こんにちは。
入社7年目のサラリーマンです。
いまさらながら、はずかしい質問です。
タイトルの通りですが、先日、お客様宛に書類を送付した際、「○○殿」と記入したところ、同僚から「社外の人には(殿)ではなく、(様)を付けるべきだ」と言われました。
また、○○部長、○○課長のように役職の付く場合に(殿),付かない場合には(様)とするのが基本だと言う人もいます。
さらには、どちらでも良いので気にする必要はないという人もいます。
入社したときにそのような基本事項は教育されたような気はしますが、すっかり忘れてしまっています。
皆さんはどのようにお考えでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

sirokuroさん、こんばんは。



(様)は目上、(殿)は同格もしくは目下ということになっているようですね。
 最近、同様の質問があり、下記のページで皆さんが詳しい回答をなさっています。ぜひご覧になって下さい。

参考URL:http://odn.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=177283
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早々のご回答ありがとうございました。
言語は時代の流れにより常に変化してゆくもの。
殿や様も、時代の流れにより、使い方が変わってきているのですね。
大変参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/08 12:46

世の中の動きを見ていると、「殿」を使うところは年々減っているように思います。

今や主流は「様」でしょう。
私の職場には、仕事柄(秘密です)、毎日何百通という書類が送られてきますが、ほとんどが「様」です。たまに「殿」を見ると、ここは古い体制の会社なんだろうなあと思ってしまいますし、あまりいい気もしません。
催し物などの入賞者に渡される賞状も「様」とするところが増えてきているようです。
そのようなわけで、「殿」は使わないほうが無難でしょう。

余談ですが、電話などで「うちの○○部長が…」というと相手に笑われます。「うちの部長の○○が…」と言いましょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やはり、「様」で統一することが無難であると理解しました。
ありがとうございました。
ちなみに余談ですが、「うちの○○部長が・・・」と言って笑われるようなまねはさすがにしたことありませんが・・・

お礼日時:2001/12/08 13:01

殿は現在ほとんど使っていないのでは?


確かに社外からの封書で
○○部長 殿

とくるものもありますが、基本的に全部「様」で問題ないと思います。

http://www.egg-web.com/infosq/mana/m7.html

http://business.msn.co.jp/e-somu/business/manner …
ここでは役職には「殿」と説明しています。

http://ekimae.toshiba.co.jp/biz/event/fresh2/fre …
ここでは「殿」は賞状だけ


一部でですが、
会社が顧客先の会社○○会社殿
といった使い方をしています。

検索すると出てくると思います。

たとえば「東京大学 殿」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
回答される方々、それぞれのお考えがあるようですね。
それだけ「殿」と「様」は曖昧なものであるような気もしてきました。
私としては、おっしゃられる通り、「様」で統一してゆきたいと考えます。

お礼日時:2001/12/08 12:54

投稿した後に少し危ない部分を見つけたので


補足をば。

殿と様ですが、これは敬称についてうるさい方の場合は
注意が必要です。

というのも、殿は武士政権内で良く使われていまして
同僚等を呼ぶ場合に「多く」見られること等から、様
よりも軽い、すなわち「同格・目下に対しても使える」
という性質を持っているからですね。
ちょっと変な例で言えば、目下からは「将軍様」とは
呼びこそすれ「将軍殿」とは言わないって感じです。

ただ、現在多くの「マナー本」に書かれている用例は
先に書いた通りですから、危ない場合は「役職+名前
+様」で書くのが無難かもしれませんね。
    • good
    • 0

これは「ビジネスマナー」に属する問題で、非常に難しい


部分を含んでいます。
と言いますのも、一部の敬称については考え方が色々
ありまして、人によって正しいと信じる方法がことなる
んですね。 元が「マナー」という時代と共に変わるも
のですし、相手が不快に感じないようにするという根本
目的(言い替えれば、自分が幾らAの方法が正しいと
思っていても、先方様が不愉快だと感じたり、送り手の
常識を疑われたりしたら何にもならない)があります
ので.....。

で、今のところの一般的な例を。
【様】
 個人名(けんちん様)、個人名のついた職位(越後
 太守けんちん様)等の時に使用
【殿】
 役職名に宛てる場合。(総務部長殿等)
【各位】
 同文を多数に宛てる場合。(株主各位等)
【御中】
 団体に宛てて出す場合。(越後株式会社御中等)
【先生】
 相手の方が「先生」と呼ばれることが主流の場合
 に用いる。(高校の先生等)


ところが、ここで注意が必要なのは以下の場合。
1.職位には敬称が含まれている?
 つまり、「○○部長」自体が敬称であるから、後ろに
 敬称を付けるのは二重敬称でおかしいという考え。
2.各位の取り方
 本来の厳密な意味から考えると「お客様各位」という
 のは「様」と「各位」の二重敬語ですからおかしいと
 いう考えもできますが、現在の主流は「様各位」と
 いう順番ならOK(世間は違和感を感じない)「各位
 様」では二重敬語でおかしいと取る例が殆どです。
 (ま、許容の範囲ですな。)
3.敬称を含めて社外に出す場合
 これが実は最も怖いのですが、役職の方相手に出す
 場合、「営業部長 ○○様」という様に「役職+氏名
 +様」で出すのが正しいと見る例が本筋です。
 ただし、最近では段々と気にしない風潮も出てきて
 おりますが、その中でも頑固に「これが本筋」と見る
 方も居られまして、そのような方は怖い方の場合が
 多いので注意が必要です。
4.ひらがな、カタカナ
 これは目下に対する使い方(○○さま)ですから
 決して使わないように。(^^;)


はずかしい質問....と書いて居られますが、決して恥ず
かしいと感じられる必要はありません。
何歳でも、自分の間違いを素直に正されるのは、恥ずか
しいどころか非常に素晴らしいことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おっしゃる通りですね。ありがとうございました。
「各位」や「御中」の使い方は理解しておりましたが、「殿」と「様」については、様々な考えがあるようですね。
私は今後は、「様」を使用していく考えです。
大変ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/08 12:51

怪我をしないためには「様」に統一することです。

「殿」の使用は他社や社内の他の部署の使用例を勉強してから自信を持って使ってください。添付URLは最近の類似の質問に答えたものです。ご参考まで。

参考URL:http://odn.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=177283
    • good
    • 1
この回答へのお礼

今まで、ほとんど「殿」を使用してきましたが、これからは「様」で統一していきたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/08 12:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q様、殿

~様に代わる相手の呼び方ってどのくらいあるんでしょうか? 

Aベストアンサー

Zz_zZさんにほとんど書かれてしまったので、書き漏らしたものを、名前を付けて呼ぶ言い方とそのままで言う言い方の両方を書いてみました。

学長
教授
助教授
講師
先生
先輩
後輩
理事長
会長
顧問
社長
専務
部長
次長
店長
支店長
課長
係長
主任
代理
係員
院長
婦長
監督
選手
同士
さん
ちゃん
ちゃま
君(くん)
親方
親分
兄い
御館様(おやかたさま)
~の方
貴兄
貴公
尊母
尊父
親父
お袋
愚妻
愚息
亭主
女将(おかみ)
息女
大王(おおきみ)
貴君
貴様
学士様
修士様
大統領
首相
大臣
将軍
司令官
総統
元帥
参謀
大佐
中佐
少佐
大尉
中尉
少尉
曹長
軍曹
上等兵
和尚
司教
牧師
司祭

切りがないのでこの辺でやめときます。いくつかは参考になったでしょうか。

Q様か殿

検索して調べたのですが見つからなかったので質問します
重複してましたらお許しください

相手の役職がわかっている場合
日本国株式会社 人事部長 小泉様
となることは知っています

この人事が?の場合
日本国株式会社 小泉部長殿
でいいのでしょうか?

Aベストアンサー

ANo.8です。質問者様、お悩みですね。

この「殿」と「様」の使い方、つまりは「二重敬称」が焦点になるとは思いますが、これについては多分調べれば調べるほど多種多様な意見が出てくると思います。(そもそも「二重敬称の何がおかしいの?」と考えている方もいらっしゃいますから…)

ただ、一般に言われているビジネスマナーや、こちらの質問に対する皆様の回答内容等から考えていくと…

・「殿」は「目下に使う」というイメージがある (「小泉部長殿」は避けた方が無難)
・「○○部長」という役職名は、それだけで敬称である (「小泉部長様」は二重敬称になる)

という感じではないかと…。

>日本国株式会社 小泉部長様
>日本国株式会社 部長 小泉様
>どうも私的には部長に様をつけることに抵抗が・・・

こちらについては、「小泉部長様」ですと「部長」という敬称に、直接「様」が付いているので二重敬称になると思いますが、
「部長 小泉様」ですと、あくまでも「小泉」という人の名字に対して「様」を付けているだけで、「部長」に敬称を付けている訳ではないので二重敬称にはならないのではないか、と思っています。

これらから考えていくと、「日本国株式会社 部長 小泉様」が一番無難であるような気がしています。(「人事部長」であろうが「総務部長」であろうが「部長」であることに違いないですからね…)

それから、ビジネスマナーの本等では「役職のみの時は「殿」を使う」と書いてある場合があるのですが、私の場合は「社外」の役職者宛ではなく「社内」の役職者宛(つまりは「上司宛」)で使う事はありますね。(自分の会社の上司に「様」って付けるのには抵抗があります。私が「殿」を使うのは社内文書だけです)

以下、参考URLを付けておきます。

「○○部長様は間違い」と書かれています。(正しい事は多数決で決まる!?)↓
http://www.smbc-sem.com/tokyo/2000theme/kawara82.htm

肩書と敬称の並列についての「投票結果」があります。(日本の標準SR)↓
http://matsuri.site.ne.jp/standardsr/sr94.htm

もしお時間があればどうぞ。(クイズDEめんせつ)↓
http://www.ai-work.jp/game/

参考URL:http://matsuri.site.ne.jp/standardsr/sr94.htm,http://www.ai-work.jp/game/

ANo.8です。質問者様、お悩みですね。

この「殿」と「様」の使い方、つまりは「二重敬称」が焦点になるとは思いますが、これについては多分調べれば調べるほど多種多様な意見が出てくると思います。(そもそも「二重敬称の何がおかしいの?」と考えている方もいらっしゃいますから…)

ただ、一般に言われているビジネスマナーや、こちらの質問に対する皆様の回答内容等から考えていくと…

・「殿」は「目下に使う」というイメージがある (「小泉部長殿」は避けた方が無難)
・「○○部長」という役職名は...続きを読む

Q『殿』と『様』の使い分け

メールやFAXなどで、あて先の個人名につける ○○様 ○○殿でいつも悩んでいます。例えば、送る人によって替えるべきなのでしょうか?
また、○○部長様や○○課長殿などのように、役職のあとに『様』や『殿』をつけるのはおかしいのでしょうか?
目上の人あてですと、『○○部長』でとめてしますと失礼な気がしてしょうがないのですが・・・・。

Aベストアンサー

いろいろと出ていますが。

>〇〇会社御中〇〇部長様の様に使っています。

これは、「御中」が不要です。
会社名だけで、個人名が入らないときに使います。
  
>○○部長様と○○部長の間を取って、○○課長殿を使用しています。

これは、役職を格下げしていて、とても失礼です。

>人の名前の上に役職を付けることも失礼に値すると私は考え使用していません。

失礼なことは有りません。
○○部長 山田太郎様
山田太郎部長様
山田部長様
1番目が正しいです。

以前は、官庁などが民間人に対して、「殿」を使っていましたが、これは民間人を見下す使い方だとの批判から、最近では「様」を使うように変わって来ています。
もともと、「殿」は目上の人が目下の人に使う言葉でした。

そんなことから、最近は「様」を使うことが増えています。
又、役職は、名前の上に付けるほうが丁寧です。

結論として、
総務部長 山田太郎様
これが、一倍良いでしょう。

Q市教育委員会宛に文書作成中です。 殿 様 ?

担当者に出す文書宛名は 山田 殿 か 山田 様 でしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

様が無難です。

本来は、殿ですが、最近は、こちらが立場が上の場合に使われる事が多く、そう思っている人も多いですから、やめときましょう

Q「○○になった」「○○になっていた」「○○になってきた」等のニュアンスの差

問題が山積みで頭が  痛かった。
                痛くなった。
                痛くなっていた。
                痛くなってきた。
                痛くなってきていた。

5つの表現のニュアンスの違いを知りたいのですが。

Aベストアンサー

痛かった。 (過去に、そうなった)
痛くなった。 (結果として、そうなった。)
痛くなっていた。 (知らないうちに、そういう状況になっていた。)
痛くなってきた。 (次第にそうなった。)
痛くなってきていた。 (過去に、次第にそうなった。)

このようなニュアンスと受け止めました。
あくまでも、私の見解です。
ご参考程度に。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報