今、中学2年生で、陸上部に所属しているのですが、
なんというか、コーチが全然陸上に詳しくなくて、
(僕の方が、陸上に限らず、スポーツ全体に詳しい自身あり(汗))
走るのも好きではなく、
練習を見に来るのも週1回程度という状況なんです。
練習も全然しんどくないですし・・。
この1年で、短距離の人(7人)で、記録が伸びた人はいません。
中1冬から中2春にかけては、冬は毎日長距離+筋トレなので、
ほとんどの人が早くなったんですが・・。
夏のメニューは、

アップ(グラウンド2週 500m)
体操
ももあげ15m
100m流し * 5(普通は最後本気で走ると思うんですけど、走ってません)
休憩
100m流し * 5(スパイク)
専門練習(幅跳び or 高跳び)
(ひたすら跳ぶだけです・・
コーチから跳び方などを教えてもらえたことは、今までではないです。)
ダウン(ゆっくりグラウンド1週)

流しはフォームを意識して、走れとか言われるんですが、
どんなフォームがいいのかわからないです。
(めったに見てくれませんし、みてくれても、足を前に出せぐらいしか・・)

長く書きましたが、これでは速くなれそうもないので、
(100m13.5です。遅いです。小学校の時14.3だったんですが、
中1の冬の筋トレで伸びました)
自主トレをはじめたいんですが、
コーチ無しで、フォームを良くしたりするには、
どういう練習をすればいいんでしょうか?
筋トレはクラブでやっているだけで十分なのでやらないつもりです。
アドバイスよろしくお願いします。
モーリス・グリーンや、伊藤浩司の走り方みたって、
自分と何が違うのか全然わからないレベルなんです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

僕もあなたと同じの中2です。

そして顧問も陸上に詳しくありません(汗)
けど、ぼくの学校が練習しているのは競技場なので高校生などの
経験豊富な人に教えてもらっています。
それに、陸上専門の先生がそこにいるのでおせてもらい、速くなりました。

もし、陸上に詳しい人がそこにいるなら教えてもらうといですよ。
あと、僕が知ってる知識だと、100m最初は「腕は後ろに引く!」という感じで振って、
そのあとはまっすぐ振るです。

参考になれば良いです。
    • good
    • 1

僕は今、中1なんですけど・・・100mの記録は13秒7ぐらいで若干僕も伸び悩んでいます。


なので、先生に言われた事なんですが走っている間は肩の力を抜き、腕を後ろに引きながら走れと言われました。あ・・・!あと、お風呂あがりにストレッチすると速くなると思いますよ!
    • good
    • 0

ボクもあなたと同じ中2です!!!


僕達の練習メニューを参考にしてみてもいかかですか・・・・
1,UP(600m)
2,ダッシュ(30m3本,50m3本,80m2本)
3,専門
400mの人たちは毎日300m3本(間休憩10分)と(200m3本)×3セットを1日交代でやっています。
200m以下は2にさらに100mと150mを追加しています。
これだけでも真剣にやれば結構はやくなります!!
(ちなみに400mをやっていると300mは1年間で5~7秒TimeUPしました)
是非参考にしてください!!
    • good
    • 1

小6のマラソンクラブに入っています。



(I)「練習も全然しんどくないですし・・。」と書いてありますが、しんどくない練習は、なく本気で走るか本気で走らないかです。今本当に本気で走っていているのであれば、何かが足らないのです。
(II)夏のメニューの中に休憩が入っていますねー。休憩を取り入れる場合に飲みもと食べ物を食べないでくださいね。でも、走るのに休憩するとあまりよくないのですが・・・。最後にダウンと書いてありますね。もしかして、それで終わりですか?もし終わりであれば、最後には体操を絶対にしてください。足を故障します。

(III)フォームをよくするには、股上げと腕振りはどうでしょうか?はしるのには、足をしっかり上げないといけないし、腕もしっかりうふらないといけないし・・・。あ!正座もいいですよ。猫背にならないように走ることも必要ですから。

(IV)筋トレは、いっぱいしたほうがいいですよ。コーチは、何かを体験したのでは、ないでしょうか?前は陸上に詳しかったけれど、脚の速い子が陸上で足を故障したのを自分のせいと思いこんでいたりか・・・
(わかりませんけど・・・)

プロの選手は、必ず体操をします。筋トレもたくさんします。素直です。監督に言われたことに対して「えー」といいません「はい」といいます。その中に違いがあるのでは?
    • good
    • 0

中学三年生で、陸上をしている女です。


うちの顧問は熱心な人で、全種目のメニューを毎日作ってきます(他に月予定/週予定なども;)
でも、練習が合わないのか、短距離の同い年の多くはのびていません。(後輩は伸びています。練習が合っているのでしょうね)
なので、技術的な面などは顧問に頼らず、小学のときに見て貰っていたコーチなどに指導をお願いしています。

やはり、自分だけでフォームを直すのは難しいと思います。
私は中1~中3にかけて、腕の振り、軸を保って走る、前傾姿勢・・などを県の合宿や顧問の指導、コーチの指導を受けて直してきました。(大分マシ(良く、ではなくマシというのが悲しい;)になった、と多くの方に言って頂けるようになりました)

100m、200mくらいを走れる体力はあるんですよね。
なら、流し(フロート)のときに目線を固定したり腕を大きく振るようにしたり・・・
あるいは走の基本形のドリル(走基本?;)などに重点を置いてやってみる・・など。
一人でだと難しいかもしれませんが頑張って下さい。
それと、まだこの季節は記録が出る時期ではないのでさほど心配しなくても良いと思います。
夏にどれだけの力をぶつけられるか、が勝負ではないでしょうか(^^)
    • good
    • 0

はじめまして!!


僕とまったく同じですね^^;
僕の顧問も練習一度もきたことないですし・・・
それから伊藤浩司は初動負荷と言うトレーニングをしています。
「奇跡のトレーニング」本がありますのでぜひ呼んでください。
それからモーリス・グリーンは前傾の走り方なので腹筋か背筋が重視されます。
それから、いろいろな本をよんで見るのもよいと思いますよ
    • good
    • 0

 高校、大学と陸上をやっている者です。


 まず、ウォームアップから説明しましょう。最初にウォーク(400m位)からはじめて徐々にスピードアップ、ジョグ(400m位)に移ります。そして、静的ストレッチ、動的ストレッチを30分位。つまり、徐々に運動モードに移行していくのが大事です。
 そして、次に、動きづくりです。もも上げをしているそうですが、ももを高く上げても速く走れるようにはなりません。「ももを高く、つま先で走れ。」というのは昔の土のトラックだった時の話です。今ではそれは当てはまりません。ももは地面と平行ぐらいの高さでいいでしょう。かかとをひざの裏につけるつもりで、太ももの裏の筋肉(ハムストリングス)を使って脚をひきつけます、そして、太ももの表(大腿四頭筋)を使い、脚を伸ばし、腰ごと体をもっていって接地。これを一連の動作で滑らかにできるように。地面を体の真下で足の裏全体で捕らえるようにしてください。(前で捕らえて地面を引っかくのではありません)そして、足が地面を捕らえたとき、頭から足までが一本の棒になっているべきです。足の裏全体で、とはいいましたが、中心になるのはやはり、スパイクのピンがついているところ全体です。脚だけを動かすのではなく、腰ごと持っていくことが大事です。(ひざや足首でかくのではなく腰が中心)普段から、歩く時のフォームで意識してください。ストライドを伸ばし、大きく、速くです。
 そして、本練習に入ります。大きくは、スピード練習のレペティション・トレーニングとスピ-ド持久力を養うインターヴァル・トレーニングに分けられます。高校生ぐらいまでは100mの選手も400mの選手も並行してやっていくのが良いと思います。他に、ウェーブ走、加速走、快調走スターティングブロックを使った練習などが代表的です。これらを基本にして、時々、(上り)坂ダッシュやチューブ走(チューブが無ければ緩やかな下り坂ダッシュ)も取り入れましょう。それと、脚(体)を速く動かす練習。例えば、その場で素早く十回ジャンプや駆け足してからダッシュする練習。寝転んだ状態から合図に反応して起き上がって走り出す練習などです。ストライドは主に筋力、ピッチの速さにはこういった神経系を刺激するような練習が効果的です。練習メニューの立て方としては、おそらく、中学生の場合月曜から土曜まで練習で日曜日は休みとなっているのが一般的と思いますが、月曜から弱、強、弱、強、弱、土曜に強という強度で組むのが基本です。ブロックを使ったスタート練習(30m、50m、70m位、ついでに100mもやっちゃえ)は週に1、2回はやった方がいいと思います。スタートの極意は「低い姿勢のまま、前方に鋭く」です。せっかくのクラウチングスタートなのですから、立ち上がってはいけません。その低い姿勢のままダッシュするのです。前に倒れそうになるかもしれません。しかし、ブレーキをかけるのではなく、自分の発揮できるMAX以上の速さで、次々と脚を繰り出していくのです。そして、30mを超えたあたりから上体を徐々に起こしてきて50mを越したあたりでは完全に起きているのが望ましいです。モーリス・グリーンのHSIやそのコーチが参考にしたスピードスケートの清水選手をみてください。
 冬は毎日長距離走をやっていたそうですが、瞬発系の競技の選手が長距離走をトレーニングとしてやってもスポーツ生理学的にみて、何の意味もありません。むしろ、そういった持久的な運動を続けていると、速筋が遅筋に変わってしまってマイナスになります。ただし、コンディショニングとしては使えます。特に、体脂肪が多い人が体を絞って、動きにキレを出したいときです。ただ、一流の瞬発系の選手はあまり、こういったことはしないにもかかわらず、体脂肪率は低いです。だから、あまり必要ありません。どうしても、トレーニングとして使いたいというならば、ダッシュして長距離ラン、あるいは、長距離ランしてダッシュという特殊なキツイ、トレーニングもあります。
 それと筋力トレーニングですが、中学や高校などの専門的指導者がいない現場では、正しく、役に立つものが行われていないのが実状です。私も経験がありますが、腕立てふせ、腹筋、背筋(下背部)を何十回も、毎日なんてことをやっていませんか。筋トレは回数を競うものではありませんし、超回復には2、3日必要ですから毎日やるなんてもってのほか、週2、3回が限度でしょう。何十回もやるなんていうのは長距離選手のやることです。できるだけ少ない回数で筋肉が限界にくるのが正しいフォームです。短距離選手なら正しいフォームで6~10回で限界に来るようにしなければなりません。腕立て伏せが正しいフォームで20回できるというならば、リュックサックにおもりを入れて背負って10回になるように、調整するのです。そして、14回位できるようになったら、また重くして・・・。10回を3~5セットが基本です。それと、腕立てや腹筋では上半身しか鍛えれません。下半身も鍛えねば。下半身はスクワットが基本になります。やはり、十回がいいのですが、おそらく、専用のバーベルとラックがないとおもうので、スクワットジャンプなどのプタイオメトリック・トレーニングを取り入れます。プライオメトリックトレーニングとは、ようするに、飛び跳ねる練習です。近年、絶大な効果をあげており、注目されています。両足ジャンプ(着地は素早く、軽く行い、股関節、膝、足首を曲げ、腕を振り下ろし、ショックを吸収すると同時に地面に力を伝える。着地と同時に爆発的にジャンプする。)、ボックスジャンプ、尻打ちジャンプなどです。楽そうに見えるかもしれませんが、意外と負担はかかるので注意してください。
 練習の最後はクールダウンです。アップとは逆でジョグをしてウォークをして、静的ストレッチをして終わりです。しっかりと行いましょう。
 強くなるには運動、栄養、休養が大切です。あなたは育ち盛りですが、栄養はしっかり取れていますか。ご飯、主菜(肉、魚など)、副菜(野菜など)、大豆製品、乳製品果物、というバランスのとれた食事が大切です。低脂肪乳を1日1リットル飲みましょう。朝食は毎日しっかり食べてください。間食はお菓子や炭酸飲料ではなく、バナナなどの果物と牛乳を取るべきです。練習後、夕食まで時間がある場合は、バナナなどを食べてください。練習後はエネルギーが補給されるまで筋肉が分解されているからです。
 睡眠は8、9時間とることが望ましいです。
 そして、やはり、陸上の本(なるべく最新のもの)や陸マガなどで自分でよく勉強、研究してください。お薦めのものとしては、
 ウイダーのホームページ、ザバスのホームページ、ウイダーの本で「スピード強化のトレーニングと食事がわかる」、月刊「マッスル・アンド・フィットネス」、ザバスメイト(誰でも無料でなれる)になると送られてくる「ペンタ」などです。
  
    • good
    • 4

はじめまして。


僕も中学,高校時代には陸上競技をしていました。
短距離ではなく,長距離でしたが。

陸上競技マガジンや月刊陸上競技の巻末に練習メニューの例なんかが載っていた記憶があるのですが,
そういったものを参考にしてみるのはどうでしょうか?

その練習メニューの例が自分達にはこなせそうになければ,少し運動負荷(強さ)を弱くするなどの工夫をして練習してみるといいと思います。

たとえば,200メートルのインターバルを30秒で10本とあったとして,それだと厳しい場合には,
35秒で10本にしてみるとか。

他にも図書館などに陸上競技の専門書がありませんでしょうか?そういった本を読んで,正しいフォームなどを研究してみて,友達どうしで指摘しあうのも効果的だと思います。

大会などで同じ地区で短距離の強い選手などのフォームを研究したりするのもいいかもしれませんね。
強い選手と友達になって練習メニューを聞き出して自分達でアレンジしてみるなどなど。。。

あなたのように向上心があればいくらでも工夫が出きると思います。是非とも頑張ってくださいね。
    • good
    • 0

やはり体育を勉強された方が必要かと思います。


先輩とかいるといいのですが、、
地域の社会人クラブチームと合同練習をすれば
ビデオを撮ってもらったり
勉強になることは多いと思います。
レベルが違うなどと思わずに声をかけてはいかがでしょうか?
現在の記録が違っても
リレー100x4 VS 400
などの対戦もできますし、
社会人のビデオをとれば結構喜ばれます。
(みなさん忙しいですのでネコの手になったつもりでどうぞ)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • X脚<子どもの病気>の症状や原因・診断と治療方法

    X脚とはどんな病気か  膝蓋骨(しつがいこつ)を前方正面にして、膝(ひざ)をそろえて起立した時に左右の内踝(うちくるぶし)が接しない状態をいいます。 症状の現れ方  歩行を開始したころに歩き方の異常として気づかれることが多い病気です。新生児期のO脚傾向は2歳までに急速に改善し、3〜4歳には逆にX脚の傾向が出現します(図32)。この生理的X脚は就学頃には自然消失し、成人の下肢の形状になります。 検査と診断  ...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q陸上競技(短距離・長距離)の練習メニュー

今年度から全くド素人なのですが,陸上部の顧問になりました。練習場所も十分無く,近くの空き地か,浜辺くらいです。あとは運動場の隅っこ…
このような環境の中,どのように練習メニューを組み立てたらよいのか真剣に悩んでいます。書籍類も「コレ」というのが見当たらないし,詳しい体育教師もいません。ネットで検索しても文字だけの説明では実際にどんな動きになっているのか分から無いものが多いです。
選手は,100(女子),200(男子),800(女子),1500(男子)と幅跳び(男子)です。共通の練習メニュー,種目別の練習メニューについてアドバイスいただけないでしょうか?できればド素人の私でも理解できる用語で説明していただけると大変助かります。

Aベストアンサー

運動部の顧問ということで何かと大変かと思います。私は現在高校で陸上部の顧問をする傍ら、現役選手としても活動しております。参考になれば幸いです。

ポイントは、スポーツクラブではなく部活動を指導するということを念頭に入れて活動されると教育的効果が高い部活動となると思います。

部活動の方針としては、まず部員全員に顧問の指導方針を説明し理解してもらわなければなりません。特に守らせたいことは、「部活を休まない」「勉強もしっかりする」「基本的生活習慣(挨拶片づけなど)ができるようにする」といったことをキチンと守らせるといいと思います。
その上で、部活動指導をされると生徒一人ひとりが自立できる部活動づくりになると思います。また、顧問の先生も指導がやりやすくなると思います。

まず、部活動を行う際に、活動時間と活動場所、使用できる用具を確認しなければなりません。

活動時間は管理職と事前に協議しておかないと保護者等とのトラブルが起きます。最低でも2時間確保しましょう。
次に活動場所ですが、体育館や校庭、近くの空き地など、どこがいつ使えるかを確認しておくと練習メニューを考える際に役立ちます。短距離・跳躍・長距離選手がいるということなので、短距離ならば直線で60m程度とれる場所、学校の外周を確保できるかどうか、砂場の使用が常時可能かどうかなどを体育主任や他の運動部活動顧問と協議されるといいと思います。
用具では、絶対に必要な道具として、ストップウォッチ2個とメジャーがないと練習に支障が出ます。100円ショップでもストップウォッチが売っていますので、いい物でなくても確保しておくといいです。もし予算があれば、スターティングブロック2台、メディシンボール2個、ピストル、ハードル5台などがあると練習にバリエーションが出ます。徐々に道具はそろえていけばいいと思います。また体育科と話し合えば貸してもらえるかもしれません。

練習メニューですが、週6日練習(月~金2時間練習、土3時間練習)として例をあげてみます。活動できる場所は、校庭60m、外周1km、砂場、鉄棒、浜辺が活動できるとして例を作成します。

練習のポイントは、「基礎体力を高める練習」「専門的体力を高める練習」「専門的技術を高める練習」を基本に考えるといいと思います。また、適時タイム等の記録を取り、選手にフィードバックさせることも必要です。

月「基礎体力」共通メニュー
火「専門体力」種目別メニュー
水「基礎体力」共通メニュー *浜辺
木「専門技術」種目別メニュー
金「基礎体力」共通メニュー *浜辺
土「専門体力」+「専門技術」種目別メニュー
日 休み

基礎体力では、運動に基本となる走・跳躍・投の運動を行うといいでしょう。アップを長めにして、ロングジョッグ20分(外周5周以上)+体操・ストレッチ+流し60m×10+スパイク流し60m×6を必ず行うようにします。そうすると、基本的な筋持久力+全身持久力が練習を積み重ねていくにつれて向上してきます。ロングジョッグでは全員で走るようにしたり、リレーをふまえてバトンパスをさせながらと応用もできます。

アップ後は、筋持久力を高めるサーキットトレーニングや砂場を利用したバウンディングや段跳び、シャトルランやタイヤ引きなどをバリエーションを考えて行うといいでしょう。

浜辺が使えるということなので、とにかく浜辺で走らせることを勧めます。ダッシュや100m、200m、300mなどをセットを入れて行うとかなり効果的です。末続選手を輩出した東海大学は年間通して浜辺で練習を行っています。砂では地面を蹴る動作を意識しすぎると砂に埋まってしまいます。どうすれば速く走ることができるかをつかませるにはもってこいの練習環境ですから、毎日行ってもいいのではないでしょうか。

種目別の練習メニューですが、専門体力向上には、走種目はできるだけ浜辺を活動してみるといいかと思います。コーンを立ててシャトルランをしたり、助走をつけた加速走やスタートダッシュなどを行いながら走る動作を作っていきます。長距離選手も浜辺でペース走やビルドアップ走などを3000m程度行うと効果が出てきます。
浜辺での練習の成果を、学校や競技場でタイム測定をしながら練習効果と今後の計画修正をされるといいと思います。

跳躍選手の専門体力練習は、走練習+地面反力(地面の衝撃によって反発を生み出す)を生かした練習が必要になります。ジャンプ動作をハードル・段跳び・バスケのランニングジャンプなどをしながら練習を行うことが必要です。
接地時間を短くジャンプする練習を常に意識して行うことが大切です。

専門技術練習は、基本的には試合と同様な内容(タイム走、跳躍試技)を行います。試合で記録が出なければ練習の効果は否定されてしまいます。試合の流れを作る練習をしてください。スターティングブロックの使い方、スタートダッシュ、コーナー走や直線走、加速走などを集中して質の高い練習を行います。長距離は、実践を考えてトライアルをされてもいいと思います。1500mの選手であれば、800mと2000mとかを行うとある程度記録の読みができてきます。
跳躍選手は、流れを作ることが大切です。助走→踏み切り→空中動作→着地という流れを作れないと試合ではファウルをします。流れの中で最も意識すべきところを見つけておけば、試合の技術ポイントとなります。

あとは選手とよく話をしながら、選手本人の感覚を大切にすることが必要です。また、中体連・高体連主催の練習会で専門家からの指導を仰ぐのもコーチングのポイントです。
大会ではできるだけ選手の近くで競技の様子を見るだけでも練習時と試合時の差やポイントが見えてきます。陸上経験者でなくてもすばらしい指導者はたくさんいます。逆に素人だからこそ専門家にわからない視点で見ることができることもたくさんあります。何かの縁だと思って、がんばってください。

運動部の顧問ということで何かと大変かと思います。私は現在高校で陸上部の顧問をする傍ら、現役選手としても活動しております。参考になれば幸いです。

ポイントは、スポーツクラブではなく部活動を指導するということを念頭に入れて活動されると教育的効果が高い部活動となると思います。

部活動の方針としては、まず部員全員に顧問の指導方針を説明し理解してもらわなければなりません。特に守らせたいことは、「部活を休まない」「勉強もしっかりする」「基本的生活習慣(挨拶片づけなど)ができるよう...続きを読む

Q中学生でも出来る陸上練習

僕はとある田舎町の中学校に通っています。そしてこの学校の陸上部に所属していて、県大会にも出場する人も何人か出ています。しかし、ここの学校の陸上部の練習は、どうも気に入らないのです。(僕だけかな?)まずいつもの練習内容を書くので見て下さい。

1.10分ジョキング(1周200Mの校庭)
2.ストレッチ(屈伸・アキレス腱等々)
3.ダッシュ(100M3本)
4.走の基本(もも上げ・軸足伸ばし・ウォーキングスクワット(アキレス腱をしながら腕振り)等々)
5.スパイクダッシュ(100M3本)
6.柔軟

これがいつものアップです。次は種目練習です。あと僕は短距離で200Mを専門としています。
1.(2日前の練習)「200Mダッシュ・100Mジョキング・100Mダッシュ」これを5セット。その後筋トレ(腕立て・腹筋・背筋)3セット
2.(昨日の練習)「30M.50Mダッシュ(3本ずつ)80M.100ダッシュ(2本ずつ)・200Mダッシュ(5本)」

こんな感じです。僕はあまり気に入らないのですが、みなさんはどうでしょうか?また、練習内容は毎日違います。もし、これより効率のいい練習方法があったら教えて下さい。

僕はとある田舎町の中学校に通っています。そしてこの学校の陸上部に所属していて、県大会にも出場する人も何人か出ています。しかし、ここの学校の陸上部の練習は、どうも気に入らないのです。(僕だけかな?)まずいつもの練習内容を書くので見て下さい。

1.10分ジョキング(1周200Mの校庭)
2.ストレッチ(屈伸・アキレス腱等々)
3.ダッシュ(100M3本)
4.走の基本(もも上げ・軸足伸ばし・ウォーキングスクワット(アキレス腱をしながら腕振り)等々)
5.スパイクダッシュ(1...続きを読む

Aベストアンサー

300m走をぜひやりましょう。300m×4(1本の間は5分休憩)を15分の休みを
いれて2セット。1年たてば200mが速くなり、ペースも落ちませんよ。
僕は1年間で32秒→28秒。友達は29秒→24秒まで速くなりました。
まあ、こればっかりじゃありませんけどね。(当たり前か・・・)
えーと、他には。ちょっと思い出せないなあ。ほんの1年前のことなのに。
みてる限り全然問題ないっすよ。
あと水分補給は20分に1回、150ccくらいの「もうちょっと飲みたいなあ」
と言いたいような量をとりましょう。練習が終わるころには
トータルで1リットル超えている水分がとれてますよ。
まとめて1リットル飲んだら
・胃液が薄まる→食欲が出ない
・お腹がたぽんたぽんになる→気持ち悪い&下痢のもと
など良いことありませんからね。

また思い出したら答えるので。練習がんばってください。
「自分に厳しく!!」いいですか?

自分に甘くて結局100メートル12.5を切れなかった者からのアドバイスでした。

Q自分だけ伸びていない・・・・

今高校1年生です。
陸上は短距離をやっていて中学生からやっています。
1年生は5人いて経験者が僕を含めて3人いて入学当時は僕が1番速くて中学の実績も良かったです。
しかし夏くらいになって他の経験者に100mで負けてしまいました。
そこでとても悔しかったので毎日の練習を本気で取り組むようになりました。
それからは練習では夏に負けた人には全く負けず少し力を抜いてても勝ってるくらいでした。
だからその人にも試合で勝つ自信はあったし、自己ベストを出す自信がありました。
しかし大会本番は1年生全員に負けてしまいました。
その記録はベストよりほど遠かったです。
自分の組だけ向かい風が強かったのもあるんですが負けは負けだと思いました。
このことが今何週間か頭に残っていて今練習する気力がほとんどありません。
何故僕は負けてしまったのでしょうか?
自分が負けたのは努力が足りないからと何回も思い努力を繰り返してきました。
それでもいつまでたっても状況は変わりません。
あと1回大会があるんですけど100mは出ずに中学のときに入賞してた高跳びに出ようと思っています。
次に100mに出ればリベンジするチャンスがあります。
でもここでまた負けてしまうのが本当に怖いです。
この負けの連鎖から抜け出したいです。
勝ってみんなを見返したいです。
これから僕はどうすればいいですか?

今高校1年生です。
陸上は短距離をやっていて中学生からやっています。
1年生は5人いて経験者が僕を含めて3人いて入学当時は僕が1番速くて中学の実績も良かったです。
しかし夏くらいになって他の経験者に100mで負けてしまいました。
そこでとても悔しかったので毎日の練習を本気で取り組むようになりました。
それからは練習では夏に負けた人には全く負けず少し力を抜いてても勝ってるくらいでした。
だからその人にも試合で勝つ自信はあったし、自己ベストを出す自信がありました。
しかし大会本番は1年...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。
勝てない原因は、自分に向き合っていないからだと思います。

例えば、塚原さんだとか高平さんだとか、一流のアスリートの場合を想像してみて下さい。
彼らはいつも、自分の走り方だとか、軸や重心の位置だとか体のバランスなど、自分の体をどのように動かせばどのように走れるのかをいつも考えています。

質問者さんは、問いの内容を見ると、タイムがよくなれば練習では「力を抜いて」走り、
同級生に勝っているから「試合でも勝つ自信」がある、と言います。

練習で力を抜いていて、勝つ自信は実に根拠のないものです。せいぜい「調子が戻った」くらいのものだと思います。

夏になって負けてから「悔しくて」練習を始めた。
夏が終わって同級生に負けたので何週間も練習に身が入らない、ということは
実際に真剣に練習に取り組んだのは1か月くらいでしょうか。
それで努力を「繰り返した」と思っている。

同級生は、春の入部のときからずっと同じ努力をしているはずです。
あなたは、上記のように考えると、夏休みの間くらいしか努力していないはずですが(まだ今は10月ですから)

全中チャンピオンだって、高校に入ればランキングに入るには大変です。走り高跳びだって中学のベストを跳べるようになるにはさらに長い練習期間と努力が必要です。
試合で勝てないのは経験不足だからです。練習を「力を抜いて」やっている人間が、本番でそれ以上の力が出せるはずがありません。練習で120%できて、試合で100%の力を出せるのが陸上という種目です。

負けてしまうのが怖いということは、「負ける」と自分でわかっているからです。
ならば、負ける原因にも自分で心あたりがあるのではないでしょうか。

スタートラインに立ったら、過去の実績など関係ありません。
吐くまで走りこんだ、足がちぎれるほど走りこんだ、自分を支えるのは毎日の厳しい練習だけです。中学の頃よりも、今の方が走りこんでいると言えますか?中学の頃よりも走りこんでいないのに、今の方が速く走れるとなぜ言えますか?

陸上の世界で勝ちたいのなら、誰よりも一生懸命練習することです。それでも素質のある人間には勝てないのが陸上です。人一倍練習してようやく素質のある奴と同じスタートラインです。やるだけのことはやりました。俺に勝った相手はもっと努力してました。あいつはすごい奴です。

そう言えるくらいまで練習して下さい。それでも結果がついてくるのは冬の走りこみのあと、来年のインターハイ予選に間に合えばラッキーだと思います。陸上経験者なら、半年走り込みをしたかしないかでどれだけの差がつくのかくらいはわかるはずです。今年の前半を取り返すには、この冬、努力している人の倍、努力しなければならない、ということです。

質問者さんはもう気が付いているはずです。気がつくというのはとても大切なことです。早く気がつけば、それだけ早く取り返すことができます。悔しい気持ちを持てることも大切なことです。それを自分にぶつけて下さい。
どうか頑張って下さい。

こんばんは。
勝てない原因は、自分に向き合っていないからだと思います。

例えば、塚原さんだとか高平さんだとか、一流のアスリートの場合を想像してみて下さい。
彼らはいつも、自分の走り方だとか、軸や重心の位置だとか体のバランスなど、自分の体をどのように動かせばどのように走れるのかをいつも考えています。

質問者さんは、問いの内容を見ると、タイムがよくなれば練習では「力を抜いて」走り、
同級生に勝っているから「試合でも勝つ自信」がある、と言います。

練習で力を抜いていて、勝...続きを読む

Q長距離を走ると短距離は遅くなる?

中学生女子です。小学校のときからスポーツクラブで陸上をやっていました。中学でも部活で短距離をやっています。今部活は陸上専門の先生がいません。新入生の親が元陸上選手だそうで
「長距離を走ると短距離が遅くなる」と顧問に言ったので今年度から冬場の走りこみがなくなりました。
今までの顧問の先生やスポーツクラブでは「冬場の走りこみが次のシーズンのタイムを決める」といわれていて、今まで一生懸命やってきました。先日も試合で元顧問に
この冬がんばって走りこめば来年はずっと速くなるからがんばれ  といわれたばかりですが、いままでやってきたことは無駄だったのでしょうか?二人とも陸上を専門的にやってきた人なのでどちらを信じたらいいのかわかりません。本当に長距離を走ると短距離が遅くなってしまうのでしょうか?絶対速くなりたいので、走りこみが必要なら部活の後走りこみたいと思っています。アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

中学で陸上を指導しています。大学時代400hでインカレ5位になったことがあります。

結論から言うと走りこみは必要(重要)です。
確かにゆっくりばかり走っていると速筋が衰えますし、神経反射といって、効率的に短時間に筋出力を発揮する生体回路が機能しにくくなります。

ではどうするか?ですが、
短距離選手でも冬場は週2~3回は走りこみ(中学生女子なら4キロから5キロ)を行います。

しかし長い距離を走った後は必ず「流し」や「快調走」などで、スピード刺激と、小さくなった動きの改善および神経回路の劣化防止に努めなければなりません。これは長距離走の選手でも優秀な指導者がいる学校は必ず行います。陸上競技の練習では、長い距離を走って「はい終わり」はないと思ってください。

長距離選手と違うのは、ジョグの日数が少ないここと、その変わりにダッシュやスキッピングやスタート練習などが入ることです。

上記を守れば短距離走が遅くなることはありません。
ではなぜ短距離選手に走り込みが必要か?ですが、短距離選手でも有酸素持久力を身に付けていないと、シーズンインしてから本格的な短距離練習をはじめると直ぐにばててしまい、追い込めないのは当然です。それから、これは非常に重要ですが、無酸素持久力(レース後半のスピード維持)とは有酸素持久力という土台の上に成立するものです。

有酸素持久力という土台が小さい選手は、その上には大きな有酸素持久力という武器を載せることはできません。

がんばってください!

中学で陸上を指導しています。大学時代400hでインカレ5位になったことがあります。

結論から言うと走りこみは必要(重要)です。
確かにゆっくりばかり走っていると速筋が衰えますし、神経反射といって、効率的に短時間に筋出力を発揮する生体回路が機能しにくくなります。

ではどうするか?ですが、
短距離選手でも冬場は週2~3回は走りこみ(中学生女子なら4キロから5キロ)を行います。

しかし長い距離を走った後は必ず「流し」や「快調走」などで、スピード刺激と、小さくなった動きの改善および...続きを読む

Q陸上選手の食生活(高校2年生)

現在、陸上部に所属している高2の男子です。
いままで、特に気にせず食事を摂っていたのですが、最近気になりはじめました。

自分は中距離(1500m)を主にやっています。
日々のトレーニングはもちろんですが、食生活から見直してタイムを向上させたいです。
現在は朝食(ご飯1杯+納豆のみ)、昼食(弁当)、夕食+たまに軽食(菓子など)、夜食(インスタント)という感じです。栄養やカロリーなど特に気にしてません。
やはり1日3食が理想なのでしょうか?

例えば、お菓子は陸上選手によくないですか?
でも、時々スナック菓子のような美味しいものが欲しくなります。
体に良さそう?な菓子(イメージ的にカロリーメイト等)ってどうなんですか?

食生活についてアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

高校生の時期は、適当な食生活でもそれなりにどうにかなってしまうのですが、それでも改善の余地は多いです。

基本的には、常に炭水化物(ご飯・パン・パスタ)、タンパク質(肉、魚、豆類、乳製品)、ビタミン・ミネラル(野菜・海藻類)のバランスを取った食事にしましょう。

具体的にいくと

朝はご飯+納豆だけですから全体的に栄養不足(特にビタミン・ミネラル)。最低でも味噌汁、海苔、卵、野菜のおひたしやサラダ、あるいは野菜ジュースをつけましょう。

10時ごろに1回目の間食。小さなおにぎりや果物を1個程度

お昼はご飯とおかずのバランスが取れたお弁当を腹八分目に。

3時ごろに1回目の間食。内容はおにぎりや果物に牛乳を加えます。

練習後は牛乳や果汁100%ジュースで栄養補給。

夕食も栄養バランスが取れたものにして腹八分目。

夕食後に練習(あるいは勉強)するなら、夜食。内容は間食のときと同じで牛乳や果物を中心にする。

こういった感じが理想になります。食べる回数は多いですが、1回の食事で満腹になるまでは食べないのがポイントです。

また、練習の前後に必要なエネルギーである炭水化物(おにぎり・果物・ジュースなど)とタンパク質(牛乳)を十分摂取することで、体を追い込む&素早い疲労回復を狙います。なお、しっかり運動するなら、タンパク質が多めに必要になるので、牛乳の代用としてプロテインを使うと効果的です。

それから人間は、スナック菓子のように油っこいもの、甘いもの、口当たりのいいものを食べるとストレス解消になります。
また体が疲労したり、勉強などで脳を使って糖質が不足した状態になると、強烈な食欲がわいたり、甘いものが欲しくなってイライラしたりします。ですので、完全に止めろとは言いません。

とはいえ、あくまでも趣味や健康レベルでスポーツをしている人ならともかく、レギュラーになりたいとか、大会で入賞などを狙おうというならある程度自分をコントロールすることも必要です。

なお、カロリーメイトは、パッケージを見れば分かりますが、脂質が非常に多い食品なのでオススメしません。そうでなくてもそうした食品に頼ると肝心な栄養素が摂れなくなることがままあります。

オススメの間食としては、脂質が少ない果物やおにぎりのほかに、あんぱん、ジャムパン、センベイ、和菓子(饅頭、ヨウカン、どら焼き)などです。
これらに牛乳やヨーグルト、チーズなどの乳製品を組み合わせて、ほどほどに摂るのがいいでしょう。

チョコやポテトチップスなどのスナック菓子は週1~2回にとどめましょう。また、夜食についても同様で、カップ麺などよりは上記のようなものをごく軽くつまむ程度にすべきです。

いずれにしても「食べたいだけ食べる」というやり方でなく、「必要な分を必要なだけ食べる」という意識を持つようにして。食べ過ぎに注意するようにしてください。

高校生の時期は、適当な食生活でもそれなりにどうにかなってしまうのですが、それでも改善の余地は多いです。

基本的には、常に炭水化物(ご飯・パン・パスタ)、タンパク質(肉、魚、豆類、乳製品)、ビタミン・ミネラル(野菜・海藻類)のバランスを取った食事にしましょう。

具体的にいくと

朝はご飯+納豆だけですから全体的に栄養不足(特にビタミン・ミネラル)。最低でも味噌汁、海苔、卵、野菜のおひたしやサラダ、あるいは野菜ジュースをつけましょう。

10時ごろに1回目の間食。小さなおに...続きを読む

Q陸上短距離走のトレーニングについて

陸上短距離走のトレーニングについて質問します。僕は今年中学校に入学して陸上部に入部しました。今の実力での50m走のタイムはわかりませんが、1年前の小6の時は8.1秒でした。
6月14日に大会があってその大会で良い記録を残したいです。大会まであと1ヶ月半程です。
確実に速くなりたいです。気持ちの面はバッチリです★何か良いトレーニング方法を教えてください!確実にタイムが延びる方法でお願いします!!!あと1ヶ月です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

陸上やってる中学生です。
学校によって練習方法は違いますので参考程度でお願いします。
もし、コーチがいるのなら「速くなりたいです」という旨を伝えて練習メニューを組んでもらうべきです。
僕なんかより参考にはなるので。これから書くのはあくまでもコーチがいない場合です。僕の学校のように。
種目は100mだと思って書きます。

まずは風呂上がりなどにストレッチをして体を柔らかくすることです。
体が柔らかくなると自然とタイムも伸びます。ちなみに僕はめちゃくちゃ硬いです。

次にフォームを意識しながら100mを走ってみることです。
これは結構、時間がかかるのでやらなくてもいいですよ。

最も手っ取り早いのは「1・2・1」です。
「1・2・1」は100m走って100m歩き、200m走って、100m歩く。最後に100mを走る練習法です。
100mのコースを考えています。つまり、始めた場所と終わる場所が同じですね。
もう少し分かりやすく言いますね。100mを走り、走って来た走路を歩いて引き返します。
元のスタート地点に戻ったら、次に200mを走ります。次はそこから反対側に歩きます。
そして、最後に100mを走ります。
最初の100mから最後の100mまですべてを本気で走ったらかなり効果があります。
先輩など自分より速い人と一緒にやると、さらに効果があります。

長々と書いてしまいましてすいません。「1・2・1」は絶対に効果があるので是非やってみてください。
何か疑問点があればまた聞いてください。TwitterIDです→husenkazura_kc

陸上やってる中学生です。
学校によって練習方法は違いますので参考程度でお願いします。
もし、コーチがいるのなら「速くなりたいです」という旨を伝えて練習メニューを組んでもらうべきです。
僕なんかより参考にはなるので。これから書くのはあくまでもコーチがいない場合です。僕の学校のように。
種目は100mだと思って書きます。

まずは風呂上がりなどにストレッチをして体を柔らかくすることです。
体が柔らかくなると自然とタイムも伸びます。ちなみに僕はめちゃくちゃ硬いです。

次にフォームを意識しな...続きを読む

Q短距離のフォームを直したい

私は陸上部の中2なんですけど
中1のころからずっとフォーム
について注意されてます

直そうとしてるんですが
なかなか直りません。

もう注意されたくないんです

なのでフォームの改善する練習
などあれば教えて下さい。


ちなみによく言われるのは
・腰が下がってる
・うでふりが横になってる
です

あと、身長が160あって
その身長を生かせとか
言われたんですが
よくわかりません

教えて下さい。

Aベストアンサー

こんばんは。中学生を指導しています。

(1)腰が下がってる
(2)うでふりが横になってる
(3)身長を生かせとか

他の指導者の悪口を言いたくはありませんが、最低の指導者です。
どのようにすれば上記のことが出来るようになるか教えるのが指導者の仕事です。言うだけなら誰にでも出来ます。はっきり言って指導者の資格はありません。
しかし、この事はあなたの心の中だけに止め、決して他人に言ってはいけません。もちろん親兄弟にもです。詳しい理由は長くなるので述べませんが、あなたに取って100害あって1利なしだからです。
いいですか、あなたのために決してなりませんから心してください。

本題に移ります。尊敬する先輩に教わった方法を述べます。

基本姿勢を作る方法なのですが、両手のひらを両腰に当てます。指先が下を向くように置くのですが、置く位置は指先がお尻の上部に掛かるくらいの場所です。
どうですか、自然と胸が張れて腰が軽く反った姿勢になるでしょう?
これが走るための基本姿勢です。
大事なことですが、胸が張れて腰が軽く反った姿勢になるのは「勝手に」なるのであって、意識的に胸を張ったり、腰を反らせてはいけません。

この状態で歩いてみます。きっと美しい姿勢で歩けているはずです。
次に膝をほとんど折らないようにして歩きます。脚を前方に振り出す時に「ポーン、ポーン」とイメージし、決して無理やりに歩こうとはしないことです。

200m~400mくらいこれで歩いてください。そしてジョッグに移行します。もちろんジョッグは膝を曲げない意識は捨てて普通に走ります。これで200mくらい走ったら、少しだけスピードを上げ400mくらい走ったら、腰に当てた手を離し自然に腕を振ってください。どうでしょう?腕を振れることのありがたみを感じるはずです。ただし、このときに真っ直ぐ腕を振ろうとしてはいけません。自然に振ってください。福島千里選手は腕を真っ直ぐ振っていますか?違うでしょう?いわゆる「女の子走り」みたいで、教科書的ではありません。腕振りには個性がありますので、私は真っ直ぐ振れとは指導しませんし、また福島選手のように振れとも言いません。ただ、私の知っている優秀な高校の先生は、真っ直ぐ振ることを推奨されますし、そのような動作が出来るように指導もされます。指導を受けた生徒はきれいいに真っ直ぐ振れるようになりますが、数ヶ月から1年はかかります。ですから、ここで文章で表現することはできません。先生に真っ直ぐ振れと言われたら、こういってください。

「整体の先生に、キミは真っ直ぐ振りにくい骨格だと言われました」と言ってください。うそも方便です。高校でよい指導者にめぐり合ってから変えればいいのです。決していま口答えしてはいけません。くどいですが、あなたにはマイナスになります。

姿勢が良くなれば効果的に腕も触れますし、ダイナミックな動きも出てきます。
おそらくいまは、猫背気味で走っているため、ランニング中は長身に見えないのでしょう。
姿勢とはとても大事なものです。
普段の歩行から気をつけてください。

流しやバウンディングなども腰高フォームを作るのにも有効ですし、縄跳びも優れた方法です。
恐らく今は地面からの跳ね返りをもらえない状態で走っているんだと思います。膝や太ももで衝撃を吸収しすぎているのでしょう。この事を「少しだけ」意識して流しやバウンディングをしてください。

こんばんは。中学生を指導しています。

(1)腰が下がってる
(2)うでふりが横になってる
(3)身長を生かせとか

他の指導者の悪口を言いたくはありませんが、最低の指導者です。
どのようにすれば上記のことが出来るようになるか教えるのが指導者の仕事です。言うだけなら誰にでも出来ます。はっきり言って指導者の資格はありません。
しかし、この事はあなたの心の中だけに止め、決して他人に言ってはいけません。もちろん親兄弟にもです。詳しい理由は長くなるので述べませんが、あなたに取って100害...続きを読む

Q練習しても短距離が速くなりません! 私は中学1年生から陸上をやっています。 (小学校は運動嫌いの帰

練習しても短距離が速くなりません!

私は中学1年生から陸上をやっています。
(小学校は運動嫌いの帰宅部50m10-11秒)

春に陸上を始めてから秋の記録会ごろで16秒後半→16秒前半-15秒後半になりました。
これはきっと今まで走っていなくて全く筋肉と体力がなかった分伸びたのだと思います。
それでも部活の中ではビリです。

1年の冬に入り冬季トレーニングが始まると、
200mを中心としたリレーや、脚の補強などを行っています。体力はついた実感はありました。

そして、2年の春になって初めての記録会の時100mで16秒後半が出ました。
シーズン初めての記録会だったので200mばかり走っていた分スピードが出ずに他の子も良い記録は出ていなくてその時は安心していました。
ですが、何度も記録会を重ねてもタイムが一向に伸びないどころか落ちています。
(ストライドが大きいのでピッチを速くしろと言われたものの、体力が持たず失速してしまうので足を速く回転させられません。)

そのまま2年の冬に入ったのですがタイムが全く変わりません。今年の冬季トレーニングも去年と内容が同じような物なので効果に差はないはずなのですが…周りのみんなが記録を出していくのを見て不安になります。
今でも走りはビリです。走っているとおしりではなく太ももが疲れます。
肺活量も増えてる気がしません。
(私の学校の練習はハードです朝は5人で200mリレー3本、休日は200m3本2セットなど…2人で回す時もあります。)

しかも、最近気づいたのが夏から体重が3-4kg増えてるということです。食生活は変わっていないのでどうしていいかわかりません。私は体重が増えると足につくタイプで足が重く感じます。
脚やせのサイトを見ても筋トレが多く、筋肉をつけたいのではなく肉を落としたいのにいい情報が見つかりません。ちなみに、浮腫みで太いわけではないと思います。
やはり、小学校帰宅部が良くなかったのでしょうか…あと半年で引退なので最後はベストタイムで終わりたいのでよろしくお願いします!


まとまらないのですが、質問は

1.どうしたらピッチが速くなりますか

2.太ももの肉を落とす方法を教えてください

3.ふくらはぎの筋肉を付ける方法

4.200mで太ももだけが異常に疲れるのはおかしいですか?

5.陸上をやる上でおすすめなグッズや食べ物、トレーニングを教えてください!

6.肺活量を鍛える方法を教えてください

練習しても短距離が速くなりません!

私は中学1年生から陸上をやっています。
(小学校は運動嫌いの帰宅部50m10-11秒)

春に陸上を始めてから秋の記録会ごろで16秒後半→16秒前半-15秒後半になりました。
これはきっと今まで走っていなくて全く筋肉と体力がなかった分伸びたのだと思います。
それでも部活の中ではビリです。

1年の冬に入り冬季トレーニングが始まると、
200mを中心としたリレーや、脚の補強などを行っています。体力はついた実感はありました。

そして、2年の春になって初めての記録会の時100mで...続きを読む

Aベストアンサー

わたしも中2の陸上部で短距離と跳躍をしています。
今は同じ冬季練習で限られた場所と限られた時間の中で毎日練習しています。
私は、市内大会で自己ベストは更新したものの部活の中でも普通の普通です。
ストライドが大きいのでピッチを早くするということなら、早い動きを練習に取り入れてみてはどうでしょうか?
速筋をつければピッチが速くなると思います。
体重が増えたということは、身長が伸びたとか筋肉が増えたとかではないでしょうか?
ふくらはぎの筋肉は、短距離の練習をしていればつくと思います。
200mで太ももが疲れるのは普通ですよ。
体幹を鍛えて体の軸をブラさずに走るといいと思います。
肺活量を鍛えるには走るしかありません。インターバルトレーニングなどはどーしでしょーか?
お互い、あと引退まで半年ですね。冬季練習は必ず結果に繋がると信じています。
春に向けがんばりましょう。

Q中学校生活最後にかけてます!!!(陸上の短距離です)長文ですが・・・お願いします!!!

私は中学1年から陸上部に入っている、中3女子です。 私の種目は短距離で100m・200mで大会に出ます。
 今まで(1、2年生の時)は私の学校では冬は長距離の練習をするのですが、それが終わると、私の100mのタイムはグンと上がっていました。
 しかし今年はなぜか、冬の練習が終わっても100mのタイムは上がるどころか逆に落ちていました。これは精神的にかなりショックでした。今まで(タイムが)勝っていた友達にも最近はずっと負けています。
 
今年で中学校生活最後の一年なのに、今のままじゃ絶対に後悔すると思うんです!! 一年生の頃から一応速い方だったし、2年の時も好調だったのに、3年の一番重要な時期に・・・これからは普通の地域の大会もあれば、とても重要な大会もたくさんあります。

私は今、本当にタイムを上げたいんです!!!今までの最高タイムは13秒41でしたが・・・今年は12秒台で走りたいんです!!

私は体が固い方なのですが、どなたか、家の近所や練習の合間にできる自主トレを教えてください!!!何でもいいです!!速くなりたいと強く願ってます!!
よろしくお願いします。

私は中学1年から陸上部に入っている、中3女子です。 私の種目は短距離で100m・200mで大会に出ます。
 今まで(1、2年生の時)は私の学校では冬は長距離の練習をするのですが、それが終わると、私の100mのタイムはグンと上がっていました。
 しかし今年はなぜか、冬の練習が終わっても100mのタイムは上がるどころか逆に落ちていました。これは精神的にかなりショックでした。今まで(タイムが)勝っていた友達にも最近はずっと負けています。
 
今年で中学校生活最後の一年なのに、今...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんわ。
中・高と短距離をやっていたものです。参考になりますかどうか。
色々とメニューをこなされていると思いますが、短距離は、瞬発力ですので、ウエイトトレーニングをやって記録が伸びたことがあります。一見、関係ないようでも、腹筋、背筋、腕力(重要)等を鍛えられては如何ですか。ダンベル、腹筋、シットアップ、全て自宅でできます。とりわけ、腕の筋肉がつけば、腕の振りで推進力がつきますので、しっかり鍛えられれば如何でしょう。以上、ご参考まで。

Q50M走、100M走をもっと速くしたいです。練習方法を教えて下さい

僕は50M走、100M走を中心に練習しています。

陸上部へ入ったのが3ヶ月前で、それまでは足がかなり遅かったのですが、
50M走:6秒5
100M走:12秒98
が最高記録です。
また先生に3ヶ月で大分進歩したと言われましたが・・・最近練習不足なのかタイムが伸びようともしません。
これからの目標は・・・
50M走:5秒8~6秒2
100M走:11秒98~12秒20

今日も大会ありましたが、スタート遅れで100Mが13秒12という最悪なタイムになってしまいました。
陸上部入部前の100Mタイムは確か14秒後半から15秒台だったと思います。

何かいい練習メニューがありましたら是非教えて欲しいです。他にはスタート遅れ(ピストルタイミング遅れ)がよくあるので改善方法を教えて頂きたいです。また練習は部活だけではいけないですよね?
最後の大会が7月夏休み前です。

Aベストアンサー

質問者様がまず何歳なのかをおしえてほしいんですが?
とりあえずそういうものを無視したアドバイスを欠いておきます。

ちなみに今私は31歳で足を故障した17歳まで(両膝半月板損傷)陸上をやっていました。

100のタイムは最終で11.3くらい200が22.8ぐらいだったかな?400の選手だったのでいささか忘れました。

陸上一年生と考えて基本的なことですが

1.腿を上げる練習(腿上げ)
基礎ですが重要です
2.腕の振りを大きく力強く
感覚としては脇は締め気味で手のひらが目の前で交互にクロスするような感じ。
腕の振りや上半身の力は重要です、足だけで走るのはばらつきがありからだのバランスやタイミングがずれたり波が大きいです。 有名選手の走りに力強さを感じるのは上半身が下半身を引っ張って動かしているような運動をしているからです。
手の動きと足の動き一連の動作なので腕のフォームは重要です。
3
2を実行するため上半身の筋トレは自宅でするなど心がけてください、ただ成長期ですので無理な運動は骨などに悪いですからあくまで無理のない毎日つづけられる回数で。
4.一番効果的なのは自分の走りを見ることです。
人のフォームは目で確認できますが自分はどのような走りをしているかまったくわかりません。
記録会や練習でビデオカメラなどで撮影し自分で自分の走りを見ることはかなりの進歩につながります。
5.自分より実力がはるかに上の先輩などの練習メニューについていったりまたアドバイスをもらうことです。 弟子のような形になれば一番理想です。
私の中学の時のそういう存在だった人は今も実業団で現役です。

短距離走はスタートが肝心ですね、ただ現役時代スタートが苦手でした、だから変にスタートを意識せず集中して音を確認してからなるべく瞬時にスタートができるようこころがけていました、あまりよくばりますと失敗も多いしタイムもばらつくので。

コツはよ~い!で一番安定してかつスタートしやすいスターティングブロックの調整をお勧めします、ふらつかないようにいっぱいいっぱいの姿勢ではちょっと。

能力や適正に個人差がありますし長所や短所も違いますのであまり技術的なことやふみこんだことはかけませんが効率的に一人で出来る基礎トレーニングの積み重ねが一番の練習だと思います。

11秒台への突入はそこが一番の壁ですから、あせらずくじけずじっくり経験をつんでいくように心がけてください。

最後になりましたが絶対に体を完全に休める日を週に一日は絶対とってください、オーバーワークはなんの意味もないし逆効果なので。
柔軟体操やアップラン、ダウンランは丁寧にもこころがけてください。

最後の大会迫ってますがあせってどうなるものでもないので2ヶ月とちょっと集中してくいのないような練習をしてがんばってください。

補足などで追記していただけたら何度でも私なりなアドバイスは出来る範囲でいたしますので遠慮せずにいってくださいね、もちろん回答の意味がわかりにくい場合も遠慮なく補足してくださいね!

質問者様がまず何歳なのかをおしえてほしいんですが?
とりあえずそういうものを無視したアドバイスを欠いておきます。

ちなみに今私は31歳で足を故障した17歳まで(両膝半月板損傷)陸上をやっていました。

100のタイムは最終で11.3くらい200が22.8ぐらいだったかな?400の選手だったのでいささか忘れました。

陸上一年生と考えて基本的なことですが

1.腿を上げる練習(腿上げ)
基礎ですが重要です
2.腕の振りを大きく力強く
感覚としては脇は締め気味で手のひらが目の前で交互にクロスするよう...続きを読む


人気Q&Aランキング