公務員の人事で充て職ということを耳にしますがこれはどういう意味なんでしょうか?

A 回答 (2件)

充て職とはAという職に任じられると自動的にBという職も兼任することをいいます。


参考に
http://www.city.kitahiroshima.hokkaido.jp/reiki_ …
の第7条をご参照ください。
この規則で説明すると、総務課長の辞令を受けると、自動的に中央公民館館長の職にも自動的に就くということです。
あと、例えば○○市長が(財)○○公社理事長をつとめることも「充て職」といわれています。
http://www.soumu.metro.tokyo.jp/02gyokaku/dantai …
東京都ではこれを充て職と呼んでいるみたいです。
私はそれは充て職ではないと思っています。
理由は○○市長になったからといって直ちに(財)○○公社理事長になるわけではないからです。
まあ、充て職もどきといったところでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。なるほどという感じです。大変参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2006/01/21 14:31

 自治体の関連機関・団体等の委員や会長に、職員個人を任命するのではなく、特定の役職(ポスト)にあるものを任命するということです。


 例えば、「○○市市政改革推進委員会の委員長は○○市総務課長の職にあるものが務める」とか。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。そういう意味だったんですね。大変参考になりました。ありがというございました。

お礼日時:2006/01/21 14:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q公務員(地方公務員・国家公務員)職種別一覧について

公務員(地方公務員・国家公務員)職種別一覧について、判りやすい表等になったものを探しています。
例えば、地方公務員 → 町役場職員・市役所職員・学校教員等と言った感じのものでも結構です。
何方かご存知の方おりましたら教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

簡単な一覧表にし難い複雑さがありますので、こんなサイトを参考にするのはどうでしょうか?

http://www.公務員の種類.com

Q公務員(特に国家公務員)の頻繁な移動人事について

公務員(特に国家公務員)の頻繁な移動人事について

某省庁を相手に仕事をしておりますが、担当者が2年前後で移動してしまいます。
また、専門官や課長補佐といった役職の人がプロパーではなく、地方自治体からの出向者であることも少なくありません。これらの方々も概ね2年程度の任期です。

専門的な分野の仕事をしているため、担当者が変わるたびに一から解説を始め信頼を得られ担当者の理解が進んだ頃に移動。その繰り返しです。

ある国際的な取り決めに係る仕事をしたときは、前回調査から5年立っていたため、担当者が3世代交代してしまっていたため、当時の経緯を知っている人がいなく、研究所の方も当時担当されていた方が退官されていたりで、ものすごい遠回りの作業を強いられたり…

業者との癒着防止、色々な経験を積ませる等の理由があるのでしょうが、一納税者として考えるとあまりに不効率であり、メリットが見いだせません。

何故このように短期間に移動を繰り返すのでしょうか?
出世レースのためだとしたら、あまりに国民目線にかけていると思いますが、皆様、特に役所にお勤めの方々のご意見を賜りたいと存じます。

よろしくお願いいたします。

公務員(特に国家公務員)の頻繁な移動人事について

某省庁を相手に仕事をしておりますが、担当者が2年前後で移動してしまいます。
また、専門官や課長補佐といった役職の人がプロパーではなく、地方自治体からの出向者であることも少なくありません。これらの方々も概ね2年程度の任期です。

専門的な分野の仕事をしているため、担当者が変わるたびに一から解説を始め信頼を得られ担当者の理解が進んだ頃に移動。その繰り返しです。

ある国際的な取り決めに係る仕事をしたときは、前回調査から5年立っていたた...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

民間勤めです。国交省系の仕事はけっこうやりました。

恐らく納税者に対しての大義名分は、
>業者との癒着防止、色々な経験を積ませる等
仰る通りかと思います。

私が感じるのは、
危険分散とでも言いましょうか、
(このように言うとかっこいいですが、納税者向け)
要するに責任分散。(個人保護、保身?)
なにかミスがあった時、誰のせいで、なんでそうなったのか、とかを
不明確にする為ではないか?と感じてしまいます。

担当が替わってもちゃんと引継ぎをやって貰えればいいのですが。
確かに一から説明しないとなりません。
(ちゃんと引継ぎをやっても同じかな)
で新担当は別なことを言い出す。
前担当は知らん振り。

こちらの仕事が増えます。

私も出来れば国家公務員さんあたりの回答を待っています。


(でもこっちもミスがあった時これで助かることも)


---以上

Q現業公務員と非現業公務員

大学の講義で、現業公務員と非現業公務員がでてきたのですが、違いがよく分かりません。
違いを簡単に教えていただけませんか?

Aベストアンサー

現業公務員(非権力的公務員)は、用務員、学校給食調理師、公用車の運転手のように、公権力に直接係わらない仕事をする公務員のことです。例えからもお分かりだと思いますが、用務、調理、運転手など、仕事の内容自体は民間でもやっていることです。

逆に、非現業公務員(権力的公務、主に事務職)は、公権力に直接係わる仕事をしています。例えば、市長名で文書を作る、規則の案を作る等です。これは公権力の行使に直接係わる仕事ですので、公務員のみが行えるもので、民間業者では行っていませんし、代わりとなりません。

以上から、公務員の労働基本権の制限の可否(現業公務員への制限は緩やかでよいのではないか)、公務執行妨害の成否(現業公務員への暴行は公務執行妨害といえるか)等が問題となります。

Q公務員が別の公務員試験を受ける場合

私としましては、自衛官や警察官でない限り特に普通の
受験者と変わらないと思うのですが…

一般の地方公務員が他の地方公務員の試験を受ける事は違反行為になるのでしょうか?

また、試験に合格して新しい職場に移る場合、
職務専念義務を解かれなければ職務を続ける
義務が公務員にはあると思いますので、その
実務上の取り扱いについてご存じの方がいらっ
しゃいましたら加えてお教え下さい。

Aベストアンサー

私自身、市町村職員の身分のまま
県職員の採用試験を受け合格しました。
もちろん履歴書には市町村に在職中、
と正直に書きましたよ!

翌年3月31日に前職を退職し、
4月1日付で採用になりました。
合格が判明した段階で上司には報告、
退職願は2月に提出しました。

私のまわりにも
国から県、県から市町村、
市町村から市町村、というように
公務員の身分まま、別の公務員試験を受け
合格している人結構います。

Q地方公務員の人事評価

地方公務員の人事評価が行われる際には何らかのマニュアルがあるのでしょうか?
それとも、それぞれの自治体が独自の裁量で人事評価しているのでしょうか?

Aベストアンサー

私が勤務する自治体には評価マニュアルはあります。
基本的な事務は同じとはいえ、各自治体によって業務内容や職制が異なりますので全国統一の基準やマニュアルなどはありません。各自治体で独自に定めています。
あくまで運用している法律が同じと言うだけで各自治体は独立しているのですから「独自の裁量」です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報