LRESULT CALLBACK の case WM_PAINT: で、

hdc = BeginPaint(hWnd, &ps);
TextOut(hdc,0,0,str,strlen(str));
EndPaint(hWnd, &ps);

↑問題無し。↓文字がちらつく。

hdc = GetDC(hWnd);
TextOut(hdc,0,0,str,strlen(str));
ReleaseDC(hWnd,hdc);

ちらつきの原因は、高速で TextOut( ) が繰り返されるから
だと思いました。
どうして TextOut( ) が繰り返されるんですか?

上の方法の場合は、
ReleaseDC(hWnd,hdc);
は書かなくてもいいですか?

A 回答 (4件)

基本的にWM_PAINTの場合はBeginPaintを使うほうがいい気がします。


というのはWM_PAINT時には再描画領域等の情報が設定されてきて
BeginPaintを使うと必要のない領域には描画されないはずです。
GetDCを使用するとこの情報は取得できず、Window全体に対して描画されるので
再描画の必要のない領域まで描画することになってしまいます。
ちなみに繰り返しとありますが、実際に繰り返されてるのは確かめられたのでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

BeginPaint では、窓の右に半分重なっていた別の窓が
消えた場合、窓の全てを再描画するのではなく、
窓の右半分だけを描画するということですね。
知りませんでした。ありがとうございます。

繰り返し については、窓のちらつきを見た感じで
予想したことです。

お礼日時:2001/12/07 21:49

M_PAINTは無効化された(再描画が必要な)領域が在ると


送られてきますが、キューから取り除くには
マウスやタイマのメッセージのように単にメッセージを
処理すると取り除かれるのではなく、無効化された(再描画が必要な)
領域が無くなったときに除かれます。
BeginPaint、EndPaintは無効化された領域を処理しますが、
GetDCは無効化された領域とは関係なしに動作しますので、
依然として無効化された(再描画が必要な)領域が残ったままとなり
WM_PAINTがキューに存在し続けるわけです。
ReleaseDCの後にValidateRectで無効化された領域を消してやれば
GetDCの方も描画が繰り返されると言うことは無くなりますが、
これはお勧めしません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

hdc = GetDC(hWnd);
TextOut(hdc,0,0,str,strlen(str));
ValidateRect(hWnd,NULL);
ReleaseDC(hWnd,hdc);

これでちらつく問題が解決しました。

窓が隠れていれば、常に UINT に WM_PAINT が入るんですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/12/07 22:16

GetDC(),RelaseDC()のペアではメッセージキュー内のWM_PAINTメッセージが処理されず、無限にWM_PAINTが呼ばれつづけます。


そのためTextOutが呼ばれつづけちらつくのでしょう(ビデオカードのドライバによってはV-SYNCに同期して描画するためちらつかないものもあります)。

そのためWM_PAINTメッセージのハンドラではBeginPaint()、EndPaint()のペアを使う必要があります。尚、BeginPaint()、EndPaint(9を使う場合、ReleaseDC()する必要はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ちらつきは、
 switch (msg){
 case WM_PAINT:
の中の GetDC( ),RelaseDC( ) のペアによって
UINT に WM_PAINT が入るせいで case WM_PAINT
が無限に繰り返していたからだったんですね。

ReleaseDC( ) が必要ないということもありがとうございます。

お礼日時:2001/12/07 21:56

何の関数の中のcase文なんでしょうか?



ReleaseDC() は自分で GetDC() を記述したのでなければやってはいけません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
上の例では ReleaseDC( ) を書いてはいけないんですね。

お礼日時:2001/12/07 21:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QC++とC#

C,C++と進みC#
Visual C#がありますが
C++とC#の違いを教えてください.
C++とJAVAをたしたようなもの
なのでしょうか?

Aベストアンサー

文法/構文上の類似点は多々ありますが、「別物」です。
その相違について掲示板で列挙できるものではありません。
# 本を読んでください。

QhDC=::GetDC(m_hWnd)とhDC=GetDC(m_hWn

hDC=::GetDC(m_hWnd)とhDC=GetDC(m_hWnd)の違いについて

表題について,お伺いします。
ビットマップをダイアログに表示するソースコードを
書いてますが,参考書やさまざまなHPでは,
ウィンドウハンドルをゲットする際に

hDC=::GetDC(m_hWnd) ○
↑と書かれております。

hDC=GetDC(m_hWnd)  ×
↑はなぜだめなのでしょう。

 ●このスコープ演算子::は何の為につけているのですか?

::が無いとエラーになるので必要みたいですが・・

Aベストアンサー

どういうエラー(リンクエラー、コンパイルエラー)なのかがわからないので、
あくまで憶測ですが、
Windows.hで定義されているGetDC()の他に、
別のスコープに(例えばクラスのメソッドとして)、
GetDC()が定義されているのではないでしょうか?

上記の状態でスコープ演算子がないときには、
同じクラス(スコープ)にあるGetDC()を先に呼ぶことになるので、
目的のWindows.hのGetDC()を呼ぶことができないのだと思います。

参考URL:http://wisdom.sakura.ne.jp/programming/cpp/cpp7.html

QC#とC++/CLIの連携について

C#とC++/CLIの連携について
C++/CLI側にC#で作成した変数を渡したいのですが、やり方がわかりません。

そもそも一つのソリューションにC++/CLIとC#を混在することはできるのでしょうか。
やはりC++/CLI側はDLLにして、C#がそのDLLを利用するのでしょうか。

Aベストアンサー

.NETの各種言語は混在することができます。
たとえば、C#でGUIの設計をし.NET用DLLを作成し、内部処理をC++でWin32APIを使って書き、C++/CLIでラップして、GUIと結び付ける、とかもできます。

「変数を渡す」というのが表現として良く分かりませんが、変数というよりはクラスを共有する感じになるかと思います。

とはいえC++/CLIはネイティブコードとマネージドコードを混ぜれるがゆえに、逆に色々と問題があるので、ちゃんとネットや本で調べたほうが良いかと思います。

Qdc.TextOut(0 ,0 , *str) ;について

環境 WIN98 VC++6.0 MFC にて

パターンBはOKですが、パターンAだと不正な処理で落ちてしまいます。

どうしてなのかお教えください。

void CFffView::OnPaint()
{
CPaintDC dc(this);
//パターンA
CString* str ;
str = (CString*)("999");
dc.TextOut(0 ,0 , *str) ;

//パターンB
CString aaa ;
aaa = (CString)("999");
dc.TextOut(0 ,0 , aaa) ;
}

Aベストアンサー

両方ダメ。
Aのパターンで動くのは、たまたま。

CString aaa ;
aaa = "999";
dc.TextOut(0 ,0 , aaa) ;

これで十分。

あえてキャストするんだったら、
CString aaa ;
aaa = (LPCSTR)"999";
dc.TextOut(0 ,0 , aaa) ;


aaa=のところでは、ただの代入が行われているわけではありません。
オーバーロードされたオペレータが呼ばれています。


>str = (CString*)m_array.GetAt(i) ;

これは、m_arrayの要素にCString*を入れていて、初めて成り立つ式です。
値をいれているところと、m_arrayの宣言を確認してください。

str = (CString*)("999");
も、
aaa = (CString)("999");
も、リテラル文字列をつっこもうとしています。
リテラル文字列とCStringはまったく別物です。

QC++ C# 語源

C++とC#(C++++)はかなり大雑把に言うとCの拡張版ですが、なぜ+が二個単位なのでしょうか。
C → C++ → C#
C+とC+++は存在しないのでしょうか。
C → C+ → C++ → C+++ → C#
もし存在しないのであれば、どのような理由でそうなったのでしょうか。

Aベストアンサー

C/C++のインクリメント演算子が、++だからじゃないでしょうか。

Qchar *str; と char* str;

char *str; と char* str;
どっちも同じことを意味しているんですか?

Aベストアンサー

同じことを指している、というのは、先の回答の通りです。

また、ひとつの宣言で変数を複数宣言したときに、char* str という表記は間違い
易いじゃないか、ということが言われているのも事実です。実際、いろいろな C のソースを
見ていても、まずアスタリスクを型につけて書くのは、まずお目にかかれません。

ただ C++ では、char* str という宣言も良く使われています。

C++ に限らずオブジェクト指向の言語は、強く型を意識するので、「文字のポインタ型」と
いう意味で、まとめて書く方が馴染むのでしょう。ちなみにそういう風な人たちは

char *str1, *str2;

とは、書けない体になっています。

char* str1;
char* str2;


変数の宣言だと、C に慣れていれば、char* str というのはちょっと違和感があるのは
私も分かりますが、関数のプロトタイプ宣言だと、どちらの方がすっきりしますか?

extern char *memcpy(char *, const char *);

extern char* memcpy(char*, const char*);


# まあ、どっちが正しい、っていうんじゃ無いんですよね

同じことを指している、というのは、先の回答の通りです。

また、ひとつの宣言で変数を複数宣言したときに、char* str という表記は間違い
易いじゃないか、ということが言われているのも事実です。実際、いろいろな C のソースを
見ていても、まずアスタリスクを型につけて書くのは、まずお目にかかれません。

ただ C++ では、char* str という宣言も良く使われています。

C++ に限らずオブジェクト指向の言語は、強く型を意識するので、「文字のポインタ型」と
いう意味で、まとめて書く方が馴染む...続きを読む

QC#でできてC++でできないことは?(C#のメリットとは?)

これから新しい言語として、C#もしくはC++の勉強をしたいと
考えています。

C#にできてC++にできないこと、あるいはその逆でC++にはできて
C#ではできない。ということがあれば、教えていただけないでしょうか?

感覚としてはC++であれば何でもできるという感じではあるのですが、
C#を使うメリットってどんなことがありますか?
やはり、ビジュアル開発(コントロールのDrag&Dropで画面開発ができる)
の簡単さというところがC#でのメリットでしょうか?

ちなみに私はこれまで、C -> VB -> Java といった順で言語を習得
してきました。

Aベストアンサー

>C#にできてC++にできないこと
無いでしょう。
基本的にC/C++の場合コンパイラの種類に依りますが
内部にアセンブラを書くこともできますから
C/C++で出来ないことはC#でも出来ません。
(勿論#1さんの言われるように言語レベルの仕様で出来ない事はあります。)

簡単さでいうとC#です。VB6の開発経験があるとのことですが
VC#だとVBのフォームを作成するような感じでインターフェースを
作っていけます。(一応VC++でも可能)

一方C#で出来ないことですが
当然ですがフレームワークに依存しないソフトを作る事が出来ません。
Javaで作ったソフトがJREを必要とするのと同じです。
他にはCPUの特殊な命令(SSEやMMX)を呼び出すとかドライバの開発等も出来ません。

ちなみにVC++でもフレームワークは使えるので
フレームワークのガベージコレクション等を使うことは可能です。
(ただフレームワークを使うならC#の方が簡単です。)

QSendMessage(hW,WM_CREATE,0,0);を

SendMessage(hW,WM_CREATE,0,0);
を実行するとシステムがWM_DOWNやWM_CHARを発行しなくなるみたいです
というのはそれ以降キー入力を無視するようになるのです
いったんアプリをアイコン化してウィンドウ化するとWM_DOWNやWM_CHARを発行するようになります
WM_CREATEを送ってもWM_DOWNやWM_CHARを発行しなくなるのを阻止するために何か方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

>プログラムのイニシャライズのために送ったのですが送らないで住むプログラムに変更しました

普通はそんな方法はとりません。
システムが何をするか分からないからです。

自分でメッセージを定義して、初期化処理を行うようするためのメッセージを送るほうが無難です。
WM_CREATEと同じ処理を初期化処理として行わせたいのであれば、初期化処理を関数化して自分で定義したメッセージでも呼び出せばいいのですし。


>作ったプッシュボタンを押してシステムがWM_COMMANDを送ってきた後キー関係のメッセージを送ってくれなくなります

プッシュボタンがキーボードフォーカスを持ってのるでは?

ボタンがキーボードフォーカスを持っていてもキー関連のメッセージを親ウィンドウが受け取りたいのであれば、サブクラス化をするしかないでしょう。

QC#でCのコンソール出力の取得

C#でCのコンソール出力の取得
Cで作成したDLLをC#で利用しています。このときDLLファイルはC言語のprintfを使用しています。この出力内容を取得して、C#でテキストボックス等に表示する方法はありませんでしょうか。

Aベストアンサー

使ったこと無いのですが
Googleで調べたところ以下のWebページがヒットしました。

@IT
.NET TIPS
コンソール・アプリケーションの出力を取り込むには?[C#、VB]
http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/dotnettips/657redirectstdout/redirectstdout.html

参考URL:http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/dotnettips/657redirectstdout/redirectstdout.html

Qmemcpy,memcmp,strcmp,strlen,strcat,

memcpy,memcmp,strcmp,strlen,strcat,strcpy,strstr,strchr
以上の関数を自作しました。
ひとつひとつを見たときに動作を確認したところうまく出来たのですが、この関数をプログラムに組み込んだところうまく動作しませんでした。
どこか間違っているところがあったら指摘して頂きたいと思います<m(__)m>
ちなみに標準関数と全く同じものにしたいわけではなく、それを自分なりに考えて作りたいという趣旨ですので、ご理解ください。


char *MyMemcpy(char *str1, char *str2, size_t n)
{

char *p1 = str1;
char *p2 = str2;


while(n--){
*p1 = *p2;
p1++;
p2++;
}

return str1;
}
void *MyMemcmp(void *str1, void *str2)
{
char *p1 = (char*)str1;
char *p2 = (char*)str2;
int n = 0, k = 0;

while( *p1 != '\0'){
*p1++;
n++;
}

while( *p2 != '\0'){
*p2++;
k++;
}

if(n > k){
return str1;
}else if(n == k){
return 0;
}else if(n < k){
return str2;
}

}
char *MyStrcmp(char *str1, char *str2)
{
char *p1 = str1;
char *p2 = str2;
int n = 0, k = 0;

while( *p1 != '\0'){
*p1++;
n++;
}

while( *p2 != '\0'){
*p2++;
k++;
}

if(n > k){
return str1;
}else if(n == k){
return 0;
}else if(n < k){
return str2;
}

}
size_t MyStrlen(const char *str1)
{
char *p1 = (char*)str1;
size_t len = 0;

while(*p1 != NULL){
*p1++;
len++;
}

return len;
}
char *MyStrcat(char *str1, const char *str2)
{
char *p1 = str1;
char *p2 = (char*)str2;

while(*p1 != NULL){
*p1++;
}
while(*p2 != NULL){
*p1 = *p2;
*p1++;
*p2++;
}

return str1;
}
char *MyStrcpy(char *str1, char *str2)
{
char *p1 = str1;
char *p2 = str2;

while( *p2 != NULL){
*p1 = *p2;
*p1++;
*p2++;
}
*p1 = '\0';

return str1;
}
char *MyStrstr(char *str1, char *str2)
{
char *p1 = str1;
char *p2 = str2;

while(*p1 != *p2)
{
if(*p1 == '\0'){
return 0;
}
*p1++;
}
return p1;

}
char *MyStrchr(const char *str1, char str2)
{
char *p1 = (char*)str1;

while(*p1 != str2)
{
if(*p1 == '\0'){
return 0;
}
*p1++;
}
return p1;
}

memcpy,memcmp,strcmp,strlen,strcat,strcpy,strstr,strchr
以上の関数を自作しました。
ひとつひとつを見たときに動作を確認したところうまく出来たのですが、この関数をプログラムに組み込んだところうまく動作しませんでした。
どこか間違っているところがあったら指摘して頂きたいと思います<m(__)m>
ちなみに標準関数と全く同じものにしたいわけではなく、それを自分なりに考えて作りたいという趣旨ですので、ご理解ください。


char *MyMemcpy(char *str1, char *str2, size_t n)
{

char *p1 = str1;
char...続きを読む

Aベストアンサー

> この関数をプログラムに組み込んだところうまく動作しませんでした。

どんな風に「うまく動作し」なかったのでしょうか?
それがわからなければ、明らかな間違いでも無いかぎり、答えようがありません。

特に
> ちなみに標準関数と全く同じものにしたいわけではなく、それを自分なりに考えて作りたいという趣旨ですので、ご理解ください。
とあるので、このプログラムと標準関数との違いが、間違いなのか仕様通りなのか判断できません。

例えば、
> char *MyStrcmp(char *str1, char *str2)
プログラムを解読すると

str1とstr2、それぞれの文字列の長さを比較。
→長さ等しい場合は (char *)NULL, 異なる場合は、長い方の文字列へのポインタを返す

と、strcmpとはまったく別の関数になっています。(strcmpは文字列の内容も比較し、結果を 負の整数,0,正の整数 (いずれもint型)で返します)


あと、明確な間違いというわけではないですが。
> while(*p1 != NULL){

大抵の処理系では NULL == '\0' == 0 として使えるけど、ヌルポインタとヌル文字はわけて考えた方がいいです。

> この関数をプログラムに組み込んだところうまく動作しませんでした。

どんな風に「うまく動作し」なかったのでしょうか?
それがわからなければ、明らかな間違いでも無いかぎり、答えようがありません。

特に
> ちなみに標準関数と全く同じものにしたいわけではなく、それを自分なりに考えて作りたいという趣旨ですので、ご理解ください。
とあるので、このプログラムと標準関数との違いが、間違いなのか仕様通りなのか判断できません。

例えば、
> char *MyStrcmp(char *str1, char *str2)
プログラムを解読...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報