全くの初心者で、星を見るのにどれくらいの倍率が必要かとか、屈折式と反射式などがあると聞きましたが、どちらが初心者向きなのかもわかりません。
惑星も見えるくらいの物で、出来るだけ安価なものがあったらなぁと思っています。
お勧めのものがあったら、教えてください!
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

私は、全国どこにでもあるホームセンターで口径約12cmの反射式望遠鏡を飼いましたが、かなり使えますよ。

値段も3万以下で安いですし。よくホームセンターとかの望遠鏡は性能が悪い!とか言うけれど20万の望遠鏡でも、3万の望遠鏡でも口径はほとんどかわりません。付いてくる装備品のちがいですね。よく天体写真などに出てくる綺麗な写真はどれも口径が1m以上もある望遠鏡で写したものなので、写真のようにはみえませんね。木星や土星も最初は米粒みたいにしか見えないけれど慣れてくればその米粒の中に縞模様が見えてきたり、環が見えて来たりしてなかなか楽しいですよ!
    • good
    • 0

倍率は.選択の対象としませんでした(倍率が高いと空気の関係の歪みしか見えない)。


反射と屈折では.反射のほうがこう軸が狂いやすいと聞いて.やめました。
夜中に持ち歩くものですから.取り扱いがぞんざいになり易い(夜道を歩いていて転倒する)のです。

それで.「作りが頑丈なもの」だけが選定基準でした。
    • good
    • 0

どっちが初心者向きかと言えば,屈折の方ですね。


反射の方が、扱い、手入れが面倒ではあります。

私はむか~し、経緯台の屈折持ってましたが、今は双眼鏡だけですね(^^;
一応星を見るのを前提に、三脚が使えて,それなりの口径で、レンズもよさげなのにはしてますけど。

惑星は肉眼でも見えますが、どの程度の物が見たいのでしょうか?
よく天体写真でみるような物を期待するなら,それなりの望遠鏡は勿論のこと,観測場所も重要になりますし、
技術も必要になります。
また,写真だからこそ見えるというのもあります。
これは長時間露光してるためで、肉眼は一種の光を見ているから太刀打ちできません(^^;

個人的には,最初は双眼鏡あたりを三脚に載せてみるのがいいように思います。
それなりのを選べば,将来望遠鏡を買っても星雲とか彗星を見るには使えます(というより望遠鏡より向いてます)し、
両眼を使って,正立像で見えるあたりが初心者には楽でいいと思います。
望遠鏡は通常倒立像、上下左右が逆になりますので、
経緯台でも面倒と言えば面倒です(^^;;


参考URLの天体望遠鏡のところに望遠鏡の上手な選び方(初級編)というのがありますので、参考にどうぞ。

参考URL:http://www.seihosha.co.jp/
    • good
    • 0

こんばんは。



はるか昔の、小学生時代に、6cmの屈折を、中学生時代に、8.5cmの反射を
親に買ってもらって覗いていた者です。8.5cmで、土星の輪はそれなりに見えました。10cmくらいあれば安心でしょう。

最近の望遠鏡の性能とか価格には、とんと詳しくありません。
参考URLは、天文学のカテゴリで、望遠鏡の買い方について質問があったときのものです。また、すぐ下のURLは関連して、望遠鏡の倍率についての質問があったときのものです。
参考にして下さい。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=111065

ん?十年前の私の知識で良ければ少し聞いて下さい。
(間違っていたら誰でもどんどんツッコミを入れて下さい。)

○望遠鏡の性能を決めるのは、口径。

○屈折式は、ガラスのレンズを使い、口径の割に値段は高い。
メインテナンスは楽で初心者にも安心して使える。

○反射式は、鏡を使い、口径の割に値段は安い。
ホントは定期的に鏡を磨かなければならず、手入れは大変。

○架台は、経緯台と赤道儀がある。

○経緯台の方が初心者向き。縦方向と横方向に動く。

○赤道儀は、天の北極に合わせる必要があり、初心者向きでない。
でもきちんとセッティングすれば、
星の動き(日周運動)についていくのは楽。

○最近の望遠鏡は、コンピュータとモータードライブがついていて、
赤道儀できちんとセッティングしておけばボタン操作で見たい星が
入れられるものもあるようだ?

○本屋で「天文ガイド」などの雑誌を立ち読み?して、
望遠鏡の口径と値段の相場をつかんでおくべきである。
(別に金出して買っても良いが・・・)

おそまつさまでした。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=40489
    • good
    • 0

 


  望遠鏡は、自分では持ったことがないので、あくまで一般的な話です。(小型のハンディ型のものなら昔持っていました。学校の望遠鏡で昔、よく星を見ました)。
 
  望遠鏡で星を見る場合、貴方の住んでいる場所、あるいは望遠鏡を置いて観察する場所の環境が問題になります。都市のなかでは、相当に高価な良い望遠鏡を買っても、あまりよく見えません。周囲の光が明るいと、どうしようもないのですし、また空が煤煙などで汚れているとシーイングはどうしようもなく低くなります。(シーイングというのは、seeing で、空の透明さと言いますか、よく晴れているかどうかということです)。
 
  環境はともかくということでしたら、望遠鏡はかなり高いです。反射式と屈折式がありますが、反射式の方が値が高かったのではないかと思います。それは、デパートか、理化学用具店に売っていますから、実際に確認してください。
 
  望遠鏡特に天体望遠鏡の場合、倍率よりも、「口径」が問題になります。倍率というのは、接眼レンズの組み合わせで原理的には幾らでも大きいものが作れます(といってもサイズ的に限界は無論あります)。倍率ではなく、天体望遠鏡は、主レンズまたは主反射鏡の口径が問題です。口径とは、レンズや反射鏡の直径のことを言います。口径が大きいと、「集光力」が大きくなるのです。口径が大きいと、小さな口径の望遠鏡では見えない、微かな星雲なども見えます。
 
  惑星を見るという時、見て印象的なのは、土星の輪か、木星の衛星ぐらいだと思いますが、土星の輪が綺麗に見えるためには、貴方の環境が悪いと、どんなにいい望遠鏡でもまず無理なことがあります。その場合、空気の綺麗な、まわりに夜の燈火のない場所に、夜運んで観測するしかありません。
 
  とまれ、土星の輪が見えるぐらいだと、口径10cmは欲しいのですが、口径10cmはかなり高価です。
  また、屈折望遠鏡よりも反射式望遠鏡の方がよいのですが、こちらの方が値が高かったと思います(或いは、鏡面の作成が容易になっていて、安くなっているかも知れません)。屈折望遠鏡は、1メートルほどの筒の先に対物レンズ(主レンズ)が付いていて、反対側に接眼レンズが付いています。空に対物レンズを向け、貴方は、接眼レンズから星を見ます。すると、かなり窮屈な姿勢になると思われませんか? 反射式望遠鏡は、主鏡が、地面当たりに来る円筒で、筒の頭近くから出ている接眼レンズで貴方は星を見ます。この方が姿勢的には楽です。
 
  しかし、反射望遠鏡の方が高価だと思うのは、このことがあるためだとも言えます。つまり、星を見ようとする時、望遠鏡の筒先を星に向けねばならないのですが、屈折式だと、望遠鏡は支える三脚の上に載っていて、手で狙いを付けます。ねじを使って、星を追う装置も付いていると思います。反射式の場合、この星にターゲットを合わせることが難しく、普通、二次元的な自由度を持つ、ねじ式の回転ハンドルの類があって、これで、望遠鏡の筒先の方向を調整します。こういう装置が必要なので、反射式は高価ではないかと思うのです。
 
  本格的な望遠鏡は、アマチュア初心者向けでも、数万が安い方で、10万円ぐらいは、かけないと、あまりいいものは無理です。
 
  従って、予算がないなら、双眼鏡か、単筒式の長さ30smほどの小型ハンディ望遠鏡しかないことになります。双眼鏡はそれでも高価ですし、ハンディ望遠鏡でも、1万円ぐらいするのではないでしょうか。値段については、自信がありませんが、まともに天体観測できる望遠鏡は、相当高価だということです。
 
  初心者向きには、ハンディ望遠鏡で、当然屈折式で、倍率よりも、できれば、レンズ口径の大きなものを選ばれることです(レンズ口径に比例して値が実は高くなるのですが)。……天体写真を撮りたいとなると、三脚などが付いたものが必要になりますが、高価です。
 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q視力のいい人が望遠鏡を覗いたらどうなりますか?

視力のいい人が望遠鏡を覗いたらどうなりますか?

私が思うに望遠鏡やら眼鏡やら天体望遠鏡やらレンズと光の関係を考えて作られているので
望遠鏡内部ではそのことを考えて構築、そこら辺の安物の望遠鏡とかでは視力が高い人が望遠鏡を覗いたら、望遠鏡を見たら逆に遠くが見られなくなったと思うのですが、実際は違うかもしれないので伺います

Ⅰ・視力が高い人が望遠鏡を覗くと 視力の高い人ほど望遠鏡を使うとより距離が伸びて見れる
Ⅱ・視力が高かろうが低かろうが望遠鏡の質よって見える距離は固定
Ⅲ・視力が高い人が望遠鏡を覗くと 視力の高い人ほど望遠鏡を使うとより距離が短く見れる

このうちどれなのでしょうか?

Aベストアンサー

IIです。視力は関係ありません。

 例えば天体望遠鏡の拡大率は対物レンズの焦点距離と接眼レンズの焦点距離の組み合わせで決まります。
 具体的には「倍率=対物レンズの焦点距離÷接眼レンズの焦点距離」です。
なのでその天体望遠鏡を覗く人の視力は関係ありません。
 視力の差は対物レンズと接眼レンズの距離に出ます。つまり人が実際に覗いた時に眼の中で焦点が合う位置です。

Q反射式望遠鏡と屈折式望遠鏡のどちらがいいか(自作)

自作するときコスト面ではどちらが良いですか

あと星団星雲や土星をみるときはどちらのほうがいいですか

Aベストアンサー

直接の回答ではありませんが、下記のサイトの一読をお勧めします。

http://ryutao.main.jp/telescope.html

天体望遠鏡で見れるものに、多大な期待をもっているような気がしてしょうがありません。

Q天体望遠鏡について

天体望遠鏡の接眼レンズについてですが、基本的にどの望遠鏡にも接眼レンズは合うのでしょうか?屈折式望遠鏡と反射式望遠鏡では違うということはないのでしょうか?またメーカーが違えば合わないとかないのでしょうか?

Aベストアンサー

接眼レンズの規格は決まっていますので、屈折式だろうと反射式だろうと、どんなメーカー製の望遠鏡であろうと合います。

Q反射式望遠鏡の主鏡研磨について

厚さは1,2mmのものでいいんでしょうか

それとふつうガラスでいいんでしょうか

Aベストアンサー

>厚さは1,2mmのものでいいんでしょうか
そんな薄いものでは、磨いたら無くなってしまいます。
一度、望遠鏡がどんなものなのか店で実物をみてくるか、せめてカタログをみてみたらどうでしょう。
具体的なイメージの無いものは作れませんよ。

>それとふつうガラスでいいんでしょうか
普通はパイレックスをつかいます。気温の変化で鏡がゆがむのを最小限にするためです。
もっとも、最初から綺麗な放物面が成型できるわけありませんから、気温の変化による鏡の変形だけを特に心配しても全然意味ないですね。選べるのなら、普通のガラスでもいいんじゃないでしょうか。
あるいは、ただ鏡を磨いてみたいというだけなら、何だってかまわないです。

失礼ながら、まずは、「反射望遠鏡の作り方」のような本を買ってきて読んでみるべきだと思います。
まずは、手軽にウェブで見ることのできるところのリンクを張っておきましょう。
http://homepage3.nifty.com/yamaca/rensai/15rns2.htm

Q地上望遠鏡と衛星望遠鏡の違いについて・・・。

こんばんわ。質問します。

地上望遠鏡と衛星望遠鏡の建設の容易性や、予算等の関係、またその必要性、また観測効率についての違いを教えてください。

また、地上望遠鏡と衛星望遠鏡の違いについて書いてあるサイトなどがあったら教えてください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

簡単に言いますと、
建設の容易性や予算などは、
地上望遠鏡より、衛星(宇宙)望遠鏡の方が、宇宙に運ぶコストやら、
一度打ち上げたら、修理などが困難。
しかし、地球の大気に邪魔をされないで、観測ができたり、
正確な観測ができると言う点では宇宙望遠鏡の方が期待が持てます。

詳しくはウィキペディアで、

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%AE%99%E6%9C%9B%E9%81%A0%E9%8F%A1

Q反射式照準の登場はいつごろ・・・?

深夜映画で「パール・ハーバー」が放送されてました。
そこで気になったのですが・・・。
物語序盤、主人公と友人が乗っている戦闘機のコクピットの前の方に「反射式照準器」が装備されていたのです。

松本零士の「コックピット」にも登場した物(同じ物では無いですが、機能は同じでしょう)なのですが、その開発時期はいつごろなのでしょうか?

コックピットでは、ドイツ軍の戦闘機に使用されていましたが、パールハーバーでは連合軍(この頃アメリカはまだ参戦してませんが・・・)の機体が装備していました。
おそらく軍用の物だと思うので、どこかの国の陣営(三国同盟軍or連合軍)が開発したら、別の陣営には洩れる可能性は低いと思うのですが・・・。
「機体を解析して作った」とも考えられるのですが、アメリカが参戦してない状態では、それも考えにくいし・・・(軍事技術をおいそれと第三者のアメリカに渡す理由が・・・)

どの国が最初の開発に成功し、それはいつだったのか?分かる方がいらっしゃれば、どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

すごーく大雑把な説明で良ければ射爆照準器が開発されたのが昭和12年ごろ

その頃はまだあ戦争になっていないですから、各国の技術は自由に行き来していました。

だから第2次世界大戦になった時にそれぞれの国にそれらが装備されていても別におかしいことはありません。

まあ、もちろん精度や技術向上の為に収穫した敵機の技術を取りいれた、ってのもありますけどねぇ(^^;

Q天体望遠鏡

 天体望遠鏡(反射望遠鏡と屈折望遠鏡)について勉強しています。
それぞれのパーツ(接眼レンズなど)が望遠鏡のどこにあるのか写真又は絵で説明してあるインターネットサイトをご存知の方、教えてください!
 そして、望遠鏡の中が黒いものが種類によってあるのですが、理由をご存知の方、合わせて教えてください。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

望遠鏡の中が黒いのは、入射光を軽減させないためです。
下記のHPを参照してみて下さい。

参考URL:http://www.edugeo.miyazaki-u.ac.jp/earth/edu/telescop.html

Qおすすめの屈折式天体望遠鏡について教えてください

予算は3万円位で、おすすめの屈折式天体望遠鏡がありましたら教えてください。インターネットのオークションで、F30070M(口径70mm・倍率150倍)という機種を3,000円位で買ったのですが、本体がすぐ動いてしまい目的の天体を見失ったり、思ったほど大きく見えず却って双眼鏡の方が大きく見えるといった風で、別機種の購入を検討しています。天体観測は入門者です。機種が非常に多くて悩んでいます。なるべく口径の大きいものがいいのです。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

F30070M、写真で見る限り、とても使い物にはならないようなものですね。
まず、架台がこれでは微調整も出来そうにないですし、ファインダーもないのでどこに向いてるかも分からないと思います。
対物レンズの焦点距離も短そうで、光学系も無理しているような感じですね。

口径が大きなもの、高倍率に惹かれているように思えるのですが、天体望遠鏡は架台が非常に重要です。しっかりした三脚でないと振動が止まらないことも有りますし、左右の微調整ができないと思うように星に向けられません。
最初に使い望遠鏡としては、経緯台で上下左右に微調整が出来るものをお勧めします。赤道義は星を追いやすいのですが、写真撮影や長時間同じ星を追う、ということをしないのであれば経緯台で十分です。
3万円だと、新品で80mmが買えるみたいですね。でも、あまり無理しないで架台がしっかりしている70/60mm位のほうが見えやすいでしょう。

倍率ですが、少々無理して口径(mm単位)2倍が上限、と思えばよろしいでしょう。それ以上だと、ぼんやりして見えにくくなります。

具体的なメーカ、機種は、最近のものを詳しく見ていないので、他の方の回答を参考にしてください。

F30070M、写真で見る限り、とても使い物にはならないようなものですね。
まず、架台がこれでは微調整も出来そうにないですし、ファインダーもないのでどこに向いてるかも分からないと思います。
対物レンズの焦点距離も短そうで、光学系も無理しているような感じですね。

口径が大きなもの、高倍率に惹かれているように思えるのですが、天体望遠鏡は架台が非常に重要です。しっかりした三脚でないと振動が止まらないことも有りますし、左右の微調整ができないと思うように星に向けられません。
最初に使い望...続きを読む

Q望遠鏡関係

お世話になります。
何か趣味をと考え、望遠鏡を手作りしてみたいと考えています。
そこで質問です。

まず、
(1)望遠鏡というと普通は天体望遠鏡を指すのでしょうか。

そして、
(2)野球などの観戦に使うオペラグラス(双眼鏡)と望遠鏡は
何処が違うのでしょうか。
どちらも遠くのモノを近くに(大きく)見るのではと思いますが。

さらに上記と同様、
(3)遠くの景色を見る望遠鏡と、天体を観測する天体望遠鏡は違うモノなのでしょうか。
これまた同じかと思うのですが。

使用用途によって言い方が違うだけなのでしょうか。

ということで、
ここら辺が詳しく出ているサイトを紹介して貰えませんでしょうか。
全くの素人ですが、勉強して手作り望遠鏡を作りたいなと考えています。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こちらのサイトが判りやすいですよ!
http://homepage3.nifty.com/yamaca/index.htm

Qできれば安価で初心者オススメ天体望遠鏡探しています

夜空の星や月を望遠鏡を使って観たいなぁと思っています。
気軽に星座を楽しみたいので、そこまで本格的なものは望んでいません。

ケンコーニュームーンライトぐらいでいいかな?と思っていましたが、
残念ながら良い話は聞かないので、他にいいのはないかな…と探しています。

そこで
組立天体望遠鏡15倍 というものが目に止まりました。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/starbook/tele-assembly.html
初心者にオススメの商品で、35倍と15倍とあったのですが、
まだ右も左もわからない私は、素直に15倍の方を購入した方がよろしいでしょうか?
また、15倍だと何等星ぐらいまで観測できるのでしょうか?


これよりもっといいのがあるよ!って方がいらしたら教えてください。
できれば~1万円ぐらいで抑えたいです。
高ければ高いほど性能はよくなると思いますが…
星座や月を気軽に楽しみたいので、多少の悪点は気にいたしません。


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>また、15倍だと何等星ぐらいまで観測できるのでしょうか?
暗い星をみたいなら倍率ではなく集光率(レンズや主境の口径)をみてください。
口径が大きいほど集められる光の量が多くなるので暗い星も見ることができます。


望遠鏡の倍率は主レンズ(または主境)の焦点距離÷アイピース(接眼レンズ)の焦点距離で求めます。

ニュームーンライトは安くお手軽で良いのですが、小学校の理科の教材で使う程度と考えて良いでしょう。
それでも月くらいなら割と綺麗に見ることができます。
ニュームーンライトについてくる小冊子は天体観測初心者にはちょうど良い読み物ですよ。星座早見板もついてきます。
ついてくる三脚は実はデジカメでも使えます。


土星の輪や木星の模様を観測したいのなら口径10センチ以上の反射望遠鏡の方が良いですね。
楽天市場で探すと3万円もあれば買うことができます。
天体の自動導入とか自動追尾ができるモノだと20万は覚悟した方が良いですけどね。

倍率の大きさに惑わされてはいけません。
口径の小さい望遠鏡で倍率だけが大きくても綺麗に見ることはできません。
土星の輪っかを例にとると、口径6センチ程度の望遠鏡だと主星とリングがくっついて見えてしまいますが10センチ以上の望遠鏡だと輪っかだと言うことがハッキリと認識できカッシーニの間隙が見えたりします。


星座を観測したいのなら天体望遠鏡ではなく双眼鏡の方が良いです。それもホームセンターで売っている2千円くらいのモノでも十分。
2千円くらいの双眼鏡だと8倍~10倍の拡大倍率ですが、その程度の双眼鏡でもスバル全体を視野に入れることができ綺麗に観察することができますよ。
もしかしたらオリオン座のオリオン大星雲もそれっぽく見えるかもしれません。
それに8倍くらいの倍率だと手でもって観測することが可能です。
10倍以上の倍率になるとキチンとした三脚がないとプレて観測どころではありません。


気軽に天体観測したいなら双眼鏡の方が良いですよ。

>また、15倍だと何等星ぐらいまで観測できるのでしょうか?
暗い星をみたいなら倍率ではなく集光率(レンズや主境の口径)をみてください。
口径が大きいほど集められる光の量が多くなるので暗い星も見ることができます。


望遠鏡の倍率は主レンズ(または主境)の焦点距離÷アイピース(接眼レンズ)の焦点距離で求めます。

ニュームーンライトは安くお手軽で良いのですが、小学校の理科の教材で使う程度と考えて良いでしょう。
それでも月くらいなら割と綺麗に見ることができます。
ニュームーンライトについてくる...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報