ネットが遅くてイライラしてない!?

ナポレオンがスペインについて述べた
「ピレーネ山脈を越えたらヨーロッパではない」
という名文句ですが。
何故ヨーロッパではないのでしょうか?
ラテン系だから??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 


  martinbuho 氏が述べておられますが、16世紀には、スペインはフェリーペ二世の治下のもと、西欧最強の国家であり、世界貿易のイニシャティヴを握っていました。フェリーペの父は、神聖ローマ帝国皇帝兼スペイン王のカルロス一世(カール五世)で、ハプスブルク家の権力を一身に握っていたとも言えます。また、王弟ドン・フアン・デ・アウストリアは、レパント海戦で、オットーマン・トルコを打破し、西欧は遂に宿敵イスラムの優位に立ちました。しかし、そのスペイン帝国も、イングランドのエリザベスの擡頭で、世界貿易における覇権を奪われて行き、フェリーペは、アマルダ(無敵艦隊)を送り、イングランド制圧を意図しますが、アマルダは、壊滅的敗北を迎え、フェリーペの存命中にスペイン帝国の榮光は、翳って行きます。
  
  他方、当時、フランスはどういう状態にあったかというと、新教と旧教の内乱状態が続き、虐殺事件や暗殺事件が勃発し、ルワールに古風な文化を築いたヴァロワ朝は衰退し、ブルボン家のアンリが王位に就きます。16世紀当時には、まだ文化の新しい発信の地は、イタリアにあり、フランスはイタリアの薫陶を受け、文化国家への道を進み始めます。ルイ13世、ルイ14世の時代になると、イギリスでは、ピューリタン革命が起こり、立憲君主制への道を進み始めますが、フランスでは、宮廷を中心に華麗なフランス文化が芽生え、貴族のサロンを中心にフランスの「文人文化」とも呼べるものが成立します。この時代を批判して、フランスは、家のなかは煌々とした明かりに燿いているが、家の外に出ると真っ暗闇だという批判があります。しかし、このような状態がまた次の時代のフランスの文化を生むのです。
 
  ルイ15世そしてルイ16世の時代になると、優雅で洗練された宮廷文化が生まれると同時に、ユマニストや啓蒙主義者の活動が顕著になり、フランスは、西欧最先端の文化国家であることを自認し始めます。啓蒙主義は、プロイセンやロシアの啓蒙君主が自負し、またドイツでは、カントなどが啓蒙主義を唱えましたが、ロシアなどの後進国は、フランス文化を典とし、フランス語の教養が、宮廷文化で必須とも考えられるようになっていました。
  
  しかし、フランスにとって、啓蒙君主とは、遅れた国の独裁者が自称している野蛮人の独りよがり、ドイツの啓蒙主義や哲学は、カントの次の世代では、ヘーゲルなどが、自己の歴史哲学は、西欧最高のものであり、西欧は世界最高の文明であるので、わたしヘーゲルの哲学こそ、世界最先端の思想だなどという自負を表明しますが、フランスにとって、ドイツの思想家などは、じゃがいもを喰っている田舎者の模倣で、イギリスは海賊の国で、イタリアは、かつては高い文化国であるが、いまや、国内動乱のなかで、時代遅れとなった、過去の栄光の国であり、そしてスペインは、カトリックの国として、中世的アナクロニズムに未だに浸っており、またピレネー以北の国々とは何か異質な風習を持つ、奇妙な後進国と映じたのです。
 
  ナポレオンは、世界に冠たる進歩思想と文化国家フランスの伝統を継承する支配者として登場し、彼自身、決して単なる軍人ではなく、文化的素養を持ち、フランス文化に対する高い誇りと自覚を持った、政治家・軍人・文化人でもあったのです。エジプト遠征において、ナポレオンは、軍隊を派遣すると同時に、学者の一団も引き連れ、「エジプト学士院」を設立し、古代の大文化国エジプトを研究しようとします。みずからも、学士院の一員として名を連ねます(数学・測量担当)。ナポレオンはフランス文化に誇りを持つ文化人でもあった訳で、それは彼が純粋のフランス人ではなく、コルシカ出身であったことも理由かも知れませんが、彼という文化的人物なしでは、ナポレオン法典のような近代的事業も成立しなかったでしょう。
  
  ナポレオンは、西欧の文化的向上を一面で望んだとも言え、それは彼にとって、フランス文化の啓蒙とその文化の光の普及を意味し、西欧のフランス化が、文化への向上の道であると考えたのでしょう。このような考えはフランス知識人に共通のものであり、西欧の文化は、フランスにその輝きの源があるということです。肥沃な農業国となっていたフランスにとって、スペインの風土は、異質なものと感じられたということもありますが、当時のスペインの文化・習慣は、他の西欧の地域と比較しても、異様というか、エキゾティックで、理解し難い処があり、ドイツやイギリス、イタリアなどと比べても、西欧文化の域内の国の風習とは何か考えられないものがあったというのもあるでしょう。フランスはナポレオンの前の時代にスペイン継承戦争で、スペインをフランス文化に同化させようとしましたが、うまく行かなかったという経験もあるでしょう。
  
  ナポレオンが、スペイン征服の軍を進めるに当たって、ピレネーを超えればヨーロッパではないと言ったのは、このような歴史的・風習的・文化的経緯があったのだと言えます。ナポレオンの侵攻をスペインの画家、ゴヤが描いていますが、ゴヤはまた、スペインの民衆の文化や風習の絵も残していますが、これらの絵を見てみると、何か、他の西欧領域の文化風習と異質な異様な感じが確かにあります。それはイスラム文化の影響のもとで形成されたので、独特なのか、ピレネーを隔てて、独自な文化が形成されたのか分かりませんが、ナポレオン征服事業の時点でのスペインが、西欧の辺境、あるいは、別世界との境界領域の文化のような感じであったのは事実だと思います。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
詳しく説明をいただいて本当に助かりました。
文化的・軍事的にも
ナポレオンという一人の人物の背景を通して
見てみると色んな味方ができて興味深いです。

お礼日時:2001/12/03 16:08

うがった考えで


「ヨーロッパじゃないから、征服できなかったとしても恥じることはない」と言い訳をする、というのは・・?

伊能地図に北海道が描かれていないのに「日本地図」というのは、「エゾは日本じゃない」から。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!
なるほど・・。
そういう考えもあるんですね。
また一つ勉強しました☆

お礼日時:2001/12/03 16:03

スペインはヨーロッパの南西端に広がるヨーロッパの国です。

(EU加盟国)イギリスが17世紀になって軍事的に優勢になるまでスペインはヨーロッパの中心的存在でした。ナポレオンは1808年にスペインを侵略しましたが1813年に撃退されています。この間にスペインの植民地だった中南米諸国が独立戦争を始めています。

ナポレオンのこの有名なセリフは軍人としての単純な印象を述べたのではないでしょうか。ピレネー山脈(フランスとスペインの間に長さ400キロ余り、高さ3,000メートルで天然の要害となっている)を超えるとスペイン中央部はメセータ(台地)と呼ばれる乾いた荒地が広がるのでナポレオンはピレネーの北側の自国や他の欧州諸国と比較して、ここはヨーロッパではないとの印象を持ったに違いありません。ヨーロッパ中央部はスペインに比較すれば肥沃な農園の広がる理想郷でしょう。スペイン文化はイスラムの影響を強く受けていますが、イスラム支配はナポレン侵略の300年前に終了し、南部のアンダルシア地方にその影響が強く残っています。ナポレオンが文化的な比較をしてスペインはヨーロッパではないと云ったのではないと考えます。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!!
世界史に疎い私ですが
分かりやすく勉強になりました^^。
ヨーロッパは陸続きといっても
それぞれ侵略戦争などの果てに
個々独特の文化が出来上がってるですね。

お礼日時:2001/12/03 16:06

単純に答えます。


スペインの地は、昔、イスラム勢力に支配されていたからです。
キリスト教徒による「国土回復運動」によってヨーロッパに復帰しましたが、コルドバもグラナダもイスラム系の文化があふれています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
すごく明快な答えで分かりやすく勉強になりました^^。

お礼日時:2001/12/03 16:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qかつてのロシア貴族は、何故フランス語を公用語としていたのか

 先日、図書館から借りてきた小悦の中に、

『さすがはロシア貴族だけあって、貴族の中で公用語となっているフランス語の発音は完璧だった』

 という記述を見つけました。

 ロシア貴族がフランス語を半ば公用語としていたのは前から知っていましたから、普通に読み飛ばしかけたのですが、ふと何故フランス語名のだろう、という疑問が湧いてきました。
 自分の稚拙な知識の中では、ロシアとフランスの関係など、ナポレオンが攻め入ったぐらいしかなく、その理由がまったくわかりません。
 きちんと自国の言葉もあり、負けてその国の属国となったわけでもないのに、攻め入ってきた国の言葉など使いたがるものなのでしょうか(もっとも、その前からなのかもしれませんが)。

 一応調べてみましたが、そのことについて書いてある本でも、ただフランス語を使用していたという事実のみの記述で、どういった経緯で、いつ頃から、ということについて書いた資料はありませんでした。

 そこで質問です。なぜ、ロシア貴族はいつ頃から、いかなる理由でフランス語を使うようになったのか?
 素朴な疑問なので急いではいませんが、詳しい人がいたら教えてください。
 

 先日、図書館から借りてきた小悦の中に、

『さすがはロシア貴族だけあって、貴族の中で公用語となっているフランス語の発音は完璧だった』

 という記述を見つけました。

 ロシア貴族がフランス語を半ば公用語としていたのは前から知っていましたから、普通に読み飛ばしかけたのですが、ふと何故フランス語名のだろう、という疑問が湧いてきました。
 自分の稚拙な知識の中では、ロシアとフランスの関係など、ナポレオンが攻め入ったぐらいしかなく、その理由がまったくわかりません。
 きちんと...続きを読む

Aベストアンサー

帝政ロシアでフランス語が宮廷語とされたのは、ピュートル大帝(1689即位)の西欧化政策以来のことです。
当時のロシアは「文明から外れた野蛮な国」であり、たかだか「新興国」に過ぎません。それに対しフランスは「ヨーロッパ文明の中心」であり、「ヨーロッパ最強国」だったのです。
いわば、日本の文明開化に相当する行為として、「ヨーロッパ」の文物を取り入れていたのです。

ところで、18世紀はちょうどターニングポイントです。
18世紀までのフランスは先述のようにヨーロッパ最強国であり、ヨーロッパ外交の公用語はフランス語でしたし、ロシアに限らずヨーロッパ各国の貴族にとってフランス語はひとつの教養でした。それがこの世紀の、第二次英仏百年戦争の敗北、フランス革命による疲弊と、19世紀にはイギリスにその地位を奪われていくのです。
一方のロシアは、18世紀初頭の北方戦争で当時の大国スウェーデンに勝利し、ようやく北方の覇者として名乗りをあげたばかりです。そして18世紀のヨーロッパの勢力均衡をめぐる戦争に介入することにより、この世紀にようやく列強としての地位を固めるのです。

なお、19世紀初頭のナポレオン戦争もこの関連で重要です。
というのも「国民国家」「国語」といったナショナリズムを定着させたのがナポレオン戦争だからです。それまでの伝統的なヨーロッパ貴族にとっては「フランス」とか「ロシア」という国家より「ハプスブルク」とか「ホーエンツォレルン」とかの一族のほうが重要だったのです。したがって、他国の言語を受け入れることにはそれほど抵抗はなかったのです。
トルストイの「戦争と平和」でも、ナポレオン戦争の中、実際よくフランス語で話しているロシア貴族たちが、国家というものを意識するようになるさまが描かれています。

帝政ロシアでフランス語が宮廷語とされたのは、ピュートル大帝(1689即位)の西欧化政策以来のことです。
当時のロシアは「文明から外れた野蛮な国」であり、たかだか「新興国」に過ぎません。それに対しフランスは「ヨーロッパ文明の中心」であり、「ヨーロッパ最強国」だったのです。
いわば、日本の文明開化に相当する行為として、「ヨーロッパ」の文物を取り入れていたのです。

ところで、18世紀はちょうどターニングポイントです。
18世紀までのフランスは先述のようにヨーロッパ最強国であり、ヨーロッ...続きを読む

Q卒業検定に落ちた人!

卒業検定に落ちた人!
(ペーパー試験じゃなくて、実技の方)

どの理由で落ちたか教えてください。
あと10日程で、卒業検定です。
参考にさせてください。

Aベストアンサー

一般的なことは,皆様が書かれている通りです
自分は一発合格でしたが
私の卒業した学校であった,変わったエピソードがあります
参考まで

交差点手前でで一台のトラックが止まっていたのですが
検定車5台の内,先頭の運転手が信号待ちと判断
トラックの後ろに停止,残り4台も同様に停止しました
ところが,トラックは信号待ちではなく
交差点近くの電話ボックスで電話する為に停車していただけだった
検定者は誰も気付かず教官に指摘された
ところが,車間距離が近すぎて,免許所持者なら切り返しで
抜けられるところ,未熟なため列から抜け出せず
全員が100点原点で不合格になった(実話ですよ)

ポイントは状況判断ミスと走行不能による検定中断になったため
一般的なことは皆様書かれているようなことで
おそらく,質問者様もある程度予測できていることも
あると思います
上のような,予測不可能な事態に巻き込まれたとき
如何に判断して抜け出せるかだと思います

運とか,こういう場面に出くわす確立とか
ありますが,平常,冷静を保つことが大事です!!

一般的なことは,皆様が書かれている通りです
自分は一発合格でしたが
私の卒業した学校であった,変わったエピソードがあります
参考まで

交差点手前でで一台のトラックが止まっていたのですが
検定車5台の内,先頭の運転手が信号待ちと判断
トラックの後ろに停止,残り4台も同様に停止しました
ところが,トラックは信号待ちではなく
交差点近くの電話ボックスで電話する為に停車していただけだった
検定者は誰も気付かず教官に指摘された
ところが,車間距離が近すぎて,免許所持者なら切り返し...続きを読む


人気Q&Aランキング