論文を書いていて「行く」と「向う」の言葉の壁にぶつかりました。

「妻が愛人のもとへ行く」
という表現をしているのですが、
「行く」だとあまり強みを感じないので
「妻が愛人のもとへ向う」
という表現をしてみました。

ふたつの言葉の意味は異なり、
「向う」の方が目的意識が強いことが判明しました。
しかしシチュエーションによっては「妻が愛人のもとへ行く」
の方がしっくりきたりもします。

「妻が愛人のもとへ行く」
「妻が愛人のもとへ向う」

の両方の文が何箇所も登場します。
統一すべきでしょうか??

妻の位置は、夫がいて愛人のもとへ行こう(向おう)とします
行く(向う)途中でとまどいます。
けれど結局行きます(向います)。

最終的に到着はしていないんです。
向っている状態で終るので、「行く」は不適切なのでしょうか?
少し言葉で混乱しています。
アドバイス、お願いします。

A 回答 (2件)

全くの素人ですが(もっともどんな論文なのかも不明ですが)・・・



私が「行く」,「向かう」から受けるニュアンスの差は mayuclubさんが気にしているとおり、「行く」には現在形でも到着した感じを受ける点です。
あくまで私が感じるニュアンスの違いです。

到達したかどうかが問題であって、統一しなければならないのでしたら「向かう」
を使ってみたらいかがでしょうかでしょうか?

私はまともな論文なんて書いたことがないのですが・・・
科学系の論文なら用語は統一すべきですが・・・・

質問と関係ありませんがATOK13では「向かう」と「か」が送りがなに入るのですが、この場合は「読み間違い」が無いので省略されたのでしょうか? 手元に辞書がないので確認できないのですが・・・余計なお節介で済みません。

この回答への補足

アドバイス、ありがとうございます。

>質問と関係ありませんがATOK13では「向かう」と「か」が送りがなに入るのですが、この場合は「読み間違い」が無いので省略されたのでしょうか? 

今、チェックをしていたらちょうどこれに違和感を感じました。
PCでは「向う」「向かう」と両方出てきます。
辞書では「向かう」でしたが、例に「向う」もありました。
どちらなんでしょうね??

「向う」の方がよさそうな気がしますが、論文ではどうなのでしょう?
予想では自動詞と他動詞の違いかな??と思っています。
(おそらく他動詞は「向かう」)
けれど「向き合う」とかは、読みが「む」なんですよ。
一応「向う」で書いてみようと思います。

補足日時:2001/11/28 22:54
    • good
    • 0

「向かう」という言葉で統一してみてはどうでしょうか?はたから聞いていて「向かう」のほうが適切に感じます。

専門家でもなんでもないのですが、一国民としての意見です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。

向うの方がやっぱりいいですね。
「好きな人のもとへ行く」という表現を使うのですが
これの場合は「向う」より「行く」の方がいいなぁと思ったり、複雑です。

とりあえず統一して、文脈的におかしいところは「行く」で書いてみます!

お礼日時:2001/11/28 23:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q敬語を教えてください。

未だに、話し言葉が抜け切れず、自己嫌悪ばかりですが、
例えば、『もしかして~かも知れません。』
を敬語で言うとどのようになるのでしょうか。
私は、どうも『もしかして』『かも』という言葉が話し言葉のような気がします。
また、自分のことを『自身』『私自身』というのは敬語でしょうか。

また、敬語辞典(尊敬語、謙譲語)が同時についていて
すぐに調べられるような書籍もしくはサイトはあるでしょうか。

Aベストアンサー

「話し言葉が抜け切れず」とありますが、この「話し言葉」とは、「書き言葉」に対する「話し言葉」ではなく、「友達と話すような言葉(いわゆるタメ口)」のことでしょうか。ご質問の様子からすると「敬語を上手に使って話したい」ということであるように思いましたので、それを前提に書きたいと思います。違っていたらごめんなさい。

ご質問にある「もしかして」「かも」は、どちらも敬語表現のある言葉ではありません。敬語はほとんどの場合、動詞と名詞を尊敬表現や謙譲表現に変えます。

「もしかして」は「もしかしたら、もしかすると」の方が改まった感じはしますが、
道で恩師とばったり会い、「もしかして、鈴木先生ではありませんか(ございませんか)?」
などと言ってもおかしいということはありません。

質問者さんが「もしかして」を使ってはいけないのでは、と思ったのは、最近、若い人の間で
「もしかして、今ヒマ?」
など、質問するときに「もしかして」を多く使う傾向があるからではないでしょうか。
「もしかして」は、「(そんなふうには思っていなかったけれど)ひょっとして」というような意味です。これは、私の推測ですが、「もしかして、今ヒマ?」というのは、「あなたのことをいつもヒマでしょうがないなんて、失礼な見方をしているわけじゃないよ。今は、たまたまヒマそうだから聞くんだよ」というような一種の「気づかい」の意味で「もしかして」と付け加えているのではないかと思うのです。それがだんだん、「もしかして」とつけ加えること自体が「気づかい」を表すようになっていっている気がします。「失礼ですが」という意味に近いですね。これは、一種の若者言葉だと思います。たとえば
「佐藤さん、もしかして結婚しているんですか」
などといった場合、言った人は「こんなことをお聞きするのは失礼ですが、佐藤さんは結婚しているのですか?」という意味を込めているのかもしれません。しかし、一般的には
「とても結婚しているとは思えないけど、ひょっとして結婚しているんですか」
という意味に受け取られると思います。敬語表現を正しく使って
「佐藤さん、もしかするとご結婚なさっているんですか」
と聞いても、失礼なことに変わりありません。

「かも知れません」は、
「もしかすると、明日は雨が降るかも知れません」などと使えます。
「台風で欠航になるかも知れません」「私の説明が悪かったのかも知れません」など、誰のせいでもないことや自分に関する悪い推測に使うのは違和感がありませんが、「先生のやり方が間違っていたのかもしれません」など、相手の行動に関して使うと、暗に相手を責めているように聞こえる場合があるので注意が必要です。これは、文法上の敬語の問題ではなく、相手を思いやる、傷つけないように気をつけるという気持ちの問題です。
敬語は、相手に尊敬の気持ちを持っている、あるいは相手を尊重している、敵意を持っていない、という気持ちを伝えるために使います。尊敬語、謙譲語を完璧に使いこなしていればそれで良いというものではありません。「プライベートな問題をいきなり尋ねない」「公の場で相手の非を責めない」というような「気づかい」も敬語の一部といえます。
「先方がまだいらっしゃらないのは、もしかすると、部長が書いてくださった地図が間違っていたのかもしれません」
敬語を使っても、部長は気を悪くしてしまうのではないでしょうか。

「自身」「私自身」は、敬語表現とは関係なく使います。相手に対して「ご自身のことを第一にお考えになってください」などと使うことはありますが、これは「ご」が「自身」に尊敬の意味を加えているのです。

敬語に関するサイトには、以下のようなものがあります。

参考URL:http://www3.kcn.ne.jp/~jarry/keig/keimn.html

「話し言葉が抜け切れず」とありますが、この「話し言葉」とは、「書き言葉」に対する「話し言葉」ではなく、「友達と話すような言葉(いわゆるタメ口)」のことでしょうか。ご質問の様子からすると「敬語を上手に使って話したい」ということであるように思いましたので、それを前提に書きたいと思います。違っていたらごめんなさい。

ご質問にある「もしかして」「かも」は、どちらも敬語表現のある言葉ではありません。敬語はほとんどの場合、動詞と名詞を尊敬表現や謙譲表現に変えます。

「もしかして」...続きを読む


人気Q&Aランキング