兵庫県赤穂郡上郡町赤松にある、五社八幡宮(神社)の五社について、
『鎮増私聞書』(『兵庫県史』資料編中世4)によれば、熊野、住吉、神功皇后、八幡、天神の五神とありました。
ここにあがる熊野とは何を指すのか教えてください。
熊野三社、熊野三所権現なのか、熊野大神なのか。
どなたか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんばんは。


 熊野権現は、熊野三山に祀られる神である。熊野神、熊野大神とも言い、神仏習合によって権現と呼ばれるようになった。熊野三山は熊野速玉大社・熊野本宮大社・熊野那智大社の三社からなり、それぞれの神社が祀る神の神霊の総称(または統合された神霊)が熊野神(熊野権現)である。熊野三所権現とも言い、熊野三山に祀られるほかの神々も含めて熊野十二所権現ともいう。
各神社の主祭神は以下の通りであるが、相互に祭神を勧請しあい、現在では各神社で三神を一緒に祀っている。
 家都美御子大神・熊野速玉大神・熊野夫須美大神。この三神を熊野三所権現といい、熊野三山のいずれの社もこの三神を祀っています。
 それぞれの主神を相互に祀りあうことによって、三社は連帯関係を結び、熊野三山となったのでしょう。

本宮:熊野本宮大社 - 家都美御子大神(けつみみこのかみ)
新宮:熊野速玉大社 - 熊野速玉男大神(くまのはやたまおのおおかみ)と熊野夫須美大神(くまのふすみのおおかみ)の二神
那智:熊野那智大社 - 熊野牟須美大神(くまのふすみのおおかみ

よって、“熊野三社”“熊野三所権現”“熊野大神”はすべて同じ物を指します。

※参考URLに、み熊野ねっとさんより引用します。

>>

参考URL:http://www.mikumano.net/nyumon/kami.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
熊野三社と熊野三所権現は同じつもりで書いたのですが、
熊野大神は教えて頂いたホームページの全国熊野神社参拝記にある、
島根県八束郡八雲村熊野2451の熊野大社のつもりで書いていました。まぎらわしくて申し訳ありません。
質問の主旨としては、
熊野大神櫛御気野命-素戔嗚尊(八雲村)なのか、
家都美御子大神・熊野速玉大神・熊野夫須美大神の熊野三社なのか、それともそれらのいずれかの神なのかという意味です。
ご教授願います。

おそらく兵庫県神社誌という本を見れば、わかるような気がするのですが、私の環境で見ることができないので、質問しております。よろしくお願いします。

お礼日時:2005/12/09 15:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q楽器の素材(木材)の見分け方を教えて下さい。

楽器の素材(木材)の見分け方を教えて下さい。

ハワイアンコアとマホガニーの見分け方を教えて下さい。
模様を覚えてみて見分けようと考えましたが。
かなり際どいラインで見分けがつかなかったりするんです。

何か決定的な見分け方はありませんか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

 いわれて見ると確かに似てますね、コアとマホは。

>何か決定的な見分け方はありませんか?

 ワタシの場合、ですが通常下記3点で見分けています。

1.色
 コア材は明るい色だと褐色になりますが(これがいわゆる『コア・カラー』)、マホガニは明るいと赤が強い茶色になります。
 また、コア材の芯材だと暗褐色になり、あまり明るくない色のマホガニと一瞬見分けが付かなくなりますが、フツー楽器には芯材の部分を使わないので、区別出来なくて困った事はありません。

2.木目など
 マホガニは明確な木目を持ちませんが、コア材はかなりハッキリした木目を持ち、年輪もよく見えます。
 殆どの場合、この木目を見てコア材かどうかの判断をしています。

3.重さ
 マホガニが楽器クオリティのモノだとすると、コア材の方が20~30%程度マホガニより重くなります。
 比較できるマホガニの板があるなら、重量を比べると結構カンタンに判るかもしれませんし、そもそも重量と板材の体積が判れば比重が算出出来るので、軽いマホガニと混同する事は無いでしょう。(楽器の使用に耐えるクオリティのマホガニの比重は0.53~0.6、対するコア材は0.8~0.83ほど。)

 いわれて見ると確かに似てますね、コアとマホは。

>何か決定的な見分け方はありませんか?

 ワタシの場合、ですが通常下記3点で見分けています。

1.色
 コア材は明るい色だと褐色になりますが(これがいわゆる『コア・カラー』)、マホガニは明るいと赤が強い茶色になります。
 また、コア材の芯材だと暗褐色になり、あまり明るくない色のマホガニと一瞬見分けが付かなくなりますが、フツー楽器には芯材の部分を使わないので、区別出来なくて困った事はありません。

2.木目など
 マホガニは明確な...続きを読む

Q尾鷲や熊野は何で三重県

尾鷲や熊野は何で三重県なのでしょうか
尾鷲や熊野は江戸時代まで
紀州藩(今の和歌山県)
だったのに
どうして三重県に入ったのですか
おしえてください
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

こんばんは

廃藩置県の際には、単純に 藩→県 と移行したのではなく、細々とした県がたくさんできたようです。
それが再び統合された時に、もともとの藩とは違う地域と結びつき、現在の県になったそうです。

和歌山と三重についてはこちらが詳しいかと思います。
http://www.melma.com/mag/41/m00010441/a00000070.html

参考URL:http://www.melma.com/mag/41/m00010441/a00000070.html

Q酸 塩基の見分け方を教えてください

酸 塩基の見分け方がよくわかりません
見分け方を教えてください<(_ _)>

Aベストアンサー

ご質問の「見分け方」というのが、どのようなものか具体的にわかりませんが、想定して書きます。


まず、薬品で酸か塩基か分類する方法
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B8%E3%81%A8%E5%A1%A9%E5%9F%BA
上のリンクの最初の方に、「酸塩基反応の際に授受できる水素イオンの数をその酸・塩基の価数と呼ぶ。酸・塩基の強さを測る指標としては、規定度・水素イオン指数(pH) ・酸解離定数 (pKa) ・酸度関数 (H0) などが使用される。」とあります。
ここにある水素イオン指数は、次のリンクです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E7%B4%A0%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%B3%E6%8C%87%E6%95%B0
いわゆるPHを測ればいいのです。リトマス紙が簡単だと思います。


「○○」という物質が酸か塩基か見分ける方法
ひたすら、それぞれに該当する物質名を暗記するしかありません。
ただ、暗記のときに法則をつかめば、暗記しやすくなります。
最初に貼っているリンクの下の方に次の記述があります。
「代表的な酸・塩基
   酸 強酸 - 塩酸・硝酸・過塩素酸・硫酸
     弱酸 - 酢酸・ギ酸・炭酸・(リン酸)

   塩基 強塩基 - 水酸化ナトリウム・水酸化カルシウム・水酸化バリウム
     弱塩基 - アンモニア」
酸は「○○酸」と最後に酸がついています。

ご質問の「見分け方」というのが、どのようなものか具体的にわかりませんが、想定して書きます。


まず、薬品で酸か塩基か分類する方法
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B8%E3%81%A8%E5%A1%A9%E5%9F%BA
上のリンクの最初の方に、「酸塩基反応の際に授受できる水素イオンの数をその酸・塩基の価数と呼ぶ。酸・塩基の強さを測る指標としては、規定度・水素イオン指数(pH) ・酸解離定数 (pKa) ・酸度関数 (H0) などが使用される。」とあります。
ここにある水素イオン指数は、次のリンクです。
http://ja.wikip...続きを読む

Q五畿七道ってどこ?

よく「五畿七道で被害地震」とか書いてあるんですけど五畿七道ってどこなんでしょう?そんなに地震の多いところなんでしょうか?

Aベストアンサー

五畿とは
畿内 うちつくに 山城・大和・河内・和泉・摂津

七道とは
東海道 うみつみち
伊賀・伊勢・志摩・尾張・三河・遠江・駿河・甲斐・伊豆・相模・安房・上総・下総・常陸・武蔵

東山道 やまのみち
近江・美濃・飛騨・信濃・上野・下野・陸奥・出羽

北陸道 くぬがのみち
若狭・越前・加賀・能登・越中・越後・佐渡

山陰道 そとものみち
丹波・丹後・但馬・因幡・伯耆・出雲・石見・隠岐

山陽道 かげとものみち
播磨・備前・備中・美作・備後・安芸・周防・長門

南海道 みなみのみち
紀伊・淡路・阿波・讚岐・伊予・土佐

西海道 にしのみち
筑前・筑後・豊前・豊後・肥前・肥後・日向・薩摩・大隈・壱岐・対馬

の以上です。
つまり、北海道(蝦夷地)を除く日本です。

参考URL:http://db.gakken.co.jp/jiten/ka/129870.htm

Q青物3兄弟(ハマチ、カンパチ、ヒラマサ)の見分け方は?

最近、流行の海上釣堀にハマっている者です。
カンパチは頭に八の字が付いていたり、側線の色の違いで、まだ分かり易いのですが、
ハマチとヒラマサがイマイチ見分けられません。
見分け方が分かり易く掲載されているサイトや、貴方独自の見分け方を教えて下さい。
特に、自然界には居ない通称、ブリヒラ(ブリとヒラマサのハーフ)は見分け方が困難です。

Aベストアンサー

元魚屋勤務です。
ちょうど今、ヒラマサ狙いしてます。

一番簡単なのはアゴの角ばり方ですね。
http://www.zukan-bouz.com/aji/buri/hiramasa.html
http://www7a.biglobe.ne.jp/%7EFish-Fish/buri-hiramasa.miwakeru.html
http://niko10.cside.com/fish2/hiramasa.htm

他には・・・
ヒラマサはハマチに比べて全体的に黄色が濃く、かつ白っぽい。
ヒラマサは正面から見ると薄く、ハマチは丸い。
40cm以下だとほんにわかりにくく、後で「あれっ?これヒラマサやんか!」という事がよくあります。

ブリヒラは見た目も食味も殆どヒラマサです。
(初めて聞いたっていう人の為に)
元々はブリよりヒラマサのほうが市場価値は高いんですが、ヒラマサは飼育しにくく、かつブリより成長が遅いのです。
だからヒラマサの成長を早めて飼育しやすくしたのがブリヒラです。
ブリの卵子にヒラマサの精子をかけ合わせた為、見た目は殆どヒラマサで、身質もヒラマサに少し脂がのってるって感じです。
ブリヒラとヒラマサの区別は、元魚屋の私でも見分けしにくいです。(その時はあまり出回ってなかった)
毎日扱ってれば一目でわかるようになるんですけどね。


ちなみに刺身の状態での見分け方は?
ヒラマサ、カンパチ、ハマチの順に白っぽい(赤みが少ない)です。
コリコリ感ではカンパチ、ヒラマサ、ハマチの順にコリコリ(筋肉質)してます。
ヒラマサとカンパチの刺身は見比べないと見分けにくいけど、ヒラマサとハマチはプロなら見比べるまでもなく簡単に見分けれます。

元魚屋勤務です。
ちょうど今、ヒラマサ狙いしてます。

一番簡単なのはアゴの角ばり方ですね。
http://www.zukan-bouz.com/aji/buri/hiramasa.html
http://www7a.biglobe.ne.jp/%7EFish-Fish/buri-hiramasa.miwakeru.html
http://niko10.cside.com/fish2/hiramasa.htm

他には・・・
ヒラマサはハマチに比べて全体的に黄色が濃く、かつ白っぽい。
ヒラマサは正面から見ると薄く、ハマチは丸い。
40cm以下だとほんにわかりにくく、後で「あれっ?これヒラマサやんか!」という事がよくあります。
...続きを読む

Q兵庫県について教えて下さい

兵庫県が面している海は?という社会科のテスト問題に「日本海と瀬戸内海」と答えたらまちがっていました。解答は「日本海と太平洋」だそうです。瀬戸内海は兵庫県が面している海ではないのですか?

Aベストアンサー

瀬戸内海は立派な海です。
瀬戸内海の範囲は、法的にも淡路島の南を含んでいます(瀬戸内海環境保全特別措置法)。

瀬戸内海環境保全特別措置法
第2条 この法律において「瀬戸内海」とは、次に掲げる直線及び陸岸によつて囲まれた海面並びにこれに隣接する海面であつて政令で定めるものをいう。
1.和歌山県紀伊日の御岬灯台から徳島県伊島及び前島を経て蒲生田岬に至る直線
2.愛媛県佐田岬から大分県関崎灯台に至る直線
3.山口県火ノ山下灯台から福岡県門司崎灯台に至る直線

地理学的な定義は若干異なりますが、少なくとも兵庫県は太平洋に面していないと考えるのが普通だと思います。

Q柱の見分け方

杉、檜、栂等 柱材の見分け方はありますか?
新築だと杉は赤みがあったり、檜は白いので何となく分かりますが、
年数がたった家の柱はなかなか見分けにくいように思います。
何か特徴的な見分け方があれば教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

木材関係の者です。
素人さんですと見分けは難しいです。まして数年たった黒ずんだ木材は無理だと思います。

特徴的な見分け方。
節や木目(柾・杢)や色艶・香りくらいです。
それも何年も見ているから、自然と分かるというレベルなので
説明はなかなか難しいです。
見分けるのが仕事なので・・・・自然とですね。

Q西宮(兵庫県)の地名の由来は?

西宮市(兵庫県)の「西宮」の名前の由来をご存じの人、教えてください。西宮市在住の外国人から訪ねられて答えに困っています。京都の西にあり、神社との関連は推測できますが、東宮とか中宮?とか南北とかはないですよね?

Aベストアンサー

#3です。
「西の宮」という名は、先にのべました通り、この地に広田神社から鎌倉時代初期遷座された「えびす社」を指すものですから、当然地名が神社の名で呼ばれるようになったりはそれ以降です。

遷座されたのは以前からここが漁民の村で、元々「古事記」などにある蛭子(=漂着神、異界から来た神)を福神として信仰していたから、またその信仰自体があったから神功皇后が海の守り神としてエビスも広田神社に祀った、と考えられています。

なおご存知と思いますが、ヤマトことばの「宮」(御屋、みや)=神の住む場所、という意味で、中国での漢字「宮(支配者の住まい)」に読みを当てたものです。
天皇家がアマテラス大神を祖先としているためです。
(皇族の名に「~宮」と使うのも、○○仁と真の名を呼ぶことがおそれおおいので住む場所、政治的祭事を司る所の名で指したからです)

「東宮(とうぐう)」=皇太子のこと。
 奈良時代に先進国中国のシステムを導入した際、東=春・生命の出所、という意味で皇太子を指していたそのままによります)
「北宮」「南宮」
 北は北斗・玄武・冥界・死を指すので、風水に基づいて作られた平安京では、鞍馬山をそれにあてたといわれています。南は小倉池でしたが現在はありません。

つまり、
・方角として東西南北をセットとする考えは中国から入ってきたもので、「古事記」などに記録されているそれ以前の日本の古い信仰とは関係がない
・当然その古い時代からあった神を祀っている場所は、東西南北セットで作られたわけではない
ということです。

#3です。
「西の宮」という名は、先にのべました通り、この地に広田神社から鎌倉時代初期遷座された「えびす社」を指すものですから、当然地名が神社の名で呼ばれるようになったりはそれ以降です。

遷座されたのは以前からここが漁民の村で、元々「古事記」などにある蛭子(=漂着神、異界から来た神)を福神として信仰していたから、またその信仰自体があったから神功皇后が海の守り神としてエビスも広田神社に祀った、と考えられています。

なおご存知と思いますが、ヤマトことばの「宮」(御屋、みや)=神...続きを読む

Q堆積岩の見分け方

堆積岩の見分け方

野外調査で岩石を見分ける際

粒の大きさで泥岩・砂岩・礫岩は見分けられますよね。
しかし、チャート・石灰岩・凝灰岩も関係してくると、ごちゃごちゃになりません?

たとえば、チャートと泥岩の見分け方は?

チャートと石灰岩は硬さや酢酸をかけて発泡するかなどで比べることができますが
チャートと泥岩の成分を比較して明確に判断するのは、その場ではできませんよね?


凝灰岩と火山岩の見分け方は?

詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>チャートと泥岩
チャートはガラス質ですので割った時の切り口に光沢があり断口状となります。
それに比し泥岩は、そうなりません。

>凝灰岩と火山岩の見分け方は?
含まれている鉱物の結晶が壊れているのが凝灰岩で壊れていないのが火山岩です。
従って岩をルーペで拡大して観察し、中の鉱物が壊れていないか確認して判定を行ないます。

流紋岩など細粒なものはルーペで見ても結晶が認識できない場合がありますが、その場合はハンマーで叩いた時の硬さの違いで判定します(火花が出るくらい硬ければ火山岩です)。

また、例えば溶岩であっても縁辺部は急冷されますので鉱物が壊れ凝灰岩状となります。
この場合は、産状から凝灰岩ではなく溶岩本体と一括して火山岩と判定します。

Q中山道は五畿七道に含まれてないの?

中山道(なかせんどう)は五畿七道には含まれていないとすれば、どうして「道」という名称がついたのでしょうか?

Aベストアンサー

五畿七道とは、日本古代の律令制における地方行政区分です。
元々は中国で用いられていた行政区分「道」にならったもので、天武朝の時代に成立したとされています。
あくまで朝廷の支配が及ぶ全国を、都(平城京・平安京)周辺を畿内五国、それ以外の地域を七道に区分したものです。
畿内および東海道、東山道、北陸道、山陰道、山陽道、南海道、西海道ですね。
七道の各国の国府はそれぞれ同じ名の幹線官道で結ばれていました。
現在の日本各地の地方名の多く(北陸地方、山陽・山陰、など)は五畿七道が元になっています。今の北海道に当たる地域は当時の朝廷の勢力圏外だったため、北海道は五畿七道には含まれません。

ご質問の中山道は五街道の一つです。
五街道は、江戸時代の江戸を起点とする五つの陸上交通路で、慶長六年(1603年)に徳川家康が全国支配のために江戸と各地を結ぶ5つの街道を整備し始め、四代将軍家綱の代になって基幹街道に定められたものです。
東海道、中山道 (中仙道ともいう)、甲州街道、奥州街道、日光街道ですね。

七道には江戸時代の五街道と一部重複する呼び名もありますが、時代や成り立ちが異なりますのでまったく別のものと考えてください。

五畿七道とは、日本古代の律令制における地方行政区分です。
元々は中国で用いられていた行政区分「道」にならったもので、天武朝の時代に成立したとされています。
あくまで朝廷の支配が及ぶ全国を、都(平城京・平安京)周辺を畿内五国、それ以外の地域を七道に区分したものです。
畿内および東海道、東山道、北陸道、山陰道、山陽道、南海道、西海道ですね。
七道の各国の国府はそれぞれ同じ名の幹線官道で結ばれていました。
現在の日本各地の地方名の多く(北陸地方、山陽・山陰、など)は五畿七道が元...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報