コマンドラインからコピー元、コピー先ファイル名を指定してファイルをコピーするプログラムなんですが…

#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>

main(int argc, char *argv[])
{
FILE *fp;
if ((fp = fopen(argv[0],"r") == NULL){
printf("ファイル%sが存在しません。\n",argv[0]);exit(-1);
}
if ((fp = fopen(argv[1],"w") == NULL){
printf("ファイル%sがコピーできません。\n",argv[1]);exit(-1);
}
fclose(fp);
}

どこか間違っているところがあるでしょうか?
ありましたら詳しく教えてもらえると幸いです。
少し自信がないのでわかる方はよろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

おそらくこのソースだとかなり問題があると思います。



1.argv[0]は自分です。
 test.exe aaa bbbとした場合、
 argv[0]="test.exe"
 argv[1]="aaa"
 argv[2]="bbb"
 となります。

2.fpが一つしか定義されていません。
 FILE *fp1, *fp2として二つ定義しそれぞれのポインタを格納しましょう。
 ⇒一回目のfopenのfpを二回目で又使ってしまっています。

3.fcloseはファイルごとに行いましょう。

4.これではファイルを開いているだけで、
 書き込んでいる作業がどこにもありません
 書き込むにはfwriteです。

簡単なフローとしては、
1.argv[1]をオープンして内容を読込み内部バッファに保存しておく。
2.argv[2]をオープンして内部バッファの内容を書き込む。
3.両方クローズする。
ですね。

これ以外にも方法はいろいろあります。
わからなかったら補足して下さい。
    • good
    • 0

他のお二方の回答に加えて、


fopen()の第2引数を上から順に
"rb"
"wb"
にする必要があります。
これがないと、ファイル中の0x1Aをファイル終端として認識してしまい、それ以降のデータはコピーされません。
テキストファイルのコピーだけしか行わない場合は不要ですが…
    • good
    • 0

エラー発生時に処理が中断されていません。


元のファイル(argv[1])が存在しなくても、先のファイル(argv[2])が書きこみ不能でも強引にコピーしようとして更なるエラーを引き起こすでしょう。

一般に、コマンドラインで使用するプログラムはエラーを検知したら
1 エラーを回避する為の処理(正しいファイル名の再入力など)を行う
2 処理を中断する
どちらかです。

この場合、エラーメッセージが表示されているので0以外の値でreturnするべきでしょう。

以下、余計なお世話かもしれませんが…
・エラーはメッセージはprintf()よりもperror()のほうがよい
・コピー先ファイルが既に存在するときもエラーにしたほうがよいかもしれない
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qfp = fopen(argv[1], "r");を”w" "a" "r+"・・・で試したらどうなる

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8897349.html
 以上のプログラムで
 以下をfp = fopen(argv[1], "r");の
 ”r"以外で以下を入れた場合の結果がどうなるかお聞きしたいです。
"r" 読み込みモード。ファイルが存在しているとする。
"w" 書き出しモード。すでにファイルがあれば内容を削除し、なければ新たに作成する。
"a" 追加モード。すでにファイルがあればその最後に追加し、なければ新たに作成する。
"r+" 更新モード。ファイルが存在しているとする。
"w+" 更新モード。すでにファイルがあれば内容を削除し、なければ新たに作成する。
"a+" 追加更新モード。すでにファイルがあればその最後に追加し、なければ新たに作成する。
 以上ですが、試す環境がございませんので、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

お書きのとおりで合ってますよ。大丈夫です。

Qif ( fp == NULL ){ を if ( fp == 0){ へ変更した場合

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8897349.html
 ですが
if ( fp == NULL ){ を
if ( fp == 0){
 fopen dekina と表示してくれるのでしょうか?
  試す環境がございませんので
 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>if ( fp == 0){
> fopen dekina と表示してくれるのでしょうか?

はい、表示してくれます。
NULLは、通常、(void*)0 の値が定義されていますので、実体は0と同じです。
しかし、NULLはポインターに対して定義されているのなので、
if ( fp == NULL) と書いたほうがよいでしょう。
一方、0は数値を表すので、
if (fp == 0)とは、書かないほうがよいでしょう。
int a;
が定義されていたとき、
if (a ==0) は、a(という数値を表す変数)の値が0か否かを判断するので、これでよいですが
if ( a== NULL) は、a(という数値を表す変数)の値がNULLか否かを判断するので、
違和感がありますから、使用しないほうが良いでしょう。

Qtry{}catch(){}とデストラクタの関係を教えてください。

try-catchでメモリ確保を含むクラスをスローした場合、デストラクタはどの時点で働くのか、教えてください。たとえば、↓の使いかたは大丈夫でしょうか?

【1】
try{
 throw(CError(100, "エラー情報"));
}catch(CError& err){
 //ここでerrを参照しても問題ないのでしょうか?
}

【2】
try{
 CError err(100, "エラー情報");
 throw(err); // (1)
}catch(CError& err){
 //ここでerrを参照しても問題ないのでしょうか?
 //まだデストラクタはちゃんと動作するのでしょうか?
 //catchが呼び出し元のメンバであったりしても大丈夫なのでしょうか?
}

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

【1】【2】どちらの場合も問題がありません。
コンパイラが必要に応じてerrオブジェクトのコピーを作成します。
デストラクタが呼び出されるタイミングはコンパイラに依存するところもあると思いますが、
例えばVC7.1では【2】は以下のように動作します。
(1) errオブジェクトのコンストラクタが呼び出される
(2) CErrorクラスのテンポラリオブジェクト(以下a)のコピーコンストラクタが呼び出される。
(3) errオブジェクトのデストラクタが呼び出される
(4) catch文まで到達
(5) aオブジェクトのデストラクタが呼び出される。

VC7.1では、【1】は以下のように動作します。
(1) errオブジェクトのコンストラクタが呼び出される
(2) catch文まで到達
(3) errオブジェクトのデストラクタが呼び出される。

コンパイラがオブジェクトのコピーを省略しているようです。

Q{x = x>y ? x:y; return x;}

#include <iostream>
using namespace std;

inline int max(int x, int y){x = x>y ? x:y; return x;}

int main()
{
int num1, num2, ans;

cout << "2つの整数を入力して。\n";
cin >> num1 >> num2;

ans = max(num1, num2);

cout << "最大値は" << ans << "です。\n";

return 0;
}
の{x = x>y ? x:y; return x;}の部分の意味が解りません。

Aベストアンサー

inline int max(int x, int y){x = x>y ? x:y; return x;}
これを普通に関数で書くと

int max(int x, int y)
{
x = x>y ? x:y;
return x;
}

です。

x = 部分は右辺の結果が代入されます。これはわかりますよね。
x>y?x:y;
と書くと?より左にある条件式を判定し、その結果が真である場合は:で区切られた左側の値を、偽である場合は右の値を帰します。
x>yが真であればxを、偽であればyを返します。
それが、左辺値xに代入され、関数の戻り値として帰ります。

従って、2つの値をこの関数に入れると、大きいほうの値が帰ることになります。

Qfp = fopen(argy[1], "r");の[1]の意味は

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8940272.html
 の11行目に
fp = fopen(argv[1], "r");の[1]の意味が分かりません。
試したいのですが、ソフトがうまく動きません
 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

前の例題も読みました。

大分苦戦しているようですが、配列については理解が進みましたでしょうか?
お答えしますと、最初のパラメータ文字列が代入されています。

古いC言語の約束でして大変有名なものです。

コマンドラインコンソールから実行ファイル名を書いて、
パラメータをスペースで区切って指定したとします。

このパラメータ文字列が[1]以降に入ります。
例として、"test"と言う名前の実行ファイルがあったとします。

例)> test test1 test2 3 4

このようにコマンドラインから入力し実行すると、

argc = 5
argv[0] = "test"
argv[1] = "test1"
argv[2] = "test2"
argv[3] = "3"
argv[4] = "4"

と文字列が入ってきます。

以下はサンプル。

void main( int argc , char *argv[])
{
if( argc < 2 )
{
// パラメータ指定がなかった場合の表示
printf( "test に続けて4つまでパラメータを入力できます\n");
exit(0);
}
if( argc > 5 )
{
 // パラメータが5つ以上あった場合の表示
printf( "5つ以上のパラメータは受け付けません\n");
exit(-1);
}

// 正常ルート
printf( "パラメータの数は%d個ですね?ニヤッ\n", argc-1);
printf( "最初のパラメータは%sでしょ?\n", argv[1]);
printf( "残りはargv[2]以降ですが、面倒なので表示しません\n");
}

と言う具合に、引数を活用できます。argv[0]には、実行ファイル名が入ります。
argc は実行ファイルの名前も含めてカウントされます。

プログラムによっては必要な引数の数が変わりますし、
ユーザーのコマンドラインからの入力ミスなどでパラメータがなかったり、
必要なパラメータが不足していたりしますので、
argcとargvを使って最初にシンタックスエラーチェックをするのが常道です。

実行ファイル名の指定がなく、プログラムが実行されることはないと思われます
から、argcは1以上の値になります。

argc, argvの活用は、
実行コマンドを手打ちで打ち込むコンソール形式でよく用いられる基本的な
アプリケーションの開発手法です。

ご質問の箇所は、
第一パラメータにプログラム内で読み込むファイルのファイル名を指定してるの
でしょう。(よくあります)

しかし、Windowsなどのウィンドウを使用するアプリケーションは、
これとは違っておりますので注意が必要です。
(C言語とは別に、Windowsに特化した開発ノウハウの勉強が必要です)

Windows系で上記の様な基本的なプログラムを作成する場合は、
プロジェクトの作成時に(VisualStudioなどで)コンソールアプリケーション
を選んで作成します。実行時にコンソールが開きます。

Linuxの場合は、コンソールがデフォルトになっているでしょうから、
(特殊な設定がなければ)そのまま作成できます。

テキストエディタでソースを記述し、gcc などでコンパイルします。
実行形式ファイルが出来ていれば、想定どおりの動作をするでしょう。

ファイルの読み込みが出来るようになったら、
ファイルの内容を書き換えて保存したり、
ファイル名を変えたり、
ディレクトリ内のファイルを全て表示したり、
ファイル内に含まれる文字列を検索し、該当するファイルをリストしたりなど、

有用なサンプルプログラムを沢山作って練習します。

ファイルを読み込む先は、char型の配列でバイトサイズのメモリーとして確保
します。メモリーと変数の関係を充分に理解することをお勧めします。
殆どのプログラムは、このメモリーの確保やメモリーサイズの計算と格闘する
場合が多くなるからです。

バイナリー形式のファイル(すべてはバイナリー形式として良いのですが)に
ついて理解が深まった後は、
bmpの画像ファイル、wavなどの音声ファイルをあけて、
これの中身を書き換えて遊びます。

特にwavファイルは、音量の変更や周波数フィルタなども掛けれますので、
メモリ、配列、ファイルの関係を(焦らずに)ゆっくり理解するだけで、
今の知識レベルでも面白いことが沢山出来ます。

以上、ご参考に成れば。

前の例題も読みました。

大分苦戦しているようですが、配列については理解が進みましたでしょうか?
お答えしますと、最初のパラメータ文字列が代入されています。

古いC言語の約束でして大変有名なものです。

コマンドラインコンソールから実行ファイル名を書いて、
パラメータをスペースで区切って指定したとします。

このパラメータ文字列が[1]以降に入ります。
例として、"test"と言う名前の実行ファイルがあったとします。

例)> test test1 test2 3 4

このようにコマンドラインから...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報