おすすめの雑学本を教えて下さい。あまり専門的なものではなく、
話のネタになるようなものがいいです。
また、高校生クイズの過去問が載ってる本を持っているのですが
そういう感じの本でもいいです。
ジャンルがいろいろ入ってるものがいいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

PHP文庫(PHP研究所発行)から去年(2001年)2月に出た「雑学新聞―身のまわりの疑問を徹底取材!」(読売新聞大阪編集局編)はいかがでしょうか。


読売新聞の大阪版に連載されているコラム「もの知り百科」を単行本化したものです。
この手の雑学集の文庫本は,コンビニや駅の売店などによく並んでいて,年がら年中似たようなものが出ていますが,類書と異なるのは,「必ず専門家に聞く。情報源を明記する」ということです。さすが新聞社ならではの取材力です。
他の本は,著者名が実在するのかどうか怪しい団体名だったり,いろいろな本の内容を適当に寄せ集めて,どれだけ信頼ができるのか怪しいものや,間違って引用しているものもありますが,この本の内容はそれらとは一線を画しているといえましょう。

参考URLは「もの知り百科」のページです。

参考URL:http://osaka.yomiuri.co.jp/in_event/ind_mono.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

この本にとても興味がでてきました。
買ってみようとおもいます。

お礼日時:2002/01/12 13:11

ちょっと古いものですが、週刊朝日の人気コラム?を集めた デキゴトロジー vol.1 からvol.10 ?は疲れたときの気分転換に昔よく読みました。

何巻かわすれましたが、今では売れっ子になった鈴木光司の売れる前の投稿は面白かったです。酔ってバーかなんかでハゲおやじを連発したと思います。
ひとつひとつのはなしが短いし、自分の好きなタイプの話を選べて、かつ、ハマってしまっても10冊もでているからしばらくは笑い転げていられます。
    • good
    • 0

雑学の本かどうか?ですが、以外におもしろかったので辞典類はいかがでしょうか。


「ネーミング辞典」は以外におもしろかったです。
英語(米語)のスラング辞書もいろいろ有るので見てみてはいかがでしょうか。
    • good
    • 0

故伊丹十三監督のエッセイは、大人の嗜みといった雑学が一杯で、


今読んでもかっこいいですよ。
「女たちよ!」(文春文庫)など。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオススメの本を教えてください(・∀・) 朝読書用に本を用意しろと言われました。でも本はあまり好きでは

オススメの本を教えてください(・∀・)

朝読書用に本を用意しろと言われました。でも本はあまり好きではないタイプなのでどんな本が面白いのか分かりません:(´◦ω◦`):
小説で面白い本!是非おしえてください

Aベストアンサー

中一でしたら「青い鳥文庫」の小説がぴったりですよ。
たとえばSFミステリーの眉村卓の「ねらわれた学園」「なぞの転校生」など。ワクワクします。そんなに長くもありません。
息子も小説は「青い鳥文庫」から入りました。

一冊読んだら、同じ作者の小説を読むと読み、巻末の他の文庫の一覧から面白そうなものを読むと良いです。

Q雑学の本

いろいろなことを知りたくて雑学の本を探しているのですが、何かお薦めの雑学の本はありますでしょうか?

Aベストアンサー

広く浅くまんべんなく、というところで。。。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4522475438/ref%3Dpd%5Fe/503-5393474-9351129

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/452247556X/ref=pd_ecc_rvi_1/503-5393474-9351129

Q雑学の本

高3です。少しでも話上手になるために雑学をもっと知りたいと思います。
お勧めの面白い雑学の本を教えて下さい!面白さ重視です~

Aベストアンサー

話し上手と雑学が豊富なこととは,必ずしもリンクしないと思います。
たくさん雑学を知っていても,本に書いてあることや,テレビで聞きかじったような話を,一知半解ですぐ周りにしゃべりまくったりしたのでは,かえって「知ったかぶり」という印象を与え,逆効果かも知れません。

No.1:
>雑学本で仕入れた知識は、裏を取らないとだめです。

と書かれていますが,逆に,きちんと自分で裏付けを調べた知識は,雑学本で仕入れた付け焼き刃の知識よりも,ずっと人を感心させる力があるのではないでしょうか。

さて,
>雑学の本はいっぱいありますが、嘘を書いてあることが多いので要注意。

たしかにそうですが,中にはきちんと調べている,良心的な本もあります。
そして,ちょっと見ればそれらを何となく見分けることができるという方法があります(もちろん,最終的には中味を読んで判断しないと分かりませんが)。

そんな話を授業でしたことがありますので,そのときの資料からすこし紹介します。

まずは,ちゃんとした本を3冊ほど。

1. 中村仁著『あなたのお名前なんてぇの?:だれも知らないアノ名前』竹書房,1995.7(竹書房文庫)
(目次より)第1章 視力検査で使うお玉の親戚のようなヤツ/第2章 刺身や幕の内弁当についているビニールのササ/第3章 被害者などの顔写真の両目を隠す黒い短冊みたいなヤツ/第4章 ワープロのキーボードについている小さなポッチ/第5章 映画をテレビで放映するときにできる上下の黒い部分
(身近なところにありながら,なかなか名称の分からないものについて,呼び名を調べまくった本。残念ながら現在絶版です。面白い本なんだけど。図書館で探しましょう。)

2. 読売新聞大阪編集局著『雑学新聞:身のまわりの疑問を徹底取材!』PHP研究所,2001.2.(PHP文庫;よ-12-1)
(カバーより)ウズベキスタンの“スタン”って何?バンジージャンプの“バンジー”とは?家のほこりはどこから現れる?鳥が無重力状態で飛んだとしたら?―人に聞くのは恥ずかしい、でも気になって仕方がない。そんな疑問の解決は、どうぞ雑学新聞にお任せください!読者から次々と寄せられる難問奇問に、新聞記者が徹底取材でビシッと回答。アッと驚く意外な知識がてんこ盛り。
(あとがきより)…99年4月の紙面改革で「もの知り百科」とタイトルを変え,夕刊2面で集3回の連載となり,いまも人気コーナーとして続いている。…取材では,「本の孫引きはしない,必ず原典に当たる,専門家の話を聞く」ことを原則とした。
なお,2003年2月には続編の『雑学特ダネ新聞』,また今年8月には両者の内容をまとめて編集し直した『雑学新聞愛蔵版』も同じ出版社から出ています。

3. 東京新聞編『新聞に見るニュースの雑学』東京書籍,1999.4
(あとがきより)東京新聞では90年8月に読者応答室を設け,日々,読者から寄せられるさまざまな意見や質問にこたえております。こうした質問の中から普遍性のあるものを選んで答えるのが弊紙の「読者応答室Q&A」で,現在,毎月第2,第4月曜日の夕刊に,それぞれ質問と各部の記者が取材した答えを掲載しています。

以上の3冊は,載っている一つ一つのネタに,たとえば「飲料品メーカー○○の広報部に聞きました」のように,きちんと情報の出どころが書いてあります。

残念ながら,こういった本は少数派です。
圧倒的多数は,面白ければ嘘でもいい,という姿勢が見えます。

4. 素朴な疑問探求会編『1億人の大疑問:ねえねえ教えて!:街で見かける不思議篇』河出書房新社,2000.2.(Kawade夢文庫;K-427)
(カバーより)電話ボックスの場所はどうやって決めているの?日本にはなぜ漢字2文字の地名が多いのか?…誰もが気になる街中の疑問をあなたに代わって大解明。

5. 種井しいお著『知らなきゃ大損の雑学大全:知りたくなければべつにいい…。が、』双葉社,2000.10.(双葉文庫;た-17-01)
(カバーより)自販機を前にふと気づいた疑問。コインの投入口にタテ長とヨコ長があるのはなぜ?ニュースを聞いてオヤッと思った瞬間。末端価格ってだれが決めるの?見慣れた、聞き慣れたことも、あらためて考えてみるとよくわからない。読めばあなたをうならせ、話せば会話は盛りあがる!一石二鳥の雑学本。

6. エンサイクロネット編『単なる疑問』アルファベータブックス,2002.12.
(帯より)30万部突破の『今さら他人には聞けない疑問650』のエンサイクロネットがおくる究極の雑学書第3弾。「ふと気になる疑問」が、単価2円で解決。

ここにあげたのはほんの一例で,この3冊が特にひどいというわけではありません。他にも山ほどあります。

これらの本には,だいたい共通する特徴があります。

1) 情報の出どころがネタごとに書かれておらず,巻末に「参考文献」としてずらーっと並べてあるだけ。あるネタについてもっと詳しく知りたいと思っても,どの本を見ればいいのか分からない。

2) 著者の正体が不明。さきほどの1.は,きちんと顔写真も入っているし,経歴なども明記されている。4・6はどういう団体なのか,代表は誰なのか,本部はどこにあるのか,詳しいことはさっぱり分からない。5は一見すると個人の名前のようだが,後ろから読むと「おいしいねた」。

本当に著者は存在しているのだろうか。実際には,編集部が参考文献をたくさん買い集めて,学生バイトに面白そうなネタの抜き書きをさせて作ったりしてるのでは,と疑われても致し方あるまい。

3) 一つ一つのネタに,言わずもがなの前置きや,余計な感想(というか感動や驚きを押しつけがましく書いた文)などが多い。内容が面白ければ,いちいち「面白いですねえ」などと書かなくても読者は読んでくれる(実際,2や3は淡々と事実を書いているだけだが十分面白い)。これは,「参考文献からの丸写しではなくて,引用なのだ」と主張したいための作戦であろう。

というわけで,要するに読売新聞の「本の孫引きはしない」の逆を行くと思われる編集です。

最後に,インターネット上の雑学サイトの中から,おすすめをいくつか。

「もの知り百科」
http://osaka.yomiuri.co.jp/mono/
これは先ほどの1.の元になった連載をネット上に載せているものです。

「街中の疑問」
http://gendai.net/search.asp?k=053
夕刊紙『日刊ゲンダイ』に掲載されている,同様のコーナーです。

「The Toastsand III――雑学のすゝめ」
http://homepage1.nifty.com/tadahiko/
中学校の先生が作っているページです。「素朴な疑問」のコーナーには,多くの読者からの回答がありますが,ある程度しっかりした回答のみを載せていますので,ここよりもノイズがぐんと少ないです。

長くなってしまってすみません。参考にしていただければ幸いです。

参考URL:http://osaka.yomiuri.co.jp/mono/,http://gendai.net/search.asp?k=053,http://homepage1.nifty.com/tadahiko/

話し上手と雑学が豊富なこととは,必ずしもリンクしないと思います。
たくさん雑学を知っていても,本に書いてあることや,テレビで聞きかじったような話を,一知半解ですぐ周りにしゃべりまくったりしたのでは,かえって「知ったかぶり」という印象を与え,逆効果かも知れません。

No.1:
>雑学本で仕入れた知識は、裏を取らないとだめです。

と書かれていますが,逆に,きちんと自分で裏付けを調べた知識は,雑学本で仕入れた付け焼き刃の知識よりも,ずっと人を感心させる力があるのではないでしょうか...続きを読む

Q1日に出版される本の数と雑学

国内で1日に出版される本(新刊)の数は大体何冊くらいなのですか?

以前何かの本で読んで、今改めて興味がわいてきたので調べています。

他にも本に対する「トリビア」的な雑学があれば
ぜひ教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

2003年の書籍の新刊点数は,7万2608点、だそうです。
点数自体は増えているようですが、1点あたりの発行部数は減少傾向とのことです。


◆出版物はどのくらい発行されているのでしょうか?
http://www.jagat.or.jp/story_memo_view.asp?StoryID=7778



◆あと、書籍そのものの薀蓄ではありませんが、こういった本も面白いかもしれません。
映画「薔薇の名前」の中にも出てきましたが、昔、本が鎖につながれていたケースがあるのをご存知でしょうか?

『本棚の歴史』
http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cgi/3dc6746c16cf50105c5a?aid=&bibid=02405404&volno=0000

Q雑学の本について

雑学の辞典を探してます。
雑学のタネ本と言った感じでしょうか?
世界や日本のいろいろな雑学を知りたいのでいろいろ載っている本はありませんか?

Aベストアンサー

本のサイトで 雑学事典で検索すると 殆どの本が ○○雑学事典というタイトルで 特定の分野に関する雑学事典になっていますね
その中で ↓のものは 特定の分野だけを扱っているものではないようなのでURLを貼っておきます

それから 読んだことはないのですが 「VOW」シリーズというのは並んでいるのを見たことがあります。雑学っぽく見えましたが 中身は怪しいものかも…?

参考URL:http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31829187


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報