最大35,000円進呈!IPoEはOCN光

ワトソン紙の表と裏ですが、どういった質の違いがあるのでしょうか?文字の透かしがなければ、絶対に違いを見分けることは出来ないと思うのですが…。表と裏では何か処理の仕方というか、作りの違いみたいなものがあるのでしょうか?詳しい方、回答よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

漉いたままの紙は目が埋まっていないため絵の具が目の中に入ってしまい発色が悪かったり、染み込んで滲んでしまいます。



それを調節するために、市販の水彩紙では、滲み止め(サイジング)が行なわれている物が殆どです。

その方法は、ゼラチン液などに紙を浸す方法と、表面にローラーなどで塗布する方法があると思いますが、後者では片面から行なう場合があるという事です。
したがって、後者の物では、表裏で絵の具の発色や弾きが違う物があるという事です。
残念ながらこれをどのような方法で行なっているかの表示は無いものが殆どだと思います。(メーカー資料等に書かれているものは見かけますが)
これは、ご自分で薄めの絵の具をスポイトで垂らすなどして、確認してみて下さい。

http://zokeifile.musabi.ac.jp/document.php?searc …

http://watercolor.hix05.com/paper/ingrediant.html



なお、市販の滲み止め液がありますので、自分で滲み止めの強さを調節する事も可能です。

サイジングリキッド
http://www.kawachigazai.co.jp/item/B050_04.htm

ドーサ液
http://www.yumegazai.com/default.asp?mode=produc …
http://ed-www.ed.okayama-u.ac.jp/~bijutu/tom_nih …

なお、国内で入手しやすい紙の特性一覧がありましたので紹介しておきます。
http://www.eokaku.com/aid/b01/

参考URL:http://www.eokaku.com/aid/b01/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、よ~くわかりました。大変詳しい説明、本当にありがとうございました。ほかにもいろいろな情報をくださり、大変参考になりました。

ワトソン紙については、表裏で滲みの度合いがそれほど変わりないということなんですね。

お礼日時:2009/04/09 13:33

断裁面を見ると、刃が入る表はエッジが鈍く、裏はエッジが立っています。


また紙の目も表面の方がやや粗いです。
ワトソン紙の滲み止めは、私が試した限りでは、表裏の差はあまり感じられないように思いました。(滲み止めは、絵の具が染み込みすぎて滲みすぎないようにしたり、発色を良くする働きがあります。)

紙の種類に因っては、滲み止めを片面から行なっている場合もあるかと思いますが、そのような紙は要注意ですね。

実際の所、わざと裏を使う人も居ますし、そのへんは好みではないかと思います。

この回答への補足

watercolorsさん、すみません。
滲み止めを片面から行なっている場合とは、どのようなことなのでしょうか?

補足日時:2009/04/09 08:40
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水彩画用紙の表面の見分け方

水彩画用紙の表面は刻印を透かして
文字が表になっている方が表なのでしょうか?
購入した紙は
アルシュ
ワトソン
Bresdin等です。
どちらに描けばよいのか分かりません。
色々と検索をかけても、それらしきことが
書かれていないということは、
裏と表はどっちでも良いのでしょうか?

Aベストアンサー

 もちろん透かしが入っていて、その文字が正しく読めるなら、そちらが表です。透かしのない紙の場合は、ほとんどの場合、布目などのような凸凹ザラザラしたテクスチャーがある方が表としていいと思います。

 もちろんスケッチブックになったものは表紙側が表です。

 ただ、水彩画に限らず、どんな紙でもどんな画材でも、描くものによって紙の裏表を好みの方で選ぶということも多いものです。小さな花を原寸ぐらいでイラストとして描くなどというときには、かえって裏側のツルリとしたほうで描くこともあります。

Qホルベイン透明水彩24色をパレットに詰めるときの順番

こんばんは、宜しくお願いいたします。
友達が、専門学校に行っていたころ、ホルベインの透明水彩の24色をパレットに詰める際の詰め方を習った、と言うのです。「はや幾星霜、きれいさっぱり忘れた」というのですが、どうも、色相環に添ってなのか、順番に詰めたら使いやすかった、と言う話を聞いて、初心者の私は、そういう順番に詰めてみようかと思って知りたいと思います。水彩の基礎みたいな本にもそういうことが書いてありますが、実際の順番は書いてないのです。残念。

 ご専門の方で、お知恵を貸してくださる方がありましたら、お待ちしています。当方、まだ、羽も生えそろわない初心者で、くちばしは、黄色です。宜しくお願いいたします。 m(_ _)m

Aベストアンサー

お友達の習った方法とは違うかもしれませんが、私が受験の時習ったのはコレ。

まずイエローオーカー。
バーントシェンナ。バーントアンバー。
後は虹の色に沿って赤橙黄緑青藍紫で並べます。
カーマイン、カドミウムレッドライト(またはパーマネントレッド)、バーミリオン、パーマネント(またはカドミウム)イエローオレンジ、パーマネント(またはカドミウム)イエローライト、カドミウムグリーンライト、カドミウムグリーンディープ(基本セットならパーマネントグリーンナンバー1~3が入ってるのかな?どっちにしても黄緑、緑の順ね)フーカスグリーン、ビリジャン、コバルトブルー、プルシャンブルー、ミネラルバイオレットって感じです。
基本24色セットのセット内容が既に分からないので(私のセットは買い足したり気に入らない色外したりしてるから・・・汗)ちゃんと24色の回答が出来なくてごめんなさい。

これは三原色(赤黄青)を並べ、隣同士を混色して橙、緑、紫を間に配置するという考え方です。
茶色系は三色すべてを混ぜて作るので、虹のグラデーションから独立させて並べます。
ちなみに白・黒は並べません。

透明水彩の場合、白または黒を混色すると濁ってしまうので使うなと言われていました。
黒は補色混合で作ります。具体的にはバーミリオンとプルシャンブルーの混色です。
これでは表現しきれないほど暗い所にだけ、黒を補色混合の黒に重ねぬりします。
白い部分は塗り残します。
かすみが掛かったような表現に白を重ね塗りで使う事はありますが、基本的に混色はNG。
色を明るくしたい時は水で薄めるのみです。

絵の具のチューブを良く見てください。
小さな字でC.I.NAと書かれていますね。
その横にPG36とかPY37とか書かれています。
これは絵の具の顔料を記号で示したものです。
PGだとPIGMENT GREENの略。PYならPIGMENT YELLOWです。
PWはPIGMENT WHITE、PBkはPIGMENT BLACKの略。
白・黒以外の色でもPWやPBkの表示があるものは混色に使うと濁って不透明になります。
インディゴやコンポーズブルーなどがソレです。

パーマネント系の安い色と、カドミウムやコバルトを使った高い色がありますが、高い色は発色が強い(光の反射量が多い)のでキレイに仕上がります。
特に色を薄めることでしか明るく出来ないので、発色の強い絵の具を使うのがお薦めですが、初心者のウチはパーマネント系や、チントで充分です。
でもバーミリオンだけはチントではなく本物を使ったほうが良いです、黒の合成に多用するからです。
といっても一応の描き方が身に付いてからの方が良いかな?せめて10枚くらいこなしてから。
他のは、一年ぐらいは安いので行けます。

くちばし・・・・黄色ですか。
思わず餌を突っこみたくなります(笑)

お友達の習った方法とは違うかもしれませんが、私が受験の時習ったのはコレ。

まずイエローオーカー。
バーントシェンナ。バーントアンバー。
後は虹の色に沿って赤橙黄緑青藍紫で並べます。
カーマイン、カドミウムレッドライト(またはパーマネントレッド)、バーミリオン、パーマネント(またはカドミウム)イエローオレンジ、パーマネント(またはカドミウム)イエローライト、カドミウムグリーンライト、カドミウムグリーンディープ(基本セットならパーマネントグリーンナンバー1~3が入ってるのか...続きを読む

Q水彩画の変色、退色について。

水彩絵の具で描いた作品は
変色、退色が起こりやすいみたいですが
フェキサチーフなどを使えば
長期保存は可能でしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

水彩画の変色や退色は、大きくわけて、紙が原因の場合と絵の具が原因の場合があります。

紙は、学童用の画用紙などでは、漂白剤等を使っていますので、これが、紙を劣化させ、茶色に変色させます。
(最悪 ボロボロになります)
長期保存を考えるのなら、「中性紙」である、水彩画の専用紙を用いましょう。

絵の具は、使用されている顔料に因って、紫外線やオゾンの影響で退色しやすいものがあります。
アーティスト用と言われている物には、この退色性を表記されているのが普通ですから、耐光性の良い物を選んで使いましょう。
アーティスト用の絵の具で耐光性の劣る色は、
アリザリン・クリムソン、ローズ・マダー、などのアリザリン系の顔料とオペラ・ローズなどの蛍光色などです。
(ガンボージも耐光性が劣りますが、真性のものの入手は難しいでしょう)
蛍光色はともかく、アリザリン・クリムソンに関しては、キナクリドン系の顔料を使った代替色を使用すれば良いでしょう。
ちなみに、ターレンスのレンブラント水彩絵の具の資料に因ると、耐光性のよいものは、美術館の照明下で150年、やや低い物でも75年、アリザリン系でも25年の耐光性があるとしています。

また、顔料ではなく染料を用いたカラーインクなどは耐光性が劣りますので、使用しない方が無難です。
学童用の絵の具やデザイン原稿用のポスターカラーなどは、長期保存を考慮していないので、色の因っては、同様の物があると考えた方が良いでしょう。

水彩画の保存は、直射日光は避けるべきです。(これは、水彩画に限った事ではありませんが)紫外線から絵を守るUVカットのカバーグラスを使用して額装すると軽減されます。

また、顔料に因っては、カドミウム・レッド、カドミウム・イエローなどのカドミウム系のものは、耐湿性が劣ります。
高湿度の場所での保管は避けましょう。


フィクサチーフに関しては、効果は期待出来ませんし、絵の質感が変わってしまうので避けた方が良いでしょう。

ホルベインから、コート剤として、次の物があります。
しかし、他の有名メーカで、そのような物を出しているのを見た事はありません。
効果の程がどの程度の物なのか判りませんが、興味があるなら試してみても良いでしょう。

水彩画 保護ワニス <防カビスプレー>
UVグロス バーニッシュ <つやあり耐光ワニス><つや消し耐光ワニス>
http://www.holbein-works.co.jp/0427.html

水彩画の変色や退色は、大きくわけて、紙が原因の場合と絵の具が原因の場合があります。

紙は、学童用の画用紙などでは、漂白剤等を使っていますので、これが、紙を劣化させ、茶色に変色させます。
(最悪 ボロボロになります)
長期保存を考えるのなら、「中性紙」である、水彩画の専用紙を用いましょう。

絵の具は、使用されている顔料に因って、紫外線やオゾンの影響で退色しやすいものがあります。
アーティスト用と言われている物には、この退色性を表記されているのが普通ですから、耐光性の良い物...続きを読む

Q顔彩と透明水彩の違い

透明水彩を日頃使っていて、顔彩を使いはじめようと思ったのですが、あれ?この顔彩と透明水彩の違いは何だろうと思いました。
顔彩は日本画の画材ってことはなんとなく分かっているのですが、この二つって一体何がどう違うのでしょうか?特徴など教えていただけたら助かります。

Aベストアンサー

形は、透明水彩の固形と似ていて、使い心地も大差ないです。
耐水性も透明水彩と似たり寄ったりです。
ただ、色に寄りますが、透明水彩のセルリアンブルー、やエメラルドグリーンのように、全体に不透明な感じのするものが多いです。
色味も落ち着いた感じの色が多いですね。

表装するには、水干絵の具や岩絵の具を使ったものよりも水に弱く耐久性も劣るので向かないようです。
岩彩は手軽ですが、日本画として描くなら、絵の具を溶くのは手間ですが水干絵の具を使った方が良さそうです。

Qアクリル絵の具。ポスターカラー。水彩絵の具の違いを教えてください。

アクリル絵の具。
ポスターカラー。
水彩絵。の具の違いを教えてください。
特性と、素材、使用した作品にどのような違いが出るのか教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは

まず、成分(?)で分けると。
(アクリル)(ポスカラ、水彩絵の具)

アクリル系は合成樹脂と顔料でできている。
(合成樹脂とは、乾くと水に溶けないと言う意味にとってください。)
乾くと言うより固まると言う感じ。
ビニールみたいになる。通常では、光沢(ツヤ)がある。
特に言うと、乾きが早いなどの理由から、直情的な表現に向いていると思います。

水彩系(と勝手に言ってしまいます)は、アラビアゴムなどの(自然系?)の樹脂と顔料と言う構成。(アラビアゴム→水溶性)
もうでてますが、透明水彩と、不透明がある。
ここでは、不透明→ポスカラとしときます。
透明水彩は、
その名のとうり色が透けます、色を徐々に重ねて絵に深みを出してゆくそうです。
白は使わないのが基本だそうです。
前後関係が表現できるようになると、雰囲気のあるいい絵ができます。
風景画に向いてるとおもいます。
不透明水彩は、樹脂と顔料の他に白(亜鉛白だったかな?)をベースとして加えてあります。こうすると色が透けず、発色がよくなって(むつかしい言い方をすると、光を跳ね返す)
色面のインパクトが強くなる。
加筆して(仕事を重ねて)仕上げていくやり方に向いていると思います。
量感を意識したモチーフが向いているでしょう。

全般的に、水彩はつや消しになるので、アクリルに比べると目につきにくい。
ですが、絵の評価は、作家の技量による所が多いと思うので、一概には言えませんが。
アクリルでも、淡い表現になってしまう人もいますし…。

興味がおありでしたら、美術技法の本を参照されると成分から、モノによっては、歴史まで書かれてあるものがあります。結構奥が(歴史が)深く作品分析にも欠かせないような知識も中にはあるとおもいます。

例えば…
アクリル→シケイロス(壁画)
ポロック、ケネス・ノーランド、マザーウェル、
んーと、ホックニー。

水彩絵の具→
ブレイク、ターナー、トマス・ガーティン(?)
クレー、
ホッパー、ワイエス、ベン・シャーン。

などなど
御存じの作家を思い浮かべるのも、一つの手かなと思いました。

こんにちは

まず、成分(?)で分けると。
(アクリル)(ポスカラ、水彩絵の具)

アクリル系は合成樹脂と顔料でできている。
(合成樹脂とは、乾くと水に溶けないと言う意味にとってください。)
乾くと言うより固まると言う感じ。
ビニールみたいになる。通常では、光沢(ツヤ)がある。
特に言うと、乾きが早いなどの理由から、直情的な表現に向いていると思います。

水彩系(と勝手に言ってしまいます)は、アラビアゴムなどの(自然系?)の樹脂と顔料と言う構成。(アラビアゴム→水溶性)
も...続きを読む

Q水張り 剥がして仕上げても効果ある?

水張りをすれば紙が曲がらないと書いてあったので、水張りをしました。
でもベニヤ板上で絵を描く、というのがとてもやりにくかったので剥がしてしまいました。

水張りは剥がしたら意味がないと聞いたのですが、何もしない紙より、にじみがやりやすかった気がするのですが、これは気のせいでしょうか?
紙もそれほど曲がらなかったです。

水張りをして剥がして仕上げても少しは効果があるのでしょうか?

Aベストアンサー

水彩紙は、絵の具のにじみを押さえ発色を良くするためにサイジング(にじみ止め)が施されています。

水張りをするときに、紙の表面を刷毛で何度もこすったり、紙を水に長時間 浸したりしてしまうと、紙によっては、このサイジングが取れてしまい、にじみやすくなってしまいます。

通常は、紙の裏面を刷毛で湿らし、充分に紙が伸びてからパネルや板に貼り込みます。

(もっとも、適度に滲んだ方がよいということで、積極的に処理を落としてしまう方もいらっしゃいます。)

水張りの目的は、画面が歪んだりしないためですから、それでもかまわないのでしたら水張りをしなくてもかまいません。

歪みを気になさるのでしたら、完全に画面が乾燥するまで、パネルから剥がさない方がいいですね。


また、使用するパネルや板は、白色のラッカーなどを塗って耐水性を持たせておくと、板も反りにくく、色が見やすく、汚れやテープの糊も落としやすいです。

ベニヤ板でしたら、建材用の凹凸の多いラワンベニヤなどではなく、表面が平滑なシナベニヤの使用をお勧めします。

Q紙の表と裏 アルシュ 他

アルシュ紙のうっすら文字が浮き出てる面は表裏どっちでしょうか?

あと、紙の裏と表の見分け方を教えて下さい。

よく使うのは
ホワイトワトソン紙
モンヴァルキャンソン紙
キャンソン・ミタント紙
マーメイド紙
です。

いつも独断で判断して使ってますが間違ってないか確認してみたくて質問しました。
解る方教えていただけると幸いですm(__)m

Aベストアンサー

裏表のわかりにくい紙もありますが、
すかし文字が入っているものは文字がまともに読めるほうが表です。
ないものは普通手で触ってよりざらざらのほうが表です。

紙を買うときに画材屋さんで聞いてみるのが一番です。

表と裏ではインクや絵の具ののりもかなり違います。

Q水彩画のマスキング仕方について

はじめまして、最近水彩画を描いていて、何度やってもうまくいかない事があるのです。
それは白抜きなんですが…マスキングはマスキング液かマスキングテープを使用するのが主流だと、学校の先生にも言われました。
私が下手すぎるのかもともとこういう味に仕上がるのかは不明なのですが、きれいに白抜きをするコツなどございましたら教えていただけますでしょうか?
因みに蝋燭も使用してみました。蝋燭を使用する場合は塗装後に蝋燭をはがすことは可能ですか?


よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

No.4で回答したものです。

知らない人も多いですが、マスキング液は薄めて使えます。
石鹸水を使うやり方もありますが、絵の具と一緒で水だけで十分薄めて使い物になります。
水の量は、正直経験測ですが、マスキング液多目で。

薄めた時、最も注意しないといけないのは、紙から剥がせなくなる事です。
これは、マスキング液を薄めすぎるとなる症状で、完全に紙に浸透してしまうことで起こります。
なので、予め、別の紙に剥がせるかチェックしてから本紙に塗る事をお勧めします。

これは、経験からなので違うかもしれませんが。
マスキング液を使う場合、大なり小なり紙は破れてる気がします。
目に見えてビリビリと行く場合はもちろんですが、綺麗に剥がせた時でも表面は薄く破れていると思います。
唯単純に白抜きしたいだけなら問題ない所ですが、上に色を塗る場合、表面をコーティングしていたドーサが剥がれて、綺麗に塗れなくなってしまいます。
なので、他の回答者さんが仰っていた様に、私も極力マスキング液は避けるようにしています。


人気Q&Aランキング