出産前後の痔にはご注意!

今年の発表会ではショパンの革命を何とか弾きました。
練習期間2ヶ月くらいで大変な思いをしたので来年はあせらないようにと今から曲を考えています。
革命は憬れの曲だったのですが私は手が小さくオクターブがやっと届くくらいなので練習中は右手が痛く痛めて一生弾けなくなるのでは(大げさ)とは思うくらいでした(;~~) 
オクターブが出てくるのは仕方ないのですが・・・あまり手に負担をかけない曲を教えてください。お願いします。
好きな曲の雰囲気は革命や、熱情、幽鬼の群れなどが好きです。
ヨロシクお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

もう一曲手が小さくても可能な情熱的(?)な曲あり


ました。
ベートーヴェン「テンペスト」
これなら弾けるのではないでしょうか?
3楽章はモロ「エリーゼのために」の情熱版です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
「テンペスト」は好きな曲ですが・・・
長いのが難点ですね(>_<)

お答えいただいた皆様ありがとうございました。

お礼日時:2006/01/18 00:18

こんにちは。



私も手が小さいです。 私より体が小さい人の手が、私より大きかったりして、これはショックでした! そして、両手ともに、薬指のほうが人差し指より短いんです。

さて、手の小さい人でも弾きやすい 情熱的な曲ですよね。
私のお勧めは、シューマン作曲の「飛翔」(幻想小曲集 作品12 の 2曲目)です。
1箇所、最後のほうで 少し困難なところ(10度で和音)があるのですが、これはアルペジオで弾けばいいと思います。すぐ過ぎ去ってしまいます(笑)、長くは続きません。

とても日本人に親しみやすい ピアノ曲です。人気ありますよ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
飛翔は好きな曲なのですが・・・
友達が既に弾いていて、しかもその友達がすごく上手いので
それより上手く弾く自身がないので別の曲が良いかと・・・(>_<)
ありがとうございましたm(_ _)m

お礼日時:2006/01/09 01:39

手が小さくて熱情的な曲は少ないです。


そこで比較的弾けるものは、ドビッシー「ベルがマスク
組曲」からプレリュード、あるいは月の光、パスピ
エ。
「子供の領分」のどれか。
変わったところでは、エリック・サティの「官僚的な
ソナチネ」
ベートーヴェンのソナタ作品78。
そんなところでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>>手が小さくて熱情的な曲は少ないです。
悲しいけど、そうですね(・_・;) 
やはり和音を省略して弾くしかないですね(;~~) 

お礼日時:2006/01/09 01:37

私の妻がとても小さな手です。


オクターブがぎりぎりの感じ・・・。
今まで、練習してある程度まで(最後まで練習していませんでしたが・・・)弾いていたいた曲は「悲愴」「別れの曲」でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
悲愴は3楽章だけ弾きました!
別れの曲は素敵ですが・・・ガンガン弾くのが好きなので静かな曲は練習中に眠くなってしまう私です(;~~) 

お礼日時:2006/01/04 01:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q手が小さくても支障のないピアノ曲を教えてください。

私は今ピアノを専門に勉強しています。
 しかし、手が極端に小さいため弾く曲に悩んでいます。オクターブがやっとで、オクターブの連続したメロディーやオクターブの中に他の音が入っている和音はほとんどが弾けません。
 個人で練習する時には音を省くなどをしてやっているのですが、試験や人前でも弾ける曲がなかなか見つからないのです。探すのも難しく、一つ一つ楽譜を見ていく次第です。
 好きな作曲家は、シューマン、ラヴェル、バッハなどです。技術はあまりなく、この前「水の戯れ」をやっと弾いたところです。音や音楽をつくっていくのが好きなので、シューマンのアラベスクや花の曲が特に気に入っています。
 もちろん激しい曲も好きです。少しの情報でもいいので、何かあれば教えてください。お願い致します。

Aベストアンサー

こんばんわ。
大学でピアノを専攻後、ピアノの指導をしているものです。
私は9度はムリです。体が大きく、手が小さいので先生に声楽を勧められたほどです。

ピアノを専門に勉強されている、水戯(大学時代、みんな「みずたわ」って言っていましたね~)を弾いたと
いうお話を聞きますと
もう随分前にドビッシーのアラベスクやショパンのワルツは弾かれていると思います。
そういうのをお勧めするのはちょっと失礼では・・(^_^;)

私が今まで弾いてきてどうにかなる!と思ったものをいくつか挙げてみますね。

リスト・・手、小さいクセに憧れました・
演奏会用練習曲の「レジェレッツア」「ため息」なんかはどうにかなると思います。
レジェレッツアは半音階が長く続くので手が小さく小回りが効くというお得感も味わえます。

ショパン・・・バラ2、3、スケ2くらいなら頑張ってみては??8曲中、この3曲は比較的どうにかなると思うんですが・・・。
エチュードは勉強になりますので弾いて見てください。基本ですよね。簡単ですがアンプロンプチュの1番も楽に弾けますよ。

バッハ、モーツアルトは言うまでもなく弾きやすいですよね。

近代の作曲家(ラベル、ドビッシー)はそんなに和音で苦労しなかった記憶が。

シューマンは即死!の曲が多かったので私はパスしてきました
(飛翔、ノヴェレッテンなど)

和音もどんどんチャレンジしてみてください。
手はもう大きくなりませんが、指は強くなり
広がるようになります。
私はムリだぁ!と言いながら英雄ポロネーズ弾きました。
(途中のオクターブの行列で死亡!でしたが)

また、思い出したら書き込みますね!

こんばんわ。
大学でピアノを専攻後、ピアノの指導をしているものです。
私は9度はムリです。体が大きく、手が小さいので先生に声楽を勧められたほどです。

ピアノを専門に勉強されている、水戯(大学時代、みんな「みずたわ」って言っていましたね~)を弾いたと
いうお話を聞きますと
もう随分前にドビッシーのアラベスクやショパンのワルツは弾かれていると思います。
そういうのをお勧めするのはちょっと失礼では・・(^_^;)

私が今まで弾いてきてどうにかなる!と思ったものをいくつか挙げてみま...続きを読む

Q手の小さいピアニスト

ピアノを長年弾いています。

音大は行っていませんが、とにかくピアノが好きで、病院でピアノ弾きのボランティアをしています。

私は女性で、体が小さく、オクターブは届きますが、9度は横から抑えてなんとか引っかかる程度です。

同じような悩みを抱えていらっしゃる方も多いと思いますが、曲によっては、指が届かないため、原曲通り弾けない曲がたくさんあります。全音ピースでFレベルの曲も弾いていますが、モーツァルトのトルコ行進曲は、オクターブ連打がとてもきつく、私にとっては難易度が高いです。

最近、若手の女流ピアニストで手の小さい方を見つけました。長富彩さんという可愛らしい方ですが、なんと、リストを得意としていらっしゃるそうです。某ウェブサイトによると、彼女の手は8度だそうです。彼女のようなピアニストが存在すること自体嬉しいのですが、ただでさえ手の大きなリストの曲をどうやって弾きこなしているのでしょう?確か、中村紘子さんもオクターブギリギリと聞いています。

きっと、影で並々ならぬ努力をしていらっしゃるのだと思います。

手の小さなピアノ弾きの皆様、工夫されていることなど是非教えてください!

ピアノを長年弾いています。

音大は行っていませんが、とにかくピアノが好きで、病院でピアノ弾きのボランティアをしています。

私は女性で、体が小さく、オクターブは届きますが、9度は横から抑えてなんとか引っかかる程度です。

同じような悩みを抱えていらっしゃる方も多いと思いますが、曲によっては、指が届かないため、原曲通り弾けない曲がたくさんあります。全音ピースでFレベルの曲も弾いていますが、モーツァルトのトルコ行進曲は、オクターブ連打がとてもきつく、私にとっては難易度が高いで...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。先日も回答させていただきました。

国際的に活躍するプロのピアニストでも、手の小さい人は結構多いので、それほど心配することではないと思います。例えば、ダニエル・バレンボイムなども、男性ですが、たぶん楽に10度が届くほど大きな手ではなさそうですし、女流ピアニストでは、マリア・ジョアン・ピリスという人が、非常に手が小さく、苦労したことが知られています。以前NHKで放送されたピリスのレッスンのテキストにも、「私のピアノの指使いは、手の小さい私専用で、楽譜に書いてある指使いとは違う」、「結構な努力をして(腕、指の横の移動、ペダルの使い方など)ここに至っている」と語っている言葉が掲載されています。また、かなり昔のピアニストですが、レオポルト・ゴドフスキーという超絶技巧の持ち主がいて、ショパンの、ただでさえ難しいエチュードをさらに難しくアレンジしたものを残しています。普通のピアニストは手を出さない難曲です。楽譜を見ていると、どんなに手の大きな人が書いたのかと思うのですが、実は、ゴドフスキー自身の手は9度しか届きませんでした。演奏の録音がわずかに残っていますが、10度の和音はすべてアルペッジョにして割っています。ゴドフスキーは、演奏技術で手の小ささを補っていました。このゴドフスキーの弟子に、ゲンリフ・ネイガウスという人がいて、リヒテル、ギレリスなどの大ピアニストを育てた人ですが、この人もまた手が小さく、「ピアノ演奏芸術について」という著書の中で、普通の人がつかめる和音を自分はつかめないこと、オクターブ連打の練習にも苦労したことを書いています。

ただ、オクターブの連打が難しいのは、手の大きい人にとってもある程度共通です。多くの人が思っているほど、手の大きさが絶対的に有利になるわけではありません。オクターブの連打は、誰にとっても壁の一つで、その練習のために手の病気になる人もかなりいます。また、近代、現代の曲には、オクターブより広い、9度や10度の連続が出てくる曲も時々あり、そういう場合は当然手の大きさだけでは克服できません。

さて、オクターブの連打に限らず、難曲を克服できるようにするには、技術が必要です。努力はもちろん大事なのですが、盲目的な努力ではなく、論理的、合理的な考え方で把握していかないと、本当の技術は体得できません。

オクターブの連打などで手が疲れるときは、たいていの場合、手首や下腕などに力が入って緊張しています。しかし、手首の力を抜いて柔らかく保つ、というのは、言葉で聞くと簡単なようですが、なかなか感得するのが困難で、そこを乗り越えられない人が多いです。それで、多くの学習者が、固い手のまま長時間オクターブの練習を重ねて手を壊します。また、手の小さい人は、手を広げること自体のために力を入れてしまうこともあるでしょうから、余計に手を固くしてしまう危険があります。このことに一番注意しなければなりません。まず一番大事なのは、力を抜く、ということです。

打鍵の時に使うテクニック、「動き」と言い換えてもいいですが、これには、指そのものの動き、つまり、指の付け根からの指全体の動き、手首の関節を柔らかくした手全体の振り、ひじ関節からの下腕の振り、そして、肩からの上腕の動きがあります。演奏時の疲労を減らすためには、この全ての動きをうまく組み合わせなければなりません。ただし、いつも均等に使うということではなく、パッセージのむずかしさや、求められる表現によって組み合わせを変えていきます。オクターブの連打の場合を例にとると、これは、動作としては「スタッカート」になり、上腕からの動きを加えた方が楽です。

今、四つの動きを挙げましたが、打鍵の瞬間のテクニックも一種類ではありません。手から腕全体の重みを、重力にまかせてストンと鍵盤に落とし入れるような「落下」の動作と、逆に手を鍵盤の近くに置いておき、瞬発的な動きで鍵盤を突き放すような動作があります。オクターブが連続していると、つい全部の音を同じ動作で打鍵していってしまいますが、これは疲労につながります。違う動作を混ぜるのが理想的です。さらに、手首の高さなども、いつも同じではなく、その時々で弾きやすい位置に移動した方が楽です。具体的に、どういう場合にどうすればよいかは、レッスンをしなければ伝えられないので、ここに書くことはできませんが、ジョルジ・シャンドールというピアニストが書いた、「シャンドール・ピアノ教本」が、あるいは参考になるかもしれません。

各種の動きの組み合わせというのがわかりにくい場合は、指の動きだけによる打鍵、手首の振りによる打鍵というように、それぞれの動きを個々に練習してみるのもよいと思います。一番重要なのは、いろいろな動きと組み合わせを理解するためには、とにかく遅いテンポで練習、確認を重ねることです。オクターブの連打が楽になるかどうかは、筋力や持久力の問題ではないので、早いテンポで何十回も繰り返すことだけによっては克服できません。

長富彩さんという方は存じませんでしたが、調べてみたところ、「ターブマン奏法」というテクニックを習ったと書いてありました。どういうものか見てみましたが、手の「回転」の運動で打鍵を助ける方法のようです。また、先ほど書いた、手の重みを使って自然に力を落とす奏法も習われたようです。こういった方法は、これまで書かれてきたピアノ奏法に関する本にも似たようなことは書かれていて、先述の「シャンドール・ピアノ教本」でも、「回転」や「自由落下」の動作が説明されています。つまり、これも複数の動作の組み合わせによる負担の軽減に当たり、こういう方法を身につければ、多少手が小さくても、難曲に対応できるようになります。

私自身は男性で、そこそこ不自由のない大きさの手なのですが、だいぶ前から、原因不明の手の硬直があって、つかむのが楽なはずのオクターブもつらい状態です。しかし、そういう状態になって、あらためて自分のテクニックを見直すことになりました。各種テクニックの「コーディネート」ができるようになって、困難なパッセージでも、技術で補えるようになりました。そして、練習時間の長さと上達が必ずしも比例しないこともわかり、無理、かつ無駄な練習をしなくなりました。

手に余分な力を入れず自由に保つことができるためには、椅子への座りかたや姿勢も大事になってきます。私の場合、テクニックを修正する段階で、椅子の高さをだんだん高くしていきました。低すぎると姿勢が崩れます。長富彩さんという方も、最初は低い椅子に座っていたのを、高くするように指導されたと書かれていました(Youtubeに出ている、留学前と後のビデオを比較するとわかります)。

ピアノ演奏の技術は、一生の勉強です。

長富彩さんの受けた指導について
http://tower.jp/article/interview/2010/10/20/70998

マリア・ジョアン・ピリスの演奏
https://www.youtube.com/watch?v=8t6_StAyOeg

こんにちは。先日も回答させていただきました。

国際的に活躍するプロのピアニストでも、手の小さい人は結構多いので、それほど心配することではないと思います。例えば、ダニエル・バレンボイムなども、男性ですが、たぶん楽に10度が届くほど大きな手ではなさそうですし、女流ピアニストでは、マリア・ジョアン・ピリスという人が、非常に手が小さく、苦労したことが知られています。以前NHKで放送されたピリスのレッスンのテキストにも、「私のピアノの指使いは、手の小さい私専用で、楽譜に書いてある指使い...続きを読む

Qピアノ発表会 小さい手の子のおすすめの曲

現在小学校2年生、男の子です。
体が小さく手も小さいですが、それなりに力はあります。
幼稚園の年少からピアノは習っていますが、毎年発表会に弾く曲に悩んでいます。
技術的にはインヴェンションや、ハイドンのソナタを弾くくらいの技術はあるようですが、手が小さく、本人の良さが出ないと先生に言われました。
本人は、お化けが出てくるような怖い感じの曲がいいと言っていますが、雰囲気的には、元気で明るい曲が似合いそうです。
何かお勧めの曲がありましたら、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは(^-^)
ピアノを教えています。

小学2年生で インベンションやハイドンのソナタが弾ける技術があって 手が小さいと本当に選曲に困りますね。
参考になるかわかりませんが どうかなぁ~と思った曲を。
☆ギロック こどものためのアルバムより 『ソナチネ』全楽章 もしくは1・3楽章など 男のお子さんが好みそうな曲調だと思います(技術的には簡単ですが)
☆お子さんご自身の希望を考えると 短調が良いかな…と思い モーツァルト『幻想曲 ニ短調 KV.397』は前半短調 後半はモーツァルトらしい 活き活きとした明るい長調になり お子さんの希望と 明るい元気な曲が合う…の両方の要素があると思います。
☆純粋に明るい曲なら モーツァルト『ロンド ニ長調』ほとんどオクターブがないし 小さなお子さんが弾くモーツァルトは非常にモーツァルトらしさが出る…とコンクールなどで感じる事があります。
☆パデレフスキー 『メヌエット』これは少し左手にオクターブがありますが 下の音だけにしても良いかな…です。トリルが多用されていて テクニックを披露するには良い曲がなぁ…と思いますが。
☆カバレフスキー 『フォーク・ダンス』なども面白いかなと思います。左手のオクターブや和音は 先生に上手に変えて頂くとか…☆最後に。技術的にはとても簡単になってしまいますが 成田剛 ピアノ レパートリー5巻の『海のバラード』は短調で非常にドラマチックなので 発表会には映えるかと思います。(男のお子さんに合うと思う曲です) 以上 お子さんの希望、客観的に合うと思われる曲を選んでみました。お子さんの演奏を直に聴かせて頂いた訳ではないので 的外れな選曲かもしれませんが ご参考までに。

こんにちは(^-^)
ピアノを教えています。

小学2年生で インベンションやハイドンのソナタが弾ける技術があって 手が小さいと本当に選曲に困りますね。
参考になるかわかりませんが どうかなぁ~と思った曲を。
☆ギロック こどものためのアルバムより 『ソナチネ』全楽章 もしくは1・3楽章など 男のお子さんが好みそうな曲調だと思います(技術的には簡単ですが)
☆お子さんご自身の希望を考えると 短調が良いかな…と思い モーツァルト『幻想曲 ニ短調 KV.397』は前半短調 後半はモーツァルトらしい 活き活き...続きを読む

Q1オクターブ以上の和音のないピアノ曲

ピアノ講師です。
生徒の弾く曲を探しています。
なかなか条件が難しく、困っているのでご協力お願いします。

♪ 手が小さい子です。
ギリギリ1オクターブが届くか届かないかというところです。
9度以上や、オクターブの中に音が入っている和音は弾けません。
オクターブを1音カットするか、アルペジオで弾いても違和感の無い曲。

♪難易度はソナチネ後半〜ソナタ前半、インヴェンション程度。

♪4分以内

♪細かい速いパッセージが得意です。
できれば、緩急のあるメリハリがあって、華のある曲。

♪ロマン〜近現代(近現代の方が良いです。)

♪有名すぎず、マニアックすぎず。
ピアノの先生なら知ってるくらいの曲。

今、候補に上げているのは、
「水売り女(イベール)」
「クープランの墓よりプレリュード(ラヴェル)」
です。
クープランの墓は難しいと思いますが。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

難しいですね。イベールでもいいと思いますが、ラヴェルは、本人が必ずしも一流のピアニストではなかったこともあって、ピアニズムの点で常に合理的に書かれているわけではなく、大人にとっても弾きにくいか所があります。
最初からオクターヴを含まない楽曲を探そうと思うと、「子供のための・・・」という作品しかなくなるのですが、これだと少し易しすぎるものが多いですし、1曲が短すぎるので2~3曲組み合わせなければならなくなります。
たとえばチャイコフスキーに「子供のアルバム」作品39というものがありますが、少し易しすぎるような気がします。

Youtube
https://www.youtube.com/watch?v=vy3pMQ-jLDA

楽譜サイト
http://imslp.org/wiki/Children%27s_Album,_Op.39_(Tchaikovsky,_Pyotr)

プロコフィエフにも「子供の音楽」作品65があります。早いパッセージの曲は2曲あります。どちらも1分ほどなので、テンポの遅い曲を1曲挟んで3曲ぐらいなら格好が付くとは思います。

Youtube(楽譜付)
第4曲 タランテラ
https://www.youtube.com/watch?v=98OlKJuCbVU&list=PLBS4VpTglwoBBGxipLw2X0gTxbyL7iXVn&index=4

第9曲 鬼ごっこ
https://www.youtube.com/watch?v=tbSsW1_-V6U&index=9&list=PLBS4VpTglwoBBGxipLw2X0gTxbyL7iXVn

全曲
https://www.youtube.com/playlist?list=PLBS4VpTglwoBBGxipLw2X0gTxbyL7iXVn

楽譜サイト
http://imslp.org/wiki/Music_for_Children,_Op.65_(Prokofiev,_Sergey)

現代の作曲家で子供用の易しい曲を書いている人というと、バルトークとカバレフスキーが思い浮かびます。カバレフスキーには教育用の作品がたくさんありますが、いくつか見たところ、やはり少し易しすぎるような気がします。1曲も短いです。「10の小品」作品27のリンクだけ張っておきます(ピアノの演奏ではなく、MIDI音源です)。

https://www.youtube.com/watch?v=CcOHL7jKkfs

https://www.youtube.com/watch?v=FIbiw0f481I

バルトークの作品では、「ソナチネ」が全3楽章で4分です。変化に富み、民族的な生き生きとした作品ですが、何か所かオクターヴを含む和音があるので、アレンジが必要です。1楽章の終わり近くの左手に出てくる「D-A-D」の和音は、一番上の音を省略すればよいでしょう。最後の2つの和音は、アルペッジョにしてもいいですし、右手の最低音と左手の最高音を省略してもよいです。2楽章の最後の、オクターヴに渡る右手の和音は、アルペッジョよりも、最低音を省略する方がよいと思います。3楽章の終わりの右手の和音は、最低音を左手で取るなどしてアレンジできると思います。

Youtube(楽譜付 演奏:デジェ・ラーンキ)
https://www.youtube.com/watch?v=CcIqt2f4aX0

楽譜サイト
http://imslp.org/wiki/Sonatina,_Sz.55_(Bart%C3%B3k,_B%C3%A9la)

バルトークの作品には、「ルーマニア民族舞曲」という有名な曲もあります。ヴァイオリンやオーケストラの編曲でもよく知られた曲です。

Youtube(バルトーク自身の演奏。楽譜に無いくりかえしをしているので4分を超えていますが、楽譜通りに演奏すればよいと思います。)
https://www.youtube.com/watch?v=cW4AHmTzyMo

楽譜サイト
http://imslp.org/wiki/Romanian_Folk_Dances,_Sz.56_(Bart%C3%B3k,_B%C3%A9la)

もう一曲バルトークで、「民謡の旋律による3つのロンド」という曲があります。どの曲も2分を超えるので、どれか1曲ということになるでしょうか。

Youtube(演奏:バラーシュ・ソコライ。オクターヴで弾いているところがありますが、楽譜では単音でもよいことになっています。)
https://www.youtube.com/watch?v=umxxeumF_ps

楽譜サイト
http://imslp.org/wiki/Rondos_on_Slovak_Folk_Tunes,_Sz.84_(Bart%C3%B3k,_B%C3%A9la)

ほかには、「ミクロコスモス」第5巻か第6巻あたりから数曲選択することはできると思います。

楽譜サイト
http://imslp.org/wiki/Mikrokosmos,_Sz.107_(Bart%C3%B3k,_B%C3%A9la)

ショスタコーヴィチには、娘のために書いた曲集が二つあります。一つは易しすぎると思いますが、「人形の踊り」の方はもしかすると使えるかもしれません。全曲の動画がないので、抜粋ですが。

https://www.youtube.com/watch?v=huJcSPpAVEU

https://www.youtube.com/watch?v=B4ftQjcrOo0

https://www.youtube.com/watch?v=OP9_YTYO5H8

生徒さんの年齢やレヴェルがはっきりわからないので、見当違いのものもあるかもしれません。いろいろな作曲家の思い当たる曲を見てみたのですが、なかなか御希望に沿うものがありませんでした。

以上、御参考まで。

難しいですね。イベールでもいいと思いますが、ラヴェルは、本人が必ずしも一流のピアニストではなかったこともあって、ピアニズムの点で常に合理的に書かれているわけではなく、大人にとっても弾きにくいか所があります。
最初からオクターヴを含まない楽曲を探そうと思うと、「子供のための・・・」という作品しかなくなるのですが、これだと少し易しすぎるものが多いですし、1曲が短すぎるので2~3曲組み合わせなければならなくなります。
たとえばチャイコフスキーに「子供のアルバム」作品39というものがあり...続きを読む

Qピアノの発表会で弾く舞台栄えする曲を教えてください。

小学4年生の娘が来春のピアノの発表会で弾く曲を探しています。
クラシックは全くの無知で、先生に「希望の曲は?」と聞かれても全然わかりません。
お詳しい方、オススメの曲があったら教えてください。
娘のピアノ暦は4年です。
私の希望としては「聞いた事がある有名な曲」がいいです。
娘の希望は「優しいメロディーの曲」だそうです。
ちなみに先生いわく、「メヌエットだとちょっともったいないかな」くらいのレベルのようです。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。専門家ではありませんが、ダラダラとピアノを10年ぐらい習っていましたので良かったら参考にして下さい。
 お嬢様のピアノ暦が4年という事ですが、現在は大体どれぐらいの曲を弾いているのでしょうか?私の時はバイエル(赤&黄)→ブルグミューラーと進んでいったのですが。ヤマハとかはまた独自の教則本だと思うのでちょっと分かりませんが、4年でもものすごく上達する人と私みたいに黄バイエルをウロウロしたりする人もいますので(^_^;)。
 またメヌエットも沢山の作曲家(ベートーベンやビゼーなど)が書いてますのであまり参考にならないのですが、ソナチネの中にあるメヌエットでしょうか??
 一応バイエル終了している位で、発表会に向く有名な曲といえば
エリーゼのために→王道ですので、ライバルがいるかもしれません。
乙女の祈り→最初がなかなかカッコいいです。
ト調のメヌエット→もしかしてこのメヌエットでしょうか。
http://www.tsutaya.co.jp/item/music/view_m.zhtml?pdid=20052467
↑この中に入っている「楽しき農夫」や「水の精」「ユーモレスク」も優しい感じです。「ユーモレスク」は某胃腸薬のCMで使われていますので良く知られています。
他の試聴はこちらで聴けます。「すみれ」や「人形の夢と目覚め」「スケーターワルツ」「アベ・マリア」なんかも優しい可愛らしい感じです。
http://classic-midi.com/classictop.htm

 最終的にお嬢様が決めると思いますが、先生に何曲か弾いてもらうとか、比較的平易な曲が入っているCDを貸してもらって聴いてみるともっと具体的なイメージがつかめると思います。全音ピアノピースとかだったらAレベルでしょうか?発表会は少し上のレベルを狙いますので、実力がもっとあってどうしてもこの曲!というのでしたらBでもいけるような感じです(ちなみにユーモレスクやト調のメヌエット、エリーゼは全音ではBクラスです)。好きな曲はやる気で練習しますので、好きでもない優しい曲をするより上達は早いと思います。
 素敵な曲に出会えると良いですね。ご参考までに。

 こんにちは。専門家ではありませんが、ダラダラとピアノを10年ぐらい習っていましたので良かったら参考にして下さい。
 お嬢様のピアノ暦が4年という事ですが、現在は大体どれぐらいの曲を弾いているのでしょうか?私の時はバイエル(赤&黄)→ブルグミューラーと進んでいったのですが。ヤマハとかはまた独自の教則本だと思うのでちょっと分かりませんが、4年でもものすごく上達する人と私みたいに黄バイエルをウロウロしたりする人もいますので(^_^;)。
 またメヌエットも沢山の作曲家(ベートーベンや...続きを読む

Qピアノ発表会で弾くオススメの曲教えてください。【上級】

来年度のピアノ発表会で弾く曲を探しています。
難しすぎる曲は無理ですが、【全音楽譜出版社レベル】での【E(上級)】【F(上級上)】の中間あたりの曲が弾きたいと思っています。

ここ3年で弾いた主な曲は
ショパン●幻想即興曲
ショパン●軍隊ポロネーズ
ショパン●ワルツ第14番(遺作)
ドビュッシー●二つのアラベスク(ホ長調)
です。

良い曲がありましたら、教えていただきたいです。
できれば視聴できるサイトも教えていただけると有難いです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

何度も投稿すみません
もしかしたらピアノピース中?
全音楽譜出版社ってあるけど。

でしたら  一部挙げた中の曲で ないものもありました。
すみません。

■シューマンの飛翔(森の情景より)
 →カッチョいいです 短いし 確かD級 手が小さいとキッツイかな)
■メンデルスゾーンの「ロンド・カプリチオーソ」でしたっけ?
→明るいし優雅で 楽しいですよ。
■ブラームスの「ラプソディ」
 →ちょっと悲しく激しいです・・・思いつめてるというか 
  彼の生涯なのかなぁ
 確かラプソディは他の方も挙げてますかね

■ラフマニノフは前奏曲(嬰ハ短調)とエレジーがあると思います
どちらもD級くらいだと思います。

ピアノピースのEFっていまいち客観性がないので
D級でも限りなくFにちかいものからCに近いものも。
技術的にはリストのハンガリアン、プロコのトッカータなんてFFF!!だと思うんですが・・・

以上 ロマン派で 挙げてみました。

Qピアノの発表会の曲を探しています。

今春、小5になる娘のピアノの発表会の曲を探しています。
 ・昨年「エリーゼのために」を弾いたので、これより
  少し難しい曲
 ・できれば単調な曲より抑揚のある曲
 ・練習期間は3ヶ月

なにかおすすめの曲があれば是非是非教えてください。
ちなみに親としてはショパンの「ワルツ64-2」なんか弾けたらいいなあ、なんて思っているのですが、背伸びしすぎでしょうか。そのあたりもアドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

♯1&3です。

自分自身が弾いてみての感想です。

「トルコ行進曲」はリピートが多く、かつ豪快な曲です。そのために、エリーゼ→トルコは結構遣り甲斐ありました。

「子犬のワルツ」は指の動きが早いですよね!僕は早く動かすよりもフォルテが多い曲(トルコみたいな)が好きだったので結構苦労したんですが、早さに慣れていればそれほど難しい曲ではないと思います。

「ファンタジー」についいてですが、かなり抑揚のある曲です。個人個人アレンジで違うと思うんですが、僕は最初にゆっくりと入り、最後は子犬のワルツ並にスピードをあげました。暗い感じから入って最後にはかなり明るい終わり方です。最後の発表会だったため、今までのまとめとして曲を選びました。

あと、小学校高学年のとき、発表会の選曲の参考に使っていたCDを見つけたので紹介しときます。題名は『小学生のクラシック音楽4・5・6年生』というものです。とりあえず、このCDでの小学校5年レベルの曲は「管弦楽のための木挽歌(こびきうた)」<小山清茂> 「ピアノ五重奏曲「ます」第4楽章」<シューベルト> 「歌劇「カルメン」前奏曲」<ビゼー>です。
小6レベルは「つるぎのまい」<ハチャトゥリアン> 「組曲「道化師」」<カバレフスキー> 交響曲第9番「新世界より」第4楽章」<ドボルザーク>です。
※このCDには文科省小学校学習指導要領による鑑賞共通教材も含まれています。 みたいです。


もうピアノやめて3年が経ち、その間に3回くらいしか弾いていない為、今では(さっき弾いてみたら)バイエルでさえきついくらいです…。全然指が動きません。3年前がなつかしかったです。

また何か思い出したら書き込みます。(思い出せるかわかりませんが…)

♯1&3です。

自分自身が弾いてみての感想です。

「トルコ行進曲」はリピートが多く、かつ豪快な曲です。そのために、エリーゼ→トルコは結構遣り甲斐ありました。

「子犬のワルツ」は指の動きが早いですよね!僕は早く動かすよりもフォルテが多い曲(トルコみたいな)が好きだったので結構苦労したんですが、早さに慣れていればそれほど難しい曲ではないと思います。

「ファンタジー」についいてですが、かなり抑揚のある曲です。個人個人アレンジで違うと思うんですが、僕は最初にゆっくりと入り、...続きを読む

Qピアノ上達法 中級から上級に進むには

三十代後半の主婦です。
若い頃ピアノを十五年ほど習っていましたが、上級はじめ程度までしか進みませんでした。(ツェルニー50番の前半、全音ソナタアルバムの二巻、バッハの平均律の一巻くらいまでやりました)
その後結婚して、マンションにピアノが置けず、また家事育児に追われ、十年間ピアノから遠ざかっていました。

ですが子育てが落ち着いた今になって、あの時弾きこなせなかった素晴らしい曲の数々が弾けるようになりたいと思い、(具体的にはショパンのバラード、スケルッツオなどです)独学でピアノの練習を始めました。

十年間弾いていなかった指は最初思うように動いてくれず、泣きたい日々が続きましたが、半年たった今では、ショパンのワルツ程度が弾けるようになりました。

でも、どうしても中級程度以上の曲が弾けません。少しでも自分のレベルより難しい曲をやろうとすると、つっかえつっかえから先に進みません。
今、自分のレベル程度で好きな曲を弾けることは楽しいですが、楽しむだけでなく、レベルの向上を図りたいんです。

金銭面や時間の面で定期的にレッスンを受けることは難しいので、一人ででも上達できる曲選びや練習方法をぜひ教えてください。

練習は平日二時間ほどしています。
弾いている曲は、ショパンのノクターン集、プーランクの15の即興曲集などです。練習曲のようなものは併用していません。

どうぞよろしくお願いします。

三十代後半の主婦です。
若い頃ピアノを十五年ほど習っていましたが、上級はじめ程度までしか進みませんでした。(ツェルニー50番の前半、全音ソナタアルバムの二巻、バッハの平均律の一巻くらいまでやりました)
その後結婚して、マンションにピアノが置けず、また家事育児に追われ、十年間ピアノから遠ざかっていました。

ですが子育てが落ち着いた今になって、あの時弾きこなせなかった素晴らしい曲の数々が弾けるようになりたいと思い、(具体的にはショパンのバラード、スケルッツオなどです)独学でピ...続きを読む

Aベストアンサー

私も個人でピアノを教えている者です。私もerikakouさんのように大人になってもピアノを楽しめる生徒を育てたいと思っています。

楽しむにしてもやはり上手に弾けた方がより楽しいもの。今現在、趣味の域にしてはとてもお上手でいらっしゃいますが、中級程度以上の曲にも取り組みたいとのことでしたら、やはり部分練習でテクニックをつけることだと思います。

つっかえつっかえで先に進まなくなる部分にテクニック上の問題があるわけですが、それが何かを知ることが第一です。
弾きにくい部分は、
音階・アルペジオ・重音(3度・6度等)・トリル・跳躍
のいずれかのテクニックが必要である場合が多いと思います。
その問題のパッセージを1小節なり数小節なり取り出し、リズム練習等されると良いでしょう。ツェルニー50番の前半まで弾かれたなら、いろいろな練習法をご存知だと思いますので活用してください。
ハノンは、その曲の調性のものだけを取り出して弾けば十分のように私は思います。音階やアルペジオの指づかいに慣れる意味でも役に立ちます。

私も、できれば先生につくことをお勧めしたいのですが、大人になると自由に動けない状況ばかりです。
その場合は独学となりますが、苦しい練習では楽しむためのはずのピアノが辛くなってしまわないかが心配です。
お好きな曲を選び、その中の難しい箇所はみっちり反復練習されたらいかがでしょうか?
緩急をつけて是非長くピアノとお付き合い頂きたいです。

長くなりましたが、最後に私のお勧めの本を紹介させて頂きます。
小さく薄く、それでいて中身の濃い本だと思います。
  『ピアノ奏法の基礎』 
     ジョセフ・レヴィーン著・中村菊子訳(全音楽譜出版社)

私も個人でピアノを教えている者です。私もerikakouさんのように大人になってもピアノを楽しめる生徒を育てたいと思っています。

楽しむにしてもやはり上手に弾けた方がより楽しいもの。今現在、趣味の域にしてはとてもお上手でいらっしゃいますが、中級程度以上の曲にも取り組みたいとのことでしたら、やはり部分練習でテクニックをつけることだと思います。

つっかえつっかえで先に進まなくなる部分にテクニック上の問題があるわけですが、それが何かを知ることが第一です。
弾きにくい部分は、
音階・...続きを読む

Q『子犬のワルツ』の難易度について教えてください。

こんにちは!!
私は今度ピアノの発表会で『子犬のワルツ』を弾くのですが、その曲は平均で何歳(初めて何年目)くらいに弾ける曲でしょうか??
私の男友達は小4くらいの時から弾いていたような気がして、遅れているのかなと思い、少し心配です。
まだ弾き始めてから3日目ですが、なんとかすべて通して弾けるようになりました。しかし、上手く弾けないので、コツも教えてくれたら嬉しいです。
【私は中2で、大勢でやるピアノ教室(ヤマハみたいな)を3歳から始め、ピアノを本格的に始めて8年目です。】
よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

他の方の回答と重なる所がありますが、「難易度」や「平均」と一口に言っても、たとえば楽譜などに書いてあるものは目安でしかなく、どんなふうに弾きたいか、どのレベルまで持っていきたいか、あるいは弾く人にとって得意な種類の曲か苦手な所の多い曲か、などによると思います。miho0111さんは、「子犬のワルツ」、好きですか?もし好きでしたらその気持ちを大事にして、楽譜に書いてある難易度や、他の人が何年生(ピアノをはじめて何年目)で弾いたかとか、そういうことはあまり気にしなくていいのではないかなと思います。

コツ、ですが、他の方も書いていらっしゃるように、リズムや曲の流れ(弾んでいる所や流れている所とか)にノって弾くこと。それから、細かい音符も多いのでそういうところを丁寧に練習するといいと思いますよ。

楽しんでがんばってください。

Q手が小さい子のトルコ行進曲(モーツァルト)の演奏

小5の娘が3ヵ月後の発表会で「トルコ行進曲」(モーツァルト)を弾くことになりました。
昨年はデュランの「ワルツ」、一昨年はダカンの「かっこう」を弾きました。
練習を始めて2週間ほどですが、右手のオクターブの部分がかなりキツそうです。
いっぱいいっぱいな感じで、フォルテで音が揃って聞こえる状態には程遠いです。
指はそれなりに動くので、その他の部分については大きな不安は無いのですが・・・
このまま練習を繰り返すことで、一定のレベルに持っていくことは可能でしょうか。
この部分で曲全体を壊してしまうのであれば、選びなおした方が良いのかなと思ったりもしています。
先生には練習開始後不安をお伝えしたのですが、その後のレッスン時に
「大丈夫そうだね」とコメントがあったと子どもからは聞いています。
本人も最初は気に入って練習していたのですが、
他の部分に比べて覚束ないことが歯がゆいようで意気込みもダウンしてきた感じです。

みなさんの経験談等お聞かせいただけたらと思います。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

モーツァルトのトルコ行進曲は有名で好まれる曲なので,発表会で選曲される先生もいらっしゃるようですが 聴いた感じよりはるかに難易度が高いです。

ピアノピースでも難易度はBになっていて 花の歌やエリーゼのためになど 発表会でもお馴染みの有名な曲と同程度の扱いですが 私が難易度をつけるとすればCで良いのではないかな…と思うほどです。

オクターブは 手の大きさも勿論ですが テクニック習得の前段階として 手首の柔軟性が非常に重要です。ハノンにあるように3度6度の和音で手首の上下運動を楽にこなせるようになってオクターブなんですね。
なので もし,手首の柔軟性も習得できていない状態で 無理やり手を闇雲に拡げて弾いても 間違ったテクニックが身についてしまう可能性があります。


もし トルコ行進曲をこのまま発表会で弾くのであれば オクターブ,分散オクターブ(コーダの前です),オクターブの和音は全て6度に変更して頂く事をお勧めします。
質問者さまが6度の意味を分からなくても 先生に伝えればお分かりになるはずですので。
オクターブ奏法で弾く部分の3小節目は 左手の音がレ→レ#になるので 右手の6度和音も左手がレ#の所はレに#をつけます。(具体的にはレ#とラの音になるという事です)

分散オクターブも6度にしますが 分散オクターブのテクニックは オクターブと違って上下運動ではなく 手首の半回転(シュッテリングと言って,ドアのノブを回す感じの手首の動きです)ですので これもシュッテリングのテクニックを習得していないと 6度にしても分散させて弾くのは辛いかもしれません。


曲を変更して頂く場合の選曲ですが。
過去の発表会で弾いた曲のみの情報で 現在使用している教則本がブルグミュラーなのか ソナチネなのか ツェルニーは何番なのか 具体的に分かりませんが
3ヶ月後という事 オクターブが辛いという事 指がよく回るという事 過去の発表会の選曲の傾向から テンポが速く 軽い感じの曲が良いかな…と思いましたので ご参考までに少し挙げさせて頂きます。

難易度が高いものは選曲していませんが 難易度が高くなくてもきちんと弾ければ 発表会で映える選曲をしたつもりです。
試聴サイトはご紹介できませんが(すみません,汗)


☆ギロック作曲
*ワルツ エチュード
(ギロック・こどものためのアルバムより)

☆ギロック作曲
*雨の日のふんすい
(ギロック・こどものためのアルバムより)

☆ギロック作曲
*雪の日のソリのベル
(ギロック・こどものためのアルバムより)

☆ギロック作曲
*森のざわめき
*はちどり
*ダイアナの泉
(ギロック叙情小曲集より)
※1曲が短いので2~3曲選曲して弾くと良いと思います。

あっ。忘れました。
ギロックこどものためのアルバムからもう1曲。

☆ソナチネ
第1楽章3楽章が面白いです。

☆アンダーソン作曲
*ウォーターローの戦い
これは軽い感じとはちょっと離れますが 指がよく回るお子さんには良いと思います。左手にオクターブが出てきますが 低い音のみにしても全く問題ありません。題名の通り非常に勇ましい曲調ですので お子さんの性格が活発なら合うと思いますね。

☆ブルグミュラー作曲
18の練習曲より
*第2番「真珠」
題名の通り 真珠を転がしたように 粒の揃った真珠のように音階が弾けると美しいです。
*第5番「泉」
美しい曲ですが こういうタイプの曲に慣れていないと結構難しいかもしれません。
*第8番「アジタート」

やはり1曲が短いので組み合わせて弾くと良いかなと思います。

少し変わった曲調で。
「軽い」には程遠い感じで 悲壮感溢れる?曲を。

☆エクスタイン作曲
*ラプソディ
(大村典子ピアノピースセレクション・メルヘンとファンタジーBより)
後は。。。
☆グリーグ作曲
*小鳥

☆シューマン作曲
*サンタクロースのお爺さん作品68-12
の2曲を組み合わせて。
(ピアノのためのロマン期名曲集・上巻より)

同じモーツァルト作曲で。
☆幻想曲二短調
これも左手オクターブは低音のみ 右手オクターブ和音は6度和音にすれば問題ないです。

最後の3曲は結構難易度は高いかな…と思いますが トルコ行進曲を発表会の選曲にされるのであれば 弾けるかもしれません。

キリがなくなってしまいそうなので このへんで失礼しますが 最終的には先生にご相談なさって,よくご説明して頂いて下さい。

私はお子さんの先生のお考えは ご質問内容だけで判断できません。
ご指導に熱心な先生であれば 私が挙げた以上に様々な曲を提案して頂けると思いますし オクターブが辛いことに対しても 適切なレッスンをして頂けるはずです。
そういうところで 現在の先生が熱心にご指導くださる方か否か ご判断して下さいね。

ご参考まで♪

こんにちは。

モーツァルトのトルコ行進曲は有名で好まれる曲なので,発表会で選曲される先生もいらっしゃるようですが 聴いた感じよりはるかに難易度が高いです。

ピアノピースでも難易度はBになっていて 花の歌やエリーゼのためになど 発表会でもお馴染みの有名な曲と同程度の扱いですが 私が難易度をつけるとすればCで良いのではないかな…と思うほどです。

オクターブは 手の大きさも勿論ですが テクニック習得の前段階として 手首の柔軟性が非常に重要です。ハノンにあるように3度6度の和音で手首...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング