SW20のMT車で、Nポジションの信号って取れますか?

中古で購入した所、AT用のターボタイマーがついていて、
Pポジションセンサーが殺してありました。
サイドブレーキを引いた状態で、ギアが入っていた場合
タイマーでエンジンスタートさせてみた所、見事に走り出して
しまいました。
コレでは危険なので、Pポジションのセンサーの所を
マニュアルのNポジション信号(あればですが)を入れて
使用したいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

スプリングレバースイッチとはスイッチを操作するレバー自体がスプリング(長さは5cm程度から色々あります)でできているものです。

密に巻いたコイルスプリングがスイッチを操作するレバーとして用いられたもので、大きなストロークがレバーにかかってもレバー自体が屈曲することでスイッチ自体に不必要に大きな力がかからないようになっているもので、接点の構成はモメンタリーのチェンジオーバー型が多いようです。秋葉原の田中無線などのスイッチ専門店に行けば実物がおいてあります。
    • good
    • 0

少々の工作が必要ですが、シフトレバーのところに車体の前後に向けて二つのスプリングレバー式(スイッチの操作するレバーがスプリングでできていて、スイッチのレバーのストローク以上の力が加わるとスプリングがたわみ、力を吸収してくれるもの)スイッチを取り付け、シフトレバー中立以外ではどちらかのスイッチがOFFになるようにしそれぞれを直列に接続します。

シフトがどちらかに入った状態ではどちらかのスイッチがOFFになるので回路が成立せず、ニュートラルを検出できます。スイッチONの状態を検出したいのであれば、それぞれのスイッチを並列に接続しレバーが押されたときONになる接点を使用すればOKでしょう、通常これらのスイッチはチェンジオーバー(共通端子と通常ON、通常OFFの端子を持っている)の物が多いので、どちらの場合でも対応できると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
スプリングレバー式とは、モーメンタリースイッチの事でしょうか。
後付けで色々付けた場合、”激しく”シフトすると
壊れてしまうのが怖いので信号線があれば取りたかったのですが
無いようですね・・・
CPUの方へもポジションの情報がいっているかと思いましたが
無理なようです。

お礼日時:2001/12/04 13:29

 サンヨーテクニカのスターボという製品のオプションに「MT車用飛び出し防止装置:AT030」というのがあります。


 これが転用出来るのではないでしょうか?

参考URL:http://www.sanyotecnica.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
確かに転用できそうです。
光学的に・・・ですか。高いですね・・・
既存の信号で何か取れないか
もうちょっと考えてみます(^^;

お礼日時:2001/12/03 13:45

MT車では恐らくギアのポジションセンサーの類はないと思います。


どうせなら、サイドブレーキの信号を使ってはどうですか?

Pポジション信号が無ければ始動しないようになっているのであれば、
サイド引いてなければ始動しないように出来ると思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
サイドの信号はすでに付いていて、
サイドブレーキが降りている状態では、エラーになり
始動しません。又、動作中サイドが降りた場合、
停止します。

お礼日時:2001/12/03 13:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q十字路の信号機で赤信号の下に3方向の矢印信号が出る場合

 こんにちは、ghq7xyです。今回は信号機について質問します。
 十字路で信号機のある交差点では、青、黄、赤のスタンダードな信号機の下に黒バックに青矢印の信号機がつけられているところが多いですね。右折の場合、対向車の通過を待ってからでないと右折はできませんから、右折→の矢印のみが設置されている信号機が多いです。
 でも、十字路の交差点によっては、青、黄、赤の信号機の下に←、↑、→の(左折、直進、右折)3方向の矢印が設置されているところもありますね。そういう所では、上の信号が赤信号が点灯した状態で、←、↑、→の3方向の矢印信号が点灯しますね。私はかねてから疑問を抱いていましたが、こんな形での信号の点灯って、結局青信号と変わらないのではないか、と思ってしまうのです。
 そこで、お聞きしたいのですが、赤信号の下に3方向の矢印が点灯する状態と、青信号では何か違いがあるのでしょうか。また、赤信号の下に3方向の矢印が点灯する状態が特別意味があるとすればどういう点でしょうか。
 宜しくお願いします。

Aベストアンサー

#1さんの答えどおりですが、

なぜ赤で三方向(全方向)矢印かと言いますと、
時差式であれば、対向する信号が青→赤になっても時差でコチラ側は青(本当は緑?)であれば良いのです。
(実際、現在、このような単純な時差式信号も存在しているかと思います)
理由
1、矢印表示ではない時差式の場合は、対向信号が青→赤へ変わったか否か分らないので、特に右折の場合、対向車がストップして初めて分るので、行動が遅れるのと、対向赤になったのでは?と勘違いして事故が起きやすく危険。
2、矢印の場合、たいがいは歩行者用は赤になっているため、右左折がスムーズに行われる上、歩行者が間違い難く安全。
このように、矢印時差信号は、交通渋滞解消=信号が多い市街地などで、右折車が極端に多く、直進車がストップすると右折レーンが塞がれ右折車がウマク流れないなどの場合です。
これが、主なものと理解しています。

※路面電車用は黄色矢印です。

Q信号機には黄色になるセンサーがあるのか

現在、自動二輪と自動四輪の両方を運転するのですが、
そのどちらを運転していても、よく信号で引っ掛かります。
その引っ掛かり方が、私の一つ前を走っている車が交差点に進入する少し前に黄色に変わるのです。
従って、前の車は交差点前に停止出来ないのでそのまま通過しますが、
私は停止出来る距離なので、一番前で停止することになります。
前に車が走っていない場合でも、大体上と同じくらいの位置まで交差点に近付いた時に、信号が黄色に変わります。

これが、近付いている段階で元々赤だったり、十分に離れたところで黄色に変わるならまだいいのですが(もちろん青ならもっといいのですが)、
ギリギリ止まれるかなって程度の位置で黄色に変わることが非常に多いです。

3年ほど前に、「そういえば黄色で止まることが多いなぁ」と思うようになり、
その頃はただ単に運が悪いだけかと思っていたのですが、
ここ最近その頻度が更に高くなったように思えるのです。
細い道から幹線に入るときはもちろんのこと、
幹線を走っている時でさえも、ほとんどの信号でこのような引っ掛かり方をします。
数日前に一度数えてみたのですが(自宅から目的地までの往復)、
片道で信号が15個あり、
「細い道から幹線へ入る」信号が1個、
「幹線を直進する」信号が9個、
「歩行者用押しボタン式」信号が4個、
「幹線から細い道へ入る」信号が1個です。
行きは幹線を直進する信号1個と歩行者用押しボタン式信号3個以外の、
11個の信号で上記のような引っ掛かり方をし、
帰りは、歩行者用押しボタン式信号1個以外の、
14個の信号で上記のような引っ掛かり方をしました。
近付いていく段階で赤とか、前の車が交差点の前に停車しているとかは除いています。
私の車の直前で黄色になり、交差点で私の車が先頭で待っているのをカウントしました。

最近は、運の良し悪しではなく、私を信号が感知して黄色に変わるよう仕組まれているのではないかと思ってしまうくらいになっています。
まさか信号にそんな機能はないでしょうし、あったとしても何に使うのか分からない機能ですが、
このような現象は、単に運が悪いと言うだけなのでしょうか?
実は何か仕組まれているものがあったりしないのでしょうか?

よろしければ回答お願いします。

現在、自動二輪と自動四輪の両方を運転するのですが、
そのどちらを運転していても、よく信号で引っ掛かります。
その引っ掛かり方が、私の一つ前を走っている車が交差点に進入する少し前に黄色に変わるのです。
従って、前の車は交差点前に停止出来ないのでそのまま通過しますが、
私は停止出来る距離なので、一番前で停止することになります。
前に車が走っていない場合でも、大体上と同じくらいの位置まで交差点に近付いた時に、信号が黄色に変わります。

これが、近付いている段階で元々赤だったり、...続きを読む

Aベストアンサー

信号の切り替え周期は、制限速度で引っかからないようなリズムで変わっていくと聞いています
ご質問者の巡航速度が、制限速度+10~30%ぐらいだと信号に引っかかりやすいそうです
これ以上 制限速度+50~60%だと逆に切り替わる前に通過で引っかからないとか

可能なら通過する速度を下げて(上げてとは言えないのでW) 試してみたらよろしいのではないでしょうか

Q信号待ち「N」と「D」…ATFの流れ方について。

AT車で信号待ちをする際に、ギアを「N」にせず「D」のままで停止していた方がエンジンのためには良い、と言う話を何度も耳にしていたので、販売店の整備士さんに尋ねてみました。

「そうです。NとDではオイルの経路が・・・冷却の・・・」

周りの騒音と整備士さんが忙しかったため、十分に内容を理解できないまま会話終了となってしまいました。

おそらく、ギアのポジションによってATF?の流れ方が異なるんだろうと思いますが、「冷却」の部分の説明と、アイドリングでの長時間駐車の場合にも「N」と「P」では同様のことが言えるのか?中高生にも分かる程度の表現で解説して頂けると幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

基本的には
AT車は、オイルクーラー(オートマオイル用冷却装置)がラジエーターの中に有ります。
そのオイルクーラー内を、オートマオイルを潤滑さしてオイルを冷やしていますので
「N」では、オイルが潤滑しなくなり冷却が出来ないと言う事だと思います。

ですが
最近の車は、シフトポジションがどの位置でも
エンジンがかかっていれば、オイルは潤滑するはすですので問題無いと思いますが、
一部のメーカーには、オイルの潤滑しないのが有った様な気がします。(申し訳有りません。詳しいメーカーは、忘れました)

ちなみに
エンジンをかければATオイルポンプが回り
オイルが潤滑するので
例えば、故障等でエンジンのかからないオートマ車のけん引時は、あまり速度を出さない様にけん引しないとオイルが回っていない分
ギヤー等が故障する可能性が有ります。

QA/T車でも信号待ちにNにしたほうがいい?

A/T車では信号待ちの際にドライブレンジのままの方が多いと思いますが、ニュートラルレンジに変えたほうがよいのでしょうか?
利点・欠点や、燃費や機械の長持ち具合に影響するかなどの回答が聞きたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>でも、Dに入れておいた方が燃費は良いのでは?
 Nだと、張り切ってアイドリングするでしょうから。

・・・この手の質問の回答に必ず出てくる回答ですが、『Dのままの方がエンジン回転が低いから燃費がいい』と思い込んでる人が多い様です(自称プロでもいましたね)。ですが実際にはDのまま停車しているとATミッションの回転抵抗がありますから、Nの無負荷アイドル回転のままでは回転が落ち過ぎてエンジンがガクガク振動してしまいます。その為回転抵抗が増えた分を補うだけの『アイドルアップ制御』が入ります。端的に言えば『うっすらとアクセルを踏んでるのと同じ』状態です。吸い込む空気が増えるのでその分燃料消費も増えますが、回転抵抗があるので実際の回転数は回転抵抗とつりあった位置で安定しますからNと同じ回転数か若干落ちる回転数に『見かけ上』なっているだけです。停車時はNにした方がメリットは多いです。Nに切り替える事でミッションが減るとか壊れる事は有りません。もしそうならPからDに切り替えて車を走らせる事が既に致命的ですね。

Qオートマ車のPとN

オートマ車のPとNの違いを教えてください。

Aベストアンサー

Pはパーキング、Nはニュートラルを指します。
Pは、ギアをロックさせて動かなくなりますが、Nはギアが空転させて、ブレーキがかかっていなければ車が動く状態です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報