ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

今度山登りにいくのですが、そこには猪がたまに出没するそうです。
そこで猪に遭遇しない方法、猪に遭遇した場合の対処法を教えて頂きたいのですが。
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

前にテレビで見たことがあるのですが、もし猪が突進してきたら傘を猪に向かって開けば驚いて一目散に逃げていくそうですよ。

それは、目の前に居たものが傘を開いたことにより突然見えなくなるので驚いて逃げていくそうです。実際にやってましたが効果覿面でした。面白いくらい効いてましたよ。
なので傘を一つ持っていくと良いかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
邪魔にならない折りたたみ傘を持っていこうと思います。
本当にありがとうございます。

お礼日時:2005/10/23 10:29

渓流釣りで 源流に入りますが 鹿・カモシカ位で猪と熊には出くわした事が有りません



動物は基本的に 近づいてくるとか 人を待つ様な事は無いようです。
熊による事故も 不意に出くわしてしまった などが
原因の様です。

対策として 熊避け鈴を2個付ザックに付け
腰には 渓流刀(鉈)刃渡り210mmをぶら下げて 緊急時に備えて山に入ります 2名以上で行く場合は 話ながら歩きますねー(効果は無いかな)
傘を広げる は自分もTVみましたが効果有りの様です 人が居る 近づいて来る事を音で知らせる事が一番の防衛だと思います。

夜間は 猪が竹やぶに入り竹の子食べに来て 竹をなぎ倒す行動を見ています 夜行性では?

突進して来るのは 最後の最後 危機を感じた時と猟師に聞きました 毛はタワシのようで皮も厚く 散弾では 弾くので ライフルか 散弾銃では鹿玉と言う一発の玉で急所を狙わないと射止められないそうです。
猪に狙われたら 食料を捨て 安全な方向に逃げましょう
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
邪魔にならない折りたたみ傘を持っていこうと思います。
どうもありがとうございます。

お礼日時:2005/10/23 10:30

被害対策としては、ラジオの音や爆竹などの音、石油類等の臭いなど、聴覚や嗅覚を利用する方法があります。


http://www3.tokai.or.jp/ino-cc/qanda.html#q4
むやみに近づいたり、おどかしたりしなければイノシシの方から襲ってくることはめったにありません。
http://www.asahi-net.or.jp/~gv8h-tnb/anima/ino.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
傘を広げると良いということで邪魔にならない折りたたみ傘を持っていこうと思います。
本当にありがとうございます。

お礼日時:2005/10/23 10:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング