情報源が乏しかった時代なら兎も角、ネットを含む様々なメディアで情報を得られる今、私には夕刊の存在意義が分かりません。
たまに新幹線の売店で、朝刊と間違えて夕刊を買った時などは、自分が悪いのですがとても損した気分になります。
産経新聞は明日から朝刊紙を月額315円でネット配信するそうです。ネット版は実物に比べてややページが割愛されているそうですが、それでも朝刊が月額三千円前後する事を考えると画期的なのではないかと思います。


そこで皆さんに伺いたいのですが、新聞の夕刊って今後も必要だとお考えでしょうか?
理由も教えて頂けると幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中11~12件)

うちも夕刊取ってます。

タダですが・・・
でも、必要です。
朝刊は逆に厚く、夕刊の薄さはちょうど良く、記事の内容も朝刊より特集とか多く面白いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。
タダなのですね。朝刊代に上乗せされているのでしょうか。

特集を楽しみにされている方が多いのですね。

お礼日時:2005/09/30 19:44

必要派


毎日届く雑誌みたいなものだから。
朝刊と違って、ニュースが少なく、特集記事の割合が高い点が良い。
例えば、キャリア女性のインタビューとか、読んでいて面白い。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。
特集記事が面白いのですね。
私は新聞なのにあの薄さが逆に嫌です。

お礼日時:2005/09/30 19:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日経夕刊休刊日

日経の購読申し込みをして、約2週間が過ぎましたが、夕刊の入れ忘れが多々あり、最初は土曜の夕刊が忘れられました。
先週の日曜は旅行に行っていて留守だったのですが、月曜に帰ってきて新聞を整理していると、日曜の夕刊が入っていませんでした。
そして本日も日曜ですが、夕刊が入りませんでした。土曜に入っていなかったのは、確実に届け忘れだと思うのですが、日曜に2週続けて入っていないとなると、日曜の日経夕刊は、休刊なのでしょうか?

Aベストアンサー

No.1さんの通り、日曜日祝日の夕刊はありません。

また日経に限りませんが月1回(月曜日)新聞休刊日というのもありこの日は朝刊も休みです。ただし店(駅)売りのスポーツ紙は販売されています。

Q新聞に、夕刊は必要ですか?

朝日、毎日、読売など主な日刊紙では、朝刊と共に夕刊も発行しています。
この夕刊ですが、必要だと思いますか?
それとも、必要ないと思いますか?
それぞれ、理由もお願い致します。

ちなみに、“新聞自体必要ない”という意見はなしとします。

Aベストアンサー

朝刊だけの生活との比較を私なりに想像すれば、「週刊少年ジャンプ」を日曜日に買う。くらいの価値があります。

家に帰って読んでない活字が全く無いと落ち着かない活字依存症の部分も多々自覚ありますが。^^;

SMAPのメンバーの一人がやっちゃった時に、翌朝から夜の間にTVでは事実関係そのものの部分をどんどん表現を変えて、全く違った情報に見事にすり替えていましたし、大手サイトにおいては一部の記事そのものが消滅していましたね。

新聞が全て正しいとは思っていませんが一度活字にしてしまうと残るだけに流す際の責任や覚悟がある程度存在していると思っています。

昼休みは食後、音楽聴いているだけなので昼刊があっても買っちゃいそうです。

Q新聞の休刊日などの詳細がわかるHP

こんにちは
関東で販売されている新聞の休刊日などの詳細がわかるHPがあったら教えてください。
・○○新聞は土曜日は休み
・△△新聞は夕刊はなし
などがわかったらいいでうれしいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記参考URLで休刊日がわかると思います。
また、各新聞社ホームページにも書いてあります。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E8%81%9E%E4%BC%91%E5%88%8A%E6%97%A5

Q新聞の夕刊は必要ですか?

某新聞をとっていますが、朝夕刊で1ヶ月約4千円です。
夕刊は要らないからその分安くして欲しいと思うことがあります。
皆さんは、夕刊は必要でしょうか?

Aベストアンサー

 以前新聞購読を検討した時に、夕刊のことを考えて取りやめにした経験があります。
 今は情報化社会ですから、1日に2回ニュースを報じる機会については一定の意義を感じますが、私自身はそこまでの情報は必要としていません(夕刊の情報は、翌日の朝刊にあれば十分です)。
 夕刊不要の立場で考えると、料金が下がらないことや、資源の無駄遣いは抵抗がありました。今も新聞は取っていません。必要な場合は、コンビニ等で購入しています(毎日ではないため、月購読よりは安くすんでいるはずで、日や曜日により新聞を変えることができるメリットがあります)。

Q新聞の休刊日について。

今日9月10日は新聞の休刊日ですね。我家はM紙とS紙を会社ではA紙とY紙を
採っています。ところで新聞社はどの様に取り決めて一斉に休刊日を決めるのでしょうか。私自身は新聞配達の人が毎日朝早く仕事をするのを見て大変だと思います。情報は今、テレビ・ラジオ・インターネットで即時、知りたい事が得られます。だけど新聞が届かないと、何となく物足りない感じを受けます。
日曜日の朝刊のテレビ欄が全面広告だと明日、つまり月曜日は休刊日だと察します。そこで前もって新聞社は「休刊日」を読者に教えてもらえれば良いと思うのですが。

Aベストアンサー

昔、Mで新聞配達をやっていたものです

大体、休刊日は祝日の翌日か、祝日のある週の月曜になるのが一般的なようです
休刊日自体は、販売所に問い合わせれば教えてもらえます
確か、1年分すべて前もって決まっているはずです

また、紙面の1面にも翌日休刊の旨書いてあると思います

Q新聞の夕刊は、必要だと感じていますか?

大手3紙(朝日、毎日、読売)や日経、その他の新聞でも、朝刊以外に夕刊も発行しているところがありますね。
私は朝日新聞(朝夕刊セット)を取っていますが、このたびの消費税で月3,925円が4,037円となって、112円の値上げとなります。
4千円を出してお釣りが来るのと来ないのでは感覚的に嫌な感じがして、夕刊を取るのを止めようか迷っています。

さてそこで、皆さんは新聞の夕刊は必要だと感じていますか?
朝夕刊セットで購読している方も多いと思いますが、夕刊の必要度はどのくらいでしょうか?
なくても構いませんか?

Aベストアンサー

トントン|扉|“o(・д・。) オジャマシマース
ウチも朝夕刊。旦那の仕事の関係でネットで見るより新聞の方が読んだり追いやすいんだってェ!?
旦那もどうするかなぁと悩んでました。アタシはどっちでもイイけどネ。旦那タバコでもお金かかるし生活全体が・・・(´Д`。)グスン
でも多分旦那は取り続けると思う。ヒマあるとよく前の日付の読み直してるしィ。なんかジジ臭いって言わないでェ~。まだアラサーなんですけどネットと新聞どっちも大事らしいですゥ.アタシも片づける時見直しちゃったりもしてたりして  ヾ(・д・。)バイバイ

Q新聞の休刊日はどうしてどこも同じなの?

ずっと前から疑問に思っていたんですが、新聞の休刊日ってどうしてどこも同じなのでしょうか?その方が新聞の読者も定期購読している新聞が休刊日の時は 駅のスタンドやコンビニで他の新聞も買えるし、休刊日の前日に大事件が起きたりすると どこの新聞も報道できなくなります。 お互いライバルのはずなのに協定を結んでいるんでしょうか? また、価格も統一していますよね。それって 独占禁止法には抵触しないんでしょうか?

Aベストアンサー

昔、といっても4~5年前くらいでしたが、S新聞が休刊日も朝刊を駅売りしますと宣言して実行したところ、当時のW新聞協会会長が烈火のごとく怒って、一回限りで止めさせたと言う逸話が残っています。やはり新聞村の掟破りになるようですね。

3大全国紙の統一価格も談合の噂が絶えませんが、休刊日も価格も「たまたま同じになっただけです」と言うのが新聞協会の公式見解です。

Q紙新聞派ですか?ネット新聞派ですか?

ニュースは新聞で見ますか?それともネットで見ますか?テレビは抜き、でお願いします。

Aベストアンサー

どっちも使用しますが、時間があれば新聞の方が好きです。
ネットは欲しい情報を得るのに検索しやすく、早くて便利ですが、新聞の方が、ランダムに情報を収集できて面白いです。
例えば紙面なら、自分が知りたかった情報の隣に記載されていたら、全く興味なかった情報でも目に入りますよね。(例えば、人生相談とか。あと大衆週刊誌の広告とか。)
そういう「出会いの妙」みたいなのが、新聞の方が多くて楽しいです。

Q新聞の休刊日

今日は休刊日ですが、休刊日ってどうやって決まるのですか?
それで大手各社が休みを合わせるのはなぜですか?
ご存知のかたお願いします。

Aベストアンサー

 新聞休刊日を、新聞社によってずらすことができれば、複数の新聞を併読される読者が増え、購読者の増加につながるというご意見は、投書欄などにもしばしば寄せられていますが、各紙とも休刊日をあわせざるをえない理由は、特に地方では、1社の新聞のみを扱う専売所だけでなく、複数の社の新聞を扱う併売の販売店が少なくないためだそうです。

Q産経新聞(三月十三日)による小沢バッシング記事の不可解。

産経新聞(三月十三日)による小沢バッシング記事の不可解。
下線下の記事は、「献金の底流」という特集記事で、「献金事件取材班」と言われる方が書かれた記事です。一応、番号を付けて疑問を出してみました。
一、「1」と「2」は誰から取材されたのか?2、西松関係者の誰かからの取材なのか?2、「特捜部幹部」、「検察関係者」「別の検察関係者」とは誰なのか?
二、こうゆう時こそ、国権の最高機関としての国会が「国政調査権」発動すべきではないかな?
検察クーデタを支える記事のように思えるのですが、情報操作の一環としてのリーク以外なにものでもないと思えてしょうがないのですが。
これで、小沢秘書起訴されれば、小沢政権ははかない夢物語になってしまうのでしょうか?
こりゃ、どちらにしても、ちょっと行き過ぎもいいとこじゃないのかな?
================================
(産経新聞記事)
構図の実態は…
 陰謀や選挙妨害との反発が避けられないにもかかわらず、あえて逮捕に踏み切ったのはなぜだったのか。
 「献金の性格」
 特捜部幹部は逮捕会見で、この言葉を3回繰り返して強調してみせた。
1、小沢氏側は、10年以上にわたり、西松から違法な献金を受け続けてきたとされる。献金額も指示されるなど、西松は小沢氏側の“言いなり”だったという。
2、「ダムや空港工事の受注を期待した」「工事が取れたのは献金のおかげ」
3、特捜部幹部のいう献金の性質とは、「わいろ」を示唆したものだ。だが、職務権限の壁のため、事実上のわいろを受け取っただけでは収賄罪には問えない。近年は手口も巧妙になり、立件へのハードルは、より高くなっているとされる。
 検察関係者は「東北での影響力を期待した西松から、違法な献金を受け続けた構図の実態は収賄とよく似ている。2100万円を、仮にわいろに見立てたら少ない額とは言えない」と語る。「政治とカネ」の透明性確保のために、規正法はある。別の検察関係者は「わいろ性のある政治献金に規正法を適用するのは当然。いまどきゼネコン側から多額の献金を集めていたこと自体、異常だ」と断じる。
 “田中金脈”“金丸金脈”を断罪してきた特捜検察は、小沢氏側とゼネコンの関係を、旧態依然とした癒着とみているわけだ。
 特捜部幹部は言った。
 「献金の性質をみれば、政治的な配慮で見逃すというわけにはいかない」

産経新聞(三月十三日)による小沢バッシング記事の不可解。
下線下の記事は、「献金の底流」という特集記事で、「献金事件取材班」と言われる方が書かれた記事です。一応、番号を付けて疑問を出してみました。
一、「1」と「2」は誰から取材されたのか?2、西松関係者の誰かからの取材なのか?2、「特捜部幹部」、「検察関係者」「別の検察関係者」とは誰なのか?
二、こうゆう時こそ、国権の最高機関としての国会が「国政調査権」発動すべきではないかな?
検察クーデタを支える記事のように思えるので...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。

今回の西松建設がらみの件についてですが、小沢代表の秘書逮捕依頼、ずっと注視してきました。

結論を言うと、これは検察と小沢民主党代表の戦いです。
質問者の方の述べる国会(といっても参議院だけでしょうが)への検事総長の証人喚問を含めて、潰すか潰されるかの戦いだと私は判断しています。
ですので、検察側も相当覚悟を決めているのではないかと、各種の情報を総合的に捉えて判断しています。

では、なぜ検察がそこまでの戦いに踏み切ったのか。
それは西松建設の事件を捜査している段階で、小沢代表にまで捜査の手を伸ばせる確たる証拠を掴んだからだと思われます。
東京地検特捜部にとって、政治家の大物逮捕は戦後の彼らに刻まれたDNAそのものです。
今の時勢では、麻生総理より小沢代表の方が大物に見えますから、さぞかし彼らの血肉を湧き立たせたことでしょう。

検察のリークというのは、今に始まった話ではありません。
マスコミへのリークというのは、検察に限らず、役人が巧妙に政治家を追い詰める際の切り札なのです。
食うか食われるか、戦いが激しさを増すのはこれからだと思います。

そして、その戦いに審判を下すのは、最終的には国民の判断にゆだねられると思います。
遅くても今年の9月に行われる衆議院選挙です。


それまでに質問者の方が提言する検事総長の国会証人喚問もあるかもしれませんが、リークの有無や誰がしたかまでをはっきりさせることは難しいと思います。
おそらく時間切れとなって、衆議院選挙にもつれ込んでしまうのではないでしょうか。

近年でマスコミへのリークを咎められたのは、防衛庁の役人が読売新聞に情報を流した件だけです。
これは、さすがに安全保障という国家の最重要機密を漏らしたので起訴にまで至りましたが、今回の件ではそこまで問題視はされないだろうと私は思っています。

No.1です。

今回の西松建設がらみの件についてですが、小沢代表の秘書逮捕依頼、ずっと注視してきました。

結論を言うと、これは検察と小沢民主党代表の戦いです。
質問者の方の述べる国会(といっても参議院だけでしょうが)への検事総長の証人喚問を含めて、潰すか潰されるかの戦いだと私は判断しています。
ですので、検察側も相当覚悟を決めているのではないかと、各種の情報を総合的に捉えて判断しています。

では、なぜ検察がそこまでの戦いに踏み切ったのか。
それは西松建設の事件を捜査して...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報