「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

質問です。下絵を画面に写すには、カーボーン紙などがありますが、日本画でつかわれる念紙について教えてください。念紙にはどんな紙が必要で、どんな顔料を使えばいいですか。一連の製作方法を詳しく教えていただければ幸いです。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

乳鉢」に関するQ&A: 乳鉢

紙 作り方」に関するQ&A: 付箋紙の作り方

A 回答 (2件)

100gあれば十分です。



乳鉢・乳棒は念紙以外にも、彩色前に胡粉や水干を粉末状にする為に必要なものですので持っておいた方が良いと思います。又、比較的柔らかい水干の場合は乳鉢を使わずに、大きめの紙上に少量置いて紙の中心を折り鉛筆でその上から回しながらしごくと粉状になります。

清酒と水干が混ざった、土っぽく甘い香りはなんとも不思議な感覚です。
fuku3490さんにとって実り多き制作でありますように。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返事に感謝いたします。早速、清酒を買いました。ではまた質問があったときは宜しくお願いします。ご自愛のほどを。

お礼日時:2005/10/28 10:48

薄美濃紙を使います。


紹介したサイトのように一般的には水干絵具の朱土や黄土が使われますが、画面のベース色に効果的な色を選択するとよいと思います。ex.胡粉(イタボ牡蠣の殻で作った白粉)や松煙墨(墨の原料になる黒粉)、他の水干絵具の色
水干絵具と胡粉を使用する時は面倒でもしっかり乳鉢で細かくしないと、つぶつぶが残って画面が汚れてしまいます。本藍は特に固いので注意!

清酒はちょっと変わった材料ですが、膠や糊だと薄美濃紙に完全に定着してしまうのに対し酒ならば微弱な定着力ですのでカーボン紙の役目を果たせるのです。水と酒の割合は個人によりけりです。私が学校で初めて教わった時は酒だけで溶いていました。
刷毛で一面全体を塗ったら乾燥させます。乾いたら、破かないよう注意しながら揉み紙のようにぐしゃぐしゃに丸めて余分な絵具を除きます。広げてしっかりはたいたら完成。
カーボン紙の役目が果たせていない時は、酒が濃すぎたかあるいは薄すぎた可能性があります。手間がかかる上に天候など、微妙な原因が左右するものですのでもし一回で成功しなくてもまた塗り直せば問題ありません。
薄美濃紙は薄さの割に大変丈夫ですので長持ちします。(とはいえ念紙は消耗品です)

老舗の日本画材屋さんだと、丁寧に必要な道具や作り方を教えてくれると思います。関東なら根津・金開堂/得應軒、上野・喜屋、横浜・三吉が良いのでは。

参考URL:http://www2u.biglobe.ne.jp/~gln/88/8803/880303.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答に感謝いたします。日本画の画材を使うのは初めてなのでどきどきしています。薄美濃紙3匁 (約920×630mm)に黄土を塗ろうと思っていますが、水干絵具100gで足りますかね。乳鉢も買わないと。今から楽しみです。では、また。

お礼日時:2005/10/26 18:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本画のパネルの張り方、作り方を教えて下さい

本紙と下紙を張り合わせて、パネルに張る手順とその要点を
教えて下さい。

Aベストアンサー

日本画の場合,麻紙や、絹に描くわけですが、長期保存を考えて、裏打ちということをします。必ず、本紙と同等、または、それより、薄い紙、代表的なものとしては,細川紙を裏打ち紙として用います。日本画専門店にてショウフ糊の粉を買い、鍋に入れ、3倍程度の水をくわえて強火で焦げ付かないよう、かきまわしながら、煮てゆきます。水が蒸発して、糊が半透明になり、粘り気が出てくるまで、激しくかき混ぜるようにします。ちょうど、市販のヤマト糊のような濃度になったら、火からはずし、一気に冷たい水道水を注ぎいれます。のりが冷えたら、水を捨て、鍋にくっついている糊を、小さくちぎって、こし器にてしゃもじを使って、2回、滑らかになるよう、つぶつぶがなくなるようにこしてゆきます。面倒くさいのですが、しょうふのりですと、失敗時にはお湯で紙をぬらしてはがすことができます。
 できた糊をよく乾いた、バットやボールに移して、水をすこしずつ加えながら、のり刷毛を使って、のばしていきます。刷毛でのりをすくって,タラタラタラタターとたれてくる程度、割と、薄めにのばし、さらにこし器でこして、糊の出来上がりです。
 平らで、つるつるの台を用意し、本紙の裏を上にして、はけで水を引きながら、台にぴたっとなるように貼り付けます。そこに、糊を、刷毛で均一に塗り伸ばし、裏打ち紙の表を下にして、貼り付けていきます。誰かに手伝ってもらうと、きれいに貼れます。紙の短い方の1辺をまず貼り付けて、紙をひっぱりながら、なで刷毛を横方向になでるよう動かし、貼り付けます。大きなしわができたら、部分的にはがしてやり直し、細かいしわは、なで刷毛で上からとんとんたたいてつぶします。本紙が裏打ち紙より大きい場合には、裏打ち紙を2枚、3枚とついで、貼ってゆきますが、継いだ部分が厚くなってしまうので、くいさき、という作業をします。裏打ち紙の辺の1センチ程度の部分に折後をつけ、水でぬらして、ちぎるのです。ちぎれた部分は、薄くなりますから、2枚貼り合わせても分厚くならないというわけです。以上が一番簡単な、地獄打ち、というやり方です。しかし、本紙のほうに、すでに絵が描かれている 場合には、より難しく慎重なやり方が必要になります。
 まず、本紙を台にぴたっと貼り付けた後、本紙に直接のりをつけるのではなく、裏打ち紙のほうに、糊をつけ、糊を塗り伸ばしながら、台にぴたっとさせます。薄い裏打ち紙が糊でぬれて、破れやすくなっていますから、そっと、持ち上げて、貼る位置まで移動し、後は、地獄打ちと同じやり方で貼っていきます。裏打ち紙が破れやすくなっていますから、しわをなくすため、やり直すのも一苦労というわけです。全面に貼り終えたら完全に乾くまで、1日おきます。さらに、丈夫にしたければ、二重に裏打ちします。
 紙をじかにパネルに張りますと、時間がたつと木製パネルの黄色いヤニが本紙にしみてきてしまうことがあります。それを防ぐため、パネルの方にも紙を、べた貼り、します。裏打ちに使った糊よりは、濃い目、とろ~っというぐらいの糊をパネルに刷毛で塗り伸ばし、日本画専門店に売っている、新鳥の子という、安価な紙をびたっと貼り付けていきます。紙がぬれたことによる、浮き、やしわが絶対のこらないように注意します。完全に乾くまでおきます。もし乾いたあとで、紙が浮いている部分があったら、そこ周辺だけ水でぬらして、なで刷毛で強めにドンドンたたいて、紙の浮きをつぶしてやります。
 完全に乾いたら、本紙をパネルに、水張り(タイコ張り)します。必ず、本紙をパネルより、パネルの側面分、一回り、大きく切り、本紙の裏に、必ず全体に満遍なく、刷毛か、霧吹きにて、水を引きます。紙の端の方も、必ずぬらすよう、注意します。2~3分おいて、紙がのびたら、パネルに乗せ、紙の真ん中から端へむかって手でなでて、空気をおいだすようにぴたっとさせます。そうしたら、紙の4辺をパネルの角にあてて、おりまげます。折り曲げた紙の辺を1辺ずつ、画鋲で、パネルのふちに張っていきます。画鋲の間隔は4~5センチ程度でよいでしょう。乾いて、もし、隅のほうがつっていたら、画鋲をぬいて、その部分周辺を水で、ぬらして、張りなおすことができます。絵が、完成したら、1辺ずつ画鋲を取り、水で薄めない、しょうふ糊で、パネルの側面に完全にはりつけます。水張りは、慣れていても4隅が、つってしまうことがありますので、まず、画鋲でつけ、紙が乾いて、きちんと貼れているか、確認してから、最後に、のりではりつけたほうが無難でしょう。以上が、一般的なやりかたです。

日本画の場合,麻紙や、絹に描くわけですが、長期保存を考えて、裏打ちということをします。必ず、本紙と同等、または、それより、薄い紙、代表的なものとしては,細川紙を裏打ち紙として用います。日本画専門店にてショウフ糊の粉を買い、鍋に入れ、3倍程度の水をくわえて強火で焦げ付かないよう、かきまわしながら、煮てゆきます。水が蒸発して、糊が半透明になり、粘り気が出てくるまで、激しくかき混ぜるようにします。ちょうど、市販のヤマト糊のような濃度になったら、火からはずし、一気に冷たい水道水を注...続きを読む

Q金箔を貼った日本画に挑戦したいのですが・・・

金箔の上に絵を描きたいと思っています。

パネル一面に金箔を貼り終えましたが、
剥がれないように普通はその上から仕上げに何か塗るのでしょうか?

何卒、ご教授下さい。

Aベストアンサー

箔押しの後は、彩色する箇所は、絵の具がのりやすいように、ドーサ液を薄く塗りますが、絵の具をのせずに箔の質感を重視する箇所(磨くような箇所)は、私の場合は塗らないです。

止め膠として剥離防止に膠を塗る方もいらっしゃいます。

銀箔などの変色しやすいものでは、絵の具屋三吉さんのAGメタルコートなどを塗っておくと変色しつらくなります。

Qドーサ液の引き方について

日本画に使うドーサ液なのですが、
ドーサを引く事は、いろいろな本を読んでも書かれているのですが、
正直、それが面倒臭くて・・・
もっと簡単に、ドーサ液に和紙を浸すという方法はダメなのでしょうか。

こんな簡単な事は誰でも思いつくと思うのですが、
本などで紹介されていないという事は、
おそらく技法として確立できない理由があると思うのですが、
その訳など簡単で良いので教えて頂けますか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ドーサ液の濃度の問題でしょう。
水彩紙ではサイジング液(ゼラチン水)に浸していますから。
ゼラチンも膠も同じですし膠と明礬の濃度調節次第では行けそうに思いますけど。

ただ、滲み具合は好みがありますから浸すドーサ液の濃度をご自分で調節すれば済むと思いますよ。
まぁ、使用する紙の種類にも因りますし、この辺は経験によるのではないでしょうか?
ご自分で液の濃度、取り出す時の液の絞(切)り具合を条件を変えて何度も確かめ好みの条件を探すしかないのでは?


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング