近くのに火葬場があってほとんど毎日何台かの霊柩車を見るのですが、いろんなタイプがあるのです。
1.キンキラキンの仏壇のようなやつ。
2.1の上に大きな竜が乗ってるやつ。
3.黒い革張り屋根のリムジンタイプ。
4.白い革張り屋根のストレッチリムジンタイプ。
5.普通の1BOX車?型(黒塗りだけど)

コレって、宗教の宗派とかで決まるんですか?
それとも、コレに乗せたい、と遺族が選ぶのですか?
選んだ葬儀屋で決まってしまうのですか?
いつも見るたび思ってました。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

祖父の場合は自宅で亡くなりましたので、葬儀屋のカタログにあった霊柩車で選びました。


タイプは1しかありませんでしたが、飾りの下の自動車が日本車か外車かでお値段が違っていました。
ちなみにわが家は、日本人なんだから外車なんてダメだということで、日本車タイプにしましたが・・・

祖母の場合は病院で亡くなったため、病院から自宅に遺体を搬出する時に使われたのは、葬儀屋が一方的に手配した3でしたけれど、自宅から斎場へ向かう時は喪主が自由に選ぶことができましたので、祖父と同じく1の日本車タイプを使いました。

ちなみに山形に住んでいた父方の祖母が亡くなった時は、ちょっとした飾り(1のようなハデなものではない)を付けたマイクロバスの後部に棺の収納スペースがあって、遺体と親戚一同が1台の車で移動するというものでした。
葬儀屋が適当に手配してくれたんですが、当時は、これって霊柩車なの?と思ったものです。

結論としては、宗派などはあまり関係ないです。
葬儀屋によって所有しているタイプが違っていて、その中から喪主が自由に選ぶ、ということではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
マイクロバスタイプはこちらでは見たことありません。
全国各地にいろんなタイプがあるのですね。
自由に選べると初めて知りました。

お礼日時:2002/01/16 23:50

お住まいの自治体やケースによって異なります。


私の隣の自治体では、霊柩車はすべて自治体で運営のため、種類は1種類だけ・選択の余地無し。ただし、忙しい時期には足らなくなるので、その場合は喪主が了解すれば葬儀社の運搬用車両で火葬場までとい言う場合もあり。
私の自治体は、基本的に自由。依頼した葬儀社によっては自己の所有の霊柩車のみ。一般的には、霊柩車はタクシーのように緑ナンバーですので、霊柩車会社というのもあります。その場合、車種によって料金も異なりますので、ご予算によって異なりますね。
もちろん、宗教の宗派とかで決まるということはありませんが、仏式らしいものようしきらしいものを宗教によって選択するという事はあるでしょうね。
あと、生活保護者など福祉での葬儀などでは、霊柩車が使えませんので葬儀社の搬送者で運びますね。
以上簡単ですが、amida3@坊さんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
自治体によって格差があるようですね。
どうやら私の地区では、自由に選べるようです。
私が死後乗るんだったら、地味な奴でいいです。

お礼日時:2002/01/16 23:55

病院に出入り(?)するタイプは3.4.と普通のバンやワンボックス(色はダークカラーか白)で、華美でないものです。

ストレッチャーが特殊(病院で葬儀社専用に乗せ換える)なため、車自体はごく普通のものです。葬儀社の名前も無かったり、あっても目立たないタイプが多いですね。

名古屋は1.が圧倒的に多いですが、車のタイプは親類の葬式の時値段別になっているのを見ましたよ。2.は見たことが無いです。葬式は現在あんまり宗派とか関係なく依頼出来ます。宗派ごとに頼むぼっさんが違うだけですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
霊柩車と宗派は関係ないんですね。
値段別になってるとは、ちょっとみえを張ってしまいそうですね。

お礼日時:2002/01/16 23:47

予算によって、喪主の都合で決めることが出来ます。



葬儀屋さんにもよりますが、
たいていの場合は写真で見て、気に入ったもの(?)を選ぶことが出来ます。

ただし、病院から遺体を搬出するときは、
>3.黒い革張り屋根のリムジンタイプ。

これだけは選べないようです。

参考URL:http://www.osoushiki-plaza.com/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
選ぶことが出来るということが解っただけでも良かったです。
カタログで選べるんですね。
故人への最後の孝行というところでしょうか。

お礼日時:2002/01/16 23:41

私の祖父が亡くなった折りには、喪主(伯父)の「キンキラの霊柩車は好きじゃない」という宗教的・宗派的理念とは関係無い、純粋なる好みにより3番のタイプの黒い霊柩車で斎場に運びました。


(ですから経験者・自信あり・・・他の方の意見は違うかもしれませんが)

とりあえず、そのときにお願いした葬儀社(地元ではそれなりに大手)には普通の金ぴかの霊柩車もありましたので、希望すれば使えたようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
選べるというだけでも私の知識の泉は肥えました。

お礼日時:2002/01/16 23:38

父の葬儀の時は、選べましたよ。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
「選べる」ということが解っただけでも大収穫です。

お礼日時:2002/01/16 23:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qそう言えば、最近、昔ながらの霊柩車って見ますか?

地域性もあるのでしょうか?
葬儀で見る霊柩車はどれもライトバンのような洋型で、屋根の付いている霊柩車(宮型)はすっかり見かけなくなりました。

少なくなった理由があるそうです。
ちょっと調べたら・・・
・家族葬が増えて、見た目で目立つ霊柩車よりも目立たないものを好むようになった。
・火葬場への道すがら、宮型霊柩車の乗り入れを嫌がる自治会がある。
・宮型霊柩車は、購入するにも維持するにもお金がかかる。
だそうです。

さて、皆さんのところでは、最近見かけますか?

Aベストアンサー

田舎です。昔の霊柩車は見なくなりました。

去年亡くなった叔父が生前には「俺が死んだら派手な立派なあの霊柩車(宮型)で火葬場に送って欲しい!」と言っておりました。葬儀屋さんにあのゴージャスな霊柩車を、と探して貰いましたが今では需要が少なく宮型はありませんと言われました。理由は質問者さんの調べたとおりでした。
何とか探し出したのは白い霊柩車で、それで火葬場まで送ってもらいました。

Qコレっていわゆる「江戸仕草」?

どこにポストしていいのかわからないので、まことに失礼ながら2カ所のトピで質問させていただきます。


噺家の八代目林家正蔵(彦六の正蔵)に関する文章を読んでいて、気が付いたことです。

八代目正蔵は「飲食店では、知り人にあっても挨拶をしたり声をかけたりしてはいけない」ということをしばしば弟子や知人に語っていたそうです。

「最後の江戸っ子」とまで言われた正蔵師匠のことですから、最初僕は、これを江戸時代から伝わるマナー、いわゆる「江戸仕草」の一種だろうと解釈しました。
ところが、いざこれを実践しようとなると、やはり「挨拶をしないことへの抵抗感」があって、違和感を感じざるを得ません。


これは果たして本寸法のマナーなのか、それとも正蔵師匠が勝手に決めていたルールなのか。御存じの方、教えてください。

Aベストアンサー

 
 無作法入門 ~ 江戸に野暮なし、沈黙に技あり ~
 
 1.不倫は文化である
 
 待合茶屋は、ただの飲食店にあらず。ちょいとめかしこんでいれば、
待ち人が現れたりするので、気を利かせて、そしらぬふりをします。
 まちがっても、後日「いつぞやは、どうも」などと云わぬことです。
 
 2.芸人は玄人ごのみ
 
 自由気ままにみえる芸人にも、それなりの節度があり、堅気の素人女
には手を出さないのが原則です。女郎や芸者のような玄人なら、たとえ
羽目を外しても“悋気応変”大さわぎしないから安全だったのでしょう。
 
 3.武士は相見互い
 
 郭であそぶ侍は、大門をくぐると深編笠をレンタルします。
 知った顔に出会うと「やゃ、これはこれは、武士は相見互いでござる」
と云って、たがいに顔をそむけ、後日におよんでも口外しないためです。
 
 4.杉浦 日向子いわく
 
…… 長屋では、新入りの者に対する「三つのマナー」があったという。
「一は生国を聞かず、二に家族構成を質さない、三に年令を訊ねない」
http://d.hatena.ne.jp/adlib/20050722 江戸学でござる
 

 
 無作法入門 ~ 江戸に野暮なし、沈黙に技あり ~
 
 1.不倫は文化である
 
 待合茶屋は、ただの飲食店にあらず。ちょいとめかしこんでいれば、
待ち人が現れたりするので、気を利かせて、そしらぬふりをします。
 まちがっても、後日「いつぞやは、どうも」などと云わぬことです。
 
 2.芸人は玄人ごのみ
 
 自由気ままにみえる芸人にも、それなりの節度があり、堅気の素人女
には手を出さないのが原則です。女郎や芸者のような玄人なら、たとえ
羽目を外しても“悋気応変”大さわぎしないから安...続きを読む

Qピカピカ光ってない霊柩車

霊柩車は、ピカピカ金色で光っている車しかないと思ってましたが、先日、耳にした所・・・

黒いリムジンみたいな、霊柩車があると聞きました。
窓も後ろは、全くついてないみたいなんです。

ほんとに、そんな霊柩車あるんでしょうか??

Aベストアンサー

 No5です。霊柩車と宗教は関係ありません。遺族がどちらにするか選んでいます。仏式でも洋型をつかいますし、無宗教で宮型を選ぶときもあります。

 宮型が少なくなってきている理由は大手業者からのレンタルでレンタル料が高いこともありますが、一般的に宮型より洋型のほうが料金が安く設定されているので喪家も費用が安くすみますし業者も自己保有の霊柩車を使うほうが当然売上げになります。もちろん保有するために経費はかかりますのでそのぶんは少しでも早く回収したほうがいいですからね。喪家が宮型ではいかにも霊柩車っぽくてちょっと・・・という場合もあります。

 最近霊柩車をあまりみかけないと感じるのは宮型が多いのでまったく気づかないからです。火葬場の近くだと当然一日に何台も走ってます。

Q黒留袖について

56歳主婦です。
親友のお嬢様の結婚式に招かれました。

色留袖を着て出席する事が妥当とは思いますが、現在に至るまで一度も黒留袖(自前)を着たことがありません。
色留袖は何度も着ているので、今回は問題なければ黒留袖を着たいと思いますが、やはり親族以外の出席者が黒留袖はマナー違反になりますか? 教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。私は男性ですが、妻が質問者様と同年代ですので参考までに失礼させていだたきます。
結婚式の正装は女性は黒留め袖になりますが、やはり一般的には親族以外は控えてます。
私達夫婦は、長女の結婚式に合わせて、私はモーニングコートを妻は黒留め袖を新調しましたが、次女の結婚式までは出番はありませんでした。
甥や姪の結婚式にも妻はドレスでした。
その他の結婚式でも、黒留め袖は新郎新婦の母親と祖母や伯母(叔母)までが一般的です。
質問者様は、新婦側の親御さんのご友人になりますから、席次ではお客様扱いとして上の方になるかと存じます。
やはり、イメージとして浮いてしまいますね。
女性として黒留め袖が似合うお年頃ですから、着てみたいお気持ちはお察ししますが、全体的な雰囲気では色留め袖の方が無難に思います。

Q霊柩車がスピードをかなり出しているのは何故ですか?

霊柩車がスピードをかなり出しているのは何故ですか?

ご遺体を乗せていない(仕事を終えて回送中だと思う)霊柩車が
バイパスなどの幹線道路でかなりの猛スピードで車線変更を繰り
返しながら他の車両をどんどん追い越して行く光景を目にします。
次の仕事に間に合わせるために急いでるのでしょうか? それと
も単に早く帰りたいだけなのでしょうか?

Aベストアンサー

本当にご遺体が乗っていないのなら分かりませんが、乗っていた場合でしたら、

当方の地域では霊柩車を追い越すとその人より早く死ぬ、霊柩車に抜かされるとその人より長生きするという言い伝えがあります。
たまに急ぎで早く行きたいのに霊柩車が走っていると追い越したくても追い越せず(知らない方はバンバン抜かしますが)どこかで曲がるまでずっとノロノロ?運転になります。
なので、最近は気を利かして飛ばしていたりするのかな?

Qマンションタイプのお墓の探し方

横浜市の根岸線エリアに、マンションタイプのお墓があるでしょうか? ネット検索ではうまく探せないのですが…

Aベストアンサー

関内駅のそばに「関内陵苑」っていうのがありますけど、エリア外でしょうか。
室内型のお墓だったと記憶しています。

Qバス型霊柩車について

霊柩車は1種免許で可能というのは把握しておりますが、霊柩バスは大型二種免許が必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

まず、「二種免許」というのは、
「乗客から運賃をいただくための運転免許」と理解してください。

それを踏まえたうえで、
霊柩バスに乗車する遺族・友人等が“運賃”を払うとは考えにくいので、
二種免許は不要と思います。

車がタクシーやバスの形をしていても、“賃走”でなければ二種免許は不要ということです。

Q忌中見舞いの時の袋は黄色ですか?黒ですか?

昨晩親戚が亡くなりお香典は辞退されています。
忌中見舞いにして父が持っていくといっているのですが
袋がわかりません。
教えてください。

Aベストアンサー

香典を辞退する家が、名目を代えれば受け取るのですか。
変な家ですね。
いずれにしても、亡くなられたばかりですから「黒白」です。

Q霊柩車について。 その2

先日、霊柩車の遺体は貨物に当たると教えていただきありがとうございました。

さて、霊柩車に遺体と共に親族の方が同乗する場合がありますが、
この場合、旅客になり「一般乗用旅客自動車運送事業(タクシー・ハイヤー)」
としての運行にはならないのでしょうか?

ちなみに、一台の車両で旅客と貨物の両方を乗せどちらからも運賃を頂くことは
法律的に可能でしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

貨物自動車運送事業法を見る限りでは
霊柩車について同乗を認める記載がありませんので
慣習により暗黙の了解とされていると思います。
(一般乗用旅客自動車運送事業の許可は不要ということ)

>一台の車両で旅客と貨物の両方を乗せどちらからも運賃を頂くことは
>法律的に可能でしょうか?

いままで許可されたことはないと思いますよ。
役人が許可すればできないこともありませんが、
業界の問題が発生するのでできないでしょう。

同乗については
貨物自動車運送事業法及び標準貨物自動車運送約款、標準引越運送約款で
特に記載がありませんが
役人に言わせれば同乗には一般乗用旅客自動車運送事業の許可が必要と言うでしょう。
ただし、1社で貨物・旅客の両方の許可取得は可能であるが
1車で重複しての運賃収受はできないと思われます。

同乗を認めてしまうと先のように業界間の問題が発生してしまうので
法律・約款で同乗は認められていません。(特に記載はありません。)
しかし、運輸業界側の解釈として#1のように
荷物の監視などの目的として同乗が可能としています。

同乗で業界間で問題が発生した例。
ある運送業者が秋葉原の電気街で買い物をしたお客の荷物を荷台に
お客は助手席に同乗させたことからタクシー側から抗議が発生した。

結局のところタクシーに積めない荷物(遺体含む)であれば同乗しても
タクシー側からの抗議が発生しないが
手荷物程度の荷物で同乗させると問題ありということです。

こんばんは。

貨物自動車運送事業法を見る限りでは
霊柩車について同乗を認める記載がありませんので
慣習により暗黙の了解とされていると思います。
(一般乗用旅客自動車運送事業の許可は不要ということ)

>一台の車両で旅客と貨物の両方を乗せどちらからも運賃を頂くことは
>法律的に可能でしょうか?

いままで許可されたことはないと思いますよ。
役人が許可すればできないこともありませんが、
業界の問題が発生するのでできないでしょう。

同乗については
貨物自動車運送事業法及び標...続きを読む

Qギフト商品は割引前or割引後どちらの価格で選ぶ?

ギフト専門店のカタログで「掲載商品すべて○○%OFF」と表示されているものがよくあります。

たとえば「すべて50%OFF」の表示があるカタログとします。
予算5000円でギフトを贈ろうとしていた場合、
50%OFF前の金額で考えて5000円のギフトを選ぶ(支払いは2500円)のが適切でしょうか?
それとも
実際の支払額で考えて10000円のギフトを選ぶ(支払いは5000円)のが適切でしょうか?

お祝い返しの品で頭を悩ませています。

そもそも、
ギフト商品の元値って怪しいなぁと思ってしまうのは私だけでしょうか・・・?
50%OFFと表示して売ることを考慮して、
最初から10000円の価格帯の商品が5000円相当の品であるなんてことがあったりしますか?

ギフト商品に関してお詳しい方がいらっしゃいましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ギフト商品の定価が本当に定価なのであれば、私は値引き前で計算します。
>予算5000円でギフトを贈ろうとしていた場合、
>50%OFF前の金額で考えて5000円のギフトを選ぶ(支払いは2500円)
>実際の支払額で考えて10000円のギフトを選ぶ(支払いは5000円)
私なら前者ということになります。
次回似たようなことがあった場合、50%OFFで購入できなかったとしたら、
支払いはどちらも5000円でも、今回は10000円、次回は5000円のものになってしまうからです。
また相手が偶然商品の値段を知った場合、倍の金額のものを貰った…という認識になりますし。
当然相手は値引き商品を買ったとは思わないでしょうから、頂き過ぎだと感じると思います(^^;
私は相手に渡る商品価値がいくらのものか、というのを基準にします。
セールや割引による支払額の変動は、贈る側の都合なので(^^;

ただ、前の回答者さまも似たようなことをお書きですが、
これはその商品の定価が本当に正しければ…です。
最初からずっとその「値引き価格」で販売していて、定価○○円と書いてあるものの、
その定価では買うことはない…というもので、
お得感を出すためにそういう表記をしているならば(一種の詐欺ですけど…^^;)、
実際は値引き後の価格が予算になると思います。
(質問文にある元値が怪しいというのは、私もありえると思っています。
 特にネットではかなり疑わしいなと。常に○○%値引き!とかいうとこ、ありますよね…)

また、例えばスーパー等でも売っている物で、実際ギフト箱分買ってもこの価格にならない…
という場合は多々ありますが、私はギフト商品の売値で考えます。
実際スーパーで買って自分で箱に詰め合わせることはないですし(笑)。
よそでそのギフト商品がいくらか見てみた場合、
どこで調べても大きく定価が変わらないのであれば、
そのギフト商品は定価分の価値の商品だと解釈しています。
(仮に相手がどこかで同じものを見た場合、購入額と同じ金額ならいい、と考えてます)

ギフトは、どういう時の贈り物かにもよりますが、
大体の場合は貰った側はいくらくらいかな~とは思うと思います。
その場合、例えば食用油の詰め合わせだったとして、
スーパーで売ってる値段×本数とかで計算するでしょうか?
やはりそのギフト商品の定価で「頂いた額」を計算します。
なので、表示価格が定価どおりかどうか疑わしい商品は、私は選びません。
有名メーカーのものであれば、そういうごまかしはきかないので、
なるべくそういう選び方をするようにしています。
例えば食品ギフトやファブリックなら、
有名メーカーや産地の物の方が自分も信頼できるし、相手も安心です。

実家元の生活で頂くこと、贈ることが多いので、
その経験を元に書かせていただきました。
贈り物の考え方は人それぞれという部分もあるので、外れていたらすみません(^^;
1つの考え方として参考になれば幸いです。
長文失礼しました。

ギフト商品の定価が本当に定価なのであれば、私は値引き前で計算します。
>予算5000円でギフトを贈ろうとしていた場合、
>50%OFF前の金額で考えて5000円のギフトを選ぶ(支払いは2500円)
>実際の支払額で考えて10000円のギフトを選ぶ(支払いは5000円)
私なら前者ということになります。
次回似たようなことがあった場合、50%OFFで購入できなかったとしたら、
支払いはどちらも5000円でも、今回は10000円、次回は5000円のものになってしまうからです。
また相手が偶然商品の値段を知った場合、倍の金額のものを...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報