忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

サッカー少年団に入っている小学生の母です。
冬期間、屋内でフットサルを行っています。
素人の素朴な疑問なのですが、
サッカーにとって、フットサルはメリットになることばかりでしょうか?
なにか弊害はないですか?
そして、フットサル←→サッカー、切り替えは簡単にできるものですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

メリットとしては・・・


狭いコートで少人数で行うため、ひとりひとりがボールに触れる機会が均等に増えるので
プレーする喜びと、実践的な技術向上が得られることでしょう。
(サッカーで一番楽しいのはボールを操っているときですが、11人制フルコートでは
意外と個々のボールタッチ数は限られてしまいます)

そういった楽しみの中で、ひらめきや遊び心のあるプレーが養われるのは
成長年代にとって貴重な経験だと思います。
また、プレー機会が増えることで、上手な子供以外でも試合に参加する実感を
得られるのも大きいでしょう。


逆にデメリットは・・・
・激しいプレー(タックルや押し合い)が禁止されている
・展開が局所的なので、広いプレービジョンが養えない
・全力プレー(ドリブルやロングキック)が試みれない
これらはやはり、広々としたフィールドで身につくものですね。


形としては・・・
サッカー全体の基本は、個々の役割能力やプレーの正確性に則りますが、
そういったパターンを崩す勝敗の鍵として、フットサル的な
即興のアイデアはとても貴重なものです。
(ブラジルの一流選手は、ここぞの場面でフットサルやビーチサッカー仕込みの
意外な技で突破したりします)

なので、フットサル←→サッカーを切り替えると思うより、
たがいの違う発想のエッセンスを加えて、サッカー観の広がりが期待できると
お考えになってはいかがでしょうか?

子供は色々な体験をさせれば、遊びの中から使えるものを取捨選択していくと思います。
少年団の指導者の方も、そういう意図から冬場のフットサルを
採り入れられたのだと思います。                                                
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的な例をあげていただき、とてもわかりやすい説明ありがとうございました。
フットサルもサッカー同様、楽しくプレイできることが一番大切なことですね…。

お礼日時:2005/09/27 21:39

サッカーの強豪国はジュニア世代のトレーニングに少人数のプレーを導入しています。



例えば、スペインでは11人制は中学生になるまでやらせないそうです(真偽は不明ですが。。)

フットサルとサッカーだけではなく、別のスポーツ(バスケやスキーなど)も奨励している国もありますね。 小さい頃は色々なスポーツをすることがサッカーにも好影響を及ぼす との事です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

冬はスキーもやっていますが、
バランス感覚が良くなった等は、まだまだ感じることはできません。
しかし、長い目で見れば、必ずプラスになると信じています。
ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/27 21:44

接触プレーがないので、あたりに強くなれないということが考えられます。



また、フィールドが小さいので、サッカーで重要なフィールド全体を見るということが行いにくいかもしれないということも考えられます。

他にも弊害になりうることは、いくつかあるを思いますが、
冬の間だけなので、心配するほど影響はないと思いますよ。
それよりも、冬の間もボールに触れられるというメリットのほうが断然大きいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに、フットサルでは広い視野で見ることは少ないですね…。
でも、メリットの方が断然多いということがわかりました。
ご回答いただき、ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/27 21:36

小学生ぐらいなら利点が多いですよ。


フットサルの基本となるボールタッチやワン・ツーなどの基本が身につきやすいので。

欠点はフットサルとサッカーとの違いにもなるんですが、足の裏を使うか使わないかの違いです。
フットサルの基本は足の裏でボールコントロールをしますが、サッカーでは常にボールを動かすこともあり足の裏はあまり使用しません。

2つ目にはゲーム感覚の違いです。
フィールドの大きさ、人数、プレイ時間が違うために多少は戸惑うことはあると思います。

練習方法としては良い方法だと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

息子のチームは、シーズン中、基礎練習よりゲームなどの実践的な練習が中心のようで(少々、疑問符のつく練習法です。)冬期間に基礎をガッチリ教えていただだいて、身につけることができればいいのですが…。
ご回答いただき、ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/27 21:33

自分は大学でフットサルをしています。

高校で別にサッカーをしていたわけではないので違いはよくわかりませんが。
まずトラップが圧倒的に違います。サッカーはどちらかというと足元でピタッととめる感じですがフットサルは足の裏でトラップしたと同時に前にちょっと転がしているって感じです。感じは違うと思います。それに攻め方もまったく違いますね。サッカーは飛び出しとかありますけどふっとサルではあまりない。どちらかというとバスケの足ヴァージョンみたいな。
しかし。メリットはありますよ。例えばゴールがそもそも小さいですしボールも小さいのでより正確さが必要になります。あれだけ小さいコートでできたことは大きなコートになればより簡単にできること間違いないでしょう。それにずっと年中ボールに触れているというのがなによりのプラスになるはずです。それに新たな楽しさをどんどん発見することでしょう。コーチの方も楽しんでもらえるよう考えた末の結論なのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼、遅くなり申し訳ございません。
先日、中学生のフットサルを見る機会があり、
スピーディな動きに圧倒され(小学生と中学生では当たり前?)、このような疑問をもってしまいました。
わかりやすい説明、ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/27 21:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小4の練習量について

 子供(小学4年)のサッカーの練習量について悩んでいます。現在は週4日サッカーチームで1日2時間30分の練習をしています。それ以外でスポーツクラブで週1回(1時間)をしています。これにさらにもう1日スポーツクラブの練習を足そうか足すまいか悩んでいます。スポーツクラブの1日はゲーム形式の楽しくするサッカーで楽しんで行ってます。もう1日追加するのも最近新たに個人技の練習が新設され、体験したら子供が行きたいと行ってます。
 子供は、これだけ練習しても楽しいようです。しかし子供の成長上?疲労性のケガが怖いと親は思っています。
 また、子供は現在5年生チームに参加しており、体力等は5年と変わりません。このような感じなのですが、練習を1日増やしてもいいものでしょう?

Aベストアンサー

はっきり言わせて言わせていただきます。もし子供の体を本当に考えているのなら、やめてください。週4日でも多いくらいです。ほんとにお子さん体こわしますよ??若い時にテクニックが覚えやすいからといって無理させてはいけません。あと一つ。お子さんがやりたいと言っているのでしょうか?是非、下の所のQ2を読んでください。他にも沢山いいところがあるのでのせときます。

参考URL:http://www.orth.or.jp/hospital/sports/mokuzi.html

Q少年サッカーでの走り込みトレーニングについて

少年サッカー(U9~U12)のトレーニングに走り込みは必要でしょうか。

担当コーチさんやベテラン父兄さん方は、強豪チーム(地域レベルですが)は「走り込みをしているからここ一番に強い」などと言っておりますが、自分的には違和感を感じました。

走り込みの効果について、皆様のご意見をお願いいたします。

必要、不要、適度に必要などの回答があるかとは思いますが、その理由も教えてくださいませ。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

走り込みは効果があると思います。
しかし、弊害もあります。特に怪我の可能性が高くなります。オスグット病やセーバー病など。


怪我をしない選手が「いい選手」と言われます。
本当にサッカーの才能があふれていても幼少時の怪我のためサッカーを辞めてしまうことも多々あると思います。
それらのふるいを乗り越えて一流のプロが生まれるのかもしれません。でも怪我をしなければ凄いプレーヤーになった子も絶対にいるはずです。

走り込んで、鍛え上げて、ふるいにかけて、多くの屍の上に、強い子/強いチームを育て上げるのも、よいと思います。
個々人に適切な指導を行え(手間暇を掛けれ)ば、前述のオスグットやセーバーの発生を下げることもできます。

または、
将来を信じて、ユース世代にフィジカルを鍛える事を念頭に置いて、この年代でフィジカルは鍛えないで、技術・判断など個の力を磨き、ある意味チームとしての目先の勝負を捨てて子供達の未来の勝利を目指す、と言うやや曖昧なのもありだと思います。

いろいろな人がいろいろな立場で回答していると思いますが、結局はあなたの考え方次第だと思います。

個人的な意見としては、
しっかりと一人ひとりの力や成長度合い・疲労度合を見極め個別のメニューを組み立ててフォローが出来、なおかつあなた自身が子供たちを高みに連れていける自信があるのならば、走り込みはありだと思います。
なんか良く分からないけど走り込むと試合で勝てるなら、うちのチームも走らせておくか、って考えなら、絶対に走り込みはやめた方がよいと思います。

あなた自身が、子供の将来とサッカーについてどうなって欲しい?を、よくよく考えて、そこから逆算したトレーニングを計画したら良いと思います。

走り込みは効果があると思います。
しかし、弊害もあります。特に怪我の可能性が高くなります。オスグット病やセーバー病など。


怪我をしない選手が「いい選手」と言われます。
本当にサッカーの才能があふれていても幼少時の怪我のためサッカーを辞めてしまうことも多々あると思います。
それらのふるいを乗り越えて一流のプロが生まれるのかもしれません。でも怪我をしなければ凄いプレーヤーになった子も絶対にいるはずです。

走り込んで、鍛え上げて、ふるいにかけて、多くの屍の上に、強い子/強いチームを...続きを読む

Qサッカー やっとけばよかった自主練(自主トレ)

お願いします。

小学生の息子がサッカーをしています。

サッカー経験者の方にお伺いしたいのですが、
大人になってから「小学生の時にもっとやっとけばよかった~」と
思う自主トレはなんでしょうか?

また、自主トレ以外でも、サッカーがうまくなるためにやっとけばよかった事
(食事面やフィジカル面、生活面など)などがあればお話しいただけますでしょうか。

ちなみに息子はリフティングと、腕立てを一生懸命やっているのですが、
方向性としてあっているのか自信もなくて、皆さんの経験からのご意見を
お教えいただけますでしょうか。

お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。 他回答様に付け加えると、
足裏でのコントロール。ボールを引いたり横に転がしたりです。
やっときゃ良かった!出来ると大違いです。 「スーパージンガ」というテクニックの、巧い子の動画に出てるかも知れません。 リズム感と、自然な筋力も付くと思います。リフテの後にでもやりましょう。
 重要なのはボールと戯れる事。 メッシやロナウジーニョ選手は小さい頃から、犬と一緒にボールを追い回してたそうです。
 ダンス! 今主流はヒップホップでしょうが、それだけでなく、サンバとかの、ちょっと複雑なポリリズムのヤツ。 ブラジル人は皆踊りますね。 最初は決まったステップでも良いですが、サッカーの為にはもっと自由で適当な感じ、。状況に即座に対応する為です。
 ボクサーステップというのが一番かな。 前後左右、柔軟に動けて、リズム変化にも付いていけるようなトレーニング。
 本来は外での色々な遊びで身に付けるのが良く、自然と体幹筋も付いたのですが、今は木登りとかも難しい環境でしょうね。ぶら下がったり逆立ちしたりの三半規管のバランス感覚は重要です。
 成長期にはトレーニングであまり筋力付けない方が良い、私は走り込みで成長阻害されました。 高学年なら心肺機能向上の為の持久走、たまにならやって良いのですが、頻度は専門家に聞いて下さい。
 あと、他のスポーツ。欧米のクラブでは、ユース世代には複数やらせます。やらないまでも、見て興味を持つこと。 元日本代表のオシム監督は、バスケやチェスや数学からも戦術取り入れてたと伝記に書かれてます。 サッカーフィールドでは自分でパス等の戦術を、とっさに考えるクリエティビテが必要であり又、フェアーでタフなメンタルや、チームメイトや敵への敬意も必要ですので、勉学もある程度は重視されます。ご参考までに、。兎に角、楽しむ事でしょう。

こんにちは。 他回答様に付け加えると、
足裏でのコントロール。ボールを引いたり横に転がしたりです。
やっときゃ良かった!出来ると大違いです。 「スーパージンガ」というテクニックの、巧い子の動画に出てるかも知れません。 リズム感と、自然な筋力も付くと思います。リフテの後にでもやりましょう。
 重要なのはボールと戯れる事。 メッシやロナウジーニョ選手は小さい頃から、犬と一緒にボールを追い回してたそうです。
 ダンス! 今主流はヒップホップでしょうが、それだけでなく、サンバとかの、ち...続きを読む

Qフットサルとサッカーのボールの違いについて

フットサルとサッカーのボールの違いについて教えてください。

ネット上で検索すると、
フットサルのボールは蹴った時に飛びにくくできていると
書いてあります。

蹴った時の硬さは、どうなのでしょうか?
フットサルのボールの方が一般的に硬いのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

両方経験者です。

サッカーボールは5号球で
フットサルボールは少年サッカーと同じ4号球ですが、
フットサルは狭いコートで行われるのでわざと弾まないローバウンドボールになっています。

では、蹴った時の違いです。
一般的にサッカーボールはレプリカ球(一般球)からプロフェッショナルモデル(1万円超す)
まで蹴った時にかなり飛びます。
フットサルボールはその弾みを抑えているのでサッカーボールを蹴った時の
半分くらいの距離、つまりその分硬いです。

蹴る時ももちろん足に当てる部位もありますが、やはり硬いです。

なので、蹴った時の硬さはフットサルボールの方が硬いです。
(稀にサッカーボールの規定値超える硬さを好む人もいますが・苦笑)

Q試合前週の練習行かないのは非常識ですか?

今度の土曜に試合(市内の大会)なのですが、息子は夫に誘われて昨日練習に行かず、味の素スタジアムに行きました。その事で、チームの父兄より「試合前なのに練習休むなんて非常識だ」と私が怒られました。

「お宅の息子はキャプテンなのだから責任がある」とか「うまいからって休んで良い事にはならない」と言われ、そんなつもりはない、と答えました。
私は家族で休みの日に出かける機会も子供が成長すると少なくなる、家族優先で何がいけないの?と思ったのですが、言って来た側は「練習があるのを知っていて、用事を入れることがおかしい。俺は親が死んでも仕事に行った。子供も練習は休ませない」という事です。
小学生6年では、チームの事優先でいなければいけないのでしょうか?他の習い事もあるので常にサッカー優先ともいきませんし、価値観の違いだと私は思うのですが、相手に言わせると私の考えは間違えている、我儘、傲慢ということです。

挙句今度入るチームには「家はサッカー遊びですから、家事優先で練習行きませんから、とでも言っとけ!まぁどこも入れてくれないだろうけどね」なんて言われ、あまり頭にきたので「お宅の息子は万引きなんかして、それはサッカーやる資格ある?」と言ってしまいましたが、犯罪犯しても練習行ってる方が偉くて、練習行かずJリーグ見に行ったことは糾弾されて?とても納得がいかないのですが、私が非常識?

今度の土曜に試合(市内の大会)なのですが、息子は夫に誘われて昨日練習に行かず、味の素スタジアムに行きました。その事で、チームの父兄より「試合前なのに練習休むなんて非常識だ」と私が怒られました。

「お宅の息子はキャプテンなのだから責任がある」とか「うまいからって休んで良い事にはならない」と言われ、そんなつもりはない、と答えました。
私は家族で休みの日に出かける機会も子供が成長すると少なくなる、家族優先で何がいけないの?と思ったのですが、言って来た側は「練習があるのを知って...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
他の方から大方のご意見は出ており、総じて、「戦績を重視し勝てるチームにするか」と、「勝ちにはこだわらず、楽しくやるか」とのどちらの方針を選択するかという見方になっており、まったく同感です。その上で、次のような考え方はいかがでしょう。

 実は、これらの2つについて、明確に選択することはほぼ不可能と感じています。
 「勝ちにこだわらない場合」でも10戦全敗ではどうにかしようと思う上、何かの幸運で勝率が上がればそれなりに「勝てる試合をむざむざ落としたくない」と考える人が出てきてしまいます。また、「楽しさを犠牲に勝ちにこだわる」場合であっても新入者や補欠がある程度楽しくないと参加者そのものがいなくなることを懸念する人が出てくるでしょう。

 このような中で多くの父兄が異なる考え方を持つのは当然のこと。そう考えると、「結局、少年チームの親は考え方の違う人の集まり。自分の価値観を曲げずに、しかし如何に他の人に配慮できるか」という問題に帰結するでしょう。
 このような前提では、各父兄は「自分がどのような考え方を持っているか」をあらかじめ最大限アピールしておくとともに、「どう表現するか、異なる考え方の人にも配慮すること」が必要でしょう。

 当家の場合、種目は異なりますが日常から相当にクラブべったりの週末を過ごしつつも、(少ししつこいくらいに)「スポーツクラブばかりが重要ではないと思っている。他に楽しむべきことがあればためらわずに休ませる」方針を親の責任としてアピールしています。
 その同じ方針上として、キャプテンは絶対にやらせない(幸い子供がその器ではないかもしれませんが、休む可能性が高いのならチームのためにも固辞する必要がある)、幸か不幸か主力になっている以上、休む予定は過剰なくらい事前に予告し、重要な仕上げ練習を休む場合には試合から(少なくとも先発から)はずしてもらうことを(これも親の責任として)提案しておく、といった工夫をしています。(結構気力が要ります)

 なお、これまた幸か不幸かkapizouさんのお子さんがすでにキャプテンになられているほど上達しているなら、試合に出られない子の親御さんにも過剰なくらいの配慮が必要でしょう。
 どんな子供でも我が家では王子様。その子が、いつまでもベンチを暖めているのを親は見たくないものです。試合出場のチャンスを実質的に独占している場合、傲慢とのそしりが子供に向くのは自然なこと。親からの出場辞退のアピールがよほどないと子供に難しい負担を与えることになりますね(ところがキャプテンの場合は話が極めてややこしい。引き受けたくないものです)。

 一方、「怒られた」については先方にも歩み寄りのほしいところ。特に「勝ちにこだわる考え方かどうか」うんぬんに関係のない奥さんに言うのは本来やめたほうが良いでしょう。できれば頻繁な飲み会でも通じてこういう考え方の違いを互いに意識したいですね。

なかなか辛いところですがご参考になれば幸いです。
(ちなみにご自身でもわかっておられるでしょうが、「お宅の息子は万引きなんかして・・・」は問題の解決につながるものでなく、少々やりすぎましたね。むしろスポーツクラブはそういう子にこそ門戸を開きたいものです。)

こんにちは。
他の方から大方のご意見は出ており、総じて、「戦績を重視し勝てるチームにするか」と、「勝ちにはこだわらず、楽しくやるか」とのどちらの方針を選択するかという見方になっており、まったく同感です。その上で、次のような考え方はいかがでしょう。

 実は、これらの2つについて、明確に選択することはほぼ不可能と感じています。
 「勝ちにこだわらない場合」でも10戦全敗ではどうにかしようと思う上、何かの幸運で勝率が上がればそれなりに「勝てる試合をむざむざ落としたくない」と考...続きを読む

Qサッカーのポジションについて(小学生)

みなさんこんにちは

小学2年生の息子が学校のサッカークラブに所属して、サッカーに熱中しています。ここ2回ほど対外試合に出場しているのですが、コーチからDF(右サイドと中央)を任されました。本人はMFをやりたいらしく、DFはやりがいがないと言っております。

私からは、「ポジションは固定されたわけでなく、いろいろなポジションをこなすことで経験が積める。またDF(特に中央)を任されているのはコーチから信頼されている証拠だよ」と言っているのですが、私自身はサッカーの経験は無く、それでよいのか今ひとつ自信がありません。
こういった場合にどのようなアドバイスをしたら良いいのでしょうか。またそもそもFW,MF,DFの適性ってどのような要素があるのでしょうか。
お教えいただけると幸いです。

ちなみに息子は、体格は大柄でガッチリ型、足は学年で3番目くらいに速いです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

体格は大柄でガッチリ型、足は学年で3番目くらい。
サッカーに(限らないかもしれないですが)向いた体型じゃないですか。私も体は大きいですが足はそれほど速くなかったので羨ましい限りですね。
現代のサッカーは守りがまず基本です。昔は攻めが基本でしたが。
私も同じように小学生の頃はDFをやらされていました。理由は単に体が大きいからだったんだと思います。
私もMF(ハーフ)やFWをやりたいなぁと毎日思っていました。多分お子さんも同じ気持ちなのだと思います。

FW、MF、DFの特性は、少年サッカーの場合は(よほど強豪チームでない場合)、結構単純だったりします。
体の大きい子はDFに回されやすいです。1:1も強ければ尚更ですかね…。MFはボールのキープ力、視野、走力パス精度等受け持つ場所ごとの仕事の分担やその量も多いのでオールマイティor何か特化した能力(走力や視野の広さ等)を求められます。
FWもMFと同じように何かに特化していると置かれやすいですね。それ+得点能力も必要ですが…。

私からお子さんへアドバイスするならば、監督は何も適当にポジションを選んでいる訳ではありません。チームを限られたメンバーで構成した際にDFに適任していたわけです。
レギュラーなのかは分からないですが、もしそうであるなら任されていることを誇りに思うべきだと思います。現代のサッカーで大事なのは全員攻撃全員守備の意識の高さです。
DFだからといって守りだけすればいいってわけではないし、得点するチャンス、得点を演出するチャンスはいっぱいあると思います。ボールを奪った後のロングフィードやセットプレーで点数を狙ってみたりとか。
チームが変わればポジションが動く可能性も大きいです。その時に今DFをやっている経験は必ず生きてきます。だから放りなげるのではなく頑張るべきだと思います。
まとめきれず長くなってすいません(;´Д`A ```

体格は大柄でガッチリ型、足は学年で3番目くらい。
サッカーに(限らないかもしれないですが)向いた体型じゃないですか。私も体は大きいですが足はそれほど速くなかったので羨ましい限りですね。
現代のサッカーは守りがまず基本です。昔は攻めが基本でしたが。
私も同じように小学生の頃はDFをやらされていました。理由は単に体が大きいからだったんだと思います。
私もMF(ハーフ)やFWをやりたいなぁと毎日思っていました。多分お子さんも同じ気持ちなのだと思います。

FW、MF、DFの特性は、少年サッカー...続きを読む

Q小学三年の長男のサッカー上達方法

ウチの長男は現在小学三年です。サッカーチームに入っており週2回の練習に楽しく参加していますが、4年生に向けてポジション決め等が始まるそうです。
お世辞にもあまり強いチームではないの頑張ればレギュラーになれると思うのですが、いまひとつドリブルと強いシュートが他の子と比べても見劣りする感じがします。
体もあまり大きな方ではないので、仕方が無いのかも知れませんが何とかレギュラーになって欲しいので練習に付き合ってはいるのですが、自分はサッカーはやってきていないのでどの様な練習をさせれば良いのかいまひとつわかりません。
どなたかわかりやすく練習の方法を教えてくれないでしょうか?宜しくお願いします。
足はそんなに遅い方ではないので、ドリブルと強いシュートが打てるようになれば何とかなると思うのですが・・。

Aベストアンサー

少年団でコーチをしています。子供も4年生でチームに入っています。

やっぱりレギュラーの方がいいですよね。親としては...

この年齢の場合は、強く蹴るよりも正確に蹴る方を優先させます。強く蹴るのは筋力がつけば誰でもできますので、それまでに正しい蹴り方を身に着ける必要があります。
インサイドキック:
 ☆軸足の先が蹴る方向を向いていること
 ☆蹴り足が蹴る方向に対して90度であること
 ☆蹴ったボールが横回転しないこと
インステップキック:
 この年齢ではまだ静止したボールをうまく蹴るのは難しいですので前から転がってきたボールを蹴ることができればOKです
 ☆軸足の先が蹴る方向を向いていること
 ☆つま先や足首ではなく、足の甲に当たっていること
 ☆蹴ったボールが逆回転しないこと
 どうしてもつま先や足の甲の前部分に当たりがちです。つま先や足の甲の前部分にボールが当たると蹴ったボールは逆回転します。

ドリブルはボール感覚です。どのくらい蹴るとどのくらい前に進むのかといった感覚的なものは経験からしか覚えることができません。ジグザグドリブル等を数多くやるしかないと思います。

9~11才くらいをゴールデンエイジと呼ぶそうです。この時期はいろんなことをすぐに吸収して一番上達する時期だそうです。たくさん相手をしてあげてください。リフティングは蹴り方やボール感覚を養うためには非常にいい練習です。お子さんのレベルにもよりますが、お父さんと回数の競争をしてみてはどうでしょうか?結構大人でも難しいですよ

ただし、レギュラーに選ばれなかった場合のフォローも考えてあげてください。レギュラーがいるということは控えも必ず必要です。控え選手はレギュラーに負けたわけではないのです。また、頑張れば必ず追い越せます。そうした気持ちを持たせてあげられるのはご両親が一番です。

最後に一つ:
技量が多少劣っても、元気があって、気持ちを前面に出せる子は試合に出す機会が多くなります。やっぱりチームとして活気が必要ですから... これも試合前のご両親の工夫で何とかなる場合があります。テンションを高めてあげて大きな声を出せるようにできればチームとしても大きなプラスになります。

少年団でコーチをしています。子供も4年生でチームに入っています。

やっぱりレギュラーの方がいいですよね。親としては...

この年齢の場合は、強く蹴るよりも正確に蹴る方を優先させます。強く蹴るのは筋力がつけば誰でもできますので、それまでに正しい蹴り方を身に着ける必要があります。
インサイドキック:
 ☆軸足の先が蹴る方向を向いていること
 ☆蹴り足が蹴る方向に対して90度であること
 ☆蹴ったボールが横回転しないこと
インステップキック:
 この年齢ではまだ静止したボールをう...続きを読む

Q小学生のサッカーって何が大事なんですか?

みなさん、こんにちは。
小5の息子のサッカーで相談です。
小1から学校のサッカークラブに入部し、これまで来ています。
小1、2年生の頃は楽しくやっていたようですが、小3から
ポジションがDFになり、その頃からだんだん楽しいと思えなく
なってきたようです。
それでも常にレギュラーに選ばれ、市の大会でも優勝するなど
チームとしての戦績は良いほうだと思います。
ただ最近は「学校のサッカーはつまらない」「もうやめたい」と
言い出しました。
理由は、
 ・DFばかりでつまらない。たまには前のポジションをやりたい。
 ・コーチが上手い子ばかりFWやMFにする。あまり上手くない子、
  おとなしい子は守備的ポジションばかりやらされる。
 ・コーチは上手い子の父親で、ひいきしている。信用できない。
です。
私から「それとなくコーチに言って上げようか」と言うと、
「それだけは絶対にやめてくれ」
「ではコーチに自分の意思を伝えたら?」と言っても
「それもいやだ。」と頑なです。
サッカー自体はすきなのですが、今のサッカーの環境が我慢できないようです。
息子は練習も今までまじめにやってきたし、自分のポジションを一生懸命やっている姿を見ると、なんとかサッカーに楽しむようにしてあげ
たいと思っています。

コーチに相談することは何回も考えましたが、息子を裏切るようでしておりません。コーチは練習試合を数多く組むなど熱心に教えてくれると思うのですが、確かにポジションは固定的(キーパーの子も小3からずっとキーパーです)だし、勝ち負けを優先しているようです。
私は小学生の頃は勝ち負けよりサッカーの楽しさ、すばらしさを教えること。いろんなポジションを経験し、一通りやってみることが大切と思っております。

息子によると、「守備的なポジションをやっているあまり上手くない子は、みんなやめたいと言っている」だそうです。
みなさま、このような経験はございませんか?
どのような対策を取ったら良いと思いますか?

みなさん、こんにちは。
小5の息子のサッカーで相談です。
小1から学校のサッカークラブに入部し、これまで来ています。
小1、2年生の頃は楽しくやっていたようですが、小3から
ポジションがDFになり、その頃からだんだん楽しいと思えなく
なってきたようです。
それでも常にレギュラーに選ばれ、市の大会でも優勝するなど
チームとしての戦績は良いほうだと思います。
ただ最近は「学校のサッカーはつまらない」「もうやめたい」と
言い出しました。
理由は、
 ・DFばかりでつまらない。たまに...続きを読む

Aベストアンサー

単にポジションの好き嫌いや上手いか下手かが問題という訳ではなく、(文中でお子さんが言っている様に)環境や指導者に満足できてないのでサッカー自体がつまらなくなってしまっているのでしょう。あまり簡単な問題ではないと思います。

私も小学生の時に一部の親グループと指導者が指導方針について対立し、チーム内が分裂するという事態に陥った時期があります。当事者のコーチを慕っていたという事もあり私自身サッカーが全く楽しくなかったですし、後々成長してから友人とこの話になると、1人はその1件でショックを受けサッカーをやめようと考えていたらしいです。
また対立した一部の親グループのさらに一部とは、子供の我々まで冷めた関係になり、もし今会ったとしてもニュートラルな対話は出来ないと思います(大人気ないですが、それほど大きな問題だったという事です)。

と話はそれましたが、上記の一件があったからかは解りませんが、僕は環境という面はとても重要だと思っています。大人であれば自分から環境を変えられますが、子供の場合は自分からは行動できないでしょう?
さらにコーチを信頼出来ていないという事で、私の時よりも心の支えが少ない訳ですから、とてもかわいそうな境遇です。

私の結論としては環境を変えるべきだと思います。親に自分から不満を言ってくる位であれば、サッカーが本当に好きなんでしょうし、(大会での優勝経験もあると言う事で)チームが勝つ喜びも知っていますからサッカー自体を辞めさせるのは時期尚早でしょう。冒頭でも書いたとおり、根本的な問題は環境面ですから。

具体的にどうするかと言えば、まずは近隣校のサッカークラブが出てきますね。現在とそれほど練習時間も変わらないでしょうし、基本的には移動面でも問題は少ないと思います。
ただ、そこでもコーチの方針などの問題が出る事は有り得るでしょうし、今の学校の子と関係が悪くなってしまう可能性も無い事は無いでしょうね。

または所謂サッカースクールに通うという選択肢もあります。有名なクーバーコーチングや、Jリーグクラブのスクールなどです。ここならば、より専門的なコーチがいますし「まずは楽しむ」という方針が根底にあるので、現在お子さんが悩んでいる問題はほとんど解決されるでしょう。
こちらの問題点は場所が家の近所ではない場合も有るので、移動面で親御さんの協力がより必要になるという事です。また練習時間が少なくなる事も考えられますね。
それよりも一番の問題点は真剣な舞台でのサッカー大会(小学生で言えば招待試合や全国大会など)や試合があるのか?という事です。あくまでも私が行っていた所がという話ですが、基本的に"スクール"なので真剣勝負の試合は有りませんでした。大半の子はスクールとは別に地元のサッカークラブやユースチームに所属しているので問題ないでしょうが、スクール一本となるとお子さんとしてみれば物足りないでしょうね。

いずれにせよリサーチが必要ですね。とりあえず何箇所か目星をつけて、お子さんを一緒に連れて行き見学してみてはいかがでしょう?

最後に。私は環境を変える事をオススメしましたが、このまま残るという選択肢もあることは忘れないでください。言っても5年生ですから精神的にもまだ脆いです。環境を変えるという事はそれなりにリスクも伴います。また、よく考えればあと1年と半年くらい経って中学生になり環境も変わりますから、それまで心のケアをしつつ頑張らせるという事も良い手です。
とにかく、親がどうしたいかと言う事よりお子さんの事を一番に考えて、色々な可能性を示してあげてください。pparkさんなら心配は要らないと思いますけどね。

長文になってしまい、申し訳無いです。サッカー好きとして、お子さんが楽しくサッカーが出来る事を願います。

単にポジションの好き嫌いや上手いか下手かが問題という訳ではなく、(文中でお子さんが言っている様に)環境や指導者に満足できてないのでサッカー自体がつまらなくなってしまっているのでしょう。あまり簡単な問題ではないと思います。

私も小学生の時に一部の親グループと指導者が指導方針について対立し、チーム内が分裂するという事態に陥った時期があります。当事者のコーチを慕っていたという事もあり私自身サッカーが全く楽しくなかったですし、後々成長してから友人とこの話になると、1人はその1件で...続きを読む

Q小4年生のトレセンなどの選考のポイントって?

来週、小学校4年生の息子がトレセンの選考会に参加させていただくのですが、選考員の方々の見るポイントとはどのようなところにあるのでしょうか?またサッカー素人のオヤジとしては「知らない子ばかりだろうし、これから試合とかで顔を合わすのだから、友達を作れば^^」程度しかアドバイスが浮かびません。当日、何と声をかけてやればよいのでしょうか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

見るポイントはいろいろ有りますが、いずれにしても来週の話なので今からやれることもほとんどないでしょう。また、見る側も限られた時間の中で見極めることに限界があることも承知しています。
トレセンとなると、慣れない環境の中で知らない選手と一緒にプレーする訳です。他の選手も同じことです。大事なのは、その中で萎縮して埋もれることなく、のびのびといつもどおりのプレーをすること。
またトレセン制度はこの先もずっと続くセレクションの連続であり、今回はその第一歩なわけですから、上の環境へ行っても大丈夫な選手かどうかというのも大事な要素です。
そういう意味では、大きな声を出してリーダーシップを取り、周りの選手を引っ張っていくようなプレーが出来る選手はとても好印象に残ります。

でも実際に私(一応JFA公認C級コーチ資格保有です)がひと声かけるとしたら。。。
「思いっきり楽しんでこい!」ですかね ^^;

Qフットサルvsサッカー

フットサルvsサッカー

私はサッカー、フットサル両方やります。
サッカーはフィジカル、パワーが必要。
長身やがっしりした体格が有利のように思えます。
一方、細かい技術というよりガンガンドリブルしたり、
強烈なシュートが撃てる人が有利のように思えます。

かたや、フットサルはスピードが求められます。
コートが狭いので瞬時の判断、確かなボールコントロールで
ボールを操らなければならない。
細かい技術を覚えるのにはうってつけだと思っています。
また、できるだけ早くゴールに結びつけるため得点力も
フットサルで培われると思います。

以前、サッカー選手vsフットサル選手が戦ったらフットサル選手
圧勝だという記録がありました。
たしかにそうなると思います。

年収のちがいがあります。
Jリーグ選手は高年俸、フットサル選手は給料がほとんど出ない。
名古屋以外は。
日本では専属で鍛えられる人が少ないですね。
その点はデメリットです。

http://www.youtube.com/watch?v=XXwTXzs0jaE

ブラジルのフットサル選手はサッカー選手も叶わない気がします。

もしかしたらサッカーよりも技術力、スピード力、得点力のある
フットサル選手の方が強いような気がしてきました。

フットサルとサッカーはどちらが強いと思いますか?
競技がちがうので比べることはできないという回答はなしにします。

サッカーファン、フットサルファンのご意見お待ちしてます。

フットサルvsサッカー

私はサッカー、フットサル両方やります。
サッカーはフィジカル、パワーが必要。
長身やがっしりした体格が有利のように思えます。
一方、細かい技術というよりガンガンドリブルしたり、
強烈なシュートが撃てる人が有利のように思えます。

かたや、フットサルはスピードが求められます。
コートが狭いので瞬時の判断、確かなボールコントロールで
ボールを操らなければならない。
細かい技術を覚えるのにはうってつけだと思っています。
また、できるだけ早くゴールに結びつけるため得点...続きを読む

Aベストアンサー

自分はサッカーファンなのでサッカーに一票

>サッカーはフィジカル、パワーが必要。長身やがっしりした体格が有利のように思えます。
プレミアではそうだと思います。

>細かい技術というよりガンガンドリブルしたり、強烈なシュートが撃てる人が有利のように思えます。
セリエAやリーガでは無理でしょう。

>フットサルはスピードが求められます。
現代サッカーでは必要です。

>コートが狭いので瞬時の判断、確かなボールコントロールでボールを操らなければならない。
サッカーも同じです。
むしろ、広いコートで選手の位置を把握しなければならないのと、ピッチコンデションが違う分サッカーの方が大変だと思います。

お金が稼げるぶんサッカー選手に良い人材が集まると思います。
ロナウジーニョやロビーニョ、ビジャなど世界トッププレーヤーにはフットサル経験者が多いです。
細かい技術やドリブルで選手を抜くのはフットサルの醍醐味ですが、サッカーでは無理です。
メッシでさえワールドカップでは活躍できませんでした。
今のサッカーにおいてドリブルは、スペースを作るための手段になっていると思います。
技術に関しても、フットサルのそれとは違うと思います。ゴール前では似てると思いますが。

自分はサッカーファンなのでサッカーに一票

>サッカーはフィジカル、パワーが必要。長身やがっしりした体格が有利のように思えます。
プレミアではそうだと思います。

>細かい技術というよりガンガンドリブルしたり、強烈なシュートが撃てる人が有利のように思えます。
セリエAやリーガでは無理でしょう。

>フットサルはスピードが求められます。
現代サッカーでは必要です。

>コートが狭いので瞬時の判断、確かなボールコントロールでボールを操らなければならない。
サッカーも同じです。
むしろ、広い...続きを読む


人気Q&Aランキング