最新閲覧日:

なんでリアルゴールドのペットボトル(1.5Lor500ml)は販売されないのですか?販売すればヒットすると思うのですけども。よろしければご意見下さい。

A 回答 (3件)

リアルゴールドは炭酸飲料ですが、入っている成分(各種ビタミン、ローヤルゼリー、高麗人参エキス、ガラナエキス等の栄養素や各種成分)を考えると、滋養強壮の効果を望めそうな内容ですよね。



ですので、リアルゴールドを1本飲むことにより、その効果があったような気分になったりします。

それがペットボトルに入っていると、何故かジュースとしての色合いが強調され、効果がありそうに感じなくなります。

リアルゴールドなどは、少し疲れた時にぐっと一息に飲む人がメインの商品なのではないでしょうか?

だとしたら、今の分量がいちばん売れると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは。
お礼が遅れてしまいましてすみません。なるほど、やはりそういうことなのでしょうかね。このドリンクが「栄養」をキーワードとしているからこそこの分量ということでしょうか。それでも野菜ジュースとかはペット売りされているのが謎になってきますよね。ご意見頂戴してありがとうございました。

お礼日時:2002/01/08 20:33

よくわかりませんが、ペットボトル(透明)の物は、まず、酸化します。

そして、通常のペットボトルは炭酸が、ペットボトルを突き抜けてしまいます。なので、コーラは年数が経つと、ペットボトルの蓋を開けなくても、炭酸が薄くなってしまいます。また、酸化については、コロナビールは透明のガラスに入っていますが、酸化して、すっぱくなります。なので、ライムを入れて、味わうのです。通常のビールは、茶色のガラス瓶で、酸化を防ぎます。パックのジュースも、陽を通す色の場合、ある程度、酸化する可能性があります。問題は、品質保持だと思います。あとは、本当に売れるのか?ということです。それと、1日の摂取量の問題です。どんな、飲料にも、(お茶は除いて)摂取量の限度があります。定められてはいませんが、例えば、ビタミンCを摂取しすぎると、尿となって排泄されますが、その際に、体内の必要なミネラルと一緒に排泄されてしまうため、ミネラル不足に陥ります。そして、リン酸カルシウム・リン酸塩も取り過ぎに注意しましょう。
リアルゴールドに関しては、詳しくは分かりませんが、あまり、栄養価の高い物を多く摂取すると、胃があれたり、添加物による、体調不良に繋がる危険性もあります。リアルゴールドは良い物でしょうから、左程、問題はないかもしれませんが、そもそも、ジュース自体、含有物に注意した方が良いのかもしれませんね。
回答になりきれませんでしたが、参考までに。あしからず。
http://www.takeda.com/healthcare/vitamin/index.h …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

こんばんは。
お礼が遅れましてすみません。コーラはやって何故リアルゴールドをやらないのかが謎なんですよね。栄養を摂り過ぎるのも体によくないとは知りませんでした。有益な情報ありがとうございます。今後気をつけたく思いました。ありがとう。

お礼日時:2002/01/08 20:30

 そうでしょうか。


ペットボトルで販売されると、たくさん飲まないと効かないように思えますね。
コカコーラボトリングの公式HPでは
「リアルゴールド」は、高級な栄養飲料としてふさわしいイメージをもつ名称として選定されたものです
とされていますから
「高級感」を演出するためにも小さな瓶で販売した方がベターなのではないでしょうか。
個人的感想ですが、リアルゴールドは缶でも販売されていますが
何だか余り効きそうにないような印象がしますね。
120円くらいのドリンクでスタミナがつくわけなんかないのですが
何となくほかのドリンクより健康的で栄養があるような気がして選んでしまうのです。
そういう消費者の幻想を利用した方が売り上げにつながると私は思います。

参考URL:http://www.cocacola.co.jp/products/lineup/realgo …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは。
お礼が遅れましてすみません。そうですか、小売りにして高級感ひいては栄養感があるように消費者に意識付けする効果を狙っていたんですか。ところで、リアルゴールドは栄養ドリンクだったんですね。そういう意識はまったくなく今まで飲んでおりました。ご意見ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/08 20:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ