しておりませんので、入門編的なもののほうが、ありがたいかもしれません。

一応個人的にはアステカ・トルテカ>マヤと考えてはいますが、教えて頂けるようでしたら、なんでも構いません。

それでは皆様、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

・アイリーン・ニコルソン『マヤ・アステカの神話』(青土社)
・土方美雄『マヤ・アステカの神々』(新紀元社)
・デイヴィッド・M・ジョーンズ他『ヴィジュアル版 世界の神話百科 アメリカ編 ネイティブ・アメリカン / マヤ・アステカ / インカ』(原書房)
これらは入門書といえるものなのではないでしょうか。

Q北欧神話について載っている本について

学校で調べて発表するということで北欧神話をテーマにしました。
テーマにしたはいいものの北欧神話のことをよく知りません。
ネットで調べてもなかなか出てこないので本を買おうと思っています。
北欧神話がのっている本でいいものはないでしょうか?
↓の条件を満たしているものでお願いします。

・知らない人でも退屈しない分かりやすい内容(発表に使えるようなもの)
・できればワルキューレ、ラグナロクのことが詳しく書かれている。
・できればおもしろいエピソードや北欧神話の歴史もかかれている。

調べた中で「図解 北欧神話」という本が気になりましたが、分かりやすく発表に使うのに十分な本でしょうか?

お願いします。

Aベストアンサー

『図説北欧神話』は見たことがないですが、とりあえず北欧神話の主なエピソードをあますことなく紹介してくれている書籍として、クロスリイ・ホランドの『北欧神話物語』(青土社)がオススメです。各話ごとに巻末で解説してくれています。

Q北欧神話を読みたいのですが

北欧神話(ゲルマン神話)に興味を持ち図書館で本を借りて読もうかと思ったのですが、エッダだとか色んな種類の本があって何から読めばいいのかよく分かりません。エッダとは何なのでしょうか?
北欧神話初心者にオススメの本ってありますでしょうか?

Aベストアンサー

とりあえず、谷口幸男訳『エッダ 古代北欧歌謡集』(新潮社)を読めば間違いないです。ただし初心者向けかどうかは疑問です。初心者向けで一番良いと思うのはK.クリステイ-ホランド『北欧神話物語』(青土社)。代表的な北欧神話はみな紹介してくれています。もちろん谷口幸男訳に収録されていないものもあります。

谷口幸男訳のサブタイトルにもあるようにエッダとは北欧の詩歌のことで「古エッダ」「新エッダ」の2つがあります。

前者は一連の作品群でいずれも作者未詳。文体が韻文なので「韻文エッダ」ともいわれます。この写本を最初に発見したのはスカウルホルトの司教ブリュニヨールヴで、コペンハーゲン王立図書館に収められたので、この写本は特に「王の写本」と呼ばれます。

後者の著者ははっきりしています。アイスランドの政治家でもあったスノリ・ストルルソンです。そのため「スノリのエッダ」とよく言われます。彼は散文でこれを書いたので「散文エッダ」とも言われます。

ちなみに、谷口幸雄訳では、「古エッダ」の全訳と「新エッダ」の最も有名な部分である「ギュルヴィたぶらかし」を収録しています。

とりあえず、谷口幸男訳『エッダ 古代北欧歌謡集』(新潮社)を読めば間違いないです。ただし初心者向けかどうかは疑問です。初心者向けで一番良いと思うのはK.クリステイ-ホランド『北欧神話物語』(青土社)。代表的な北欧神話はみな紹介してくれています。もちろん谷口幸男訳に収録されていないものもあります。

谷口幸男訳のサブタイトルにもあるようにエッダとは北欧の詩歌のことで「古エッダ」「新エッダ」の2つがあります。

前者は一連の作品群でいずれも作者未詳。文体が韻文なので「韻文エッダ」と...続きを読む

Q英語の曜日が北欧神話の神で統一されていないわけ

なぜ英語の曜日は北欧神話(Frig, Woden, Tiw, Thor)とローマ神話(サトゥルヌス神)がごっちゃなのですか?

北欧神話で統一されていないのが不思議です。

Aベストアンサー

一言で流れを示せば週の概念がバビロニア→ユダヤ教→ギリシャ神話→ローマ神話→キリスト教、やがてローマ人経由ヨーロッパへと説明されています。

カトリック信仰の厚いイタリア、スペイン、フランスではローマ式を基礎に今日のような曜日に発展し、ポルトガルや東ヨーロッパの国の一部にはローマ式がほとんど変化せず残されたといわれます(特徴は
土、日以外を数字で呼ぶこと)

ゲルマンの土地をローマ人が直接支配することは出来なかったので、後年ゲルマン諸族が週の概念を取り入れたとき(キリスト教徒になったとき)土、日以外をローマ神話に該当する彼らの神の名前に変えたといわれます。ローマ人は曜日を太陽の日(現在の日曜)月の日などと呼びましたが(キリスト教化以前)これらの名は遠くバビロニアで生まれた神の名がローマ式に変わったものといわれます。

ラテン式(ローマ式)とゲルマン式の名前だけ見ると異なっていますが週の概念と命名法は統一されています。なお、土曜はユダヤ教の安息の日(今日の金曜日の日没から翌日の日没まで)の呼び名Sabbathが語源です。日曜はキリスト教がローマ帝国で認められたとき、ユダヤ教の安息日(今日の土曜日)とは別にキリスト教としての主の日を設けたためです。つまり、キリストの復活の日を日曜としています。古い形を保つ
ポルトガル語では安息日(Sabbath)の翌日(第1日目)が主の日となったため、週の第一日目(新しい安息日、つまり日曜の翌日)が昔どおりに第2曜日と呼ばれます。

一言で流れを示せば週の概念がバビロニア→ユダヤ教→ギリシャ神話→ローマ神話→キリスト教、やがてローマ人経由ヨーロッパへと説明されています。

カトリック信仰の厚いイタリア、スペイン、フランスではローマ式を基礎に今日のような曜日に発展し、ポルトガルや東ヨーロッパの国の一部にはローマ式がほとんど変化せず残されたといわれます(特徴は
土、日以外を数字で呼ぶこと)

ゲルマンの土地をローマ人が直接支配することは出来なかったので、後年ゲルマン諸族が週の概念を取り入れたとき(キリスト教徒...続きを読む

Qギリシャ神話の本

以前からギリシャ神話に興味があるのですが関連書が多く
どの本がわかりやすいのか分からないので、
おすすめを教えてください。
時間が無いのでわかりやすく早く読める本がいいです。
まったく知識がないので、児童書でもいいのでできるだけ平易な文体で
ギリシャ神話の知識が入る本を教えてください。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

とりあえず阿刀田高さんの、
『ギリシア神話を知っていますか』新潮文庫(420円)
『私のギリシア神話』集英社文庫(900円)
あたりが初心者には最適かと。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報