有給休暇は残日数分であれば全て連続して取ることが出来ますか?
それともMAXが決まっていますでしょうか?

A 回答 (3件)

有給休暇は、労働者が希望した日に取得でき、会社の許可は不要です。


もちろん、連続して取ることも法的には何の問題もありません。
ただ、連続して休むことで、他の同僚に迷惑がかからないような配慮をしたり、社風になじまないなどの問題がでないように注意は必要かと思います。

又、会社には有給休暇の取得に関して「時期変更権」がありますが、これは、有休の取得が事業の正常な運営を妨げる場合に、会社が社員の希望する有休の取得日を他の日に変更することが出来るできる権利ですが、これには厳しい条件が有ります。

時期変更権」については、参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.ss.iij4u.or.jp/~naoki-k/law/roukihou1 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2001/12/15 09:22

MAXは会社によって違うと思います。


もちろん法で定められていたり社で決められていたりするわけではありませんが、
裏社則みたいなものとしてMAXはあるはずです。
あとは有給を取る理由によってでしょうか。
例えば入院したいが、傷病休暇は認められない会社(法的に言えばそんな会社あるはずないのですが実際はよくあるでしょう)で、入院を有給にしてもらう場合なら、すべて使えるかもしれません。
ちなみに、市役所は有給が最大40日あるのですが、中途退職する人が、辞める前の日まで連続して取ってました。週休2日なので、8週間。2ヶ月も・・・。
どうせ辞めるんだから何言われてもいいということでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/16 12:31

会社には「時季変更権」があります。


業務上、大きな支障がある場合、労働者から申請があっても、別の時期に取るようになったり、連続して取れる日数を制限されたりします。
会社の社風によりますが、20日残っているからと言って、20日連続で取れる会社は、まずないでしょう。
せいぜい1週間でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2001/12/15 09:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q有給休暇の残日数について

私の勤めている会社では、有給休暇の残日数を把握する為には、管理している部署に訊ねる以外にありません。

しかし、友人数名に聞いたところ、みんな毎月の給料明細に有給休暇の残日数が提示されていると言っておりました。
新卒で現在の会社に入社しているため、ほかの会社に勤めた経験がありません。なので、友人達が勤めている会社のやり方のほうが正しいのではないかと思ってしまいます。

そこで質問なのですが、有給休暇の残日数は、通常給料明細に提示されるものなのでしょうか?
必ず提示しなければいけないという決まりはあるのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

給料明細に記載するかどうかは会社の判断です。
決まりはありません。基本的に自分で管理するべきものですから。

弊社では以前の給料の計算ソフトでは無かったのですが、xp対応になってから印字されますw
このように、会社あるいは給与計算の部署で決めてもかまいません。

Q年次有給休暇の日数について

従業員が10名以下の事業所です。
就業規則に、半年勤務後から有給休暇を5日与えると、
記載されてます。1年後、2年後の日数は記載されてなく、
1年間に5日と記載があるだけです。有給休暇は取得しているのですが、
この日数は労働基準法違反になるのでしょうか。
労働基準法にのっとった日数があれば教えて頂けないでしょうか。
また、有給休暇の日数のサイクルは1月1日~12月31日なのでしょうか。
それとも4月1日~3月31日なのでしょうか。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。
労働基準法に照らし合わせると、5日間しか有給休暇を与えないのは違反です。
平成13年度以降に入社された方なら、
入社日から6ヶ月後:10日
入社日から1年6ヵ月後:11日
入社日から2年6ヵ月後:12日
入社日から3年6ヵ月後:14日
入社日から4年6ヵ月後:16日
入社日から5年6ヵ月後:18日
入社日から6年6ヵ月後以降:20日
というのが基準法で定められた日数です。
ただし、パートさんなど、正社員よりも勤務日数や勤務時数が短い人の場合は、減らしてもいいことになっています。(この日数にも定めがあります)

有給休暇の日数のサイクルはあくまで「入社日」を基準に算定することになっています。
たとえば今年の4月1日に入社された方の場合、6ヵ月後は10月1日なので、
平成19年10月1日~平成20年9月30日までの間で10日付与
となります。
仮に翌年10月1日の時点で、5日間残っていたとしたら、翌年の日数は、
平成20年10月1日~平成21年9月30日までの間で、11日+前年の残日数(5日)=合計16日を付与
となります。

また、参考までに申し添えますと、労働基準法を上回る規程は合法で有効性がありますが、労働基準法を下回る規程は労働基準法で定める条件まで引き上げられます。
ご参考になれば幸いです。

こんにちは。
労働基準法に照らし合わせると、5日間しか有給休暇を与えないのは違反です。
平成13年度以降に入社された方なら、
入社日から6ヶ月後:10日
入社日から1年6ヵ月後:11日
入社日から2年6ヵ月後:12日
入社日から3年6ヵ月後:14日
入社日から4年6ヵ月後:16日
入社日から5年6ヵ月後:18日
入社日から6年6ヵ月後以降:20日
というのが基準法で定められた日数です。
ただし、パートさんなど、正社員よりも勤務日数や勤務時数が短い人の場合は、減らしてもいい...続きを読む

Q出向先(海外)での有給休暇の日数

海外出向時における有給休暇の考え
今現在、中国に出向しています。
日本の出向元での有給休暇は年に14日。
しかし出向先の中国の工場(現地法人)では、初年度は7日となっています。
この場合は、日本人駐在員は、現地ローカルスタッフとは別に、
出向元の14日と同じく出向先中国でも14日間、
有給休暇が使えるという理解でよろしいのでしょうか。
会社によってルールが違いはあるとは思いますが、
一般的な会社のパターンでご回答頂けますか。

Aベストアンサー

現地のスタッフと日本から派遣された駐在員の扱いが同じというのは、考えにくいです。
出向元での有給休暇(14日)に加え、駐在している土地のハードシップに応じた休暇が与えられる、というのが一般的ではないでしょうか?
ただ、あくまでも、そういう会社が多いというだけで、御社の場合がどうかは、人事部などに確認してみなくてはならないと思います。
他にも、健康診断はどうするのか?
一時帰国は、一定年数経過後、できるのかどうか?
などなど、確認が必要なことがあると思います。
会社の懐具合や考え方によって、海外駐在員の待遇には、随分幅があるものです。

Q有給休暇取得日数は公開しても良いのですか?

社内の誰でも見れる掲示板に、従業員が半年間で有給休暇を取得した日数を一覧にして公開されているのですが、これは会社として当たり前のことなのでしょうか?
進んで取得を促しているという雰囲気の会社ではないので、この掲示が取得を促す為のものとは思えず、『あなたはこれだけ休みが多いですよ』と言っているようで、不快感を持っている人もいる状態です
このような行為は会社として当然なことなのでしょうか?それとも行き過ぎな行為なのでしょうか?特にきまりもなくそれぞれの会社の自由なのでしょうか?また、従業員として掲示をやめさせることはできるのでしょうか
単にやめて欲しいと言っても、とりあってもらえることはないと思います

Aベストアンサー

個人の情報ではありますが、個人情報で言うところの個人情報には該当しません。
他の法律でも、掲示しちゃダメってのは無いかと。

せいぜいプライバシーの侵害だって主張をする程度とか。


> 従業員として掲示をやめさせることはできるのでしょうか

通常であれば、職場の労働組合などを通して団体交渉するとか。
組合が無い、機能していない状況でしたら、社外の労働者支援団体へ相談してみる事をお勧めします。

Yahoo!トップ>ビジネスと経済>労働>労働組合
http://dir.yahoo.co.jp/Business_and_Economy/Labor/Unions/

の、
全国労働組合総連合(全労連)
全国労働組合連絡協議会(全労協)
など。

Q有給休暇は労働日数に含めていいでしょうか。

賃金台帳に記入する時に、有給休暇を取った日数も含めていいですか?ということは当然労働時間にも、有給の分も一日の所定時間数を足すべきですよね。
日数は含めるべきであるような気がするのですが、感覚的に時間を足すのに躊躇しています。一致しなければおかしいのですが。

更に通勤手当を「一日いくら」と決めている場合、休んだ時は交通費が発生していないわけですが、
1.その分の通勤手当はなし
2.必要とされている
3.会社の取り決めによる
のどれでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 旧労働省の通達によりますと、「年次有給休暇の日数及び時間を実際に労働に従事した日数及び労働時間数とみなして、それぞれ該当欄に記入するが、その日数及び時間をそれぞれ該当欄に別掲し括弧をもって囲んで記入されたい」となっています。

 通勤手当については、会社が自由に定めていいものです。ただし、その内容が、年次有給休暇を取得したことで、労働者が不利益が被る場合には、無効となります。通勤手当が実費弁償の意味合いであれば、休暇を取得した日の支払いがなくても、不利益とは言えないでしょう。

 なお、労働基準法や、その法令解釈については、労働調査会という出版社の「労働基準法解釈総覧」が参考になります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報