中古カメラの購入を今考えています。PENTAXのMXが欲しいと思い、いろいろ調べていたのですが、(1)あるカメラ店(ネット通販をしていて、カメラ雑誌に広告もだしているので有名なところだと思います)に問い合わせたところ、MX(黒)SMCPM50/1.4が4万円でした。状態は「塗装表面のわずかな経年変化はありますが、目立つキズなどが無くわりと美しい物です。未使用品ではありませんが、だいぶ丁寧に扱った物と思われます。磨けばきれいになるでしょう。各部作動及びメーターは良好です。」ということです。そのあと、(2)カメラのキタムラのホームページを覗いたところ、ほぼ同じ値段でMXが売っていましたが、状態は「並品」ということです。PENTAX MXの相場ってこんなもんでしょうか?また、(1)のカメラ店の説明は「並品」以上の説明にみえますが、みなさんからみるとどうでしょうか。小さいことでも意見をいただければ幸いです。なんせ、カメラは初心者なもので・・・。
(1)カメラの明光堂 http://member.nifty.ne.jp/meikodo/index.html
(2)カメラのキタムラ http://www.net-chuko.com/guest/

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

MXは20年以上使ってます。

大切使っているので故障は2回位しか記憶にありません。
MXの良いところは露出計こそ付いていますが、それ以外は電源を必要としないことです。つまり電池が切れてもシャッター速度・絞りなどは正常に作動する訳です。電池と言ってもボタン電池2個なんで予備を持って撮影に行っても苦になりません。
欠点はボディが小さいので望遠のような大きなレンズを付けると構えずらいです。
モータードライブ又ワインダー付けると楽です。(中古であまり見ないですが)
フルマニュアルの露出なので速写性に欠ける、ことも言えます。ピント・露出をその都度、自分で合わす必要があります。ご存知でしょうが・・・
comdotさんのおっしゃる通り故障が心配ですね。
ただ、メカニカル部分が多いので、修理は出来ると思います。
メーカーではやってくれませんが修理ルートのしっかりしたカメラ屋さんだと部品をストックしたり、部品を自作して修理してくれる所もあると聞いています。
ただ部品を自作して修理してもらうと修理代が心配です。

肝心の中古カメラの値段ですが
自信はありませんが、4万だと妥当かな、と思います。

結論を言うといいカメラですよ。
使っていると言うヒイキもありますが・・・

買う時は露出計・シャッター・絞りなど作動をしっかりチェックしたほうがいいと思います。
    • good
    • 0

中古カメラを楽しむ人たちの間では、カメラが写真を撮る自動カメラではなく、自分で写真を撮るマニュアルのカメラに今人気が集まっています。


中でも、ペンタックスのLX、KX,MXのようなメカシャッターのものは、高値で安定しているようです。
電池が切れてもメカシャッターは動作するからでしょうか。あ、LXは、1/60秒以下は、電子式ですが。
前書きが長くなりました。値段は、程度によりますが、書かれている程度では、妥当だと思います。特にブラックは、高くなります。時により1万円くらいは、高いでしょう。
なお、ブラックの塗膜は、エッジが擦れて真鍮(黄銅)の地金が出てゴールドライン状態も喜ばれたりします。
擦り傷より当たりに注意が必要です。落下や強い衝撃で外観は、それほどでもなくても機械精度、光学的精度に狂いが出ていることがあります。窪みがあったり、板金的たたき出しがあるときは、その原因を推定します。
見かけの綺麗さで無く、実際に手にとって、当たり、かに目、ネジ頭の瑕(素人修理)などの他、ファインダーの見え、ミラーなど見た上で、巻き上げの感触、シャッターの動作(低速から高速まで全速度)、セルフタイマーなど。
この程度は、最低見て異常が無ければ、価格は、見合っていると思います。
見ずに購入するときは、リスクを回避する約束をしておくか、自己責任もしくは、リスク分廉く購入するしかないと思います。
    • good
    • 0

私も数年前よりMXが欲しくなり探していましたが、このMXブームのおかげで


高値安定状態ですね。ご質問の件ですが、現物を見ないと何ともいえませんが、
SMC-P-M50/F1.4付きで4万なら妥当じゃないでしょうか。
JR横浜駅のCIALに入っているTカメラにMXブラックボディ(レンズ無)
が取説付きで38000円で出ています。これはキズもなく程度がよさそうでし
た。因みに私は昨年の暮れにフリーマーケットでMXブラックボディにタムロン
80-210mm/F3.8-4.0付きを僅か1万円でゲットしました。これは出展者が新品で
購入して使っていたそうですが、AF一眼レフを買ってから使わなくなったので
出品したとか。程度はキズもなく文句無し。おまけに中古カメラには興味がなく
MXが高値なのも知らないようでした。これをOHは出来ませんでしたが、分解
掃除と注油(重修理扱い)に出して使っています。
結局、購入価格1万円+修理代1万8千円の合計2万8千円でした。
ネットで探すのもいいですが、足を使って現物を見てまわる事をお勧めします。
    • good
    • 0

 MXが販売されたのは、もう14~16年ぐらい前になると思いますが…。

この機種は中級のマニュアルカメラで、そんなに高くない価格で売られていました。ただ中級の割にはえらくプロ仕様の装備があって、ボディは小さいくせにシステムはデカイと思ってました。裏覚えですが、関西では新品の当時でも50mm1.4付きで8万円前後だったような気がします。ペンタックスは新機種でも最初から値引きが大きいので、希望小売価格から30%ぐらい安いのが通常でしたから…。ひょっとしたらもう少し安かったかも…。そんなわけで、中古で4万円ぐらいなら妥当かもしれません。でもねぇ…故障しても修理できんなかなぁ?それが心配です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QペンタックスのMF一眼レフでおすすめ機種を教えてください。

ペンタックスのMF一眼レフでおすすめ機種を教えてください。


題名通り、ペンタのMF一眼レフを教えてください。
現在、キャノンのデジタル一眼レフ、ペンタのAF一眼レフを所有しています。
友人がニコンFM2を購入したのをきっかけに、MF一眼レフが欲しくなりました。

評判が高いフジヤカメラさんで探したところ、KXが気に入ったのですが
KXの在庫があまりなく、またKマウントのレンズも高額だったため再検討中です。

レンズの在庫が多いMシリーズなんていいんですが。

ところで「ペンタックスSMCM24-35/3.5-4.5」このレンズを例にとって
SMC[M]・・・のMってMマウントっていうことですよね?
つまりこのレンズは、KXなどのKマウントカメラにつけることはできないんですか?

Aベストアンサー

こんにちわ。
PENTAX機のラインアップ、変遷については「PENTAX-FAN」という
サイトが非常に詳しいですね。
私なりにまとめると

S系(SV、SP等)・・・1960~70年代前半
 ペンタックス最初の一眼レフ系列。Sマウント(M42のスクリュー
 マウント)採用、横走り布幕シャッター採用。Spotmaticは
 追針式露出計搭載。
 純正組合せは「Takumar」。Supe-Takumar 55mmF1.8など

K系(KX、KM、K2等)1974~1975年
 S系ボディをバヨネットの「Kマウント」に変更したもの
 横走り布幕シャッター採用。追針式露出計。K2は絞り優先AE
 時代遅れといわれ2年ほどで次のM系にバトンタッチ。
 それなりに安いが、プリズム腐食によるファインダーの影がでて
 いるものが非常に多く、実用出来るものは少なく高め。
 K2は稀少。海外モデルでK1000もある
 純正組合せは「K」。SMC PENTAX 55mm1.8など
 
M系(ME、MEスーパー等)1970年代後半
 小型のボディに電子式縦走りメタルシャッター、LED表示式
 露出計と絞り優先AEを搭載、ベストセラーとなった。
 バリエーションも多い。
 ME・・・軍艦部金属の絞り優先AE専用機。AOCOマークあり。
 MV1・・・MEの廉価版。
 MEsuper・・・1/2000secのシャッタ、明るいクリアブライトマット
 スクリーン、マニュアルモード搭載。M系中興の祖となった
 ME-F・・・ME-Sベースのフォーカスエイド機。
 専用レンズでAFが使えた。
 MG・・・ME-Sベースの普及機。絞り優先AE専用機。シャッター速度は
 1/1000secにダウン
 どれもシャッターのダンパー劣化によるミラーアップ固着が持病
 中古市場は二束三文状態。タマ数は非常に多く入手性は良好
 純正組合わせは「M」レンズ。smc PENTAX-M 50mmF1.7等

MX 1976年
 ペンタ最後の機械式シャッター普及マニュアル機。Mの名があるが
 構造はM系と互換性は無い。横走り布幕シャッター、LED段階表示
 露出計採用。中古市場は結構高め。機械式ゆえに誤差のある個体や
 露出計が死んでいるものも多く見られる。

LX(LX2000)1980~2001年
 ペンタ最初のプロ用機械式シャッター機。機械式ながら1/2000secの
 シャッタースピード、豊富なオプションがありさすがのプロ機。
 価格もさすがのプロ機(笑)中古市場もまだまだ高いです。
 一度は使ってみたいがちょっと手が出ませんね

Super系(Super-A、Program-A)
 ME-Superをベースに電子式レリーズ、液晶によるファインダー内表示
 AレンズによるプログラムAEや両優先AEなど6つのプログラムモードが
 搭載された。これに伴いマウントに電気接点が追加され、「KA」
 マウントとなった。機械的形状はKマウント互換。
 内部機構は複雑になり、シャッター音も独特のものになった。
 
 ボディにはオデコ絆創膏やグリップが付きホールド性はとても良い。
 Program-AはSuper-Aのシャッター優先AE等を省いた廉価版。最高速も
 1/1000secとスペックダウン。
 M系の持病はそのまま引き継がれています(ダンパワッシャの材質が違い
 ますので、後期モデルは対策されていたようです。)
 純正組合わせは「A」レンズ。 smc PENTAX-A 50mmF1.4等

私が実際に使った事があるのはM系とMX、Super系ですが、実用として
使うなら、ME-Super以降がいいと思います。理由としては
・1/2000secシャッター
 高感度フィルム入れてる時、屋外でずいぶん助かります(笑)
・クリアブライトマットスクリーン
 ME、MX系と比べ段違いに明るく見やすいです。
更にSuper-Aだと、レリーズが電子式となりストロークが浅く
扱いやすいです。
機械式マニュアルにこだわるのであればMXかな?KXもいいですが
入手性とプリズム腐食が心配ですね。

私もM系はずいぶん修理して使いましたが、最終的に手元に残したのは
Super-A(実用に)とME(観賞用にw)です。


マウントの互換性に関しては、基本的にKマウントであれば機械的には
今のデジタル機も含めすべて互換性があります(一部デジタルに付かない
ものがありますが)ただMF機で使う場合はレンズ側に絞りリングがある
ものに限ります。

ペンタのMFレンズはデジタルでも使える事で人気が高く、結構高価で
取引されていますね。

ミノルタだとボディもレンズも恐ろしく相場が安いので、下手すると
Kマウントレンズ一本分でボディと50/1.4レンズが揃ってしまいます。
XG-S以降だとアキュートマットスクリーン(ハッセルブラッドにも供給
されてます)搭載だったり、露出補正も0.5段だったりとなかなか
使い勝手も良いですよ。
蛇足になりますが、、、(笑)

それと、どれも2,30年程度前のものになりますので、精度が出ていない
ものがほとんどです。もしきちんとした精度を求めるなら、どんな入手
経路であれ、専門の修理業者でのOHが必要と思います。
その分の費用も見ておいた方がいいですね^^
まぁ、使うのがカラーネガなら何とでもなりますけど(笑)

こんにちわ。
PENTAX機のラインアップ、変遷については「PENTAX-FAN」という
サイトが非常に詳しいですね。
私なりにまとめると

S系(SV、SP等)・・・1960~70年代前半
 ペンタックス最初の一眼レフ系列。Sマウント(M42のスクリュー
 マウント)採用、横走り布幕シャッター採用。Spotmaticは
 追針式露出計搭載。
 純正組合せは「Takumar」。Supe-Takumar 55mmF1.8など

K系(KX、KM、K2等)1974~1975年
 S系ボディをバヨネットの「Kマウント」に変更したもの
 横走り布幕シ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報