「ボーイ・ミーツ・ガール」ってどういう意味ですか?
漫画や小説を探すときに良く見かける言葉なのですが、すごく気になるので教えてください!
お願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

直訳すると、少年と少女の出会い、ってことで、初恋などを題材にした(主に若い男女が主人公の)恋愛物語、という意味になります。



「ア・ボーイ・ミーツ・ア・ガール・ストーリー」の省略形。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
英語が苦手なのでミーツの意味が分からず。
ずっと謎?な状態でした。

お礼日時:2006/01/30 16:28

直訳なら「少年が少女に会った」ですが


この場合は「少年が少女に恋をした」ですね。
要は初恋物ということです。
    • good
    • 0

こちらが参考になるでしょうか。


http://d.hatena.ne.jp/keyword/Boy%20meets%20Girl
    • good
    • 0

ボーイ=boy


http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=boy&ki …

ミーツ=meets
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=meet&s …

ガール=girl
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=girl&s …

--という「文字通りの意味」ではなくて、ですか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qboy meets girl

おすすめのアニメを教えてください
ジャンルはSF以外なら何でもいいです。
条件は運命の出会いみたいなのがあって最終的には別れてしまう感じのやつがいいです。
好きなものは
fate stay night
真月譚 月姫
銀盤カレイドスコープ
うたわれるもの などです。
こんなアニメ知っている方は教えてください
おねがいします

Aベストアンサー

話数短いですが、秒速5センチメートルをお勧めします。

Q王が主人公の小説もしくは漫画

を探しています。
時代物というよりはファンタジー要素が強いほうがいいです。
いままでによんだことがある本は

十二国記 小野不由美
遠征王シリーズ 高殿円
パルメニアシリーズ 高殿円
マ王シリーズ 喬林知

です、なにかお勧めがあったらぜひ教えてください!

Aベストアンサー

「グインサーガ・シリーズ」 栗本薫

 はじめは「異形の者」として現れますが、王としての風格を持っているし、やがて一国の王となります。
 ギネス級の長さで、未だに完結していませんが・・・

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%AC&y=024A21FCC9020E9F&i=465&c=

Qboy meets girlのお約束「主人公の男女が、朝、曲がり角でぶつかる!」で始まる作品は?

ボーイミーツガールもの(若い男女の出会いモノ)のお約束のパターンとして下記のような場面がある、と語られます。曰く、
「朝、寝坊して遅刻しそうになった主人公が朝食のパンを口に咥えながら、通学路の角を曲がったとたん、異性の相手とぶつかる。そこでは一旦、別れる。
 登校後、教室に入ると、”転校生がやってくる”との噂でもちきりになっている。
 朝礼時に担任教師が転校生を紹介すると、なんと先ほど曲がり角でぶつかった相手だった。
 しかも偶然、主人公の席の隣が空いており、転校生はそこに座ることになる」
という奴ですが、「定番パターン」としてまことしやかに語られる割には、こんな漫画、見た事ありません。
 どなたか、この定番パターンを使っている漫画がありましたら、ご紹介ください。

漫画喫茶に行って探しますので、探しやすいよう、年代、出版社、作者、媒体(掲載雑誌名)も教えてください。

Aベストアンサー

その全てに当てはまる元ネタの漫画というのは、実は存在しないようです。

・寝坊の漫画的記号としての「食パンをくわえて慌てる」という描写
・曲がり角でぶつかったのが最初の出会い
・直前もしくは最近に別の場所で出会った相手が主人公のクラスに転校してくる
・何らかの因縁がある転校生が主人公の隣や近くの席になる

という幾つかの良くある展開を複合した、パロディ的な定番パターンと考えてよいでしょう。
こちらのサイトの、「遅刻する食パン少女」に対する考察もなかなか興味深いです。
http://www.high-octane.org/chikoku.html

また、あくまで「良くある少女漫画パターンのパロディ」として書かれたものとしては、
「サルでも書ける漫画教室」(Big spirits comics、相原コージ・竹熊健太郎著)
が初出であるとも言われています。

Q両性の主人公 漫画&小説

両性具有の主人公が出てくる小説や漫画を探しています。

見た目は男の子、青年の方がいいです。

平井摩利さんの「火宵の月」で少しはまってしまいました(*^^*)

Aベストアンサー

こんばんは! 私のおススメ漫画はコレです☆

・清水玲子のジャック&エレナシリーズ
「ミルキーウェイ」白泉社文庫(全1)
「竜の眠る星」 〃 (全2)
「天使たちの進化論」 〃 (全1)

とても精巧なロボットの、ジャックとエレナが主人公。エレナは見た目は十代後半の男の子で男言葉を使いますが、体は無性です。(ジャックは20代の青年で、体は男性。)両性具有ではないですが、雰囲気的にはそんな感じ。よかったら試してみて下さい♪

・杉本亜美「ANIMAL X」徳間書店Charaコミックス
「ANIMAL X 荒神の一族」(全4)
「ANIMAL X 大地の掟」(全2)
「ANIMAL X 原始再来」(全10)

ちょっと多めですね(^^;)でも、ハマれば本当に夢中になれます!
主人公の気弱な青年・祐司は、知らぬ間に謎の薬を投与され、両性具有になってしまう。その背景には、「血族」と呼ばれる謎の少数民族が関係しているらしいが・・・?
しだいに祐司は「血族」の少年・湊と深い愛情を育むようになり、共に様々な苦難を乗り越えてゆく。

何度か雑誌をお引越しした作品なので、角川書店と白泉社からも出ていますが、徳間書店で完結しました。
ホントにこれは面白いです♪BLに分類されることもあるようですが、BL嫌いの人でも楽しめるんじゃないかと思います♪♪

・萩尾望都「11人いる!」小学館文庫(全1)

SFです。宇宙系大学の入試の為、一つの宇宙船に乗り込んだ受験生たち。全部で10人の筈なのに、なぜか11人いる! 余計な一人は誰で、何者なのか?

フロルというキャラクターがそれっぽい系です。
見た目は女の子っぽい美少年、言葉遣いはとても乱暴で、卑怯なことやコソコソすることが大嫌い。
フロルの正体については、ネタバレになるので書けませんが・・・(>_<)
キャラも魅力的だし、ストーリーも面白いです。ぜひおススメ♪


最後に、おまけで☆

・大和和紀「薔薇子爵」講談社KCフレンドコミックス(全1)

絶版なので、古本屋で見かけたら…(^^;)という感じ。私はBOOK OFFで買いました。
美少年風の子爵が主人公。彼(?)に会うと、男も女も魅了されてしまう。男として女として様々な人とかかわってゆく彼は、果たして何者なのだろうか?

「あさきゆめみし」「はいからさんが通る」などの作者によるシリアス・ストーリーです♪

他にも
・竹宮恵子「イズァローン伝説」中公文庫(全8)
なんかもおススメです☆

長くなってしまいました(^^;)参考になったら幸いです、失礼いたしました☆★

こんばんは! 私のおススメ漫画はコレです☆

・清水玲子のジャック&エレナシリーズ
「ミルキーウェイ」白泉社文庫(全1)
「竜の眠る星」 〃 (全2)
「天使たちの進化論」 〃 (全1)

とても精巧なロボットの、ジャックとエレナが主人公。エレナは見た目は十代後半の男の子で男言葉を使いますが、体は無性です。(ジャックは20代の青年で、体は男性。)両性具有ではないですが、雰囲気的にはそんな感じ。よかったら試してみて下さい♪

・杉本亜美「ANIMAL X」徳間書店Charaコミックス
「ANIM...続きを読む

Qboy meets worldの意味

まえから、ちょっと疑問におもってました。
少年に似合う世界? 少年が世界に出会う?
なんかさっぱりです。おしえてください。

Aベストアンサー

「Boy meets the world」でしいて言えば「少年、世界と出会う」です。文法的には「the」が必要です。ただ、一般的には、こういう言い方はしません。少年だって少女だって、生まれたときから世界と出会っているわけですから。「少年、世界を見聞に行く」なら「Boy goes to see the world」です。

さて、お書きになっているのは、アメリカのホームドラマのタイトルのことですね。詳しい由来は知りませんが、明らかに「Boy meets girl」をもじっています。「Boy meets girl」は「男の子が女の子と出会う」という意味で頻繁に使われる表現で、例えば「男と女の出会い、みたいな物語だよ」なんて言いたい時に「It's a boy meets girl story.」なんて言います。

「Boy Meets World」というドラマのタイトルを見て瞬間的に感じるのは、こんなイメージです。そろそろ女の子との出会いを経験する年頃の少年。しかし、彼が遭遇するのは、女の子どころか、壮大な世の中。つまり、井の中の蛙だった少年が、社会に触れながら大人へと脱皮していく物語、そんなものを想像しますね。

「Boy meets the world」でしいて言えば「少年、世界と出会う」です。文法的には「the」が必要です。ただ、一般的には、こういう言い方はしません。少年だって少女だって、生まれたときから世界と出会っているわけですから。「少年、世界を見聞に行く」なら「Boy goes to see the world」です。

さて、お書きになっているのは、アメリカのホームドラマのタイトルのことですね。詳しい由来は知りませんが、明らかに「Boy meets girl」をもじっています。「Boy meets girl」は「男の子が女の子と出会う」という意...続きを読む

Q「ハルヒ」漫画か小説か

涼宮ハルヒの憂鬱をアニメで見てはまってしまったのですが、
漫画または小説も読んでみようかなと思います。どっちがオススメですか?
やっぱ原作でしょうか?それとも描写がわかりやすい漫画でしょうか?
理由も添えて教えて欲しいです!

Aベストアンサー

私は小説が断然おすすめ。
アニメではちょっと曖昧にしか説明されていない点が書かれており、わかりやすいと思いますよ。
小説のアニメ化は心理描写や背景の説明がどうしても不十分になりやすい(ハルヒはかなりましな方ですが)
ので、まずは小説を読む方がいいかなと思います。

QMore Than Meets the Eyes

ある文献のタイトルなんですが、

There is more to A than meets the eyes.

という文の解釈に悩んでいます。

辞書を調べると、"meets the eyes"で「目に触れる」
"meets sb's eyes"で「~を直視する」という意味だ
ということは分かりました。

それでもまだどうも意味が捉えられなくて、今度は
検索エンジンで同じ句を調べてみると、
"More than meets the eyes."という文が大量に
ヒットしました。

そこで、質問なんですが、

1."More than meets the eyes!"は「見た目以上だ!」
  みたいな意味でいいんでしょうか?

2.冒頭の文は「Aには見た目以上のものがある。」と
  いう意味でいいでしょうか?

3.冒頭の文のAには"conversational agents"が入ります。
  これは、コンピュータ画面にCGの顔が出てきて、
  人間とおしゃべりするものです。「"Conversational
  Agents"の目をどう動かしたらいい感じに
  なるんだろう?」という内容の文献なんですが、
  そうすると、「"Conversational agents"は、目を
  合せるだけじゃないよ。」という意味と、2.の意味を
  引っ掛けてると取れると思うんですが、その点について
  どう思われますか?

長文の質問になってしまいましたが、回答、ご意見など
よろしくお願いします。

ある文献のタイトルなんですが、

There is more to A than meets the eyes.

という文の解釈に悩んでいます。

辞書を調べると、"meets the eyes"で「目に触れる」
"meets sb's eyes"で「~を直視する」という意味だ
ということは分かりました。

それでもまだどうも意味が捉えられなくて、今度は
検索エンジンで同じ句を調べてみると、
"More than meets the eyes."という文が大量に
ヒットしました。

そこで、質問なんですが、

1."More than meets the eyes!"は「見た目以上だ!」
  ...続きを読む

Aベストアンサー

たしかに「見ため以上」という意味ですが「目に見える部分だけでなく、見えない部分がまだ隠れている」というニュアンスです。そこからもじって、どこかの河川に大量の魚の死骸が浮いた時、臭いもひどかったので more than meets the eyes and nose という表現をしていた(出典忘れました)のは、その事件の原因が単純じゃないよという含みを持たせていたわけです。

ご照会の場合は、前後関係から明らかに洒落です。つまり質問者の解釈のとおり「目を合わせるだけじゃなくて他にもまだいろいろあるのよ」という意味です。

Q時代ものの漫画・小説について。

時代ものの漫画・小説について。
お世話になります。
最近小説を読むジャンルを広げようと時代もののに手をだそうと思い読んでいるのですが、話どうこうよりも言葉の意味がわからない(何を指しているのかわからない)茶屋娘とか差配人だとか、わからない単語がでるたび調べているので話がなかなかすすみません汗
頭の中でイメージするためにも時代ものによくでる単語がざっとわかりやすく説明されている書籍やサイトはありますか?

参考までに読んだもの↓
・畠中恵さん(しゃばけシリーズ)
・日暮らし(宮部みゆきさん。宮部さんの時代もの中心に読んでいこうかと)
・蝉しぐれ(軽くおさわり程度)
・ちょっと江戸まで(今風にわかりやすく説明されているので、一番参考にしてます。漫画。)

ゆくゆくは池波正太郎さんや佐伯泰英さんも読んでいきたいです!
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

■書籍
「一日江戸人」杉浦日向子
http://www.shinchosha.co.jp/book/114917/
「大江戸ものしり図鑑―ひと目で八百八町の暮らしがわかる」花咲一男(監修)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/AAL09524/

■サイト
「江戸の一頁」
http://e-kankyo.jfast.net/edo/index.html
「福娘童話集 江戸小話」
http://hukumusume.com/douwa/pc/kobanashi/index.html

Q… will correct errors before he meets …

Mr. Lee _____ errors in the expense report before he meets with Ms. Maguire and the other accountants.

(A) corrected
(B) is corrected
(C) will correct
(D) has corrected

で、
 ・今より将来のある時点で会う
 ・今より将来で、会う時点よりも前に訂正をする
ということで(C)が正解なのは理解できました。


ここで、(A)を考えると、
 ・この先将来のある時点で会う
 ・今より過去の時点で訂正をした
ということで文章としては成り立ちそうですが、不適なのでしょうか。

Aベストアンサー

うーん、そういうことを before でつなぐこと自体がナンセンスですね。
「~する前」の「~する」ということが未来のことでも、
英語では(一部の例外以外、ここではそれについて考えるとややこしくなるだけで無死していいです)
時や条件を表す副詞節では未来のことでも現在時制、というルールがあります。

そして、その before +現在時制で書かれた主節は、
未来の will ~とならないといけません。

今を基点に、before ~は未来のこと、
主節は今より前の過去のことなら、当然、before の未来より過去になる、
そういう発想で before を使うことはありません。

過去のことについて、A と B があって、A が先だった、
習慣的なことについて、A が先、
未来のことについて、A が先、
こういう一連のことについてしか before は使うことができません。

Q日本の神様(神話・神社)が題材の小説ってどういうのありますか?

こんばんわ。
最近読書をしていて、ふと気になった事がありまして
質問させて頂きたく思います。

よく古来より天使と悪魔といった題材や世界各地の神話を
モチーフにした小説は見かけますが、日本のやおろずの神様を
題材とした小説とかって見かけないような感じがします。
ギリシャ神話と同じくらい色々なエピソードがあるし、結構
話膨らむ気がするのですが。
私の探索不足なのかもしれませんが、何かご存知の方おりま
したら著者とタイトル等教えていただけますと幸いです。
ヨロシクお願いします。

Aベストアンサー

町田康の短編集「浄土」のなかの「一言主の神」が日本の神話をモチーフにしています。ムチャクチャな神様で面白いですよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報