ナポレオンがスペインについて述べた
「ピレーネ山脈を越えたらヨーロッパではない」
という名文句ですが。
何故ヨーロッパではないのでしょうか?
ラテン系だから??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 


  martinbuho 氏が述べておられますが、16世紀には、スペインはフェリーペ二世の治下のもと、西欧最強の国家であり、世界貿易のイニシャティヴを握っていました。フェリーペの父は、神聖ローマ帝国皇帝兼スペイン王のカルロス一世(カール五世)で、ハプスブルク家の権力を一身に握っていたとも言えます。また、王弟ドン・フアン・デ・アウストリアは、レパント海戦で、オットーマン・トルコを打破し、西欧は遂に宿敵イスラムの優位に立ちました。しかし、そのスペイン帝国も、イングランドのエリザベスの擡頭で、世界貿易における覇権を奪われて行き、フェリーペは、アマルダ(無敵艦隊)を送り、イングランド制圧を意図しますが、アマルダは、壊滅的敗北を迎え、フェリーペの存命中にスペイン帝国の榮光は、翳って行きます。
  
  他方、当時、フランスはどういう状態にあったかというと、新教と旧教の内乱状態が続き、虐殺事件や暗殺事件が勃発し、ルワールに古風な文化を築いたヴァロワ朝は衰退し、ブルボン家のアンリが王位に就きます。16世紀当時には、まだ文化の新しい発信の地は、イタリアにあり、フランスはイタリアの薫陶を受け、文化国家への道を進み始めます。ルイ13世、ルイ14世の時代になると、イギリスでは、ピューリタン革命が起こり、立憲君主制への道を進み始めますが、フランスでは、宮廷を中心に華麗なフランス文化が芽生え、貴族のサロンを中心にフランスの「文人文化」とも呼べるものが成立します。この時代を批判して、フランスは、家のなかは煌々とした明かりに燿いているが、家の外に出ると真っ暗闇だという批判があります。しかし、このような状態がまた次の時代のフランスの文化を生むのです。
 
  ルイ15世そしてルイ16世の時代になると、優雅で洗練された宮廷文化が生まれると同時に、ユマニストや啓蒙主義者の活動が顕著になり、フランスは、西欧最先端の文化国家であることを自認し始めます。啓蒙主義は、プロイセンやロシアの啓蒙君主が自負し、またドイツでは、カントなどが啓蒙主義を唱えましたが、ロシアなどの後進国は、フランス文化を典とし、フランス語の教養が、宮廷文化で必須とも考えられるようになっていました。
  
  しかし、フランスにとって、啓蒙君主とは、遅れた国の独裁者が自称している野蛮人の独りよがり、ドイツの啓蒙主義や哲学は、カントの次の世代では、ヘーゲルなどが、自己の歴史哲学は、西欧最高のものであり、西欧は世界最高の文明であるので、わたしヘーゲルの哲学こそ、世界最先端の思想だなどという自負を表明しますが、フランスにとって、ドイツの思想家などは、じゃがいもを喰っている田舎者の模倣で、イギリスは海賊の国で、イタリアは、かつては高い文化国であるが、いまや、国内動乱のなかで、時代遅れとなった、過去の栄光の国であり、そしてスペインは、カトリックの国として、中世的アナクロニズムに未だに浸っており、またピレネー以北の国々とは何か異質な風習を持つ、奇妙な後進国と映じたのです。
 
  ナポレオンは、世界に冠たる進歩思想と文化国家フランスの伝統を継承する支配者として登場し、彼自身、決して単なる軍人ではなく、文化的素養を持ち、フランス文化に対する高い誇りと自覚を持った、政治家・軍人・文化人でもあったのです。エジプト遠征において、ナポレオンは、軍隊を派遣すると同時に、学者の一団も引き連れ、「エジプト学士院」を設立し、古代の大文化国エジプトを研究しようとします。みずからも、学士院の一員として名を連ねます(数学・測量担当)。ナポレオンはフランス文化に誇りを持つ文化人でもあった訳で、それは彼が純粋のフランス人ではなく、コルシカ出身であったことも理由かも知れませんが、彼という文化的人物なしでは、ナポレオン法典のような近代的事業も成立しなかったでしょう。
  
  ナポレオンは、西欧の文化的向上を一面で望んだとも言え、それは彼にとって、フランス文化の啓蒙とその文化の光の普及を意味し、西欧のフランス化が、文化への向上の道であると考えたのでしょう。このような考えはフランス知識人に共通のものであり、西欧の文化は、フランスにその輝きの源があるということです。肥沃な農業国となっていたフランスにとって、スペインの風土は、異質なものと感じられたということもありますが、当時のスペインの文化・習慣は、他の西欧の地域と比較しても、異様というか、エキゾティックで、理解し難い処があり、ドイツやイギリス、イタリアなどと比べても、西欧文化の域内の国の風習とは何か考えられないものがあったというのもあるでしょう。フランスはナポレオンの前の時代にスペイン継承戦争で、スペインをフランス文化に同化させようとしましたが、うまく行かなかったという経験もあるでしょう。
  
  ナポレオンが、スペイン征服の軍を進めるに当たって、ピレネーを超えればヨーロッパではないと言ったのは、このような歴史的・風習的・文化的経緯があったのだと言えます。ナポレオンの侵攻をスペインの画家、ゴヤが描いていますが、ゴヤはまた、スペインの民衆の文化や風習の絵も残していますが、これらの絵を見てみると、何か、他の西欧領域の文化風習と異質な異様な感じが確かにあります。それはイスラム文化の影響のもとで形成されたので、独特なのか、ピレネーを隔てて、独自な文化が形成されたのか分かりませんが、ナポレオン征服事業の時点でのスペインが、西欧の辺境、あるいは、別世界との境界領域の文化のような感じであったのは事実だと思います。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
詳しく説明をいただいて本当に助かりました。
文化的・軍事的にも
ナポレオンという一人の人物の背景を通して
見てみると色んな味方ができて興味深いです。

お礼日時:2001/12/03 16:08

うがった考えで


「ヨーロッパじゃないから、征服できなかったとしても恥じることはない」と言い訳をする、というのは・・?

伊能地図に北海道が描かれていないのに「日本地図」というのは、「エゾは日本じゃない」から。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!
なるほど・・。
そういう考えもあるんですね。
また一つ勉強しました☆

お礼日時:2001/12/03 16:03

スペインはヨーロッパの南西端に広がるヨーロッパの国です。

(EU加盟国)イギリスが17世紀になって軍事的に優勢になるまでスペインはヨーロッパの中心的存在でした。ナポレオンは1808年にスペインを侵略しましたが1813年に撃退されています。この間にスペインの植民地だった中南米諸国が独立戦争を始めています。

ナポレオンのこの有名なセリフは軍人としての単純な印象を述べたのではないでしょうか。ピレネー山脈(フランスとスペインの間に長さ400キロ余り、高さ3,000メートルで天然の要害となっている)を超えるとスペイン中央部はメセータ(台地)と呼ばれる乾いた荒地が広がるのでナポレオンはピレネーの北側の自国や他の欧州諸国と比較して、ここはヨーロッパではないとの印象を持ったに違いありません。ヨーロッパ中央部はスペインに比較すれば肥沃な農園の広がる理想郷でしょう。スペイン文化はイスラムの影響を強く受けていますが、イスラム支配はナポレン侵略の300年前に終了し、南部のアンダルシア地方にその影響が強く残っています。ナポレオンが文化的な比較をしてスペインはヨーロッパではないと云ったのではないと考えます。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!!
世界史に疎い私ですが
分かりやすく勉強になりました^^。
ヨーロッパは陸続きといっても
それぞれ侵略戦争などの果てに
個々独特の文化が出来上がってるですね。

お礼日時:2001/12/03 16:06

単純に答えます。


スペインの地は、昔、イスラム勢力に支配されていたからです。
キリスト教徒による「国土回復運動」によってヨーロッパに復帰しましたが、コルドバもグラナダもイスラム系の文化があふれています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
すごく明快な答えで分かりやすく勉強になりました^^。

お礼日時:2001/12/03 16:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「八ヶ岳連峰」や「槍・穂高連峰」、「常念山脈」という言い方をよく見るの

「八ヶ岳連峰」や「槍・穂高連峰」、「常念山脈」という言い方をよく見るのですが、「連峰」と「山脈」の違いは何でしょうか? 「八ヶ岳山脈」とは呼ばないのでしょうか? 詳しい方、ぜひお教えください。

Aベストアンサー

>この使い分けは、どうしてなされているのでしょうか?

確かにどちらも北アルプスの一部ですから、
連峰と山脈とするのはおかしいですね。
厳密な使い方をされていないだけ。という気がします。

もしくは常念は連峰というほど、
急峻なピークをもたないところからきているのかもしれません。
大天井、常念、蝶どれも比較的なだらかな頂が続きますから。

連峰というからには、尖って急峻なピークを持つ、
峰々の連なりというイメージがありますし。

Qナポレオンとヨーロッパ

(1)「ナポレオンは解放者と独裁者という2つの側面をもっている」とあるのですが、この2つの側面について説明するにはどうすればいいでしょうか?
(2)フランスの7月・2月革命では男子の~制が実現したのですか?
どちらか1つでもいいので回答お願いします。

Aベストアンサー

1番についてですが、解放者としての側面は、貴族制・中世の支配原理からの住民の解放という面を指しているのかと思います。
フランス革命による庶民の権利意識を高め、それまでの貴族による簒奪からの解放者としてヨーロッパの庶民に期待を与えました。
一方独裁者としての側面は、みずからが皇帝となり、フランス中心、自分自身が中心となった独裁政治をおこないました。
一方フランス以外の国においては、簒奪者としての側面も持ちます。
ナポレオンの戦い方は、自軍の補給を考慮せずに進軍・戦闘を行う事を優先し、補給は現地での徴発を主としました。
この方法は、旧日本軍と同じで、補給部隊を待たずに戦闘でき、敵を捕捉殲滅できるのですが、現地徴発のためその地区の住民の反発をまねきやすいという欠点があります。
ナポレオンが諸国民の解放者としての支持を無くしたのは、ナポレオン軍の簒奪者としての側面によるものです。

2番については、質問の意味が理解できません。
フランスの7月革命は、1830年の事、2月革命は、1848年の事です。
この間18年の間がありますが、共通して実現した「~制」ってなんなのでしょうか?
格好の課題であれば、質問が本質的におかしいと思います。

1番についてですが、解放者としての側面は、貴族制・中世の支配原理からの住民の解放という面を指しているのかと思います。
フランス革命による庶民の権利意識を高め、それまでの貴族による簒奪からの解放者としてヨーロッパの庶民に期待を与えました。
一方独裁者としての側面は、みずからが皇帝となり、フランス中心、自分自身が中心となった独裁政治をおこないました。
一方フランス以外の国においては、簒奪者としての側面も持ちます。
ナポレオンの戦い方は、自軍の補給を考慮せずに進軍・戦闘を行う事を...続きを読む

Q飛騨・木曽・赤石 三つの山脈の位置関係

飛騨・木曽・赤石 三つの山脈の位置関係
通常、北・中央・南アルプスの名前で呼ばれますが、わたしが検索した限りでは、北アルプスは確かにはっきり北にありますが、木曽山脈と赤石山脈は「中央と南」というより、「東と西」というような位置関係でイメージされます。
この3つの山脈の位置関係を一目瞭然となるように配置した地図をご紹介いただけませんか?
概略配置が分かれば結構です。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こちらの地図の方がわかりやすいと思います。
http://www.hakuchizu.com/club/nihonmap/sanchi.html

質問者様のイメージは正しいと思います。
ただ、木曽山脈を「西アルプス」、赤石山脈を「東アルプス」と呼んでしまうと、飛騨山脈を「北アルプス」と呼ぶ限り北アルプスの東にある木曽山脈を「西アルプス」と呼ぶのはおかしいです。

私の解釈は、飛騨山脈と赤石山脈の位置関係が北と南なので北・南アルプス、そして木曽山脈がその間にあるので中央アルプス、なんですがこれではご納得いただけませんか?

Qナポレオン後のヨーロッパ

7月革命・2月革命の後フランスで、男子の何制が実現されたのでしょうか?

ロシアはクリミア戦争の敗北のあと、何令を出したのでしょうか?

1870年、イタリア半島を何王国が統一したのでしょうか?

Aベストアンサー

>7月革命・2月革命の後フランスで、男子の何制が実現されたのでしょうか?

21歳以上の男子のみに選挙権が与えられたことで、「普通選挙制」が実現されました。
http://www.uraken.net/rekishi/reki-eu48.html

>ロシアはクリミア戦争の敗北のあと、何令を出したのでしょうか?

1861年皇帝アレクサンドル2世が農奴解放令を発布
http://www23.tok2.com/home/shimahebi/worldH11.htm

>1870年、イタリア半島を何王国が統一したのでしょうか?

イタリア王国
下のイタリア統一をご参照ください。
http://ezhov.hp.infoseek.co.jp/yamakawa.html

Qピレネー山脈を越えれば・・・・(法諺)

 ピレネー山脈を越えれば正義が悪となれ、悪が正義となる。
 という法諺がありますが、まぁ法の分野だけの諺でしょうが。
 このことわざにおいて、ピレネー山脈が隔てている地域とはどことどこになるのでしょうか?
 どうかよろしくお願い申しあげます。

Aベストアンサー

ナポレオンが
 「ピレネー山脈を越えると、そこはアフリカだ(ヨーロッパではない)」
とも言っています。

ピレネー山脈は、フランスと、スペインなどイベリア半島を隔てています

肥沃な実り豊かな平原が多い農業国フランスに比べ、地味痩せた台地だらけのスペイン。
また、古代はカルタゴの植民地で、その後もイスラム勢力が支配していたこともあり、
異なる文化法慣習の、なごり残り、そう言われたのでしょうね\(^^;)...

Qナポレオンは何故死刑にならなかった?

ネイやミュラのように配下の武将には処刑されている人物がいるのに、何故ナポレオン
自身は死刑にならずに流罪にとどめられたのでしょうか?
しかも一度流罪になった後脱走して再起してるのに。
二度目に流されたのは絶海の孤島であるセントヘレナ島ですが、それにしても
どうして命は助けられたのでしょうか?

Aベストアンサー

国王が処刑されるケースは、
大半は蛮族の王と判断された場合です。
つまり国王としての格を認められず
反逆者や謀反人と同レベルに処刑されたということです。
中国などでも正統な王は殺さずに
禅譲という独自の譲位スタイルを確立させましたし、
分裂時代においての小国の王は格が低いという扱い。
国王を殺さない別の理由としては
征服地の民心を収めるという目的もあって
旧体制の構成員を味方に引き込んで
反乱を防止するという象徴的行為ともいえます。

歴史を振り返って数えてみればわかりますが
国王が処刑された例はかなり少ないといえます。

戦場での戦死は偶発的な出来事として処理されます。
西欧の場合、基本的に戦闘の結果は神の意思であると
考えるわけで、国王に大権を与えたのも神であるので
それを奪うのも神の力ということです。
しかし積極的に王を戦場で殺そうということは
まずありません。
それは非紳士的行為であり、また捕虜にしないと身代金も入らないので
無駄に野蛮な行為だったからです。
例外があるとすれば、ヘースティングスの戦い。
ノルマン軍は勝利のためにハロルド王を殺害して
敵戦列を撃破しましたが、これは戦史のなかでも稀な例といえます。
しかし中世後期以降は、国王が戦争に直接臨むこと自体が
減って、戦場にいても後方に控えて眺めているのが普通になったので、
グスタフ・アドルフとかごく少数の変わり者だけが戦死のリスクを負いました。
彼らの場合、ナポレオンもそうですが、
戦場で勝つことが命と同じくらい重要だったわけですが、
積極的に暗殺されなかったのは古き良き道徳心のおかげといえるでしょう。
19世紀まで士官を狙撃することすら(公には)タブーとされていたほどですから。


ナポレオンは貧乏貴族だ、と言いますが、
ブルボン家だってもとは貧乏貴族です。
大概の王侯貴族はその出自をたどると
取るに足らないものです。
一介の小貴族にすぎなかったユーグ・カペーが王位を簒奪した後、
その権威を確保できたのはシャルルマーニュ帝の
直系子孫の娘と子孫が結婚したからです。
婚姻政策というのは、君主制の根幹といえます。
姻戚関係を無視するなら、全ての貴族は
ただの平民となんらかわりません。

ボナパルト家は古くは(イタリアのトスカナ地方にある)サルツァーナの血統貴族の出で
だいたい6百年前後つづく家系ですから、
長さからいったら他の王家とかわりません。
(というか、欧州の貴族はすべて
10~12世紀前後から始まっているので
どれも同じともいえるのですが)
問題は格式ということになるでしょうが、
ナポレオンは皇帝としてイタリア国王として、
ヨーロッパのすべての国、教皇庁や
イギリスを含めて全ての国の承認をうけています。

だからナポレオンの帝位や王位にいちゃもんを付けるということは
列強が公式におこなったかつての発言や宣言、条約すべてを反故にする
必要がでてくるわけで、現実的に不可能なのです。

ウィーン会議で表面上は正統主義が採択されて
ナポレオン以前にもどそうということで一致するわけですが
実際には世界はナポレオンと革命ありきで進んでいるわけで
それを取り消しにすることはできないわけです。

しかもナポレオンはイギリス軍に保護を求めたので
法的には罪人ではなく、彼を裁く如何なる法律もありませんでした。
それで裁判はなく、曖昧な法的立場のまま
セント=ヘレナに送られることになったわけで、
国際法上は不当な拘束にあたりますが、
現在でもグアンタナモ基地みたいなのがありますから、
政治家は都合が悪くなると法律を捻じ曲げるというのは
今も昔もかわらないところでしょう。

国王が処刑されるケースは、
大半は蛮族の王と判断された場合です。
つまり国王としての格を認められず
反逆者や謀反人と同レベルに処刑されたということです。
中国などでも正統な王は殺さずに
禅譲という独自の譲位スタイルを確立させましたし、
分裂時代においての小国の王は格が低いという扱い。
国王を殺さない別の理由としては
征服地の民心を収めるという目的もあって
旧体制の構成員を味方に引き込んで
反乱を防止するという象徴的行為ともいえます。

歴史を振り返って数えてみればわかりま...続きを読む

Q日本にピレネーやロッキー山脈に似た景色はありますか

上手く説明できませんが、森が少なくて、芝生が多く、周りには山がある、そのような場所を探しています。
例えるなら、ピレネー山脈やロッキー山脈のような景色です。
日本にそのような景色の場所はありますか?

Aベストアンサー

芝生ではありませんが、
見た目で似てなくもないところを……

室堂
http://takaoka.zening.info/Tateyama/Murodo/

千畳敷カール
http://huukeiya.exblog.jp/658748/

あとは単なる湿原ですが、

芳ヶ平
http://mt6kusatsu.exblog.jp/8398009/

Qラテン=アメリカの独立とヨーロッパ

ウィーン体制が崩壊しかけのころ、南米は独立をすすめようとしますが、なぜ、ヨーロッパ本国の混乱が南米の独立を招きやすくさせるのでしょうか?

Aベストアンサー

簡単に言えば下記の通りです。

1.スペインの中南米征服、入植から200年前後が経ち現地生まれの準支配者階級(クリオーリョ)が育っていた。
2.ナポレンのスペイン侵略によりスペイン本国の中南米支配力が衰えた。
3.フランス革命思想の浸透。

中南米は時勢をうまく捉えて独立を果たしましたが、スペイン人を追い出して、そのスペイン人の血を引く植民地生まれの白人が支配するようになったに過ぎず、その後内乱、革命が長期間続きました。

Q信濃川と越後山脈が見れるのはどこ?

信濃川と越後山脈が見れるのはどこ?
ゴールデンウィークに子供(小学4年)にどこに行きたいか聞いたところ、「信濃川と越後山脈が見たい」とシブことを言われまして、いったいどこに行くと信濃川と越後山脈が見れるのかわからず途方に暮れています。そこで以下の回答をいただけますと幸いです。

1.「それならここへ行け!」という場所はどこか
2.クルマと電車、どちらでいくべきか
3.5/2往路、5/4復路として、東京からクルマでいくとどのくらいツライか?

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

信濃川と越後山脈ですね。
両方同時に見れるのは小千谷市・十日町市・中魚沼郡津南町ですね。

昨年天地人で話題になった六日町では魚野川と越後山脈ですしね。

さてまず交通機関ですが、電車なら時間が確実に読めますが料金と現地に着いてからの交通手段が難点、車ならGW渋滞があるけど公共交通機関が発達していない新潟では車の方が動きやすい。

これを秤にかけてみてくださいね。

さて地元小千谷からは山本山高原山頂展望台をお勧めします。
関越道小千谷(おぢや)ICから車で20分くらいで山頂に到着です。
http://www.mapple.net/spots/G01500136501.htm

信濃川の蛇行が目の前に見ることが出来、と魚沼三山(八海山・中ノ岳・駒ケ岳)が遠望出来ます。

さらにこの展望台では信濃川と魚野川の合流部も見ることが出来ます。
信濃川水系でこれが見られるのはここだけです。

小千谷は全国的に有名なへぎそばがあります。
http://www.ojiyacci.org/specialitem.html

5月3日には闘牛も行われます。
http://www.tsunotsuki.com/
1t近い牛がぶつかる迫力ある姿が見ることが出来ます

信濃川と越後山脈ですね。
両方同時に見れるのは小千谷市・十日町市・中魚沼郡津南町ですね。

昨年天地人で話題になった六日町では魚野川と越後山脈ですしね。

さてまず交通機関ですが、電車なら時間が確実に読めますが料金と現地に着いてからの交通手段が難点、車ならGW渋滞があるけど公共交通機関が発達していない新潟では車の方が動きやすい。

これを秤にかけてみてくださいね。

さて地元小千谷からは山本山高原山頂展望台をお勧めします。
関越道小千谷(おぢや)ICから車で20分くらいで山頂に到着です。
ht...続きを読む

Qナポレオンが英雄と呼ばれるのは何故?

ナポレオンが英雄と呼ばれるのは何故?

世界史が好きですし、得意です。しかし、一つわからないことがあります。ナポレオンは英雄、英雄と呼ばれていますが、それは果たして何故ですか?ベートーヴェンも彼が皇帝になったことから失望したというし、ナポレオンがスペイン侵略したためにゴヤが「1808年5月3日」を描いて批判しているし、ウィーン会議だってナポレオンが侵略しまくったから、それを元に戻すために行われた会議だし、ナポレオンは英雄というよりはむしろ、悪者のように世界史的には登場するのに、どうして英雄なんでしょうか?フランス人から見て。ってことですか?でも、それを言ったらヒトラーだってドイツの英雄だったんだし、スターリンだってソ連の英雄だったじゃないですか。でも、ヒトラーやスターリンはただの独裁者としてしか論じられず、だけどナポレオンは英雄、英雄と称えられている。この理由がいまいちわかりません。誰か教えて下さい。

Aベストアンサー

英雄たるゆえんは、
(1)思想的に中立
(2)悲劇的な終わり方をしている
(3)人種差別的大量虐殺してない
(4)軍人として現場で実績を積んできた
だからでしょうね。

(1)は、基本的に領土拡大という観点のみで、たとえば民主主義だ共産主義だなどという今でも論争の的になるような主義主張で戦っていないということ。
(2)は、物語になれるということ。
(3)は、(1)に関連しますが、現代の常識での倫理的な批判をされないということ。
(4)は、ようは分かりやすく軍事的に優れていて英雄の階段を上れたということと。スターリンやヒトラーは、分かりやすい実績というようりも政治的な活動で上り詰めていますので、陰湿さがつきまといます。
軍人のように分かりやすく上り詰めると、英雄になれます。


人気Q&Aランキング